bisonicr keep walking.

イヤホン・ポータブルオーディオ関係のネタを中心に書いています。ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。

「BQEYZ Spring 2」 9層ピエゾ+13mm DD+BAのトリプルハイブリッド。滑らかさと同時に鮮烈さと力強さもプラスされた高音質中華イヤホン【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加
BQEYZ Spring 2

こんにちは。今回は「BQEYZ Spring 2」です。中国のイヤホンブランド「BQEYZ」の最新モデルです。ドライバー構成は、自社開発の「9層ピエゾドライバー」(9 Layers Piezoelectric Driver)+13mm ダイナミックドライバー+1BA構成による個性的な3ドライバー構成のトリプルハイブリッドイヤホンです。今回も完成度は非常に高く、派手さはありませんが質の高いイヤホンを相次いでリリースしてきた「BQEYZ」らしい手堅さとともに、ピエゾらしい明瞭感とパワフルな表現力はよりアグレッシブな印象も感じます。

「BQEYZ」は2018年にオリジナル製品「K1」をリリースし、その後いわゆる「ZS6系イヤホン」のひとつとしてマニアから高い評価を得た「K2」「KC2」で中華イヤホンのマニアに知られるようになった中国のファクトリーブランドのひとつです。オリジナルイヤホンのブランドとしては新しい会社ですが、OEM/ODMの分野では長年にわたり実績を持っているようです。そのため初期の製品から独自性と完成度の高さを両立させており、次の「BQ3」以降も多少マイナーですが安定したクオリティのイヤホンをリリースし続けています。
そして昨年リリースされた「Spring 1」(7層ピエゾ+1DD+1BA)は、同様のトリプルハイブリッド構成で質の高いフラットなサウンドを実現しており、マニアの間で非常に評価の高いイヤホンのひとつとして、個人的な好みでもこの価格帯のトップ10に入る製品と思っています。

→ 過去記事:「BQEYZ Spring 1」 独自7層ピエゾ+1BA+DDのトリプルハイブリッドが奏で得る質の高いサウンド。完成度の高い高音質中華イヤホン【レビュー】

BQEYZ Spring 2BQEYZ Spring 2

今回の「BQEYZ Spring 2」では、ピエゾ(圧電)+ダイナミック+BAのトリプルハイブリッド構成を「Spring 1」から継承しつつ、ピエゾドライバーが7層から9層にアップグレードしています。この新しい「9層ピエゾドライバー」と「13mmサイズの大口径ダイナミックドライバー」を一体化したシャーシに収納し、さらに「バランスド・アーマチュア型(BA)ドライバー」を組み合わせることで、明瞭でキレのあるピエゾらしさとパワフルなサウンドを両立したチューニングで仕上げられています。

BQEYZ Spring 2BQEYZ Spring 2

また「BQEYZ Spring 2」でも「Spring 1」同様に3種類のドライバーを直列に配置し、独自のクロスオーバー処理によりハイブリッドイヤホンに多く見られる音域ごとのつながりの不自然さを解消するととともに、精度の高い解像感を実現しています。

BQEYZ Spring 2BQEYZ Spring 2
そしてハウジングはアルミニウム製で5軸CNC切削加工により人間工学に基づく快適な装着性を実現しているとのことです。カラーバリエーションは「ライトグリーン」と「ブラック」の2色が選択できます。
BQEYZ Spring 2」の価格はアマゾンがプライム扱い(国内倉庫より出荷)で 18,500円、AliExpress(中国から発送)が 169ドルとなっています。
AliExpress(BQEYZ Offical Store): BQEYZ Spring 2
Amazon.co.jp(kukaka / BQEYZ): BQEYZ Spring 2


■ 「Spring 1」を踏襲したビルドクオリティの高い金属シェル。ケーブルも大幅にグレードアップ。

BQEYZ Spring 2」のパッケージは、「Spring 1」と同サイズのボックスで「2」であることを強調したデザインになっています。背面の記述もシンプルになっていますね。化粧箱を外し、ブラックのボックスを開くと、イヤホン本体とケースに入った付属品が確認できます。
BQEYZ Spring 2BQEYZ Spring 2

パッケージ内容は、イヤホン本来、ケーブル、イヤーピース(シリコンタイプ2種類・各S/M/Lサイズ、ウレタンタイプ1ペア)、クリーニングブラシ、レザーケース、説明書・保証書です。
BQEYZ Spring 2BQEYZ Spring 2

アルミニウム削り出しのハウジングは今回も非常に高いビルドクオリティで高級感を感じます。シェルのサイズおよび形状は「Spring 1」と同一ですが、「BQEYZ Spring 2」はカラーリングが異なり、ライトグリーンまたはブラックでシャンパンゴールドの赤いラインが描かれたタイプになります。大口径の13mmダイナミックドライバーと一体化した9層ピエゾドライバー、さらにステム部分のBAドライバーが直列に並ぶ構造のためハウジング自体は比較的大きめですが、耳に馴染みやすいデザインとなっていて装着性は比較的良好です。遮音性は一般的ですが、イヤーピースを工夫することである程度高めることもできます。
BQEYZ Spring 2BQEYZ Spring 2
コネクタは0.78mm 2pin仕様で、僅かな窪みがあります。ただリケーブルの際は埋め込みタイプ(CIEM 2pin)以外にもいわゆる中華2pin仕様のケーブルでも問題なく使用できます。
付属ケーブルは今回は高純度単結晶銅線ケーブルにグレードアップしました。合計224本の線材を使用した4芯線で、適度な太さがありつつしなやかで取り回しの良さもあります。
BQEYZ Spring 2BQEYZ Spring 2
イヤーピースはメタルプレートに開口部の大きいタイプと小さいタイプの2種類のイヤーピースが各サイズはいっており、よりダイレクトなサウンドは開口部の大きい方、多少中低域の厚みを持たせたい場合は小さい方で使い分けます。他にもよりフィット感を向上させるためには、付属イヤーピースの他に定番のJVCの「スパイラルドット」「スパイラルドット++」、AZLA「SednaEarfit Light」「SednaEarfit XELASTEC」、Acoustune「AET07」など開口部が大きいタイプの製品の組み合わせがお勧めです。


■ 各音域のバランスが良く滑らかで、同時に力強さと鮮明さをも両立した高解像度サウンド。

BQEYZ Spring 2」の音質傾向は、「Spring 1」の明瞭さの中に穏やかさも感じたフラット傾向から一転し、非常に力強くキレのあるサウンドに。全体的には弱ドンシャリに感じるバランスですが、多くのハイブリッドイヤホンに見られる人工的なメリハリの強さとは全く異なるものです。「BQEYZ Spring 2」では各音域が非常にスムーズにつながりながらも、それぞれのドライバーの個性をしっかりと感じる、「自然な調和」と「力強い個性」という本来相反するものが両立しているような、絶妙かつ個性的なチューニングだと思います。また「BQEYZ Spring 2」ではインピーダンス 32Ω±15%、感度110±3dB/mW と、43Ω/108dBの「Spring 1」より鳴らしやすい仕様になっています。この辺からもフラット傾向の「Spring 1」と、多少ドンシャリに振った「BQEYZ Spring 2」のアプローチの違いが見えてきますね。

BQEYZ Spring 2もともと「BQEYZ」はハイブリッドにおけるクロスオーバーの処理に非常にこだわりのあるメーカーで、かつての「K2」「KC2」で音域の異なる2種類のダイナミックを専用の音導管でつなぐなど他社ではまず見られない構成に驚かされました。さらに「Spring 1」では普通派手な音になるのが当然と思われがちなピエゾドライバーを使ったハイブリッド構成を採用しつつ、驚くほどスムーズなサウンドで、クラシックやジャズなどの音源も非常に美しく再現できる完成度の高いイヤホンに仕上げました。
そして今回の「BQEYZ Spring 2」では、そのクロスオーバー処理の技術の高さを発揮しながらも、さらにドライバーの個性を引き出し、ロックやポップスなどに合うパワフルなサウンドを実現しています。「Spring 1」「Spring 2」の双方にはそれぞれの特徴と良さががあり、好みや聴く曲のジャンルに合せて使い分けるイメージかも知れませんね。

BQEYZ Spring 2」の高域はキレがあり、明るく鮮やかさを感じるサウンドです。9層ピエゾドライバーの鮮烈な明瞭感と解像度が高く精緻な描写が印象的です。「Spring 1」の高域も非常に鮮明な印象ながらフラットにまとまった印象でしたが、「BQEYZ Spring 2」ではスムーズなつながりの良さは維持しつつ、さらに強い主張があり、曲によっては鋭さもアップしてるのが分ります。非常に透明感が高く歪みの無い見通しの良い高音で、スッキリと伸びますので、刺さる音源は適度な刺激もあります。この辺が少しキツイと感じる方もいらっしゃるかも知れませんが、個人的には存在感とともに質の良さも実感できる高域だと思います。

BQEYZ Spring 2中音域は「BQEYZ Spring 2」と「Spring 1」の違いを最も感じる音域で、ドンシャリ寄りのバランスから僅かに凹むものの前方でしっかりとした主張があります。やや中高域に寄せたチューニングで、高域同様に解像度が高く明瞭に鳴ります。「Spring 1」ではミッドレンジのBAドライバーを中心にピエゾとダイナミックのクロスオーバーをつながり重視でコントロールしていた印象でしたが、「BQEYZ Spring 2」では中高域部分を中心に非常にスピード感があり、高い分離性で鮮烈に描写します。ボーカルは前方で定位し、鮮やかで質感の良さも感じます。音場は一般的からやや広めの印象で、見通しの良さから演奏の1音1音の捉えやすさがあります。
非常に明瞭な音でクリアな音ですが、ハイブリッドにありがちな人工的な印象は無く非常にスムーズなつながりの良さと自然さも同時に維持されています。ただし、やや腰高さのある音のため、男性ボーカルの低域の響きは少なくやや細く感じるかも知れません。

低域は余裕のある13mmダイナミックドライバーが奏でる滑らかさと、他の音域同様のスピード感を両立した音です。ミッドベースは締まりがあり膨らむこと無く鳴り、中高域との分離も良好です。そのためパワフルな低域ながら過度に前に出ることは無く、バランス良く全体を下支えしている印象です。また重低音は深く沈み込みます。よりスピード感があり、低域の音数の多いハードロックやEDMなどでは「Spring 1」より表現力が高く感じるのではと思います。

BQEYZ Spring 2前述の通り、「BQEYZ Spring 2」は32Ω/110dBと仕様だけ見るとそれほど鳴らしにくくはなく、実際音量も「Spring 1」より取りやすい印象ですが、9層のピエゾドライバー、13mmのダイナミックドライバーという仕様からも再生環境には十分な駆動力が求められます。スマートフォンや出力の小さいDAPでは単に派手なだけの低価格ハイブリッドのような印象になってしまう場合があります。もし「BQEYZ Spring 2」のサウンドが物足りない場合はポータブルアンプの併用や据置きの環境で鳴らしてみると大きく印象が変化するかもしれませんね。
また「BQEYZ Spring 2」は0.78mm 2pinコネクタを採用しておりリケーブルが可能ですが、多くの場合付属ケーブルで十分に満足の行くサウンドが実感できると思います。ただ駆動力を稼ぐという意味ではバランス接続は有効な手段のひとつで、AliExpressで購入する場合のみケーブルの種類を2.5mm/4極または4.4mm/5極のバランスケーブルを選択することが可能です。またそれ以外で同様の効果を得たい場合は「HiF4881」 6N 8芯単結晶銅線ケーブルなども良い選択肢でしょう。さらに音場が広い見通しの良いサウンドに変化させる場合は「NICEHCK C4-2」や「NICEHCK C4-3」も興味深い選択肢です。


BQEYZ Spring 2BQEYZ Spring 2」はロック、ポップス、アニソンなどのボーカル曲で相性の良さがあり、さらにやや腰高なサウンドではあるもののEDMなども楽しく聴ける印象です。いっぽうでクラシックやジャズなどは「Spring 1」のフラットで音場感のあるサウンドのほうが向いていると感じました。
2つのイヤホンはグレードの違いと言うより異なるキャラクターのサウンドチューニングが行われた製品、という見方のほうが適切でしょう。オールラウンダーの「Spring 1」と、よりアグレッシブで力強いサウンドを楽しめる「BQEYZ Spring 2」。ただし、どちらも多層ピエゾドライバーによる高解像度と「BQEYZ」にしかできないスムーズなつながりをもつハイブリッドサウンドは他のイヤホンでは得られないものです。それぞれ150ドル以下、200ドル以下のイヤホンのなかでも確実にトップクラスに位置する製品だと思います。まだまだマイナーなブランドではありますが、マニアであればぜひとも挑戦して欲しいお勧めのイヤホンですよ(^^)。


「KBEAR S1」aptX HD対応、MMCX/2pin/TFZコネクタに対応し様々なイヤホンを手軽にワイヤレス化できるBluetoothイヤホンケーブル【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加
KBEAR S1

こんにちは。今回は「KBEAR S1」aptX HD対応のBluetoothイヤホンケーブルです。MMCXや2pin仕様の有線イヤホンをワイヤレス化できる便利アイテムで、この類いのワイヤレスケーブルはこれまでも何種類か紹介してきましたが、最後発と言うこともあって、価格的にも購入しやすく、さまざまなイヤホンに幅広く組み合わせられる製品に仕上がっていると思います。

今では、マニアではない方に「イヤホン」というと、普通にBluetoothイヤホンを連想する人も少なくない、というほどワイヤレス製品が主流になっています。特に完全ワイヤレス(TWS)の人気は高く、特に屋外でケーブルから解放される便利さから手放せなくなっている方も少なくありませんね。いっぽうで、スポーツの際には外れてしまったり紛失したりということを懸念して従来型の左右がつながったタイプを好まれる方も一定数いらっしゃいます。またこのタイプはワイヤレス機構をイヤホンケーブル部分に持つためTWSより高性能化、高音質化させやすい特徴があります。

そして、有線イヤホンのワイヤレス化でも「TWS化」アダプタは人気で、中華イヤホンの世界では「TRN BT20S」に根強い人気を持っています(FiiOからOEM品もでてますし)。ただ「TRN BT20S」は50ドル以下と他のメーカーのTWSアダプタよりかなり安価ということもあって、左右のアダプタごとに電源のON/OFFが必要だったり、充電もそれぞれに充電ケーブルをつないだりと、なかなか普通のTWSのような便利さには至っていませんね。確かに「TRN BT20S」も個人的に愛用しているアイテムですが、より手軽に、そして低コストで中華イヤホンをワイヤレス化するためにはケーブルタイプのほうが現状ではメリットが多いかもしれませんね。
KBEAR S1KBEAR S1
今回紹介する「KBEAR S1」は、Bluetooth 5.0対応でQualcomm「QCC3034」チップセットを搭載。aptX HDコーデック、iPhone等ではAAC-LCコーデックにも対応します。またコネクタも「MMCX」、「2pin」(0.78mm 中華2pin仕様)、「TFZ」(0.78mm 2pinカバー付き)の3種類が選択でき、幅広いイヤホンでワイヤレス化が可能なケーブルです。また安定した装着感が得られるネックバンドスタイルを採用し、ネックバンド部分にも高弾力性素材を使用し使い勝手も意識した製品になっています。
KBEAR S1KBEAR S1
「KBEAR」は昨年頃から様々な魅力的な中華イヤホンやリケーブル製品を比較的低価格でリリースしているブランドで、これまでも多くのイヤホンを販売していますが、「KBEAR S1」でようやく純正のワイヤレスオプションが登場した、ともいえますね。

コネクタMMCX / 中華2pin / TFZ 2pin
Bluetooth5.0
チップセットQualcomm QCC3034
コーデックaptX HD / aptX / AAC-LC / SBC
駆動時間10時間~(待機時間:約100時間)
バッテリ容量120mAh
通話音声CVC 8.0
防水/防滴IPX5
サイズケーブル長 95cm、重量 14g
KBEAR S1」の購入はAliExpressの「Easy Earphones」またはアマゾンの「WTSUN Audio」にて。価格はAliExpressが 22ドル、アマゾンがプライム扱いで 3,750円 です。AliExpressでの購入方法はこちらを参照ください。
AliExpress(Easy Earphones): KBEAR S1
Amazon.co.jp(WTSUN Audio): KBEAR S1


■ 低価格イヤホンに最適。さまざまなイヤホンに手軽に使えるワイヤレスケーブル

KBEAR S1」のパッケージは、シンプルな白箱タイプですが、ネックバンドの形状のまま収納されているため少し大きめ。パッケージ内容はケーブル本体、充電用microUSBケーブル、説明書のみと非常にシンプルです。
KBEAR S1KBEAR S1

KBEAR S1」ワイヤレスケーブルはイヤホンを装着するコネクタおよびコントロール・バッテリ部分とネックバンド部分で構成されますが、適度に細くそれほど邪魔にならない印象。またネックバンド部分のおかげでケーブルが絡まることもないため思った以上に使いやすい印象です。
KBEAR S1KBEAR S1
コネクタからのびるケーブル部分は樹脂被膜に覆われており、さらにネックバンド部分はより張りがあり手触りのよい樹脂素材が使用されています。あまりベタ付くことなく、また程度に柔らかいため張り付く感じにはならずに装着できます。また小さく丸めることもできるため、イヤホンケースなどに収納することも可能です。
KBEAR S1KBEAR S1
非常にシンプルなデザインですので、どのようなイヤホンを組み合わせても特に違和感なく使えそうなのも良いですね。今回はTFZコネクタ仕様でオーダーしましたので、先日レビューした「KBEAR KS2」がぴったり合せられますね(AliExpressではKS2とのセットモデルも購入できます)。

KBEAR S1」のBluetoothのペアリングはスムーズで対応デバイスでは最大aptX HDコーデックで接続されます。iPhoneなどではAACコーデックとなりますが、チップセットの機能により接続状態の良い環境ではより高音質・低圧縮(最大567kbps)のAAC-LC(MPEG AAC Low Complexity)で接続されるようです(通常のAACコーデックは256kbps)。接続性は比較的良好で屋外での使用でも快適に利用できました。

KBEAR S1」の音質傾向は味付けの無いフラットな印象です。もちろん、有線で相応の再生環境で聴くケースや、「Shanling UP4」や「FiiO BTR5」などの高音質ワイヤレスアダプタと連携した場合と比較すれば相応に粗さはありますが、数千円クラスの低価格中華イヤホンとの組み合わせての普段使いを想定すれば十分に実用的な音質だと思います。相性の悪いケースは、一般的には高インピーダンス/低感度のイヤホンはケーブルのアンプチップに負荷がかかり歪みやすく、逆に反応の良すぎるイヤホンでは後述のようにノイズを感じやすくなります。つまり、それなりの価格のイヤホンだとそれなりに違いが分っちゃう可能性もあるよ、という感じですね。この辺は「TRN BT20S」などでも同様ですね。
ちなみに、同様のワイヤレスケーブルも一昔前の製品では低域が厚くなる(というか多少モコモコする)ようなものがありましたが、私のブログで紹介する高音質コーデック搭載のものはそのような製品はほぼなくなっており、イヤホンの特徴をしっかり活かす製品が増えている点は進歩を感じます。ボリュームは本体と独立しており、端末側で音量を微調整して、ケーブルの音量ボタンは補助的に使う方がよいでしょう。
KBEAR S1KBEAR S1
ちなみに、反応の良いイヤホンでは音量が多少大きくなるほか、再生時にホワイトノイズを感じる場合があります。これはTRNやKZなどのaptXやaptX HD対応のケーブルやアダプタと同レベルですので、本体側、端末側の音量バランスを調整することで実用的にはさほど問題ありませんが、数万円クラスのイヤホンの場合は「Shure RMCE-BT2」や「IKKO Arc ITB05」のようにある程度ハイグレードなものを使った方が良いかもしれません。この辺はグレードに合せて、という感じでしょう。


KBEAR S1KZ/CCAなどのタイプC仕様のコネクタではKZ純正のaptX HD対応ワイヤレスケーブル(タイプC)が定番になりつつありますが、それ以外のイヤホン向けでは「KBEAR S1」は汎用性も高く、幅広く使用できるケーブルだと思いました。電波強度は「KBEAR S1」のほうがKZ純正よりかなり強そうですので、タイプC仕様も今後追加されるとよいですね。Shureなど反応の良いイヤホンや逆に非常に鳴らしにくい製品ではよりグレードの高いワイヤレスケーブルのほうがイヤホンの実力を活かせるケースも増えてきますが、中華イヤホンを中心にお気に入りのイヤホンをワイヤレス化したいというニーズにはぴったりでしょう。
また今回私はTFZコネクタ仕様をオーダーしましたが、「KBEAR S1」はTFZ純正のワイヤレスケーブルより安価でスペックも高く、なによりアマゾンで購入できるなどメリットも大きいため、TFZ製イヤホンのワイヤレス化を考えてる方には最適な組み合わせだと思いますよ(^^)。


プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。食べるのも好きなアラフィフの酔っ払い。東京と福井(鯖江)の自宅の二拠点生活も気付けば5年以上。普段は小さなIT企業の経営と営業とSEを細々とやってます。ポタオデは趣味で出張のお供。PC(?)遍歴にApple IIc とNeXTstation があるのがプチ自慢(^^;
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。









【Amazon Music HD / UltraHD対応まとめ】



最新記事
 


記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)
タグ絞り込み検索



購入イヤホン「好みランキング」



中華イヤホンケーブルまとめ(記事)









最新コメント












 
  • 累計: