bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

「BQEYZ KC2」(2BA+2DD) 「BQEYZ KB1」(1BA+2DD) 別バージョンのBQEYZハイブリッド中華イヤホンも届きました【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
BQEYZ KB1/KC2


こんにちは。お盆前からケーブル関連のレビューで少し間が空きましたが、先日より行っていた「ZS6系イヤホンレビューマラソン」も最後のエントリー、「BQEYZ KC2」(2BA+1DD)、「BQEYZ KB1」(1BA+2DD)の2種類のハイブリッドイヤホンの紹介です。どちらも中国のイヤホンブランド「BQEYZ」の製品で、先日レビューした「BQEYZ K2」と「Yinyoo NY-06」のそれぞれ別バージョンと考えられます。

BQEYZ KC2」(2BA+2DD)、「BQEYZ KB1」(1BA+2DD)はどちらもCNC加工によるアルミニウム製ハウジングを採用しています。さらに「BQEYZ」のイヤホンで最も特徴なポイントは10mmと6mmの2つのダイナミックドライバを音導菅でバイパスする独自の構造で、双方のダイナミックドライバー間のクロスオーバーを調整し、特に中音域のクオリティを向上させる効果があるようです。
BQEYZ KC2BQEYZ KC2
またステム部分に搭載されるBAドライバーについては「BQEYZ KC2」は2個のBAのうち片方に、「BQEYZ KB1」は搭載されるBAに、それぞれ先端部分にフィルターが貼り付けられており、高域の歯擦音を抑制し、刺さりの少ないサウンドにコントロールされています。どちらのモデルもカラーは「ブラック」と「シルバー」が選択できます。
BQEYZ KB1BQEYZ KB1


購入はいつもお世話になっている中国のイヤホンセラー「HCK Earphones」にて。このレビューの公開時点ではAmazonでは販売しておらず、中国AliExpressの「NiceHCK Audio Store」でのみの取り扱いとなります。表示価格は「BQEYZ KC2」が48ドル~、「BQEYZ KB1」が40ドル~となっています。
AliExpress(NiceHCK Audio Store): BQEYZ KC2
AliExpress(NiceHCK Audio Store): BQEYZ KB1

※HCKより「BQEYZ KC2」がそれぞれ先着15個に限り、マイクなしモデル30ドル、マイク付きモデルを31ドルで販売するとのことです。

なお、HCKのTwitterアカウント(@hckexin)をフォローの上購入時にアカウントを連絡することでフォロワー値引きが得られると思います。AliExpressでの購入方法、フォロワー値引きの詳細はこちらを参照ください。またHCKのTwitterアカウントでは頻繁に割引情報などもツイートされますのでフォローのうえこまめにチェックされることをお勧めします。

BQEYZBQEYZ
HCKより到着した両方のイヤホンは、これまでのBQEYZのイヤホン同様にコンパクトなボックスに収納されており、内容もイヤホン本体、ケーブル、イヤーピース(S/M/L)、説明書というシンプルな構成。
BQEYZ KC2BQEYZ KB1
なお、ボックスの裏面にはスペックが記載されていますが、両モデルで箱を流用するため重量が「25±5g」という記載になっていたりします(^^;)。どちらのイヤホンもインピーダンス15Ω、感度105dB/mWとなっています。
BQEYZBQEYZ
付属の0.78mm 2pin仕様のケーブルは「BQEYZ K2」と同一で多少絡まりやすいですが、使い勝手の良い撚り線ケーブルとなっています。

BQEYZ KC2BQEYZ KC2
BQEYZ KC2」および「BQEYZ KB1」と同じく「BQEYZ K2」および「Yinyoo NY-06」を比較すると外観上の違いはフェイスパネル部分のデザインでそれ以外には全く同一といってよいと思います。「BQEYZ KC2」のほうがハウジングは大振りですが、装着性については形状的に「BQEYZ KB1」より良好な印象です。
BQEYZ KB1BQEYZ KB1
なお、「BQEYZ KC2」「BQEYZ KB1」付属イヤーピースについては「BQEYZ K2」「Yinyoo NY-06」とは若干タイプの異なるものが付属し、低域の印象などが少し違いがあるようです。
BQEYZ KB1BQEYZ KB1
どちらの場合もイヤーピースの交換により音質面の改善効果があります。具体的には「RHA」のイヤーピースや「SpinFit」「Acoustune AET08」などへ交換した方が付属のものより低域の締りが向上します。ただ「AET07」や「SednaEarfit」など穴の大きいイヤーピースはステム部分に「ひっかかり」がないデザインのため使用中に外れてしまう可能性があります。


■両モデルで特徴の異なるサウンド。イヤーピースおよびリケーブルで印象が変化。

BQEYZ KC2」および「BQEYZ KB1」の音質傾向は基本的には以前レビューした「BQEYZ K2」および「Yinyoo NY-06」とほぼ同一です。
よろしければ、これらのイヤホンの過去レビューも併せてご覧ください。
「BQEYZ K2」(KBF K2) “ZS6系”に新たな選択肢! 響きを楽しむ2BA+2DDハイブリッド中華イヤホン【レビュー】
「Yinyoo NY-06」 バランス重視の秀作で“ZS6系”では最もフラット寄り? 1BA+2DD構成のBQEYZ K2兄弟イヤホン【レビュー】

BQEYZ KC2まず、2BA+2DD構成の「BQEYZ KC2」はドンシャリ傾向のサウンドで、付属ケーブルを使って聴いた印象では低域が厚く高域の刺さりが少ない、全体的には1BA+2BA構成の「RevoNext QT2」をイメージさせるサウンドバランスとなっています。
低域は量感はあるものの少し後方で柔らかく響く印象ですが、いっぽうで中高域は近く、特にボーカルが一歩前に出る定位で明瞭感のあるサウンドを実感します。「BQEYZ KC2」は後述の通りリケーブルにより印象がかなり(良い方向に)変化しますので、リケーブル必須のイヤホンと考えた方が良いかもしれませんね。また前述の通りイヤーピースは交換した方がより印象が向上します。

BQEYZ KB1そして1BA+1DD構成の「BQEYZ KB1」ですが、こちらは「BQEYZ KC2」と比べ中高域を担うBAが搭載されていないこともあり相対的に低域が強い印象があります。付属するイヤーピースでは「BQEYZ KC2」同様に低域が緩い印象になるのですが、「BQEYZ KB1」のほうが相対的に低域が強い分すこしモコモコする印象を感じる可能性もあります。そのためイヤーピースの交換は必須と考えた方が良さそうです。
イヤーピース交換を行った「BQEYZ KB1」は低域の締りも向上し、「BQEYZ KC2」より若干フラット寄りで中低域が聴きやすいイヤホンになります。なお「BQEYZ KC2」ではリケーブルしたほうが確実に印象が良くなりますが、いっぽうの「BQEYZ KB1」は標準ケーブルとの相性は良く、リケーブルによっては逆に低域が強くなりすぎる傾向もあるようです。この辺のキャラクターの違いは興味深いところですね。


■HCKの新しい8芯ケーブル3種類ででリケーブルの変化を確認する。

さて、「BQEYZ KC2」「BQEYZ KB1」が手元に届いて数日の間にHCKより新しいケーブルが発売されました。せっかくなのでひと通り購入してリケーブルを試してみました。HCKの新しいケーブルは「CT1(高純度銅線ケーブル)」、「TDY1(銀メッキ銅線ケーブル)」、「TYB1(高純度銅&銀メッキ線ミックスケーブル)」の3種類で、どれも新しいタイプのコネクタ・プラグ部品を使用した8芯の撚り線ケーブルとなっています。「BQEYZ KC2」「BQEYZ KB1」の標準ケーブルと比較するとどのケーブルも音量がぐっとアップし、より低抵抗で伝達される情報量が格段に増えていることを実感します。



まず「BQEYZ KC2」へのリケーブルですが、3種類のケーブルとも特に低域の解像度および締りが格段に向上し、全体的に抜けが良くなるのが分かります。過去にレビューした「BQEYZ K2」もリケーブル効果はかなり大きいイヤホンでしたが、同様に「BQEYZ KC2」も性能を十分に活かすためにはリケーブルは必須と考えた方がよいでしょう。
LBQEYZ KC2BQEYZ KC2
HCKの3種類のケーブルはどれも相性的には良いと思いますが、最も印象が良かったのは「TDY1(銀メッキ銅線ケーブル)」で、低域の締りき加え、中高域の軽量感もアップします。特に駆動力のあるDAPを使用するとリケーブルにより格段にキレが良くなり音場も立体的に感じます。また、「CT1(高純度銅線ケーブル)」も標準ケーブルでのサウンドバランスを継承しつつ低域の量感および解像度がアップし、全体的により「濃い音」になります。

BQEYZ KB1いっぽう、「BQEYZ KB1」についてですが、こちらは3種類のケーブルとも、特に駆動力のあるDAPだと低域がかなり強い印象になります。「BQEYZ KC2」ではいちばん相性がよかった「TDY1(銀メッキ銅線ケーブル)」はBA部分の高域フィルタの影響もあってか伸びの良さが発揮されず、相対的に低域が強すぎる印象に感じました。また「CT1(高純度銅線ケーブル)」は「BQEYZ KB1」でも低域は強く感じるようになるものの、全体的に情報量や解像度を底上げする印象で比較的良い印象でした。そして「BQEYZ KB1」ともっとも相性が良いと感じたのはもっともアグレッシブな傾向の「TYB1(高純度銅&銀メッキ線ミックスケーブル)」で、銅線ケーブルのCT1同様に全体的に濃い音に変化させつつ、中高域の明瞭感を向上させることでボーカルなども前面に出て元気なサウンドになります。ドライバー構成の違いでリケーブルの印象もこのように大きく変わるのはなかなか興味深い傾向ですね。


というわけで、7月より集中してレビューを行ってきた「ZS6系イヤホンレビューマラソン」ですが、今回の「BQEYZ KC2」「BQEYZ KB1」でとりあえず最後となります。
この短期間によくもまあこれだけの種類の「似たような」イヤホンがリリースされたものだな、と改めて感じるわけですが、同時にどれか1種類を選ぼうと思うとなかなか決め手になる部分が見つからないのも事実だと思います。
そこで、次回はここまで紹介した「ZS6系イヤホン」をあらためて一堂に集め、一斉比較レビューを行いたいと思います。私のレビューでは価格帯やジャンルの異なるイヤホンを評点で比較することはしない事にしているのですが、次回の一斉比較では基本的に同じ「ZS6系イヤホン」の枠組みのなかですので、各項目別の評点比較を行い、「好みの1個」を選ぶうえでの参考になればと考えています。

NOBUNAGA Labs 「更紗」(友禅/辻が花) 感動レベルの響きと空間表現に癒される、高純度銅線リケーブル【購入レビュー/その③】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
NOBUNAGA Labs 更紗

こんにちは。3回に分けたイヤホンケーブルのレビュー、3回目は NOBUNAGA Labs ブランドの新製品「NOBUNAGA Labs Advance 更紗」です。7月下旬より発売開始した高純度銅線イヤホンケーブルで、コネクタの形状により「友禅」(3.5mmステレオ)、「更紗」(2.5mm/4極バランス)、「辻が花」(4.4mm/5極バランス)という名称がついています。

なお、今回を含め、3回にわけてそれぞれ購入したケーブルを紹介しています。
その③: NOBNAGA Labs「更紗」(友禅/辻の花) 8芯「高純度銅線」ケーブル ※本レビュー

その①②の七福神商事のケーブルも非常に高品質でしたが、今回の「NOBUNAGA Labs Advance 更紗」と特に同様の高純度銅線を採用した「丸七赤龍」と「更紗」の比較はとても興味がありますね。


■NOBUNAGA Labs 「友禅」「更紗」「辻が花」 / 感動レベルの響きの良さと空間表現が特徴的な銅線ケーブル

WiseTech社の「NOBUNAGA Labs」といえば説明するまでもなく日本国内ではすっかりおなじみのイヤホンリケーブルのブランドで、ポータブルオーディオのマニアであれば同社の製品をひとつくらいは使用していたりするのでは、と思います。

7月下旬に新たに発売された 「友禅」「更紗」「辻が花」は、高純度無酸素銅線を採用し、同社独自の「Symmetric Braid Matrix」技術など様々なノウハウを投入したMMCX対応のイヤホンリケーブルです。同ブランドとしては初の高純度銅線ケーブルということもあり発売前から注目度は高く、ポタフェスなどイベントでの評判も非常に良好でした。
価格は「友禅」「更紗」が12,800円、「辻が花」が13,800円となっています。
Amazon.co.jp(WiseTech): NOBUNAGA Labs Advance 友禅
Amazon.co.jp(WiseTech): NOBUNAGA Labs Advance 更紗

私が購入したのは2.5mm/4極バランス仕様の「更紗」で、パッケージデザインも同社らしいとても雰囲気のあるものとなっています。
NOBUNAGA Labs 「更紗」NOBUNAGA Labs 「更紗」
NOBUNAGA Labs Advance」シリーズの製品として登場した「友禅」「更紗」「辻が花」は、高純度無酸素銅(OFC)線を使用した4芯ケーブルで、1芯あたり0.06mmの超極細の高純度無酸素銅133本の撚り線を使用した低抵抗の線材を使用し、電気信号の流れをスムーズにする独自の「Symmetric Braid Matrix」技術を採用するなど、伝送損失を極限まで排除するための工夫が随所にみられます。また同社製のMMCXコネクタ、プラグ部分のパーツやアルマイト加工されたケーブル分岐およびスライダー部品など使いやすさと高級感を両立している点も満足度が高いですね。

ケーブルの外観を前回レビューした「丸七赤龍」と比較してみると芯数の違い(4芯と8芯)はありますが、「更紗」のほうが特に細いという感じはなく、同様にしっかりした印象です。「更紗」は上記のような特徴もあり、よりしっかりした編み込みでコネクタ部品なども高級感があるのがわかります。
NOBUNAGA Labs 「更紗」NOBUNAGA Labs 「更紗」
ケーブルの硬さもほぼ同等で取り回しはどちらも良好ですが、「更紗」のほうが多少しなやかなため、耳かけ部分の加工はなく、シュア掛け型だけでなく、まっすぐ降ろす通常タイプのイヤホンでも利用できる仕様となっています。

そして、「丸七赤龍」同様、「友禅」「更紗」「辻が花」も高純度銅線を採用し、もともと多くのイヤホンで採用されているケーブル(基本的に線材は銅線)のアップグレード版ともいえるため、イヤホンの種類を問わず、あらゆる組み合わせでリケーブル効果を発揮できる汎用性の高さも特徴です。

NOBUNAGA Labs 「更紗」実際に購入した「更紗」でリケーブルしてみると、とにかく情報量が格段に向上すると同時に、「中低域の響き」と「空間表現の絶妙さ」に軽い感動を覚えます。銅線ケーブルにありがちな極端に低域を持ち上げたり、濃いめ・派手めの印象に変えるような味付けはなく、全体的にイヤホンの能力を引き出すタイプのケーブルで、このケーブルで採用される様々な技術的アプローチの効果か雑味の少ないスッキリしたサウンドが実感できます。独特の「中低域の響き」は音が過剰に広がるような印象ではなく、高い分離性により1音1音がよりしっかりと描写され立体的に定位すると同時に、個々の音は必要以上に際立つことなく、あくまで自然に調和することで得られるものです。

より高音質(または高級?な)マルチBAイヤホンや解像度の高いシングルダイナミックのイヤホンと組み合わせてよりポテンシャルを発揮させる、という用途に最適なケーブルだと思います。
NOBUNAGA Labs 「更紗」NOBUNAGA Labs 「更紗」
前述の「丸七赤龍」との比較(「更紗」と同じ2.5mmバランス接続コネクタ)では、解像度の高さはどちらも同レベルで情報量の多さを感じるいっぽうで、「丸七赤龍」がより高域の伸びが向上するのを実感できるのに対し、「更紗」はさらに分離性が高く雑味の少ないサウンドで、独特の響きの良さが際立ちます。この辺は線材のスペックだけでは読み取れない、それぞれのケーブルの「個性」とも言える部分で、この違いを実感できるのはとても楽しいですね。


友禅」「更紗」「辻が花」は1.5万円以下の製品としてはかなり優れたサウンドのケーブルであることを改めて実感しました。私のブログではより低価格の中華ケーブルを多く紹介していますが、これらの製品と比較しても独自技術やクオリティの高さから得られるリケーブル効果は十分にコストパフォーマンスの良さを感じるものです。なによりイヤホンの種類での向き不向きが少なくとても使い勝手が良い点は、さまざまなイヤホンに合わせてみたくなります。私も前回・前々回から同様、今回もさっそく買い増しを検討し始めています。まったく出費が尽きませんね・・・(汗


プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。気付けばアラフィフの酔っ払い(定期)。食べるのも好きな天秤座AB型。普段はIT屋で都内と自宅のある福井ほかあちこち出張するお仕事してます。ポタオデは趣味で出張のお供。長年のPC(?)遍歴にApple //c とNeXTstation があるのがプチ自慢(じじぃ)。
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。





記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)











最新コメント