bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

ホームシアターにエイサーのH5360を導入

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
IMG_5318
















ようやく自宅のプロジェクターをAcerのH5360BDにリプレースしました。

もともと使用していたBenQのMP626もHDMIを搭載し1080iに対応していたのですが、もともとがビジネスプロジェクターですし、解像度もXGA(1024×768)と4:3だということもあって、買い換えをしたかったのです。ま、それ以上に最大の理由は3D対応なんですけどね。
こちらはまだ対応するメガネを購入していないので、改めて、になります。
現在のMP626はオークションで無事引き取り手を確保できました。

さて、取り付けですが、もともとプロジェクタはリビングの吹き抜けに渡してある梁に、汎用の天吊り金具で固定しています。この金具ははじめてプロジェクターを購入した時から使用している年代物(といっても7~8年くらいですが)。
H5360BDを取り付けようとしたところ、いまひとつネジの径が合わず、ホームセンターで購入したネジなどで調整しながら固定します。
また今回、スクリーンも大型化するため、金具の取り付け位置も若干後方にずらしました。
H5360BDのインターフェースは、HDMI、コンポーネント、RGB(VGA)、S-Video。
HDMIは、今回3D対応にするため、1.3aのケーブルで再配線します。

もともとMP626ではVGAが2つでうちひとつがコンポーネント兼用(変換ケーブルを使用)で、これまではD端子ケーブルを手持ちのアダプタでVGA端子に変換していたため、今度は一般的なD端子→コンポーネント変換ケーブルに差し替えてそのまま利用。リビングPCのサブモニタとしてつないでいたRGBケーブルもそのまま使用します。もっとも今後はHDMIでほぼ事足りると思われるため、D端子とVGAはまず使うことはなさそうですが。。。

スクリーンは、これまでホームシアター構築時から使用している80インチ4:3のスクリーンから、16:9の100インチスクリーンに変更。購入したのは、ホームシアター用の巻き上げ式ペーパースクリーン
このサイズでしかも巻き上げ式、価格が2万円以下というもの。
もちろん、この数倍はするスクリーンと比較すると明るさは落ちますが(というか正直あまり明るくはありません)、それでもH5360BDとの組み合わせで、比較的明るい部屋でも十分に利用できる内容です。

またサイズが横長に変わったことで、実際には2倍以上の広さを感じるようになりました。
もともとリビングでのホームシアターですから視聴環境も万全ではありません。いかに低コストで及第点を得るかのほうが大事だと思うわけです。

あとはプロジェクターのHDMI端子の接続ですが、こちらはとりあえずは延長用アダプタを介し、普段はテレビにつながっているBDレコーダー(Panasonic DMR-BWT600)のケーブルを差し替えることにします。
これは手持ちで3D対応の2系統出力のHDMI分配器や切替器を持ち合わせていないため。またレコーダーは普段は家族も使うので下手に装置をかますより差し替えのほうが「安全」だというのもあります。

音声出力はS/PDIFでレコーダーからAVアンプに接続済みですので、このままいけるでしょう。


さて、実際の使用感ですが、上記のとおり、プロジェクターが十分明るいため、スクリーンが暗くても十分に利用できます。むしろDLPタイプの特性で明るさ重視、コントラスト重視の絵のため、このような暗めのスクリーンのほうがむしろ自然に感じるのかもしれません。またHDとはいえ、720pの画質ですからプロジェクタ本体以上の価格のスクリーンは過剰ではと思います。
これで、ブルーレイやスカパーの映画を存分に楽しめるようになりました。

あと、家族の集まるリビングでホームシアターを構築するといちばん盛り上がるのは、実はサッカーの試合だったり。どうしても中継は俯瞰のアングルになりますからね。スクリーンの大画面とホームシアターのサラウンド効果が想像以上に活きてきます。

さて、次はいよいよ3D映像にチャレンジですね。

ひと足先に「Windows 8タブレット」を体験。Metroなタブレットをつくってみました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
58

















「Windows Developer Preview」をacerのICONIA TAB W500に入れてみました。

「Winodws 8」発表も、おもいのほか巷の話題にならないMicrosoftの次期インターフェース「Metro UI」でありますが、個人的には大いに期待をしています。特にビジネスの世界で、Windows 8を搭載したスレート(タブレット)PCは、特に、値崩れ著しいAndroidタブレット を一気に駆逐するのではないか、とさえ思っています。

さて、そんな新インターフェースを搭載した次期Windowsをいち早く体験できる「Windows Developer Preview」ですが、どうせならやはりタブレットデバイスで試してみたいものです。
そこで、たまたま私の手元にはWindowsベースのタブレット機の「ICONIA TAB W500」(acer製)がありましたので、さっそく
「Windows Developer Preview」をインストールしてみました。


32ICONIA TAB W500」は、搭載するWindows 7が普通に動作する高性能タブレットで、CPUにはAMD C-50 1GHz、2GBメモリ、32GBSSDなど、なかなかの性能です。
またスレートPCとして利用するため、さまざまな機能拡張が施されていて「結構がんばっているな」とは思いますが、正直なところWindows 7では「結構無理がある」「やっぱり動作が重い」のが正直な感想。サイズ的にも初代iPad以上で、同社のAndroid搭載機である「A500」と比較してもさらに分厚く重い印象です。

さて、そんなW500で次期Windowsはどんな感じで使えるでしょうか。

インストールのときはUSBのDVDとキーボードを接続しインストールすることができます。ただ、ブート切り替えのためになかなかBIOS画面を出すことができず、起動中強制電源OFFでセーフモード確認の画面が出る直前にようやく入ることができました。

また今回はダウンロードした32bit版の.ISOファイルを「Windows 7 USB/DVDダウンロードツール」を使ってSDHCカードに展開し、直接本体のカードスロットに挿入してインストールを開始。特に問題もなく順調にインストール作業が進んでいきます。
59キーボード設定は「Japanese」を選択。インストール後はMS-IMEもつかえそうです。
あとは、インストーラにしたがってインストールを行えばとくに問題なくインストールを完了し、自動的に再起動、初期設定へとすすんでいきます。今回SDカードにメディアを展開したこともあり、思いのほか短時間でインストールが進行し、ちょっと拍子抜け。
ただし、初期設定中に一度だけエラーでストップしましたが、再起動後、手動設定で設定をすすめることで無事起動することができました。


肝心の「Metro UI」ですが、Preview版で、かつOSの標準ドライバだけの状態にもかかわらず、動作は非常に軽快で、操作にもまったく違和感を感じませんでした。
Windowsの別インターフェース、というと、どうしても「Windows Media Center」のような、いかにもとってつけたような画面というイメージがありますが、今回の「Metro UI」ではまだまだ完成度の低さは感じるものの、すでに2つの全く異なるインターフェースが不思議と融合しているのを感じました。

また、W500でもともと入っていたWindows 7ではいまいち存在意義が曖昧だった左下のWindowsロゴのボタンも、「Metro UI」でちょうどiPad/iPhoneのホームボタンと同じような感じで利用することができ、そのことが、さらにタブレット環境での自然な操作感覚を実現しているようです。
これはAndroid搭載のタブレットがボタンの仕様や位置がまちまちで非常にわかりにくく、感覚的に使えるという次元にはほど遠いのとはきわめて対照的。すぐ先の将来、同じハードウエアでAndroidとWindows 8、2種類の選択肢があったとしたら、多くの人は迷わずWindows 8を選択するのではないか、と感じさせる説得力があります。
また英語版という違いはあるものの、Classic画面(Desktop表示)でももともとのWindows 7より軽快で「より軽くなった」というのは嘘ではなさそうです。

今回はとりあえず標準インストールのままでテストしましたが、Windows 7用のドライバなども使用できそうですので、もうすこしチューニングをしながらさらに検証をすすめたいと思います。



531818






 
プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。気付けばアラフィフの酔っ払い(定期)。食べるのも好きな天秤座AB型。普段はIT屋で都内と自宅のある福井ほかあちこち出張するお仕事してます。ポタオデは趣味で出張のお供。長年のPC(?)遍歴にApple //c とNeXTstation があるのがプチ自慢(じじぃ)。
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。





記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)






最新コメント