bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

iTunes 12.2.1で解消された「iTunes Match」の問題について

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
14

iTunes 12.2.1のリリースで、iTunes Match利用者のApple Musicとの問題が解消されました。

リリースノートによると、
If you join Apple Music and are a current iTunes Match subscriber, you might notice that some previously matched songs appear as Apple Music songs after you add Apple Music playlists.

具体的には、iPhnoe Maniaさんの記事によると、
同アップデートでは、iTunes Matchで選曲された曲がApple Musicの楽曲として表示され、デジタル著作権管理(DRM)が勝手に追加されてしまうトラブルが修正されました。

つまり、iTunes Matchに加入しているユーザの場合、ミュージックライブラリの楽曲は自動的にiCloud(≒iTMS)のライブラリと比較され、iCloud上にある曲の場合は「マッチ」し、ない場合はiCloudの利用者の専用エリアに「アップロード」されます。この「マッチ」「アップロード済み」はミュージックライブラリのリスト表示で「iCloudの状況」を表示させることで確認できます。

この状態で、Apple Musicを有効にした場合、Apple Musicの画面上でで「」をクリックし、My Musicのリストに入れた曲は、さらにミュージックライブラリ上では「iCloudの状態」が「Apple Music」というかたちで表示されます。
この「Apple Music」の状態の曲もiTunes Matchの「マッチ」の曲同様、「ダウンロード」ができます。

しかし「マッチ」の場合は、DRMなしの曲データがダウンロードできるのに対して、「Apple Music」の場合はDRMつきになり、ダウンロードしたiTunes上で再生する以外のすべての利用が制限されます(iPodへの転送などもできない)。

iTunes 12.2のバグは、Apple Musicで存在する曲データの場合で、DRMなしの楽曲がダウンロードできる「マッチ」の状態から、DRM付きの曲の利用に制限される「Apple Music」の状態にライブラリが置き換わる可能性がある、という問題だったようです。

iTunes 12.2.1へアップデートすることで、以降はこれらの問題は発生しませんが、もし該当するかたちでミュージックライブラリが置き換わった場合、再ダウンロードすることで解消できるようです。

If needed, follow these steps to remove and download again songs that were incorrectly saved as Apple Music songs:
 
1. Open iTunes 12.2.1.
2. In the upper-left corner of iTunes, click the Music icon.
3. Click My Music.
4. Control-click the songs that were incorrectly downloaded as Apple Music, then choose Remove Download.
5. Control-click the same songs, then choose Make Available Offline to download them again correctly as Matched songs.
 

ようするに、「iCloudの状況」が「マッチ」だったはずなのに下矢印の雲マーク(「iCloudダウンロード」を表示にするとでてくる)をクリックしたら、DRMつきデータ(.m4pデータ)が落ちてきたー、と言う場合は、いったんダウンロードのみを削除し、再度ダウンロードすればDRMなし(.m4aデータ)が落とせますよ、という話らしい。

ただ、実際には、私のミュージックライブラリも洋楽以外はいまのところApple Musicとはマッチできていない曲の方が圧倒的に多い(ほとんど)なので、まずこのへんのトラブルは起きなかったわけですが。。。

※7/25追記
「マッチ」曲の「Apple Music化」問題は12.2.1で解消された(らしい)ですが、いっぽうで今日現在でも密かに存在すると言われる「Apple Music」の「マッチ」化バグ。私も遭遇しました。
後述の理由で再現実験を行う気は全くないため発生経緯は記載せず、遭遇後の事実のみ追記します。まあようするに昔からのMatch加入者がライブラリのiCloudへの更新をなかなかしないときに「よくやる方法」をしただけです。ですのでほかの方も遭遇確率は結構高いかもしれません。
確かに、「マッチ」化することで、m4aファイルを普通にダウンロードできた曲も一部ありましたが、ほとんどのアルバムは「マッチ」化したことで「このアイテムはダウンロードできません」というダイアログがでて逆にダウンロードができなくなりました。仕方ないのでiCloudミュージックライブから削除してApple Musicで追加しても「マッチ」として追加されるばかり・・・これではオフライン再生ができずなかなか困った事態です。思わせぶりな感じが実に迷惑ですね(笑)。
とりあえず、しばらく様子を見て対応してみようと思います。



 

Apple Musicをカーオーディオで「車載」してみた

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
2015-07-05-08-04-22


■地方ユーザの最も使うリスニング環境は「カーオーディオ」?
私も東京都内で仕事しているときは気にしないのですが、交通手段がほぼクルマ、という福井などの地方だと、音楽を聴く機会は圧倒的にクルマの中、つまりカーオーディオの稼働率が一番高いのは珍しいことではありません。

となると、ストリーミングで音楽を試聴するApple Music(に限らず、LINE MUSICやAWAなども)を使いたい、というニーズも半減以下に落ちてしまうのかもしれません。
それでもせっかくだからカーオーディオでもApple Musicを堪能したい!

というわけで、いろいろ試してみました。

■レベル1: まずはBluetooth接続で聴く
imageまずは、一番シンプルにBluetooth接続でカーオーディオに接続し、iPhone側のミュージックアプリでRadioをストリーミング再生します。私の車のオーディオはAUX端子があるためそのままライン接続でミニピン端子のケーブルでiPhoneとつなぐことが出来ます。またロジテックのLBT-CR01(LBT-MPCR01BK)などのAUX接続型のBluetoothオーディオレシーバーを使用することもできます。
ラインで直接接続すればいい気もしますが、あえてBluetooth接続ににする理由は、ペアリングしておけばiPhoneはカバンやポケットにいれたままで使用でき、わざわざオーディオケーブルで接続しなくてよいので、慌ただしい通勤の時にはすごく便利です。
そして、それ以上にBluetooth接続の場合、エンジンを停止すると自動的に一時停止になるため、iPhone側でいちいち操作するわずらわしさがありません。単純なことですがこれは使ってみればよくわかると思います。おそらく車載のうえでは必須の機能だと思います。

Apple Musicは標準でiTMSの音源と同じ256kbpsのAAC形式に固定されており、他社サービスと異なり転送レートを制限する機能がなく、さらに、デフォルトではLTEなどのモバイルデータ通信でのストリーミングがOFFになっています。ただ実際にはモバイルデータ通信利用時には自動的に転送レートを下げてストリーミングを維持する仕様になっていることが非公式ながら確認されています。

まず、Radioで聞いてみます。途切れることなく堪能できます。多少のバッファは効いているため電波状況が3Gになる環境でもさほど問題はありませんし、音質的にも満足のいく使用感です。



■レベル2: パケット上限のないWiMAX2+ルータでWi-Fi接続してストリーミング
imageしかし、LTEでのストリーミングでの再生は、データ通信の契約にもよりますが、あっという間に上限に達してしまいそうでなかなか怖いところがあります。

そこで、契約上では現在上限設定のないUQ WiMAX2+のモバイルルータを使用し、iPhoneはモバイルルータにWi-Fi接続で利用してみます。このケースだと、iPhoneはWiFi接続だと判断し、256kbpsのレートを維持しようとしますが、この場合も通信回線状況にあわせてレート変更が働いているのか、LTEと同様に途切れることなく快適に利用できました。



■レベル3: Apple Musicをカーオーディオで操作する!
 Dockコネクタ用の「Made for iPod」対応カーオーディオへiPhone 4Sを接続


ここで、利用端末をiPhone 6 Plus から解約済みのiPhone 4Sに変更します。

なぜか? 実は現在使用中のカーオーディオ(カーナビ)は従来型のDockコネクタのiPodに対応しており(いわゆる「Made for iPod」仕様)、普段はDockコネクタ対応の旧世代のiPod nanoを接続して利用しています。
最近のモデルでようやくLightningでの接続が可能なカーオーディオが出てきましたが、長く販売されていて、仕組みも簡単だったDockコネクタ対応のカーオーディオやカーナビは現在も多くのクルマに搭載されているのでは、と思われます。

そう考えるとDockコネクタを搭載し、iOS8.4にも、将来のiOS9にも対応するiPhone4Sは車載オーディオ用のiOSデバイスとしてはなにげに最強かも(笑)。

というわけで、お蔵入りしていた「解約済みiPhone4S」をあらためてiOS8.4にアップデートし、Apple Musicが利用できるようにします。さらにWi-Fi環境であらかじめ聴きたい曲はすべてオフライン利用可(ダウンロード)しておきます。

2015-07-05-08-04-30私の場合、iTunes Matchにも加入しているため、My Musicには母艦のiTunesのミュージックライブラリがすべてiCloudと同期しており、Apple Musicで追加した曲と、iTMSの購入曲、CDなどからリッピングした曲の混合のプレイリストが表示されています。これがすべてがオフラインで再生可能なようにiCloudからダウンロードしておきました。
なお、iTunes Match加入の場合は、あらかじめiCloudミュージックライブラリをOFFで同期を行い、必要なライブラリをiOS側に転送してからONにするとダウンロードの手間が少し省けます(64GBのiPhone4Sの場合、空き容量いっぱいに曲をいれると「少しの手間」どころではなかったり)。


また、ライブラリの選択画面で「オフライン再生可能な項目を表示」にチェックを入れておけば、カーオーディオで再生できる曲(ダウンロードされている曲)があらかじめ確認できるので便利です。
さて、この「解約済みiPhone4S」をもともとつながっていたiPod nanoの代わりに接続、ミュージックアプリを起動しておきます。

カーオーディオ(カーナビ)からApple Musicを含んだプレイリストも正常に表示され、普段と変わらず再生することが出来ました。
まあ、DRM付きとはいえiPhoneのミュージックライブラリに入っている訳ですから当然と言えば当然ですが、本来クラウドのはずのAppleMusicのプレイリストがCDエンコードの曲と同様にカーナビのリストに表示されるのはなかなか不思議な感覚です。

ここでひとつだけ注意が必要なのは、iPhone4Sの電源ONや再起動による起動直後はあらかじめ自宅のWi-Fi環境などネットワークが使える環境でミュージックアプリを起動させる必要があります。起動直後も完全オフラインだとAppe Music環境下ではそもそもミュージックアプリを起動しても「オフラインです」という表示で使用することができません。
ただ、いちど起動してしまえば、フォアグラウンドでもバックグラウンドでもカーオーディオで普通に使用することができます。もちろん外出先などiPhone4Sが通信できない環境でもスタンバイ状態であればエンジンをスタートした時点でふつうに続きから再生してくれます。


Apple MusicでダウンロードさせるDRMつき曲データはダウンロードしたデバイスでの再生のみをサポートしているため、昔のiTunes Storeの楽曲のようにiTunesを使ってiOS非搭載(Apple Music非対応)のiPodへ転送するなどの使い方はサポートされていません。
(参照: さっそくApple Music楽曲をiTunes 12.2で「ダウンロード」してみた

しかし、この方法なら普段のiPodとかわらず、従来型のMade for iPod仕様のカーオーディオでApple Musicの音源を楽しむことが可能でした。



■結論。Apple Musicは他社配信サービスとは一段レベルの違うカーオーディオでの使い勝手を実現
Apple Musicをカーオーディオで使ってみた印象は、「これなら使える」でした。
実は2013年ごろから音楽配信をカーオーディオで使用する試みはやっていましたが、やはりMade for iPodオーディオの機能を使いたい、あるいはBluetooth接続でも、ちゃんとエンジンを切れば自動で一時停止し、再度乗車してエンジンをスタートした際には、一時停止したところから聴ける。そういう「あたりまえのこと」を音楽配信サービスで行うことの難しさを感じることの連続でした。

Apple MusicはApple純正のサービスとしてミュージックアプリと統合することで、いくつかの制限はあるものの、従来の音楽配信サービスでは難しかった条件の多くを払拭することが可能になりました。

これならば、音楽はカーオーディオ派の皆さんにも十分におすすめできるサービスだとおもいます。


プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。気付けばアラフィフの酔っ払い(定期)。食べるのも好きな天秤座AB型。普段はIT屋で都内と自宅のある福井ほかあちこち出張するお仕事してます。ポタオデは趣味で出張のお供。長年のPC(?)遍歴にApple //c とNeXTstation があるのがプチ自慢(じじぃ)。
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。





記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)






最新コメント