bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

低価格バックロードホーン・スピーカーキットを作り比べてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
image

実際に購入したのはお盆前ですので、すでに1ヶ月ほど経っていますが、福井の自宅と、東京の単身赴任先用でそれぞれバックロードホーンのスピーカーキットを購入して作成してみました。

■「Stereo」別冊バックロードホーン・エンクロージャとToptone「F77G98-6」をあわせる
「Stereo」誌2016年8月号の付録スピーカーユニットとの「組み合わせ」を想定した「別冊」扱いの「スピーカー工作の基本&実例集2016年版」(4,900円)です。 
_SL250_
同紙のスピーカーユニットの付録は毎年の夏の定番となっており、そのユニットと組み合わせるためのエンクロージャ(ケース)も別冊も同様に毎年出版されています。ただ、ここ数年はケースの「別冊」だけをみると10cmユニットだったり、フルレンジとツィーターが上下逆のセッティングだったりと多少のキワモノ感があったのもの事実ですが、ここへ来て「8cmフルレンジ用の小型バックロードホーン」という、いかにも入門用には最適な「ド定番」を持ってきたという感じです。
実際スピーカーターミナルなどの配線まわりもついてこの価格はAmazonなどで見る8cmユニットのスピーカーキットの中でも最安に入りますし、いまのところ地方の書店でも買える入手性の良さは群を抜いています。
今回、福井の自宅でのサブスピーカー用に購入。

ユニットにはあえて、「コスパ最強の8cmユニット」として知られる秋月電子で販売される「F77G98-6」を使用。
このユニット、単品価格1個300円。ペアで買えば500円(1個あたり250円)。もう安いなんてレベルではありません。
私は秋葉原の店頭で購入しましたが、通販でも同じ価格で購入できます。その場合送料がかかりますが中華アンプ用のACアダプタなど「ついで買い」できるアイテムも多い秋月ですから充分コスパ的には満足いくでしょう。
この構成で満足がいく音が出れば、5千円台でスピーカーが作れることになります。 

エンクロージャの作成は初めてでしたが、説明はわかりやすく、木工用ボンドがあればサクサク組み立てることができます。ニトリやIKEAとかの最近の棚などの組み立てを思えばむしろ相当に簡単な部類ではないでしょうか(お盆に自宅のAVラックを組み立てましたが数十倍しんどかった・・・笑)。
最終的に重しを載せて密着させますが、私は雑誌などを載せた上に自分で乗って自身の体重で固定。
30~40分ほどで作成し、あとは1日ボンドを乾燥させてできあがり。

■F77G98-6の装着
その後スピーカーユニット(F77G98-6)を装着します。
image8Ω10W広帯域用スピーカーユニット「F77G98-6」(Toptone、東京コーン紙製作所製)は価格からは想像も付かない「いい音」で鳴るフルレンジのユニットとして広く知られています。なにしろ価格が安いのでたくさん買っていろいろなエンクロージャと組み合わせて楽しむなど自作スピーカー派にはもはや定番商品と言って良いと思います。
データシート(秋月電子サイト)を見ると、中域から高域まで80db付近で安定したレスポンスを持っていて、フルレンジとしての使いやすさと、バックロードホーンによる低域増強の効果が得やすいユニットであることがわかります。

ただ、このユニット、Stereo付録のFostex製ユニットなどと比べてネジの固定位置がひとまわり小さいため、そのまま装着するとエンクロージャとユニットの間に若干の隙間ができてしまいます。※「F77G98-6」は正確には8cmではなく「3インチ」(7.7cmくらい)ユニットのため。
そこで、ホームセンターで窓サッシ用の戸あたり防音テープを購入し、ユニットの外周に貼り付けてから装着。ケースとの隙間を埋めました。

■室内を包み込む広がりと癖のないサウンド
さっそく福井の自宅で使用している「CarotOne ERNESTOLO」とDENON「PMA-390RE」に接続して聴いてみます。想像以上にエンクロージャとの相性は良いようで「F77G98-6」の特性である癖のない中域から高域の心地よいサウンドに加え、バックロードホーンによる低域が予想以上の広がりを見せます。
imageimage

自宅のアンプでも実は最も駆動力の高いCarotOne ERNESTOLOでは、ターンテーブル(私はオーテクの安価な「AT-PL300」を使用)で再生した70年代のABBAのLPレコードが再び息を吹き返したような生き生きとしたサウンドで蘇り(機器の総額を考えると驚異的な音かも)、PMA-390REではメインで接続している「JBL Control One」と比べ、解像度こそ劣るものの中低域の広がりは遜色ないレベルで再生できます。
特にControl Oneの場合の気持ちよく感じる音量より2段階くらい小さい音量でも十分に楽しめるため、特に夜間のリスニングで家族に迷惑をかけないのは隠れたメリットです。この辺は「バックロードホーンの強み」といったところでしょうか。とにかく、5000円そこそこで作れる音ではないですよ。

その後、「Stereo」2016年8月号付録のFostex製ユニットに換装してみました。image

もともとこのユニット用に作られたエンクロージャですから当然相性は抜群で「F77G98-6」と比べ、解像度は大幅に向上し、ニアフィールドも含めかなり広い用途で「メインでも行ける」くらいの音に向上しました。ただ、解像度が向上した分「F77G98-6」であったような「ぶわっ」という感じの音の広がりは相当に押さえられ、ある意味「普通のスピーカー」になったとも言えます。個人的にはこの組み合わせも「好きな音」ではありますが、部屋にある他のスピーカーとの棲み分けができなくなったとも言えるので、とりあえず「F77G98-6」に戻し、「Stereo」付録ユニットはこのケースをもうひとつ作って別の部屋に置いてみようかな、などと考えています。


■似て非なる、もうひとつの8cmバックロードホーンキット
福井の自宅でのスピーカー製作に気をよくして、東京の部屋でももうひとつ作成してみることにしました。
_SL160_せっかくなので、同価格帯の別メーカー品、というわけで、Amazonでも評価の高かった吉本キャビネットの「BW-800」を選択。こちら、スピーカーターミナルなどは別売りですが5000円台で購入できるキットで、見た目も「Stereo」別冊と外観・サイズなどもよく似ています。というかこのBW-800があって別冊の商品が生まれた、という気もします(Stereoのキットも実は同じ吉本キャビネット製だそうです)。
今回、はターミナルやスピーカーユニットも付属する「BW-800D」のほうを購入しました。また予備に買ってあった「F77G98-6」も換装して比較してみます。

キットが届くと、ぱっと見Stereo誌別冊とよく似ている気もしますが、中の設計は結構異なります。組み立ては別冊の方はエンクロージャ内にいれる部分を先に組み立てて順番に固定する方式ですが、BW-800では片方の側板にガイドに従い木工用ボンドを塗り、一気に中の板を張り付け、反対側の側板を乗せる方式。左右で微妙に板がずれないか、筐体の密閉性を確保できるかという点では若干ですがBW-800の方が難易度が高いです。また別冊の方では説明で「木工用ボンドがはみ出ないように」という記述が随所にありましたが、BW-800の場合は意図的に多めにボンドを付け、接着時に多少はみ出るようにした上であとから拭き取るほうが良いようです。
今回は組み立て後、木工用のカラースプレーでペイントをしてみました。
ものぐさなので特に下地処理などはしていませんが、できれば組み立て後サンドペーパーで表面をならして、下地用のスプレーなどを塗ってからペイントした方が遙かによい仕上がりになります。 

■「そっくり?」かと思いきや全く異なるスピーカーユニット
キットに入っていたスピーカーユニットを見て「これはF77G98-6じゃないのかしらん?」と思いました。Fostex製などと比べネジ穴がひとまわり小さいユニットのサイズも3インチと同一で正面から見た感じもそっくりです。
しかし実際はこちらは「F02108H0」というユニットで、「北日本音響」という全く別のメーカーのものであることがわかりました(写真は左が付属の「F02108H0」。右がToptone「F77G98-6」)。
imageimage

またデータシートを見てみると特性も「F77G98-6」とは多少異なります。
これを見ると付属ユニット(F02108H0)のほうが低域の立ち上がりはより高い周波数から始まっており、いっぽうで中域の反応は全般的に「F77G98-6」より良いのがわかります。

image実際セッティングを行い、再生を行ってみます。東京では中華アンプの「SA-36A pro」を使用します。
中華アンプは他に「Lepy LP-V3S」を持っていますが「SA-36A pro」のほうが駆動力が高く、手持ちのどのスピーカーに合わせても一定の音質で鳴ってくれるため気に入っています。まずキットに付属するユニット(F02108H0)実際に鳴らしてみるとStereo別冊のキットとは全く異なるサウンドにこれだけ似ているキットなのにこうも音が違うのかと驚かされます。
エンクロージャ内での音の響きがBW-800の方が非常に豊富で低音も厚く、「ハコで奥行きを表現する」バックロードホーンらしさは確実に実感できます。
image「ハコで鳴らしている」のを多く感じるのは、スピーカーに近づき真上で聴くと全く響きが異なるなどリスニングポイントで結構音が変わる点。また、東京の部屋(だいたい8畳くらい)でそれほどボリュームを上げない環境では多少「低音が響きすぎる」感じもあるため、下部に樹脂製のインシュレータを、正面の開口部に吸音材を敷いて音を少しすっきりさせました。それでもデスクサイドなどの極端なニアフィールドでの使用より部屋全体で聴くタイプのスピーカーであると思います。
いっぽう、ユニットを「F77G98-6」に換装すると、このボックスの特性の「悪い点」が顔を出してきました。つまり「ハコ鳴りがひどい」という状況です。上記の特性の違いの通り、付属ユニットに比べ「F77G98-6」はより低い音から立ち上がっており反応が若干低いため中高域にボリュームを合わせると低音が響きすぎて不快なハコ鳴りが起こるものと思われます。
ただ、東京の設置環境の問題もあるようで、過剰な響きを抑えるため、吸音材を多めに敷き、インシュレータから吸音性の高い樹脂製のシートに交換することで相当に緩和されました。
image
その後、BW-800Dユニットも福井の自宅に移動したのですが、こちらの設置環境では少し部屋が広くなり、壁の反響も相当押さえられていることもあり、今度は付属スピーカーユニットだと低音がすこし物足りなく感じるようになり、「F77G98-6」に換装した方がよい結果が得られました。この環境ではアンプに「Lepy LP-2024A+」を使い、さらに上海問屋の真空管アンプ(CarotOneのヘッドホンアンプとそっくりで真空管がロシア製)を通して再生しました。
自宅での設置環境では、この組み合わせはなかなか正解です。

このように、同様の価格帯(で同じ製造元)の2種類の8cmフルレンジ・バックロードホーンのキットですが、個性はずいぶん異なることを実感しました。搭載するスピーカーユニットはもちろん、設置環境でも印象が相当変わりますので、実際の環境でいろいろ試されることをお勧めします。



「Astell&Kern AK300」を買ってしまいました。(追記あり)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
image

■思えば深みに来たもんだ(笑)

Astell&Kern AK300」を購入しました。やはりオーディオ沼というのは本当に恐ろしい。
もう10年くらい前とかはiPodでまったり音楽を聴いていたものの、数年前に「Astell&Kern AK10」というLightning対応のUSB-DACを iPhoneにつなげ、HF Playerをダウンロードしたのをきっかけに、iTunesのAACからFLACへ、そしてハイレゾへ音源の収集も変化。
イヤホンに「Shure SE535LTD」を入手したあたりから、デジタルオーディオプレーヤー(DAP)も「iPod touch」、「ウォークマン NW-A17」、「FiiO X3 2nd Gen」と変化、そしてとうとう「Astell&Kern AK300」を入手するまでに至りました。

imageimage

過去記事:私が結局イヤホンを「Shure SE535LTD」にした理由。
過去記事:私が「SONY Walkman NW-A17」に落ち着いた理由。(追記あり)


さてさて、そういえば「ちょっとイイけどお買い得」のこのブログの趣旨から余裕で逸脱する高級機「AK300」ですが、Astell&Kernにはさらに上位モデルに「AK320」と「AK380」があり、これら第3世代の「普及モデル」というのがAK300という製品の位置づけです。
かつてUSB DACのAK10を使用していた頃は、当時発売されたばかりのウォークマンNW-ZX1の価格を見て「こんなところへはまず行かないな」と思っていましたが、気がついたらそれを軽く超えるDAPを手にしていようとは、なかなか隔世の感ではあります。

Astell&Kern AK300」はAK第3世代共通DACチップ「AK4490」をシングルで搭載し(AK320とAK380はデュアル構成)、最大32bit/368kHz PCMに対応し、192kHz/24bitまでのネイティブ再生が可能。またDSD64/DSD128は24bit/176.4kHzにリアルタイムでコンバートし再生されます。非常に高いS/Nで明瞭かつクセのない音質で、低域から高域まで安定した質の高さが特徴、といったところでしょうか。

実際に新しいDAPの購入を検討し始めたのは6月に入ってからで、当初はオンキヨーの「DP-X1」か、同じAstell&Kernのモデル末期で安くなってきた「AK120II」「AK100II」(ちょうどレッドモデルが出たり)辺りが候補でした。
dp-x1 DP-X1AK100II AK70

そこで、6月下旬に、実際に手持ちのSE535LTDを使い店頭にていろいろ試聴してみることにしました。

しかし、これまで使っていた「FiiO X3 2nd Gen」と比較し、「AK100II」だと音質的に劇的な向上は感じませんでした。DP-X1や価格の下がったAK100IIと比較してもFiiO X3 2nd Genは半分程度の価格にも関わらず、第2世代AK(AK100IIを含む)と同じCirrus Logic 「CS4398」をDACチップとして搭載し、さらにチューニング的にも価格のわりにかなり善戦している、という点が大きいのでしょう。あと普段SE535LTDで使用する際はポタアンで同社の「E12A」を通してアンプ部分を強化していることも体感的な差を縮めていた要因と思います。
いっぽう「DP-X1」はESS「9018K2M」をデュアルで搭載し、SE535LTDで聴いてみた際の抜けの良い明瞭さは確かにFiiO X3 2nd Genとはひとつレベルの違うサウンドに感じました。
次に買うのはこれかな、と思ったのですが、その時、ちょうど発売されたばかりのAK300も一緒に試聴したのが失敗でした(笑)。もうレベルが全然違う(そりゃ価格帯も違いますからね)。正直なところ、以前冷やかしで試聴したAK320やAK380でも感じなかった「求めていた感」がAK300にはありました。

もしこの6月時点で「AK70」がすでに発売されていれば、AK300へは行かなかったかもしれません。でも「AK300を買いたい耳」になった後の8月にAK70を試聴しても、単にAK300への確信を深めるに過ぎませんでした。

実際、AK70ユーザーのなかでは「CHORD Mojo」を組み合わせて(さらにAK70 & Mojo専用ケースも併せて)使うパターンも多く見受けられますし、もともと「Mojo」を所有している私もAK70を購入すればこの組み合わせにすると思います(サイズ感もぴったりで、このケースを見ただけでAK70と一緒に衝動買いしそうになりました)。
ただ今回買い替えを決意したのは出張の多い仕事柄、「DAP単体で可能な限り良い音を実現したい」という理由からだったので「Mojo併用が前提」だと本末転倒かな、と思ったわけです。

このようなことを考えながら、ひと夏を経て、手元にはAstell&Kern AK300がとうとうやってきてしまいました。やれやれ。


■SE535LTDはバランス接続。ファームウェア更新でUSB Audio出力も対応

imageというわけでSE535LTDへもバランスケーブルにて接続。とりあえずは価格の安いG&VのバランスケーブルをAmazonで購入。もともとのアンバランスとくらべてほんの少しだけホワイトノイズが乗るような感じですが、音質そのものは悪くないです。この辺は今後少しずつリケーブルして試してみたいところです。
音質に関して、SE535LTDで聴く上でAK300のクオリティは個人的には申し分なく、DSDについてもPCM変換にての音質の変化が他の記事では書かれていましたが、私が所有するDSDの音源(主にポップス、ジャズ、あとはSuaraなどアクアプラス系のアニソン)ではAudioGete等であらかじめFLACに変換した音源と比較して瑞々しく心地よい音質に感じました。

また、Wi-Fi経由でファームウェアのアップデートを行い、現在のバージョンではAK70同様に「USB Audio出力」が利用できます。利用方法はUSB-OTG(On The Go)ケーブルでUSB DACに接続し、通知バーを下ろすとUSBメモリのようなアイコンを押してモードを変更するだけ。AK300をUSB-DACのプレーヤーとして利用できます。AK300クラスの製品でもったいない、とも思いますが、とりあえず「CHORD Mojo」と接続し、問題なく利用できることを確認しました。

imageAK300の仕様では32bit/384kHzのPCMや2.8MHz/5.6MHzのDSDは24bit/192kHz(DSDは24bit/176.4kHz PCM)にダウンコンバートした上で再生されますが、USB Audioの場合、DAC側が対応していれば、そのままのフォーマットで(DSDはDoPにて)転送されます。なかなか384kHzの音源はないかと思いますが、DSDについては「Mojo」経由でちゃんとDSDとして再生することができました。
この機能は個人的にはAKG K712 Proなどの「鳴らしにくい」ヘッドホンの再生や据置きのDAC+スピーカー出力で活用しています。特にAK300をLINE OUTモードでアンプに接続しスピーカー出力にした場合、私の利用環境(マランツ M-CR610+ DALI ZENSOR1)では若干平坦な音で物足りなく感じました。
手持ちの環境では据置きのスピーカー出力では「Mojo」が最強なので、ここでAK300→Mojo→M-CR610+ZENSOR1の構成が組めるのは有り難いですね。

imageまたWi-FiをつかってDLNA対応のNASなどに保存した音楽データへのアクセスや、iOS/Androidのスマートフォン・タブレットなどからの遠隔操作が可能になる「AK CONNECT」も地味(?)に便利です。
自分の部屋でAK300をUSB Audio出力でMojoと接続し、K712 Proでの利用やスピーカー出力環境で本体に入れていない音楽ライブラリを自由に聴く、というのも楽しい利用法です。
またiPadおよびAndroid用のAK CONNECTアプリは非常にわかりやすく、使いやすいと感じました。


追記: AK300など、MojoとさまざまなDAPとの連携についてのレビューを追加しました。
→ 
「FiiO L19」ほか、“Mojoと愉快な仲間たち(接続デバイス)”まとめ


■プレイリスト(.m3u)はUTF-8で保存
image音楽データが入ったmicro SDカードは、FiiO X3 2nd Genで使用していたものをそのまま差し替えて使用(SanDiskの200GBタイプを使用)。
ネットの記事だとAK300などの現在のAKシリーズは(おそらくFiiOなどを指した)中華DAPと比べて格段に使いやすいユーザ・インターフェースのような記述が多く見受けられます。確かにグラフィカルで見栄えは良く、慣れてくると聴きたい曲やアルバムへのアクセスはなかなかの操作感です。

ただ例えばアルバムソート以外では原則曲ごとのアーティスト別が優先されるので、おなじアルバムの中でアーティスト名が別れる場合(複数のアーティストが入っているサントラなどのアルバムや、feat.●●などが付いている曲など)は個別にソートされます。
またFiiOやウォークマンの場合、ループ指定などをしなければ特定のアルバムの再生が終われば自動的に次のアルバムを再生しますが、 AK300はそのアルバムで再生が終了する仕様。
そのため私がよくやっていた、プレイリストを別途作らず、適当に番号を付けたフォルダに曲を入れておき、その中のフォルダ名→ファイル名順に再生させる、という使い方はできないようです。
こうなると、私の場合、毎月の新幹線での移動などの際にあわせて数時間分のプレイリストをキチンと作っておく必要があります。

imageプレイリストもウォークマンやFiiO同様にmicro SDカード内に一緒につくった「.m3u」形式のプレイリストが使えます。私の場合は、micro SDに曲データをコピーした後に、foobar2000を立ち上げ、新規プレイリストを作成し、プレイリストに追加したい曲をmicro SDからドラッグして登録します。こうして作成したプレイリストを「Save Playlist」でmicro SD上に保存することで相対パスによるプレイリストが作成されるわけです。
→詳しくは過去記事参照:私が「SONY Walkman NW-A17」に落ち着いた理由。(追記あり)

 ウォークマンやFiiOの場合はこのままで問題ないわけですが、AK300の場合はもうひと手間必要でした。保存したプレイリスト(.m3uファイル)を秀丸などの文字コードを変更できるエディタなどで開き、文字コードを「Shift-JIS」から「UTF-8」に変更して保存し直します。これをしないとAK300では日本語のファイル名の曲をプレイリストに追加してない仕様でした(一瞬理由がわからず??となりました)。

プレイリストをUTF-8で保存し、AK300にちゃんとプレイリストを登録できれば、プレイリスト項目にカバーアートも含めて表示されます。これで長旅も安心、というわけですね。


■「歌詞」表示はタグ追加で「.mp3」「.m4a」形式で成功(FLACデータはNGぽい)※FLACも対応
AK300で音楽再生中に中央付近の3本線のマークを押すと「歌詞表示」の画面になります。ウォークマンなどの場合、音楽ファイルと同じフォルダに同じファイル名で拡張子を「.lrc」にしたいわゆる「LRC」ファイルを作成することで歌詞表示が出来ますが、AK300では残念ながら対応していないようです。

いっぽう、「Mp3tag」などのタグ付けをおこなうソフトで「UNSYNCEDLYRICS」タグを追加し、値に歌詞を書き込む方式(タグ埋め込み方式)の場合、「.mp3」形式と「.m4a」形式の音楽データで歌詞表示に成功しました。
しかし、残念ながらFLAC形式(.flacファイル)では非対応。いろいろ調べてみても良い方法はなさそうです。

ただ「.m4a」形式についてはAAC以外にALAC(Apple Lossless)でも問題なく表示されましたので、CD無劣化音質で歌詞表示をしたい場合はALACで作成、ということになりそうです。
imageimagemp3tag_lyc

ちなみに、メーカーサイトによると歌詞表示は「LDB形式」で対応とあります。
いろいろ調べていくと同社の「LDB Manager」という古いプログラム(2006年頃)のアドレスにたどり着きますが、ライセンスサーバが停止している関係もありうまく使えません。また「LDB Manager」の代替プログラムとして「K5 Lyrics Editor」というフリーソフトがあり、こちらは日本語の歌詞にも対応していますが、このソフトで作成し、歌詞を埋め込んだ音楽データでもAK300では残念ながら歌詞は表示されませんでした。なお、「LDB Manager」も「K5 Lyrics Editor」も対応する音楽ファイルは「.mp3」と「.m4a」のみで、FLACは読み込むことができません。この辺は実際に成功したファイル形式と一致していますね。

というわけで、「UNSYNCEDLYRICS」タグを「.mp3」「.m4a」に付けることを「LDB形式」とメーカーが呼んでいるのかはちょっと不明ですが、少なくとも「2006年当時に言われたLDB形式とは異なる」ことは確実なようです。なかなか紛らわしいですね。きっとメーカーもほとんどニーズがないという認識なのではと思います。

今後、もしFLACで第3世代AKでも歌詞表示が出来た、という情報があればまた紹介します。
※追記:
FLACの場合は違うタグ(「LYRICS」タグ)で歌詞を登録することができるそうです。



プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。気付けばアラフィフの酔っ払い(定期)。食べるのも好きな天秤座AB型。普段はIT屋で都内と自宅(鯖江)のある福井ほかあちこち出張するお仕事してます。ポタオデは趣味で出張のお供。長年のPC(?)遍歴にApple IIc とNeXTstation があるのがプチ自慢(^^;
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。





最新記事



記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)






最新コメント