bisonicr keep walking.

イヤホン・ポータブルオーディオ関係のネタを中心に書いています。ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。

「MacaW GT600s」メタルボディがカッコいい今後が楽しみなハイブリッドイヤホン【購入レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
MacaW GT600s

最近地味に忙しくてちょっとレビューも遅れがちですがぼちぼち書いていこうと思います。
というわけで今回は「MacaW GT600s」です。

中国「MacaW」ブランドのイヤホンで1DD+1BAのハイブリッド構成で美しいメタルボディと3種類のサウンドフィルターが特徴的です。
imageimage


9月にAliExpressのHCKで購入し、10月の初旬に到着。2週間ほど使用してのレビューとなります。
AliExpress(NiceHCK Audio Store):MacaW GT600s

HCKの場合、表示価格は99.99ドルですが、購入時に「bisonicr」とメッセージを入れていただくと69.99ドルで購入できます。カラーはシルバーとブラックが選択できます(私はシルバーで購入)。
購入方法はこちらを参照ください。

MacaW GT600sMacaW GT600s
パッケージ構成は本体とS/M/Lのシリコン製と2種類のウレタン製イヤーピース、3種類のサウンドフィルター(標準フィルターは装着済み)、MMCX仕様の専用ケーブル、ポーチ、説明書など。
MacaW GT600sMacaW GT600s
MacaW GT600s」の金属製ハウジングはコンパクトながらとても美しいデザインで、パッケージを開けた瞬間に「カッコいい」と感じます。またスウェード調のココア色のイヤホンポーチは質感の良いものでパッケージクオリティの高さを感じます。付属の専用MMCXケーブルは銀メッキOFC(無酸素銅)線のとスペック的には一般的なものですがコネクタ部分なども本体のデザインとあわせており、トータルとして「とてもカッコいい」イヤホンに仕上がっています。

MacaW GT600sMacaW GT600s
金属製イヤホンということでしっかりとした重量感のあるつくりですが、ハウジングそのものが非常にコンパクトなので実際の重量は気になるほどではありません。装着性もなかなか良好でした。
ベントは2か所ありますが一般的なハイブリッド同様で音漏れはほぼありません。


■フラット傾向の良い音ですが「無難な」仕上がり。この辺がいまいちマイナーな理由?

MacaW GT600s」の周波数特性は弱ドンシャリ寄りのフラット。最近の100ドルクラスの中華イヤホンは圧倒的にこのような特性のイヤホンが増えています。
MacaW GT600sジャンルを選ばずオールマイティに聴けて、派手なドンシャリよりも上品(高級?)に感じる、というイメージかもしれません。
100ドルクラスのメジャーな中華イヤホンブランドで(中華イヤホンにメジャーがあるかどうかは別として^^)がっつりドンシャリで攻めているメーカーというと最近では「TFZ EXCLUSIVE KING」 等のTFZ製品くらいになってしまっているような気もします。他にも「MaGaosi K3 Pro」(日本名「BEAT-IN HYBRID」?)とかもありますが、製品自体は出てから結構経ちますので。やはり「SIMGOT EN700 Pro」のような「大当たり」なイヤホンもあるため、しばらくはフラット寄りの傾向は続くのかもしれませんね。

MacaW GT600sMacaW GT600s」は全般的には高域に特徴のあるサウンドですが、「刺激的」というよりキラキラ感を演出するような音作り。届いた直後の音は多少高域に刺さりのある音でちょっと刺激的なサウンドを期待したのですが、エージングが進めにつれて刺さりはほぼ無くなり見通しの良い美音系のサウンドになりました。
解像度も極端に高い、というわけではないですがこの価格帯のイヤホンとしては十分のレベルで、いっぽうでしっかりと分離感はあるため「ふつうに良い音」と感じるつくりになっています。ただ裏を返すと見た目の格好良さ以上には「極端に目立つ特徴はない」とも言えます。
そのため、上記の通り中華イヤホンの世界でも個性的かつ高音質のイヤホンがひしめくこの価格帯では音質面についてはちょっとマイナーな印象になるかもしれません。

そして、「MacaW GT600s」の最大の特徴として、3種類のサウンドフィルターが交換可能となっており、標準のフィルター(シルバーメッシュ)以外に「高域用」(ゴールド)と「低域用」(ブラック)のフィルターが付属します。

MacaW GT600sMacaW GT600s
標準フィルターでの傾向は高域の特徴は活かしつつ刺さりの少ないサウンドになります。
音場は比較的広めで低域の締りも良く、演奏を心地よく聴ける印象です。いっぽう中域は少し凹んでボーカルも多少下がった印象となります。もともとコンパクトなハウジングで遮音性も比較的良いため、仕事をしながらBGM用に、という使い方には最適でしょう。ジャズなどはこのフィルターが一番向いています。

MacaW GT600sMacaW GT600s
いっぽう、ゴールドの高域フィルターに交換すると音場は少し狭くなりますが、ボーカルが前に出てきてきます。持ち前の綺麗な高域とあわせて女性ボーカルとの相性の良さを感じます。個人的にはこのフィルターが一番気に入っています。

MacaW GT600sMacaW GT600s
最後に、ブラックの低域フィルターですが、こちらは単純にイコライザでBassブーストしたような印象。そのため曲によっては全体のメリハリが崩れて中域が曇ったような印象になることがありました。
ただ、屋外で電車での使用など低域を活かしたい用途には悪くはないと思います。こちらはロック系の曲との相性がよいと思います。


■競争激化のアラウンド100ドル中華イヤホン。本命は次の「GT600s Pro」待ちかな?

MacaW GT600sというわけで「MacaW GT600s」ですが、普通にオススメできる「良い音」のイヤホンですし、個人的には気軽に使うアイテムとして、使いまわしも良く案外気に入っていたりもするのでこの価格帯のイヤホンとしては結構オススメできるイヤホンだとは思います。ただ「格好良くで音が良い」という以上の個性という視点では「いまひとつ推しに弱い」というのもまた事実。
正直なところ辛口の人からは「見た目の格好良さに対して、無難な音づくりに仕上げた」という評価もありそうです。
実際HCKの販売履歴を見ても初期購入者以降全く売れていない人気のなさが評価を裏付けている気もします。
このイヤホンのメタリックデザインのイメージからすると、たとえばRHA製品のような全力で高域に振った過激さとかがあれば180度評価も違っていたのかもしれませんが。難しいところです。

image最近では、中華イヤホンも特に100ドルクラスともなると「高品質」で「高音質」なのは当たり前で、さらにいかにイヤホンとしての「個性」をアピールできるかがポイントになってきていると思います。
「GT600s」も私がオーダーした直後にサイトで「GT600s Pro」が出る、という情報が流れました(まじかー。それならProまで待ったのにー!、というのがもちろん「本音」)。アップグレード内容をみるとおそらく「GT600s」ではいまひとつだった「解像度」や「クリアさ」がドライバやハウジング周りとケーブルのグレードアップで大幅に改善しそうな印象です。なんというか、本命はこのProの方かなー、とも思いながら、今後の展開を楽しみに、とりあえずはこの「GT600s」を活用したいと思います。



「SARDiNE A10」ありそうでなかった『めざまし時計型』Bluetoothスピーカー【サンプル品レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
SARDiNE A10

この記事は「TOMTOP」さんからサンプル品の提供を受けてのレビューとなります。
今回紹介するのはめざまし時計型Bluetoothスピーカーの「SARDiNE A10」です。
SARDiNE-A10
「SARDiNE」は中国のBluetoothスピーカーを中心に展開しているメーカーで、「A10」は多機能モデルという位置づけの製品のようです。

商品サイトはこちら
TOMTOP:SARDiNE A10 Bluetooth 4.2 + EDRステレオスピーカー

また、TOMTOPでの購入方法は以下で簡単に紹介しています。
→ 中国ショッピングサイト「TOMTOP」の購入方法案内

※今回、TOMTOPさんより、「SARDiNE A10」Bluetoothスピーカーが表示価格より$9.0ディスカウントになる特別クーポン(11/30までの期間限定)の提供を頂いています。クーポン利用で実質4千円程度で購入が可能になります。
特別クーポンコードは「 VVTA10 」です。よろしければご利用ください。


■ありそうでなかった発想の便利仕様デザイン

SARDiNE A10」はBluetooth 4.2 + EDRに対応したワイヤレススピーカーで、接続はBluetoothに加えてFMラジオ、ミニピンでのライン入力、microSDカードおよびUSBメモリによる音楽再生(MP3/WMA/WAV/APE/FLACに対応)が可能です。また5000mAhのバッテリを搭載し、最長8時間の音楽再生が可能です。
8505200-28505200-6
スピーカーは52mm 4Ω 6Wのフルレンジユニットを左右に配置しステレオ再生に対応します。

そしてなんと言っても特徴的なのはその「めざまし時計」型のデザインですが、確かにこのような細長い箱形のデザインのBluetoothスピーカーは他にも多く存在していましたし、逆に「どうしていままでめざまし時計にしなかったのだろう」と思ってしまうほどに説得力のある形状です。

届いたパッケージは思ったより大きく、実際の製品もイメージしていたよりは大きなサイズでした。
imageimage

パッケージ内容は本体、説明書、USBケーブル、ミニピンのラインケーブルというシンプルな構成。
imageimage

本体正面の「めざまし時計」部分の文字盤は非常に大きく見やすいレイアウトになっています。明るさボタンで3段階の明度設定が可能で、時間、日付、気温、バッテリ残量が表示されます。
imageimage

背面のmicroUSBは給電専用でUSB-AはUSBメモリ用という用途になっています。ただ試したところUSB-Aポートはスマートフォンへの給電も可能でした。


■まずは「めざまし時計」として設定(^^;)

もちろん「SARDiNE A10」は「Bluetoothスピーカー」ですが、それ以上にめざまし時計として主張があまりに強い製品ですので、とりあえず時間を合わせて時計として使えるようにしましょう(笑)。背面のminiUSBポートに付属ケーブルをつなぎ充電を行います。
・・・と何の迷いもなく普段はスマホの充電用に用意してあったケーブルをつなぎましたが、「SARDiNE A10」には充電用のUSBケーブルは付属しますがACアダプタなどは付属しません。最近は家電量販店やホームセンター等でもUSB充電用のコンセントもいろいろ売っていますのでポート数の複数付いているものをあらかじめ用意しておいた方が便利ですね。

なお、背面のインターフェース及び上部のボタンはメーカー資料によると次のような配置になっています。
8505200-1

というわけで充電を行いながら、背面のON/OFFスイッチをONにします。電源ボタン横の「T」マークのボタン(Timeボタン)を2秒程度長押しして「Clock mode」に変更します。以降「月」「日」「時」「分」の順で「T」ボタンをおすと順次設定できますので「+」「-」で変更します。「分」まで合わせたらもう一度「T」を押せば時間合わせは解除になります。通常「T」ボタンは24時間表示と12時間表示の切り替えで使用できます。

アラームは上部のアラームボタンを同様に2秒間押すと設定モードに入りますので、上記の時間あわせと同様にアラーム時刻をセットします。アラーム時刻を設定するモードも「時」「分」とアラームボタンを押すことで移動し確定しますが、さらにアラームボタンを押すとアラームの種類を01~03で選ぶことができます。ここで「T」ボタンを押してアラームモードを抜けることでアラーム音の種類が確定します。以降はアラームボタンを押すことでアラームの有効/無効が設定できます。

またFMラジオ機能は、中央の「MUSIC POWER」ボタンを押し(直後はBluetoothモード)、さらにFMボタンを押すことで切り替わります。FMボタンを長押しすると自動でチャンネルスキャンを行い登録をします。登録後はFMボタンを押すことで順次チャンネルが切り替わります。


■5,000円クラスのスピーカーとしてはまずまずの高音質。ニアフィールドに最適。

「SARDiNE A10」のBluetoothのペアリングはNFC等には対応していませんが、「MUSIC POWE」ボタンを押し、Bluetoothモード変更すると自動的にペアリング状態となり、スマートデバイスと簡単に接続できます(デバイス上では「A10」と表示されます)。またスマートデバイス側で切断すればすぐにペアリング状態に移行するので複数のデバイスでの切り替えも容易だと思います。

また音質も5千円クラスのBluetoothスピーカーとしてはかなり高い水準をクリアしているのではないかと思います。

image比較のため、コンパクトBluetoothスピーカーとして音質面で定評のあるJBL「FLIP 3」と比較をしてみます。利用環境は同じiPhoneを順にペアリングし、「Apple Music」でさまざまなジャンルの曲を聴いてみます。
ひとまわり以上小さい「FLIP 3」ですが、サイズ感を全く意識させない広がりのあるサウンドはやはり「さすが」です。いっぽう「SARDiNE A10」はFLIP 3の「売り」である重低音はさすが及ばないものの、中高域の表現はまずまずでニアフィールドであれば十分に音楽のリスニングでも使用可能な印象でした。
またこのクラスのBluetoothスピーカーはモノラルまたは実質的にモノラル(左右のスピーカーが近接しているためほとんどステレオ効果がない)製品が多いですが「SARDiNE A10」は左右の側面にスピーカーが配置されているデザインから普通にステレオスピーカーとして定位してくれるのも大きな特徴でしょう。

ただ、基本的にはそれほど広い部屋には向いていないようで、FLIP 3などの製品は屋外での大音量での利用にも対応できるよう設計されているのに対し、「SARDiNE A10」は大音量では音割れを起こしたり、また広いリビング等では多少スカスカの印象になってしまいます。
そのため、「SARDiNE A10」は「めざまし時計型Bluetoothスピーカー」というデザイン通り、ベッドサイドやひとり暮らしの部屋など、よりパーソナルな空間での利用が最適な製品だと思います。

ちなみに、個人的にオススメの利用方法は、「SARDiNE A10」の前にペアリングしたタブレットを置き動画視聴をする使い方。
imageimage
YouTube等以外にもAmazonの「Primeビデオ」や「Netfilix」の映画コンテンツでも使用してみましたが特に音声遅延などはなく、非常に臨場感のある立体的な音響で映像を楽しむことができました。「SARDiNE A10」のサイズ的にもちょうどiPadとぴったりでかなり良い組み合わせですよ。

というわけでイロイロ使えるBluetoothスピーカーとして「SARDiNE A10」は価格も手ごろで使い勝手も良い製品ですので「めざまし時計型」というコンセプトが気になった方は挑戦されてみるのもよいのではと思います。


プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。ただのアラフィフの酔っ払い。食べるのも好きな天秤座AB型。東京と福井(鯖江)の自宅の二拠点生活も気付けば5年以上。普段はIT屋でよく出張するお仕事してます。ポタオデは趣味で出張のお供。PC(?)遍歴にApple IIc とNeXTstation があるのがプチ自慢(^^;
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。


【Amazon Music HD / UltraHD対応まとめ】






記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)



購入イヤホン「好みランキング」


中華イヤホンケーブルまとめ(記事)






最新コメント