bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

いまさらですが、「KORG DS-DAC-10」のこと。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
2014-05-23-01-39-56

先日、福井の自宅にあったKORGのUSB-DAC「DS-DAC-10」を東京の環境へ移しました。

もともとは昨年秋に福井の自宅のホームシアター兼リスニングルームをアップデートした際に購入したもの。ちなみに、ヘッドフォンやイヤホンは大型の家電量販店などでいろいろ試聴ができますが(といっても都市部のハナシ。福井など地方の量販店ではそれすらできない)、USB-DACともなると専門店などを訪れないとなかなか気軽に試聴して選べる環境がありません。 というわけで素人の私などはおのずと「定番」へ走るわけで、雑誌やネットなどで当時評判のよかったDS-DAC-10を購入したという流れです。

DS-DAC-10はひとことで言うと「DSDをいい音で鳴らすDAC」というのがおそらく正解。
そして再生には専用のドライバと「AudioGate」のインストールが必要。
 
ただ、自宅のホームシアターはどれも相当昔の古いアンプやスピーカーばかりですが(10年近く前に単品で中古を集めたもの)、この環境でDS-DAC-10を接続し、Windows環境下でfoobar2000から鳴らしてみると、CD音源のFLAC等でもなかなかいい感じで再生できました。たしかに高音質DACとして定番になるだけのことはあるな、という印象です。

2014-05-23-01-44-16ところが東京に移動して、ONKYOの「GX-70HD2」へ接続すると(マシンはMac mini 2011に変更)、その好印象は一変。まず再生環境はいつもの「Audirvana Plus」で、CDから作成したFLACファイルを192kHzにアップサンプリングして試聴すると、非常に物足りなさを感じます。ひとつふたつ膜をかぶった感じです(二重ガラスと書いていた方がいらっしゃいましたがまさにそんな感じ)。
いっぽうAudioGateを使用し、同じ曲データをDSDへリアルタイム変換で再生すると、メリハリのある明瞭なサウンドに一変。中高域の抜けが良く、同時にDSDならではのなめらかな感じになります。ただリアルタイム変換の場合、音量が非常に大きくなる傾向がありボリューム設定でちょっとあせります。

おそらく東京で使用しているGX-70HD2は、あまりDS-DAC-10とは相性はいまいちのようで、ヘッドフォン端子にAKG K550を接続した方が良い感じで聴くことができました。おそらく古いとは言え、この福井と東京での感覚の違いは、もともとつないでいた福井の自宅のAVアンプおよびスピーカーの環境とのオーディオ的な差が出たようです。まあ、アナログの世界の話ですから仕方ないですね。

また、DS-DAC-10をはじめKORGのUSB-DACは、AudioGateでDSDに直接変換して送る仕様であるため、MacでもCoreAudio用の専用ドライバを使用します。そのため、Audrvana Plusのウリである「Integer Mode」(MacのCoreAudioをバイパスし直接DACへ送るモード)が使用できず、強制的にCoreAudio経由になってしまいますし、DSDはAudioGateからしか再生できないため、Audrvana Plusとは相性が悪いかも、というか使うべきではない、という気がします。Mac環境ではAudioGate専用のDACと考えるべきですね。
というか、DS-DAC-10を購入するときに参考にしたオーディオ紙の評価レビューは確かAudirvana Plusで使用してDS-DAC-10がベスト評価だったような・・・。そういえばDSDの音質が、といってる時点で結局AudioGate使っていたんでしょうね。まったく、あの手の記事はアテになりません。


2014-05-23-01-46-41しかしながら、なるほど、とにかくDSDにして安定して再生させたい、自分のお気に入りのオーディオ環境に違和感なくDSDのサウンドを入れたい、という傾向にはぴったりはまる製品だということを再認識。いっぽうiTunesの圧縮音源を含め、いろいろなフォーマットで、いろいろなジャンルの曲をいろいろな環境で楽しみたいという向きには結構「用途が絞られる」、というかオーディオ側の環境を選ぶUSB-DACと感じました。
いい製品だとは思いますが、決して安価でもなく結構偏った製品が売れ筋だったというのは、なかなか不思議な感じですね。まあ購入者の多くはメディアの露出度と評価で決めるしかないの仕方ないかなとも思いますが。
とりあえず、現在の東京の環境では向いていないと判断し、再度福井のリスニング環境へ帰還させることにしました。

追記:
その後、DS-DAC-10はオークションで売却しましたが、東京用のスピーカーとしてDALIの「ZENSOR1」を購入し、手持ちのCR-D2をアンプにオーディオ環境を再構築したため、改めてDS-DAC-100mを購入。気がつけば結構増えていたDSDのネイティブ再生やハイレゾのDSDリアルタイム変換再生で活躍することになります。またiAudioGateのリリースにより、iPhoneでのモバイル利用もはじめました。
この記事を書いた時点の私には買うのがちょっと早かったようですね(笑)。


「ONKYO GX-70HD2」をより活用する「お得な」組み合わせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
gx70hd2-1

Mac miniのサウンド環境を向上させるため、 新しくスピーカーを導入しました。
これまでも、低コストで音質に定評があるOrasonicのTW-S5を使用していましたが、ハイレゾ対応のUSB-DACを接続できるスピーカーが欲しくなったわけです。

ここで購入したのはONKYOの「GX-70HD2」。アクティブスピーカーでは価格に対して音質に定評のある、非常にコストパフォーマンスの高い製品です。

中高域から低域までキレイに鳴る、クセのないサウンドが特徴。
入力はRCA端子2系統のみですが、標準付属のケーブルはRCA→ミニプラグで、この製品がPCスピーカーや、TVの外部出力、スマホなどとの接続など、汎用的に幅広く利用できるように想定していることが伺えます(価格的にも15,000円以下と手頃感がありますし)。そのためか、ネットをみてると同価格帯の「BOSE Companion2 Series III」との比較で「低音が弱い」とか、RCAを2個つけるくらいならひとつは最初からミニプラグにしてほしいなどのコメントも見受けられます。

しかし、BOSE Companion2 Series IIIが明確にPCやTVなどに直接つないで使用する低音重視の商品なのに対し、GX-70HD2はよりオーディオ的で、ある意味モニターライクな作りになっているという点でコンセプトが異なるというか、「PCスピーカー」というより「アクティブスピーカー」としてひとつ上のレベルの商品と比較すべきなのではと思います。

またPCスピーカーとしての評価でノイズが多いというコメントもあるのですが、要するにPCからのノイズも含めてきちんと鳴らしている、というほうが正確でしょう。
USB-DACを経由させ、アクティブスピーカーとしてセッティングすればそのようなノイズと遭遇することはまずありません。つまり、オンボードのオーディオ端子(ミニピン)から直接つなげるようなスピーカーではないということです。比較対象を考えれば「安すぎる」のもちょっと考えかも知れませんね。

手元に届いてから、何種類かのUSB-DACを接続して聴いてみましたが、それぞれのDACの個性をはっきり聞き取ることができ、192kHzなどのハイレゾにアップサンプリングしたサウンドも実感することができました。私の東京の環境ではこのクラスのスピーカーでも十分に利用できると感じました。
写真では「iPhone用」に使っている Astell&Kern AK10 をつないでいますが、これはこれでヘッドフォンやイヤホンとは違った楽しみができます。このスピーカーとの組み合わせだと、基本フラットですが、AK10の特性か、ボーカル寄りのちょっとだけカマボコ型に感じました。GX-70HD2にはサブウーファー用の端子がありますので、サブウーファーを導入して低音を強めればまた変わってくるかもしれません。

(追記)2015.2.10

現在は、オーディオインターフェースの「Steinberg UR12」をつないでいます。本格的なDTM向きの構成とは言えませんが、素人にはこれでも十分。UR12との組み合わせでGX-70HD2はちょっとしたモニタースピーカー的にも感じます。DAWの「Cubase AI」も無償で使えますし、ループバック機能が使えるのも大変魅力的です。もちろん単純にUSB-DACとしても低価格でハイレゾに対応したモデルとして活用できます。とても1万円前後で買える商品とは思えない多機能&高性能っぷりです。

ちなみに、左側のスピーカーへは普通のスピーカーケーブルで接続する仕様ですが、付属のものだと時折ノイズを拾ったため、手持ちの別のスピーカーケーブルに交換しました。

また、エンクロージャの振動がダイレクトにデスクに伝わるため、インシュレータも必須です。ただここは市販のものではなく、いやゆる「10円玉インシュレータ」で十分効果があります。5円玉でもOKです。
とりあえず8枚用意してスピーカーの足に置くだけですのですごいお手軽です。

なお、電源タップにはノイズフィルタ付きのエレコムの「KT-180」を、RCAケーブルには「Stero」別冊の「自作でオーディオアクセサリー(part.2)」に付録でついていたオヤイデ製のケーブルを使用するなど、ハイコスパのGX-70HD2にあわせてコスパ抜群のアクセサリを組み合わせています。

2014-05-23-08-42-50tap1

 
 
続きを読む
プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。気付けばアラフィフの酔っ払い(定期)。食べるのも好きな天秤座AB型。普段はIT屋で都内と自宅のある福井ほかあちこち出張するお仕事してます。ポタオデは趣味で出張のお供。長年のPC(?)遍歴にApple //c とNeXTstation があるのがプチ自慢(じじぃ)。
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。








記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)






最新コメント