bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

【レビュー】「TFZ EXCLUSIVE 5」抜群にクールでパワフル。大当たりのアラウンド1万円イヤホン

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
image

中国のイヤホンメーカー「TFZ」の新しいシリーズ「EXCLUSIVE」より、上位モデルの「TFZ EXCLUSIVE 5」です。
9mmのグラフェンユニットのダイナミックドライバーをシングルで搭載するイヤホンでオールメタルの美しいハウジングが印象的です。

TFZは比較的新しいイヤホンブランドで、同社の「SERIES」ラインの製品は欧米人気が高く日本版も一部製品が販売されています。確かにパッケージングも含めて非常に欧米ウケしそうなクールなデザインは魅力的ですし、サウンドクオリティの高さも定評があります。

imageTFZが今年に入り新たに打ち出した「EXCLUSIVE」ラインでは「1」「3」「5」の3モデルが同時にリリースされており、プラスチック筐体の「1」、プラスチック筐体でフェイスプレート部分が金属製の「3」、そしてオールメタル筐体の「5」でそれぞれ異なるサウンドチューニングが行われています。
すでに最上位モデルの「KING」が先行して販売されていますが、こちらは「SERIES 5」「5s」を踏襲した筐体デザインになっています。どのモデルも既存モデルと異なり、2pinコネクタによるリケーブルに対応しています。

TFZ EXCLUSIVE 5」は現在AliExpress等にて90ドル台~と「アラウンド1万円」の価格で販売されており、他のEXCLUSIVEラインの製品と併せて良心的な価格の並行輸入版がアマゾンでも入手可能になっています。
AliExpress(Easy Earphone):TFZ EXCLUSIVE 5
Amazon.co.jp:TFZ EXCLUSIVE 5(並行輸入版)

また先日のポタフェスでも出品されていて、近く日本版も発売されると思われます。
今回購入した「EXCLUSIVE 5」はポタフェスでの評判も非常に良かったようですが、実際この価格帯のドンシャリ系のイヤホンでは「まれに見る楽しさ」ではないかと私も思っています。

本体カラーは「ブルー」「シルバー」「ブラック」の3色が選べます。
細長いパッケージを開けると、イヤホン本体、交換可能な2pinケーブル、ポーチ、イヤーピースがシリコンおよびウレタンタイプあわせて9セットとなかなか充実しています。
imageTFZE5
本体は重量感のある金属製で質感は良好。比較的コンパクトなハウジングのため装着性に難を感じるレベルではありません。光沢のあるメタルボディはなかなかの美しさです。2pinケーブルは写真で見たときより実物は弾力もあり安っぽさはありません。絡まりにくく使い勝手も良好です。

イヤーピースは、S/M/L各サイズで穴の小さい方と大きい方で合計6種類(大きい方のMサイズは装着済み分を含めて2セット)、ダブルフランジが1種類、ウレタンフォーム製が1種類と豊富な内容。これらのイヤーピースや質の高いケーブルのおかげで付属品のみで装着性に困ることは少なそうです。
imageimage
また、イヤーピースによる音質面の変化は少なめですが、環境ノイズの多い場所では穴の小さい方、ウレタン、ダブルフランジと組み合わせを替えてみると良いと思います。私の場合、出張で頻繁に利用する新幹線では遮音性が高いダブルフランジのイヤーピースを使用しています。
なお、万が一付属のイヤーピースが合わない場合は「SpinFit」などを組み合わせるのが良いと思います。定番のひとつの「final Eタイプ」もいい組み合わせです。


■抜群のバランスとシャープで力強いサウンドに魅了される


聴いた印象ですが、開封直後でもかなり楽しい音ですが低域は少し強め。
imageエージングによって落ち着いてくると抜群のサウンドバランスで明瞭さがアップします。100時間程度のエージング後の周波数特性はバランスの良いドンシャリで特に高域の伸びがこの価格帯のイヤホンの中ではかなり良いほうなのが特徴的です。
EXCLUSIVEの(KINGを除く)3モデルの中で「EXCLUSIVE 5」はより全体のバランス重視の傾向のようですが、サウンドは全体的にシャープかつタイトで、さらに高域はメタルハウジングらしくソリッドに伸びていくイメージです。
いっぽう、音場は奥行きと言うより各音域が前後に伸びるような厚みを感じる印象で、力強い低音が深く広がりを演出します。
imageそしてEXCLUSIVEラインの中で「EXCLUSIVE 5」の特徴ともいえる高域は、よく整理されてクリアで見通しが良く、特にロックやメタルのサウンドを堪能するのに絶好だと思います。
個人的にはマルチBAの情報量の洪水のようなサウンドも好きですが、「EXCLUSIVE 5」の決してBAドライバーでは出せない、文字通り「ダイナミックさ」を前面に押し出したようなサウンドはある種の快感すらもたらしてくれると思います。高価格帯の製品にはこのような素晴らしい体験を与えてくれるイヤホンは他にもありますが、アラウンド1万円の価格帯ではなかなか希少な存在かもしれません。

このように全般的に非常にクールかつパワフルなサウンドですが、分離感も比較的優れているので、EDM系やアニソンなどの音の成分か多い曲でも「楽しめる」と思います(ただし、分析的に聴くタイプではありません)。
image
また、CIEM用と同じ0.78mmの2pinコネクタ仕様でリケーブルももちろん可能です。Bispa<蒼>との組み合わせでもそのサウンドクオリティは同様ですが、すこし音場が広がる印象を受けました。
ただもともと付属のケーブルのクオリティが高いので、リケーブルの効果は限定的でほぼ「見た目重視」という感じになってしまうかもしれませんね。ただ2pinタイプとはいえ汎用のリケーブルに対応していることはバランス接続などのニーズにも対応できるのでとても便利だとは思います。


■音楽でパワーをくれる、使ってホントに楽しいイヤホン

というわけで、「TFZ EXCLUSIVE 5」はクールなブランドイメージとメタリックなデザインやつくりそのままにとにかく力強く元気なイヤホンです。TFZのイメージそのものが多少男性的な感じはしますが、その雰囲気をそのまま抜群のサウンドバランスで製品化したような印象です。
imageゆったりとした曲や静かな曲を楽しむタイプではありませんが、ロック・ポップス・メタル・アニソンなど多くのジャンルの曲を楽しめる、という点では相当オススメできるイヤホンだと思います。
私自身は、朝の時間帯でもっとエネルギーが欲しいときや、出張に向かう時に奮起したい場合など、このイヤホンはとても元気をもらえます。またTFZのイヤホンとしては、これまで試聴のみで、購入したのは「EXCLUSIVE 5」が最初でした。この「EXCLUSIVE 5」がとても良いイヤホンで気に入ったため、調子に乗って同様に新モデルの「SERIES 4」も予約注文しまいました。こちらもどんなサウンドを聴かせてくれるか今からとても楽しみです。



【先行レビュー】「SIMGOT EN700 Pro」をじっくり堪能して、サウンドの『深化』に驚きました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
image

というわけで、中国のイヤホンメーカー「SIMGOT」の最新モデル「EN700 Pro」です。
まだ発売前の製品ですが、今回SIMGOT JAPAN様よりサンプル品の提供を受けてのレビューとなります。
また日本版はIC-CONNECTさんが引き続き販売元となるとのことです。
SIMGOT社サイト:EN700 Pro
IC-CONNECT社サイト:SIMGOT製品

SIMGOTEN700 Pro」はシングルのダイナミックドライバーを搭載したイヤホンで、初代の「EN700」、そしてハウジング形状の修正、ドライバーの変更を含む大幅な改良が加えられた「EN700BASS」を経て、あらたにリケーブルにも対応したフラグシップモデルになります。

imageちなみに、私のところに届いたものは右側が「青色」左側が「赤色」の構成でした。当初は左右どちらが赤青になるかはランダムの予定だったようですが、8月頃に出荷される製品版ではどちらかに統一されるか、組み合わせを選べるようになる模様です。統一される場合はおそらく「右が赤、左が青」になるかと思います。

日本版の予定価格は17,800円とのことで、「EN700BASS」(13,800円)との価格差は最小に抑えられている印象です(個人的には2万円以上でもおかしくはないな、と思っていました)。

既にサンプル提供をいただいてから1ヶ月近く利用をさせて頂いていますが、トータルでの仕上がりの素晴らしさは特筆すべきもので、EN700シリーズの最終形態(たぶん)としての完成度の高さを実感しています。

imageimage



■リケーブル対応だけじゃない、バランス重視のトータルでのチューニングを実施

SIMGOT「EN700 Pro」は、既存モデルの「EN700BASS」同様のドライバーにチタン複合振動膜とN50ネオジム磁石を使用。さらに2pinリケーブルに対応した8芯6N単結晶銅+銀メッキ撚り線のケーブルを装備しています。

imageimageimage

ちなみに「EN700BASS」については以前購入したブルーモデルのレビューをさせて頂いており、また最初のモデルの「EN700」についても過去記事で紹介をしています。
→ というわけでSIMGOT「EN700BASS BLUE」を購入しました。【青チーム】
→ 【高音質イヤホン】アラウンド1万円なお買い物♪「MaGaosi K3 Pro」「SIMGOT EN700」「Whizzer A15」

imageところで、EN700シリーズというと、なんといってもその個性的なデザインが特徴ですが、個人的には往年(60年代とか)のAlfa Romeoのフロントグリルのような印象でなかなかカッコイイと思っています(^^)。

装着性については「EN700BASS」のレビューにも記載したとおり、比較的大きめのハウジングながら耳にはすっぽり収まる感じです。ただし耳穴の角度がベント位置とあわない場合は「遊び」が少ない分多少装着に苦労するかもしれません。その場合は「SpinFit」などのリーチの取れるイヤーピースを選択すると良いと思います。

imageSIMGOT社のEN700シリーズは、どの製品もベースとしてはフラット系の非常にクオリティの高いイヤホンですが、「EN700」から「EN700BASS」へアップグレードされた段階で製品名にもなっている低域に加え全体的にも大幅な改良が加えられ、完成形とも思えるサウンドになっていました。このため実物が届くまでは「EN700 Pro」は単純にBASSのリケーブル対応版なのかな、と思っていたのですが、実際に聴いてみて、BASSと比較してさらに向上した解像度とナチュラルな音場の広さからくる見通しの良さ、BASSの「濃さ」を維持しつつ絶妙にコントロールされたサウンドバランスなど、その進化というか「深化」というか、さらに一皮むけたようなサウンドに驚きを隠せませんでした。

驚いた勢いで早速SIMGOT JAPANさんにDMで伺ったところ(いい迷惑ですね。笑)、クオリティアップしたケーブルに合わせてドライバーまわりにさらにチューニングを加えており「今までなかった質の高い明瞭なサウンドが楽しめる」とのことでした。実際「EN700BASS」と外観を比較してみると、ハウジングの形状そのものは基本的に全く同じですが、ベントに装着されたメッシュに違いが見られるなど、内部的にチューニングを行っている形跡が確認できます。

imageimage

また、付属する銀メッキ銅撚り線の2pinケーブルも従来モデルのケーブルと比較するとグレードの違いは一目瞭然。このケーブル単品でも結構いい値段がするんじゃないかなとつい思ってしまいます。またケーブルの3.5mmステレオコネクタ部分には製品ごとのシリアルナンバーが刻印されており、上級モデル感を演出しているのも嬉しいところです(^^)。
imageimage



■低域を引き締め、高域をクリアに。もちろんフラットさを感じさせない濃厚サウンドは健在。

008bf2a5EN700 Pro」の周波数特性は「EN700BASS」同様に非常に綺麗なフラット傾向のカーブを描いています。さらにProでは10kHz以上の高域のカーブがBASSより少し増加しており、ケーブル性能向上による情報量アップと、これに合わせたドライバーまわりのチューニングによる変化の一片が伺えます。

「EN700BASS」でも感じましたが、「EN700 Pro」はフラットな特性ながらそれをあまり感じさせない、低域・中域・高域をメリハリをつけてしっかり描写しており、全域にわたって非常に濃度の高いサウンドを堪能させてくれる手法は「さすが」だと思います。

EN700ProEN700 Pro」の音場の広さは一般的で「EN700BASS」同様に自然な広がりを感じ、ボーカル推しと言うよりオールラウンドに聴かせるタイプ。全般的に「EN700BASS」と比較し低域を多少引き締め解像度を向上させた印象です。そのため中高域の見通しか向上し、よりクリアで定位感のあるサウンドを楽しめます。
シリーズ共通で暖色系の音ですが「EN700」(まったりサウンド)と比較すると「EN700 Pro」「EN700BASS」ではある程度のキレがある印象で、「濃いサウンド」といっても粘着質な感じは全くありません。
さらに、「EN700 Pro」ではケーブル性能向上の恩恵か、解像度や分離性が向上しており、比較すると文字通り「一皮むけた」印象を受けます。

imageそして、「EN700 Pro」でもっとも変化を実感できるのは高域で、「EN700BASS」の「丸くて刺さりの少ない」印象から、ある程度上までしっかり描写し必要十分なエッジを感じるサウンドに仕上がっています。
とはいえ、基本的にウォームでバランスが取れたイヤホンであることには変わりがなく、いわゆる高域を攻めるタイプのイヤホンではありません。そのため、さらに上の高高域の音はわりとあっさり処理されている部分もありますが、どのジャンルの音楽でも高域の不足を感じることは少ないだろう明瞭なサウンドにまとまっていると思います。



■イヤーピースでもいろいろ変化が楽しめる。せっかくなのでリケーブルもしてみた

imageEN700 Pro」をはじめEN700シリーズでは「中高域向け」(Eartip I、穴が大きい方)「低域向け」(Eartip II、穴が小さい方)の2種類のイヤーピースが付属します。Proでは左右の色違いにあわせてイヤーピースも各サイズ赤青1個ずつの内容。
そしてイヤーピースによる変化が比較的大きいのもこのシリーズの特徴のひとつですが、「フラット好き」の私は、EN700BASSの際と同様によりナチュラルな鳴り方をする「穴の大きい方」(Eartip I)をおすすめしています。ただし「EN700 Pro」では低域の量感はBASSよりは少なくなっていますので「もっと低音を」という場合には「穴の小さい方」(Eartip II)も良いかと思います。
ただ、イヤーピースでの低音強化なら「final Eタイプ」のイヤーピースを組み合わせる方がより変化を実感できると思います。

imageまた、中高域にもっと刺激のあるサウンドを楽しみたい場合は、「SpinFit」の「TwinBlade」がオススメです。
個人的には耳穴の位置の関係で上記の通り通常のイヤピースでは装着性に少し難があることもあり、よりしっかり装着できるこの組み合わせは結構気に入っています。
TwinBladeだと高域の刺さりもアップし、アグレッシブさが向上します。そのため、まったりBGMを楽しむ、という感覚ではなくなり、多少聴き疲れしやすくなる可能性もあります。

imageあと、上記にも繰り返し記載の通り、「EN700 Pro」のケーブルはCIEMと同じ2pinコネクタに対応しており、リケーブルが可能です。
付属のケーブルは非常に高品質・高性能なものですが、せっかくリケーブル可能なので手持ちのケーブルに交換してみます。
まず、「Bispa <蒼>」の2pinケーブルへ交換してみると(極性はCIEMなどと同様)、低域が一段深くなり多少残響感が多少増加したサウンドに変化。解像度などはほぼ変化はありませんが、サウンドバランスの変化を実感します。この組み合わせはわりと「アリ」かもしれません。

いっぽう、2pin-MMCX変換ケーブルを使用してonsoのバランスケーブルを使用しバランス接続をおこなったところ、左右の分離感の向上は確認しましたが音場は一歩下がった印象へ。試聴はAstell&Kern AK300を使っていましたが、バランス接続ではよりパワーのあるFiiO X5 3rdにDAPを変更したことで多少印象は良くなりましたが、ほかのケーブルを使用してもいまいち相性は良くなかったようです。バランスケーブルの場合はより明確に変化が出るため、いろいろ比較して相性の良いケーブルを選ぶ必要がありそうですね。
imageimage
また、2pinケーブルについてはコネクタが長いと奥まで挿入できなかったり、本体側の凹みの関係でうまく利用できないケーブルもありそうですので、もしリケーブルを行う場合は併せて注意が必要です。



■過激さよりバランス。アラウンド2万円クラスを超えた高音質とオールラウンダーという個性

imageEN700 Pro」は2度のブラッシュアップによるモデルチェンジを経て、非常にハイレベルにバランスが取れたイヤホンになったと思います。ただ全体的に「無難に仕上がっている」という言い方もありますが、逆に音質面で粗さがないというのはかなり難しいことだと思います。
なかなかアラウンド2万円クラスの価格帯でこのレベルを実現しているイヤホンは少ないのではないでしょうか。そういう意味で、改めて「EN700 Pro」は多くの方にオススメできる製品だと感じました。
きっと「EN700 Pro」の「攻めてない」が「無個性ではない」、オールラウンダーなイヤホンというのは、ある意味見た目のデザイン並に個性的なのかもしれませんね(笑)。

ただ、もし残念なことがあるとするなら、私自身も含め、すでに「EN700BASS」を購入した方が「どうせならこっちが良かった」と悔しい思いをする可能性もありそう、ということでしょうか(^^;)。
もっともより低音が欲しい方には「EN700BASS」は最適ですし、「EN700 Pro」のケーブルの銅線部分は酸化など多少取り扱いに気を遣う部分もあり、そういった意味ではBASSの使い回しの良さも捨てがたい部分です。
私もせっかくですのでEN700シリーズの3つのイヤホンを長く活用できたらと考えています。


プロフィール(Twitterアカウント)
Apple好きのおっさん。普段はIT系のお仕事。自宅は福井県ですが都内で単身赴任中。ポタオデは趣味で出張のお供。AK300/Mojo/X5III/M2s/SE535LTD/AKG好き/中華イヤホン色々。美音系/モニター系の音が好み。カフェで息抜きにブログ書いてます。自宅ホームシアターも改良したいな。
※連絡などは bisonicr.keep.walking◎gmail.com またはTwitterのDMまで(◎はアットマークでお願いします)。

記事検索
使用機器一覧など(livedoor プロフィール)

楽天市場