bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

PRIMERGY TX100 S3でWindows Home Serverをつくる(3台目)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
画像2


なんだかんだでPRIMERGY TX100 S3の3台目。東京の住まいには2台目です。

1台目はWindows7マシンを経て「fortia ANIME LOCKER」サーバに、2台目は福井でWindows8マシンとして稼働中。そして3台目はファイルサーバとしてつかいます(やっと本来の用途に近づいたね^^;)。

もともとデータ保管用にはロジテックのWSS2003R2を搭載したNAS(中古)を使用しておりましたが、容量不足&ちょっとウルサイ、そして遊ぶのにはちょっと非力、ということでリプレースと相成りました。

■OSは「Windows Home Server 2011」で。
インストールOSは、手持ちの「Windows Home Server 2011」(WHS2011)DSP版を使用します。どうせなら、Windows Server 2012で、とも思ったのですが、残念ながら2012ではホームサーバ用途の製品は消滅し、 WHS2011のメディアサーバ機能はSBS(Small Business Server)の後継となるEssential版に搭載される以外は、Windows8用の拡張パックでダウンロードでの利用という選択肢のみとなっています。

個人利用ではホームサーバ専用機というニーズは少なく、たとえばリビングのWindows8ベースのホームPCをそのままサーバ的にも利用し、自分の部屋のノートやタブレットからアクセスするシチュエーションが主流と考えられているのでしょう。

しかし、Windows Server 2008 R2ベースで15ユーザまでのアクセス、メディアサーバ機能を搭載し、PC用のOS並で購入できるWHS2011の存在は貴重で手に入るウチに入手しておくのがよいでしょう。

ちなみに、もともとは3台目は検証用で「Windows Server 2012 Essential」のMSDN版でインストールしていました。もちろん、普通に利用できることは確認済み。TX100  S3の場合、2012年5月以降のモデルであればそのまま、以前のモデルであればファームウェアのアップデートでWindows Server 2012に対応できます。
ただEssential版はStandardよりは安価なものの比較的近い価格設定で、以前のSBS同様に自身をActive Directoryサーバ(フォレストルート)化することが必須、かつCAL(25ユーザ分を標準)の追加も他ドメインとの信頼関係接続もできない、という、大変面倒くさい仕様をそのまま踏襲しています。
果たして、どれくらいのユーザがこの仕様にマッチするのか、そしてその利用者にとってメディアサーバ機能は必要なのか・・・。つくづく謎なエディションです。

というわけで、晴れて東京に機械を移動し、WHS2011マシンとなったわけです。

■HDDは3TB×4でRAID5を構成。起動用OSはSSDを専用ベイへ取り付け
メモリは検証段階で4GBに増設済みのためそのまま利用。HDDは3TBのHDDを4基用意します。
ドライブは比較的安価で静音性・パフォーマンスも良いSeagateのST3000DM001を使用。もともと搭載されている250GB HDDも同じシリーズのドライブなので長く使っても安心でしょう。
ただ、WHS2011の場合、Windows 2008R2系統とはいえ、標準添付の「ServerView Suite」DVDを使ってのインストールはできません。そのため起動ディスクをRAID構成にするのはちょっと難しいと思われます。
そこで、起動領域は128GBのSSDを使用。実はカタログにも説明書にも記載はありませんが、TX100 S3の筐体には、3.5インチベイの隣に2.5インチのベイもあり、最初からSATAの電源配線もされています。
またマザーボードもSATAインターフェースが6つあるため、SSD×1、HDD×4、DVD×1という接続も問題なく可能なわけです。
画像1ただ残念ながら、2.5インチ用のHDDマウントは添付されておらず、もともと仕様記載にもないためパーツリストなどにもありません。

今回はもう1台のTX100 S3(foltiaマシン)から使用していない3.5インチ用マウントを取り外し、2.5インチ用の長さに切断、固定用のピンも取り外し、2.5インチのSSDを強引に新たにピン留めし装着しました。その気になればホームセンターで売られている部材でも自作できそうです。

これで無事インストール、と思いきや、WHS2011はインストーラの仕様で160GB以上の容量のディスクにしかインストールができないことが判明。
そこで、とりあえず標準搭載の250GBのHDDにインストールを行い、その後「Acronis TrueImage」などのツールでSSDにクローニングを行いました。
なお、WHS2011は250GBHDDの場合、約60GBをC:ドライブに、残りをD:にデータ領域として作成しています。今回はSSDをほぼすべてC:ドライブに割り当てるようにクローニング時に容量調整しています。

■追加インストールはネットワークドライバのみ。RAID5の大容量ストレージを確保。
クローニングしたSSDをSATA#1のインターフェースに接続し、無事起動ができたら、HDD4基も接続してRAID構成を組みます。このへんはWindows Server 2008 R2と同じなので、特に迷うこともなくサクサクと作業できます。
コンピュータの「管理」から「サーバマネージャ」を起動し、「記憶域」「ディスクの管理」で追加ディスクをダイナミックディスク化し、RAID5ボリュームを作成します。これで、論理容量8.18TBのストレージができます。

これで非常に低コストで高速・大容量なNASサーバを構築できました。
以降、このサーバをいろいろいじってく予定です。

foltia ANIME LOCKERの録画データ編集・変換・転送あれこれ(まとめ)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
■最強録画サーバ「foltia ANIME LOCKER」での視聴環境
「foltia ANIME LOCKER」はアニメ録画に特化しつつも、EPGによる番組表録画やキーワード録画にも対応し、PT3多段差しによる複数番組録画、放送中の番組のライブ配信、MP4データへの自動変換、DLNAサーバ機能など録画サーバとしてほぼ無敵の環境を装備したソフトウエアだと思います。

一般的に録画されたデータ(MPEG-2TSと自動変換されたMP4形式)は、標準で
・ブラウザからの視聴(ストリーミング再生およびWebプレーヤー等での再生。PC、タブレット、スマホ)
・iTunesなどを経由しiPadなどのタブレット端末に転送(MP4データ)
・DLNAによるメディアプレーヤーによる再生(PS3などでの再生)
・ファイルアクセスよる再生(メディアプレーヤー、PCなど)
での再生環境を提供されています。

ただ、番組は自動録画、自動変換のため、CMカット編集などの変換や、BD-Rディスクなどへの書き出しによる家庭用プレーヤーでの再生、BDレコーダーへの転送などはそのままではできません。

したがって、これらの変換や加工を行いたい場合は、録画データを編集しての利用となります。


用途別データ活用法
「foltia ANIME LOCKER」の録画データへは、録画サーバにPCのネットワークからアクセスすることで簡単に確認できます。ただファイル名は録画日時などから一意でつけられているため、「foltia ANIME LOCKER」にWebでアクセスし、ファイルのリンクを確認するなどして該当のファイルを見つける必要があります。

ここで、対象するデータをPCにコピーし、編集を行います。

録画したMP4データのCMカット編集を行う
【MP4の無劣化編集】
フリーの編集ツール、「FreeVideoDub」または「Avidemux」を使用しMP4ファイルの無劣化でのカット編集をおこなう。
・これで無劣化CMカット編集したファイルをfoltiaサーバにもともとあるMP4ファイルと置き換えれることで、従来の視聴環境のまま、CMカットされた映像データがいつでも視聴できる。
もちろん、iTunesなどを経由してiPadなどに転送することも可能。
「TMPGEnc MPEG Smart Renderer」(TMSR)」でのMP4の無劣化編集も可能になりました。


BD-R/BD-REメディアに保存し、BDレコーダーでの再生・転送(ダビング)する
【BDAV化】
「TMPGEnc MPEG Smart Renderer」(TMSR)」による無劣化カット編集&BDAVディスク書き出し。
・MPEG-2TSファイルをTMSR4に取り込み、無劣化でカット編集BDAV化。
⇒ foltia ANIME LOCKERのTSデータをBDAV化(TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4編)

②フリーのツールを組み合わせてBDAV形式のデータを作成。ライティングソフトで書き出し。
foltia ANIME LOCKERのMPEG-2TSデータをフリーソフトでBDレコに無劣化転送


BD-R/BD-REメディアに保存し、家庭用のプレーヤーで再生する
【BDMV化】
①「TMPGEnc Authoring Works(TAW)」による無劣化カット編集&BDMVディスク書き出し。
・MPEG-2TSファイルをTAW5に取り込み、スマートレンダリングにより無劣化でカット編集、BDMV化。BD-R/BD-REへの書き出しまでサポートする。
※BDMVはより多くのプレーヤーでの再生が可能なフォーマット。メニュー画面などを作成し、より一般的なBlu-rayディスクを作成できる。ただし、BDレコーダーへのダビングはできない。


その他データ形式への再エンコード
「TMPGEnc Video Mastering Works」(TVMW)での編集・エンコード
・録画したMPEG-2TSファイルからカット編集後、AVI、MP4、MKVなど必要なにエンコード。
②AVIUTLなどフリーのツールによる編集

なお、同社のTMPGEncシリーズの製品は各所で紹介されており、すでに定番ともいえますので、ここでは簡単な紹介にとどめます。

プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。Apple好きのおっさん。食べるのも好き。普段のお仕事はIT屋。自宅は福井県ですが都内で単身赴任してます。ポタオデは趣味で出張のお供。美音系/モニター系の音が好みです。自宅ホームシアターもそろそろ改造したいな。
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。


記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)




最新コメント