bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

Thunderbolt Displayでテレビを楽しむ(foltia ANIME LOCKER編)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
画像2


■メディアステーションとしての Thunderbolt Display

この夏にThunderbolt Displayをテレビ化しようといろいろトライを行いましたが、そのきっかけは東京への単身赴任でした。東京でテレビとThunderbolt Displayの両方を置いておくのはスペース的に不経済、というわけです。
しかし結局のところ、Thunderbolt DisplayというよりMacそのものをテレビ化するアプローチしかないわけで、チューナーベースであればI.O.DATAの「GV-M2TV」、キャプチャベースであれば「EyeTV HD」の並行輸入品を調達することになるだろう、というオチに至りました。
Thunderbolt Displayとの日々

そして、結論としては東京にはふつうにテレビを設置し、Thunderbolt Displayは福井の自宅に残して、普段持ち歩いているMacBook Air 13" (2011)のメディアステーションとして利用することにしました。

 また、その後、東京で「foltia ANIME LOCKER」による録画・ライブ配信環境を構築し、さらに福井-東京間のVPNにより福井からも視聴できる環境を構築しました。
foltia ANIME LOCKERでいこう
foltia ANIME LOCKERをiPad/iPhoneでリモートから楽しむ

となれば、あとはMacからfoltia ANIME LOCKERの環境を利用することで、より大画面のテレビ的環境が利用できます。

画像1

■ライブ配信をThunderbolt Displayで視聴する

私の場合、東京のサーバからVPN経由により福井のMacで視聴していますが、もちろん同じネットワーク内でも同様の利用環境ができます(より高速のため、快適に利用できます)。

Macで「foltia ANIME LOCKER」の録画データを視聴することはまったく難しくありません。
QuickTime PayerやVLCなどブラウザに関連づけたプレーヤーで視聴できますし、WEBプレーヤーがONになっていればブラウザでも全画面表示で録画データを快適に視聴できます。

ただ、現在放送中の番組を視聴する「ライブ配信」はちょっとしたコツが必要です。

「foltia ANIME LOCKER」のライブ配信は「HLS (HTTP Live Streaming)」を使用します。
この形式はiPadなどのiOSデバイスの場合は内蔵のブラウザから、Androidの場合もメディアプレーヤーアプリを組み合わせることで視聴が可能です。
ただ、Macの場合、ブラウザからライブ配信をクリックしてもHLSのプレイリストファイル(.m3u8形式のテキストファイル)をダウンロードするだけでうまくストリーミングを開始してくれません。また、.m3u8形式をVLCなどに関連づけることで再生してくれるようにも見えますが、いったんリストをダウンロードしてしまうため数十秒程度で停止してしまいます。

ただ、QuickTime XそのものはHLSに対応しており、URLをQuickTime Playerに送ることでストリーミングを再生することが可能です。

具体的には、次のような手順で視聴します。
①まず、ライブ配信画面で、視聴したいチャンネルとクオリティを設定し、視聴を開始します。
②バッファリング中にブラウザの戻るボタンやウインドウをクローズすることでいったんキャンセルします。
③QuickTime Playerを起動し、ファイルメニューから「場所を開く」を選択します。
④再度ブラウザから「ライブ」画面を開くと、さきほどキャンセルしたチャンネルが「視聴中の放送局」として表示されているため、リンクをドラッグし、QuickTime Playerの「場所を開く」ダイアログにドラッグします。
⑤QuickTime Playerでライブ画面が表示され、視聴が出来ます。

テレビのように自由にチャンネルを変えるような利便性はありませんが、Macを使用中はウインドウ表示で、テレビとしては全画面表示でThunderbolt Displayの大画面を活用できのはとても便利です。
また私の場合は、福井にいて東京の放送局を普通にテレビのように観るという用途があるわけですが、これが実現できるのは、Thunderbolt Displayの大画面があればこそでしょう。

結局、EyeTV HDは買う必要がなくなりました。


※追記
foltia ANIME LOCKERのバージョンが4.0になって、PCやMacからもライブ放送のストリーミングが標準でできるようになりました。
ますます便利になりましたね。




スカパー!プレミアム(スカパー!HD)の遠隔操作可能なPC録画環境づくり

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
■試行錯誤の末、やはりPC録画環境がいちばん、という結論に。

これまで、DTCP-IP環境を活用し、さまざまな録画環境の試行錯誤をおこなってきました。
現在は、福井の自宅でスカパー!プレミアムサービス(旧スカパー!HD)とCATVに加入しています。
そのため、とくにスカパー!の録画データはチューナーからI.O.DATAのiVDR-S搭載のRECBOXに録画し、iVDR-Sカートリッジを「物理移動」することで東京で視聴する、またはボルカノフローによりチューナーをリモート操作することでの視聴や録画予約などを行っていました。

しかし、この方法には利便性の悪さが大きく、快適とは言い難いものがあります。またiVDR-Sはこの手の録画媒体としては低価格の部類ですが、それでもカートリッジは決して安価ではありません。

また、東京からの遠隔操作、という点を考えると、遠隔リモコンよりVNCなどでPCそのものを動かすほうがはるかに快適です。

一般的に、「TS抜き」を目的とするのであれば、「スカイリウム」などの対応チューナーを購入する方法もあります。ただ、これも目的が「遠隔操作」という点になると途端に魅力を失います。別にブラウザなどで操作できるわけでもありませんし、この手の機械の宿命として「時々調子が悪くなったりするので電源をそのときは入れなおす」という行為が必要となります。これは遠隔操作の意味では真逆のアプローチです。

となると、結局PCを使ってのTS抜きがもっとも安心、という結論に達しました。


■録画用PC環境

写真-(2)
ベースとなるマシンは、ショップで低価格で投げ売りされていた省スペース型のメーカー製PCを使用しました。
Core i3程度のスペックの省スペース型の場合、ベアボーンなどを組むより型落ちなどのメーカーPCをチョイスするほうが低予算で構成できますし、静音性や録画環境としての無停止運用を考えれば組立後の構成で品質チェックをクリアしているメーカー製PCのほうが安心です。
ちょうど同価格帯でDellのVostro 260s、LenovoのH520s、AcerのAspire X1があり、省スペース性、HDMIインターフェースを搭載している、USB3.0を搭載している、などの点も考慮し、型落ちで安くなっていたAspire X1を購入しました。

ただし、ほかの機種よりコンパクトであるため、拡張性は相当に犠牲になっており、PCI Expressのスロットにも搭載可能なカードの大きさ(長さ)に制限がありそうです。

とりあえず、録画専用であるため、5インチベイのDVDマルチドライブを外し、5インチのマウント金具を使って3TBのHDDを録画用に増設します。内蔵の500GB HDDは起動用でそのまま使用します。3TBのHDDはGPTフォーマットが必要なため、MBRで構成されているプリインストールのOSを入れることはできませんでした。まあ、起動用と録画用でHDDが物理的に分かれているほうがなにかと便利なのでこれで良しとします。録画用PCに光学ドライブは不要ですし。また、手持ちのメモリを使用しメモリは4GBから8GBに増設。
あとはメーカーPCにつきものの標準アプリを片っ端からアンインストールし、コントロールパネルでUAEの制御を切ります(録画アプリがUAE制御があると動作しないため)。メーカーPCだとセットアップも簡単ですね。

■録画環境の構築

録画環境の構築には、以下のサイトを参考にしました。というか書いてある通りにセットアップしました。
大変詳しくわかりやすい、素晴らしいサイトですね。
http://dtv.air-nifty.com/

チューナーボードは、PLEXの「PX-TBS6981」を使用。
「EDCB(EpgDataCap_Bon)」のセットアップは以下のサイトを参考にしました。というか以前PT3で環境構築時に参考にした内容をそのまま再度設定しただけですが。
http://blog.livedoor.jp/shibainu_z_0618/

スカパー!HD用のB1Decoder.dllをみつけるのにちょっとだけ手間取りましたが、それ以外は順調にセットアップ完了。OSは64bit版ですが、すべてx86の32bitでセットアップします。そのため各ライブラリもきちんとインストールが必要です。
あと、べつにICカードを共有しているわけではありませんが(PCに取り付けたカードリーダでICカードを読んでいる)、スカパー!HD用のBonCasServerとBonCasProxyを起動しておく必要がありました。

PCの遠隔操作にはUltraVNCを使用。WinVNCより高速でWindows7環境でも普通に使用できます。録画環境であるこもあり、リモートデスクトップ接続(RDP)は使用しません。

また、APCの無停電電源(APC RS 550)に接続します。
北陸は雷が多い地域でもあるため、急な電圧低下や瞬間停電がほかの地域より多いといわれています。現在RS550には、録画PCを合わせてPCを2台、NASを1台、これまで使用してたスカパー!HDチューナー、RECBOXを2台接続していますが容量にはまだまだ余裕があります。


■録画データの活用

録画データは自動的にMP4変換を行うなどしてVPN経由での遠隔視聴でも快適な環境を構築予定。スカパー!プレミアムサービスのtsデータは比較的コンパクトなサイズなので、そのまま遠隔コピーして視聴する、編集するなどの活用もできます。このへんは続きということでまとめたいと思います。

プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。Apple好きのおっさん。食べるのも好き。普段のお仕事はIT屋。自宅は福井県ですが都内で単身赴任してます。ポタオデは趣味で出張のお供。美音系/モニター系の音が好みです。自宅ホームシアターもそろそろ改造したいな。
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。




記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)








最新コメント