bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

最近のfoltia ANIME LOCKERの利用状況

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
スクリーンショット

東京の住居での録画環境にfoltia ANIME LOCKERを導入してそろそろまる1年がたちます。
CPUをXeon E3-1220に換装した富士通の「TX100 S3」を使用した録画サーバはきわめて快調で、ノンストップで録画を続けています。

 ■ やはりマシンスペックはそこそこあったほうがよい。
foltia ANIME LOCKERは比較的低いCPUでも堅調に仕事をしてくれますが、やはりそこそこのマシンスペックがあったほうがよいようですね。
ウチの利用環境(E3-1220、RAM 8GB)では録画やMP4エンコードに失敗することはほとんどありませんが、やはり番組が連続して重なったり、BS(特にWOWOW)など放送本数の多いTSデータを受信する場合で、ほんの数回(1年間でPT3のドロップが3回、MP4への変換エラーが2回程度)ありました。毎日、平均して録画をしている状況では相当に安定していると思いますが、これ以下のスペックだったら・・・と思います。


■録画サーバにサーバ専用機+UPS(無停電電源)を装着する強み。
あと安価とは言えサーバ専用機を録画マシンに使用する事で、温度管理だけでなく、電源が安定し、各ボードへの電源供給にも長期的には差が出るものと思われます。 また、APCの小型UPSをコンセントに接続していますが、これは停電対策よりも微妙な電圧変動に強いことが非常に大きな影響を与えます。

私が使用しているAPC(シュナイダーエレクトロニック)の「RS 550」は、入力側(コンセント)の電圧を常時表示してくれますが、これが実は結構変動します。私が東京で住んでいる部屋は比較的安定していますが(おおむね101〜100W。たまに99〜97くらい)、同じUPSを装着している福井の自宅は結構大きく変動します。この電圧変動をPC(またはサーバ)の電源が直接受けると、稼働に大きく影響が出るのは当然でしょう。 UPSは、入力側の電圧変動を内蔵のバッテリで調整し、出力側には安定した100Vを供給します。

私の経験で、あるクライアントで、3年以上バッテリーが持つはずのUPSが1年程度で交換時期がきてしまう現場(工場)があってが、そこで日常的に稼働するPCやネットワーク機器等(UPS未接続)の故障発生率ははっきりとわかるほど「異常」でした。
安定動作にはやはり使いたい機材のひとつですね。550VAくらいの余裕のあるモデルを1台使えば録画サーバだけでなく、BDレコーダなどほかの機器も面倒がみれるのでとても便利です。

■TSファイルの視聴はVLCで。
20PCやMacの環境で録画したデータを視聴するときは録画一覧にあるWeb PlayerやPC Playerのアイコンをクリックして変換したMP4データをブラウザで観る、というのがふつうでしょう。
ただ、どうせならPCで観る場合も変換前のMPEG-2TSデータを直接観た方がキレイだし、ということであれば、「VLC」を使って、「ネットワーク」を開く画面でURLに視聴したい録画タイトルの「MEPG2」アイコンをドラッグする方法を使っています。VLCはあらかじめ「ビデオ」の設定で「インターレース解除」を設定しておきましょう。


■そろそろバックアップを
現在は、変換した録画データをNASなどに一部コピーしていますが、そろそろ環境まるごとのバックアップも考えた方がよいかもしれませんね。1本のライセンスで複数台のサーバを稼働させることは違反になりますので、複製ではなくあくまでデータバックアップの方向で。
やはりやるとすれば、日中にデータベース(PostgreSQL)はいったん停止してバックアップファイルを作成し、データベースのバックアップファイルとあわせてデータ差分をrsyncでNASに複製する、といった感じでしょうか。現在はバックアップ先になるストレージがないのでrsyncが使えるNASなんかを入手したら構築したいところですね。



 

Olasonic TW-S5 とAudirvana Plusで音楽環境を改善

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
画像9

先日、Olasonicの「TW-S5」をMac用に購入しました。「いい音」で評判のUSBスピーカーです。
福井の自宅では先日ホームシアターをアップデートして、リスニング環境もちょっとだけよくしました。そこで、人気のKORG DS-DAC-10のシルバーモデルを購入し、Windowsからの再生環境を整備しました。そうなってくると、今度はふだんいる東京でも手軽にいい音がほしくなったワケです。

ノイズの多いPCから音源を外に出すことで音質を上げる方法としてUSB-DACを外付けするのは一般的ですが、「TW-S5」はUSB-DACを内蔵し、音質にこだわったスピーカー、ということのようです。
見た目はオモチャかエ○コムやサ○ワの激安スピーカーのようにも見えます。
でも手軽にいい音が出るらしい、ということで、東京のMac環境用に購入。カラーも選べるようなのでどうせならということで「レッド」で。

画像8届いたスピーカーは見た目より重くてちょっと期待が膨らみます。
Mac miniに接続したら、「システム環境設定」の「サウンド」で「USB Audio DAC」を選択。
とりあえずiTunesで聴いてみます。Mac miniの救いようのない内蔵スピーカーはともかく、比較的音がよいと言われるサンボル(Thunderbolt Display)の内蔵スピーカーと比較しても違いのわかる音です。このサイズ、価格でこの音なら確かに「お買い得」です。
 でもどうせならやっぱりプレーヤーも替えたいところです。


というわけで、定番の「Audirvana Plus」をダウンロード。
iTunesなどMacのプレーヤーはCoreAudioの処理の関係で通常の音源に出力する際は音質が劣化します。いい音で聴くためには、Lion以降のMac OS Xではこの問題を回避するために「Integer Mode」で直接プレーヤーから音源(USB DAC)に送る必要があるわけですね。Mac AppStoreにあるアプリでは「Fidelia」などもオプションを購入すれば同様の機能を実装できますが、ひととおり試用したところ、安定感やiTunesとの連携などの操作のわかりやすさでやはり「Audirvana Plus」がいちばん使いやすいみたいです。
製品キーを購入すると、2013年11月現在でJPY ¥8,001。なかなかの出費ですけどね・・・

スクリーンショット「Audirvana Plus」の「Preference」メニューの「Audio System」でTW-S5に相当する「USB Audio DAC」を選択すると、44.1kHzと48kHzにのみ対応し、ハイレゾなどには対応していないことが確認できます。まあでも、ここではCD以上のソースは使用しませんし、どのみち東京の環境では室内にノイズが多すぎるので意味もないだろう、と割り切って使用します。
この画面で「Direct Mode」にチェックが入っていることを確認して改めて再生。

MP3(320kbps)やAAC(256kbs / iTunes Plus)の圧縮音源でも、もやがひとつ抜けたようなクリアな音で再生されます。サンボルのスピーカーでは再現されいなかった音が聞こえるようで、違いがより鮮明になります。これなら8000円だしても十分、価値ありますね。

なお、iTunesで再生可能なLossless Audio(iTunesの環境設定のCD読み込み設定を「Appleロスレス・エンコーダ」にして取り込むことで作成可能)や、Audirvana Plusのプレイリストで再生ができるFLAC形式の音源ではさらに音質はクリアになりますが、実際のところ、TW-S5の再現力もあると思いますが、普段はMP3やAACで十分かな、と感じました。
それなりに音楽に適した環境でのリスニングならもっと変わるかもしれませんね。

なお、Audirvana Plusの「iTunes Integrated Mode」にすると、独自プレイリストが使えなくなる代わりに、iTunesの再生を自動的にAudirvana Plusに渡してくれます。この設定だと、Audirvana Plusは音源を直接指定しいるので、「システム環境設定」で指定する通常音源は別のものを指定できます。普段はThunderbolt Displayのスピーカーから(動画再生などの場合はこちらのほうが個人的にはよい)、iTunesからの音楽再生時のみAudirvana Plus経由でTW-S5から出力する、という使い方ができます。


 
プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。気付けばアラフィフの酔っ払い(定期)。食べるのも好きな天秤座AB型。普段はIT屋で都内と自宅のある福井ほかあちこち出張するお仕事してます。ポタオデは趣味で出張のお供。長年のPC(?)遍歴にApple //c とNeXTstation があるのがプチ自慢(じじぃ)。
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。





記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)











最新コメント