bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

Yinyoo「8芯OFCキンバー風ケーブル」「純銀線ケーブル」「8芯銀メッキ線(赤)ケーブル」を購入しました【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Yinyoo Cable

私のレビューでもいろいろな中華イヤホンを紹介していますが、これらのイヤホン同様にとても多くアクセスをいただいている話題が「イヤホンケーブル」のネタです。気がつくと次から次へと意味もなくケーブルを買い続けるクセがついてしまったようで、(リケーブル可能な)イヤホンを買っても買っても、なぜか常にケーブルが余ってる状態になっています(笑)。
→ 過去記事: 中華イヤホンケーブルのレビュー 一覧

そんな状況にもかかわらず、毎度お世話になっている中国のイヤホンセラー「Easy Earphones」から最近精力的に新しいケーブルが登場しており、またまた散財の予感がひしひし。沼って楽しいですね(ぇ。
というわけで、Easy Earphones等のセラーで販売される「Yinyoo(音佑)」ブランドの新しいケーブルをいくつか紹介したいと思います。まず今回は春以降に届いた3種類のケーブルとなります。ちなみに、これまでに購入したの同ブランドについては以下のレビューにまとめています。
→ 【Yinyoo/Kinboofiケーブル編】 中華イヤホンケーブルをまとめてレビューしてみましたPart5

また、各ケーブルの材質ごとの特徴については過去記事の「解説編」にて簡単に紹介しています。よろしければこれらのレビューも併せてご覧くださいませ。
→ 【その1:解説編】 中華イヤホンケーブルをまとめてレビューしてみました(前編)

購入はすべてAliExpressのEasy EarphonesおよびAmazonのWTSUN Audioにて。Easy EarphonesのTwitterアカウント(@hulang9078)では頻繁に割引情報などもツイートされますのでフォローのうえこまめにチェックされることをお勧めします。


【高純度銅線のイヤホンケーブル】
[ YYX4744 ] Yinyoo 8芯 高純度OFCミックスケーブル
Yinyoo Golden treasure Cable 2.5/3.5/4.4mm Balanced Cable With MMCX/2pin Connector
Amazon.co.jp(WTSUN Audio) 6,800円~ / AliExpress(Easy Earphones) $69.00
【 MMCX 】 2pin ※【 3.5mm 】【 2.5mm/4極 】【 4.4mm/5極 】
Yinyoo CableYinyoo CableYinyoo Cable
従来の中華イヤホンケーブルでは使用されてこなかった8芯OFC(高純度無酸素銅)線の「キンバー風」ケーブルです。「キンバー風」という所以は、Easy Earphonesによると、ソニーのアップグレードケーブル「MUC-M12SB1」と同様の線材を使用しているとのことから。「MUC-M12SB1」はソニーのサイトによると、高級ケーブルメーカーとして知られるKIMBER KABLEの協力により同社の技術を用いた構造・デザインを採用している、との記述があります(ソニーの製品もKIMBER KABLEの線材を使用しているわけではないようです)。本当に「MUC-M12SB1」と同じ線材のケーブルであれば、ソニーのケーブルを作っている会社から線材が流れてきてる、ということになりますね・・・(゜゜)。
Yinyoo CableYinyoo Cable
なにはともあれ、多少被膜のカラーが異なるものの、線材はソニー製品と同じ、高純度OFC線とエナメル線をミックスして編み込んだケーブルで、全体を透明な樹脂被膜で覆われています。とはいえケーブル自体は思ったより柔らかく、使いまわしは非常に良好です。コネクタは最近の中華ケーブルで良く使われているタイプとなります。
Yinyoo CableYinyoo Cable
特徴としては「わかりやすくOFC線の傾向が出るケーブル」ですね。弱ドンシャリ傾向の6BA構成イヤホン「Yinyoo HQ6」の場合、全般的な分離性の向上、解像度アップといったリケーブル効果はもちろん、低域はより深く、高域はより明るめのより「濃い音」になりました。中華ケーブルでは銀メッキ線が圧倒的に多いため、わかりやすく「銅線」の傾向がでるアップグレードケーブルは選択肢が少なく、その意味でも結構お勧めできる製品だと思います。さすがにソニー「MUC-M12SB1」の価格(23,880円+税)と比較するのはどうかと思いますが、4.4mmバランスを含め、3.5mm、2.5mmの各サイズ、MMCXと2pinのコネクタが選択できる点も含め、非常にコストパフォーマンスにも優れていますね。
私もあと1本、2本、買い増ししようかな(^^;)。


【純銀線のイヤホンケーブル】
[ YYX4737 ] Yinyoo 4芯 高純度 純銀線ケーブル
Yinyoo Pure Silver Cable 2.5/3.5/4.4mm Balanced Cable With MMCX/2pin Connector
Amazon.co.jp(WTSUN Audio) 9,800円  / AliExpress(Easy Earphones) $89.00
【 MMCX 】 【 2pin ※】【 3.5mm 】【 2.5mm/4極 】【 4.4mm/5極(AliExpressのみ) 】
Yinyoo CableYinyoo CableYinyoo Cable

春ごろに発売されたYinyooブランドの純銀線ケーブル。銀メッキ線とは異なり少し硬めで太いホワイトシルバーコートの被膜で覆われた高純度シルバーのケーブルとなります。重量は銅線や銀メッキ線と比べて2割ほど重いですが使っていて違和感はほとんど感じないレベルですね。最初に購入したときは少しクリームホワイトなカラーリングでしたが、その後買い増しした際にはより銀線らしいシルバーカラーに変わっていました(^^;)。
Yinyoo CableYinyoo Cable
音質傾向は8芯銀メッキ線を越える非常に高い解像度に加え「かなり過激」ともいえる高域の伸びの良さが特徴的です。特にマルチBAの場合では大人しめだったイヤホンで使用してもかなりアグレッシブなサウンドに化けます。また特に中低域が凹むこともなく分離性も良好です。
Yinyoo CableYinyoo HQ5
マルチBAのような複数のドライバーを駆動させるためにより多くの電流が流れるタイプのイヤホンではかなり顕著に変化が現れるようですね。例えばイヤホン本体の価格からあまり現実的ではありませんが、全体的に穏やかなサウンドの「KZ ZS10」で使用すると見違えるような派手めのサウンドに「化けます」。多少割高ではありますが、多ドラ系のイヤホンで高域を元気にさせたい場合はかなりお勧めできるケーブルだと思います。
いっぽうでシングルダイナミックのイヤホンなどでは高域の変化はほとんどなく中低域が少しやせてしまうためあまり良い組み合わせにはならないようです。この辺も典型的に銀線らしい特徴ですね。


【銀メッキ銅線ケーブル】
[ GXX4740 ] Yinyoo 8芯 銀メッキOFCアップグレードケーブル(レッド)

New Yinyoo 8 Core Upgraded Silver Plated Copper Cable 3.5/2.5/4.4mm Cable (Red)
Amazon.co.jp(WTSUN Audio) 5,750円~ / AliExpress(Easy Earphones) $28.50
【 MMCX 】【 CIEM 2pin 】【 3.5mm 】【 2.5mm/4極 】【 4.4mm/5極 】
Yinyoo CableYinyoo CableYinyoo Cable
こちらは、中華ケーブルではおなじみの銀メッキOFC銅線のケーブル。レッド/シルバーのカラーケーブルを編み込んでいますがミックス線材ではないようです。以前レビューしたKINBOOFIブランドで出している8芯のピンク/シルバーのケーブルといい、どうもHCKの赤白8芯を意識しすぎなような気もしないではないですね。個人的には下手にミックスカラーにするより「赤色」単色にしてくれてたほうが格好良くていいのに、と思っているのですが(^^;)。
Yinyoo CableYinyoo Cable
さてさて、こちらのケーブルが特徴的なのは最近8芯ケーブルで多用されている「柔らかい線材ではない」ということ。柔らかい銀メッキ線ケーブルと比較して、被膜に少し弾力があり、編み込みもしっかりしているため全体的に少し太さも抑えられているのが使いやすくて良いですね。またMMCXコネクタ、2pinコネクタもWooeasyブランドのケーブル時代のシルバーコネクタで、2pinはCIEM仕様となっています。
音質傾向的には解像度や分離性をアップしてくれるタイプの味付けの少ないケーブルですが、柔らかい8芯銀メッキ線が中低域タイプで高域の伸びが少し弱かったのに対し、こちらのケーブルは高域もより綺麗に出してくれる印象があります。価格も手ごろなので使いやすいアップグレードケーブルとして、他のカラーも出してくれると有り難いなと思います。


というわけで、今回は3種類のケーブルを紹介しましたが、さらに新しく販売された「16芯ケーブル」も3種類ともオーダーしていますので、こちらも揃いましたらあらためてレビューしたいと思います。


「Yinyoo HQ5」 クリアで心地良いサウンドに癒やされる、こだわり抜いた渾身の5BA高音質中華イヤホン【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Yinyoo HQ5

昨年より精力的に低価格のマルチBAモデルのイヤホンをリリースしている「Yinyoo(音佑)」ブランドより、また新しいモデルが登場しました。それが今回オーダーした「Yinyoo HQ5」、5BAモデルのイヤホンになります。
5BAというと、現在も「Yinyoo H5」という、より低価格のモデルがありますが、こちらが「MaGaosi K5」や「HCK HC5」といった他社製品と同じ製造元(のロゴ違い)のイヤホンだったのに対し、「Yinyoo HQ5」は同社オリジナルの製品として全く別のファクトリーで設計・製造された上位モデルとなります。
Yinyoo HQ5Yinyoo HQ6
すでに先日レビューした6BAモデル「Yinyoo HQ6」を持っていますが、今回の「Yinyoo HQ5」ではよりコストを抑えつつ、さまざまな「こだわり」を詰め込んだ仕様となっており、完成度についてはEasyも「かなり自信を持っている」とのこと。先行オーダーを開始したのは4月上旬だったのですが、多少段取りに手違いもあって私のところにはGW明けに到着しました。ですので、このタイミングでオーダーされた方の多くはすでに手元に届いていることと思います。
ちなみに、オーダーを開始したタイミングで例によってEasy EarphonesとDMでいろいろ確認しており、そこで聞いたアピールポイントをまとめてツイートしています。

ちなみに先日レビューした「Yinyoo HQ6」のほうも、マニアの間でもあまり認知されていないようですが、個人的には想像以上の「当たり」のイヤホンで、アンダー3万円の価格設定のなかでは相当コストパフォーマンスの高い製品だと思っています。ところが今回の畳みかけるように登場した「Yinyoo HQ5」は、アンダー2万円と「MaGasoi K5」とほぼ同じ、「Yinyoo H5」ともわずかな価格差で、しかも上記の通りさらに力が入っているということで、「おいおいおい」と思いながらも、やっぱり今回もオーダーすることになってしまいました(^^;)。

私はAliExpressのEasy Earphonesでオーダーしましたが、現在「Yinyoo HQ5」については、入荷した日本向けの在庫はほとんどアマゾン倉庫へ出荷しているようですので、アマゾン経由で購入した方が確実に入手できると思います。価格についても為替レートを踏まえるとほぼ同額、または少しアマゾンのほうが安くなるように価格調整がされています。
AliExpress(Easy Earphones): Yinyoo HQ5 / 179ドル~199ドル
Amazon.co.jp(WTSUN Audio): Yinyoo HQ5 / 19,800円

アマゾンではプライム扱いになっていますので、倉庫在庫があればすぐに商品が届きます。また万が一不良などがあった場合の返品交換の手続きもアマゾン経由で行えるため安心感が高いですね。さらにEasy EarphonesのTwitterアカウント(@hulang9078)では頻繁に割引情報などもツイートされますのでフォローのうえこまめにチェックされることをお勧めします。あと余談ですが、もしEasyにDMで相談や問い合わせをする場合は、いわゆる「デイタイム」(平日9時~17時、時差を考慮すると10時~18時)だと日本語ができるスタッフが応対してくれる確率が高いので、このタイミングを狙った方が良いかもですよ(^^)。


■こちらも「Neptune」カラーのイヤホンですが、ビルドクオリティの高さはかなり秀逸

というわけで、私の場合はアマゾン経由せずに、しかもオーダーのタイミングが微妙だったこともあり、ようやく手元にやってきた「Yinyoo HQ5」ですが、今回もなかなか満足度の高い内容でした。

Yinyoo HQ5Yinyoo HQ5

パッケージはいつもの「Yinyoo」ブランドのボックスで大きめのイヤホンケースにイヤホンほか内容物がびっしりと収納されています。「Yinyoo」のイヤホンケースも気がつくと結構な数がたまってるのですが(^^;)、交換用のイヤーピースやバランスケーブルなどいろいろ一緒に収納しておくことができるので出張の多い私は結構重宝しています。
Yinyoo HQ5Yinyoo HQ5
パッケージ内容はイヤホン本体、8芯銀メッキ線ケーブル、イヤーピースはシリコンタイプが3種類(それぞれS/M/Lサイズ)、ウレタンタイプが4ペア(4色)、保証書と毎度ながらの充実ぶり。

Yinyoo HQ5」のクリアシェルのビルドクオリティはHQ6同様に非常に高く、ブルーマイカのフェイスプレートも大変美しいものです。ステムが金属製となったことで高級感もアップしていますね。
Yinyoo HQ5Yinyoo HQ5
ハウジングは比較的大きめで、おなじ5BAの「Yinyoo H5」(MaGaosi K5)と比較してもひとまわり大きい印象ですが、シェルデザインが工夫されているためか装着感は「Yinyoo HQ5」のほうがむしろ良好です。「Yinyoo HQ5」の金属製のステムは太さがありますが、ほとんどの場合、付属のイヤーピースで装着感に困ることはなさそうです。

Yinyoo HQ5Yinyoo HQ5
また今回も「qdc Neptune」および「HCK HK6」と比較すると、ハウジングのサイズは「Yinyoo HQ5」の大きさがひときわ目に付きますが、同時にフェイスプレートのカラーリングはより「Neptune」に寄せているのがわかります。シェル本体はより濃いブルーとなっておりサイト写真よりむしろ格好良いカラーリングだと思います。なかなか所有する満足度も高いイヤホンですね。


■心地良い低域とクリアな中高域。マルチBAの実力を発揮したハイレベルな美音系サウンド

Yinyoo HQ5」を実際に聴いてみた印象は、Easy Earphonesの強力なプッシュも納得の完成度の高さで、非常にクリアでバランスの良いサウンドでした。低域の気持ちよさと中高域の聴きやすさにより、かなり音楽に浸れると思います。
Yinyoo HQ5開封直後は少しボワつくような感じもあったのですが1~2日くらい鳴らしているうちにクリアな本来のサウンドになりました。20~30時間程度のエージングは必要かもしれません。音質傾向は弱ドンシャリ傾向に寄せられており、重厚な低域と明るめの高音を表現しつつ、上から下まで非常に美しく描写するタイプの「美音系」イヤホンですね。音質面のまとまりの良さはさらに高価格帯のイヤホンとも通じるクオリティかもしれません。マルチBAながら低域は締まりとともに深く沈み込みのある量感も確保しており、いっぽうの中高域は非常に情報量の多いサウンドです。音場はマルチBAとしては比較的広めに定位し、標準の銀メッキ線ケーブルを使用しても分離感もかなり良好です。高域の刺さりは押さえられており伸びはそこそこですが、多少のキラキラ感もあるサウンドです。ボーカルなども低域にかぶることなくクリアで綺麗な印象です。

Yinyoo HQ5ちなみに、先日レビューした6BAの「Yinyoo HQ6」も「Yinyoo HQ5」同様に明確にリスニングに振ったチューニングのイヤホンですが、両者のキャラクターには結構変化をつけています。「Yinyoo HQ6」は低域がデュアルBA構成となっているため低域を含めた解像度は「Yinyoo HQ5」より高くなっていますが、全体的によりキレのある中高域メインのサウンドが特徴的です。いっぽう「Yinyoo HQ5」は「HQ6」より厚みのある低域で、響きや空間表現など全体のサウンドバランスは非常にうまく表現されていると感じます。元気な印象の「Yinyoo HQ6」と、バランス重視の「Yinyoo HQ5」という違いでしょうか。
どちらも特徴があって良いイヤホンだと思いますので、6BAと5BAの構成の違いから来る価格差と、キャラクターの好みで選ぶ感じですね。

また、反応の良い典型的なマルチBAのため、ある程度S/Nの高いDAP(デジタルオーディオプレーヤー)などの利用したほうがよいでしょう。同時に、DAPやポータブルアンプによる出力によっても印象は変化する可能性があります。特にS/Nが高く駆動力のあるDAPでは低域がいっそう厚みを増し立体的な音場を実感できると思います。
相性の良いジャンルとしてはクラシックやジャズなどをはじめ、ポップス、ロック、アニソンなどのボーカル曲も十分に楽しめます。いっぽう音のキレより聴きやすさを重視したイヤホンですので、高域を攻めるタイプや派手めの音が好みの方にはあまり向かないかもしれませんね。

ところで、上記のツイートのとおり、「Yinyoo HQ5」は高域にBellsing、中低域にKnowles社製バランスド・アーマチュア(BA)ドライバーを搭載しています。製品を見てみると、高域部分には「Yinyoo HQ6」と同じデュアルBAの「Bellsing 30017」(BRC210C30017)の搭載が確認できました。
Yinyoo HQ5Yinyoo HQ5
さらに中低域を担うデュアルドライバーと低域用のシングルウーファーが搭載されており、ウーファーは刻印側がデュアルBAと接しているので目視での型番確認はできませんが、サイズ的にMaGaosi K5/Yinyoo H5 でも搭載している「Knowles CI-22955」だと思われます。あと中低域のデュアルBAはKnowlesのDTECあたりを採用していると考えられます。各ドライバーからステムにつながる音導管にはフィルタが装着されておりクロスオーバーが調整されています。

Yinyoo HQ5同じ5BAでもMaGaosi K5/Yinyoo H5が低域に「CI-22955」を使用しつつ残りの4BAは中華BAを4個並べて中高域の出力を確保する、少しトリッキーな構成で低コストを実現していたのに対し、「Yinyoo HQ5」はアンダー2万円のイヤホンながらかなり本格的なドライバー構成およびネットワークとなっています。非常に高いビルドクオリティと併せて、この辺からも価格以上に力の入れ具合が見て取れます。
MaGaosi K5/Yinyoo H5 は音質傾向はよりフラットで音場の広さを感じるサウンドですが、低域の厚みはもちろん「音の濃さ」と言う点で「Yinyoo HQ5」がかなり上回っているようです。中高域の解像度についてもKnowles/Bellsing製BAよるアドバンテージが感じられますね。

また、「Yinyoo HQ5」は高音質なBAドライバーを組み合わせていることもあり、リケーブルに対するポテンシャルの高さも魅力的です。より高音質な銀コート線やミックス線など高域をアップグレードするケーブルとの相性が良いですね。DAPが対応している場合はバランス接続により分離性や解像度をさらに向上させるのもオススメです。個人的には「GXX4728 8芯 ミックス線」や「GXX4725 8芯 銀メッキ線」ケーブル等との組み合わせが好印象でした。また日本では「WhiteSnake」として販売されている16芯 銀メッキケーブル(AliExpressのEasy Earphonesで購入)も相性が良いと思います。
Yinyoo HQ5Yinyoo HQ5
また、Yinyooブランドで最近リリースされた純銀線のケーブル「YYX4737 純銀 4芯ケーブル」は同社のイヤホンケーブルの中では比較的高価な製品ですが、感度が大幅に向上し、特に高域の伸びが劇的に変化します。駆動力のあるDAPでは多少聴き疲れするほどのアグレッシブさになるためのんびり聴くのにはあまり向きませんが、「Yinyoo HQ5」のサウンドにキレを加えたい場合にはとても魅力的な選択肢となると思います。


■「後出しじゃんけん」の万人受けサウンド。「いろいろOK」なら、かなり良い選択肢かも。

Yinyoo HQ5というわけで、「Yinyoo HQ5」はアンダー2万円のリスニングイヤホンとしてはかなりオススメできるサウンドであることが確認できました。ビルドクオリティも非常に高く装着性も良いため「後出しじゃんけん」のメリットを最大限に発揮しているな~という印象ですね(褒めてますよ。笑)。
ただ、「Neptune」に寄せたデザインに対する賛否はあると思いますし、私のレビューでも「MaGaosi K5」以降、このクラスのイヤホンをいくつも紹介しているため、「またか」という、ネガティブな印象を持たれる方もいらっしゃると思います。
もちろんこれまでレビューしてきたイヤホンもそれぞれの良さがあり好みに合致すれば間違いなくオススメできるのですが、個人的には「後出しじゃんけん」は伊達じゃないというか、「Yinyoo HQ5」はおそらく最も「万人ウケ」しやすいサウンドになっているなとは感じます。
Yinyoo HQ5」は比較的製造に手間がかかるらしく、毎回入荷数は少ないため品切れになると私のように半月待ち~状態になってしまう可能性もあります。ですので、もし興味を持たれた方は在庫があるうちにチャレンジしてみるのも良いと思います。今回、MMCXコネクタに加えて2pinコネクタ仕様も少量ですが作られるという情報もありますので(^^)。


プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。Apple好きのおっさん。食べるのも好き。普段のお仕事はIT屋。自宅は福井県ですが都内で単身赴任してます。ポタオデは趣味で出張のお供。美音系/モニター系の音が好みです。自宅ホームシアターもそろそろ改造したいな。
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。


記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)




最新コメント