bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

「TFZ NO.3」 ついに登場したTFZ「第3世代」モデル。抜群のサウンドと想像以上のビルドクオリティに魅了される高音質イヤホン【購入レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
TFZ NO.3

こんにちは。今回紹介するのは「TFZ NO.3」です。「TFZ」というと私のブログでは第2.5世代ドライバーの主力モデルも多く紹介していますが、いっぽうで最近は普及モデルの「T2G(T2 Galaxy)」や「SERIES 2」のサウンド面の完成度の高さから多くのファンが増殖中のブランドでもあります。
今回の「TFZ NO.3」はこれらの人気モデルのサウンドバランスも踏襲し、さらに「第3世代ドライバー」を初めて搭載することで大きく進化したモデルと言えるでしょう。「T2G」「SERIES 2」のサウンドが好きな方であれば「KING II/LTD」や「SECRET GARDEN」など国内で販売されている上位モデルより今回の「TFZ NO.3」のほうがオススメかもしれません(^^;)。

TFZ NO.3TFZ NO.3

ところで、私自身の個人的な好みもあり、このブログでは「TFZ」ブランドのイヤホンは最近はほとんどのモデルで新製品が出るたびに購入し紹介しています。「TFZ(The Fragrant Zither)」は中国のイヤホンブランドのなかでは日本国内でも主要なモデルが代理店よりリリースされており、さらにユーザー評価も高いこともあって比較的周知された存在だろうと思います。これまでブログで紹介したモデルについては過去記事をご覧いただけると幸いです。
過去記事(一覧):「TFZ」ブランドのイヤホンレビュー

さて、今回の「TFZ NO.3」ですが、TFZとしては初めて「第3世代」ドライバーを搭載した最初のモデルとなります。「TFZ」の特徴として、同社のほとんどのモデルのイヤホンで独自の「デュアル磁気回路(Dual-Magnetic Circuit Two Divided-Frequency)」グラフェン振動板ダイナミックドライバーを搭載することで、解像度が高くキレのあるサウンドを実現しています。
TFZ KINGTFZ KING PROTFZ KING LTD
このドライバーの従来の最新モデルは「KING PRO」以降の「第2.5世代」で、「KING II/LTD」および「SECRET GARDEN」が採用しています。また普及モデルの「T2G(T2 Galaxy)」は「KING」以降の「第2世代」を採用しています。

そして、待望の「第3世代 デュアル磁気回路 ダイヤモンドドライバー」を搭載した最初のモデルが「TFZ NO.3」です。モデル名称からも第3世代ドライバーに対する並々ならず思いを感じますね。「TFZ NO.3」が搭載する11.4mmの第3世代ドライバーでは、より強力な「NdFeB N50」テスラマグネットと、グラフェンよりさらに硬い「ダイヤモンド振動板」が採用されました。「TFZ NO.3」は透明な樹脂製ハウジングの通常モデルに加えて、チタニウム合金製ハウジングおよびアップグレードケーブルを採用した「TFZ NO.3 Ti」も中国ではリリースされています。
TFZ NO.3TFZ NO.3 Ti
通常モデル「TFZ NO.3」はインピーダンス 20Ω、感度 108dB/mWと今回もとても「鳴りやすい」仕様となっています。「NO.3 Ti」も同じドライバーを搭載するとのことですが、価格は約2倍の設定となっており音質傾向もかなり(たぶん過激な方向に)変化しそうです(「No.3 Ti」も有力セラーで取り扱いが始まったらオーダーしたいと思っています)。
TFZ NO.3」はこれまでの「SERIES」ラインのデザインとは全く異なる新たしいシェルデザインを採用しています。また銀メッキ線ケーブルも従来とは異なるタイプとなります。
TFZ NO.3TFZ NO.3

TFZ NO.3」の購入は例によって取り扱っている海外セラーまたはアマゾンの並行輸入版となります。私は香港のPenon Audioから購入しました。ほかにもAliExpressのPenonやTFZのオフィシャルストアなどでの購入が可能です。通常版の価格は 109ドル となっています。
AliExpress(Penon Audio): TFZ NO.3 / Penon Audio(直営店): TFZ NO.3
AliExpress(TFZ Official Store): TFZ NO.3

アマゾンでは現時点でこれまでもTFZの各モデルを並行輸入販売してる業者より、並行輸入版が14,800で販売されているようです。わたしも別モデルで購入したことがありますが、多少割高ではあるもののプライム扱いで不良時の交換・返品も問題なく行ってくれるようですね。
Amazon.co.jp(並行輸入版): TFZ NO.3


新しいシェルデザインおよびケーブルは想像以上の品質で安物感は全くなし。

ところで今回、「TFZ NO.3」は発売からしばらく経ってからのオーダーとなりました。年末年始で個人的にちょっと立て込んでいたこともあったのですが、比較的高額だった「SECRET GARDEN 3」があまり好みの音ではなかったので、全モデルを出たらすぐにオーダーというのはさすがに考え直したほうがよいかな、と思っていたのも正直なところです。しかし「TFZ NO.3」を速攻でオーダーされた方から「当たり」との評判を聞きつけ、いてもたってもいられず、結局オーダーした次第です(^^;)。
TFZ NO.3TFZ NO.3
TFZ NO.3」のパッケージは最近のモデル同様の細長い白箱タイプ。付属品も本体およびケーブル以外では白い製ポーチ、イヤーピースは乳白色のシリコンタイプが開口部の大きいタイプの小さいタイプの2種類(それぞれS/M/Lサイズ)、イヤーフック、説明書などと、これまで同様です。
TFZ NO.3TFZ NO.3

TFZ NO.3」の本体デザインは、「SERIES 1/3/5」以降ずっと踏襲されているデザインから大きく変更しました。サイズ的にはほぼ同様ですが、装着感についてはこちらのタイプのほうが個人的にはかなり良い印象です。これまでTFZのイヤホンはいまひとつ耳に入らない、と感じている方も「TFZ NO.3」は装着できる可能性が高いですね。
TFZ NO.3TFZ NO.3

また、ケーブルも「TFZ NO.3」ではこれまでとは異なり、「QUEEN」以降のブラックの柔らかい被膜のOFC線ではなく、樹脂製の被膜で覆われた白い銀メッキ線が付属します。樹脂製の被膜は想像以上にしなやかで、写真では硬くそり返しが大きそうにみえますが、とても取り回しが良く使いやすいケーブルです。
TFZ NO.3TFZ NO.3
透明な樹脂製ハウジングと言うことで購入前はちょっとチープな印象を持っていたのですが、実際に届いた「TFZ NO.3」は非常に存在感のある美しいデザインで質感もよく、ケーブルも含め安物感はまったくありませんでした。


■各音域の明瞭感とバランスの良さが際立つ、TFZらしい「ど真ん中を狙った」の絶妙サウンド。

音質傾向は寒色系の弱ドンシャリで中低域に厚みを感じるバランスですが、高域も明るく抜けの良い印象で、全体的に明瞭感のあるサウンドとなっています。また、TFZらしいスピード感のあるキレの良い立ち上がりと、分離感および解像度の高さはさらに磨きのかかり「第3世代」ドライバーの威力を実感させるものです。

TFZ NO.3周波数特性は現在のTFZ製イヤホンの中でも人気の高い「T2G(T2 Galaxy)」や「SERIES 2」に近いカーブを描き、多くの方が「良い音」と感じる、まさに「ど真ん中を狙った」サウンドといえるでしょう。その完成度は非常に高く、出た当初「第3世代の本命はKING IIIかな~」と思っていた想像は大きく覆されました。現時点で、TFZでも私自身の好み的にはトップレベルに近いサウンドです。
聴いた印象としては、各帯域の全体的なバランスや音場感を重視したアレンジとなっていて、「T2G」および「SERIES 2」の中音域のボーカルなどにポイント置いたサウンドよりさらに空間表現に優れます。そのためボーカルは少し距離を置いて定位しますが、演奏もふくめ非常に高い分離性で立体的な定位感があるため「ライブ感」「実在感」をより感じるサウンドとなっています。

TFZ NO.3高域は非常に明瞭で解像度の高い音です。高音域の明るく分離性の高い伸びの良さと硬質な煌めきは「SECRET GARDEN」などに通じるTFZらしさを感じますが、刺激は適度に抑えられています。とはいえ比較的反応の良いイヤホンなので再生環境によって従来のTFZのイヤホン同様にある程度の刺さりを感じる場合はあります。
中音域は明瞭かつ非常に実体感のある濃い音で、まさにこのイヤホンの醍醐味といえる部分だと思います。「T2G」「SERIES 2」と比べるとボーカルは若干後ろに下がる場合がありますが、適度な距離感でライブ感のある立体的な定位をします。厚みがあるパワフルな音のいっぽうで非常に締まりが良く、TFZらしいキレの良さはしっかり表現できている印象です。
低域の分離性も非常に良く、非常にタイトで存在感のある音を鳴らします。不自然に広がることはなく芯のある音ですが、重低音も表現力も高い印象です。ロック系などスピード感のあるサウンドと相性の良い小気味よさもありますね。

ロック、ポップスなど幅広いジャンルの曲と相性が良く、男性ボーカルの曲などは中低域がとてもパワフルに感じるため特に良いですね。あとジャズもすこしハッキリしすぎている印象はあるもの低域が厚くライブ感に優れているため結構良いと思います。いっぽう女性ボーカルのアニソンなどはライブ感を楽しむ上では良いと思いますが、僅かに下がって定位するため、よりボーカルを楽しみたい場合は「T2G」や「SERIES 2」のほうが良い印象に感じる場合もありそうです。

また、「TFZ NO.3」のリケーブルによる音質傾向の変化はかなり大きく、このイヤホンのポテンシャルの高さを改めて実感します。個人的には付属のケーブルのバランスでかなり良いと思いますが、傾向にアレンジを加えたい場合にリケーブルは有効な手段でしょう。
TFZ NO.3個人的には音質傾向の味付けが少なくより分離性および情報量を高めるケーブルが相性が良いと思います。代表的なものは各セラーより販売されている16芯ケーブルの銀メッキ線ケーブル(「NICEHCK TDY3」「YYX4745」など)や、4芯OCCケーブル(「NICEHCK DJY3」「YYX4810」など)でしょう。これらのケーブルについては過去記事の「お勧めケーブル【中編】」で紹介していますのでよろしければ併せてご覧ください。
さらにハイエンドなケーブルで、試しに8芯金銀合金線ケーブルの「HiF4814」にリケーブルしてみたところ、全体的な透明感が増しより立体的で明瞭な空間表現を実感できました。
こうなってくるとハウジング材質の異なる「NO.3 Ti」でもかなりの傾向の変化が期待できそうです(おそらく「NO.3 Ti」はサウンド的には高域強化モデルかな、と予想しています)。


というわけで、「TFZ NO.3」は同社のラインナップからはかなり「浮いた」印象のイヤホンでしたが音質面の完成度の高さは「第3世代」のポテンシャルの高さを大きく実感させるものでした。これがチタニウム合金製シェルを搭載した「NO.3 Ti」ではどのように変化するのかとても楽しみではあります。
TFZ NO.3 TiTFZ KING III
またこれまで第2世代の「KING」、第2.5世代の「KING PRO」「KING II / LTD」と各世代を代表するモデルとして存在したKINGの系統でも第3世代の「KING III」がすでにラインナップされています(こちらは既にオーダー済みですので到着後レビューしたいと思います)。
最近のTFZではハイブリッドモデルの「SERIES 7」など比較的高価格のモデルも登場していますし、「SECRET GARDEN」のマルチBAモデルでは10BAのカスタムIEM対応モデルも中国では発表されています。さすがにこれらすべてのモデルを網羅するのはいろいろ厳しいですが(^^;)、好きなブランドであることは変わりないので可能な限り今後も追っていきたいと思います。


「ZIKU HD-X10」 50ドルクラスながらハイレゾ&DSD対応、CS4398搭載の「結構使える」中華デジタルオーディオプレーヤー【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ZIKU HD-X10

こんにちは。今回は「ZIKU HD-X10」の紹介です。中国のイヤホンセラー「HCK Earphones」がAliExpressで50ドル台で販売するハイレゾ/DSD対応のデジタルオーディオプレーヤー(DAP)製品となります。販売開始は1月初旬ですが日本ではまだ購入されている方は少ないようです。

ZIKU HD-X10いわゆる「マニア向け」の1万円以下の中華DAPというと、昨年登場した「Zishan Z3」(AK4490搭載)が現在もマニアの間では人気が高く、さらに上位モデルの「Zishan DSD」もハイエンドDACのAK4497EQを搭載しつつ100ドル台の価格を実現しており根強い人気があります。これらの機種は販売価格からは想像できないようなハイスペックなDACチップを搭載しているものの、やはり「いろいろ分っている方」向けであり、またマニアの方々でも「普段使い」アイテムとするには不安もありますね。

そんななかで「ZIKU HD-X10」は「そこそこの機能」と十分な音質性能を持ちつつ、「Zishan Z3」よりは「普通のDAP」としても使えるという位置づけになっていると思います。

ZIKU HD-X10」の主な仕様は、以下の通りです。
  • DACチップ: Cirrus Logic製 「CS4398」
  • コントローラ: ACTIONS製 「ATJ2167」
  • オペアンプ: LPF: JRC製「NE5532」(直付け) / AMP: 「NE5532」(ソケット) 
  • 再生能力: 192KHZ/32bit (PCM)、DSD256
  • 対応形式: DSD/FLAC/WAV/AAC/MP3/WMA/APE/OGG, etc.
  • Lyrics format: LRC
  • 画面サイズ: 1.8 inch TFT
  • バッテリ容量: 2500mAH (最大稼働時間 約10時間)
  • 音声出力: 3.5mm Headset output / 3.5mm Line Out
  • 外部I/F: micro USB 
  • ノイズ比率: SNR: 98dB
  • 重量: 約180g
  • 寸法: 59mm×16mm×117mm
  • 再生媒体: microSD / microSDXC(128GBまで)
  • 対応言語: 日本語の選択可能(英語、中国語ほか)

まず搭載するDACチップのCirrus Logicの「CS4398」はこれまで数多くのUSB-DACやDAPなどに搭載されてきたまさに定番中の定番ですが、低価格DAPでの利用は安定した音質とDSDへの対応などを考慮すると非常に手堅い選択ですね。また、50ドル台のDAPとしては十分に高性能といえるのではと思います。
ZIKU HD-X10ZIKU HD-X10
コントローラーチップには低価格の中華DAPによく見られる「ATJ2167」を採用しています。WIMA製フィルムコンデンサを搭載し、バッテリ横のソケットに装着されたオペアンプ部(LPFと同じ「NE5532」を標準では搭載)は交換可能な設計になっているようです。

購入はAliExpressのHCK Earphonesにて。表示価格は 59ドル となっていますが、値引きにより 49ドル で購入可能です。AliExpessでの購入方法およびフォロワー値引きについてはこちらを参照ください。またHCKのでTwitterアカウント(@hckexin)は割引情報なども頻繁にツイートされるため、フォローのうえこまめにチェックされることをお勧めします。
AliExpress(NiceHCK Audio Store):  ZIKU HD-X10


ZIKU HD-X10」は例によって特にパッケージも説明書もない本体のみで届きますが、今回はHCKが販売すると言うことで、いつものHCKのイヤホンケースの中に入って届きました。ケースは他のイヤホンで使えるので助かります(^^)。
ZIKU HD-X10ZIKU HD-X10
本体は金属製で見た目より重量感があり、安っぽさは全く感じない仕上がりになっています。サイズはShanling M2sより若干大きく数ミリ程度厚みがあるくらいの大きさです。
ZIKU HD-X10ZIKU HD-X10
中央の再生ボタンを長押しすると電源が入り、初回は言語選択が表示されます。上部左右の「>>(次曲へ)」「<<(前曲へ)」ボタンがスクロールボタンを兼ねます。「ZIKU HD-X10」は日本語表示を選択することが可能なので選択しておきます。電源OFFも再生ボタンの長押しです。
ZIKU HD-X10ZIKU HD-X10

メニュー画面はFiiO製DAPを意識した画面デザインになっていますが、実際のメニューはかなりシンプルな構成になります。とはいえ、「Zishan Z3」がファイルベースでの選択しか出来なかったののに対し、「ZIKU HD-X10」は一般的なDAP同様にアーティスト、アルバム、ジャンルといったタグ情報に基づいた再生やプレイリストの使用、歌詞表示(曲ごとのLRCファイル使用)等も可能です。また電源ONと同時に再生を開始する「Car Mode」なども選択可能です。

ZIKU HD-X10操作自体は非常にシンプルなので迷うことは少ないでしょう。しいていえば曲選択など上下へカーソルを移動する画面を「<<」「>>」の左右のボタンで行うことの違和感がある点くらいでしょうか。
画面表示の情報量も充実しており、1.8インチの小さい画面に「曲名」、「アーティスト名」、「アルバム名」、「フォーマット」といった情報とカバーアート(貼り付けている画像サイズによっては表示されない場合もあり)が表示されます。この価格帯の中華プレーヤーとしてはかなりしっかり作られている印象です。
バッテリ稼働時間も長く、発熱も少ない印象で、長時間の移動などに便利な点も特徴でしょう。

音質面は50ドル程度のDAPとしては十分に及第点レベルだと思います。DSDやハイレゾの再生も含めとても元気に鳴ってくれる印象です。同価格帯でも「Zishan Z3」には解像度やS/Nの高さなど全体の表現力では1ランク落ちますが、ここは音質を取るか使い勝手を取るか、という選択かもしれませんね。
ZIKU HD-X10ZIKU HD-X10
いっぽう出力はかなり大きく、かなり鳴らしにくいヘッドフォンやイヤホンでも十分に音量を取ることが可能です。ボリュームは100段階で通常のイヤホンなどは30~くらい、「RHA CL1」や「AKG K712 Pro」でも60~くらいで十分な音量が取れます。逆に非常に反応の良いイヤホンの場合はホワイトノイズが発生しやすくなるため、iFI-Audio「EarBuddy」のようなアッテネーターの併用やポータブルアンプの併用が良いかもしれませんね。
ZIKU HD-X10ZIKU HD-X10
またUSBでPCやMacと接続した場合はマスストレージモードとなり搭載したmicroSDメディアにアクセスが出来ます。USB-DACとして使用するモードなどは無さそうです。

というわけで、「ZIKU HD-X10」は50ドル程度の低価格にもかかわらず、DAPとしての必要な機能は網羅し、DSDなど多くのフォーマットに対応するなどコストパフォーマンスの高いプレーヤーでした。個人的にはイヤホンより大出力を活かしてヘッドフォンとの組み合わせでの利用に最適なプレーヤーという印象でした。またオペアンプの交換等、DIY的な楽しみのうえでの「素材」としても手頃な価格で良いのではと思います。

プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。気付けばアラフィフの酔っ払い(定期)。食べるのも好きな天秤座AB型。普段はIT屋で都内と自宅のある福井ほかあちこち出張するお仕事してます。ポタオデは趣味で出張のお供。長年のPC(?)遍歴にApple //c とNeXTstation があるのがプチ自慢(じじぃ)。
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。








記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)






最新コメント