bisonicr keep walking.

イヤホン・ポータブルオーディオ関係のネタを中心に書いています。ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。

「Smabat M1 Pro」 明瞭なフラットサウンドを維持しつつ、より柔らかく自然なサウンドに仕上がった高音質イントラコンカ型イヤホン【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Smabat M1 Pro

こんにちは。今回紹介するのはイントラコンカ(インナーイヤー)型イヤホンの「Smabat M1 Pro」です。「Smabat」は以前1万円クラスの大人気モデル「Smabat ST-10」を紹介していますが、今回はより購入しやすい価格帯で、より装着性がアップしたコンパクトなハウジングと、より解像感のある明瞭な中高域とバランスの良いチューニングが印象的です。
Smabat M1 ProSmabat M1 Pro

Smabat M1 Pro」は複合素材のダイヤフラム(振動板)を採用した14.2mmのダイナミックドライバーを使用し、背面部には「ST-10」でも特徴的だったバックロードホーン・スピーカーを彷彿とさせるアコースティックローパスフィルターを搭載しています。
Smabat M1 ProSmabat M1 Pro
「ST-10」はこの仕組みを搭載するためやや大振りなハウジングになっていましたが、「Smabat M1 Pro」では3Dプリンタの技術を使用した再設計によりコンパクト化を実現し、ハウジング背面の空間に収納することに成功したようです。
Smabat M1 ProSmabat M1 Pro
また「Smabat M1 Pro」はハウジング全体が軽量なアルミニウム合金製で、MMCXコネクタ採用によるリケーブル可能な設計になっています。ケーブルは耳掛け加工がないタイプを採用しており、付属のイヤーフックなどを使用し、まっすぐ垂らす方法と、耳掛けタイプで装着する方法の両方に対応する仕様になっています。
Smabat M1 Pro」の購入はアマゾンの「WTSUN Audio」にて。表示価格は 7,500円 となっています。
※現在購入時の1,000円OFFクーポンが配布されていますので実質 6,500円 で購入可能です。
Amazon.co.jp(WTSUN Audio): Smabat M1 Pro


■ よりコンパクトで装着性も向上したデザイン。ケーブルはできればリケーブルしたい、かな。

Smabat M1 Pro」のパッケージはイヤホンの形状がデザインされた正方形のボックスでシンプルながら同社のこだわりを感じさせます。
Smabat M1 ProSmabat M1 Pro
パッケージ内容は本体+MMCXケーブル、イヤーパッドはスポンジタイプが2ペア、シリコンタイプが1ペア、さらにイヤーフックが3サイズと説明書。「ST-10」のようなケースは省略され多少のコストダウンは行われているようです。
Smabat M1 ProSmabat M1 Pro

Smabat M1 Pro」のアルミ合金製のハウジングはビルドクオリティは高くシンプルながら質の良さを感じるデザインも好印象です。また側面にスリット状のベント(空気孔)がある「開放型」仕様であることが確認できます。
Smabat M1 ProSmabat M1 Pro
ドライバーサイズが14.2mmと「ST-10」より若干コンパクトになったことで装着部分も小型化し、全体的に軽量かつ小型化したデザインとなりました。そのため、耳から垂らす一般的な装着方法でも耳掛け式でも装着感は向上しており、耳の小さい方でも問題なく使えると思います。

Smabat M1 ProSmabat M1 Pro
特に耳から垂らす方式の場合はイヤーフックがを組み合わせることでかなり安定して装着できると思います。付属ケーブルは透明な樹脂被膜タイプの銀メッキ線で弾力のあるケーブルです。手触りが多少粘着質なのと、耳から垂らした場合に多少タッチノイズを感じるのは少し残念ですね(耳掛けの場合はタッチノイズはありません)。この辺は好みに応じてリケーブルを行いたい部分かもしれませんね。


■ フラット傾向の明瞭サウンドながら、イントラコンカ型らしさも感じる絶妙サウンド

Smabat M1 ProSmabat M1 Pro」の音質傾向はフラット寄りのバランスで、非常に解像感の高い音ですが、「ST-10」のような多少硬質感のあるクールなサウンドより自然な音色になっており、よりイントラコンカ型らしい鳴り方をする印象です。
イヤーパッド無しの状態が最も抜けが良い印象で、シリコンタイプを装着することで低域の厚みがやや強調されフィット感の高まりにより響きが向上し音場をより実感できる鳴り方になります。またスポンジタイプではさらに低域が強調された印象になります。個人的にはイヤーパッド無しまたはシリコンタイプでの音が気に入りました。

Smabat M1 Pro」の高域は明瞭感とともに抜けの良い音を鳴らします。明るく解像度は高いものの刺激の少ないサウンドです。「ST-10」のように硬質でメリハリのある音とは異なり、より自然な印象の音作りで、同時に抜けの良さから伸びのある高音を実感できます。とはいえ、低域がやや「ST-10」より抑えめになっていることもあり、全体的なバランスとしては高域の主張はかなりしっかりしていて、スッキリした印象も感じます。

Smabat M1 Pro中音域は癖のないフラット感のある音を鳴らします。ある程度の明瞭感のあるサウンドですが、いっぽうで高域同様に「ST-10」よりやや派手さを抑えたリスニング寄りの音作りを感じます。ボーカルなどは比較的近くで定位しますが「Smabat M1 Pro」も適度な広さがあり、特に膨らむような味付けの無い素直な音で鳴ってくれます。抜けが良い音のため女性のハイトーンやピアノの高音など適度に刺激のある音も綺麗に鳴らしてくれる印象です。ボーカル曲をメインに聴く場合は「Smabat M1 Pro」のほうが「ST-10」より向いている印象で、比較してより自然で柔らかく艶っぽさを感じる音に好感が持てます。

低域は分離の良い非常にタイトな音で、中高域が明瞭なイントラコンカ型としては量感も十分な印象です。それでも「ST-10」のようなスピード感のあるキレの良さは多少抑えられており、多少柔らかく自然な響きと音場感を感じるアレンジとなっています。「ST-10」はカナル型のモニターイヤホンのようなよりクールでソリッドな解像感と明瞭感がありましたが、「Smabat M1 Pro」では、十分な解像度の高さを持ちつつも、イントラコンカ型としての特徴もしっかり押さえた音作りになっている印象で、より多くの方が好感を持つチューニングになっていると感じます。


このように「Smabat M1 Pro」は、音質面では「ST-10」の高いサウンドクオリティを維持しつつ、ロックやポップスなどのボーカル曲により向いたオールラウンダーなリスニングサウンドに仕上がっていると感じました。イントラコンカ型としては比較的ハイグレードですが、マニアの方はもちろん、価格自体は結構手頃ですので普段はカナル型イヤホンを使用している方にも幅広くお勧めできるイヤホンだと思います。
Smabat M1 ProSmabat M1 Pro
唯一残念な点は明らかにコストダウンを感じるケーブルで、布巻の「ST-10」のケーブルを「Smabat M1 Pro」でも採用して欲しかった、というのが正直なところです。リケーブルについては「耳掛け」装着の場合は選択肢は比較的多いものの、垂らす装着の場合は、中華ケーブルの場合は、Yinyooの「YYX4745」「YYX4849」や「YYX4861」などの「中華16芯ケーブル」(まとめレビュー)がありますが、それ以外で現在販売されているケーブルでは選択肢は限られそうです。個人的にはたぶん在庫限りの製品だと思いますがこの辺のケーブル等は結構良い組み合わせかなと思っています。


「QOA (Queen of Audio) PINK LADY」 美しいデザインとボーカル特化チューニングで長時間リスニングも楽しめる、2BA+1DD中華イヤホン【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
QoA  Pink Lady

こんにちは。今回は「QOA (Queen of Audio) PINK LADY」というハイブリッドイヤホンの紹介です。中国のイヤホンセラー「HCK Earphones」が取り扱う製品で美しいレジン製ハウジングに2BA+1DDのハイブリッド構成のイヤホンです。
Queen of Audio(QOA)」というブランドは中華イヤホンに詳しい方でも全く耳馴染みがないと思いますが、実は日本でも代理店を通じていくつかの製品が販売されている中華イヤホンブランド「KINERA」のサブブランドのようですね。そういえば以前私もKINERAの2BAモデル「KINERA IDUN」の限定バージョン「IDUN Deluxe」(日本未発売、現在販売終了)をレビューしていますが、「QOA PINK LADY」も雰囲気的にIDUNなどのモデルにも通じるものがありますね。
QOA PINK LADYQOA PINK LADY
ちなみに、私のブログをご覧いただいている紳士淑女の皆様であれば、この製品名が「ピンク・レディ」というロンドンで生まれた有名なカクテルの名前であることはすぐにご想像できると思います。まあ、私のようなアラフィフのオッサンだと真っ先に連想する、日本の往年の女性デュオもこのカクテルからのネーミングといわれているのでどちらでも結局は同じですね(^^;)。優しい色合いと甘めでフルーティさがプラスされたカクテルの印象に「QOA PINK LADY」のサウンドが重なり合うのか、興味深いところです。
QOA PINK LADYQOA PINK LADY
QOA PINK LADY」は雲母(マイカ)のフェイスプレートがデザインされたパープルと光沢のあるピアノブラックの2色が選択できます。

購入はAliExpressの「NiceHCK Audio Store」にて。表示価格は 111.56ドル ですが、HCKのフォロワー値引きで100ドル程度で購入できると思います。AliExpressの購入方法およびフォロワー値引きについてはこちらをご覧ください。
AliExpress(NiceHCK Audio Store): QoA Pink Lady


■豪華なパッケージ、美しく「見た目イヤホン」的偏差値の高いハウジング。

QOA PINK LADY」のパッケージはKINERA製品譲りの「かなり豪華」な印象です。まずブラックのシンプルなデザインのカバーを外すと、美しくデザインされたパッケージが姿を現します。
QoA  Pink LadyQoA  Pink Lady
カクテル「ピンク・レディー」を印象づけるデザインのパッケージイラストにボックス裏面には製品イラストと製品仕様が記載されています。
QoA  Pink LadyQoA  Pink Lady
ボックスを開けるとブラウンのレザーケースと製品説明のカードが現れます。パッケージの内容は、Earphone本体、ケーブル、イヤーピースが白・黒の2種類(それぞれS/M/Lサイズ)、説明書代わりのカードと保証カード、レザーケース。ひとつひとつのデザイン面のこだわりはKINERA同様で、100ドル程度の製品とは思えない雰囲気を出しています。
QoA  Pink LadyQoA  Pink Lady

QOA PINK LADY」本体はレジン製で耳にフィットしやすいデザインとなっています。今回オーダーしたパープルはフェイス部分が雲母(マイカ)になっていて、ひとつひとつ異なる模様が楽しめます。「見た目」イヤホンとしては非常にレベルが高く、100ドル程度で購入できるイヤホンとは思えないデザイン性とビルドクオリティの高さを感じます。
QoA  Pink LadyQoA  Pink Lady
ハウジングは2BA+1DD構成のハイブリッドとしてはやや大きめですが、装着性の良いデザインにまとまっています。また厚さは比較的抑えられているため装着時の「見た目」も綺麗にまとまっていると思います。さらに、すべてレジン製の成型のため、本体は非常に軽く、長時間装着していても違和感はありません。遮音性は比較的高く、特にイヤーピースをフィット感の高いものに交換すればさらに音楽に浸れると思います。
QoA  Pink LadyQoA  Pink Lady
そして、付属のケーブルは8芯の銀メッキ銅線タイプでコネクタやプラグ等の部品にはKINERAの製品と同様のものが採用されています。ケーブルの質感も非常に良く、音質的にも多くの場合リケーブルは不要だと思います。


■やや派手めのハイブリッドサウンドながら、ボーカル推しで長時間でも聴きやすいバランスに。

QOA PINK LADY」の音質傾向は中低域寄りの弱ドンシャリで、特にボーカルに主眼を置いたチューニングとなっています。全体的に明るく鮮やかな印象ですが、ボーカルが前面に出て存在感を示すのに対し、演奏は後ろに下がって下支えするように定位し、高域も非常にマイルドなサウンドを鳴らします。そのためハイブリッドらしいメリハリのある音ながらやや暖色系に感じるバランスになっていて、長時間のリスニングでも楽しる聴きやすいサウンドです。また、開封直後より数十時間程度のエージングにより中低域の厚みが増し各音域間のつながりが向上するのが分ります。

QoA  Pink LadyQOA PINK LADY」はこのようなボーカル中心のサウンドのため、心地良くボーカル曲を楽しみたい、暖色系になりすぎない程度のメリハリを感じつつも長時間のリスニングで聴き疲れしない、というニーズには非常に良くマッチしたイヤホンだと思います。いっぽうで、スッキリした中高域を好まれる場合は物足りなく感じますし、自然なサウンドとは異質である意味ハイブリッドらしい音作りのため、バランスの良い演奏を楽しみたい方はちょっと違和感を持つ可能性もあります。
個人的には「QOA PINK LADY」のサウンドに対して、カクテルの「ピンク・レディー」の、ドライジンをフルーティで甘くマイルドなテイストが包み込む雰囲気は確かに似ている印象があり、なかなか気の利いたネーミングだなと感じました。普段は硬派な人でも、ちょっと甘めのものを楽しみたい時も、ありますよね(^^;)。

QOA PINK LADY」の高域は明るく鮮やかさを感じる音ですが、刺激は抑えられており全体的にソフトな印象を受けます。伸びも良くシンバル音なども明瞭に鳴りますが、ボーカル帯域に対して後方に定位するため少し離れてスッと消えていく印象。比較的高めの解像度で抜けの良さもあるわりに、やや暖色系のような音にも感じます。

QoA  Pink Lady中音域はしっかりした主張でやや派手めに鳴ります。解像度は比較的高く明瞭感がありますが、キレは控えめで、高域同様にややソフトで暖色系寄りのサウンドに感じます。中音域は少し前に来る印象で、特にボーカルはかなり近くに定位します。男性、女性どちらのボーカルもしっかりとした存在感があり、特に男性の低音の表現はより豊かで深みがあります。女性ボーカルは明るく鮮やかさを感じつつ、わずかにウォーム寄りでハイトーンも刺激はありません。ただ中高域の抜けは良く曇りを感じない綺麗な音で鳴ってくれるため、長時間のリスニングでも心地良く楽しめると思います。
また、ボーカルに対して演奏は後ろに下がり、やや狭い音場で定位します。ただ分離はよく、ここの音がしっかり定位しているため個々の音はより明瞭に感じる事が出来ます。いっぽうインストゥルメンタルではハイブリッドらしい音作りがやや不自然に感じる場合もあり、この点では「QOA PINK LADY」は好みが分かれる音だとも言えます。

低域は力強さと深さの音で、同時に分離の良さを感じます。分離の良さから中高域の明瞭さと厚みのある低域の響きを両立しています。全体的な音質傾向に併せて低域の印象もややウォーム寄りにも感じますが実際は味付けの無いタイトな低音を鳴らします。また、いわゆる低価格ハイブリッド製品と比べて、特に重低音の質は非常に良く、しっかりとした沈み込みと深さのある重い音を鳴らしてくれます。
この厚みのある重低音が分離の良さを保ち中高域を下支えすることで、決して自然なバランスではない「QOA PINK LADY」のサウンドをとても心地良いものにしてくれている感じがします。


QoA  Pink LadyQOA PINK LADY」のボーカルに主眼を置いた音作りは手持ちの「KINERA IDUN(Deluxe)」とも似た方向性で(IDUNのほうが派手さを押さえた、よりフラット寄りの音で、解像度が高い印象)、KINERAの一貫した音作りの方向性が見えてきますね。いっぽうでレジン製の高いビルドクオリティと美しいデザイン、また質の高いケーブルやパッケージングを備えて100ドル程度の価格設定はかなり魅力的な製品ではないかと思います。
屋外での利用で、装着性や「見た目」にもこだわりつつ、ポップス、ロック、アニソンなどボーカル曲を中心にリスニングを気軽に楽しみたい方、メリハリのあるサウンドが好みだが長時間でも聴き疲れしないイヤホンが欲しい方には「QOA PINK LADY」はかなりお勧めできる製品だと思いますよ(^^)。

プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。ただのアラフィフの酔っ払い。食べるのも好きな天秤座AB型。東京と福井(鯖江)の自宅の二拠点生活も気付けば5年以上。普段はIT屋でよく出張するお仕事してます。ポタオデは趣味で出張のお供。PC(?)遍歴にApple IIc とNeXTstation があるのがプチ自慢(^^;
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。


【Amazon Music HD / UltraHD対応まとめ】






記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)



購入イヤホン「好みランキング」


中華イヤホンケーブルまとめ(記事)






最新コメント