bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

低価格サーバ(PRIMERGY TX100 S3)をデスクトップ環境で活用する

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote


TX100 S3


■個人で「サーバ」を買った。


某所で格安になっていた、富士通のサーバ機を購入した。
PRIMERGY TX100 S3」という機種。OSレスモデルでへたなPCを購入するより遙かに安価に買えた。

Pentium G650 / 2GB RAM / 250GB SATA というスペックだが、数年前にヨーロッパの富士通シーメンスを吸収、ラインナップを統一化して以降、マザーからの自社生産(機種によってはマザーボードにMaid in Europeの刻印がある)、国内工場の組み立てとなりクオリティが格段に向上した。
このTX100 S3も静音設計の電源に、使いやすいミニタワーサイズながらケースの冷却設計は秀逸で、3.5"×4、2.5"×1のHDDベイへの配線の引き回しもよい。またLANもインテル製のものを2系統搭載するなど単純にベアボーンとして考えてもかなりお買い得だと思う。

またメンテナンス性も高く、ケースはハッチ式でドライバレスで開閉ができ、さらに、HDD(3.5" 4基分のマウント付き) 、オプティカルドライブ(1基分のマウント)、PCI-Ex(x16、x8、x4、x4の4つ)の各スロットがやはりドライバレスでマウントできる。この辺は組み立てコストが影響するメーカー製品らしい点だが、メンテナンスやスペックアップのうえでも有り難い。

■CPUの交換、ビデオカードの増設

Sandy BridgeのPentium G650は、Pentiumといえどもかなり高速で、ひと世代前のCore i3よりも部分的には早かったりする。ただ、どうせならCPUも換装してみる。
今回は同じサーバやワークステーション用途のXeon E3-1220にした。TX100 S3で実際にラインナップされているCPUなので間違いなく動作するだろう、というのと、たまたま手元にあったから。
ただ、同じコアのi3もラインナップにあるので、i5やi7に換装しても問題ないとは思われる。

メモリに関しても「富士通製ではない」という警告が起動時に表示されるものの、動作に支障はなかった。

ビデオカードについてはAMD(ATI)のRADEON HD5450のファンレス製品(ASUS製)を選択。HDMIでディスプレイと接続することでサウンドも出力される(サーバ機なのでマザーボードにサウンド機能は搭載されていない)。

Windows 7のOEM版を使用してインストール。追加でインストールしたのはネットワークアダプタとビデオカードのみで、あっけなく完了。
快適なサーバPC環境ができました。


 ■高性能静音PCとして、録画サーバとして

ビデオカードやCPUの性能を上げれば、安価でそこそこ高性能のPCを構築することができます。
しかし、サーバ機としての静音性や安定性を考えると、たとえばビデオキャプチャカードを搭載した録画環境を構築するのもよいでしょう。

実際、このあと、PT3を2枚搭載し、録画環境としてしばらく使用しました。
(これについては、その後環境を変更したので、別記します)

この記事を書いている時点でも、かなり安価で出しているところもあるようなので、手に入るウチに購入されるのもお勧めです。
→ 富士通 PRIMERGY TX100 S3(アマゾンでの価格)


 【まとめ】富士通PRIMERGY TX100 S3をベアボーンとして使う方法

まとめるほど大したこともないのですが、以上の内容をまとめると、

CPU: 標準搭載のPentium G650ほか、メーカーサイトのカスタマイズ構成に載っているCPUには換装可能。i3が使えるのでSandy BridgeのCPUならi5でもi7でもいけそう。

メモリ: DDR3 1600仕様のUDIMMならOK。ECCなしでもいける。ただし純正以外は起動時に警告が出る。

HDD: 3.5" SATA用のベイを4基搭載。マウントおよびSATAケーブルは配線済み。簡単に取り付けられる。

VIDEO: 標準搭載のVIDEOはサーバ用でPC用としては無理なので、PCI Express x16スロットに増設。(ビデオカードの機能で)HDMI出力だとサウンドも使えるのでおすすめ(サーバ機なので標準ではサウンドは未搭載)。あともとが静音なので、ファンレスなどを選択したほうがよいかもしれない。

OS: メモリまたはHDDと一緒にOEM版のWindoows 7を購入。メモリは純正以外だと動かないことも考えられるので、不安な人はHDDと一緒の購入がよい。OEM版以外のWindowsはインストールできてもライセンス違反になるので注意。

インストール: 
・上記オプションを装着後、ただインストールするだけ。ふつうにインストールできる。
・OSインストール後、ビデオカードのドライバ、ユーティリティなどをインストール。
・LANインターフェースは標準では認識しないため、ドライバをメーカーサイトでダウンロードする(Windows Server 2008R2用で問題ない)。
・あとはアクティベーション、Windows Updateなどをやっておしまい。


続きを読む

iVDR-Sは使えるか? スカパー!HDの録画環境としての利用

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
■iVDR-Sメディアでの地域間視聴

単身ながら東京都内に本格的に生活拠点を移して2ヶ月。

 録画環境については現時点では、地上波、BS/110°CSは東京都内、スカパー!プレミアム(旧スカパー!HD)は福井の自宅での2元環境になっています。

スカパー!HDは、HDD内蔵チューナー(TZ-WR320P)にボルカノフローを接続し、インターネット経由のでの視聴およびリモコン操作が可能にしています。そのうえで、録画はI.O-DATAのiVDR-Sドライブ付きモデルのRECBOX(HVL-AVS2.0)にネットワーク録画を行っています。

また、東京の環境にはマクセルのHDD&iVDR-Sレコーダ(VDR-R2000.G50)があります。

東京と福井は定期的に往復しているので、スカパー!の録画コンテンツをiVDR-Sカートリッジに定期的にムーヴし、東京へ物理移動することで視聴できるようにしよう、という考え方です。


DTCP-IPの拠点間転送(前記の通り、特に東西またぎはほぼ不可能と断定可能)や、ストリーミングなどいろいろ検討したが、スカパー!(110°CS)をメイン契約として、こちらにない、またはHD化していないチャンネルだけをプレミアムサービスに残すことで、多少の時間差は大丈夫なのでは、という考えに至ったわけです。

画像1


 
■実際の運用には問題も(ほとんどはRECBOX)

東京にあるマクセルのVDR-R2000.G50は、ムーヴ対象(IN/OUT)の機器の種類が少ないことや、デュアルチューナーを内蔵していてもTSEなどの圧縮モードが使えるのは1チューナーだけ、などの制限はあるものの、総じて使いやすく、安定して動作します。
また画面のインターフェース動作はちょっともっさり感があるものの、iVDR-Sメディアへのムーヴも高速で使いやすい。実はこの機種がスカパー!プレミアムサービスLINK(旧スカパー!HDダビング)に対応してくれれば、すべて解決なのではないか、と思われます。
あるいはRECBOX(iVDR-SのないAVシリーズ機)からVDR-R2000.G50へのムーヴでもよいのですが。(逆にVDR-R2000.G50からRECBOXへのムーヴはできる)


いっぽう、iVDR-Sドライブを内蔵した HVL-AVS2.0は、他のRECBOX製品とは異なる点が多く、実際、ファームウエアも古いものから更新されていません。
具体的に問題になるのはスカパー!HDチューナーからのネットワークダビング(受信)に対応できない点(通常モデルのHVL-AVx.0は対応している)。
おそらく、仕組みの異なるiVDR-Sの保護機構を無理矢理組み込んだカスタムモデルのため、ファームウエアを下手にいじれないのでは、と予想されます。そのためか、HDDからiVDR-Sへのムーヴなどを頻繁に行うと挙動がおかしくなったり、最悪フリーズをおこしてしまうことがありました。
 
 福井の環境はVPN越しに東京から遠隔操作しており、RECBOXの管理画面も東京から操作ができます。しかし、その操作中にフリーズを起こすと、当然、以降のスカパー!HDチューナーからの録画はできなくなってしまいます。また強制的な電源OFFなどの直接操作が必要になるため、遠隔操作環境としてはかなり危険をともなうわけです。

ただ、それ以上の問題は、このようなフリーズを起こすと、まず間違いなくiVDR-Sカートリッジの内容にエラーが発生し、以降の書き込みができなくなるだけでなく、他のプレーヤー(VDR-R2000.G50)などで読めない(フォーマットしますか?と聞かれる)状況に陥ること。
HVL-AVS2.0の復旧後、詳細設定メニューにある「チェックディスク」によって復旧することはできるが、カートリッジの内容をHDDなどにムーヴができない(正確にはコピー動作後の削除ができない)ケースが多くありました。

この状態の時に唯一できた解決方法は、PC用のiVDR-Sカートリッジ用アダプタ(RHDM-US/EX)を使用し、付属のiVDR-S用のソフトウエア環境からレコーダやRECBOXのHDDなどに再ムーヴすること。ただ、これも大量の録画データを一度に転送するとPC側でエラーを起こしてしまうため、カートリッジ にすでに大量の録画データがある状態でメディアのエラーを起こすとなかなか大変な事態になります。
 
なんとかHDDにデータを戻したら、カートリッジを再フォーマットして、それから改めてカートリッジにデータを戻して・・・
たとえば500GBカートリッジの場合、データが満載だと連続コピーでも転送にはまる1日かかります。ただ、連続コピーではエラーをおこしてしまうため(またチェックディスクからやり直し)、気が遠くなる作業を伴います。

結論として言えるのは、iVDR-SモデルのRECBOXを録画先に使うのであれば、HDDからのムーヴではなく最初から録画先をiVDR-Sカートリッジにすること。
フォルダ管理などの管理画面の操作は連続しておこなうと、RECBOXの処理能力が追いつかず、カートリッジを破損させる恐れがあるため、連続しての作業は控えること。となります。

正直、それ以上に、iVDR-Sを前提として考えるのであれば、RECBOXより、多少費用がかかっても東芝のレコーダ→マクセルのiVDR-Sレコーダの連携の方がよさそうです。


そして、もうひとつの回答は、スカパー!プレミアムのチューナ&録画環境そのものを変えること。
これは次に続きます。


【追記】先日、I.O.DATAのHVL-AVS2.0のファームウェアがアップデートしました。
あいかわらず、iVDR-S非搭載機にできているスカパー!プレミアムチューナーからの転送受けはできないものの、上記の不安定部分は対策を行ったとのこと。
実際、どの程度安定して動作するかはあらためて確認することにします。
プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。気付けばアラフィフの酔っ払い(定期)。食べるのも好きな天秤座AB型。普段はIT屋で都内と自宅のある福井ほかあちこち出張するお仕事してます。ポタオデは趣味で出張のお供。長年のPC(?)遍歴にApple //c とNeXTstation があるのがプチ自慢(じじぃ)。
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。





記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)






最新コメント