bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

スカパー!プレミアムのTS抜き動画を無劣化で半分のサイズに変換

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
エンコード1

スカパー!プレミアムのTS録画環境を稼働させて1年以上になりますが、そろそろたまってきた動画の数がハンパないことになってきました。
こういうとき、foltiaと同様のアプローチで.mp4へエンコードしたり、あるいは.mkvにするというアプローチもあるかと思います。まあ手っ取り早いのは「古いものから消してゆく」ですけどね(笑)。
でも貧乏性なのでせっかく録画した動画は消したくない。できれば無劣化で保管したい、というわけで、せめてCMなどをカットして少しでもサイズを小さくと、いうことになります。 

ところが、ここでスマートレンダリング専用の編集ソフト「TMPGenc MPEG Smart Renderer  4」を使うとスカパー!プレミアムのTS動画限定で、なぜかファイルサイズが半分とかになるという謎の現象がおこります(.m2v形式の場合)。

気がついたのはずいぶん前で、 スカパー!プレミアムのTS動画をTMPGenc MPEG Smart Renderer  4をしようしBD-Rに無劣化でマスタリングする際(BDAVフォーマット)、メディアにちょうど収まるサイズで作成したはずが、実際にBDAVメディアができるとなぜか半分近く「空き」があったことが最初でした。いろいろ試してみると、foltiaなどで録画した地デジ・BS・CSのTSはどれも無劣化で書き込むとほぼサイズ変更はありません(CM等のカット分だけ)。ところが、スカパー!プレミアムのTSだけ、サイズが大幅に小さくなることがわかりました。
「TMPGenc MPEG Smart Renderer  4」はBDAV用のデータを作る際、編集内容にもとづいて、とくに編集点がない部分は元データの映像情報をそのまま.m2v(MPEG2-TS)のコンテナに落とし込んでいきます(スマートレンダリング処理)。おそらくスカパー!プレミアムのTSコンテナの中は結構スッカスカで、中身だけを別のコンテナに移してみたら半分くらいしかはいってなかった、みたいな感じなのだと思われます。
ただ、同じ番組でも放送時間帯によって録画サイズが結構変わりますし、おなじスカパー!プレミアムでもスロット数や放送機材などの関係で品質にはだいぶ違いがあるようです。ですので、一概にすべての番組で同様の効果があるわけではないと思います。


■実際に計測

TS抜きしたデータが約1.75GBの番組データを「TMPGenc MPEG Smart Renderer  4」で読み込ませ、全く編集せずにそのまま「BDAV向けMPEGファイル(.m2v)」形式でスマートレンダリングしたところ、ファイルサイズが1.08GBになりました。
入力設定出力設定

さらにCMカットを行い、全話まとめてレンダリングします。

データはAT-X HDで放送された、<物語>シリーズセカンドシーズンの全26話。AT-X HDの場合CMは番組終了後に集中しているので一括でデータを取り込み、開始と終了フレームを指定するだけでCMカットができます。

出力設定「出力設定」を「ファイル出力」のタブにあわせます。
個々の設定では、出力モードを「クリップ個別出力(スマートレンダリング優先)」を選択し、クリップごとにファイルを作成し、編集点以外はスマートレンダリング処理を行うように指定します。
また出力ターゲットは「BDAV向けMPEGファイル」を選択します。コンテナタイプは自動的に.m2tになります。
この状態でレンダリング処理を実行すると、エンコード処理が進行しファイルが出力されます。私の環境では26話分まとめてでエンコード時間は約15分程度。スマートレンダリングの威力を感じますね。

変換前変換後出力したファイルを比べると、
変換前のフォルダ内のサイズ約49GBなのに対して、変換後は半分以下の約23GBになっているのがわかります。
1話30分、CMカット後は24分30秒程度ですから、CMカットによるファイルサイズの縮小分は全体の1/5程度。
その分を差し引いても大きなサイズ節約です。


もちろん、.tsファイルでも、.m2tファイルでも再生環境は同様で、私はデータをNASに置き、主にPS3でDLNAにより試聴しています。無劣化で同じ試聴環境でファイルサイズが半分。NASの節約になりますね。 

「ifi nano iDSD」を活かすコストパフォーマンス抜群の組み合わせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
2014-05-23-10-24-37

DS-DAC-10が東京の環境でイマイチだったから、というわけでもないのですが(多少ありますが)、現在の売れ筋No.1の呼び声も高い、 ifiの「nano iDSD」を購入。これまで入荷しては完売、となかなか入手しづらかったのですが4月以降は潤沢に商品があるらしくAmazonで即納で購入できました。

バッテリ内蔵でポタアンとしても据え置きとしても使え、32bit/384kHz PCMに6.2MHz DSD対応という、まさに「全部入り」のコンパクトなUSB-DACですが、これが税込み2万円台で買えるのは本当にお買い得。
私は付属のゴム足をつけて、据え置きでの利用を前提に設置。音質の良さとコストパフォーマンスが高いONKYOのGX-70HD2アクティブスピーカーにRCAで接続します。ケーブルはこれまでDAC接続で使用していたものはコネクタのサイズが大きく間隔的に厳しかったのでオーテクのSUPER LINKケーブルに換装。これもなかなかコストパフォーマンス抜群の品質です。 

2014-05-25-12-15-12USBケーブルは付属のものを使用しましたが、
Mac本体ではなくThunderbolt DisplayのUSB端子に接続。
45私の使用している機種はMac mini (Mid 2011)でUSB 2.0搭載のモデルなのでもともと問題はないのですが、最近のMacのUSB 3.0インターフェースはUSB DACとの相性がいまいち良くないことが知られています。
しかしThunderbolt Displayは幸い(?)現在もモデルチェンジをしていないため、背面に搭載されたUSB端子は2.0のまま。しかもこのディスプレイ自体がホストアダプタになっているためMac本体がUSB 3.0の機種でも影響を受けません。またMac本体より当然ノイズも少なく安定した電源を供給できるため、nano iDSDのようにバスパワー稼働のUSB-DACを接続する端子としては最適でしょう。
私は「BusPower-Pro」などの電源安定アダプタを所有していないので差はわかりませんが、Thunderbolt Displayにつなぐだけである程度は同様の効果が得られるかも、と思っています。


19nano iDSDを接続後、ボリュームをまわして電源をいれます。
そのあと、Audirvana Plusを立ち上げ、DACを選択、さらにDSDでDoPを選択すると、全ての周波数のフォーマットがグリーンになることを確認できます。これこそまさに全部入り! おもわず嬉しくなっちゃいますね。さらに最大までアップサンプリングする設定でいよいよ実際に鳴らしてみます。33










まずは、Audirvana Plusを「iTunes Integrated Mode」をオンにして、iTunesに入っている256k AACを再生。
とりあえず、やなぎなぎ「エアウル」、ChouCho「secretgarden」、ClariSの「STEP」を試聴。
32/384kHzへアップサンプリングされよりきめ細かくなった感じ。全体的になめらかでとても聴きやすいサウンドです。
今度は「iTunes Integrated Mode」をオフでCDから変換した44kHzのFLACでAACと同じ曲を再生。中高域がクリアになり、よりエッジが立った音になりました。96kHzのハイレゾはダウンロードしたサンプル音源と雑誌の付録にあった曲で試聴しましたが傾向は同じで、ちゃんと音の違いを表現してくれています。解像度が高いと言うより締まっている感じ、でしょうか。なるほどです。
AudioGateでFLACを変換した5.6MHz DSDも再生してみましたが、さすがにDS-DAC-10には及ばないものの、「DSDらしさ」みたいなものを感じることはできました。

2014-05-23-11-57-29うして聴いていて、nano IDSDのコストパフォーマンスの高さを実感すると同時に、GX-70HD2はちゃんとnano iDSDでのフォーマットの違いをキレイに鳴らしてくれていることにも感心しました。このコストパフォーマンスの高い製品同士の組み合わせはなかなか相性がいいようです。

あとヘッドフォンでは、同じく最近大きく値下がりして(なんと1万円台後半で買える!)AKGの K550 をつないでみました。K550のキャラクターがよく反映され、また違った聞こえ方をしますが、これはこれでいい感じです。

よく試聴で用いられる「Pure2 -Ultimate Cool Japan Jazz-」をK550で聴いてみると、手持ちの「Astell&Kern AK10」などと比較し、楽曲の「広がり」をより明確に体感できます(GX-70HD2でももちろん体感できます)。いっぽうボーカル曲ではボーカルが前面にでてちょっと色気のあるサウンドになります。この辺は曲によってはよりダイレクト感のあるAK10のほうがいい場合もあるので、音作りの特徴というところでしょうか。それにしてもこのサウンドがこの小さいボディから出ているというのは本当に驚きです。
なかなかハイ・コストパフォーマンスの製品が増えて楽しい限りですね。

 


 
プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。気付けばアラフィフの酔っ払い(定期)。食べるのも好きな天秤座AB型。普段はIT屋で都内と自宅のある福井ほかあちこち出張するお仕事してます。ポタオデは趣味で出張のお供。長年のPC(?)遍歴にApple //c とNeXTstation があるのがプチ自慢(じじぃ)。
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。








記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)






最新コメント