bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

「NICEHCK DT300」 トリプルBA搭載でSE535より手が届きやすい、リスニングチューンの濃厚イヤホン【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
NICEHCK DT300

またまた到着から2週間ほど経過してしまいましたが、毎度お世話になっている中国のイヤホンセラー「HCK Earphones」オリジナルブランドの新製品「NICEHCK DT300」です。シュア掛けタイプのコンパクトなハウジングのトリプルBA(バランスド・アーマチュア型)ドライバーを搭載したイヤホンになります。

■「HCK版SE535」ともいえるトリプルBAデザインとこだわったサウンドチューニング

本体デザインは「Shure SEシリーズ」タイプで、BAドライバーの設置レイアウトも有名なShureの3BAのモニターイヤホン「SE535」を彷彿とさせるもとになっています。ちなみに今年に入って、HCKからは「DT100」というシングルBAのイヤホン(年末年始の福袋イヤホンですね)があり、こちらはトリプルBAなので「DT300」という製品名だと思いますが、イヤホン本体部分の製造元は全く異なるようです。
カラーは、「クリア」「グレー」「ブルー」の3色から選択が可能です。

NICEHCK DT300」はアマゾンのNICEHCKマーケットプレイスにて 16,500円 の表示価格ですが、現在は購入割引のプロモーション中ですので自動的に600円程度値引きされるようです(さらに合計金額が20,000円以上になると追加の値引きが発生します)。
Amazon.co.jp(NICEHCK): NICEHCK DT300

現在のところ「NICEHCK DT100」はアマゾンのNICEHCKマーケットプレイスのみでの販売となり、AliExpressの中国ストアでは取り扱っていません。なお、HCKのTwitterアカウント(@hckexin)では頻繁に値引き情報などがツイートされるため最新情報をチェックすることでよりお得に購入できる場合もあります。

NICEHCK DT300NICEHCK DT300
到着した「NICEHCK DT300」は、最近の同社製イヤホン共通のボックスで、裏面に製品名などが貼られています。私は「グレー」でオーダーしました。ボックスの中にはHCKのオリジナルイヤホンケースが入っており、その中に本体および付属品が同梱されています。
NICEHCK DT300NICEHCK DT300
パッケージの内容はイヤホン本体、純正MMCXケーブル、ウレタンイヤーピースがライトグリーンが1個、ブラックの大小1個ずつ、開口部の小さいイヤーピースがS/M/Lも3サイズ、ケースと保証書となっています。

イヤホン本体のハウジングはプラスチック製。アマゾンの販売サイトに掲載の写真の「ライトグリーンのウレタンイヤピとの組み合わせ」がどうにもオモチャっぽく見えてしまうのですが、実物はとてもしっかりした作りで、Shure SEシリーズの製品と比べても質感的に遜色は無い感じです。
NICEHCK DT300NICEHCK DT300
実際に手持ちの「SE535LTD」と比較してみると、大きさはほぼ同じですがハウジングの形状的には結構違うことがわかります。ただステム部分もShure製品と同様に樹脂製で細いタイプは案外ありそうでなかったと思います。
そのため付属のイヤーピース以外を使用する場合はShure用の口径を選択する必要があります。私はストックしていたShure用のSpinFitを使用しました。この細いステムの関係もあり、装着性および遮音性についてはShure製品同様に高く、街中や電車内での使用にはかなり威力を発揮できそうです。


■「SE535」よりリスニングに寄せたチューニング。駆動力のあるDAPやバランス接続でより濃厚サウンドに。


NICEHCK DT300」を聴いた印象は「Shureっぽい音を相当聴きやすくリスニングチューンされたイヤホン」という感じでした。実際、「NICEHCK DT300」の周波数特性そのものはフラットに近い傾向で「SE535」(LTDモデルではないほう)に多少寄せている部分は感じます。しかし「SE535」や高域の伸びが強化された「SE535LTD」が完全なモニターサウンドなのに対し、「DT300」は多少音場感をアップし、より明確にリスニング向けの調整が行われているようです。
NICEHCK DT300高域の伸びの良さが特徴的な「SE535LTD」(赤いほう)が非常に有名なため忘れがちですが、ベースとなった「SE535」(グレーのほう)自体は高域より中低域に寄ったモニターイヤホンです。「SE535」は音場は狭く、響きもかなり抑制されていますが、ひとつひとつの音を精緻に聴き分けることに優れた、まさに「業務用のイヤホン」といった感じです。
いっぽうの「NICEHCK DT300」は、SE535同様にボーカルなどの中域は近くで定位する、マルチBAらしい解像度高めのサウンドですが、フラットなSE535より中域にわずかな凹みを持たせることでより立体的で奥行きのある音場感をつくり、リスニング的な楽しさを演出しているように感じます。
また製品化段階で追加されたというステム部のフィルターによる効果か、高域はある程度しっかりと表現しつつ刺さりなどはほぼ無いウォームなサウンドにまとめられています。結果的に両社は似たレベルのクオリティを持ちながらもかなり聴いた印象の異なるイヤホンに仕上がっていると思います。「似たレベル」と簡単に書きましたが、SE535やSE535LTDの価格を考えると「NICEHCK DT300」のお買得度はとても高いように見えますね(^^;)。

ちなみに、標準のグリーンのウレタンイヤーピースは低域の厚さは増すものの明瞭さが多少失われる印象であまり好みではありませんでした。付属のイヤーピースの場合は「Shureぽい」開口部の小さいシリコン製のほうが良い印象だと思いますが、できれば他社製のShure用イヤーピースに交換した方がいいでしょう。前述の通り私はSpinFitを合わせましたが、ウレタン系でもコンプライだとまた少し印象が変わるようです。
NICEHCK DT300また、「NICEHCK DT300」もSE535同様に敏感なイヤホンのため、再生環境によってはホワイトノイズを発生します(最近は中華系でも低価格のマルチBAが増えており、同様に感度の高いイヤホンも数多くあるので数年前ほどこの点がネックになることは少ないと思いますが)。
しかし、例えば「AK300」など、S/Nは非常に高いかわりに出力がそれほど強くないDAPで「NICEHCK DT300」のサウンドを聴くと、少しモッサリした雰囲気に感じる場合があります。しかし鳴りの良いDAPでさらにポータブルアンプを使用することで(私は「aune B1 (2017)」を使用)特に中域付近の密度が大幅に向上し、非常に濃いサウンドに感じました。同様にコンパクトDAPのなかでは比較的駆動力の高い「Shanling M3s」等とも相性の良さを感じました。

同様の効果はバランス接続により出力を得やすくすることでも確認することができます。HCKではアマゾンで4芯シルバーメッキの撚り線ケーブルと、赤白の8芯ミックス線ケーブルを販売していますが、「NICEHCK DT300」をMMCX対応のバランスケーブルにリケーブルするのも使用するDAPがバランス接続対応していれば楽しめると思います。
NICEHCK DT300NICEHCK DT300
他にも以前中華ケーブルのまとめレビューでも紹介している中国「LZ」ブランドのケーブルも比較的買いやすい価格で品質が高くおすすめです。日本では七福神商事さんがブラックの銀メッキ単結晶銅線ケーブルの各仕様を販売しています。ただHCKの赤白ケーブルもLZのブラックケーブルも人気のあるコネクタ仕様は入荷してすぐに売切れてしまうようですので興味のある方は見つけたときに押さえた方が良いかもしれませんね。

NICEHCK DT300あと、これも最近のShureぽい使い方と言えるかどうかわかりませんが、Shureが自社イヤホン用のオプションのひとつとして販売しているLightning対応ケーブル「RMCE-LTG」もMMCX対応なので「NICEHCK DT300」ともちろん組み合わせることが可能です。もともと「SE846」をはじめとするShureのハイエンド製品での利用も想定したDAC内蔵Lightningケーブルであるため音質面のクオリティがこの手のケーブルの中でも格段に高い反面、組み合わせるイヤホンのインピーダンスや感度がShure製品とかけ離れている場合、極端なハイ上がりな音になる場合もあるちょっと曲者のケーブルです。その点Shure製品と近い「NICEHCK DT300」との相性は純正並に良く、iPhoneなどでApple Musicを聴く上では最適な組み合わせではないかと思います。


というわけで、「NICEHCK DT300」は最近の中華イヤホンによる価格破壊的な製品を考えると少し割高にも感じるかもしれませんが、「SE535」をはじめとするShure SEシリーズの製品と比べてさらにリスニング的に楽しめるイヤホンとして、デザイン的にもサウンド的にも派手さは一切ありませんが、非常に高いレベルのバランスを実現していると思います。プラスチックな見た目以上に、なかなか侮れないアイテムかもしれませんよ(^^)。


「Yinyoo H5 Pro」 スタビウッドが美しい5BAイヤホンをEasy最新ケーブル3種類で聴き比べてみた【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Yinyoo H5 Pro

■このシリーズ3種類め。すでにコレクター化してるような・・・(^^;)
というわけで、到着からすでに1ヶ月以上経ってしまいましたが、改めて「Yinyoo H5 Pro」です。昨年後半、イヤホンマニア、特に中華系のイヤホンに興味のある方々で評判となった「低価格で5BAを搭載したクリアデザインのイヤホン」の流れを組む製品の「ちょっと高級になった」バージョンです。「Pro」といっても従来の「H5」と音質的な違いはなく、フェイスプレートによりコストの高いスタビウッドを採用している点がポイントとなっています。

Yinyoo H5 Proすでに以前のレビューでも紹介しているとおり、このシリーズのイヤホンの製造元は複数のブランド向けにイヤホンを供給しており、今回入手した「Yinyoo H5 Pro」は、「Easy Earphones」などの販売元が中心に取り扱う「Yinyoo(音佑)」向けバージョンの「スタビウッド」(スタビライズウッド)製フェイスモデルになります。他ブランドで販売されているスタビウッドのモデルとは販売元および「ブランド違い」のみで中身は全く同じと考えてよいでしょう。
なお、「Yinyoo H5 Pro」と同じシェルのクリアカラーモデル「Yinyoo H5」(現在はロゴ入りですが私はロゴ無しバージョン)、さらに中華イヤホンの世界では有名ブランドの「MaGaosi」の「MaGaosi K5」を所有しており、それぞれ過去のレビューにて紹介しています。よろしければ併せてご覧ください。
「Yinyoo H5」「Yinyoo H3」 5BA / 3BAのマルチBAドライバーとマルチカラーが楽しいクリアデザイン&高音質イヤホン
「MaGaosi K5」 5BA搭載で驚きの低価格と高音質を実現した中華イヤホン【購入レビュー】

スタビウッドの「Yinyoo H5 Pro」は、現在アマゾンのEasy Earphonesのマーケットプレイス(WTSUN Audio)にて販売されています。国内アマゾン倉庫に在庫がある場合プライム扱いですぐに商品が届きますし、万が一の際もアマゾンの購入履歴からサポート問い合わせ(日本語)が可能ですので安心感がありますね。
Amazon.co.jp(WTSUN Audio): Yinyoo H5 Pro

※下記の通り、現在WTSUN Audioでは2,000円引きで購入できるキャンペーンを実施中とのことです。

またEasy EarphonesのTwitterアカウント(@hulang9078)では頻繁に特価情報等もツイートされているためこまめにチェックされることをお勧めします。


■スタビウッド(スタビライズウッド)で一気に高級感を増したクリアデザイン

Yinyoo H5 Pro」もパッケージは最近のYinyooブランド製品共通の同社ロゴ入りケース+ボックス。
Yinyoo H5 ProYinyoo H5 Pro
構成はイヤホン本体、8芯銀メッキ線MMCXケーブル、イヤーピースはシングルフランジとデュアルフランジがそれぞれ3サイズずつとなっています。
Yinyoo H5 ProYinyoo H5 Pro
私は発売直後にAliExpressにて「ブルー」でオーダーしましたが、実際に届いたものはよりグリーンに近い濃いめのターコイズブルーといった感じの色でした。現在販売されているのはアマゾンの表記では「ブルー・Ⅱ」となっており、より青に近いカラーになっているかもしれませんね。
Yinyoo H5 ProYinyoo H5 Pro
ちなみに、スタビウッド(= スタビライズウッド:Stabilized Wood)は自然木をカラーレジンで圧力染色(着色ではない)した素材で、木目によって風合いが異なるため同じ色・模様はひとつとしてありません。またより硬度も高い材質になります。オーディオ的にはギターなどでよく使われているのを見かけますね。

そして、付属の「8芯 銀メッキ線ケーブル」は最近単品でも販売されており、アマゾンおよびAliExpressで購入することができます。最近は2.5mm/4極および4.4mm/5極のバランスコネクタ仕様もアマゾンで選択できるようになりましたので、同じケーブルでバランス仕様に気軽にアップグレードできるのは嬉しいところです。
※Yinyoo 8芯 銀メッキアップグレードケーブル
Amazon.co.jp(WTSUN Audio) 4,890円~ / AliExpress(Easy Earphones) $38.00~$40.00


■5BAの特徴と低コストを両立した定評あるサウンドは健在。リケーブルでの変化は?

さて「Yinyoo H5 Pro」の実際に聴いた印象ですが、何度も書いているとおり、音自体はこれまでもレビューしている「MaGaosi K5」および「Yinyoo H5」といったブランド違い、またはフェイスプレートの仕様違いの各モデルと「同じ音」です。フラット寄りの音質傾向で、広い音場とボーカル映えする明るめのサウンドが特徴的です。改めて聴いても4つの中高域BAドライバーが作り出す情報量が多く「濃い」中高域と、低域を担うKnowles製BAとのネットワークの調整もとても良好な印象を受けます。
Yinyoo H5 ProMaGaosi K5」のレビューの際も触れましたが、同じ5BAのイヤホンでも評価の高い10万円超えの製品の解像度や分離性、または高域の表現などと比べるのはさすがに無理がありますが、リスニングイヤホンとしての完成度は高く、クリアで美しいデザインとあわせてカラーバリエーションをいろいろ使い分けるのも楽しいのではと思います。ちなみに、多くの5BAクラスのマルチドライバーのイヤホン同様に比較的「敏感で鳴りやすい」傾向にあるため、ヘッドホン向けの高出力アンプやスマホのイヤホン端子などではホワイトノイズを多く感じるケースがあります。また出力が強すぎると高域がハイ上がり状態になることもあるので、再生環境はCIEM等にも最適なDAPを利用することをお勧めします。

ところで、「Yinyoo H5 Pro」をはじめとする各バリエーションはMMCXコネクタを採用しているため、気軽にリケーブルできるのも楽しいところです。最近、製品付属と同じ「8芯銀メッキ線ケーブル」以外にもEasy Earphoneでは「Yinyoo」ブランドなどで新シリーズの8芯ケーブルが相次いでリリースされました。
Yinyoo H5 ProYinyoo H5 Pro」は確かに他のブランドの同じ製造元のイヤホンも音は同じですが、より多くの種類のオプションケーブルを同じブランドで選択できるのはメリットのひとつですね。私も発売された3種類のケーブルを全て購入したため、標準ケーブルとの音の違いを比較してみたいと思います。
なお、今回比較する各ケーブルは、先日「中華ケーブルのまとめレビュー」のYinyooケーブル編にて紹介していますので、よろしければ併せて参照くださいませ。
→ 【その4:Yinyoo/Kinboofi新ケーブル編】 中華イヤホンケーブルをまとめてレビューしてみました ④

今回の比較でも再生環境はAstell&Kern AK300を使用しました。気がつけば現役で私が使用しているDAPのなかでは最古参ですし、性能インフレの進む現在では割と凡庸なスペックとなってしまいましたが、その無味無臭なサウンドが比較においては安心して使える存在でもあります。特に「Yinyoo H5 Pro」のようなマルチBAとの組み合わせでは十分元気にならしつつ出力が強すぎてハイ上がり気味になる心配もない点は有り難いところです。

【 標準・8芯銀メッキ線ケーブルとの組み合わせ 】
Yinyoo H5 ProYinyoo H5 Pro」および「H5」などのサウンドを補完している付属の8芯銀メッキ線ケーブルは典型的な中域の情報量を中心にフォーカスするタイプ。今回のケーブルの中では刺さりが少ない方のケーブルでクオリティは十分に高いと思います。また非常に柔らかく、装着時の取り回しが良いのも特徴的です。多くのケースではリケーブル無しでも十分に楽しめると思います。いっぽうで高域部分には若干の粗さがあり、「H5」「H5 Pro」では出力の強いDAPたと雑味を感じる可能性もありますね。この辺は同じケーブルでも上記の2.5mm/4極または4.4mm/5極仕様に換えてバランス接続することで分離性が良くなり多少印象が変わってくると思います。

【 GXX4728/8芯 銀メッキコート線&単結晶銅線ミックスケーブル 】
Amazon.co.jp(WTSUN Audio) 6,900円~ / AliExpress(Easy Earphones) $55.00~$60.00

Yinyoo H5 Pro高品質な銅線と銀メッキ線のミックスケーブルはケーブルの情報量アップ、分離性向上を比較的低コストで効率よく行える特徴がありますが、このケーブルも「Yinyoo H5 Pro」および「H5」との組み合わせではひとつ膜が取れたようなメリハリの向上があります。標準ケーブルより解像度がアップし、より近くで定位する印象を受けます。さらにこのミックス線との組み合わせでは高域の明瞭さがもっとも顕著に表れるため「高域好き」な方には最も良い選択肢になるのではと思います。ただしDAPによっては結構アグレッシブな音になるので刺さりを気にする方は注意が必要かも。ただAK300の出力ではこれくらいがちょうど良いくらいの印象でした。

【 GXX4726/8芯 高純度銅線ケーブル(錫メッキ) 】
Amazon.co.jp(WTSUN Audio)  6,900円~ / AliExpress(Easy Earphones) $55.00~$60.00

Yinyoo H5 Pro落ち着いたブラウンの色合いがスタビウッドの「Yinyoo H5 Pro」といちばんマッチしそうなカラーのケーブルです。こちらはケーブルのクオリティが向上することで上記のミックス線同様にメリハリが良くなり少し近くで定位しますが、同時に中低域の厚みが向上する印象です。「Yinyoo H5 Pro」「H5」との組み合わせではミックス線より落ち着いた印象のサウンドとなるため、ボーカル曲に加えてジャズなど演奏を楽しみたい方に向いていそうですね。今回の3種類のアップグレードケーブルの中ではいちばん柔らかく、標準ケーブルより少しだけ硬い程度なので取り回しが良いのもメリットだと思います。

【GXX4725/8芯 銀メッキコート線ケーブル  】
Amazon.co.jp(Kinboofi) 6,900円~ / AliExpress(Easy Earphones) $55.00~$60.00

Yinyoo H5 Proこちらは「Kinboofi」のブランドでアマゾンでは同マーケットプレイスで販売している8芯銀メッキコート線ケーブル。今回の3種類のアップグレードケーブルの中ではもっともナチュラルな音質傾向のケーブルで、「Yinyoo H5 Pro」「H5」のサウンドをよりクリアに聴かせてくれる印象です。他のアップグレードケーブル同様に分離性が向上しより近くで定位します。標準ケーブルで感じた高域部分の雑味も減少し明瞭感が向上します。特に強い味付けはありませんが、リケーブルによるグレードアップで「Yinyoo H5 Pro」「H5」のポテンシャルを発揮させるためのケーブルとしては最適な組み合わせだと思います。


というわけで、みたびの「Yinyoo H5 Pro」のレビューとなりましたが、リケーブルによってこのイヤホンの奥深さを改めて実感しました。スタビウッドの「H5 Pro」モデルはこのレビュー掲載時点でAliExpress側では在庫切れになっており、もしかしたらアマゾンで販売しているのも限定数で終了、ということかもしれません。
Yinyoo H5 Proもともとクリアボディのハウジングが非常に美しいビルドクオリティの高いイヤホンでしたが、「H5 Pro」モデルではその美しさにいっそう磨きがかかっており、より高級なイヤホンと並べても遜色ない仕上がりに感じます。サウンドもモニターライクではないものの、リスニングイヤホンとしてジャンルを選ばない音質傾向はとても使いやすく感じます。また思いのほか装着性が良いことも見逃せないポイントだと思います。もしこのイヤホンの購入を悩んでいる方がいらっしゃったら、無くなる前に押さえておいた方が良いかもしれません。比較的低コストで所有する満足感は十分に得られるイヤホンだと思いますので。


追記:
Easy Earphonesより案内を依頼されたのですが、現在アマゾンのWTSUN Audioでは「Yinyoo Pro」が2,000円引きで販売されているとのことです。すでにAliExpressでは販売終了とのことですので、もし興味のある方はこの機会にご検討してみてみるのもよいと思いますよ。

Yinyoo H5 Pro


プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。Apple好きのおっさん。食べるのも好き。普段はIT系のお仕事。自宅は福井県ですが都内で単身赴任してます。ポタオデは趣味で出張のお供。美音系/モニター系の音が好みです。自宅ホームシアターもそろそろ改造したいな。
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。


記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)







最新コメント













成長因子