bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

「BGVP DM5」オープン型2BA+2DDの仕様も特徴も「玄人」向けな国内限定の中華イヤホン

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
BGVP DM5

中国「BGVP」ブランドの2BA+2DDハイブリッド仕様の「オープン型」イヤホン「BGVP DM5」です。

今回は中華イヤホンやDAPなど多くの製品の国内販売元になっている伊藤屋国際さんが限定で国内販売しているものを購入しました。本記事の掲載時点では再入荷分が同様に限定販売されています。
Amazon.co.jp:(国内正規品)BGVP DM5

実は同じモデルのイヤホンを7月下旬頃にAliExpressで一度オーダーしたことがあったのですが、そのときは製品が出荷されず購入することができませんでした。そういった意味では個人的には「ようやく購入できた」イヤホンでもあります。

本体の形状そのものは数多くあるShure SEシリーズ系デザインのイヤホンに類似したものですが、イヤホンで「オープン型」というタイプは比較的珍しく、しかも典型的なシェア掛けタイプのカナル型ではかなりレアな存在です。イヤホン本体はブロンズ色の金属製ボディでシェルの表側にオープン型らしい大きな開放部があるデザインが特徴的です。
BGVP DM5image

付属品は、シルバーメッキの標準ケーブルと、ブラックのマイク付ケーブル、イヤーピースはS/M/Lの各サイズでブラックとクリアの2種類およびイヤホン標準装着のMサイズ、さらにウレタン製が1種類、さらにケーブルクリップなど。
imageimage

装着性はShure SEシリーズ系の形状をした他のイヤホン同様に良好です。
オープン型ですのでシェル表面の開放部より音漏れがあります。さすがに静かな図書館での使用は無理ですし、混雑した電車内では側にいる人に聞こえる程度の音漏れの大きさですが、カフェなどでの利用(特にボックス席であれば)は使用しても全く影響のないレベルです。


■Shure SEシリーズ系の外観、よく似たMaGaosi K3 Proとの形状比較

BGVP DM5」のドライバー構成は2BA+2DDのハイブリッドで、海外サイトの情報だとBA部分は「Knowles 30042」をデュアルで使用しているそうです。また、「BGVP DM5」のシェルの形状自体は2BA+1DD構成の「MaGaosi K3 Pro」と非常によく似ています(MaGaosi K3 Pro自体も形状の元になったと思われるイヤホンがありますが割愛します)。
BGVP DM5BGVP DM5
実際に比較してみると、シェル表面の外観はほぼ同じ大きさですが、ドライバー構成の違いから、「BGVP DM5」のほうが厚みがあり、かわりにステムは交換可能なフィルタを持つMaGaosi K3 Proのほうが長くなっています。
BGVP DM5BGVP DM5
ステム部分には2つのBAドライバー装着されているのがメッシュ越しに確認できますが、デュアルドライバータイプのを装着しているMaGaosi K3 Proに対し、「BGVP DM5」は2つのBAドライバーが並べて装着されているのが分ります。ここから、デュアルのBAドライバーが中域を表現し、ハウジングに本体に構成された2つのダイナミックドライバー(同様に海外サイト情報だとグラフェンコート振動板のようです)が高域と低域を描写するデザインであることが想像できます。

なお、付属の2本のMMCXケーブルは最近の中華イヤホンで付属しているものでアマゾンなどで単品でも販売されています。シルバーの標準ケーブルは銀メッキ処理のOFC線材を使用しておりブラックより多少ノイズに強いものになっています(また、先日レビューした同じBGVPの「SGZ-DN1」に同梱のケーブルと同じものです)。


■エージングで大きく変化する、中域メインでボーカル曲と相性の良い「暖色系サウンド」。

伊藤屋国際さんのツイートでも「エージングによる音質変化が楽しめる」との記載がありましたが、中華系のハイブリッドイヤホンの多くは長時間エージングにより特にダイナミックドライバー部分が変化し(本来の音になる)、BA部分との「つながり」が向上する傾向にあります。

BGVP DM5実際に聴いてみた「BGVP DM5」は、中域の印象が強い暖色系のサウンドで、オープン型らしく低域は「響く」というより「抜け」ていく感じでした。ただし、購入直後の状態では低域がいまひとつ「抜けきっていない」印象で、また高域ももうひとつ伸びが欲しい印象を受けました。
そこで毎回やっている100時間を超えるエージングを今回も行い、実際の変化を確認してみることにしました(このブログでも都度記載していますが、私の場合エージングはSIMなしiPhoneでApple Musicの数日分の長時間プレイリストをランダム&リピートでエンドレス再生を行う方式で行っています)。

DAP(デジタルオーディオプレーヤー)にCOWONの「PLENUE R」を使用し、購入直後とエージング後を比較してみると、高域の伸びは格段に良くなり、低域の印象も向上しました。
全体的には聴きやすいサウンドで、低域の量感はそれほど多くはありませんが分離性も良く存在感をキープしており、高域は比較的鮮明で、不快にならない程度の刺さりのある硬質な印象です。

BGVP DM5BGVP DM5」の周波数特性は典型的なドンシャリですが、実際には近い位置で定位する中域をメインに聴かせるタイプのイヤホンです。
これは上記の通り、ハウジングのドライバー配置からも想像できたサウンドですが、本来はかなり硬質だったり刺激的だったりするはずのグラフェンコート振動板ダイナミックドライバーの特徴的な部分を、オープン型にすることであえて「丸めて」しまって、トータルでは暖色系の音を作っている手法はかなり特殊で、このイヤホンの音を特徴付ける最大の要素ではないかと思います。

なお、音場もそれほど広い方ではありませんが、音抜けが良く分離感が高いため定位感も良好です。とはいえ解像度は平均的で、演奏や個々の楽器の音を聴き込むというよりはボーカルが映えるタイプのイヤホンです。ロックやメタル系より女性ボーカルのポップスやアニソンなどのほうが相性が良く、これらの曲を聴き疲れなくじっくり聴ける印象です。


■エージング不十分? 当り外れ? 出力不足で超ドンシャリの場合は「鳴らし込み」で解消


ところで、「BGVP DM5」のインピーダンスは16Ωで感度は120dB/mWというスペックですが、どうも搭載する2つのダイナミック側ドライバーはオープン型の音抜けの関係で通常のイヤホンより高出力で鳴るらしく、充分な音量を得るために一般的なイヤホンより多少大きな出力が必要です。

ただエージングが不十分な状態やDAP側の駆動力不足などの理由でオープン型としての「抜け」ができていない状態だと、この通常のハイブリッドより大きな出力で稼働するダイナミックドライバー部分がこもったような鳴り方をする場合がありました。
BGVP DM5私の場合、DAPをAstell&Kern「AK300」に変更して聴いてみた際に、十分に音量が取れず、通常のイヤホンであればボリュームを80程度で鳴らせるところを反応が低いヘッドホン並の110まであげる必要がありました。このときのサウンドはバランスが完全に崩れていて異常にボコボコした低音とキンキンの高音の極端なドンシャリになってしまいました。
しかし、後述するように、その後さまざまなリケーブルを試したり、出力の強い据置型のヘッドホンアンプから再生するなどを行っているうちに、このような現象はなくなり、AK300でも少し高めのボリューム90程度で安定して鳴るようになりました。
私が遭遇した現象が個体の問題か、このモデル共通の特徴なのかは不明ですが、もしこのイヤホンを購入し、極端なバランスの音で鳴った場合は、多少強力なアンプやプレーヤーで鳴らし込みを行うなどで様子をみてください(それでも駄目な場合は国内正規品であれば伊藤屋国際さんに相談されたほうが良いかもしれませんね)。


■リケーブルによる変化やDAPの影響を受けやすいイヤホン

BGVP DM5」のようにインピーダンスや感度は「鳴りやすい」ものの一定の音量を得るためにはある程度の出力や稼働力の必要なイヤホンの場合、特にリケーブルによる効果が期待できます。
同じDAPでもより高い出力が得られるバランス接続は確実に変化が得られると思いますが、通常のステレオ出力(アンバランス)でもケーブルのグレードを上げることにより、DAPからイヤホンまでよりノイズが少なく情報量の高い伝達が可能になります。実際AliExpressの一部のセラーではアップグレードケーブルをセットしたバージョンが販売されているようですので、メーカー側も「BGVP DM5」のリケーブル効果は認知している部分ではないかと思われます。

BGVP DM5実際にリケーブルして聴いてみると、まず、8芯の7N銀メッキコートのケーブルでは、中域の解像度が向上し、高域の伸びも大きく向上しているのがわかります。特に高域については標準のケーブルでは表現し切れていなかった音がより明瞭に聞き取れるようになりました。また、8芯銀メッキコートのバランスケーブルでも同様の解像度アップと高域のクリアさに加え、さらに低域の量感もアップしより広い音場感を得られるように変化しました。ただ逆にケーブルの種類によっては低域は強くなりますが多少こもった音に変化するケースもあり、一概にプラスの効果ばかりとも言えないようです。

また高出力のポータブルアンプや据置型のヘッドホンアンプなどを使って聴くことでより刺さりの強いサウンドに変化する「ハイ上がり」の傾向も多少見受けられました。このように、DAPなどプレーヤー側の特性など利用環境の違いもありますし、「BGVP DM5」を好みの音にするための最適なケーブルの組み合わせはそれぞれ試行錯誤が必要になるかもしれませんね。


■最適化できれば美音系だが、やはり多少「玄人向け」のマニアックなイヤホンかも

BGVP DM5というわけで、「BGVP DM5」は個人的には自宅などでボーカル曲を楽しむための「美音系」のイヤホンのひとつとして使用するようになりました。

しかしエージングによる音の安定、リケーブルやDAPやポタアンなどの組み合わせなどの「最適化」が必要なイヤホンだなとも同時に認識をしています。もちろん「オープン型」なので音漏れもあり利用シーンもある程度制限されますし、オープン型のヘッドホンに多いモニター系とも対極的な音質傾向でああるなど、やはりどう考えても「相当にマニアック」なイヤホンであることは間違いありません。

音質的な過激さはありませんが、もしかしたらちょっと「難物」の「BGVP DM5」ですが、ある程度中華イヤホンを楽しまれている「玄人向け」のアイテムとしては価格的にも音質的にも結構楽しいアイテムだとは思いますよ。


「OSTRY KC09」 正統進化の高音質イヤホンで色々リケーブルしてみた【購入レビュー】※追記しました

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
image

9月も初旬は仕事が少し立て込んでいて、ようやく落ち着いたかな、というあたり、ちょうど先日レビューした「PLENUE R」と同じ日に、発売から少し遅れてオーダーした「OSTRY KC09」が届きました。

OSTRY」というと、かつて「コストパフォーマンス最強」と言われた高音質イヤホンの「KC06」および「KC06A」を中心に、日本のオーディオファンの間で広く認知された中国のイヤホンブランドです。
KC09」は、そのOSTRY製品でもまさにKC06/KC06Aの流れを汲む最新の高音質イヤホンです。
OSTRY KC09image

私自身も以前KC06Aを使用していて、そのクリアなサウンドはとても気に入っていたイヤホンのひとつでしたが、7月にポタフェスで「KC09」を試聴し改めて「クリアで素敵な音だなぁ」と実感しました。「KC09」では超極薄の振動膜を採用した10mmダイナミック型ドライバーを搭載し、KC06のサウンド傾向を踏襲しつつより磨きをかけたとのこと。さらに同社としてははじめてMMCXコネクタを採用し、リケーブル対応となりました。
imageimage

付属のケーブルは銀メッキ銅線を使用し、触り心地の良いメッシュ生地の皮膜に覆われた使い回しの良いものです。正直なところKC06/KC06Aの細くゴムゴムしたケーブルはちょっと苦手だったので、個人的には今回のケーブルだけで満足度がかなりアップしています。
イヤーピースは通常タイプS/M/Lおよび装着済みのMサイズに加え、開口部の大きいツヤのあるタイプ(以下テカテカイヤピ^^)が2種類の構成です。

imageKC09」のしっかりとした質感と使用に支障を来さない範囲での重量感を感じる金属製ハウジングはとても美しく、フェイスプレートのレザー加工は、KC06の「あやしい模様(笑)」が苦手だった方にも広く受け入れられそうな高級感を感じるものです。
また「KC09」の装着感も良好でKC06同様に通常の装着方法でもシェア掛けでも違和感なく使えるのは嬉しいところです。ただ、上記の通りケーブルに覆われたメッシュ生地の皮膜の弾力のため、シェア掛けで街中を歩いていると結構耳から落ちやすくなるのが少し難点ですね(私の場合は別途イヤーフックを用意して装着しています)。


■抜群の透明感と解像度の高さ。低域と高域をしっかり聴かせるクリアなサウンド


KC09」の周波数特性は緩やかなドンシャリ寄りなフラットで、ものすごくざっくり言うと「比較的高級なマルチBAやハイブリッドに多い特性パターン」です。
imageこれはKC06からそうですが、より高価格帯のイヤホンにも負けない音質、という同社のコンセプトを考えるとこの辺はちゃんと狙ってるなあ、と改めて思います。フラット、といっても低域および高域の量感はかなり多く、モニター的な音とも全く異なります。とはいえ以前のKC06のような過激(?)なデザインではないものの、メタリックな外観から例えば「TFZ EXCLUSIVE 5」のようなシャープでソリッドな音をイメージされる方もいらっしゃるかと感じますが、実際に聴き比べると「KC09」はずいぶん「オトナ」な印象を受けるのではないかと思います(元々TFZ EXCLUSIVEラインはハッキリとしたドンシャリ系なので音質傾向もだいぶ違いますね)。

KC09」は、シングルダイナミックのドライバーとは思えないほど音域の幅は大きく、低域・中域・高域と全体的に量感のあるサウンドです。しかし非常に高い解像度と、アタックの早さ、分離感の良さから厚みのある低域をしっかり感じつつも中域を邪魔することは一切なく、伸びの良い高域は非常に精緻かつクリアに描写されます。音場は比較的広く、音のひとつひとつが手に取るように感じる、全体的に透明感があり演奏をしっかり聴かせてくれるイヤホンだと思います。

imageどのようなジャンルの曲でも合いますが、特にアコースティックなライブ音源などでは深い低音と伸びやかな高音の両方を感じつつ個々の音をしっかり聴き込むことができるため、「KC09」の良さをさらに実感のではと思います。また最近だと「SIMGOT」のイヤホンとの比較ですが、特に中域を中心に全体の音を描写するイメージの「EN700BASS」「EN700 Pro」に対し、低域と高域が際立ち奥行きを感じる「KC09」といった違いでしょうか。どちらも非常にレベルの高いイヤホンですので、できれば試聴などで聴き比べて違いを感じていただけると良いと思います。


■ケーブルによる音質の違い、改めて確認してみました


ところで、7月のポタフェスで試聴した際、IC-CONNECTさんのブースには標準のケーブル以外に2種類のアップグレードケーブルが参考出品されていて聴き比べができました。それで私は当日会場にて、
みたいなことをつぶやいておりました。確かにKC09はリケーブルによる変化は結構大きい印象でした。
というわけで、とりあえず手持ちのケーブルでリケーブルを行ってみると(すべて中華ケーブルですが)、8芯の純銀線を使用したケーブルでは中域の情報量が多少増加した印象で、同じく8芯の単結晶銅線(OCC)のゴールドメッキケーブルでは全般的な解像度が向上し、音場がより広く感じるようになりました。
imageimage

いっぽう、上記のケーブルより少し安価な8芯7N銀メッキ線のケーブル(本当に7Nかどうかはともかく)を使用してみると、今度はボーカルが少し前で定位し、低域がアグレッシブな印象になりました。
imageimage
また、MMCXに対応していると言うことで、先日レビューしたShureのLightning対応ケーブル(DAC内蔵)の「RMCE-LTG」に接続し、外出先の移動中にApple Musicで利用してみました。この組み合わせもなかなか良く、特にApple Musicが得意な洋楽とも相性も抜群な「KC09」はさまざまな用途で活躍できそうです。

KC09」標準のケーブルはこのイヤホンのサウンドを表現する上で一定のレベルをクリアしているとは感じますが、いっぽうでリケーブルによるクオリティ向上で得られる音質の変化も確かにあると思います。ちなみに、リケーブルについて個人的には、ポタフェスで聴いた銅線のアップグレードケーブルが高域がちょっと刺激的になり「適度な刺さり」がでる印象だったため、機会があれば改めて聴いてみたいと思っています(それ以前に発売されたらすぐ買いそうですが・・・^^;)。
というわけで、「KC09」は個人的には今後もリケーブルの可能性もさらに探りつつ、「普段使いの有力選手」として愛用していきたいと思っています。

※追記:9月16日にe☆イヤホン秋葉原店であったIC-CONNECTさんの試聴会でさっそく色々聴かせてもらいました。やはりポタフェスで聴いた銅線のケーブルは前回同様良い印象です。今後、表面の皮膜など取り回しを良くするための加工を行った上で製品化したいとのことでした。
imageimage
また16芯の銀線を用いたバランスケーブルもかなりの解像度アップで「KC09」のポテンシャルの高さを改めて実感しました。こちらは完成形のようですので先に製品化されそうですね(KC09用以外にも使えるように何本か買ってしまいそう・・・^^;)。またこの試聴会では、チューニングを(より過激というかキレをアップした方向に)変更したKC09や凄く過激にしたKC06なども参考出品されていて、こちらも「スペシャル版」として是非とも製品化して欲しいと思いました。今後も目が離せない感じですね。


プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。Apple好きのおっさん。食べるのも好き。普段はIT系のお仕事で自宅は福井県ですが都内で単身赴任してます。ポタオデは趣味で出張のお供。美音系/モニター系の音が好みです。自宅ホームシアターもそろそろ改造したいな。
※レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます。


記事検索
最新コメント
使用機器一覧など(livedoor プロフィール)


楽天市場