bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

「TFZ SERIES 2」豊富なカラバリも楽しい、クリアで抜群に聴きやすいサウンドチューンのTFZ普及モデル【購入レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
TFZ SERIES 2

手元に届いてから半月ほど経っていますが、「TFZ」の最新イヤホン「TFZ SERIES 2」のレビューです。
中国のイヤホンブランド「TFZ(THE FRAGRANT ZITHER)」では、今年に入ってから一気に新シリーズを展開しており、「EXCLUSIVE 5」「EXCLUSIVE KING」は国内版も大人気モデルになりました。そして今回の「SERIES 2」も、来年以降、日本国内版が登場すればヒット間違いなしという予感が漂う完成度の高さです。

TFZ」ブランドのイヤホンは、よりアグレッシブなサウンドを目指した「EXCLUSIVE」ラインと、「SERIES 1」「SERIES 5」などの従来モデルの流れを組む「SERIES」ラインの2つのラインナップで2017年に入ってからの製品展開を進めています。「SERIES」ラインのモデルでは、夏頃に登場した(国内販売は秋以降)「SERIES 4」はよりフラット傾向のサウンドでTFZとしては「変わり種」モデルになりました(同価格帯の「EXCLUSIVE KING」との差別化も考慮されていると思います)。

いっぽう今回の「SERIES 2」は、本来のTFZらしいキレの良いドンシャリ系を維持しつつも聴きやすいサウンドで、さらに50ドル以下の購入しやすい価格帯に設定されており、おそらく「SERIES 1」に代わり同社の普及モデルの中心になるのではと思われます。そのためもあってか、最初から8種類のカラーバリエーションを揃える充実ぶりです。
TFZ SERIES 2 TFZ SERIES 2
わたしは発売前にMassdropで予約にて購入しましたので11月中旬頃には手元に届いていました。現在はAliExpressでは香港のPenon Audioなどで取り扱っていますが、いずれ他のセラーの取り扱い、さらには国内版の発売もあるのではないかと思います。Penon Audioでの価格は45ドルとなっています。
AliExpress(Penon Audio): TFZ SERIES 2


新ケーブル&イヤーピースなどマイナーチェンジしたパッケージング

私のブログでも2017年に入って登場したTFZの新シリーズについてこれまでにいくつか紹介をしてきました。
【レビュー】「TFZ EXCLUSIVE 5」抜群にクールでパワフル。大当たりのアラウンド1万円イヤホン
「TFZ SERIES 4」シャープな美音系モニターサウンド & 「MY LOVE II」元気で楽しいTFZ最新イヤホン
「TFZ EXCLUSIVE KING」分厚い低域に突き抜ける高域。「王者」のサウンドを目指した1万円台高音質イヤホン

今回の「SERIES 2」はこれらのモデルと比較すると最廉価のモデルとなるのですが、最新のパッケージということで多少変更または改良された箇所があるようです。私がオーダー下のはカラー001のメタリックレッドと、同002のクリアーレッドの赤系2色。クリアーブルーのキラキラ付がいかにもTFZぽくて格好良かったのですが、手持ちの他のTFZがブルーに集中しているため今回は赤くしてみました(^^)。
TFZ SERIES 2TFZ SERIES 2
パッケージは「EXCLUSIVE」ライン以降お馴染みの細長いものですが、今回はカラバリが豊富なこともあり、フェイスプレートが外から確認できるクリアーカバーで覆ったシルバーのボックスになりました。

TFZ SERIES 2TFZ SERIES 2
パッケージ内容は本体、ケーブル、ポーチ、イヤーピース(2種類のS/M/Lと装着済みのMサイズ)など。メタリックレッドのほうはブラック、クリアーレッドのほうはホワイトで付属品が揃えられています。またイヤーピースは台紙にセットされ、ちょっと以前よりコストがかかっています。

TFZ SERIES 2TFZ SERIES 2
また、今回の「SERIES 2」より付属ケーブルの2pinコネクタが本体コネクタの凸状の部分を覆うようなカバー付のものになりました。ピン自体は従来の「EXCLUSIVE」「SERIES 4」などと同じ0.78mm 2pin仕様のため、従来通りリケーブルは可能です。いっぽう「SERIES 2」付属のケーブルは「SERIES 4(およびMY LOVE 2)」と「EXCLUSIVE KING」では流用可能ですが、「EXCLUSIVE 1/3/5」のシェルでは使用できませんでした(凸状部分の形が異なるため)。さらにホワイトのケーブルについては従来モデルのものと比較し線材そのものが変更になっています。
TFZ SERIES 2TFZ SERIES 2
付属するイヤーピースは黒色バージョンも白色バージョンも同じ形状で開口部が小さくよりリーチが取れるタイプと、開口部が広くより低いタイプの2種類。標準で装着されているのは開口部が広い方でこちらのほうが中高域の伸びが良いタイプとなり、逆に小さい方はより低域を強調するタイプになります。装着性や音の好みを考慮しながら使い分けると良いと思います。私はクリアーレッドのほうは開口部の広いタイプを、メタリックレッドのほうは手持ちのRHAのイヤーピースを組み合わせて使用しています。


■TFZの本気度がうかがえる、50ドルクラス最高レベルのサウンド

TFZ SERIES 2」は「SERIES 4」や「EXCLUSIVE KING」などの上位モデルと同様、12mmの大口径グラフェンユニットのダイナミック型ドライバーをシングルで搭載した構成。周波数特性はいかにもTFZらしい明瞭なドンシャリです。開封直後はDAP(プレーヤー)によってはちょっと高域のバランスに違和感を感じる場合がありますが、50~100時間程度のエージングで抜けが良くなり本来のサウンドになると思います。

TFZ SERIES 2エージング後の「TFZ SERIES 2」を聴いた印象は、しっかりした量感の低域を確保しつつ、キレのある金属質な高域といったTFZのサウンド傾向は継承しつつも、中域の存在感が圧倒的に強調されたモデル、という印象でした。
これは価格グレードとしてはほぼ同等の「EXCLUSIVE 1」が中高域メインで特に高域の伸びに特徴あるのとは明確に異なるサウンドです。「EXCLUSIVE」ラインが非常に個性的かつアグレッシブなサウンドでキャラクターを鮮烈に印象づけているのに対し、「SERIES 2」はより多くの人に受け入れやすい「聴きやすい」サウンドになっていると思います。
音場は「EXCLUSIVE KING」ににこそ及ばないものの十分な広さがあり、定位感も良好です。
ボーカルは比較的近く、歌唱力のあるアーティストの場合歌い上げている部分の迫力がとても印象的で、BGMで聴いていて思わずはっとなってしまいました。
TFZ SERIES 2いっぽう、「SERIES 2」の高域はキラキラ感のある硬質なサウンドではあるものの、最近のTFZのイヤホンに比べて比較的抑え気味のチューニングになっています。グラフェンユニットのドライバーらしい高解像度でエッジの効いた伸びの良さは確保しつつも、シャリシャリ感がほとんどない聴きやすいサウンドになっています。
とはいえ、開口部の大きい方のイヤーピースを使用し、出力の大きいDAPやポータブルアンプを経由すると硬質的な高域がかなり強調される傾向は「EXCLUSIVE KING」などの従来のTFZと同様のため、利用環境によっては特に女性ボーカルなどで刺さりが気になる場合もあります。
DAPとの相性で高域が気になる場合は、付属のイヤーピースのうち開口部の小さい方を使用したり、finalのEタイプなどのより中低域の厚みが向上するタイプのイヤーピースを使用することで刺さりの少ないサウンドに調整できます。
個人的にはシャリシャリ感の強い「MY LOVE II」やEXCLUSIVE 1のドンシャリ度アップ版的な印象の「EXCLUSIVE 3」と比較しても「SERIES 2」のほうが好みの音でした。実際、「SERIES 2」のサウンドクオリティの高さは、おそらく50ドル付近のイヤホンとしてはベストに近いレベルに仕上がっていると感じました。


■類似デザイン、類似価格帯で次々と新製品を投入するTFZの狙いは

TFZ SERIES 2というわけで「TFZ SERIES 2」もまた同社の他の製品とは全く異なるセッティングながら非常に高いレベルをクリアしているという印象を持ちました。なにより非常に聴きやすく押しの強い濃厚サウンドなので従来よりさらに多くの方が好感を持つサウンドではないかと思います。
それにしても、同社のイヤホンは非常に近い価格帯で次々と新製品を投入するため見た目や価格だけでは比較がとても難しくなっているかもしれません。実際このブログにも「KINGとSERIES 4はどちらがオススメか?」といった種類のコメントを頂くことも多いですし、また悩みのタネが増えたという気もします。
実際に試聴してみると各モデルのキャラクター付けは結構しっかりしていて違いを見つけることは難しくないのですが、たとえ国内版がリリースされている他のモデルについても、全ての方が試聴機が置いてある店頭に足を運べるとも限りません。そんななかで、「最初に購入するTFZは?」と質問されたら、私は今回の「SERIES 2」または「EXCLUSIVE KING」のどちらか、と回答します。
TFZ SERIES 2SERIES 2」は比較的購入しやすい価格帯でTFZの特徴をしっかり押さえつつも万人受けしやすいサウンドにまとめられている点がクセの強い同価格帯のTFZイヤホンと比べて「手を出しやすい」ポイントです。いっぽう「EXCLUSIVE KING」はそのTFZらしさ、クセの強さが最大限に発揮された「これこそTFZ」というサウンドです。どちらのイヤホンを最初に購入しても後悔は少ないのではと思います。
ただ、もしどちらかのモデルを購入してTFZのサウンドを気に入ったとしたら、つい他のモデルも集めたくなる、そんな「コレクション欲」をかき立てるのもまたTFZの特徴のような気がします。
もしかしたらこうやって次々と集めさせることこそ、同社が類似デザイン、類似価格帯の製品を次々投入している理由かもしれないと気がついて、まんまと術中にはまってる自分に多少後悔しつつ、来年に登場するらしい「KING PRO」がすでに気になっていたりするのでした(笑)。


「Yinyoo H3」ハイグレードなケーブルとアグレッシブな3BAサウンドが楽しい、似て非なる低価格イヤホン【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Yinyoo H3

2017年も12月に突入し、いろいろ慌ただしくなってきましたが、実はレビュー予定のネタが年末に向け増えるいっぽうで「なんで俺はこんなにポチったのだろう?」と述懐せずにはいられない今日この頃です(゜-゜)。

というわけで、今回紹介するのは中国のイヤホンブランド「Yinyoo」のマルチBAイヤホン「Yinyoo H3」です。美しいクリアシェルに3つのBAドライバーを搭載したイヤホンになります。このシリーズでは5BAを搭載したタイプの「Yinyoo H5」も同時にリリースされており、ドライバ構成で選べる仕様となっています。

Yinyoo H3Yinyoo H3 Yinyoo H5H5

購入はAliExpressのEasy Earphoneにて。
サイトの表示価格は3BAの「Yinyoo H3」が129ドル、5BAの「Yinyoo H5」が169ドルとなっていますが、フォロワー値引きでそれぞれ100ドル(Yinyoo H3)、120ドル(Yinyoo H5)で購入することが可能です。
※購入時に「bisonicr」とメッセージを入れていただくだけでも値引き対象になります。AliExpressでの購入・割引方法を含め詳しくはこちらをご覧ください。
AliExpress(Wooeasy Earphone Store):Yinyoo H3/H5

パッケージはYinyooブランドのイヤホンでは共通のボックスで、なかに大きめのイヤホンケースが入っています。
Yinyoo H3Yinyoo H3
ケースの中には、イヤホン本体、MMCXケーブル、イヤーピース(グレーのものと、ホワイトのデュアルフランジタイプがそれぞれS/M/Lサイズ)の内容です。
Yinyoo H3Yinyoo H3
赤青のカラーフェイスのクリアシェルと金属製のステムで構成された本体は非常にビルドクオリティの高いものです。
また付属MMCXケーブルは8芯銀メッキ銅線を使用した手編みケーブルで、非常にしなやかで品質もよい線材が使用されています。


■「Yinyoo H3」は「MaGaosi K5」とは似て非なるイヤホンでした

さて、手元に届いた「Yinyoo H3」ですが、見ての通り、先日レビューを行った「MaGaosi K5」と非常に酷似しています。特にMaGaosi K5と同じ5BAの「Yinyoo H5」はシェル形状も全く同じです。
→ 「MaGaosi K5」 5BA搭載で驚きの低価格と高音質を実現した中華イヤホン【購入レビュー】

双方のイヤホンのサイト記載スペックを確認すると、
Yinyoo H3  【 MaGaosi K5 (ドライバー構成: 5BA
   ・インピーダンス: 22Ω 感度:118dB
   ・周波数特性: 20Hz~40kHz

  【 Yinyoo H5 (ドライバー構成: 5BA
  【 Yinyoo H3 (ドライバー構成: 3BA
   ・インピーダンス: 32Ω 感度:105dB±2dB
   ・周波数特性: 20Hz~20kHz

と多少異なった仕様となっています。

実際、同じ5BAタイプの「Yinyoo H5」と「MaGaosi K5」の写真を比較すると内部の抵抗やネットワークが異なっており、違うセッティングであることがわかります。販売しているEasy Earphoneに確認したところ、「Yinyoo H3/H5」と「MaGaosi K5」の本体部分は同じ製造元で作られているものの、それぞれのブランドに合わせた異なるチューニングを行っているとのことでした。

なお、3BAとドライバ構成の異なる「Yinyoo H3」は同「H5」およびMaGaosi K5とはシェル形状が異なっており、内部のBAドライバーの配置にも違いが確認できます。
Yinyoo H3Yinyoo H3
また、「Yinyoo H3」では写真の通りYinyoo H3およびMaGaosi K5よりコンパクトなシェル形状となっており、耳にフィットしやすく、装着性も良くなっています。また遮音性も比較的良好でした。

Yinyoo H3Yinyoo H3
さらに付属ケーブルについても両者のイヤホンでは大きな違いがあります。
MaGaosi K5」はapt-X対応のBluetoothケーブルが同梱されているいっぽうで、標準のMMCXケーブルは特に高域の表現で若干スペック不足な印象が否めず、より高品質なケーブルを用意しリケーブルを行うことが望ましいですが、「Yinyoo H3H5」では最初から高品質な8芯銀メッキ線のケーブルが同梱されています。調べてみると、AliExpressで同一と思われるMMCXケーブルが単品で41.99ドルで販売されていました。イヤホン本体の価格を考えるとかなりお得ですし、購入直後から最適な構成で使用できる点は「Yinyoo H3H5」の大きなメリットだと思います。

このようにメーカーの違いにより構成面で違いがある「Yinyoo H3」ですが、音質面でのチューニングの違いもとても気になるところです。


■「Yinyoo H3」はより刺激的な高域が楽しめる、アグレッシブなサウンド

Yinyoo H3」の周波数特性はMaGaosi K5同様にフラット寄りの弱ドンシャリですが、「MaGaosi K5」よりメリハリが強く、高域へのアプローチが鮮明になっています。2つのイヤホンは共通のBAドライバーを使用していることもあり音質傾向そのものは似ているのですが、「Yinyoo H3」のほうが反応が良く(おそらく「H5」も同様)、エッジを効かせる方向に振っているように感じます。

Yinyoo H3また、「Yinyoo H3」は3BAの構成らしいよりスッキリしつつアグレッシブなサウンドにチューニングされている印象です。
Yinyoo H3」の高域の伸びは「MaGaosi K5」よりかなり高く、シャリシャリ感は少ないもののDAPによってはより刺さりを強く感じるサウンドです。いっぽうで中低域は分離性が高くキレのある印象で、「MaGaosi K5」の量感のある情報量の多いサウンドとは対照的です。高品質なケーブルとの組み合わせもあり解像度も高く、音場は「MaGaosi K5」よりは少し狭くなっていますがそれでもフラット傾向の3BAとしては十分な広さがあり、いっぽうでボーカルはより近くで定位します。

ところで、「MaGaosi K5」もポータブルアンプやプレーヤーの組み合わせによっては結構刺さりが強いサウンドになりましたが、「Yinyoo H3」はその傾向がさらに顕著で、より刺激的なサウンドが楽しめます。おそらく5BAの「MaGaosi K5」ではある程度ネットワークで中高域のドライバーを抑制することで全体のバランスを取っているものと考えられ、よりシンプルな構成の「Yinyoo H3」のほうが搭載ドライバー本来の高域が出せている可能性もあるのではと思います。
ただし、「Yinyoo H3」はDAPによっては多少聴き疲れしやすく感じるかもしれません。
Yinyoo H3Yinyoo H3
例えば、最近利用機会の多い「Shanling M3s」ではパワーが供給過剰気味で「Yinyoo H3」は多少刺さりが強くなります。いっぽうで「PLENUE R」との組み合わせではモード設定にるパワーコントロールがしやすく個人的には結構気に入ってる組み合わせです。普段は「Normal」モードで刺さりを適度に抑えつつ、曲によってモードを「BBE+」や「Crystal Clear」に変更することで「Yinyoo H3」本来のアグレッシブさを楽しんでいます。逆に「Shanling M3s」ではあえてバランスケーブルにリケーブルして「刺激マシマシ」でロック系のサウンドを盛り上げたりもしています。


■万人受けの「MaGaosi K5」とよりマニア向けで嗜好が明確な「Yinyoo H3」

というわけで、「MaGaosi K5」に引き続きで入手した「Yinyoo H3」でしたが、同じ工場で生まれた「兄弟イヤホン」にもかかわらず、ある意味でそれぞれブランドのキャラクターをかなり明確に感じることができ、とても興味深く思いました。

Yinyoo H3とにかく5BAというインパクトのある構成とBluetoothケーブルの同梱で100ドル台の価格を実現したという点で非常にキャッチーな「MaGaosi K5」に対し、「Yinyoo H3/H5」は付属品はシンプルながら非常に質の高い8芯銀メッキケーブルを同梱するなど「わかる人」への訴求が強い「玄人向け」という感じでしょうか。
また「MaGaosi K5」は中域をメインに聴きやすいセッティングにまとめ、多少大味なサウンドで高価格帯のブランドイヤホンには及ばないもののマルチBAらしい情報量の多いサウンドであるのに対し、「Yinyoo H3」はよりシンプルな3BAの構成で、アグレッシブでドライバーのパフォーマンスを活かした仕上がりになっているなと感じます。

この似て非なる2種類のイヤホンを使い分けるのはなかなか楽しいのですが、ひとつ失敗したかなと思っているのはカラーがどちらも赤青のモデルにしてしまったことで、せめて「MaGaosi K5」のほうはブラックなど違う色にしておけばよかったなと少しだけ後悔しています。まあそれほど高くもないのでもう1個色違いで購入する、という手もあるのですが(笑)。


プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。Apple好きのおっさん。食べるのも好き。普段はIT系のお仕事で自宅は福井県ですが都内で単身赴任してます。ポタオデは趣味で出張のお供。美音系/モニター系の音が好みです。自宅ホームシアターもそろそろ改造したいな。
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。





記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)







最新コメント












Rakuten



成長因子