bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

Nexus7を買って、iPad miniと2台持ち環境に。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
画像2
■ Nexus7も、買いました。


すでにiPad miniも使っていますが、7インチタブレット2台もち、とうとうNexus7もゲットしてしましました。

正確には、スマホ以外のモバイルガジェットには、あとiPad 3とMacBook Air 13" 2011モデルもあるので、どうしていまさら、という話もありますが・・・。
(ついでにモバイル利用を想定していない「持ってるだけ」というレベルではSony Tablet SとAcer Iconia Tab W500というのもあるので、もうこの際何台買っても同じことですね)

あと。Kindle Fire HDは結局、「タブレットを1台も持ってない人が安価かつお手軽な端末を入手したい」用途に限定されるデバイスだなという結論に至りました。アプリとしてのKindleはどのデバイスでもよいわけですし、ハードをいじって遊ぶにしても結構限定的ですしね。


■ iPad miniは、やはり良いデバイス。

iPad miniに不満があるか、といえば、決してそういうわけでもありません。むしろ非常に安定していて満足度の高いデバイスだと思っています。

確かにRetinaは欲しいところですが、バッテリと重量を犠牲にするのであれば現状ではむしろこの仕様のほうがよいと思います。Retinaを諦めたことで、旧世代のプロセッサでもライバルと同等のパフォーマンスを出していることでもバランス重視であることを感じます。

また画面サイズですが、ビジネスでの打ち合わせなど、従来iPadが活躍していた用途を考えると、iPad miniの7.9インチの画面サイズは、「9.7インチiPadの代替として使えるギリギリの大きさ」だと思います。
横幅がほかの7インチタブレットより大きいことがよく話題にされますが、おそらくこのサイズバランスは「使い分けるための」Appleとしての計算されつくしたものであると思います。
たとえば、Galaxy SIIIとGalaxy Noteはデバイスとして競合しますし、おそらくGalaxy Noteを使っている人がGalaxy Tab.をほしいとは思わないでしょう。しかしAppleはiPhoneとiPad miniが競合するシチュエーションは決して想定してはいけないと考えるメーカーだと思いますので。少ないプロダクトラインではライバルよりも製品のポジショニングのほうが時間をかけるべき課題だったのでは、と感じます。
だからこそ、ジョブズは生前最後までiPad miniの存在を否定していたのだと思いますし。


■ というわけで、iPad miniをNexus7で補完しよう。

画像1やはりNexus7を選択する理由は、多くの人が挙げているように、
「GPSを搭載している」
「最新バージョンのAndroidが使える」
「余計なアプリがなくシンプル」
「ジャケットのポケットに入るサイズ」
など持ち歩きとしての利便性を考えます。
まあ、もともとPCでもMacでもメインブラウザはChromeですし、Gmail、Googleカレンダー、Google MapsとiPhoneだろうがiPadだろうがGoogle依存度は相当高いわけで、単純に持ち歩き用のGoogle端末としていいんじゃないかと思ったのもあります。

いっぽうiPad miniは小さく、軽くなったものの、やはり私にとっては、「iPad2と同じことができてiPad3より相当軽い」というのが最大のポイントです。
iPad miniを発売日に入手以降、ずっと持ち歩いて利用していましたが、結果的には、電車の中や屋外などでの利用より、それまでiPad3の利用範囲での活用がメインとなりました。
また、自宅やクルマ移動がメインの福井にいる場合などは、iPad miniはお留守番で引き続きiPad3を活用することが多かったのも事実です。

iPad miniのメリットは「軽さ」と「iOSデバイスとしての豊富なアプリ」、「ネットワーク接続の容易さ」(この辺はNexusでも対応できた)、そして、iPad3と利用環境を常に同期しているので(アプリ共有+クラウド利用&データ同期)、用途にあわせてiPad miniを使っても、iPad3を使っても、いつでも同じことができる、という点が挙げられます。
ただ、会議やビジネスなどでの打ち合わせ、自宅では日経新聞をアプリで読んだりするときなどはやはりフルサイズのRetinaがほしいとどうしても思うわけで、要するに、9.7インチRetina iPadが300g台であればいいのでは、という気もしています。


というわけで、外出時は「Nexus7 + iPad mini」、自宅などでは「iPad 3」という組み合わせが、なんとなくしっくりくるようになりました。


Thunderbolt Displayでテレビを楽しむ(foltia ANIME LOCKER編)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
画像2


■メディアステーションとしての Thunderbolt Display

この夏にThunderbolt Displayをテレビ化しようといろいろトライを行いましたが、そのきっかけは東京への単身赴任でした。東京でテレビとThunderbolt Displayの両方を置いておくのはスペース的に不経済、というわけです。
しかし結局のところ、Thunderbolt DisplayというよりMacそのものをテレビ化するアプローチしかないわけで、チューナーベースであればI.O.DATAの「GV-M2TV」、キャプチャベースであれば「EyeTV HD」の並行輸入品を調達することになるだろう、というオチに至りました。
Thunderbolt Displayとの日々

そして、結論としては東京にはふつうにテレビを設置し、Thunderbolt Displayは福井の自宅に残して、普段持ち歩いているMacBook Air 13" (2011)のメディアステーションとして利用することにしました。

 また、その後、東京で「foltia ANIME LOCKER」による録画・ライブ配信環境を構築し、さらに福井-東京間のVPNにより福井からも視聴できる環境を構築しました。
foltia ANIME LOCKERでいこう
foltia ANIME LOCKERをiPad/iPhoneでリモートから楽しむ

となれば、あとはMacからfoltia ANIME LOCKERの環境を利用することで、より大画面のテレビ的環境が利用できます。

画像1

■ライブ配信をThunderbolt Displayで視聴する

私の場合、東京のサーバからVPN経由により福井のMacで視聴していますが、もちろん同じネットワーク内でも同様の利用環境ができます(より高速のため、快適に利用できます)。

Macで「foltia ANIME LOCKER」の録画データを視聴することはまったく難しくありません。
QuickTime PayerやVLCなどブラウザに関連づけたプレーヤーで視聴できますし、WEBプレーヤーがONになっていればブラウザでも全画面表示で録画データを快適に視聴できます。

ただ、現在放送中の番組を視聴する「ライブ配信」はちょっとしたコツが必要です。

「foltia ANIME LOCKER」のライブ配信は「HLS (HTTP Live Streaming)」を使用します。
この形式はiPadなどのiOSデバイスの場合は内蔵のブラウザから、Androidの場合もメディアプレーヤーアプリを組み合わせることで視聴が可能です。
ただ、Macの場合、ブラウザからライブ配信をクリックしてもHLSのプレイリストファイル(.m3u8形式のテキストファイル)をダウンロードするだけでうまくストリーミングを開始してくれません。また、.m3u8形式をVLCなどに関連づけることで再生してくれるようにも見えますが、いったんリストをダウンロードしてしまうため数十秒程度で停止してしまいます。

ただ、QuickTime XそのものはHLSに対応しており、URLをQuickTime Playerに送ることでストリーミングを再生することが可能です。

具体的には、次のような手順で視聴します。
①まず、ライブ配信画面で、視聴したいチャンネルとクオリティを設定し、視聴を開始します。
②バッファリング中にブラウザの戻るボタンやウインドウをクローズすることでいったんキャンセルします。
③QuickTime Playerを起動し、ファイルメニューから「場所を開く」を選択します。
④再度ブラウザから「ライブ」画面を開くと、さきほどキャンセルしたチャンネルが「視聴中の放送局」として表示されているため、リンクをドラッグし、QuickTime Playerの「場所を開く」ダイアログにドラッグします。
⑤QuickTime Playerでライブ画面が表示され、視聴が出来ます。

テレビのように自由にチャンネルを変えるような利便性はありませんが、Macを使用中はウインドウ表示で、テレビとしては全画面表示でThunderbolt Displayの大画面を活用できのはとても便利です。
また私の場合は、福井にいて東京の放送局を普通にテレビのように観るという用途があるわけですが、これが実現できるのは、Thunderbolt Displayの大画面があればこそでしょう。

結局、EyeTV HDは買う必要がなくなりました。


※追記
foltia ANIME LOCKERのバージョンが4.0になって、PCやMacからもライブ放送のストリーミングが標準でできるようになりました。
ますます便利になりましたね。




プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。気付けばアラフィフの酔っ払い(定期)。食べるのも好きな天秤座AB型(何?)。普段はIT屋で都内と自宅のある福井ほかあちこち出張するお仕事してます。ポタオデは趣味で出張のお供。長年のPC(?)遍歴にApple //c とNeXTstation があるのがプチ自慢(じじぃ)。
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。







記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)






最新コメント