bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

【鉄板】アンダー3千円!「KZ ZS3」「ED9」「ZST (紫)」国内で買える高音質なKZ社おすすめ中華イヤホン

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
image

ちょっと前からかるい物欲発作(笑)が起きるたびに激安の中華イヤホンを購入していて、気がついたらここ数ヶ月くらいでも結構な数を購入していました(笑。

中華イヤホンというと、最近は某イヤホン専門店が「Auglamour R8」をえらく推したあたりでネットでの露出も増え、同社が扱う小米(Xiaomi)のオーディオブランド「1 MORE」のイヤホンやヘッドホンもよく売れている模様。

そんななかKZ(Knowledge Zenith)社の「KZ ATE」や「ATE-s」などは、とにかく激安で高音質ということで中華イヤホンで以前からよく知られています。私自身はATE-Sは購入していないのですが、このKZ社のイヤホンも昨年から何種類か集まってきたのでまとめて紹介します。
私自身はものは中国アリババの海外向け通販サイト「AliExpress」などで購入している商品が多いのですが、今回紹介する製品はすべて現在は日本国内のアマゾンでも3000円以下で手軽に入手できるため、中華イヤホンの入り口としては最適なのではないかと思います。



■装着感抜群、ユニバーサルでは唯一無二のハウジング形状が生み出すサウンド「KZ ZS3」

まずはシングルのダイナミック型ドライバを搭載した「ZS3」。シュア掛けスタイルのイヤホンで、ハウジングは結構大きいのですが、なぜか耳にしっくりくる絶妙な装着感が特徴。価格も本当にこの値段で良いの?てくらい安価です。アマゾンでもいろいろなショップが扱っていますが送料込み2,000円以下で購入できます。
→ Amazon.co.jp(WTSUN Audio):KZ ZS3
image


個人的にイヤホンのエージング効果は良くわかっていないのですが、ネットなどを見ると中華イヤホンは100時間~200時間のバーンインが良いとされているようです。購入後ちょうど1週間程度の出張があったため、そのあいだお留守番のiPodで結構長めのプレイリストをループ再生し続けることで同等のバーンインを行いました。
imageimage

聴いてみると、全般的にドンシャリ傾向ながら高音少なめ、重低音指向な音です。ただ、こもった感じではなく、比較的クリアで広い音域を持っています。それほど刺さる感じではないので心地よく聴けます。曲としてはロック系や打ち込み系が良いと思います。アニソンも女性ボーカルの刺さりが少ないので個人的には良いと思います(刺さる方が良い人もいるのでそこは好みで)。
また後述のZST同様にZS3用アップグレード用のリケーブルも販売されており、好みに応じて交換が可能です(ZST用のケーブルとは微妙にピン位置が異なるため互換性はありません)。

imageZS3は上記の通り、その特徴的なハウジングはKZのイヤホンのなかでもひときわ異彩を放っていますが、この形状はユニバーサル(汎用型)のイヤホンとしては画期的に攻めてると思います。チープ感をどうして持ってしまうプラッキーな材質なせいか、あまり話題になりませんが、ほとんど耳型から作るカスタムIEMと同様な形状ともいえます。
ダイナミックドライバは構造上どうしても空気の抜けが必要で、同時にハウジングの形状による音への影響を反映する点はスピーカーと同じです。
ZS3の独特の形状による、他の一般的なイヤホンにはないフィット感が生み出す音場効果こそが、この価格にしてこの音を生んでいるとしたら、もし同じハウジング形状で本気でイヤホンを作ったらどんな音になるんだろう、そんな妄想をしてしまわずにはいられないのでした。
※追記:実はそのアプローチはユニバーサル型のカスタム仕様の中華イヤホンには主に多ドラ系に結構あるという事が後に判明するのでした(実際に買っています^^)。


■メタルボディが頼もしい。ノズル交換で音質変化が楽しめる「KZ ED9」

ネットで一時、1万円超えの音質をした1000円台イヤホンとして話題となったのが「ED9」です。私は中国Bandgoodのショップで購入したのですが、現在はやはりアマゾンでも同等の価格帯で購入できるようになっています。
Amazon.co.jp(WTSUN Audio): KZ ED9

コンパクトなメタルボディのダイナミック型イヤホンですが最大の特徴はノズル部分が2種類同梱されており交換が可能な点。こちらもZS3同様、購入後1週間程度バーンインを行いました。
imageimageimage

ノズルは金メッキベース(3枚目の写真で右側)と真鍮ベース(同・左側)の2種類が入っており、金メッキベースののものがドンシャリ傾向、真鍮ベースがフラット傾向になります。個人的にはフラットな音の方が好みなので真鍮ベースを使うことが多くなりますが、ノズル自体の交換は簡単なのであらかじめ両方のノズルにイヤーピースをつけておき、イヤーピースごと交換できるようにしています。イヤーピースは手持ちのSONY製のものに交換。このイヤホンはイヤーピースの違いで結構音質に差が出るので、自分の耳に一番フィットするものを選んだ方が良いと思います。
ちなみに、どちらのノズルの場合も、クリアで音の情報量は非常に多いイヤホンですが、ちょっと聴き疲れします。また、高音の刺さりが結構ありますので、わりとアコースティックなサウンドと相性が良さそうです。アニソンやEDMはちょっと好みの音ではありませんでした。


■ハイブリッドでこの価格。カラーモデルは音質も向上?
リケーブルも楽しい「KZ ZST(紫モデル)」


※追記:本レビュー以降、後期型「ZST」さらに「KZ ZST Pro」バージョンの発売にあわせて、アップデート版のレビューを掲載しました。あわせてご覧ください。
→ 「KZ ZST Pro」編/ZS6だけじゃない! KZ人気イヤホンの「新バージョン」を深掘りしてみた

そして1DD+1BAのハイブリッドモデルの「ZST」です。中華イヤホンのハイブリッドというと小米(Xiaomi)の「Xiaomi Hybrid IEM」という、これまた激安高音質のイヤホンを持っているのですが、ZSTも負けず劣らずの価格です。ただ、上記の「ZS3」などと比べネット上の評価が分かれていたので購入を躊躇していたのですが、本来のブラックのモデルに加えカラフルな紫色(Purple)のモデルがAliExpressで発売され、「これはカッコエエ」と思い、交換用のケーブルもセットでつい購入しました(笑)。現在はどちらのモデルもアマゾンで購入できます。しかも後発のPurpleモデルはいろいろ改良されているらしく、Blackの初期モデルと比較しかなり良くなってるようです。

Amazon.co.jp(WTSUN Audio):KZ ZST(各色・マイクあり・なし)
→ Amazon.co.jp:KZ ZST(国内正規品)
 
Amazon.co.jp(WTSUN Audio):ZST用アップグレードケーブル

それにしても、ハイブリッド型の高音質イヤホンが2千円台で購入できるとか、日本で販売されている普通のイヤホンでは考えられない価格設定ですよね。
こちらもバーンイン後の確認となりますが、中華ハイブリッドは特にバーンイン効果が大きいと言われていますので、今回はまずは購入直後の音も入念に聴いてみました。たしかにネットの記事にあるように全般的に低域が強く中域は弱いですが、購入した個体が「当たり」だったのか、それほど悪くない印象です。

imageこの価格帯の中華イヤホン(特にデュアルドライバー)にはハズレの商品もあり、私自身も過去に何個かハズレも買っていますが、それら「ハズレ」イヤホンの「こもった音」と比較すると、「KZ ZST」は十分にハイブリッドらしい明瞭さになっています。
ネットの記事のよると後発のPurpleのほうが多少改良されているのかBlackより音の締まりが良い、という記述もありましたので、カラーによって評価は結構違うのかもしれません。ATEでもよく言われましたがKZのイヤホンは同じ製品でもバージョンによって音質が変わっていたり、当たりはずれもあるようなので、一概に評価できないこともあります。

※追記:現在はブラックもパープルも改良したモデルになっており、どちらも問題なく安心して購入できるようです。

imageその後1週間程度のバーンイン後、改めて確認すると、ドンシャリ傾向でさらに中域も出てくるようになりました。音の絞まりもちょっと良くなったようです。さらに一緒に購入したZST用アップグレードケーブルに換装することで明瞭さが向上。音域の広さはまずまずです。
「ZS3」も「ZST」もケーブルは脱着式ですが、「ZST」のほうはサイズ的に一般的なIEM用の2pinコネクタと互換性があり、今回購入したアップグレードケーブル以外にもリケーブルを楽しむことができます。1000円程度の安価なアップグレードケーブルでも確かに結構な音質変化がありましたので、ケーブルによってはさらなる音質向上が望める可能性があります。

個人的には、普段あまり低音押しのイヤホンは使わないのですが、取り回しも良く、(価格的にも)気兼ねなく持ち歩けるので、特に低音が効いている方が有り難い屋外で使うのにはアリだな、と思いました。

image※追記:その後、約100~200時間程度のエージングが進むと、中高域の伸びは購入当初とはまったく別次元のレベルにまで進化します。この状態のZSTはすでに「低音イヤホン」ではなく「綺麗なドンシャリ傾向」で、かつボーカルの距離も近い抜群のリスニングイヤホンになります。
私自身は、「KZ ZST」は改造目的(フェイスパネルを交換したり、MMCX化したり)なども含め5個以上購入しているのですが、すでにエージングが済んだ個体と、購入したてのものを聴き比べると「よくここまで変化するものだ」と驚きを感じます。

「長時間エージングを行ったZST」は、この価格帯のハイブリッドとしては相当高いレベルのイヤホンだと思います(あと価格的に改造のようなDIY的楽しみもハードルが低いのがいいですね^^)。


どれも購入しても大手メーカーのエントリーモデルより安いくらいの価格設定で驚きの音質。
お手軽に中華イヤホンへデビューするのには最適だと思います。



■(追記&オマケ)形状はそっくり「ZST 」の1DD版「KZ ED12」

最後にオチ、というわけではありませんが、上記の記事を書いた後に、おなじKZのカラフルなダイナミックドライバ搭載イヤホン「ED12」も購入しました。レッドと濃いブルーの左右異なるカラーのクリアシェルのイヤホン。シングルダイナミックドライバーのイヤホンで、「ZST」とおなじコネクタでリケーブルも可能です。
というか、カラーこそ違いますがハウジングの形状はZSTと同一でおそらく搭載しているダイナミックドライバも同一。つまり1BA+1DDハイブリッドのZSTからBAをはずしてシングルにしにしたのがED12ですね。こちらも前期モデルが出てから半年程度経過しており、購入ロットでは多少の改良が加えられている気がします。
Amazon.co.jp:KZ ED12

imageimage


というのも、たしかに聴いてみて解像度は高くないのですが、ドンシャリ傾向のイヤホンとしてはまあわかりやすい音になっています。初期ロットはけっこうぼんやりした音だったらしいのですが、少し絞まった音に改良されているのかもしれません(たまたま個体差で「アタリ」の可能性もあります)。ただし、バーンインを行い、ケーブルをZST用のアップグレードケーブルでリケーブルをすることで多少は改善されたような気がしますが、ZSTと比較すると基本的には中途半端な感じはします。ZST Purpleとの価格差を考えるとおとなしくそちらを購入した方がよさそうです。
※その後ED12のプライスも結構下がり現在はZSTの半額くらいになっています。この価格なら記事の内容より少しだけ評価をアップしても良いかもしれませんね。



【そっくりさん】CLASSIC PRO「CPH3000」を実際に買って「MOMENTUM On-Ear」と比較してみた。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
image

というわけで、久々のキワモノ特集です(笑)。

キワモノ、好きなんです。単なるパクリやニセモノはそれほど楽しくないんですが(とはいえツメの甘いニセモノだったらネタ用に集めるの自体は嫌いじゃないです)、明らかに怪しいのに、あえてみんな知らんぷりしてるみたいな、そういうのは楽しいですね。
とはいえ、中華イヤホン等を例えるまでもなく、最近はある意味「本家」越えしてるような凄いヤツらもちょいちょい見かけるようになると、なかなかキワモノも難しくなってきています。

そんななか、サウンドハウス(http://www.soundhouse.co.jp/)が展開する「CLASSIC PRO」ブランドに、昨年「これこそキワモノ」と呼ぶに相応しいニューカマーがふえました。それがオンイヤーヘッドホン「CPH3000」です。

image少なくともここの通販サイトでヘッドホンを検索するような人なら確実に元ネタがわかる「見たまんま」なデザインで、かつその本家の製品も直輸入品をずっと販売しているにもかかわらずその事に一切触れない徹底ぷり。しかも「スタイリッシュ」だの「近未来的」だのと本家とか知らないとばかりにデザインについて記述が多いのも特徴的。キワモノの手本と言わんばかりのすばらしい内容です。思わず微笑んでしまいます。
で、直販価格が3,980円(税別)
もうネタ用に買ってもいいかなと思える価格設定。と言うわけで、最近、本当に買いました(笑)。だって、これは比較するしかないですよね。
ちなみに、初期ロットのレッドは不良品だったらしいのですが、その辺は現在は解消されているらしいです。もっとも私が購入したのは無難なブラックなので元々問題なさそうです。


■言うまでもありませんが、本家はゼンハイザー「MOMENTUM On-Ear」です。

imageちなみに、私が所有するのは、SENNHEISER「MOMENTUM On-Ear i(iOS向け)」モデルチェンジ後の第2世代モデルです。カラーはブラウン。
私は移動中などはイヤホン派ですが、仕事中など外出先でも屋内の場合はヘッドホンのほうがよく使う派です。そのため、コンパクトなオンイヤータイプのヘッドホンはいくつか所有していますが、MOMENTUM On-Earはなかでもお気に入りのひとつ。
まだまだ2万円以上の実売価格ですが、発売から多少経っていて、元々人気モデルで販売数も多いことから最近は中古も数多く出回っており、1万円台でも購入できるようになってきました。
特徴的なデザインに加え、第2世代からは折りたたみが出来るようになり、付属の専用ポーチで持ち運びができます。またケーブルも脱着式なのでリケーブルも可能です。

imageオーバーイヤータイプの「MOMENTUM」と比べオンイヤーなので側圧は強めですが、それでもメガネを常用している自分でも耳が痛くなるほどではありません。また柔らかく張り付くように耳にフィットする感触は所有するどのオンイヤータイプとも異なる独特のもので長時間でもさほど不快に感じることはありません。私は頭がわりと大きいのですが、余裕でフィットできる点もオンイヤーでは珍しく有り難いところです。

またサウンドクオリティの高さも折り紙付で、クリアな音質と音場感は、上記の装着感も含めこの価格帯のオンイヤーでは代わりが見つからない感じがします。


■見た目と違い、明らかに異なるCPH3000の装着感

さて、いっぽうの「CPH3000」です。まあ確実に似せて作ってるわけですから、ぱっと見やサイズ感は「そっくりさん」です。

imageスペック的には、
CPH3000:
型式:ダイナミック・密閉型
周波数特性:10~22,000Hz
インピーダンス:18Ω/音圧レベル:112 dB 
質量:約165g (ケーブル込み)

MOMENTUM On-Ear i(およびG):
型式:ダイナミック・密閉型
周波数特性:16~22,000Hz
インピーダンス:18Ω/音圧レベル:112 dB 
質量:約170g (ケーブル重量を除く)

まあ見事に「ほぼ一緒」ですね(重量も第1世代と比較するとほぼ同じ)。

imageヘッドバンド部分や左右の金属部分の意匠が異なる点と、ケーブルがMOMENTUM On-Earが右出しなのに対しCPH3000は左出し。あとCPH3000は折りたたみは出来ず、ケーブルも脱着式ではありません。あと、実はハウジング部分も、CPH3000の方が少しだけ厚さがあり、いっぽう耳当てのクッション部分はCPH3000のほうが少しだけ薄く、中のスポンジも柔らかいようです。
なお多少素材の違いはあるかもしれませんが、イヤーパッド、ヘッドバンドともCPH3000もMOMENTUM On-Earのアルカンターラ素材と同様の質感に感じます。

imageimage

このように見た目の違いはわずかなものですが、実際に装着してみると「あれ?」とその装着感の違いをハッキリと感じます。CPH3000も側圧はオンイヤータイプとしてはソフトなほうで、装着感そのものは決して悪くはありません。しかし、なんというか、MOMENTUM On-Earの装着感のほうが数段「高級」なのです。

側圧はむしろMOMENTUM On-Earの方が強めですが、耳にピタッと張り付くようにフィットするのに対して、CPH3000は優しく乗っている、という感じです。そのため人によってはCPH3000では最適な装着位置を探すのに少し苦労するかもしれません。また長時間の使用だとMOMENTUM On-Earと比べCPH3000は少しだけ耳が痛くなってきます。

これは、MOMENTUM On-Earがハウジング部分を支えるマウント部分がなめらかに、しかし一定のホールド感を持って動くのに対し、CPH3000は少しだけゴツゴツ感があります。また上記のハウジング部の微妙な厚さの差とスポンジの薄さが長時間での差につながっているのだと思います。側圧がCPH3000のほうが弱いのも、このハウジング部分の差を補うためと思われますが、結果としてホールド感を下げてしまい、MOMENTUM On-Earが持つ独特の「高級」な装着感とはかけ離れたものになっているようです。
「さすが本家は金をかけるところが違うね!」とCPH3000を比較することでMOMENTUM On-Earの良さを再認識するのでした。


■「CPH3000」の音質、これはもしかして第1世代のMOMENTUM On-Ear?

いっぽう、音質傾向はこの2つのヘッドホンは外観以上に酷似しています。多少チューニングの差くらいはあるだろうと思ったのですが、実際に聴き比べると非常に近いところで再現されています。

AK300でハイレゾおよびDSDを中心にいつも使っている試聴用のプレイリストを聴いてみます。
個人的ヘッドホン・イヤホン「リスニングテスト」用プレイリスト一覧

imageどちらのヘッドホンもピアノなどの高音の抜けは非常に良く、低音も充分な量感があります。サ行の刺さりはどちらも同じくらいで「聴きやすい音」に含まれる思います。
ただ、わりとCPH3000のほうが低音の広がりがあるのに対し、MOMENTUM On-Ear(第2世代)の低音はよりタイトで全般的に音の粒を細かく感じることができるように感じます。

イメージとしてCPH3000は打ち込み系の相性はよさそうで、アニソン系は向いているかもしれません。ただ、マクロスFの主題歌「ライオン」は菅野よう子の怒濤のサウンドをCPH3000はちょっと描き切れていない感じはありました。

もっとも、CPH3000の音は以前聴いたMOMENTUM On-Earの第1世代モデルの音に非常に近く、装着感の違いを除けば同じドライバを使っていると言われても私程度の耳では気付かないかもしれません。

CPH3000は、ハイレゾを聴き込むとさすがに本家MOMENTUM On-Earとの差が出てきますが、それでも第1世代並のサウンドはクリアできているようで、CD音源やストリーミングを中心に気軽に聴く分には「3千円台でMOMENTUM On-Earのサウンド」と言えなくもない、というのは確認できました。

念のため、これ、いちおう褒め言葉ですよ(笑)。


■ところで、「CLASSIC PRO」ってどうよ?
ところで、発売元・販売元のサウンドハウスはもともと楽器やオーディオ機材等を直販価格で安く販売するショップサイトで、オーディオファン的には例えばAKG K701やK240 Studioなど、すでに日本国内では販売終了している製品や、国内販売していてもより安価な直輸入モデルなどを安定して入手できるショップとしても知られています。
特に自社ブランドで展開する「CLASSIC PRO」は激安の宝庫です。私の地元のドラッグストアやディスカウントストアなんかも日用品や一部薬品も含めてプライベートブランドで激安の商品を売ってたりしますが、個人的にはサウンドハウスや「CLASSIC PRO」はその感覚に近いな、と思っています。
ただ、業務用でよく使う商品を中心に「似たようなモノだし安ければ良い」というニーズに合致しているとは思いますが、いっぽうで品質や性能もそれなり、という評価もあります。この辺はちょっとネガティブな印象を感じるかもしれません。
かくいう私も積極的に使うショップではありませんが、理解して買う分には選択肢のひとつとしてアリと思っています。

とりあえず、「CPH3000」は元々の低い評価から入ったこともあり思ったほど悪くはなかったのですが(むしろコスパ抜群の良ヘッドホンと言って問題ないです)、それでも「個性的デザインのヘッドホン」としてあまりに有名なMOMENTUM On-Earの「そっくりさん」は、さすがに街中で使用するのにはちょっと抵抗があります。
 もう少しデザイン的にそっくりさんではない「個性」を出してくれれば、価格も安く音質も悪くないので日常で使いつぶす用途にもいけるのですが。

そういう人は、このヘッドホン、普通は買わないんでしょうね。やっぱり。

プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。気付けばアラフィフの酔っ払い(定期)。食べるのも好きな天秤座AB型。普段はIT屋で都内と自宅(鯖江)のある福井ほかあちこち出張するお仕事してます。ポタオデは趣味で出張のお供。長年のPC(?)遍歴にApple IIc とNeXTstation があるのがプチ自慢(^^;
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。





最新記事



記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)






最新コメント