bisonicr keep walking.

イヤホン・ポータブルオーディオ関係のネタを中心に書いています。ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。

水月雨 「Moondrop KXXS」 透き通るような明瞭感と柔らかく自然なサウンドに癒やされる。デザインも印象的な「美音系」中華イヤホン【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
水月雨 Moondrop KXXS

こんにちは。今回は先日「Drop」で購入した「水月雨」(Moondrop)の「Moondrop KXXS」です。個人的に購入した「水月雨」の製品としては最初になります。
中国のイヤホンブランド「水月雨」はマニアの間では以前からとにかく評価が高く、日本国内版でも高級インナーイヤーの「Liebesleid」など一部の製品が販売されており、やはり多くの方から絶讃を受けていました。私も国内版「Liebesleid」と今回の「KXXS」は過去に聴かせていただいたことがあるのですが、非常に自然で美しいサウンドを実感していました。

そんなタイミングで、米国の共同購入サイト「Drop」で「Moondrop KXXS」が登場したため、思わず反射的にポチってしまいました(^^;)。
Moondrop KXXS IEM | Price & Reviews | Drop (formerly Massdrop)
最近の国内イベントでも出展されたり限定版が販売されていたりしますので、国内版が登場するのも近そうですね。

Moondrop KXXS」は、同社のDLC振動板シングルダイナミック構成のカナル型イヤホンである「Kanas」「Kanas Pro」に続く、同シリーズのフラグシップモデルという位置づけの製品です。「Moondrop KXXS」および「Kanas Pro」や「Kanas」といった製品は、「DLC(Diamond-Like Carbon)」による表面処理を施された振動膜を採用した独自の10mmダイナミックドライバーを搭載しており、応答速度に優れたスピード感のあるサウンドを実現しています。

水月雨 Moondrop KXXS水月雨 Moondrop KXXS水月雨 Moondrop KXXS

また「Moondrop KXXS」のハウジングには亜鉛・アルミニウム合金を採用。鏡面処理で美しく磨き上げられた美しくミニマルなシルエットが特徴的です。また、「Moondrop KXXS」は「Kanas Pro」よりやや大振りなサイズで、音質的にも多くの改良が加えられています。

私は上記のDropの募集で購入しましたが、通常はAliExpressの水月雨のオフィシャルストアや取り扱いのある一部セラーにて購入が可能です。オフィシャルストアでの「Moondrop KXXS」の価格は 189.99ドル となっています。
AliExpress(MOONDROP Official Store): Moondrop KXXS


■ 磨き上げられたミニマルで美しいデザイン。重量感のあるハウジングながら装着性は良好。

Moondrop KXXS」というと、やはり「ヲタク仕様」というか、アラフィフのおっさん(私です^^;)が店頭で持っていくのにはちょっと気合いが必要なイラストパッケージが印象的です(笑)。今回はDropで買ったので関係ないわけですが、もし国内版だったとしてもネットで購入してそうです(^^)。
水月雨 Moondrop KXXS水月雨 Moondrop KXXS
その外箱(カバー)を取り外すと、「水月雨」のシックなパッケージが現れ、その内容もなかなかの豪華さを感じる内容になっています。パッケージ内容はイヤホン本体、ケーブル、フライトアダプター、イヤーピースが6セット(S/M/L各サイズ2セット)、スペアのノズルフィルター(3セット)と取付け用ピンセット、ブルーのレザーケース、布製ポーチ、説明書、保証書、など。なんというか、このメーカーの製品や顧客に対する真摯な向き合い方を感じる内容ですね。
水月雨 Moondrop KXXS水月雨 Moondrop KXXS

Moondrop KXXS」のハウジングは「Kanas Pro」同様に亜鉛・アルミニウム合金を採用しており、美しく磨き上げられた鏡面仕上げとなっています。ハウジングのサイズは「Kanas Pro」よりひとまわり大きくなっているようですが、装着性は良好で、重量感のあるハウジングながらしっかり耳に収まります。
水月雨 Moondrop KXXS水月雨 Moondrop KXXS
ただ、私は付属のイヤーピースではぴったり合うものがなかったため、JVCの「スパイラルドット」に交換しました。他にも、Acoustune「AET07」などフィット感の良い製品を組み合わせるのも良いと思います。

水月雨 Moondrop KXXS水月雨 Moondrop KXXS
付属するケーブルは、4N 銀メッキOFC(高純度無酸素銅)線の撚り線ケーブルで、比較的取り回しは良く使い勝手は良いと思います。また0.78mm 2pin仕様のコネクタを採用しており、リケーブルが可能です。本体のコネクタ部分は若干の窪みがありますが、CIEM 2pinタイプ以外にも中華2pinのケーブルでも問題なく利用することができました。


■ 解像度の高い明瞭な音ながら柔らかい自然な印象。透明感のある綺麗なサウンド

水月雨 Moondrop KXXSMoondrop KXXS」の音質傾向は、弱ドンシャリ寄りですが、非常にナチュラルで、透き通ったような、まさに「美音系」という印象のサウンドです。開封直後からスッキリとした印象で非常に綺麗なサウンドを楽しめますが、メーカー自身が「100時間以上のエージング」を強く推奨しており、実際じっくりと鳴らし込むことでサウンドバランスがさらに向上し、より完成度の高い音に変化します。具体的にはエージングが進むにつれ低域の厚みが増し、開封直後は若干高域が強めで腰高に感じたサウンドが全体的にフラット方向に落ち着きます。十分にエージングが進むことで、全体的な明瞭感とともに自然な柔らかさを持つ中高域と締まりの良い低域を楽しむことができ、さらに広がりのある優れた音場表現を実感できると思います。

Moondrop KXXS」の高域は、解像度が高く明瞭感のある音で、比較的スッキリ目のサウンドです。歪みや曇りのない、見通しの良い明るい音で、シンバル等も鮮やかに鳴ってくれます。とはいえ金属的な音ではなく自然な音がスッキリと伸びていく感じはとても心地良いですね。なお、開封直後は多少強めの主張を感じますが、十分なエージングにより中低域とのバランスが整うと、感じつつも、耳障りに感じる刺激は十分にコントロールされた印象になります。

水月雨 Moondrop KXXS中音域は「Moondrop KXXS」のミニマルなシルバーデザインの外観そのままに、透明感が高く明瞭なサウンドを実感できます。高域同様に非常に解像度が高く1音1音の描写は精緻ですが、人工的な印象は皆無で、非常にナチュラルで柔らかい印象の鳴り方をします。そのためある程度刺激のあるハイトーンなども綺麗に鳴らしつつ、心地良く聴けるバランスになっています。
音場は広く、前後に奥行きを感じ、さらに十分なエージングにより左右にスッと広がっていく空間表現を楽しめます。また分離性の高さと見通しの良さから感じる優れた定位感があります。ボーカル帯域は若干前に定位し、ある程度の主張を感じますが、あくまで自然なバランスにコントロールされており、艶のある心地良いサウンドを楽しむことができます。同時にギターやピアノの音色も美しく、演奏の気持ちよさも特徴的です。

低域は、開封直後は中高域にくらべて主張が控えめでしたが、100時間以上のエージングにより、存在感を増し、締まりの良くスピード感のある鮮やかな音を鳴らします。重低音の沈み込みも深く、重量感のある音です。スピード感のある音ですが僅かに感じる余韻により、明瞭で鮮やかながら柔らかさも感じる絶妙な低音になっている印象です。


■ 突出したバランスの良さ。ジャンルを問わず楽しめるリスニングイヤホン

というわけで、「Moondrop KXXS」は明瞭さと同時に柔らかく自然な音で仕上げられた、とにかくバランスの良さに突出したイヤホンだと思います。そのため基本的にどのようなジャンルの曲とも相性が良く、ロック、ポップスなどのボーカル曲はもちろん、クラシックのオーケストラ演奏などでも抜群の相性の良さを感じます。「Moondrop KXXS」のサウンドはまとめるなら「質が良く、より高級な音」ですね。もちろん、十分にコストをかけたハイグレードなイヤホンでしか出せない音、というのはあるのですが、「Moondrop KXXS」は透明感のある音色で、フラットよりややリスニング寄りにバランスを取った音作りで他には無い個性を作り出していると感じます。

また、「Moondrop KXXS」は0.78mm 2pinコネクタを採用しており、リケーブルが可能ですが、付属する4N 銀メッキOFC(高純度無酸素銅)線ケーブルとの相性が良く、十分にエージングが進めばほとんどの場合でリケーブルは不要だと思います。逆に傾向がわかりやすいケーブルに変えるとバランスが崩れてしまう可能性もありますね。
水月雨 Moondrop KXXS水月雨 Moondrop KXXS
そのため、もしリケーブルする場合は、「Moondrop KXXS」の特性を見ながらケーブルの傾向と合せてみるのが良いでしょう。手持ちの中華ケーブルで試した範囲で印象が良かったのは金銀合金&OFCケーブルの「HiF4814」、16芯ケーブルの「HiF4827/HiF4828」、4芯OFHCケーブルの「NICEHCK GCT4」、8芯単結晶銅線ケーブルの「KBF4804」などです。個人差はあると思いますが、同じ16芯ケーブルでも「YYX4745」だと若干平坦になり、単結晶銅線ケーブルでも「YYX4810」だとちょっと派手すぎる印象だったりするので、もしリケーブルする場合は、気持ちよいバランスになるよういろいろ試した方が良いかもしれませんね。

水月雨 Moondrop KXXSまた、参考までに、同様のグレードで個人的にも「好み度」の高い製品と比較すると、まず、同様の価格帯の「ikko OH10 Obsidian」は十分な解像度の高さと音場感をもち、つながりの良い音を鳴らしますが、「Moondrop KXXS」と比べると多少派手めの音で、特に低音域はより厚みがあり、いかにもハイブリッドらしさ感じます。楽しさという点で「OH10」が優れているいっぽうで、やはり各音域の美しさでは「Moondrop KXXS」が優れており、両者は全く異なる特徴のイヤホンと感じます。
そして「TFZ No.3 Ti」と比較すると、「No.3 Ti」はボーカルの表現力と広く立体的な音場感は特徴的な要素ではあるものの、同時に「寒色系ドンシャリ」の典型のようなイヤホン(特に国内版も含め現在付属する銀メッキ線ケーブルの場合)でもあるため、その硬質で派手なサウンドや中低域の濃さも含め、「Moondrop KXXS」とは毛色が結構違うかもしれませんね。
個人的には典型的な浮気性タイプなので(笑)、どのタイプのイヤホンもとても好みの音で、気分に応じて楽しみたいと思っています(^^)。

「CCA C12」 人気モデルが5BA+1DD構成で明瞭サウンドにアップグレード。バランスの良さとボーカルの綺麗さが心地良い中華イヤホン【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
CCA C12

こんちは。今回は「CCA C12」の紹介です。前回の「KZ ZSX」のレビューに引き続き、同時期に発売された最新5BA+1DD構成の「CCAのほう」もオーダーしました。
中国のイヤホンブランド「CCA」(Clear Concept Audio)は、中国を代表するイヤホンメーカー「KZ」(Knowledge Zenith)の姉妹会社としてマニアの間ではすっかりお馴染みになりましたね。今回の「CCA C12」は5BA+1DD構成のイヤホンながら40ドル台の価格設定で、日本でもアマゾンで値引き等で5千円程度で購入できる価格帯を実現しています。この価格帯にもかかわらず、高級感のあるデザインを採用し、音質面でも高い解像度とボーカル映えする明瞭なサウンドを楽しめる、よりハイグレードな製品に仕上がっています。
CCA C12CCA C12

今回の「CCA C12」は5BA+1DDという片側6ドライバーによるマルチドライバー・ハイブリッド構成のイヤホンで、同社を代表するモデルとして現在も高い人気を維持している「CCA C10」(4BA+1DDモデル)のアップグレードモデルに当たる製品です。また同時期にリリースされた「KZ ZSX」と同様のドライバー構成を持っていることから、双方の違いについても気になるところですね。
CCA C12CCA C10KZ ZSX

CCA C12」では「C10」同様に亜鉛合金製の厚みのあるフェイスプレートが取付けられていますが、表面処理は「CCA C12」のほうがソリッドで光沢のあるシルバーカラーもより精悍な印象を与えます。またコネクタ部分には最近のKZおよびCCA共通の「KZタイプC」コネクタが採用されており、同コネクタのKZ/CCA製の交換ケーブル、Bluetoothケーブルのほか、qdcコネクタ仕様のリケーブル製品を組み合わせることが可能です。
CCA C12CCA C12

CCA C12」従来のCCAおよびKZ製品よりハイブリッドの設計を見直しており、各ドライバーのグレードアップおよびドライバーユニットの最適配置を行うことで音質面の強化を行っているようです。ドライバー構成はまず高域用BAにKZおよびCCA製イヤホンでは定番の「KZ 30095」ツイーターユニットを、中高域用には「カスタマイズされたデュアルBAユニット」を2基による4BAを採用。さらに中低域用の1DD部分は、「CCA C10」で採用された「10mm 二重磁気回路ダイナミックドライバー」をさらに最適化し、より反応が向上し中低域の解像度が向上したダイナミックドライバーが採用されています。
CCA C12CCA C12
ただし、前回の「KZ ZSX」のレビューでも触れたとおり、「カスタマイズされたデュアルBAユニット」(「KZ ZSXでは「DWEK」と表記)については、手元の個体では少なくとも片側は「KZ 50060」が使用されたBAであることがわかっています。ただし、これが「KZ 50060」2基の組み合わせによるものか、新しいBAユニットを組み合わせたものかは不明です。また今後のロットで新しい型番のデュアルBAユニットに置き換わる可能性も考えられます。
手元の個体をもとに、「CCA C12」の構成を従来モデルと構成を比較すると以下のようになります。

CCA C10 KZ 30095 + KZ 50060) ×2、 10mm二重磁気回路ダイナミック
CCA C12 KZ 30095、DWEK(KZ 50060+?) ×2 新・10mm二重磁気回路ダイナミック
KZ ZSX KZ 30095、DWEK(KZ 50060+?) ×2 新・10mm二重磁気回路ダイナミック

CCA C12」と「KZ ZSX」のドライバー構成は全く同じですが、ハウジングのデザインに加え、サウンドアレンジにも変化が加えられているようです。

CCA C12CCA C12
CCA C12」のカラーバリエーションは「ゴールド」と「ブルー」の2色が選択できます。購入はAliExpressまたはアマゾンにて。アマゾンではプライム扱いですぐに届きますし、万が一の場合にアマゾン経由でのサポートが得られる点はメリットですね。現在クーポンなどが配布されており、実質的な購入価格の差は少なくなっており、アマゾン経由での購入がお勧めです。
Amazon.co.jp(HiFiHear Audio): CCA C12 5,799円 7% OFFコード(U3WOSA7O
Amazon.co.jp(WTSUN Audio): CCA C12 5,800円 ※800円OFFクーポン+7% OFFコード(XYXCTD2A 
※クーポン配布期間およびコードの使用期限が終了していた場合はご了承ください。


■ 実はC10よりコンパクト? ソリッドなフェイスパネルがクールなシェルデザイン

CCA C12」のパッケージは、箱の大きさこそ同じですが、従来の白箱から今回は黒箱タイプになりました。今後KZのようにグレードによってパッケージを変えていく感じかもしれませんね。パッケージ内容は本体、ケーブル、イヤーピース(S/M/L)、保証書、説明書と、いつもの最小限の内容ですが、「CCA C10」同様に、いつものKZと同じタイプのイヤーピースとは別のタイプのMサイズが最初から装着済みです。
CCA C12CCA C12

CCA C12」のシェルは5BA+1DDという比較的多くのドライバーを搭載する製品としては比較的コンパクトにまとまっていると思います。樹脂製のハウジング部分の形状は1BA+1DDモデルの「CCA CA4」と同じデザインで思ったより厚さも抑えられた印象です。
CCA C12CCA C12
CCA C12」のフェイスプレートは「CCA C10」など同社製イヤホンと共通の亜鉛合金製。ただ今回はより光沢のある仕上がりで、フェイス部分はソリッドな仕上げ、傾斜のある面取りがされたエッジ部分は光沢仕上げ、そして厚みのある側面はブルーまたはゴールドのカラーリング仕上げと結構凝った表面処理が施されています。
CCA C12CCA C12
ハウジングの大きさ自体は「CCA C10」と同様の大きさですが厚さはより抑えられたデザインになっています。「KZ ZSX」と比べるとフェイスプレートの大きさこそ大きな違いはありませんが、厚みが大きい「KZ ZSX」と比べると「CCA C12」はかなりコンパクトな印象を受けます。
CCA C12CCA C12
ただ、「KZ ZSX」が大きくなったかわりに装着性の高い形状になっているのに対し、「CCA C12」は決して装着性が悪くはありませんが「従来通り」という感じです。
CCA C12CCA C12
そのためイヤーピースは寄りフィット感の高いものへの交換がお勧めです。具体的には定番のJVCの「スパイラルドット」、Acoustune「AET07」、AZLA「SednaEarfit Light」など開口部が大きいタイプの製品を利用することをお勧めします。私は今回「スパイラルドット」を使用しました。


■ 大幅にボーカル帯域の解像度がアップグレード。よりハイグレードなサウンドを実感

CCA C12」の音質傾向は、多少メリハリのある弱ドンシャリで、「CCA C10」のやや中音域に暖かみを感じるサウンドより明瞭感のある仕上がりになっています。とはいえ、CCAブランドの他の製品同様にボーカル帯域にフォーカスした音作りで完成度は高く、非常に聴き応えのあるサウンドです。ちなみに、「CCA C12」は数十時間程度のエージングが必要なようで、開封直後より各音域の表現力が向上し、より明瞭で濃い音を実感できます。

CCA C12100時間程度エージングを行った「CCA C12」と「CCA C10」と比較すると、サウンドバランス自体は「CCA C12」の方がよりドンシャリ方向にチューニングされ、明瞭感のある高域とキレのある低域が印象的ですが、それ以上に濃さを感じるボーカル帯域を中心とした中音域が魅力的な音作りで、やはり「CCA C10のアップグレードモデル」だと実感します。特に、圧倒的に明瞭感が向上し、よりハッキリとしたサウンドを実感できる点は大きなポイントですね。
いっぽう、同じドライバー構成で同時期にリリースされた「KZ ZSX」と比較すると、やはり非常に近いサウンドで、双方の相違点はあまり多くはありません。ただ、アルミ製フェイスプレートとより大きなハウジングを持つ「KZ ZSX」のほうが中高域はややシャープ低域は響きはあるものの重低音は若干控えめに感じます。前回のレビューでも記載の通り「KZ ZSX」は同じKZの「ZS10 Pro」とはやや毛色の違う印象もあり、あくまで私見ながら、先に「CCA C12」のサウンドを作って、「KZ ZSX」ではそれをややKZの傾向にチューニングした、と考えると結構しっくりくるサウンドですね。

CCA C12CCA C12」の高域は解像度が高めでスッキリした印象の明瞭感のある鮮やかさを感じるサウンドです。
「CCA C10」では高域の「KZ 30095」と中高域の「KZ 50060」のコンビネーションがステム部分に1セット装着されており、お互いの和音で刺激を抑えるいっぽうで、解像度的には決して高くはない「やや暖色寄りの音」でした。しかし、「CCA C12」では「CCA CA4」や「KZ ZS10 Pro」のように「KZ30095」のみがアルミ合金製のステムに装着されたこともあり、「CCA C10」と比較して明瞭感が大幅に向上し、煌びやかさのある伸びの良い音になりました。それでも刺さり等の刺激などはある程度抑えられており、比較的聴きやすい印象になっています。CCAらしく、より女性のハイトーンやピアノの高音など中高域寄りの音の綺麗さを下支えするチューニングになっている印象ですね。

CCA C12中音域は「CCA C12」のもっとも「美味しいところ」で、「CCA C10」のサウンドが好みの方が望まれるポイントを上手くフォーカスした音作りをしている印象です。「CCA C10」より多少ボーカルは近くに定位し、音場の広がりは少なくなっていますが、圧倒的に解像感および分離感が向上しており、主張のあるボーカル帯域をより濃く、クリアに感じる事ができます。
CCA C12」では、「KZ 50060」を中心とした新しいコンビネーションBAを2セット、4BA分を中高域に割当て、さらにダイナミックドライバー部分もよりディテール表現が向上した改良を行うなど、内部的にもボーカル帯域に対して徹底したアップグレードが行われた仕様となっていますが、その成果をしっかり感じるサウンドです。「KZ ZSX」も多少共通していますが、「CCA C12」をしっかりエージングを行い、さらにイヤピースやリケーブル、再生環境などでポテンシャルを引き出すと、特に中音域に限定していえば、数万円クラスの高音質イヤホンかと思うような鳴り方をします。さらに「CCA C12」では特に男性ボーカルなど中低域の厚みにCCAらしいつながりの良さと濃さが有り、全体的なサウンドに深みを感じさせます。

CCA C12低域はキレのある解像度の高い鳴り方をします。中音域の主張が強いため「CCA C10」よりやや少なめに感じますが、量的には十分で、重低音の沈み込みなどはむしろ向上しており、ダイナミックドライバーの進化に合せて質の向上を実感することができます。しっかりしたベースラインはとても心地良く、しっかりと中高域を下支えしている印象です。「CCA C12」と「KZ ZSX」の違いを最も感じる部分で、比較すると響きは少ないもののより締まりのある印象があります。どちらも分離性に優れ、ある程度の定位感がある音場表現をしますが、「CCA C12」のほうがタイトでやや狭い印象を持つ場合もあると思います。

そして、「CCA C12」もリケーブル効果は大きく、非常に解像度の高いイヤホンですので、やはりイヤピースの交換およびリケーブルは行った方が良いでしょう。内容的には各社の低価格またはミドルグレードの16芯ケーブルなどの組み合わせが良いと思います。低価格16芯銀メッキ線ではよりスッキリめの印象となり、よりグレードの高いケーブルでは中高域のキレが大幅に向上するととよに、分離感がさらに向上し、より立体的な音場感を実感しました。
→ おすすめ「中華イヤホンケーブル」まとめ 【低価格 16芯ケーブル編】(3千円クラス)/ 2019年・夏版
→ おすすめ「中華イヤホンケーブル」まとめ 【ミドルグレード編】(4千円~8千円台) / 2019年・夏版

というわけで、「CCA C12」はあまり苦手のない、まとまりの良い印象ですが、やはりはボーカル曲での表現力は高く、ロック、ポップス、アニソンなど多くのジャンルで楽しめると思います。「CCA C12」と「KZ ZSX」では、装着性こそ「KZ ZSX」のほうが優れていますが、音質的な完成度では僅かな差ではあるものの「CCA C12」のほうが高い印象でした。
CCA C12これは「CCA C10」のアップグレード製品としてウィークポイントを解消してきた「CCA C12」に対し、次世代タイプの新しいハウジングに同じ構成を搭載した現在進行形のモデル、という違いなのかな、とも感じます。かつて「KZ AS10」を基点に、その後の数多くのマルチBAモデルに進化していったように、「KZ ZSX」も「次のシリーズの入り口」なのかも、と考えると、やはり押さえておきたいアイテムではあるのですが、あくまで個人的な印象ではあるものの、純粋に低価格で完成度の高いサウンドを楽しみたい、といううえで現時点でよりお勧めするのは「CCA C12」のほうかな、と感じました。ちなみに、「CCA C12」と比べるとちょっと暖色系の音にも感じてしまう「CCA C10」も両方聴いてやはり「アリ」だなと思ってしまったりもしました。どちらも良いイヤホンだと思いますよ(^^)。


プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。ただのアラフィフの酔っ払い。食べるのも好きな天秤座AB型。東京と福井(鯖江)の自宅の二拠点生活も気付けば5年以上。普段はIT屋でよく出張するお仕事してます。ポタオデは趣味で出張のお供。PC(?)遍歴にApple IIc とNeXTstation があるのがプチ自慢(^^;
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。











記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)










最新コメント