bisonicr keep walking.

イヤホン・ポータブルオーディオ関係のネタを中心に書いています。ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。

「KZ ZSA」 vs 「ES4」「ZSR」、中音域が得意のKZ製イヤホンを最新「NICEHCK 8芯 OFCケーブル」で聴いてみた。【レビュー/比較編】

このエントリーをはてなブックマークに追加
KZ ZSA

こんにちは。先日掲載した「KZ ZSA」のレビューにて「グレー」モデルの到着に合わせて「後編」を予告していたのですが、思いのほか時間が経ってしまいました(^^;)。というわけで、後編は「比較編」として予定を「少しだけ」変更した内容としました。またHCKから新しいOFC銅線ケーブルも届きましたので一緒に比較してみようと思います。

ちなみに、「KZ ZSA」のレビューについてはこちらをご覧くださいませ。
→ 「KZ ZSA」 コンパクトなデザインと馴染みやすいサウンドがうれしい、KZの低価格ハイブリッド中華イヤホン【レビュー/紹介編】

KZ ZSAKZ ZSA」のドライバー構成は1BA+1DDでダイナミックドライバーは少しコンパクトな8mmサイズのものを搭載しています。音質的な点で言えば、同じく今年の春に登場した1BA+1DDハイブリッドの「KZ ES4」との比較でで甲乙つけがたく評価や好みが二分されるのではと思いますが、いまひとつカッコ良さに欠けるES4に対し明らかに「見た目で勝ってる」という点もあり、直近では一番注目されているKZ製イヤホンはこの「KZ ZSA」になるのかもしれませんね。ただそんな「KZ ZSA」のなかでも明らかに「ブラック/レッド」のカラーのみが売れてそうな印象もあるのですが、今回届いた「グレー」もZS6のグレー同様になかなか渋いメタリックグレーだと思いますよ。

今回、「KZ ZSA」のグレーのモデルはいつもお世話になっているHCK Earphonesへオーダーしました。
AliExpress(NiceHCK Audio Store): KZ ZSA
Amazon.co.jp(NICEHCK): KZ ZSA

アマゾン(NICEHCK)で購入の場合は、プライム扱いで国内のアマゾン倉庫から発送されますので商品が直ぐに届きますし、アマゾン経由での1年間の保証が得られますので万が一の場合も安心ですね。また、より低価格で購入したい場合、AliExpress(中国からの発送)でのオーダー方法はこちらを参照ください。KZ制イヤホンはオーダー方法に記載の「フォロワー値引き」「ブログ値引き」を適用できますのでご活用ください。どちらの場合も、HCKのTwitterアカウント(@hckexin)では頻繁に割引情報等がツイートされていますのでフォローの上こまめにチェックされることをお勧めします。
KZ ZSAKZ ZSA
私はブラック/レッドとほぼ同時期にAliExpressのHCKで購入したのですが、出荷は少し後になりました。今回は人気のあるブラック/レッドのモデルから先に生産したようですね。
KZ ZSAKZ ZSA
グレーモデルは結構落ち着いたカラーリングのメタリック色で、目立たず気軽に使いたい場合にはむしろ良さそうです。
KZ ZSAKZ ZSA

そして、今回「KZ ZSA」はエージングを実施後、標準ケーブルからHCKから新しく販売開始となった「NICEHCK 8芯 無酸素銅(OFC)ケーブル」にリケーブルを行い、標準ケーブルとの比較を行ってみました。アマゾンでも3千円台と低価格の柔らかい銅線ケーブルでケーブルの傾向からKZやTFZとの相性の良さを感じます。
AliExpress(NiceHCK Audio Store): NICEHCK 8-Core Pure Copper Cable
Amazon.co.jp(NICEHCK): NICEHCK 8芯 無酸素銅線(OFC)イヤホンケーブル 

hck cableKZ ZSA
このケーブルについては今回のレビューと併せて、一緒にオーダーした新しい「銀メッキ線ケーブル」と一緒にあらためてレビューを予定しています。


■「高域が派手」から「ボーカルメインの聴きやすいサウンド」に変化を遂げるKZイヤホン

さて、以前のレビューでも記載しましたが、今年に入って1BA+1DD構成のハイブリッドイヤホンは「HD15」「ES4」そして「KZ ZSA」と立て続けに登場しており、既存の「ZST」「ES3」も含め、ほんと「どんだけ1BA+1DD構成が好きなんだ」という気分になります。
しかし、よく考えると、例えばKZ同様に私のブログで新製品を毎回購入レビューしている「TFZ」も、シングル構成の10mmグラフェンダイナミックドライバーを搭載し、どれも同じような形状で、3千円台~1万円オーバーまで幅広く取りそろえていますね。そう考えればKZのダイナミックもまだまだこれから、なのかも(^^;)。
というわけで、以前掲載したKZイヤホンのポジショニング図を再度整理してみました(笑)。
kz
価格は結構新旧モデルで変動するのでとりあえず目安程度です。あいかわらず異論やツッコミどころは多いと思いますが、全体としてZS6をピークとしてそれまで高域の派手さに特徴のあった傾向から中域、とくにボーカル域の聴きやすさを重視する方法にシフトし、さらに比較的低価格のモデルではかつての低域推しのドンシャリ傾向が復活しつつあるのかな、という雰囲気でご覧頂ければと思います。

今回はこれらのモデルの中から中高域(とくにボーカル)の良さに特徴のある「ES4」と「ZSR」の2モデルで「KZ ZSA」との比較を行ってみました。3つとも「高域が刺さらない」「ボーカルに強い」「低域がそこそこ厚い」という比較的よく似た傾向にあるイヤホンです。
ちなみに「ZSR」については最近、白色のモデルをオーダーしました。残念ながら白色ZSRはまだ購入できるセラーが限られているため、私はAliExpressの「KZ Offical Store」にて、後日レビュー予定の「HD9」と一緒に購入しました。
KZ ZSRKZ ZSR
ブラックと同じプラスチックの色違いなのですが、ホワイトだとちょっとセラミックぽくもみえて高級感を感じるのは私だけでしょうか?(笑)。個人的にはZSRのなかでは一番格好良いカラーだと思います。


■というわけで「ZSA」「ES4」「ZSR」の3つのイヤホンを比較してみた。

KZ ZSA今回比較する3種類のKZイヤホンですが、改めて同一環境で比較してみたいと思います。元々手元にあった「ES4」にあわせて「KZ ZSA」「白ZSR」も同時に約150時間ほどの長時間エージングを実施し(エージング方法はApple Musicのランダム&エンドレス再生)、同じイヤーピース、同じケーブルで比較します。まずは、標準ケーブルとして「KZ ZSA」と「ES4」は付属ケーブル、「ZSR」は付属ケーブルがゴムゴムとしたバージョンのためZS10付属のブラウンの標準ケーブルを使用しました。次にそれぞれのイヤホンでHCK「8芯 無酸素銅(OFC)ケーブル」へのリケーブルを行い同様に比較を行いました。またイヤーピースはAcoustuneの「AET07」を使用しています。3つのイヤホンともKZの製品のなかでは中音域、特にボーカルなどの音域が聴きやすくチューニングされている傾向にありますが、それぞれの「表現方法」には結構違いが確認できました。

KZ ZSAまず3つのイヤホンのなかでいちばん抜けがよくスッキリした印象を受けるのは、やはりフェイス部分に大きなベントがある「KZ ZSA」で、同時に金属ハウジングの影響とあわせて硬質ながら少し軽めでドライな響きを感じます。また同じイヤーピースだと低域の厚みが一番少ないのもやはり「KZ ZSA」でした。もちろん8mmと他よりコンパクトなダイナミックドライバーを使用し、開放型である点も重要な要素ですが、紹介編のレビューでも触れたとおり、ハウジングが他より非常にコンパクトなため、耳の中ではほぼイヤーピースのみで固定している状態になることも印象に影響しています。できればコンプライのようなフィット感の高いウレタンフォームやダブルフランジなどのイヤーピースを使用することで低域の印象はかなり変化します。

KZ ES4次に「ES4」ですが、中音域のクオリティの高さはもちろんですが、「KZ ZSA」と比べると一気に低域の厚みが増し、同時に響きの良さを感じ音場表現が豊かになった印象をうけます。寒色系のスッキリめの音であることには変わりはありませんが、「KZ ZSA」のドライな硬質さと比べるとより自然な印象を受けますね。改めて聴いてみるとまた違ったアプローチでよくできたイヤホンだと思います。
また「KZ ZSA」はフェイス部分のベントのためZS6同様に開放型的な側面がありますので、音漏れの点はもちろん「ES4」や「ZSR」のほうが優れていますし、同時に遮音性の側面でも「ES4」は比較的良好なイヤホンです。そのため主に屋外での利用であれば「KZ ZSA」より「ES4」のほうがよい選択肢となる場面も多いかもしれませんね。

KZ ZSRそして白色バージョンの「ZSR」ですが、以前の黒/グリーン版のレビューの際には「中音域推し」というのをとても強調して書いた憶えがあります。しかし、こうやって以降に登場した他の「中音域推し」のイヤホンと聴き比べると、さらに低域が厚く派手さのあるイヤホンであることを実感しました(レビュー当時は派手さのチャンピオン的存在の「ZS6」と比較したのでどうしても大人しく感じましたね)。3つの中では「ZSR」だけが2BA+1DDの構成ですが、搭載BAは高域用(KZ 30095)とミッドレンジ用(KZ 50060)のコンビネーションであることが分ってきています。これらの構成により他の2つよりより派手めのサウンドになっているのでしょう。バランス面では「ES4」には及びませんし、「KZ ZSA」のような気軽なスッキリさもないですが、「ZS6」と比べても格段に聴きやすく、音楽を聴く楽しさという上では、改めて「ZSR」は評価しても良いのかなと感じました。

KZ ZSAここで、ケーブルをHCKの「8芯 無酸素銅(OFC)線ケーブル」にそれぞれリケーブルして聴いてみます。3つともまず標準のケーブルより情報量がアップすることで少し音量があがりますが、さらにより近くで定位し全体的に音のメリハリがわかりやすく向上し、より明瞭感のあるサウンドになります。標準ケーブルとの比較ではかなり明確にリケーブル効果を実感できると思います。「KZ ZSA」の場合、いっぽうで硬質な印象もアップします。OFC線らしく、イヤホンのキャラクターをより引き立たせる傾向にあるようですね。ケーブル自体も柔らかく取り回しも良いので音質的にも使い勝手的にも良いケーブルだと思います。

同様に「ES4」でも音の濃さが増すのが実感できます。やはりKZのようなメリハリのある音のイヤホンとの相性はとても良いようですね。「ZSR」の場合もBAドライバーまわりの分離性が向上するためか中音域のキレがよくなる印象があります。ただ「ZSR」の場合は再生環境によっては少し低域が濃すぎる印象に感じる方もいるかもしれませんね。
KZ ES4KZ ES4

3つのイヤホンともに共通してこのケーブルとの相性は良好で、どうやらKZのような派手めのサウンドのイヤホンには結構向いているようです。価格もわりと安価ですし、今後のKZ用にすこし買い増ししておこうかな?という気分になりました。
KZ ZSA」ではこのHCKの8芯OFCケーブルと、後編のレビューでは使いませんでしたがAliExpressで販売しているHCKのダブルフランジのイヤーピースの組み合わせが個人的には一番良好のようでした。

KZ ZSAというわけで、今回はちょっとトリッキーなレビュー構成となりました。KZのイヤホンは前述の通り似たような価格帯に似たような構成のモデルを次々と投入するためレビューもどうしてもワンパターンになりがちです。私もそろそろ次は本格的にネタに走ってしまいそうな衝動を必死に押さえています(^^;)。ただ幸いにも(?)KZの春の新製品ラッシュはどうやらこの「KZ ZSA」で終了のようで、次は片側5BA搭載の金属シェルのイヤホンの登場が控えている、ちょっと「嵐の前の静けさ」という様相ですね(笑)。
まあ、正確には他にも「KZ ATE」系列の「HD9」もリリースされており、実際KZ Offical Storeで購入した実機が手元に届いていますが、こちらのレビューはまた改めて、と思っています。こちらは実は持っていたけどレビューしていなかった「ATE」「ATR」「ATE-S」の兄弟対決ネタで行こうかと思っています。って、やっぱりネタに走ろうとしていますね。実際のところはまだ何も考えてないのですけどね(^^;)。


「HIFIMAN SUNDARA」 新開発の平面駆動ドライバーとシンプルで美しいフォルムが魅力的な最新ヘッドフォン【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加
HIFIMAN SUNDARA

こんにちは。今回はHIFIMAN JAPANさんよりお借りした最新ヘッドフォン「HIFIMAN SUNDARA」の紹介です。

HIFIMAN」というと、私のブログではハイエンドイヤホンの「RE2000」と「RE800S」について購入&レビューを行っておりますが、やはり同社の主力商品と言えばハイグレードなヘッドフォン製品だと思います。特にHIFIMANのほとんどのヘッドフォンで採用されている「平面駆動ドライバー」は、かつては「超高級ヘッドフォン」のみで採用された方式でしたが、今回の「SUNDARA」も含め、最近では一般的なオーディオファンにも手が届く価格帯の製品が数多く登場しており、個人的にも嬉しい限りです。

HIFIMANでもHE400シリーズより、エントリークラスのモデルでも平面駆動ドライバーを採用し、HIFIMANブランドのヘッドフォンのユーザーを大きく拡大しました。そして今回、5月25日に国内販売を開始した「SUNDARA」はこの「HE400i」の後継機種的な位置づけになるかと思います。しかし「SUNDARA」は、HE400シリーズおよび上位機種のHE500シリーズ(「HE560」など)からリニューアルした本体デザインと新たに開発された平面駆動ドライバーを搭載し、全く新しいサウンドキャラクターをもった製品としてリリースされました。前述の通り、かつては希少だった数万円クラスの平面駆動式のヘッドフォンも現在はライバルが多く存在する中で、単なる後継モデルではなく、HIFIMANとして心機一転し、より多くのオーディオファンに訴えかけようという意図も「SUNDARA」という新しい製品名に込められているのかなと感じています。

HIFIMAN SUNDARA 

そんなHIFIMANとしてはかなり気合いがはいっていそうな新モデル「SUNDARA」は、国内販売価格は 54,000円 で販売されています。
Amazon.co.jp: HIFIMAN SUNDARA

海外での価格が$499ですから為替や税金などを考慮するとかなり良心的な設定といえるでしょう(同社の他の製品の国内価格設定でも同様のことがいえますね)。また、「SUNDARA」の価格ですが、同社の代表的モデル「Edition X V2」(148,000円)やハイエンドの「HE1000 V2」(398,000円)、「SUSVARA」(702,000円)といった製品の価格を見ているせいかもしれませんが(^^;)、個人的には割とお手頃感のある価格かな、と思っています。


■モダンでシンプルなデザイン、高級感のある新しいスタイリング

さて、今回発売したばかりで新品の「HIFIMAN SUNDARA」をレビュー用にお借りすることができました。
HIFIMAN SUNDARAHIFIMAN SUNDARA
HIFIMANの製品は「RE2000」「RE800J」のときも思いましたが、とにかくパッケージデザインが秀逸で、同社製ヘッドフォンとしては比較的低価格の「SUNDARA」でも手を抜いている感じは一切しません。
高級感のあるパッケージのなかには、「SUNDARA」本体とケーブル、イヤホンジャックの変換コネクタ、保証書、そして今回も「Owner's Guide」として詳細な説明書・ストーリーブック(英語)が付属します。
HIFIMAN SUNDARAHIFIMAN SUNDARA
SUNDARA」よりHE400シリーズ、HE500シリーズ等とは異なる全く新しいハウジングデザインが採用されており、よりシンプルでモダンなスタイリングになりました。新しくデザインされたヘッドバンドは側圧は普段使っているAKGやゼンハイザーのヘッドフォンよりは少し強めですが、感触の良いイヤーパッドはクッション性にも優れ、長時間の使用でもストレスを感じにくいバランスとなっています。またスライダーを伸ばせば頭の大きい方でも大抵は問題なく使用できる十分な長さが確保されています。
HIFIMAN SUNDARAHIFIMAN SUNDARA
私はHIFIMANのヘッドフォンとしては、同社がMassdropコラボした「Massdrop x HIFIMAN  HE4XX 」を最近購入したのですが、ハウジングやヘッドバンドなど比べると当然ながら圧倒的な質感の違いを感じます。ケーブルはハウジング接続部分が「HE4XX」が2.5mmに対して「SUNDARA」は3.5mmステレオミニと同じ大きさのコネクタになっており耐久性面でも向上しています。

また、イヤーパッドは上下左右の4カ所にプラスチック製のフックで固定されており、どこか1カ所をつまんで中央方向に軽く押し込むことで外すことができます。
SUNDARA」はメーカーの情報によると「HE400i」と比較し80%も薄型の平面振動板(ダイヤフラム)を採用しているとのことですが、手持ちの「HE4XX」と比較すると、ダイヤフラムの薄さだけでなく平面駆動ドライバーそのものの大きさもかなり違いがあることがわかります。
HIFIMAN SUNDARAHIFIMAN SUNDARA
「HE4XX」は「HE400i」など他のHE400シリーズと同サイズの平面振動板を採用していますが、「SUNDARA」はこれらのモデルより大幅に薄いダイヤフラムと大きくなったドライバーが採用されており、この点だけみても「SUNDARA」がHE400シリーズより劇的に進化を遂げていることが想像できますね。

なお、これは「HE4XX」でも採用されている点ですが、「SUNDARA」は「HE400i」のようにハウジングを軸部分で前後方向に回すことができないかわりに、イヤーパッドが四方で厚みが異なるデザインを採用し自然な装着感を実現しています。
HIFIMAN SUNDARAHIFIMAN SUNDARA
ちなみに「SUNDARA」のイヤーパッドのほうが「HE4XX」より耳に触れる部分のベロア素材がすこし高級なものを採用しているようですね。


■新開発の平面駆動ドライバーが生み出す、「らしさ」と「明瞭さ」を両立したサウンド

そして実際に「HIFIMAN SUNDARA」を聴いてまず感じたことは、「HE4XX」等と比較してよりモニターライクに「抜けの良いハッキリしたサウンド」に仕上がっているな、という印象でした。トータルとして完成度は非常に高く、まとまりのよいサウンドとなっています。

HIFIMAN SUNDARAちなみに、Massdropコラボの「HE4XX」は「HE400i」とほぼ同スペックのドライバーを専用のハウジングやヘッドバンドなどでパッケージングしたモデルですが、個人的にはより「HE400シリーズらしさ」がアップした音質傾向だと思っています。
このようにある意味「HE400シリーズの最終モデル」でもあり、もっとも「らしい」サウンドの「HE4XX」とは「SUNDARA」は非常に対照的で、「HE4XX」がとても緩やかで中音域をウォームに感じさせてくれるサウンドなのに対し、「SUNDARA」は解像度が高くスッキリとした描写でひとつひとつの音の表現も精緻で美しさと正確さを感じます。高域も「HE4XX」と比較すると伸びは良好で2つを比べると別のメーカーの製品のようにさえ感じるほどです。「SUNDARA」ではキラキラ感のある明瞭な高域ですが、曲によっては多少の刺さりを感じる場合があります。

SUNDARA」は「HE400シリーズ」同様にスマートフォン直挿しでも音量が取れる程度に鳴りやすく、ある程度駆動力のあるDAP(デジタルオーディオプレーヤー)であれば十分に実用的な音質で使用できると思います。それでもできれば小型のヘッドフォンアンプ(据置きまたはポータブル)等を併用するほうが望ましいと思います。駆動力・出力の違いにより中低域の印象が結構変化します。この環境では締まりが良く存在感のある低域と、しっかり分離して明瞭感のある中域とボーカルを感じる事ができると思います。
HIFIMAN SUNDARAHIFIMAN SUNDARA
また開放型らしく音抜けはとても良いいっぽうで、ボーカルなど中域が耳元付近で定位するため、音場は私が普段使っている「AKG K712 Pro」などと比較すると狭く感じます。もっともK712 Proは非常に解像度の高いモニターサウンドであると同時に広大な音場が特徴的なヘッドフォンですから、定位の仕方は「SUNDARA」とは対照的な存在かもしれませんね。

HIFIMAN SUNDARA「HE4XX」は決して解像度が高いヘッドフォンとはいえませんが、真空管アンプを通して古いアルバムなどを聴くととにかく気持ちよく音楽の楽しさを感じることができました。いっぽうの「SUNDARA」はむしろ音数の多いEDMやアニソンなどをハイレゾプレーヤーで聴いたりストリーミングの洋楽ヒットチャートを楽しむ上では抜群に相性の良さを感じます。
しかし、アコースティックな演奏曲のほか、音場表現が重要なクラシックなどはあまり向いていないようです。定番曲で私も音場の確認でよく試聴する「Pure2 Ultimate Cool Japan Jazz」(DSD64)の「届かない恋」を聴いてみると高音から低音までしっかり描写しているのですが空間表現が少しのっぺりとした印象となり「あまり得意じゃないんだな」と感じます。
ただし、「K712 Pro」等と比較すると、「SUNDARA」はモニターライクとはいえレコーディング品質があまり良くない古い音源なども気持ちよく聴ける(音源のアラが出にくい)という点で、「HE400シリーズ」同様、より「音楽を楽しむためのリスニング向けのヘッドフォン」としてまとめられている、と考えられるのではないかと思います。


■手持ちのオーディオで手軽にHIFIMANの平面駆動のサウンドが楽しめるヘッドフォン

HIFIMAN SUNDARAというわけで、「HIFIMAN SUNDARA」は従来の「HE400シリーズ」にあったリスニングヘッドフォンとしての「楽しさ」はしっかり踏襲しつつ、本体デザインに加え「平面駆動ドライバー」を一新し全体的なサウンドの大幅なクオリティアップを行うことでより高次元の「愉しさ」を実現した製品ではないかと思います。各社の優れた製品がひしめく価格帯で登場した「SUNDARA」ですが、同社の上位モデル的な要素を多少取り入れることで、とてもバランスの良いHIFIMANらしさを感じるモデルに仕上がったのではないかと思います。何より私も含め、同社の上位モデルを本来の実力でドライブするために必要な、ハイパワーで相応にグレードの高い、本格的な再生設備を持っていない大多数の人でも、「SUNDARA」ならHIFIMANのヘッドフォンサウンドを気軽に堪能できるのはとても有り難いことですね。すでに同社以外の数種類のヘッドフォンを使い分けている方に、「最初のHIFIMANヘッドフォン」としてもお勧めの製品だと感じました。


プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。食べるのも好きなアラフィフの酔っ払い。東京と福井(鯖江)の自宅の二拠点生活も気付けば5年以上。普段は小さなIT企業の経営と営業とSEを細々とやってます。ポタオデは趣味で出張のお供。PC(?)遍歴にApple IIc とNeXTstation があるのがプチ自慢(^^;
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。









【Amazon Music HD / UltraHD対応まとめ】



最新記事
 


記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)
タグ絞り込み検索



購入イヤホン「好みランキング」



中華イヤホンケーブルまとめ(記事)









最新コメント












 
  • 累計: