bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

さっそくApple Music楽曲をiTunes 12.2で「ダウンロード」してみた(追記その2)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
21


2015-07-01-20-22-25■Apple Musicがはじまった!!

本日(2015年7月1日)から、Appleの音楽配信サービス「Apple Music」が日本でも同時サービス開始されました。

iPhoneなどのiOSデバイスでの使い勝手や機能はさっそくレビューが一斉に掲載されましたが、そんななかすこしタイムラグを置いて、同日午前中にMac版およびWindows版のiTunesが12.2にアップデートし、iTunes上でもApple Musicが使えるようになりました。

というわけで、iTunes 12.2上でApple Musicになってできたことを確認。



■iCloudミュージックライブラリへの統合(iTunes Match未加入の場合)

111Apple MusicをiTunes12.2でスタートさせると、ミュージックライブラリをiCloudへ統合させる確認ダイアログが表示されます。ここでOKをおすか、「設定」画面で「iCloudミュージックライブラリ」のチェックを入れると、iTunes内の音楽ライブラリがApple Musicと照合されます。

114照合が開始されると、既存のミュージックライブラリをApple Musicと照合し、Apple Musicにある楽曲についてはApple Musicの曲を、ないものはiCloudの専用領域にアップロードされます。
これにより、iPhoneのミュージックアプリの「My Music」をみるとiTunesのすべての音楽ライブラリとプレイリストが表示され、Apple Musicと統合されます。

ただし、iTunes 12.2ではこの統合機能に問題があるようでミュージックライブラリが破壊される可能性もあります。その場合は、バグが解消されるまでiCloudミュージックライブラリの使用を中止し、ライブラリの再構築を行うことを推奨します。
ライブラリの再構築はこちらのページに詳しい情報が記載されていました。

私の場合、Apple Musicファミリープラン加入で、ファミリーに追加した奥さんのApple IDでスタート。もともとミュージックライブラリの登録曲が少なかったせいか、ライブラリが破壊される現象は起きなかったようです。

※7/15 「iTunes 12.2.1」がリリースされ、これらのApple Music関係の問題は解消されたようです。


■iTunes Matchとの関係は?
iTunes上でApple Musicを考える場合、どうしても気になるのは「iTunes Match」との関係。Apple Musicには、すでにサービスが展開されている「iTunes Match」と補完する関係にある、とAppleのサイトには記載されています。
ただ、実際には重複する部分も多く、具体的には母艦のミュージックライブラリをiCloud上にもつ機能はiTunes Matchと同じとされています。

14ちなみに「iTunes Match」とは、母艦のiTunesにあるミュージックライブラリを iCloud(iTMS)上のライブラリとマッチングさせ、
マッチした曲はiCloud上の楽曲を、
マッチしなかった曲はiCloud上にアップロードされ、
結果母艦のライブラリはすべてiCloud上でストリーミングが可能になるサービス。(アップロード領域は通常のiCloudとは別領域。ライブラリ最大管理数は2.5万曲。今後10万曲になる予定)。



現在、iTunes Matchの項目はiTunes 12.2のメニューからはなくなりましたが、おなじ項目がiTunes Storeの「iTunes Match」にあり、サービスを契約する場合や、契約者がコンピュータを追加したり、実際にローカルの音楽ライブラリをiCloudとマッチ(およびアップロード)する場合も、ここの画面から行います。

iTunes Matchの機能とApple MusicでのiCloudミュージックライブラリの統合を比較すると、
iTunes Matchの場合は、既存のミュージックライブラリとの照合でiTMS(iTunes Music Store)のほぼ全曲と照合しているようなのに対し、Apple MusicではあくまでApple Musicでサービスしている曲だけで、邦楽については多くがマッチしません。これがiTunes Matchの場合は、サントラなどを除き、かなりの確率で「マッチ」し、またマッチした曲はDRMなしの高品質のiTMSの音源に差し替え(ダウンロード)することが可能です。
つまり、マッチした音楽ライブラリの楽曲はすべてiTMS相当の曲に置き換えることが可能で、それはWalkmanなどほかの音楽プレーヤーで聞くことも可能になるわけです。

Apple Musicでは後述のとおり楽曲にDRMがかかっているため、iTunes Matchのような柔軟な対応はできず、あくまでApple Music上でのライブラリの統合のみに主眼を置いた「似て非なるサービス」と考えるのが妥当でしょう。

わたしはすでにiTunes Matchも契約中なので、とりあえずは、両方契約の環境での動きを確認します。

※7/15 「iTunes 12.2.1」がリリースされ、iTunes 12.2でiTunes Matchの「マッチ」化されたライブラリが「Apple Music」のライブラリに置き換わる場合があるバグが解消されました。
→ iTunes 12.2.1で解消された「iTunes Match」の問題について



■iTunes Matchとの共存準備

image2015-07-01-20-21-21iPhoneなどで、iTunes Matchを利用している環境下で、iOSを8.4にアップデートすると、これまであった「iTunes Matchを利用する」スイッチが「設定」の「ミュージック」メニューから消えます。

そして、「Apple Musicを表示」スイッチがオン、「iCloudミュージックライブラリ」スイッチがオフになっています。
この状態で「iCloudミュージックライブラリ」をオンにしてもエラーになるので、いったん「Apple Musicを表示」スイッチをオフにして、再度「iCloudミュージックライブラリ」をオンにすると再び「iTunes Match」環境が復活します。

具体的にはミュージックアプリの「My Music」がiCloudにアップロードまたはマッチしたライブラリになります。そのうえで、あらためて「Apple Musicを表示」スイッチがオンにして、Apple Musicサービスをスタートさせれば、ふたつのサービスが無事共存できるわけです。



■iTunes 12.2でのApple Music(+iTunes Match)

Macの場合はOS X 10.10.4にアップデートし、iTunesも12.2にアップデートすると、iTunesでもApple Musicの画面が出現します。ただミュージックライブラリそのものは、iTunes Match契約済み(すでにライブラリがiCloudと同期している状態)ではそのままApple Musicでも利用されるため、特に変化はありません。

50

iOS/Macなど環境に関わらず、Apple Musicで「+」アイコンでMy Musicに送ると母艦のライブラリにも「iCloudの状態」が「Apple Music」でライブラリに追加されます。このままApple Music画面ではなくふつうのiTunesの画面でストリーミングで再生することも、プレイリストに母艦の曲と組み合わせて追加したりなども自由にできます。
そして、曲のダウンロードも無事できました。



■Apple Musicからダウンロードした曲ではDRMが復活

36曲のダウンロードはミュージックライブラリのリスト表示で「iCloudのダウンロード」タブを表示させると表示される雲のアイコンをクリックすることでライブラリにダウンロードされます(iTunes Matchではお馴染みの方法)。



07ダウンロードされた曲ファイルは、iTunesフォルダの「iTunes Media/Apple Music」フォルダに格納されます。
ファイル形式をみてみると、ひさびさにみた「.m4p」形式(DRMつきMPEG-4 AACオーディオファイル)であることがわかります。DRMつきなので、ファイル移動などが制限されるほか、ダウンロードできてもApple Musicを解約するとおそらく利用できなくなるようにコントロールさせているものと思われます。


53したがって、このDRMつきAACファイルを直接移動したりして、具体的にはWalkmanなどにコピーして利用することはできません。もちろんMP3などへの変換など抜け道はありそうですが・・・(自己責任で)。

また、ダウンロードした曲を含め、ミュージックライブラリに追加されたApple Muisicの楽曲は自分のライブラリと組み合わせてプレイリストに入れることも可能。もちろん、ダウンロードした曲はネット未接続の環境でも再生できます。

ただし、プレイリストをiPodなどに同期しようとすると、ダウンロードした場合でもApple Musicの楽曲はエラーになります。やはり再生可能なのはダウンロードしたデバイスのみで「チェックアウト禁止」ということのようです。
唯一、Apple Watchへのみチェックアウトに対応しているようですが。
(Apple Watchを持っていないので未確認)


■その他(Apple TVなど)
Apple Musicのファミリープランに加入すると、ひとつの契約で最大6つまでのApple IDでApple Musicが利用できるほか、同一Apple IDでも複数のデバイス(iPhoneとiPadなど)でApple Musicが使えます。
ただ、現時点でApple TVはまだApple Musicに対応していないため、たとえば上記のようにMy Musicに追加し、さらにプレイリストに追加しても、iTunes Match加入状態ではApple Music楽曲を含まないプレイリストが表示されます。この辺の動きは今後Apple TVのファームウェアのアップデート等で変更されると思われます。

続きを読む

エレコム EHP-CH1000/EHP-CH2000 を辛口レビューしてみた。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
2015-03-22-18-50-55

いろいろ故あって、エレコムが真面目に作ったと話題の(?)あのイヤホンを2種類とも入手しました。
というわけで、さっそく聞き比べをしてみたいと思います。

■ハイレゾWALKMANの交換イヤホン専用機、的な製品?
私も愛用しているソニーのNW-A10シリーズなど、いわゆるハイレゾWALKMANには、ハイレゾ未対応のイヤホンしか付属しておらず、「ハイレゾを体感したかったら別途買ってね」といういかにもな商法をとっております。で、普段はハイレゾなんてまったく興味もないという方も「DSEE HX」で圧縮音源がハイレゾ相当になるぜーとか書いてあると、やっぱり対応イヤホンが欲しくなってくるものではないでしょうか。ところがソニーのハイレゾ対応は、そこそこうるさいオーディオ系の方むけに展開してるだけにちょっとお高め。

そこで「EHP-CH1000」は実売5000円オーバー1万円未満と、手軽にハイレゾを体験したい方々には絶妙な価格帯でちゃんとお墨付きのハイレゾ対応マークの商品、で真鍮製ハウジングの質感もちょっと高級そう(そういえば付属ポーチの質感もけっこう良い)。
ネットの記事などを見ると真面目に作りました的なことが書かれていますが、えらくマーケティング寄りでニッチ狙ってますよね。実際ヨ○バシの店頭とかにもソニーのハイレゾコーナーのすぐ近くにあって、NW-A16で試聴できるようになってたり。

で、「EHP-CH2000」はハウジングがさらにでっかくちょっと目立ちます。で音は重低音寄り。
よーするに重低音志向の人はイヤホン目立つ方がカッコ良くて、そのためにちょっと高くてもいい・・・てゆーか、1000がソニーのハイレゾイヤホンの代替狙いなら、2000はBoseかBeatsあたりの・・・あ、あざとい。なんか聴く前からモチベーションがだだ下がりなんですが。。


■それでも真面目に聴いてみた。
そーゆー製品だからでしょうか。これを書いている時点では真面目にレビューはまだまだ少ないようです。
やはりオーディオ好きがわざわざ手を伸ばす商品にはなっていないのでしょうか。
「エレコムのわりに、ちゃんと作っている」というのは全くほめてないと思うわけです。
最初からハードル下げても意味ないし。というわけで、相変わらずの素人耳ながら、真面目に聴いてみます。

試聴環境は、この商品が狙っているであろう、ソニーのハイレゾWALKMAN、「NW-A17」へ直刺しです。
(そのうち手持ちの別環境のレビューもしたいと思います)


平凡だがクリアで聴きやすい音。まさに「お手頃価格でちょっといい」イヤホン

2015-03-22-18-57-48まず、「EHP-CH1000」から。
私は耳穴が非常に小さいので標準のSサイズのイヤーチップでも入らず、同社のXSサイズのチップを別途購入して装着。
で、まず気になったのがケーブルのタッチノイズ。ちょっと触っただけでも結構気になります。ただこれはXSサイズのイヤーチップを使っているせいもありますが(標準のものを使えば少しマシです)。さらにケーブルが細いのでちょっと気を遣います。
遮音性は並。音漏れなどはよほど大音量にしなければ気にしなくても大丈夫なレベルでしょう。

最初はハイレゾ試聴の定番、「Pure2 Ultimate Cool Japan Jazz」の「届かない恋」
ハイレゾ試聴の前に、比較用にノーマル(16bit/44KHz)のFLACから。
ひじょーにフラットで解像度も悪くないようですが、広がりとか奥行きをあまり感じないダイレクトな音です。
そのうえで、同じ曲の、DSD64(2.8MHz/1bit)音源から変換した24bit/88.2KHz FLACのハイレゾを試聴。
私が普段使っているSE535LTDだと曲の情報量がぐっと増えるところですが、変化は控えめ。もちろん1万円以下クラスの製品にこのレベルの解像度を求めても仕方はありませんが。それでも、注意して聴いていると後ろでピアノが小さく流れているところでハイレゾらしい音の余韻を感じることができました。

続いて、fhánaの「いつかの、いくつかのきみとのせかい」
最初に聴いて、なんとなくこのイヤホンに合いそうだなーと思ったのでチョイス。
ノーマルのFLACでも予想通り気持ちよく鳴ってくれます。こちらの曲では定位感も悪くありません。
そこで今度はプレーヤー(NW-A17)側で「DSEE HX」機能をオンにしてハイレゾ相当にアップサンプリングします。ノーマルと比較し、曲の随所で音の変化を理解することができました。
やはりこのようなポップスやアニソンなどの曲、とくに女性ボーカルが向いているようですね。
ジャズやクラシック向きではないと思います。

全般を通して、刺さる感じでもなく、かといって丸い感じの音でもない。良く言えば「比較的クリアだが聴きやすい音」、悪く言えば「平凡な音」でしょうか。
ただこのイヤホンを求める人の多くが、付属イヤホンのアップグレードであることを考えれば、お手頃価格で付属イヤホンとの違いをはっきり認識できる、非常に判りやすいアプローチの製品と思います。


■ただの低音強調型、にあらず。実はけっこう個性的なイヤホン

2000続いて「EHP-CH2000」を試聴します。
こちらは、聴いてすぐわかる低音強調型です。

フラットなEHP-CH1000よりドンシャリ傾向ですが、どちらかというと全体的フラットな音に低域だけ極端に太くしているような、ちょっと変な不思議なバランスに聞こえます(汗)。
というか、明らかに狙っているところがあって、そこに合わせてチューニングしている感じです。


試しに Lady Gaga の「Born This Way」を再生してみると「もうドンピシャ」。ビートがガンガン響きつつとても気持ちよく曲が駆け巡ります。
続いて Hilcrhyme の「春夏秋冬」。これも適度にビートが強調されつつも、定位感が維持され、実はそこそこ高域から低域まで解像度が高いイヤホンであることが確認できます。
この曲ではDSEE HXのハイレゾ化効果もちゃんと確認ができました。この手の曲と相性がいいようです。
逆にアニソンなど高域成分が多い曲を聴くと、高域の女性ボーカルがキンキンと響きまったく聴くことができません。

このイヤホンは「低音強調型」として、男性ボーカルの曲や、ラップ、ロックなどのジャンルで低音を利かせたいという用途に向いていることがわかります。相性のいい曲では低音が活きつつ非常に気持ちの良い解像度の高い音楽を楽しめます。また意外にクラシックやジャズなども曲によってはぴったりハマるケースがありました。

EHP-CH2000はネットでの評判がはっきり分かれているようですが、個人的には特徴の少ないEHP-CH1000より面白く「けっこう個性的」で、曲の種類によっては使ってみようかな、という気分にさせてくれました。
(聴き疲れするので普段使いは無理ですが…)


■「この次」がどういくのか。
なんとなく、EHP-CH1000でニッチのパイを確保しつつ、EHP-CH2000で個性をだしながら今後の路線を決めてみようか、なんて風にも見えるラインナップですが、逆に言えば「本気でオーディオやるよ」といいつつ実際は「まだ手探り」という感じなんでしょうね。
でもEHP-CH2000のほうがマーケティング的に受けないと、今後はEHP-CH1000の「ちょっと安くてそこそこいい」路線になっていくのかもしれません。それはちょっと残念な気がします。
エレコムさん、サプライメーカーとしてマーケティングは大事だと思いますが、オーディオ真面目にやろうと思ったら(もしかしたら売れない)「変な商品」も売り続けることでブランドが認知されてくるのだと思います。もっとも個人的にはロジテックブランドか、新たにブランド作った方がいいのでは、とも思いますけどね。 


※追記(2015.12.23)
こちらで紹介しているEHP-CH2000相当品の付属モデルもある、ロジテックブランドの「Lightningオーディアダプター」(超小型ポタアン・DAC)の「
LHP-AHR192」(イヤホン付属は「LHP-CHR192」)のレビューも掲載しました。
→ ロジテック LHP-AHR192 をいろいろ比較して使い倒す


 
プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。気付けばアラフィフの酔っ払い(定期)。食べるのも好きな天秤座AB型。普段はIT屋で都内と自宅のある福井ほかあちこち出張するお仕事してます。ポタオデは趣味で出張のお供。長年のPC(?)遍歴にApple //c とNeXTstation があるのがプチ自慢(じじぃ)。
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。








記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)






最新コメント