bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

定番USB DAC「FOSTEX HP-A4」をMacに接続しました

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
HP-A4


かねてより購入を検討していた定番USB-DAC「FOSTEX HP-A4」が届きました。
待望の一品であります。

これまでMacにはifi nano iDSDを接続していましたが、こちらはWindows環境に移動。foobar2000にASIO接続します。
もちろんHP-A4もDSDに関してはASIOもDoPも対応していますが、ここはMacで利用になります。
接続環境はMac mini (Late 2011) + Apple Thunderbolt Display(通称さんぼる)。さんぼるのUSB端子にHP-A4を接続することで本体直結より電源ノイズを多少軽減させます。

■Audirvana Plus 2.0 の設定

audirvanaiconMacでUSB-DACといえばの定番プレーヤー、
Audirvana Plus」も2.0から標準モードではiTunesぽいライブラリ画面を擁するいっぱしのプレーヤー環境になりました。とはいえ基本的な設定は同じ。
これまでメインで使っていた「iFI nano iDSD」のときの設定と基本的には同じですが、「Preference」メニューで一部HP-A4用に設定を変更します。

audiosystem「Preference」の「Audio Subsystem」メニューで接続されているUSB-DACを選択します。HP-A4などDSDに対応している場合は「DSD over PCM standard 1.0」を選択。
さらに音質を追い込むため、「Direct Mode」と「Integer Mode」のチェックを入れます。
また、Macへの実装しているメモリサイズにあわせてプリロードのメモリ値を増減させます。
ここまでは、nano iDSDのときと同じ設定です。

HP-A4の仕様で、USB Audio Class 2.0デバイスとして認識すると、PCMの上限を384KHz/32bitと誤認識してしまうことがわかっています。そのため、仕様である192KHz/24bitに合わせて、「Max sample rate limit」を192KHzにして、「Limit max bitdepth to 24bit instead of 32bit」のチェックを入れます(24bitのリミットは設定しなくてもちゃんと鳴りますが、念のため)。

さらに、私の場合以下の設定を入れています(各DAC共通)。
「Audio Filter」(アップサンプリング関係)
Converterを「iZotope 64-bit SRC」にし、クオリティをBestに、アップサンプリングの設定は2の倍数で上げる方式(Power of 2 oversampling only)にしています。この辺はDACの最大値まで上げる方式(Maximum Sampling rate Upsampling)と好みやマシンスペックで変えるところでしょう。
SysOptimizer(システム優先度設定)
必要に応じて有効にします。オーディオ専用の場合有効にした方が良いようですが、インストールされているアプリケーションやドライバによって不安定になることがあるようです。
filtersysoptimizer

Volumeなどはデフォルトのまま。最後に「Library」メニューでライブラリ登録する音楽フォルダを指定し「Sync」します。以降起動時などに自動でシンクロします(このメニューで都度手動でSyncすることもできます)。
普段は2.0から搭載されたライブラリモードでFLAC(CD音源、ハイレゾ)やDSD64、SACD ISOなどを管理しています。
というわけで、アクティブスピーカー(RCA)、ヘッドホンでそれぞれ試聴。

そうそう、この音です。素人耳ながらとても繊細かつフラットで心地よいサウンドを感じます。
CD音源(FLAC)、ハイレゾFLAC、DSD64とランダムに鳴らしてみますがどれも端正に鳴ってくれます。

オペアンプの交換などもネット上では見かけますが、個人的には当分はこのままで申し分ないでしょう。


audirvana31続いて、Audirvana Plusを「iTunes Integrated Mode」にしてiTunesと連動。iTunes StoreのAAC音源を聴いてみてもAudirvanaでアップサンプリングされたサウンドを同様に心地よく鳴らしてくれます。
ヘッドホン・スピーカーの切替やゲインの変更もフロントで操作しやすく、使いやすいのがいいですね。


■ iTunesから「BitPerfect」でも鳴らしてみた。

bitperfecticon「BitPerfect」はiTunesと連携させることに特化したプレーヤーで、かつては「Audirvanaより好み」という人も結構いたようなのですが、最近はそういう話も全く聞かなくなりました。なんかネット見てるとUSB-DACなしでBitPerfectを使っている例がやたら載っているので、USB-DACを使うMacユーザは最近は使わないのでしょうか。でも私も気まぐれでMac AppStoreから以前購入してしまっていたこともあり、せっかくなので設定してみます。


bitperfect
あまりバージョンが上がっていないせいか、いつの頃からか、本来はInteger modeが使えるDACでも「Integerモード」が使えなくなってしまいました。それはHP-A4でも変わりません。
またAudirvanaのウリであるDirect Modeももちろんありません。

 
bitperfect2bitperfect3

とりあえず、適当に設定してAACをアップサンプリングして聴いてみます。
HP-A4ではAudirvana Plus同様、最大サンプルレートとビット数を24bit/192kHzにする必要があります。設定例のスクリーンショットを貼っておきます。

ヘッドホンで聴いてみると、Audirvanaと比較して空気の膜を一枚かぶったような不明瞭感を多少感じますが、よりダイレクトというか、音のクセはこちらのほうがAudirvanaより少ないのかもしれません。これはこれでアリかな、とも思いましたが、曲送りやライブラリ操作などをiTunes側で頻繁に行うと相変わらず挙動が不安定で、iTunesとうまく連携できないこともしばしば。けっこう用途が限られるソフトのようですね。



QNAPがKODI(旧XBMC)メディアプレーヤーになる日(追記あり)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
2015-03-21-00-12-26

■もしかしたら最強メディアプレーヤーかもの
「HD Station」機能と「KODI(旧XBMC)」アプリ。


QNAPをNASとして導入する際、DLNA機能でメディアサーバとして使用する、というのは昔からよく使われた手法です。
またQTS4では「DLNAメディアサーバー」といわれるQNAP独自の機能とApp Centerからインストールできる「TwonkyMedia」の両方が利用でき、「TwonkyMedia」ではDSD音楽データのネットワーク配信も可能など高性能なメディアサーバとして利用できます。

これだけでもNASとして十分なわけですが、使用している「TS-453 Pro」はモニタ出力がHDMIになっており、これをテレビにつなぐと、なにやら楽しそうなメニューが・・・

2015-03-20-23-20-04標準でChromeなどのブラウザアプリを備え、さまざまな追加アプリにも対応。さらに個人的に最強メディアプレーヤーと思っている「KODI(旧XBMC)」が使えます。

これがQTS3.8.1から搭載されている「HD Station」で、以前は正式名称として「HybridDesk Station」と呼んでいたようです。なんかこじつけ感があります。当初QNAP社サイトでも用語の統一ができてないみたいでしたが、現在は「HD Station」でまとまったみたいです。ちなみに、HD Station機能の延長線上に、QNAPが「QvPCテクノロジー」と呼ぶ、仮想デスクトップ機能があります。どこへ向かうのかQNAP、とおもわず言いたくなる、HD Station上で動作する驚きの機能の数々。さて、このマシンは本当に「NAS」なんでしょうか(笑)。

ちなみに「HD Station」自体は以前から搭載されていますがいまいち知られていないのが現状ではないかと思います。

(参照) QNAPサイト:ホームマルチメディア

2015-03-21-00-54-55QNAP搭載された、他のマルチメディア機能が、あくまでNASの機能の延長線上にアプリケーションを実装しているのに対し、「HD Station」は、QNAP TurboNAS自身をHDMI端子でテレビやホームシアターなどに接続して利用する点が根本的に異なります。
つまり普通ならブラウザやDLNA対応のネットワークメディアプレーヤーを使ってアクセスするところを、それらプレーヤー自身にQNAP自身がなってしまう、というワケです。
ただ、QNAPが多機能すぎて逆に押しが弱くなってる感はありますね。


■(追記)どの機種で使えるの?

HD Station」が使えるのは、ひと言でまとめると「HDMI出力を搭載したQNAP TurboNAS」ということになります。
これらの機種は現時点のモデルではすべてNAS専用のIntel Celeron(デュアルコアまたはクアッドコア)プロセッサを搭載しているようです。この辺も「HD Station」のアプリケーション動作に関係するものと思われます。
具体的には、TS-x51TS-x51+シリーズなどのホームモデルやTS-x53以上などのビジネスモデルの多くが対応しています。

  

実際に導入したいと思う場合、大抵はTS-251451やDTCP-IPに対応した同プラスシリーズになると思います。
個人用途のQNAPで最もポピュラーなTS-x31(TS-231/431など)やオーディオ特化のHS-210-DなどのモデルはIntelのCPUを搭載しておらず、HDMIも付いていないので未対応です。
つまり、1ランク上のモデルに搭載された機能といってもいいでしょう。 



■もっとも使いやすい(?)メディアプレーヤー環境


2015-03-21-00-56-20KODI(旧XBMC)」はさまざまなメディアフォーマットに対応したメディアプレーヤーソフト。
圧縮した動画や音声を格納したMKVコンテナファイルなど、通常のメディアプレーヤーではなかなか再生しづらい動画フォーマットも、DVD ISOもBD ISOなんかもトランスコードなしで普通に再生できる、何気に最強なメディアプレーヤーです。
またDLNAプレーヤー(UPnPサーバとしてサーバを追加できる)としても利用できますし、さらにSMBファイル共有等による他のNASのデータへアクセスすることも可能。これひとつで何でも行けてしまいます。

私の場合、従来はWindows Home Serverマシンをホームサーバにしていましたが、その際もXBMCをマシンにインストールし、サーバ自身のディスクに格納したデータを再生できる「サーバ兼メディアプレーヤー」仕様にしていましたが、このQNAP、特に設定しなくても「最初から」その機能が付いていました!!

さらに、KODI(を含め、HD Stationの機能、アプリはすべて)は、QNAP本体に接続したUSBキーボードやマウス以外にも、「Qremote」という「スマホ用のQNAP用のリモコンアプリ」で操作が可能です。これが、これまでXBMCマシンにつないでいたWindows MediaCenter用リモコンやXBMC用のスマホアプリなどと比較しても格段に使いやすい!
もうこれでいいんじゃないの? とおもわず思ってしまうほどの便利さです。

標準では、QNAPの「Video Station」や「Music Station」などの搭載Webアプリに似せたスキンをかぶっていますが、もちろん見慣れた標準のスキンやネット上にあるさまざまなスキンに交換し、自分にあった画面に変更することができます。

リモコンアプリの「Qremote」もiOS版、Android版があり同様に使いやすいので困ることはありません。

2015-03-21-00-32-132015-03-21-00-32-172015-03-21-00-32-20

再生データも、自身の共有フォルダはもちろん、SMB接続でほかのNASやファイルサーバをメニューに登録しておくこともできるなどKODIのメディアプレーヤーとしての使い勝手も同様です。

パフォーマンスですが、使用しているTS-453 Proあたりのモデルになるとかなり重いデータも余裕で再生します。(Atom搭載の)TS-x69あたりでもBD ISOをネットワーク越しに普通に再生できたという記事もありましたので、パフォーマンスについての不安は一切ないと言ってもいいでしょう。

私の環境ではよくあるMP4などのデータに加え、「スカパー!」や「スカパー!プレミアム」のTS抜きデータ、DVD ISO、MKV形式などのコンテナをサーバに格納していますが、HDMIで接続したAVアンプ経由でDolbyHDやdtsでのサラウンド出力にもきちんと対応。映像ソースによっては、副音声への切替や字幕の表示なども不具合なく使えています。

QNAPでのKODI(XBMC)の使い方については以下、QNAPのUSサイトに説明があります。

HybridDesk StationおよびXBMCの利用イメージ(Qnap USサイト)

また、KODIの操作法については、「KODI 使い方」などで検索するといろいろ出てきます。
基本Windowsマシンにインストールした場合と同じことができると思って大丈夫です。

NASとメディアプレーヤーの導入を検討中なら、最新QNAPの1台で解決できそうですよ。


■(追記)QTS4.2について

imageQTS4.2にバージョンアップし、その間にXBMCもKODIに名称が変わりました。
これに伴いQNAP標準のHD Station用プレーヤーは「HD Player」に名称が変更になっています。ただし、スキンを変更すればXBMC環境に戻すことが出来ます。
また、「HD Player」とは別に、最新のKODIは別途インストールが可能です。こちらは英語版のみでLanguageに日本語を選択することはできません(メディアファイルの日本語表記には問題なし)。両方をうまく使い分けてみるのも良いかもしれませんね。

なお、従来機種でQTS4.0や4.1から4.2にバージョンアップすると、いったんHD Stationのアプリがすべてリセットされ、再インストールが必要になります。この場合は、QNAPサイトのApp Centerのダウンロードサイトで使用機種に対応した必要アプリをダウンロードし、個別にQNAP上でアップロードすればインストールできます。

また最新モデルではHD Station用のリモコンも付属し、さらに便利さがアップしましたね。



プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。Apple好きのおっさん。食べるのも好き。普段のお仕事はIT屋。自宅は福井県ですが都内で単身赴任してます。ポタオデは趣味で出張のお供。美音系/モニター系の音が好みです。自宅ホームシアターもそろそろ改造したいな。
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。




記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)








最新コメント