bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

Windows 10へのCisco VPN Clientの対応について

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
23


■Cisco VPN Clientが公式サイトから消えた!

CiscoのIPSec対応クライアントソフト「Cisco VPN Client」の公式サポートが終了してしばらくたちますが、いよいよcisco.comのソフトウェアダウンロードサイトでも同ソフトがリストから消滅しました。

iPhone/iPadなどのiOSデバイスやMac OS Xでは現在もCisco IPSecとして標準搭載しているだけにWindows版のみ入手できないというのはなかなか残念な話です。

ちなみに、Windows版の最終バージョンと思われるインストーラのファイル名は以下の通り。
 ・32bit版インストーラ: vpnclient-win-msi-5.0.07.0410-k9.exe
 ・64bit版インストーラ: vpnclient-winx64-msi-5.0.07.0440-k9.exe


■Cisco VPN Client はWindows 8/8.1/10へのインストール手順

Windows版は正式にはWindows 7までの対応で、Windows8/8.1/10では以下の対応が必要。

①DNEアップデートの実施~インストール。
Windows 10でCisco VPN Clientをインストールしようとするとエラーメッセージがでてインストールできない。
Error 27850  Unable to manage networking component. 
Operatin system corruptioin may be preventing installation. 
そこで、CitrixサイトからDNEアップデート(以下の2つのファイル)を入手し実行します。
winfix.exe: ftp://files.citrix.com/winfix.exe
dneupdate64.msi: ftp://files.citrix.com/dneupdate64.msi
 
そのうえでインストーラを解凍してできた「vpnclient_setup.msi」の互換性をWindows7に設定して実行します。
Windows 8/8.1の場合はDNEアップデートをしなくてもインストールできるのでこのステップは必要ありません。

②「cisco_cert_mgr.exe」の実行
インストール後、vpnclient.exeと同じフォルダにある「cisco_cert_mgr.exe」を管理者権限で実行し、その後Windowsを再起動します。ここでインストールしたVPN Clientを起動・設定を行い、コネクションが確立できれば以下の③は必要ありません。

③「Reason 442」エラー対策
上記の②を実行したうえでもVPNコネクションを確立しようとするとエラーになる場合はレジストリの変更が必要です。
Secure VPN Connection terminated locally by the Client.
Reason 442: Failed to enable Virtual Adapter.  

ここでレジストリエディタを起動し(regeditの実行)、キーの変更を行います。

変更するキー
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\CVirtA

キー内の「DisplayName」エントリを修正
・32bit: Cisco Systems VPN Adapter
・64bit: Cisco Systems VPN Adapter for 64-bit Windows

これで無事接続できるようになるはずです。



Mac OS XにベストなUSB-シリアル(RS-232C)ケーブル

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
image


いわゆる備忘録です。

私も以前はMac Book AirでRS-232CのUSB変換ケーブルにエレコムの「UC-SGT」を使っていたのですが、Lion以降、ドライバを改造しないと使えなくなりました。
USB-SGT用Macドライバの作成方法

しかし、このドライバ改造の元になっている「PL2303」というケーブルがあれば、そもそも苦労はないのになーと思っていたのですが、実は日本でも結構以前から売られていました。
41Y0V13vRBL
変換名人 USB-RS232C

ただし、注意が必要なのは、この製品、
ロットによって「PL2303」と「HL-340」の両方があります。
もしかすると現在売られているのはすべて「HL-340」かもしれません。

Windowsの場合は、圧倒的に「HL-340」のほうが安定して動作します(というかPL2303だとドライバにクセがある?)。つまり、「PL2303」は「外れロット」となるわけですが、Macではむしろ大当たり。
メーカーサイトで対象にYosemiteも含めた最新ドライバがダウンロードできます。

http://www.prolific.com.tw/US/ShowProduct.aspx?p_id=229&pcid=41

ドライバをインストールし、ケーブルを接続すれば「/dev/tty.usbserial」として認識されますので(lsコマンドなどで確認してください)、ターミナルから

$ screen /dev/tty.usbserial

とでも入れればルータやスイッチにアクセスできるはずです。

わたしは1年くらい前にたまたま特売で購入した変換名人のUSB-RS232CがPL2303であることを知って、現在も愛用しているわけですが、最近、予備でもう1個購入したら今度は「340」と刻印されていて、あれれ、と。

なお、現在のロットで使われていると思われる「HL-340」ですが、いちおうこちらもMac用のドライバが存在しました。
http://www.wch.cn/download/CH341SER_MAC_ZIP.html

ここで、HL-340は「CH340」のチップと基本的に同一で、同社の「CH341」および「CH340」用のドライバということでダウンロードできます。ただ、Windows用と比較すると明らかにバージョンが古く(2013年のタイムスタンプ)、インストールしてみてもYosemiteでは正しく認識しませんでした。


というわけで、もしあなたがMacユーザ(のエンジニア)で、店頭にて初代iMacを彷彿させるボンダイブルー半透明のUSBシリアルケーブルをみかけたら(たぶん表面は透明の袋のはずなので)シリアル側をよーくみて「PL2303」と刻印されていたら、なくなる前に即買いましょう。

余談ですが、某シ○コの社用PCではMacBook Airなどが正式に選択できるらしいですし、同社SEでも利用者はいるんじゃないかということもありで、いっそOEMでPL2303をMac用に売ればいいのに、とか思うわけですが、いかがでしょ(笑)。



プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。気付けばアラフィフの酔っ払い(定期)。食べるのも好きな天秤座AB型。普段はIT屋で都内と自宅のある福井ほかあちこち出張するお仕事してます。ポタオデは趣味で出張のお供。長年のPC(?)遍歴にApple //c とNeXTstation があるのがプチ自慢(じじぃ)。
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。





記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)






最新コメント