bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

高性能NAS「Synology」を購入したので「QNAP」「ASUSTOR」のメディア機能と比較してみた

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
image

小型NAS、またはNASキットは以前よりさまざまな用途で愛用しており、気がつくと結構な台数を常時所有・使用していることに気がつきました。

現在使用しているのは、福井の自宅で「Synology DS216j」と「ASUSTOR AS3202T」を、東京では「QNAP TS-453 Pro」「TS-259」、「ASUSTOR AS3102T」、さらにNETGEAR Ready NAS100シリーズの「RN102」と「RN104」と、おおよそ個人で使用するには無駄に多い台数です。
さらに以前はバッファロー、IO-DATA、LaCie、ロジテック等の製品も使用しており知らずウチにNASマニアの様相になっています。

このブログでもQNAPとASUSTORについては過去に何度かレビューを行っています。
・ブログカテゴリ:NAS(QNAP/ASUSTOR/Synology) http://bisonicr.ldblog.jp/archives/cat_10125551.html

今回は「Synology DS216j」のメディア機能を中心に、他の2社とのアプローチの違いを比べてみました。


■メディアプレーヤーの「QNAP」「ASUSTOR」とメディアセンターの「Synology」
「Synology」のNASは家電量販店などでは他の2社と比較して人気がある印象を受けます。実際、設定画面や管理画面がわかりやすく、初心者でもとっつきやすいというのも大きな理由でしょう。
Synologyのホームユース向けモデルの代表格「DS216j」は、Amazonでもベストセラーの上位にくる人気機種です。いっぽうのQNAPは同価格帯の競合機種となる「TS-231+」に加え、後継モデルの「TS-231P」をリリースしています。またASUSTORも「AS1002T」というモデルが同等クラスでありますが、ちょっと地味な存在です。


というのも、QNAPやASUSTORは、これらよりひとつ上位のQNAP「TS-251A」やASUSTOR「AS3102T」「AS3202T」などのモデルを主力に置いているフシがあります。これらのモデルは本体のHDMI出力を使い、直接テレビなどに接続して利用する「メディアプレーヤー」としての機能を中心に、多彩なメディア機能をすべて網羅することができるからです。
QNAP、ASUSTORとも、HDMI出力による機能は原則CeleronなどのIntel製プロセッサを搭載しているモデルに限定されており、ARM系のプロセッサを搭載する廉価モデルでは実現されていません。


いっぽう「Synology」は自身をあくまでNASとしての「メディアセンター」機能のみに特化し、プレーヤー部分は「Apple TV」や「Chromecast」などのプレーヤーデバイスと連携することを前提にしているため、そもそもハイエンドホームユースに相当するこれらのモデルがラインナップされていません。
・外部リンク:Synology 「マルチメディア」 → https://www.synology.com/ja-jp/dsm/6.0/multimedia 

NASの最初の目的はデータの保管場所であり、共有の場所だろうと思います。その主たる目的とホームユースでの操作性に特化しつつ価格を下げ、さらにメディア機能を活用したくなったらApple TVなどのデバイスを追加で購入すればよい、というアプローチは確かに大多数のユーザニーズに合致しているとも感じます。

そういう意味ではQNAPやQNAPフォロアー(と個人的に思っている)ASUSTORは、Synologyと同価格帯の廉価モデルでも同等の機能を持っているものの、やはり本命は利用用途がかなり明確になっているパワーユーザー向けの製品なのだと思います。


■スマートフォンでメディアコンテンツを利用
現在各社がもっとも利用用途が多いと考えているのが、スマートフォンやタブレットから専用アプリでNASにアクセスしての利用です。この分野では各社NAS側の機能と連動するアプリケーションを取り揃えています。

【Synology】
写真: アプリ「DS photo NAS側「Photo Station
ビデオ: アプリ「DS video NAS側「Video Station
(評価)
音楽: アプリ「DS audio NAS側「Audio Station
ファイルマネージャ: アプリ「DS file


【QNAP】
写真: アプリ「Qphoto NAS側「Photo Station
※さすがにバージョンを重ねており機能は豊富。
ビデオ: アプリ「Qvideo NAS側「Video Station

音楽: アプリ「Qmusic NAS側「Music Station
ファイルマネージャ: アプリ「Qfile

【ASUSTOR】
写真: アプリ「AiFoto NAS側「Photo Gallery
ビデオ: アプリ「AiVideos NAS側「LooksGood
音楽: アプリ「AiMusic NAS側「SoundsGood」
ファイルマネージャ: アプリ「AiData


ただアプリの完成度には結構バラつきがあります。
他にもダウンロード管理、Webカメラ管理などのアプリが3社とも同様にあります。SynologyとQNAPのNAS側の写真管理とビデオ管理は両社同じ名称ですが、もちろん各社それぞれの機能になりますので、全く別物のアプリケーションになります。


■Synologyの標準オプション?の「Apple TV」(第4世代~)
上記の通り、Synologyのメディア機能、とくにTVやAV機器への出力については連携するネットワークプレーヤーの存在が必須となります。
そのなかでも同社のWebサイトでも紹介され日本国内でも入手可能なデバイスがApple TV(第4世代~)です。もし普段使用しているスマートフォンがAndroidで、Apple製品はひとつも持っていない、という方でもPCレスでSynologyのメディア機能を堪能したければ、やはりApple TVはもっとも手軽な手段と思われます。
image
第4世代以降のApple TVは、iPhone/iPadのiOSと同系列のtvOSを搭載しており、AppStoreよりアプリケーションのインストールが可能です。まだまだtvOS用のアプリケーションは豊富とは言いがたい状況ですが、Synologyについては「DS Video」と「DS Photo」の公式アプリをリリースしておりWeb画面以上の操作性でコンテンツの再生が可能です。ただ、Video Stationの仕様で再生できないTSコンテナなどの動画ファイルはDLNAではシェアされるものの、Web画面同様にApple TVでは再生ができません。

imageimage

この場合は「VLC Player」をApple TVにインストールするのがおすすめ。Apple TV用のVLCは他のプレーヤー用のVLCより快適な操作性で動作も安定しています。VLCならばDLNAで配信されるM2TS、TS、MKVコンテナといった再生しにくい動画ファイルも快適にApple TVで試聴ができます。
もちろん、VLCを使用する場合はSynologyに限らず、QNAP、ASUSTORはじめ、同様にDLNA配信が可能なNASであれば問題なくApple TVから再生が可能です。

■いっぽうQNAPは「Qmedia」でApple TV対応
なお、他社のNASでのAppleTVへの対応を比較すると、QNAPは「Qmedia」というアプリで動画・写真・音楽をまとめて網羅します。Synologyに対抗してリリースした感もあり使いやすく、ひとつのアプリでよくまとまっています。この辺の手堅さはやはりQNAPです。PR上手のSynologyと違い派手さはありませんが、「実」の部分はさすがQNAP、ではあります。
QNAPメーカーサイト→ 「Qmedia」ニュースリリース

imageimage

imageimage

いっぽう、ASUSTORについてはApple TVについては残念ながらサポートされていないようです。


■Synologyへ「KODI」を使ってアクセスするなら「Fire TV」がおすすめ
ちなみに、私が所有するQNAPおよびASUSTORのIntel CPU搭載のNASはHDMI出力をもっており、自身もTVと接続することでプレーヤーとして動作する点が大きな特徴です。ここでそれぞれのNAS用のアプリをインストールすることでさまざまな機能が使えるのですが、なかでも代表的なのは「KODI」と呼ばれるメディアプレーヤーです。
「KODI」はXBMC Foundationが開発するオープンソースのメディアプレーヤーで非常にさまざまなフォーマットのメディアに対応する万能プレーヤーとして知られています(著作権保護のかかったデータは除く)。過去記事でQNAPおよびASUSTORでの「KODI」利用について紹介しています。
→過去記事:高機能・低価格NAS「ASUSTOR AS3102T」のメディア機能を確認する
→過去記事:QNAPがKODI(旧XBMC)メディアプレーヤーになる日(追記あり)

いっぽうSynologyは前述の通り、自身をメディアプレーヤーとして利用することはできません。SynologyでほぞんしたメディアデータをKODIを使って再生したい場合はいくつか方法がありますが、Apple TV版のKODIは現在のところ存在しないため、AppleTVと競合するもうひとつの代表的メディアプレーヤーであるアマゾンの「Fire TV」を使用するのが最適です。
  image
ただし「Fire TV」も単独にはKODIには対応しておらず、アマゾンのアプリストアにもKODIはありませんが、スマホなどにインストールしたAndroid版のアプリを「Fire TV」に転送して利用する方法が知られています。
→過去記事:Amazon Fire TV をプライム会員向け以外もレビューしてみた。(追記あり)

「FireTV」にインストールした「KODI」を使用することによって、Synologyでも上記QNAPやASUSTORと同様にライブラリを活用することが可能です。もちろん「KODI」自体は汎用のプレーヤーのため、Synology以外のNASにもDLNA(UPnP)やファイル共有(SMB)経由でのメディアアクセスが可能です。
imageimage
なお、KODIの利用については「Fire TV」だけでなくスティック型の「Fire TV Stick」も可能です。こちらはUSではCPUがクアッドコアになったNewモデルが出ているため、日本でも発売されれば「Fire TV」並の処理能力で快適に利用できるようになると思います。

低価格&高性能ヘッドホン「LASMEX C45」と「AKG Y40」を比較する

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
image

しばらく前ですが、アマゾンでコンパクトなオンイヤーヘッドホン「LASMEX C45」を購入しました。
発売当初は6,000円以上の価格のようでしたが、現在は4,000円程度、タイムセール中なら3,000円そこそこの価格で販売されている、大変コスパの高いヘッドホンです。

このタイプのオンイヤーヘッドホンは他にも数種類持っているのですが、ちょうどAKG Y40」が実売4,000円台と「LASMEX C45」と近い水準になってきています。
  

というわけで、今回はこの生い立ちの全く異なる2種類のヘッドホンを比較してみます。

LASMEX C45」の梱包を開けると、この価格帯のヘッドホンとしては珍しくしっかりとしたハードケースに入っています。ケーブルはマイク付きと無しの2種類が付属。アルミ製のハウジングの質感も良く、3000円台のヘッドホンにはまず見えない仕上がりです。
imageimageimage

40ミリのドライバながら比較的コンパクトで軽く、側圧もそれほど強くないので長時間の装着もさほど苦にはなりません。
また、伸縮部分も十分な長さが確保できるので(私も含め)頭の大きい方でも問題なく装着できます。 
ただし、収納用の稼動部分はちょっと壊れやすそうなため、多少取り扱いには気を使ったほうがよさそうです。
imageimage

いっぽうAKGのコンパクトヘッドホン「Y40」もC45同様に40mmのドライバを搭載しつつ、さらにコンパクトなハウジングに仕上がっています。AKGはいうまでもなく、オーストリア発祥の老舗ヘッドホンメーカーで名機K701をはじめ数々の高音質ヘッドホンを世に送り出しています。そのなかで同社のYシリーズはリファレンスモデルのKシリーズと比較し、より若いユーザーをターゲットとし、ロックやポップスなどのスピード感のある曲を想定したチューニングが特徴的。コンパクトモデルには有線タイプの「Y40」のほかワイヤレスの「Y45BT」があります。
imageimage


2つのヘッドホンを比較するに当たって、私はiPhone 6で直挿しおよびロジテック/エレコム製のLightning対応オーディオアダプタ「LHP-A192HR」を装着した場合(どちらもApple Musicで試聴)、さらにAstell&Kernの高性能DAP「AK300」でハイレゾを中心に比較しました。

■心地よい緩やかなドンシャリ「LASMEX C45」とフラットでより繊細な「AKG Y40」
まずiPhone 6直挿しでApple Musicを試聴します。「LASMEX C45」は低音協調型のドンシャリですが全体的に心地よく響きます。Apple Musicの音源の場合、低音は結構響いてきますがかといって極端に低域を持ち上げている感じではなく全体的に穏やか。iPhoneで聴く分には「刺さり」も少な目です。そのため装着性の良さもあわせて長時間でも聴き疲れをしない感じです。オフィスでのデスクワークのお供にも最適です。
ただし、この価格帯のヘッドホンですから奥行きなどの空間表現は当然数万円強のヘッドホンに比べれば相当に厳しいと思います。また中域で多少ハウジングのハコ鳴りを感じるため、曲によっては少し遠くで鳴っているように聞える場合もあります。

いっぽう「AKG Y40」ですが、同じ40mmサイズのドライバーを使用していますがハウジングはかなり小さく、文字通りオンイヤーとして耳穴に貼り付けるような装着感になります。そのため側圧は「LASMEX C45」よりは多少強いですが他のメーカーの製品に比べればそれでもかなり柔らかいほうでしょう。この程度であれば長時間でも比較的大丈夫そうです。
iPhone 6直挿しでの音質は全体的にフラットです。低音についてはYシリーズはKシリーズなどAKGのリファレンスモデルよりは全般的に厚めですが、それでもかなりフラットに押さえられた印象を受けます。直挿しの場合、音のメリハリが「LASMEX C45」より少なく、ちょっと眠い音に聞えます。そのためボリュームを余分に上げると鳴りがひどくなってしまいます。
正直なところ、直挿しでの音質はフラットとドンシャリの傾向の違いを差し引いても「LASMEX C45」の圧勝かもしれません。ドイツメーカーのブランドロゴとはいえ、中国メーカーの製品である「LASMEX C45」、恐るべしです。

■DAC/ポタアンで「AKG Y40」が激変。オンイヤーとは思えない壮大な広がり
ここで、iPhone 6にロジテック/エレコムのLightning対応オーディオアダプタ(DAC/ポータブルアンプ)の「LHP-A192HR」を接続します。
実は以前「LHP-A192HR」のレビューをした際にも記載したのですが、このオーディオアダプタを経由すると「AKG Y40」の音質は「激変」します。

image全体的に「眠い」と感じた音がクリアになり、同時にコンパクトなオンイヤーとは思えないような壮大な広がりを感じます。低域から広域までの情報量が一気に増えているのを感じ、広がりの中にも個々の音の粒を実感することができるようになります。
AKGのヘッドホンといえば「鳴りにくい」ことで有名でKシリーズも高音質のヘッドホンアンプが必須といわれます。結局直挿しを前提としているY40のようなモデルでも、本来の実力を発揮するためにはポタアン必須で、iPhoneのイヤホン端子程度の出力では全く実力が活かせないことがわかります。

image対照的に、「LASMEX C45」は「LHP-A192HR」を経由しても多少のS/Nの向上で解像度の向上は感じますがそれほど大きな音質変化はありません。LHP-A192HRを経由したAKG Y40で聞いた直後に換えてみると「いい音」と感じたサウンドも非常に狭い空間で鳴っているように感じます。
スピーカーで例えれば、LHP-A192HRを経由したAKG Y40がJBLで雄大に鳴らしているイメージに対し、LASMEX C45はBoseのコンパクトスピーカーをニアフィールドで聞いている感じでしょうか。それくらいの違いはあります。この変化はなかなか楽しいところです。

■「Astell&Kern AK300」でハイレゾを聴いてみる
image今度は、プレーヤーを「Astell&Kern AK300」に変更し、主にハイレゾ音源を中心に比較してみます。
AK300は同社の第3世代DAPのなかでは普及モデルながら一般的には10万円クラスの高級プレーヤーに属される製品です。DACチップに「AK4490」をシングルで搭載し、全ての音域で非常にクリアでバランスに優れたサウンドが特徴。DAP側の味付けがなく、非常に高レベルに再生するプレーヤーのため、ヘッドホン・イヤホンの性能や特性をダイレクトに実感することができます。

まず、この組み合わせの使用も多いAK300と「AKG Y40」での組み合わせも再確認。

image改めてY40がK712 Proなどのリファレンスモデルと比較して低音成分が強いヘッドホンであることを実感する。全体のサウンドがクリアになったことで十分な低音とあわせてハイレゾの細やかな響きなど解像度についても十分な高さを実感します。5000円そこそこのオンイヤーとしてはAKG Y40が非常に優秀であることをあらためて実感します。いっぽう解像度が上がることで「LHP-A192HR」で感じた音の広がりはずいぶん抑えられ、より近くで鳴っているように感じます。ただし奥行きは少なめですが確かに実感することができます。

プレーヤーで印象が大きく変わるのは非常に興味深いですね。

imageいっぽう「LASMEX C45」を組み合わせた場合は、S/Nの向上による音質のクリアさにより、iPhoneで聴いた場合と比較し音がギュッと引き締まります。中域のハコ鳴り感もなくなります。ただ、全体的な解像度が上がることで中広域の刺さりが若干増すため、ボリュームは少し下げたほうがいいかもしれません。距離はY40より少し遠めで空間的にはやはり平坦な感じにはなりますが、非常に聴きやすいサウンドであることは間違いないため、EDMやアニソンなどの打ち込み系の音との相性はよさそうです。

 
顔が、もとい頭が大きくて普通のヘッドホンを装着して外出するのはちょっと、という私のような方でも(笑)、コンパクトなヘッドホンなら大丈夫。またこの価格帯ならさほど躊躇なくどこへでも持っていけそうです。
iPhoneなどのスマートフォンやiPod、Walkmanなどのプレーヤーで気軽に音楽を聴くなら「LASMEX C45」、さらに「LHP-A192HR」などのオーディオアダプタを組み合わせるなら「AKG Y40」との相性は抜群。
また一般的にはAK300クラスのDAPでこの価格帯のヘッドホンを組み合わせるケースは多くはないかもしれませんが、このクラスのDAPでもしっかり聴かせてくれるコスパ抜群のヘッドホンもたまには良いものだと感じました。

プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。気付けばアラフィフの酔っ払い(定期)。食べるのも好きな天秤座AB型。普段はIT屋で都内と自宅(鯖江)のある福井ほかあちこち出張するお仕事してます。ポタオデは趣味で出張のお供。長年のPC(?)遍歴にApple IIc とNeXTstation があるのがプチ自慢(^^;
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。





最新記事



記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)






最新コメント