bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

「NICEHCK 16芯 高純度銅ケーブル」(低価格版) よりナチュラル傾向で多くのイヤホン/再生環境で手軽に使える高品質イヤホンケーブル【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
NICEHCK 16 core OFC Cable

こんにちは。今回は中国のイヤホンセラー「HCK Earphones」のオリジナルブランド「NICEHCK」から、低価格タイプの16芯イヤホンケーブルがリリースされましたので、早速レビューしたいと思います。

中華16芯ケーブルは昨年頃からミドルグレードの中華イヤホンケーブルとしてかなり人気となり現在は主要なセラーからさまざまなバリエーションの製品がリリースされています。HCKからも高純度銅線の「NICEHCK CT2」(4,850円)、銀メッキ線の「NICEHCK TDY4」(4,550円)、ミックス線(赤白)の「NICEHCK TYB2」(5,250円)が販売されています。これらのミドルグレードの16芯ケーブルは、基本的には「非常に柔らかい線材」で「情報量が非常に多く、イヤホンによっては音量がひとまわり大きくなるほどの変化」あるのが特徴。さらに最近では線材をOFC(無酸素銅線)から単結晶銅線にグレードアップしたものも登場し始めています。

NICEHCK 16 core OFC Cable今回の「NICEHCK 16芯 高純度銅ケーブル」は同じ16芯ケーブルでも全く逆のアプローチで、16芯ながらAliExpressで10ドル台の低価格で販売されるという「低価格16芯ケーブル」です。そのため従来の製品とは異なる線材(おそらく既にHCKから販売されている低価格8芯ケーブルの「NICEHCK CT3」と同じ線材と思われます)を編み込んでおり、音質面の傾向も多少異なります。
購入はAliExpressのHCK Earphonesより。AliExpressでの購入方法およびフォロワー値引きについてはこちらを参照ください。またHCKのTwitterアカウント(@hckexin)では割引情報なども頻繁にツイートされますのでフォローのうえこまめにチェックされることをお勧めします。


NICEHCK 16芯 高純度銅線 アップグレードケーブル(ダークブラウン) / 低価格タイプ
NICEHCK 16 Core Pure Copper OFC Upgrade Cable 3.5/2.5/4.4mm Plug MMCX/2Pin 
【 MMCX 】【 中華 2pin/CIEM極性 】【 3.5mm 】【 2.5mm/4極 】
AliExpress(NiceHCK Audio Store) 14.06 ドル ※セール中価格 9.9ドル
NICEHCK 16 core OFC CableNICEHCK 16 core OFC CableNICEHCK 16 core OFC Cable
既存の「ミドルグレード」タイプの16芯ケーブルより大幅に低価格化を実現した「低価格」高純度無酸素銅線(OFC)ケーブルです。MMCX/2pinコネクタや分岐部分、プラグなどはアルミ製の従来とは異なるデザインのものが採用されています。NICEHCKロゴはプラグ側に記載。現時点では4.4mm/5極の指定はなく、3.5mmと2.5mm/4極の2系統の選択となります。
NICEHCK 16 core OFC CableNICEHCK 16 core OFC Cable
実際に届いた「NICEHCK 16芯 高純度銅ケーブル」は柔らかく取り回しも良くとても使いやすい印象ですが、従来のミドルグレードタイプの16芯ケーブルでは、非常に柔らかい線材を使用していましたが、これと比べるとわずかに被膜が硬めの印象。HCKのミドルグレードタイプの16芯ケーブル、たとえば同じ高純度銅線ケーブルの「NICEHCK CT2」(4,850円)と実際に比較すると、今回の「NICEHCK 16芯 高純度銅ケーブル」のほうが「CT2」より僅かに細めの線材で被膜も若干硬めの印象を受けます。おそらくHCKの低価格8芯ケーブル「NICEHCK CT3」(1,699円)の線材を使った16芯バージョンという感じですね。
NICEHCK 16 core OFC CableNICEHCK 16 core OFC Cable
実際にリケーブルした印象としては、情報量は低価格8芯ケーブルのと「CT2」の中間くらい。音質傾向は味付けのないナチュラルな傾向で、「CT3」の印象そのままで情報量をぐっと向上させた印象です。

ちなみに、「NICEHCK CT2」や銀メッキ線の「NICEHCK TDY3」(4,550円)といったミドルグレードタイプの16芯線ケーブルは、非常に情報量が多いケーブルのため、敏感なイヤホンと組み合わせると反応が良くなりすぎることで再生環境によって、従来の16芯ケーブルでは反応が良くなりすぎてホワイトノイズが発生したり高域の刺激が強くなった、というケースもありました。
NICEHCK 16 core OFC Cableその点、今回の「NICEHCK 16芯 高純度銅ケーブル」はこれら従来タイプの16芯ケーブルのような中高域の抜けの良さや明瞭感には及ばず、その点において価格相応の「差」はあるものの、音質傾向を変えないまま「適度」に情報量をアップする、というケースにはちょうどよいバランスのケーブルかもしれません。マルチBAモデルも多くなってきた最近の1万円~クラスの中華イヤホンなどとの組み合わせには最適ですね。
NICEHCK 16芯 高純度銅ケーブル」は低価格8芯タイプの「NICEHCK CT3」よりもう少しグレードの高いイヤホンと組み合わせる場合、細めの線材で取り回しの良さを確保しつつリケーブル効果のあるものに替えたい場合などに最適なケーブルだと思います。今回は高純度銅線タイプでしたが、同様に銀メッキ線やミックス線タイプの低価格16芯ケーブルの欄ナップも期待したいところですね(^^)。


「TRN IM2」 大幅に向上したビルドクオリティと聴きやすく使いやすいサウンド。2千円台ながら満足感の高いハイブリッド中華イヤホン【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
TRN IM2

こんにちは。今回紹介するのは「TRN IM2」、1BA+1DD構成のハイブリッドイヤホンです。中国のイヤホンブランド「TRN」の最新低価格モデルで、20ドル台、2千円台の低価格ながらカスタムIEMを彷彿とさせるようなレジン製の美しいシェルと、比較的聴きやすく、まとまりの良いサウンドを実現した製品で、個人的には「TRN」ブランドの中でもっともお勧めできるイヤホンだと思っています。
ちなみ、以前、TFZの「SECRET GARDEN」にデザイン「だけ」寄せたような「TRN IM1」というモデルがありましたが、「TRN IM2」では2まわり以上シェルをコンパクト化させると同時にビルドクオリティも大幅に向上しました。またステム部分は金属製となりました。
TRN IM2TRN IM2
TRN IM2」はTRNの最近のモデルで使用しているTRN向けにカスタムチューニングされた高域用BA(おそらく「Bellsing 30095」をベースに刺さり等の刺激を感じやすい帯域を調整したモデルかなと思っています)と、二重磁気回路ダイナミックドライバーを搭載。低価格イヤホンながら見た目だけで無く音質面においても配慮したチューニングとなっています。
TRN IM2TRN IM2
TRN IM2」はアマゾンでは「L.Sオーディオ」や「WTSUN Audio」など複数のセラーで販売されています、価格は 2,550円 前後です。
Amazon.co.jp(L.S オーディオ): TRN IM2 2,550円
Amazon.co.jp(WTSUN Audio): TRN IM2 2,356円

TRN IM2」のパッケージは、低価格モデルの「TRN V○○」のシリーズと同じサイズのボックスで届きました。以前の「IM1」は「TRN X6」で使われている豪華版のボックスだったのですが、製品価格相応になったかんじですね。パッケージ内容は、イヤホン本体、ケーブル、イヤーピース(S/M/Lサイズ)、説明書、保証書など。
TRN IM2TRN IM2
TRN IM2TRN IM2

レジン製シェルは非常にコンパクトで最近のKZなどのハイブリッドとくらべると2まわりほど小さく感じるサイズ感です。ハウジング部分が非常にコンパクトなため金属製のステムが太くみえますが実際は穴の小さいイヤーピースでも普通に使用できるサイズ感です。また本体価格に対して層状以上にビルドクオリティは高く、また耳にフィットするデザインで装着性も良好です。
TRN IM2TRN IM2

以前のモデルの「TRN IM1」と比較すると「TRN IM2」のほうが2まわりほどシェルサイズがコンパクトになっていて、ビルドクオリティも別次元で向上しているのがわかります。また先日レビューした「Yinyoo Ash」と比べると、形状自体は全く同じで、搭載しているBAドライバーの「TRN」の刻印も同じである点からも、同じ工場で作られた「兄弟イヤホン」であることが確認できます。
TRN IM2TRN IM2
遮音性は一般的なカナル型イヤホンと同等以上です。装着感に加えて見た目的にもイヤーピースやケーブル等を変更することでさらにフィット感を向上させ、音質的なグレードアップを楽しむのも良いでしょう。


■聴きやすい全体的にバランスのとれたサウンド。突出した点はないものの使いやすさが特徴

TRN IM2」の音質傾向は中低域寄りの弱ドンシャリで聴きやすくまとまりの良さを感じるサウンドです。「Yinyoo Ash」とは外見だけでなくサウンド面も非常によく似ていますが、「Yinyoo Ash」のほうがドンシャリ傾向が強く、相対的に「TRN IM2」はややフラット寄りのバランスに感じます。音質面で突出して良いという印象はありませんが、聴きやすくまとまりの良さを感じるサウンドですね。

TRN IM2TRN IM2」の高域は明瞭感のある音である程度の主張がありますが聴きやすいバランスの範囲でまとめられています。最近のTRN製イヤホンで採用されている自社ロゴ入りの高域BAの特徴を踏襲し、主張はあるものの刺激をある程度抑制し聴きやすくしたという印象を受けます。煌めきのある硬質な音で伸びる印象あるため、ハイハット等も綺麗に鳴ってくれますがスッキリというより分りやすいドンシャリ感を感じる音です。

中音域はほとんど凹むこと無くボーカルなどは自然な距離感で鳴ってくれます。「TRN IM2」は「Yinyoo Ash」より少し低域が軽めのためか、相対的にボーカルなどは近く感じるようです。明るくハイブリッドらしい鮮やかさを感じる音です。音場は普通から曲によってはやや狭い印象。味付けは無く自然に鳴ってくれますが、最近のKZ等の低価格中華ハイブリットのような人工的にも感じるキレの良さはない反面、解像度の高さは価格相応とう感じもします。この辺は音作りの考え方でしょう。このようなデザインのイヤホンだとボーカルの余韻などはもう少し伸びや深みが欲しい気もしますがこの点も価格帯を考えれば及第点だと思います。

低域は量感と厚みのある音を鳴らしてくれます。「TRN IM2」は「Yinyoo Ash」のようにやや膨らむような印象はあまりなく、そのため比較して若干軽く感じることもありますが、沈み込みも比較的良く響きのある音を鳴らします。重低音は価格なりの割り切りは多少見られますが普段聴くうえでは存在感のある鳴り方をします。また中高域が籠もること無くベースラインもしっかり感じる事ができます。
TRN IM2TRN IM2
ジャンルにとらわれず使いやすいバランスのサウンドで、特にロック、ポップス、アニソンなどとのボーカル曲との相性が良い印象です。また情報量の多いケーブルにリケーブルすることで全体的に明瞭感とキレが向上し、音場に奥行きが生まれてくると思います(中華2pinタイプが使えます)。音質傾向にあわせて2千円前後の中華イヤホンケーブルを組み合わせて見るのも良いと思います。
過去記事(一覧): 2,000円以下の中華イヤホンケーブルのレビュー



プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。気付けばアラフィフの酔っ払い(定期)。食べるのも好きな天秤座AB型。普段はIT屋で都内と自宅(鯖江)のある福井ほかあちこち出張するお仕事してます。ポタオデは趣味で出張のお供。長年のPC(?)遍歴にApple IIc とNeXTstation があるのがプチ自慢(^^;
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。





最新記事



記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)









最新コメント