bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

NICEHCK「8芯 純銅(OFC)」&「8芯 純銅銀メッキ ケーブル」、この高品質で驚きの低価格。まとめ買いしたくなる最新イヤホンケーブル【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
hck cable

こんにちは。私のブログでも多くアクセスをいただいている「イヤホンケーブル」のレビューですが、「HCK Earphones」から低コストながら非常に高品質のケーブルが2種類リリースされました。特に銅線ケーブルのほうは発売以降大人気でアマゾンではあっというまに入荷分が売切れてしまいました。本レビュー掲載時点でも次回入荷待ち状態になっています。

というわけで、私も発売開始直後に銅線ケーブルと銀メッキ線ケーブルの両方をAliExpressとアマゾンでそれぞれ購入しました。どちらも比較的細い線材を編みこんだケーブルで柔らかく取り回しも良好ですが、音質面でもリケーブル効果が十分に得られる非常に高品質のケーブルでした。
hck cablehck cable

なお、各ケーブルの線材(材質)ごとの特徴については過去記事の「解説編」にてまとめています。
→ 【その1:解説編】 中華イヤホンケーブルをまとめてレビューしてみました(前編)
また、上記以外にもこれまでにさまざまな中華イヤホンケーブルを購入&レビューしております。
→ 過去記事: 中華イヤホンケーブルのレビュー 一覧

購入はいつもお世話になっている中国のイヤホンセラー「HCK Earphones」(AliExpressおよびAmazon)にて。HCKのTwitterアカウント(@hckexin)では頻繁に割引情報などもツイートされますのでフォローのうえこまめにチェックされることをお勧めします。アマゾンでは国内発送のためすぐに商品が到着しますし、アマゾン経由の保証が得られるメリットがあります。上記の通り入荷するとすぐに売切れてしまう可能性があるので、気になっている方は見つけたらすぐに購入するほうがよいかもですね。いっぽうAliExpress(中国発送)では順次出荷となりますので納期はかかりますがより低価格で購入できます。また上記Twitterアカウントをフォローのうえ「フォロワー値引き」を利用することが可能です。AliExpressでの購入方法、「フォロワー値引き」についてはこちらを参照ください。


NICEHCK 8芯 純無酸素銅線 OFC  アップグレードケーブル
NICEHCK MMCX/2Pin Connector 3.5/2.5/4.4mm Balanced 8-Core Pure Copper Cable
【MMCX】【2pin ※】【3.5mm】【2.5mm/4極】【4.4mm/5極】 
hck cablehck cablehck cable
発売時にHCKより大幅なディスカウントが行われたこともあり一気に品切れになるほど売れた「純銅線ケーブル」となります。HCKからの情報によると台湾メーカーより直輸入した99.99%の高純度無酸素銅(OFC)線材を使用したケーブルとのこと。比較的細い線材をしっかり編み込んでいるため8芯タイプながらゴツゴツした印象ではなく、ケーブルの柔らかさもあり、さまざまなイヤホンに合わせやすいケーブルといえるでしょう。
hck cablehck cable
MMCXおよび2pinコネクタ部分、ケーブル分岐部分にはHCKの「EBX」「DT100」などのイヤホンでも採用されている金属製のパーツを使用。2pinコネクタはKZやTFZなどに合わせやすい最近の中華ケーブルに多いタイプとなります。
KZ ZSAhck cable
こちらの純銅線ケーブルは先日「KZ ZSA」のレビュー後編(比較編)にて複数のKZイヤホンと組み合わせてみましたが、低価格ながら高純度の銅線ケーブルらしい「オリジナルの音を活かしながら明瞭度が向上する」傾向をしっかり表現しており、また一般的な付属ケーブルと比較しても情報量の向上が見込めます。また、より近くで定位し、音量もすこし上がるのが実感できると思います。
hck cableやはりKZやTFZなどの比較的メリハリのある「濃い音」のイヤホンとの相性がよいですね。TFZの上位モデルでは5NのOFCケーブルが標準で採用されているとのことですが、8芯で情報量が上がっているためか、そもそもの品質が高いからか、十分にリケーブル効果が得られます。また低域に特徴のあるイヤホンでも個性を伸ばしてくれるため、中低域が厚いシングルダイナミックのイヤホンとの組み合わせも相性の良さを感じます。特にバランスケーブルも低価格で購入できる点はありがたいところです。
正直なところこのクオリティのケーブルがこれだけの低価格になると、以前の50ドル〜100ドルくらいの8芯の中華ケーブルは「立つ瀬が無い」気もしてくるのですが・・・(^^;)。かなり汎用的に使いやすいケーブルですので、複数のイヤホンを利用している方はまとめて何本か持っていても損は無いと思いますよ。


NICEHCK 8芯 OFC純銅銀メッキ  アップグレードケーブル
NICEHCK MMCX/2Pin Connector 3.5/2.5/4.4mm Balanced 8-Core Plated Silver Cable
Amazon.co.jp(NICEHCK)  4,399円~ / AliExpress(NiceHCK Audio Store) $29.99~
【MMCX】【2pin ※】【3.5mm】【2.5mm/4極】【4.4mm/5極】
hck cablehck cablehck cable

そして、上記の銅線ケーブルよりは少しだけ価格がアップしますが、こちらの「銀メッキ線ケーブル」も純銅線と同じくに台湾メーカーから直輸入の線材を使用した8芯ケーブルで、同様に柔らかく使い勝手も良好です。一般的に「銀メッキコート線」のケーブルは、銅線ケーブルに比べて高域の解像度が向上し、線材によっては多少アグレッシブになるなど「純銀線」に近い傾向と、中低域は銅線に近い傾向を併せ持つといわれます。ただ銀メッキの度合いなども含めた線材のクオリティに依存しやすく、低価格の中華ケーブルでの銀メッキ線の多くは「解像度が向上する程度」というものも少なくありません。実際HCKなどで従来から販売しているシルバーカラーのケーブルも高域より中低域の解像度の向上がメインで味付けの無い銅線といった印象がありました。
hck cablehck cable
しかし、今回のHCKの銀メッキ線ケーブルは価格はこれまでの銀メッキ線とほとんど変わらないですが傾向としては材質の傾向がしっかり現れる特徴的なケーブルに仕上がっていると思います。ある意味、本来の「銀メッキ線ケーブルらしい」傾向といえるのですが、それ故にこれまでのシルバーカラーの中華ケーブルとは「明らかにジャンルの違うケーブル」と捉えたほうが良いかもしれませんね。
hck cablehck cable
HCKの新しい銀メッキ線ケーブルでは、上記の純銅線ケーブル同様にリケーブルによって一般的な付属ケーブルより近くで定位し音量がすこし増えるなどケーブルとしての情報量の高さを実感します。さらに高域の明瞭感が向上し見通しの良いクリアなサウンドになる傾向があります。全体的によりスッキリした音になる傾向があるため、ハイブリッド系のイヤホンで各音域の雑味を軽減し、より明るい傾向の音にできる効果が期待できます。また反応のよいマルチBAなどのイヤホンとの相性も良いと思います。イヤホンによっては高域の印象が向上するため銅線と比べて相対的に低域はすこし細くなるように感じる場合もありますが、ダイナミック系でも低域のバランスを改善し中高域の分離性を上げたい場合にも良いケーブルだと思います。


というわけで、HCKの最新低価格ケーブル2種を紹介しましたが、どちらのケーブルも材質本来の性格がよく表れている、という点で非常に素直なケーブルだと思います。また線材も柔らかく使い勝手も良いですし、さらにそこそこ質の良いコネクタなどの部品選びと、細い線材をしっかり編み込むことで見た目も過度に派手ではなく、中華イヤホン以外の製品と組み合わせても違和感を感じないのが良いですね。そして、何よりどちらも非常に低価格で販売されている点は本当にありがたい限りです。
私も両方のケーブルでMMCXと2pinで1本ずつバランス接続用のケーブルで購入しましたが、さらに買い増ししていろいろなイヤホンに組み合わせたいな、と考えています(^^)。



「Yinyoo H4」 ピアノブラックのフェイスが美しい、中身はもしや?の美音系・高音質4BAイヤホン【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Yinyoo H4

今回は美しいピアノブラックフェイスの4BAイヤホン「Yinyoo H4」の紹介となります。これまで「Yinyoo」ブランドのマルチBAイヤホンでは低価格5BAモデルの「Yinyoo H5」「H5 Pro」のフェイス違い2タイプと、高音質6BAモデル「Yinyoo HQ6」、5BAモデル「HQ5」の4モデルがリリースされています。
今回の「Yinyoo H4」はこれらのモデルとはまた別のファクトリーで製造された4BA構成モデルで、カラーリングは光沢のあるブラックのフェイスパネルが印象的なデザインとなります。

Yinyoo H4Yinyoo H4

ドライバー構成も4BAでモデルナンバーも「H4」と、「H5」の下位モデルのようにもみえてしまいそうですが、従来の「Yinyoo」ブランドのイヤホンとは異なる設計・製造で、実際にはよりグレードの高い設定となっており、価格も「HQ5」並の設定となっています。ちょっとややこしいですね(^^;)。
価格はAliExpressのEasy Earphones(中国からの発送)で177.19ドル、アマゾン(プライム扱いで国内発送)で19,800円の価格設定となっています。
AliExpress(Easy Earphones): Yinyoo H4
Amazon.co.jp(WTSUN Audio): Yinyoo H4

AliExpress(中国発送)での購入方法はこちらをご覧ください。アマゾンではプライム扱いになっていますので、倉庫在庫があればすぐに商品が届きます。また万が一不良などがあった場合の返品交換の手続きもアマゾン経由で行えるため安心感が高いですね。さらにEasy EarphonesのTwitterアカウント(@hulang9078)では頻繁に割引情報などもツイートされますのでフォローのうえこまめにチェックされることをお勧めします。


■ピアノブラックのフェイスプレートが美しい、高いビルドクオリティ

Yinyoo H4」のパッケージは他の同社製イヤホン同様のブラックのボックスで届きました。
大きく使いやすい「Yinyoo」ロゴのイヤホンケースの中に一式が入っています。
Yinyoo H4Yinyoo H4
パッケージ構成はイヤホン本体、MMCXケーブル、イヤーピースはシリコン製とウレタン製でそれぞれS/M/Lサイズといった内容です。ケーブルやイヤーピースはYinyooブランドの「HQ5」「HQ6」などに付属するものとは異なるタイプになります。
Yinyoo H4Yinyoo H4
ケーブルは樹脂被膜の4芯OCCということですが、このケーブル、シリコン製・ウレタン製のイヤーピースは、「audbos」ブランドの各製品(「DB04」「K5」「P4」)に付属のものと同一のようです。後述しますが同社が委託している製造工場(EMS)などに関連している模様です。

Yinyoo H4」の本体は同社の「HQ6」「HQ5」とも共通する非常にビルドクオリティでダークグレーのクリアハウジングも美しいですね。またフェイスプレートは光沢のあるピアノブラックでゴールドの「Yinyoo」ロゴとあわせて非常に高級感のある仕上がりとなっています。
Yinyoo H4Yinyoo H4
4BAはネットワーク基盤と一緒にひとかたまりとなってハウジングに収納されており、それぞれのユニットからの音導管がステム部に伸びています。ハウジングは大きめですが5BAの「Yinyoo HQ5」に近いデザインのシェル形状で耳にフィットしやすく装着感は良好です。
Yinyoo H4Yinyoo H4
Yinyoo H4」は標準でシリコン製とウレタン製のイヤーピースが各サイズ付属しており、ウレタン製は低域強調を意図している感じですね。装着感の良いデザインのため、標準のイヤーピースでもサイズさえ合わせればしっかり耳に固定できると思います。エージングは100時間程度行いましたが、エージングにより印象が激変する「HQ5」等と比べると変化は少なく、多少違和感があっても箱出し直後から数時間程度で落ち着くようです。


■綺麗な高域と聴きやすい解像度の高いサウンドの美音系イヤホン。ただし、リケーブルは必須。

Yinyoo H4」の音質傾向は刺さりの少ない中高域メインのサウンドバランスとなっています。Shureなどのサウンドモニター系イヤホンを連想するようなフラット傾向のサウンドバランスですが、「Yinyoo H4」はそこからボーカルなどを聴きやすくリスニング用にチューニングした印象です。
Yinyoo H4特徴的に感じるのは高域で、多少線の細さはありますが明るめで自然かつ綺麗に伸びる印象です。女性ボーカルやアコースティックな曲が気持ちよい「美音系」サウンドのイヤホンですね。ボーカルは近く、音場は決して広くはありませんが、解像度は高く描写も正確ですので息づかいなどもしっかり聞き取れます。低域は控えめで締まりを重視するタイプ。ただ、ある程度駆動力のあるDAPでは付属のケーブルで聴いた場合は曲によっては音量を上げることでわずかながら歪みが発生するようです。
Yinyoo H4」は本来は非常に反応の良いイヤホンらしく、明らかに付属ケーブルではスペック不足感が否めません。このイヤホンの実力を発揮するためには「リケーブルは必須」と考えた方がよさそうです。

Yinyoo H4上記の通り全体的にフラット傾向のサウンドですので、中華イヤホンケーブルでは最近とても話題になっている「Yinyoo 8芯OFCケーブル」通称「キンバー風ケーブル」を組み合わせると「Yinyoo H4」が一気に覚醒したようなわかりやすい変化が得られます。このケーブルは「全体的に解像度が上がり音が濃くなる」「上(高域)と下(低域)が強調されメリハリのあるサウンドになる」といわれています。この「キンバー風ケーブル」と「Yinyoo H4」と組み合わせると、駆動力のあるDAPでは標準ケーブルより明らかに音量がアップし、このイヤホンの反応の良さを実感します。同時に中低域に音数の多い曲で標準ケーブルで気になった歪みもなくなり、しっかりとした分離感で中高域がより明瞭になった印象になります。全体的にもよりリスニング向けのサウンドバランストなり、あらゆるジャンルの曲で楽しめるオールラウンドなイヤホンとなりました。おそらく「Yinyoo H4」とは最も相性が良い組み合わせといえるのではと思います。

Yinyoo H4また、同価格帯のYinyooおよびKinboofiなどの16芯ケーブルもと解像度の向上に大きく効果があります。こちらのケーブルでは「キンバー風ケーブル」ほどのメリハリのある味付けはありませんが、とにかく解像度が高くなった印象で、アコースティックな生録の音源などでは自然なライブ感、実像感を感じることができます。シルバーの「Yinyoo 16芯銀メッキケーブル」と組み合わせた場合は「Yinyoo H4」がよりモニターライクに明瞭感が向上していく印象ですが、このイヤホンの4つのBAユニットのつながりの良さ、自然さをあらためて実感しますね。キンバー風ケーブルとは別方向でグレードアップしますので、好みに合わせて選択するのがよいと思います。


■従来の「HQ」モデルとは異なる仕様。その内部は実は・・・!?

というわけで、「Yinyoo H4」は同じ「Yinyoo」ブランドのイヤホンの中でも「HQ5」などと比べるとラインナップ的にも構成的にも多少「マイナー感」を持ってしまう存在ではありますが、完成度は非常に高い製品だと思います。リケーブルを前提にはしたいところですが2万円ほどの価格を考慮しても結構オススメなイヤホンだと感じました。そういえば、オーダー時にEasy Earphonesにいろいろ訊いていたときに「H4 sound is a little better than audbos P4」と、やたら「audbos P4」と比べていたのですが、「Yinyoo H4」の内部を目をこらしてみると「audbos P4」と酷似していることがわかります。付属ケーブルやイヤーピースも「audbos P4」と同一のものでしたし、本当に中身は「audbos P4」と一緒なのかもしれません。そう考えると価格も含めていろいろ納得です。
audbos P4audbos P4
音質傾向そのものは「audbos P4」を継承しつつ、シェル形状をより耳にフィットする装着性のよいデザインに変更することで「見た目」だけでなく、音質面でも印象が向上していると思います。少し割高ではありますが「audbos P4」と比べて良い方向にリファインされたのではないかと思います。
Yinyoo H4Yinyoo H4
こうなってくるとやはりウイークポイントはポジショニングがわかりにくいネーミングかな、と思います。間違いなく名前で損してますよね。もういっそ「Yinyoo P4」でも別に良かったんじゃないかという気がします。あとは1文字ずらして「Q4」とか。そうするとア○ディみたいな名前になっちゃいますが(笑)。Easyもよろしければ検討してみてくださいね(^^)。


プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。Apple好きのおっさん。食べるのも好き。普段のお仕事はIT屋。自宅は福井県ですが都内で単身赴任してます。ポタオデは趣味で出張のお供。美音系/モニター系の音が好みです。自宅ホームシアターもそろそろ改造したいな。
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。




記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)








最新コメント