bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

【3BAイヤホン】上海問屋の青いやつとSHUREの赤いやつ(SE535LTD)を聴き比べてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
image

変なタイトルで恐縮ですが、先日、上海問屋のバランスド・アーマチュア型ドライバを3基搭載した、トリプルBA型イヤホンが1万円を切ったと言うことで、早速購入しました。
そろそろエージングも済んだ頃かな、ということでレビューです。

購入したのはこれ↓
BA型ドライバー×3基搭載 高音質カナル型イヤホン 高・中・低音域バランスタイプ (913764)
 (DN-13764)

この商品、以前からPai audioの3BAイヤホン「PAI-MR3」と同じ商品といわれており、販売開始当初の14,800円程度の価格設定時点で「トリプルBAイヤホンとしては価格破壊」とささやかれていました。それが1万円を切る価格設定なわけですから、こりゃ買わないわけにはいかないですね。


■その正体は Pai audio「PAI-MR3」海外仕様、らしい。

image私は1月中旬頃のタイミングで購入したのですが、そのとき通販価格は9,999円になっていたものの、秋葉原の店頭価格は13,999円。これなら送料払っても通販の方が得だね、というわけでポイントがたまってた楽天で購入。 1日遅れでの入手となりました。

届いたパッケージを見てみるとしっかりPai audioのロゴが。パッケージの中身も含めて、確かに「PAI-MR3」と同一とみて間違いなさそうです。
日本国内で販売されている「PAI-MR3」はワインレッドのカラーですが、中国では3色くらいカラーが選べるらしく、上海問屋はそのうちのブルーを輸入しているようです。

ただ、日本国内向けモデルと海外モデル(上海問屋のは海外モデルと)では搭載するバランスド・アーマチュアユニットのメーカーが違う、という話もあるようなので、国内で「PAI-MR3」として販売されている製品と全く同じ音、というわけではないようですが。
※ちなみに、「PAI-MR3」は採用ドライバはKnowles ED29689 + DTEC31323(Dual)だそうですが、上海問屋3BAもシェルの外側からロー側のDualドライバーがDTEC31323であることは確かに確認できました。ハイ側については刻印面が内側を向いており外からの確認はできませんでしたが、手持ちのED29689採用のイヤホンと全く同じ形状のドライバーに見えました。そうなると、ドライバーは同一で、もし違うとしたらチューニング程度ということになりそうです。

imageimage

パッケージには、S/M/Lのイヤーピース(Mサイズ装着済み)と布製のポーチが付属。装着されているMMCX仕様のケーブルはちょっと固めですが取り回し自体は悪くなさそうです。
クリアブルーのシェルは味も素っ気もない、という気もしますが、実際に街中で装着していてもそれほど違和感はなく、気軽に使えるという点で個人的にはいいと思います。明るいブルーですが派手めのデザインのイヤホンが好みの人にはむしろ向いていないかもしれません。


■装着感は個人的にはオッケーです(ただし参考にならないかも)

ちなみに、私は耳の形状がちょっと特殊なようで、耳の大きさ自体は人並み(か少し大きめ)くらいなのですが、耳穴が極端に小さく、奥まで押し込もうと思うとXSサイズのイヤーピースが必要になります。ただ、耳のサイズ自体は普通の男性サイズなので、シュア掛けで装着する分には多少ハウジングが大きくても違和感がなく、むしろ大きめのハウジングのほうが耳自体で固定できるため、イヤーピースで固定できなくても装着できる、という感じになります。
そのため、(ハウジングが大きくて)装着感がイマイチ、といわれるイヤホンでもむしろ私の場合は相性が良かったりします。
image
上海問屋の3BA、というか同店で扱っているこの形状のMMCX型イヤホンはステム部分が結構太く、付属のSサイズのイヤーピースでぎりぎりの小ささ、というサイズ感です。
そのため、下手にウレタン製フォームのイヤーピースに交換するとむしろ大きくなってしまい私の場合はますます耳穴に入らなくなってしまいそうです。ただ、上記の通り、シュア掛けでハウジング部分で固定できるため(私にとっての)装着感自体は悪くはありませんでした。

ただ元になっているPAI-MR3の評判を見る限り、装着感は人を選ぶようです。たまたは私は相性が良かっただけだと思うので、あまり参考にはならないかもしれません。

imageいっぽう、私が普段愛用しているShureの同じ3BAイヤホン「SE535LTD」およびそれ以前から使っている「SE215SPE」などShureの製品は他社のイヤホンよりステムが非常に細いのが特徴的です。
Shureの場合、このステムの細さが遮音性を高める上で重要な役割を果たしているようです。
また私の場合は、このステムのおかげでXSサイズのイヤーピースやコンプライなどのウレタンフォームで非常に細くして耳穴に装着できるため、しばらくは「Shure以外のカナル型イヤホンは使えない」と強く思っていたほどでした。
そんな違いもあり、上海問屋の3BAはShureに比べると遮音性は高い方ではありません。まあPAI-MR3のほうは「セミオープン型」という表記もあるくらいですので。(ハウジングに穴は空いていないので、どの辺がセミオープンなのかは良くわかりませんが)


 ■トリプルBAを中低域中心に割り振ったリスニング仕様のイヤホン

imageというわけで、約2~3週間ほどエージングも兼ねていろいろなシーンで聴いてみました。正直BAイヤホンのエージングはいまいち効果を実感し切れていないのですが、「耳になじむ」という意味では聞こえてくる音が増えるのは事実でしょう。
上海問屋3BAについて、同じ3BAのSE535LTDに慣れた耳で聴いた最初の印象は、「ちょっとハイブリッドぽいかな」という感じでした。つまり中高域にBAらしさを感じつつ、中低域については量感はそこそこあるものの、ちょっとぼんやりとした印象で、ダイナミックドライバの音の広がりのようにも感じられた、というわけです。
ただ、これはSE535LTDがIEM寄りのモニターサウンドであるためで、いわば「解像度が高すぎる」という見方もできます。いっぽう上海問屋3BAはリスニングイヤホンとしては、非常にバランスの良いイヤホンと見て良いと思います。

image最初「ハイブリッドぽい」と感じた上海問屋3BAイヤホンの印象は、シングルBAのような聴きやすいボーカルに中低域の広がりをプラスしたような感じです。
ふつうトリプルBAだと高・中・低のそれぞれの音域でドライバを使用する構成で、SE535LTDなんかはまさにこの配分がぴったり綺麗に配分されているイメージです。その緻密なバランス感覚とShureイヤホン独自の遮音性の高さ、IEM並の敏感な反応で超絶解像度とどこまでもフラットなモニターサウンドを実現しています。

imageそれに対し、上海問屋3BAイヤホンは、中高域×1+中低域×2、というドライバの使い方をしている感じでしょうか。結果として、中域が一番厚く、低域もそこそこ量感がある、だけど高域は弱め、というバランスになっているイメージです。このイヤホンはShureほどの遮音性はないため、屋外ではそこそこ環境音が聞こえます。そのため多少中低域を厚めにすることでちょうどフラットに近い感じになり、さらに中域が広いことでボーカルなどが聴きやすい音になると思います。
解像度は3BAのSE535LTDや4BAのUE900sなどと比べるのは酷だとは思いますが、リスニングイヤホンとしては充分なクオリティと思います。

遮音性という点では、月数回のペースで新幹線を利用して移動をするのですが、今回は普段使用しているSE535LTDではなく上海問屋3BAイヤホンをお供にしてみました。
imageimage

日程の関係で日曜日の昼間の移動でも利用することとなり、新幹線の車内はそこそこ混雑し賑やかな状態でも上海問屋3BAイヤホンもSE535LTD同様に快適に利用することが出来ました。
とはいえSE535LTDは遮音性が非常に高いため、新幹線の車内アナウンスも全く聞こえない状態になりますが、さすがにそこまでの遮音性はありません(他のイヤホン並で、そこそこのボリュームで曲を再生しているとアナウンスが聞こえない場合はあります)。ただ新幹線から北陸線の特急に乗り換えたとき雪や強風などで電車が大幅に遅れたりするのですが、さすがにSE535LTD並の遮音性があるとむしろ不便だなと感じたりもしました。
その時の「没入感」度合いでイヤホンを使い分ける方法もあるかな、と思いました。


■リケーブルでわかりやすい音質変化。バランスケーブルもおすすめ。

上海問屋3BAイヤホンもMMCXコネクタによるリケーブルに対応しています。
もともとSE535LTDではリケーブルを行っており、「Astell&Kern AK300」をDAPに利用し始めてからはさまざまなケーブルに加え、バランス接続も行うようになりました。現在はどれも1万円以下ながら数種類のバランスケーブルを使用しているので、これらのケーブルを使ってリケーブルを試してみます。

image実際バランスケーブルを上海問屋3BAイヤホンに装着してみると、予想以上にはっきり違いが分ります。
もともとの標準ケーブルでは、BAらしい音はつかみつつも、解像度の高さではまあまあという音でしたが、バランス接続に変更することで、音の分離感が向上しひとつひとつの音がより明瞭に聞こえるようになりました。
特に手持ちでは一番価格の高いonsoの2.5mmケーブルより、価格が一番安いG&Vのバランスケーブルの場合がアタックのキレが良く、いちばん変化があったように感じたのが興味深いところです。

imageまた、アンバランスでは見た目も華やかなアップグレードケーブルを使用。イヤホンのドライバに見合う情報量が送られるためか、音の濃度がぐっと増し印象も一変。リケーブルで音が変わる、と言うのをあらためて実感し、トリプルBAイヤホンとしてのポテンシャルを再確認できました。

このように音質面ではある程度リスニングに特化した内容ながら、トリプルBAイヤホンとして高いクオリティを持った製品だということは間違いないと思います。1万円以下で手軽に購入できるというのは相当にお買得といっていいと思います。

まあ確かにハウジングは同社でも3千円台で販売しているダイナミックドライバ搭載モデルと同じプラッキーな透明シェルなので、多少の「安っぽさ」は否めないですが、手元にひとつ持っていても損はないかなと思います。わたしもリケーブルし気軽に持ち歩ける3BAイヤホンとして活用したいと思います。

続きを読む

手軽なSACD再生用に「DV-610AV」を入手しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
image

■お買得?低価格・高音質な中古SACDプレーヤーを入手。
それほど多くはないですが、私もSACDのコンテンツをいくつか所有しています。

image5年以上前に購入したものは、当時使用していた初期型PS3の1台でリッピングに対応できDSDデータ化することに成功していますが、そのハードは幾度の修理・再生を経てすでに完全ご臨終を迎え、現在では使用できません。DSD化に成功したものも、それ以降に購入したSACDも、基本メディア自体はプレーヤーで再生する以外の利用方法はないわけですが、東京では再生できる環境がありませんでした。

そんななか、先日パイオニアの古いDVDプレーヤー「DV-610AV」を安価(1万円以下)で入手することが出来ました。

image普通に考えれば5~6年以上前のDVDプレーヤーの中古価格が1万円でも凄い高い気がしますが、このモデルは販売されていた当時から、ひとつ前の「DV-600AV」と並んで「低価格で高音質なSACDプレーヤー」として知る人ぞ知る有名モデルでした。

特に当時DV-600AVのメイン基板が140万円ほどする高級SACDプレーヤーでそのまま使われていたことが話題になり、100分の1の価格で買えると人気だったようです。

ですので現在も販売当時の新品価格並みかそれ以上の中古相場になっていて、状態の良い商品が1万円以下だとかなりお買得だったようです。


■現在の低価格SACDプレーヤー事情。
とりあえず福井の自宅ではSACDに対応するマルチプレーヤーや別の初期型PS3があるのですが、東京でも環境を持ちたいと思い、低価格で購入できるプレーヤーを物色してみました。
福井の自宅にあるパイオニア「BDP-180」や初期型PS3は基本的にSACDをPCM変換して再生します。
ですので、できればPCM変換せずにプレーヤー内蔵DACでRCAに直接出力できるものがよいのですが、そうなると現行モデルではいきなり敷居が高くなります。

そこで、まず頭に浮かんだのはパイオニアの「PD-10」および「PD-30」ですが、これらはすでに販売終了し、後継モデルはSACD未対応になってしまいました(対応するのは上位機種の「PD-70」から)。おかげで旧モデルはプレミアが付いてしまっています。底値の時に買っておけば良かったですね。

あとは低価格ではパイオニア、ヤマハの10万円近いマルチプレーヤーといったところでしょうか。(ヤマハは旧モデル「BD-A1040」がアマゾンで2万円台で購入できます)
旧モデル、と言うことになるとまずターゲットに浮かぶのはソニーの「SCD-XE800」ですが、中古も含めてこれもものが少なく安価で入手するのは難しい状況です。
旧モデルや中古でも3~4万のモデルがギリギリで、現行モデルは最低価格6~7万円、一般的には10万円前後がエントリーという、CDプレーヤーの価格帯としては完全に高級プレーヤーのみで再生できるメディアと移行しつつあるのが現状と言えそうです。


■SACD専用につきRCAで接続。マルチチャンネルはそのうち。
imageSACDはステレオ(2ch)とマルチチャンネル(主に5.1ch)のソースがあるのですが、とりあえずはRCAで東京のメイン環境(マランツ M-CR610とダリ ZENSOR1)へステレオ接続。
ステレオケーブルは所有していたオーディオテクニカのART LINKケーブルを使用。一般的な同社のケーブルと比較すると安価ではありませんが、効果からすると価格以上の性能があると思います。

別途AVアンプへのHDMI接続でマルチチャンネルもできますが、当面は2chのみで使うことにしました。

早速鳴らしてみたSACDの音質はなかなか期待以上です。

DSD化出来ている音源はMacからAudrivana Plus →USB-DAC経由でこれまでも再生できていますがSACDはまたひと味違う、透明感の高い音質が楽しめます。また定位感も抜群です。
このようなサウンドが1万円そこそこのプレーヤーから出ていると思うとけっこう驚きです。
そして、現在は普通には買えなくなりつつあることにちょとした寂しさも覚えます。


■DV-610AVは「DSDディスク」は未対応。PS3を利用する。
SACDと同様にDSD64の内容を一般的なDVD-Rメディアに記録した「DSDディスク」と呼ばれるフォーマットがあります。これはSACDを実装した初期型PS3や当時のVAIOなどで当時SACD推しだったソニーが推進していたものだったと記憶しています。
audiogate現在もKORGのDSD再生ソフト「AudioGate」でDSDディスクの作成が出来ます。
「AudioGate」ではCD音源やハイレゾPCMなどからもDSD化できますが、最初からDSDの音源を持っていれば変換無しでそのままDSDディスクが作成できるので、「SACD(ぽいもの)を自作する」ことができるわけです。
ただ、残念ながら、DV-610AVはDSDディスクには未対応。この辺は上記のパイオニア「PD-10」「PD-30」やソニー「SCD-XE800」は対応しているという記述がありました(ヤマハBD-A1040は未対応)。

imageただ、DSDディスクはPCM変換となるものの、初期型以外(SACD未対応の)モデルを含むすべてのPS3で再生が可能です。このPCM変換のロジックが高性能・高音質、といわれたPS3ですので再生環境次第ではDSDディスクプレーヤーとして十分活躍ができます。
私は、初期型ではないモデルのPS3でSPDIF(光ケーブル)出力で176.4kHzでマランツM-CR610へ出力しています。つまりPS3はDSDディスクのDSD64をリアルタイムで176.4kHz PCMに変換しながら再生しているわけです。
imageimage

さすがにCDやハイレゾ(元がPCM)から作成したDSDディスクを再度PS3でPCM変換しながら再生するのはナンセンスだと思いますが、元がDSD音源ならば再生方法のひとつとしてアリかなと思います。


■クラシックだけじゃない、でも選択肢は少ない。
ところで、SACDというと基本はやはりクラシック作品が中心になると思います。
そんななかアニソン・ゲーム音楽で高音質の作品を出し続けているFIX Recordsの昨今のアルバムはほとんどがSACDハイブリッド仕様になっており、手軽に高音質を楽しめます。
同社の「Pure ~AQUAPLUS LEGEND OF ACOUSTICS~」「Pure 2 ~Ultimate Cool Japan Jazz~」の2枚は私もリスニングテストの定番に使っているアルバムですが、音源はSACDハイブリッドで購入後DSD化して使っています。
 
10年前、6年前の作品ですが、どちらのアルバムも全曲が非常に高いクオリティで製作されておりリスニング環境が変化する度に常に新しい発見を今も感じさせてくれます。

最近のFIXのアルバムはハイレゾやDSD音源での購入がふえてきましたが、Suaraさんの「夢路」(リマスター版)、上原れなさんの「Emergence」はお買得な中古盤を見かけたのでハイレゾ音源に加えてSACDハイブリッドも購入してしまいました。それぞれの代表的なアルバムなので持っていても損は無いと思っています。image
ただ、逆に言うと気軽に聴けるSACD作品が同社くらいからしか出ていない状況もSACDが敷居を上げ続けている要因ともいえるでしょう。まあ、SACDはDVDやBDといった現在一般的なメディアとはハード面でも一線を置く規格ですので、どんどん用途が限られるのは時代の流れとして仕方ないのだと思いますが。
ただ、昨今のハイレゾを中心としたオーディオへのニーズから、ハイレゾ→DSD→SACD、という流れでSACDへ回帰する方も増えるのではという気もします。アナログレコードと同様にSACDも改めて見直される時代がくるといいな、と夢想せずにはいられないのでした。


プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。気付けばアラフィフの酔っ払い(定期)。食べるのも好きな天秤座AB型。普段はIT屋で都内と自宅(鯖江)のある福井ほかあちこち出張するお仕事してます。ポタオデは趣味で出張のお供。長年のPC(?)遍歴にApple IIc とNeXTstation があるのがプチ自慢(^^;
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。





最新記事



記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)






最新コメント