bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

SENFER製キワモノ2BA+DD「DT2 Plus」と安定のハイブリッド「4in1」を買ってみた

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
image

おそらくGW明けぐらいまでは続きそうな、AliExpressの7周年セールのお買い物シリーズです。
(どんだけ買ってんだ、というツッコミはなしの方向で)

今回は「SENFER DT2 Plus」と同じメーカーの「SENFER 4in1」という2種類のハイブリッド型イヤホンを紹介します。個人的には「1勝1敗」でしたねー。うーむ。


■「SENFER DT2 Plus」/「DT2」にBAをプラス。でも音質は、マイナス!?
まず最初に届いたのは「SENFER DT2 Plus」。見ての通り「IE800タイプのイヤホン」(笑)です。

購入はAliExpressのHCKさんにて。
AliExpress(NiceHCK Audio Store):SENFER DT2 Plus 

C8zEjuPUwAID7hXimage

すでに以前から「DT2」という1BA+1DDのハイブリッドモデルがあり、前期型・後期型と内容を進化させています。そして、今回購入した「DT2 Plus」はドライバ構成が2BA+1DDとなっている点が特徴。
「DT2」のほうは構成により32~50ドル程度、今回購入した「DT2 Plus」は32~51ドルと、実は価格がほとんど変わりません。むむむ。セールで買ったときはもっと価格差があったような・・・というか「DT2」が値上がりしてるような・・・やっぱりアヤシイ臭いがします。

ちなみに形状もIE800っぽい「Swing IE800」と比べると実際は親子ほど大きさの違いがあります。また、MMCXコネクタでハイブリッドと、すでにIE800タイプと言って良いのかも微妙ですね。
imageimage

なお、装着してる姿を見て家族からは「耳にこいのぼりが刺さってるみたい」と言われました(残念)。

imageそんなこんなで、「DT2 Plus」を実際に聴いてみると、まずは見た目だけではなく、音も非常に個性的なイヤホンだと感じました。
元々の1BA+2DD構成の「DT2」はドンシャリ傾向らしいでのですが、いっぽうの2BA+1DDになった「DT2 Plus」は全く異なる音質傾向に変化しています。最初は、全般的に低域は弱く、多少フラット傾向にも感じました。最初は若干の籠もりを感じたのですが、その後出張中にエージングを行い、約200時間ほど経った状態で再度聴いてみたところ、音質傾向そのものは同様ですが、高域の伸びが強くなった印象に変化。具体的には、ピアノの高音域など非常に高い音がよりシャープになり、籠もり感も解消されました。ただ同時に5kHzより上くらいのシャリシャリ感も結構増えている印象です。

imageただ、中域のバランスはちょっとだけ不自然で、良く言えば個性的、悪く言えばいびつな感じを受けます。曲によっては非常に平坦に聞こえたりする場合があります。これがジャンルとか、男性・女性のボーカルとか、ある程度特徴付けられるといいんですが、そうでもないところが悩みどころです。
DT2後期型は後述する4in1同様のドンシャリ系の音になったようですが、そこで単純にフロントのBAをデュアルタイプに置き換えたら、当然バランスは崩れますよね。と、DT2 Plusはそんな感じがする音です。もしかしたら「DT2 Plus」も今後改良された「後期型」が出るのかもしれません。ちょっと、購入を早まりましたかね?



■「SENFER 4in1」/DT2のオリジナルデザイン版? 高音質メタルハイブリッド
個人的にはDT2 Plusは「キワモノ枠」でしたので、ハズレでもむしろOK、くらいの勢いだったのですが(まあトリプルドライバのハイブリッドとしては十分安価ですし)、いちおう「抑え」で購入した、安定枠のイヤホンが「SENFER 4in1」です。
image
こちらは1BA+1DDのハイブリッドでメタルハウジング、MMCXコネクタという内容で、「DT2後期型」のSENFERオリジナルデザイン版、といった感じでしょうか。しばらく前から販売されていて「DT2後期型」同様に評判は上々のようです。

「SENFER 4in1」もAliExpressで上記のHCKのほかEasy Earphoneでも購入できます。わたしは他のイヤホンのついで買いでEasyさんのほうで購入しました。
AliExpress(NiceHCK Audio Store):SENFER 4in1
AliExpress(Wooeasy  Earphone Store):SENFER 4in1

価格はMMCXケーブル付でも30ドルほどと、MMCXタイプのハイブリッドとしても結構リーズナブルです。

まず、メタルハウジングで比較的重量もあることから、耳穴が小さい方などは装着に一工夫が必要かもしれません。私も最初に聴いたときは今ひとつ高域に不自然な印象を受けたため、とりあえずエージングを行ったのですが、あらためて確認してみると、エージング効果と言うよりどちらかというと装着感のほうが原因のようでした。人によってはなかなかベストポジションに装着できない場合があります。
image最初私は付属のイヤピースでシェア掛けで装着していたのですが、イヤーピースをウレタン製に換え耳へのホールド感を高めた上で、通常の位置で装着し直したところ、「本来の音」が聴けるようになりました。
「SENFER 4in1」の音質傾向は先程の「DT2 Plus」と打って変わって明瞭なドンシャリで、メタルハウジングらしい多少硬質なサウンドです。
解像度はそこそこですが音の分離は非常に良く、ハイブリッドらしさ、という点ではわかりやすい音だと思います。いっぽう高域は非常に強く特徴的な鳴り方をするのですが、刺さりでいえばむしろ「DT2 Plus」のほうが高いくらいの印象をうけます(エージング前はもう少し刺さっていたかも)。

ちなみに、SENFERのハイブリッドというと「SENFER UEs」というモデルが非常に有名です。
imageこれは日本でもAmazonで購入できるデュアルダイナミック型の「UE」の改良型で、模範的とも言える非常になめらかなドンシャリ系のサウンドが特徴的。この「UEs」と「4in1」の音の違いも気になるところです。

実際、この2つのイヤホンを聴き比べると、「UEs」に比べ、「SENFER 4in1」は全般的に音の明瞭さが際立っていて非常に見通しの良い印象を受けます。どちらも低域は十分にありますが、4in1のほうが引き締まっていて、UEsは多少ボワついて聞こえます。また高域については明らかに4in1のほうが表現力が高く、このイヤホンの「美味しいところ」だと感じました。


■キワモノ買いの銭失い?。でも本当は結構「自己」満足(笑)
というわけで、今回は「結局評判の良い4in1はアタリ」で「キワモノ感が抜けないDT2 Plusはハズレ」という結果になりました。ただ、元々のDT2もロットによる当たり外れの大きいモデルだったようですので、私のような人柱を経て、今後グレードアップしたモデルが出る可能性もあります。
たぶんプラスじゃない方の「DT2」は「4in1」とほぼ同じ音のような気がしますので、どうしても「IE800ぽいデザインのイヤホンが欲しい」とか「やっぱりGWには耳にこいのぼりを刺してなきゃね」という方(いねーよ)以外は4in1を選んで良いのではと思います。

imageところで、本当は、3月時点で今回のセール価格に乗じて密かに「パチモノ」をゲットしようと画策していました。その時考えていたのが「(通称)98% IE800」と「SNFER K3003(2BA+DD仕様)」です。言うまでもありませんが、「SENNHEISER IE800」と「AKG K3003」という両社を代表する大変有名なイヤホンの「偽物」です。結局セールでは他のイヤホン購入にまわったため、どちらも購入することはありませんでした。たぶん、これでよかったのだと思っています。
もっともその代わりで、上記「偽物イヤホン」の一翼を担い、偽物をつくらなくなった今も有名中華イヤホンメーカーのひとつとなったSENFER社のお手頃価格のイヤホンを購入したわけなんですが。
特に「DT2 Plus」については、正直従来モデルの「DT2」についてはそれほど興味はなかったのですが、「DT2 Plus」でドライバーが2BA+DDに変わったことで、私の中の意味づけが変わりました。ほぼ個人的な解釈(というか思い込み)ですが、「DT2 Plus」は、「IE800ぽいハウジング」に「K3003ぽい構成のドライバー」を搭載させたイヤホン、のように思えて、従来モデルの「DT2」とはまた違った趣を感じたわけですね(笑)。というわけで個人的なキワモノ欲求とでも言いますか、そういう自己満足的には全く悔いの無いお買い物だったと思っています。


(追記)「SENFER DT2 Plus」は低音ポタアン併用で激変しました。
imageところで、「DT2 Plus」の特性からHead-Fiあたりの英語のレビューでも「イコライザをかければいい音」的な記述があったのをみかけて、ならばというわけで「低音強調」タイプのポタアンを経由させてみたころ、かなり良いバランスになり印象が「激変」しました。
使ってみたポータブルアンプは「Trasam HA2」(オペアンプ未交換)。なるほどこの組み合わせだだと低域もボコボコすることなく心地良く響き、音場もぐっと広がります。変な中域に悩まされることもありません。きっとこれが正しい使い方なのですね。納得です。
今後「Trasam HA2」はオペアンプを交換してフラット寄りの音に変えようと思っているのですが、同じ基盤を使っているらしいAuglamourの「AUGLAR GR-1 」が福井の自宅に置いてあるので、今後はこちらをオペアンプを交換せずに組み合わせようと思います。

「Wooeasy DIY EE846 5BA (改良型ブルーモデル)」が想像以上に高音質で驚いた

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Wooeasy DIY846

最近タイトルでオチを書いちゃう派です(笑)。でもよろしければ最後までお付き合いください(・_・)(._.)。

■怒濤の衝動買い。もともと激安なのに、この価格ヤバくないすか?
さて、というわけで、今回購入したのはShureのフラグシップイヤホン「SE846」の「そっくりさん」として以前からお馴染みのEasy Earphone「EE846」の改良型、「DIY EE846 5BA」モデルです。
ただ、このイヤホン、以前のモデル(透明モデル)はSE846のクリアモデルと同じ透明なハウジングでしたが、現在は「改良型」になってブルーに変更になっています。
AliExpress: Wooeasy DIY846 5/6 Unit BA Earphone

今回、AliExpressの3.28、7周年セールでの購入です。

EE846_5BA中国のAliExressのセールといえば何と言っても11.11(独身の日)ですが、今回は3月末に7周年のセールがあり、これに乗じて私もいろいろ買い物をしてしまいました。
そしてEasyさんの目玉商品のひとつが、今回購入した「Wooeasy DIY EE846」で、通常153ドルほどの5BAモデルが107ドルと、かなりのディスカウントになっていました。もともと5BAモデルで153ドル、6BAモデルで261ドル(どちらもケーブル無し仕様の場合)と、中華イヤホンの価格としても異常に安い価格設定ですが、さらにこんなとんでもないディスカウントが入って、BAドライバの原価だけでも足が出るんじゃないかと心配になってきます。というわけで、本来は違うイヤホンを買うつもりだったのですが、急遽予定変更してポチることにしました。まさに衝動買いです。
実際は、このディスカウント価格に加え、セール期間中はさまざまなクーポンが発行されており、さらにスマホアプリ購入割引も合わせて今回私も最終購入価格は80ドル台後半までの値引きに成功し、アラウンド1万円を大きく下回る水準に・・・。まあ衝動買いでも一片の悔い無し、であります(笑)。

というわけで、購入から待つこと約20日、到着したイヤホンをさっそく確認してみます。


■実際届いてみると落ち着いたブルーで仕上がりもまずまずだった。

image実際に届いた実機を確認してみると、上記のサイト写真と比較して、質感も思ったほどプラッキーな感じはなく、カラーもより薄いブルーでとても落ち着いた印象です。
さらにびっしり詰まったBAドライバがなかなかの重量感で、否応なしに「ちゃんと高級イヤホン感」を出しています。実際の購入価格はさほど高級ではないんですけどね(しつこい)。
今回MMCXケーブルはなしのイヤホン本体のみで購入しましたが、イヤーピースいろいろとケースは付属。サイズ、形状はオリジナルと同じなので、装着感も文句なしです。

ケーブルはオリジナルのSE846をちょっとだけ意識して、コネクタ部分がクリアでシルバーメッキの銅ケーブルを組み合わせました。やはりこのイヤホンはこのようなケーブルが似合います。またケーブルによる音質変化も大きそうなイヤホンですので、ある程度は情報量の多いケーブルをあらかじめ選んでおきたい、という思いもありました。


心地良いフラットで、音の成分の多い「多ドラ」BAサウンドが体験できます。
今回、「衝動買い」で購入したのですが、音質に関しては期待と不安が相半ばする感じでした。とうのも、この「DIY EE846」というイヤホン、5BAと6BAがあって、初期型のEE846透明モデルでは6BAのほうはかなり評判がいいものの、5BAはイマイチという話。今回、(特に改良型で)実際のところどうなの?というところが気になっているポイントです。

image実際に「Astell&Kern AK300」に接続して聴いてみると、そのような心配は全くの杞憂で、最初の印象は、とてもフラットかつ音の成分の多い「いかにも多ドラ」なサウンドになっている、と思いました。低音は抑え気味で、中域~高域も出過ぎることなく、しかし綺麗に主張しています。
確かに低音好き、ドンシャリ好きの方にはちょっと物足りない部分もあるかもしれませんが、もともとSE846はじめShure SEシリーズが用途的にもフラットのモニターサウンドを基本としているので、このアプローチは違和感のない点だと思います。実際、改良された「DIY EE846 5BA」は「これこそフラット」という音です。後日、改めて店頭試聴でオリジナルのSE846と比較してみましたが、もちろん要素要素でいろいろ差はありますが「かなりいい線を行っている」レベルで「DIY EE846 5BA」もオリジナルに寄せていると思いました。
そして複数のBAドライバの和音のみが作り出せる明瞭ながら濃厚なサウンドも、高価格帯の「多ドラ」タイプのBAイヤホンには及ばないまでも、ある程度実感することができます(この辺はSE846とは明確に違う音ですよね)。

実は透明モデルの初期型と今回購入したブルーの改良型(DIY EE846)では採用しているドライバが変更になっています。
image・初期型(EE846/透明モデル): Easy Earphone:Easy Clear Color DIY EE846 5BA
(高域) ED29689 
(中低域) DTEC-30265(Dual) 
(低域) DTEC-31116(Dual)


・改良型(DIY EE846/ブルーモデル): Wooeasy DIY EE846 5BA
(高域) ED29689 
(中低域) DTEC-30265(Dual)×2


ドライバの構成では、初期型は29689(高)+30265(中低)+31116(低)に対し、改良型では低域のDTECの代わりに中低域のDTEC-30265を2個に仕様変更しています。(ネット上の評判では)初期型でも別に低音が強かった訳ではなかったようですが、それでも中高域が不足していたのかもしれません。いっぽう購入したDIY EE846(改良型)では、中低域のデュアルドライバを2つにして中域を厚くすることで、高域にも余裕が出てきてるのかと思います。
とりあえず、初期型はよくわかりませんが、改良型(DIY EE846)の5BAはフラット好きにはなかなか良いサウンドだと思いますよ。


■イヤーピースとケーブル、あとDAPでも音が変化。
DIY EE846 5BA」は形状的な要素も含め、イヤーピースによる変化がかなりありそうだということが予想できました。ただ実際に聴いてみると、イヤーピースでの変化はDAPを「Astell&Kern AK300」より「FiiO X5 3rd genX5III)」で聴いた場合の方が大きく感じられました。これはDAP自身の稼働力の差が原因と考えられ、相対的に小さい音量で鳴らすことができるX5 3rdのほうが変化が出やすいのだと思います。

一般的に、多くのBAドライバー(つまりスピーカー)を内蔵するタイプのイヤホンは、すべてのユニットを鳴らすために、ドライバー数の少ないイヤホンより多くの電流を流す必要があります。稼働力のさほど高くないタイプのDAPの場合、より音量を上げなければ必要な電流を確保できないのに対し、高いDAPでは小さい音量でもイヤホン側に充分な電流を与えることができます。image
実際、AK300ではShure SE535LTDの音量が55~60(最大150)なのに対し、DIY EE846 5BAは80~程度と結構大きめな音量を必要とします。いっぽう稼働力のあるX5 3rdではSE535LTDが48~58(最大120)に対しDIY EE846 5BAは50~60程度と、ほとんど差の無い範囲で鳴らせていることがわかります。(補足)もちろん音量そのものはイヤホンのインピーダンスや感度で変わるので数値自体に意味はありませんが、DAPにより2つのイヤホンでの音量「差」が稼働力で大きくなることがあることに注目しています。

また「稼働力を必要とするイヤホン」はX5 3rdにとっても相性の良い相手ですので音質傾向的にも本領を発揮できそうです(惜しむらくは私のX5 3rdはレッドモデルなので見た目のマッチングが・・・笑)。

というわけで、以降はX5 3rdにDAPを変更し、イヤーピースでの違いを確認します。
まず付属のグレーのシリコンイヤーピースは見た目は地味ですが、音場はいちばん広く、もっとも「らしい」音で聴くことが出来ます。一方、同梱されていたウレタン製のイヤーピース(黒、赤、青、グレーの4色)の場合、低域の厚みが少し増加しますが、音場は多少狭くなります。ただ全般的に音が少しスッキリするため、よりフラットでむしろ「多ドラ」的な音は抑えたい場合はウレタンタイプの方が好みの音になるかもしれません。
いっぽうシリコンタイプでもよりフィット感の強い「SpinFit」を使用すると、今度は中域が伸びて音の濃度がさらに増加します。ボーカルがさらに近づき、曲によってはさらに「多ドラ」感がアップします。むしろもっと濃い音を、という方はイヤーピースを「SpinFit」に交換するのもアリだと思います。
imageimage

また、ケーブルをバランスに変更すると分離感の向上により、音の情報量が増します。

image今回は「NOBNAGA Labs」の比較的低価格のバランスケーブルを使用しましたが、もともとX5 3rd自体がバランスケーブルの効果が出やすいDAPではあるものの、その点を割り引いてもDIY EE846 5BAで十分に効果を確認できました。
逆にアンバランスで1000円台などの安価なMMCXケーブルを使用するとケーブルによってはサウンドが細ってしまい平坦な音になってしまうことがありました。
この辺は効果が出やすい部分ですのでいろいろケーブルを換えて好みの音を見つけてみるのも楽しいと思います。

あと、別にこのイヤホンに限った話ではありませんが、「DIY EE846 5BA」もDAPによる影響を比較的受けやすいということも考慮する必要があります。
image上記の通りAstell&Kernの第2世代(AK240など)や第3世代(AK300など)、そしてAK70などの機種は意図的に駆動力は低めに設計されており、代わりに相当なハイゲインまで(120くらい)安定して出力ができるようになっています。そのためDIY EE846ではボリュームを大きめにする必要がありますが、ナチュラルにどのジャンルの曲も楽しむことができます。
また、比較的駆動力の高いFiiOのDAPではイヤーピースやケーブルによる変化をより明快に楽しめるいっぽうで、曲によっては聴き疲れをしやすくなる可能性もあります。

さらに、スマートフォンのイヤホン端子やスティック型のDACなど、内蔵のアンプチップの駆動力は高いものの、音量を一定以下にするとノイズが増加しダイナミックレンジが著しく低下するケースもあります。例えばiPhone 6のイヤホン端子にDIY EE846 5BAを直挿しすると、1/4〜1/3程度のボリュームで十分な音量は取れますが、こもったような何とも残念な音になってしまいました。

「DIY EE846 5BA」は価格が抑えられているだけに、逆に本来の実力を発揮できない再生環境で使われる可能性も増加してしまうかもしれません。当たり前のことですが、価格は安くても、ちゃんとした「多ドラ」イヤホンだということは認識しておいたほうがいいでしょうね。


■そういえば、8BAモデルが出たり、こっそり6BAもドライバ構成が変わったりしてますね。
7周年セール終了後、Wooeasyさんのツイートで「Super 846 8BA」なるモデルが出て(こちらは透明シェル)、ついでにDIY EE846もサイトで確認したら、6BAモデルで低域のドライバが8BAと同じSonion 33AJ007に変更になっていました! 単にドライバの確保の理由か、どの程度、音質の変化があるのか、気になりますね^^。

今回購入した「DIY EE846 5BA」も価格も価格ですし、購入理由が正直「ネタ用」という側面も否定しません。ただ実際に聴いてみたら想像以上にできが良くて、これなら普段使いアイテムのひとつに組み入れても良いかなと思っています。もともと装着性は抜群ですし。

とりあえず、あまりコストはかけられないけど、BA多ドラなサウンドを1個持ちたい、という向きには悪くないイヤホンかなと思いました。

あと個人的には、飽きてきたらバラしてリシェルしてみたいな、とも(価格的にハードルはすこし下がりますよね。笑)。ノズル部分のフィルタやネットワークがどうなっているのかも気になりますし。
どなたかリシェルで使えるCAぽい金属製ハウジング作っていただけないですかね~(爆)。


プロフィール(Twitterアカウント)
Apple好きのおっさん。普段はIT系のお仕事。自宅は福井県ですが都内で単身赴任中。ポタオデは趣味で出張のお供。AK300/Mojo/X5III/SE535LTD/AKG好き/中華イヤホンも。美音系/モニター系の音が好み。食べるのも好き。カフェで息抜きにブログ書いてます。自宅ホームシアターも改良したいな。
※連絡などは bisonicr.keep.walking@gmail.com またはTwitterのDMまで。
 
livedoor プロフィール

楽天市場