bisonicr keep walking.

イヤホン・ポータブルオーディオ関係のネタを中心に書いています。ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。

「qdc Uranus」 圧倒的な美しさとバランスが良く心地良いサウンド。3万円台で国内版も登場したqdcの最新ハイブリッドイヤホン【購入レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加
qdc Uranus

こんにちは。今回は「qdc Uranus」の紹介です。カスタムIEMメーカーとして中国で圧倒的シェアを持つ高級イヤホンのブランド「qdc」(Shenzhen Qili Audio Application Co., Ltd.)が手がけるエントリークラスの最新モデルで、今回は1BA+1DDのハイブリッド構成になります。
qdc Uranus」は、日本でも高い人気を博したシングルBAモデルの「qdc Neptune」の事実上の後継モデルとなります。「ネプチューン=海王星」同様に、今回も太陽系の星の名前を取って「ウラヌス=天王星」と名付けられています。「qdc Neptune」は雲母をフェイスプレートにあしらったデザインが特徴的でしたが、今回の「qdc Uranus」では左右異なるカラーリングでそれぞれ星雲をイメージしたようなデザインがとてつもなく美しいですね。また音質的にも「さすが」と思えるバランスの良さで、ハイブリッド構成らしさも少しありつつ聴きやすくまとめられた質の高いサウンドが楽しめます。
なお、私は昨年末に海外版を購入しましたが、2020年2月7日より日本でも国内正規品が販売開始となりました。

qdc Uranusqdc Uranus

qdc Uranus」は、qdc初のハイブリッド仕様のカスタムIEM「qdc Fusion」(4BA+1DD)を踏まえて登場したエントリークラスのモデル。シングルBA仕様の「qdc Neptune」同様にqdcカスタムのフルレンジBAドライバーを搭載しつつ、さらに「qdc Fusion」で採用されている同社の特許技術に基づいてチューニングされたダイナミックドライバーが搭載されている点がポイントです。「qdc Fusion」では通常はシェル形状の反響音による影響を受けるダイナミックドライバーを個別のハウジングに納めてBA同様に音導管を通じて出力する独自の仕組みをさいようしており、耳型に合せて形状が異なるカスタムIEMでも同じクオリティのサウンドを実現しています。「qdc Uranus」でもエントリークラスながら同様の仕組みを採用することで、より柔軟なシェルデザインとサウンドチューニングを施すことが可能だったようです。同社製品のなかでも比較的購入しやすい価格設定ながら非常に高いサウンドクオリティを実現しています。
qdc Uranusqdc Uranus
私は(日本版発売前の)昨年12月に海外版を購入。「qdc Uranus」の海外での価格設定は250ドル(公式サイト表示価格)で、購入したシンガポールの「JABEN」ではレートに基づいた335.51 SGD(シンガポールドル)から  279.44 SGD までディスカウントされており、送料を加えても300 SGD 以下と比較的割安でした。ただし海外版はショップとのやりとり以外一切のサポートを受けられませんので(もちろん国内サポートはNG)相応のリスクを承知の上となります。

いっぽう、「qdc Uranus」の日本国内正規品は2020年2月7日より発売開始となりました。表示価格は 34,980円 となっています。サポートなどを考慮するとこれからは国内版を購入した方が良さそうですね。
Amazon.co.jp(国内正規品): qdc Uranus (QDC-7872)


■ 息をのむほどに美しいシェルデザインと高い装着性。

購入した「qdc Uranus」のパッケージは「qdc Neptune」同様に本体が確認できるボックスデザインですが、星雲デザインのフェイスプレートにあわせて紫色基調のカラフルなデザインとなっていました。パッケージを開封して現れる宇宙をイメージしたデザインも高揚感があります。パッケージ内容は、イヤホン本体、ケーブル、イヤーピースはシングルフランジとダブルフランジの2種類がそれぞれS/M/Lサイズ、クリーニング用ブラシ、レザーケース、説明書など。
qdc Uranusqdc Uranus
qdc Uranusqdc Uranus
開封してまず目に付くのは「qdc Uranus」の思わず息をのむような美しいデザインでしょう。「qdc Neptune」の雲母(マイカ)をフェイスプレートに使用したシェルも非常に美しかったですが、「qdc Uranus」の凝りに凝ったデザインは、その遙か上を行く綺麗さです。右側がパープル、左側がブルーのシェルで、フェイスプレートにはそれぞれ異なったデザインの「星雲」が描かれています。
qdc Uranusqdc Uranus
またシェル内部にはqdcロゴの入ったBAドライバーユニットと前面が白いカバーで覆われ音導管が繋がれたダイナミックドライバーが確認できます。ダイナミックドライバーのために必要なベント(空気孔)は側面部に1カ所のみ存在します(なおコネクタ横の赤および青でマーキングされている部分は左右を区別するためのものでベントではありません)。
qdc Uranusqdc Uranus
また「qdc Uranus」のシェルのサイズ自体は1BAの「qdc Neptune」よりひとまわり大きくなっていて、ベントも金属製になった点が大きく異なります。しかし数多くのカスタムIEMを手がけてきたqdcらしく装着性は今回も非常に良く、高い遮音性でしっかり装着することが可能です。
qdc Uranusqdc Uranus
イヤーピースはサイズごとにカラーの異なるシリコンタイプに加えてブラックのダブルフランジタイプの3サイズが付属します。多くの場合は標準のイヤーピースで問題なく装着できそうです。レザー製のハードケースは「qdc Neptune」付属のものと同じサイズの色違いで落ち着いた青系のカラーリングが良いですね。
qdc Uranusqdc Uranus
またqdcコネクタ仕様の付属ケーブルは高純度銀メッキ銅線タイプ。柔らかい被膜で覆われており、取り回しが良く、とても使いやすいケーブルです。また「qdc Neptune」ではマイクリモコン付きのケーブルでしたが「qdc Uranus」では通常のケーブルになりました。このようにパッケージ面でもより充実度がアップした内容になっていますね。


■ 「qdcらしい」バランスの良さとリスニングの楽しさを感じるサウンド

qdc Uranus」のサウンドはフラット傾向をベースにしながら緩やかにドンシャリ方向チューニングされた鳴り方で、ハイブリッド構成らしくダイナミックドライバーによる特徴的な低域の厚みを感じるサウンドバランスに仕上げられています。ドンシャリ寄りといっても多くの中華ハイブリッドのような派手さを感じる傾向とは異なり、全体的に聴きやすくとてもまとまりの良いイヤホンという印象です。qdcほどの実績のあるメーカーになると多くのグローバルブランド同様に「らしさ」というのがあるものですが、シンプルなハイブリッド構成の「qdc Uranus」でもやはり「qdcらしい」と感じる音だな、というのが最初の印象でした。ハイブリッドイヤホンにありがちなガツンとしたメリハリの強さは無く耳馴染みの良さを感じるサウンドにまとめつつ、中高域は適度な煌めきがある明瞭さと繊細さを感じるチューニングがおそらく「qdcらしい」と感じさせているのだな、と思います。

qdc UranusもともとBAドライバーを使用したIEMメーカーであるqdcの製品ということもあり、「qdc Uranus」でも全体的なサウンドを構成する「主役」はフルレンジで鳴るBAドライバー部分のようで、表面をカバーで覆われ、音導管で出力されるという独特の形状をもつダイナミックドライバーは中低域を中心にサポート役に徹底しているという印象です。前述の通りハウジングの反響音をサウンドチューニングに「使わない」構造のためダイナミックドライバー特有の音場の広がりなどはほぼ感じられず淡々と鳴らしている感じはマルチBAのIEMを基準に考えればさほど違和感はないですが、普段からハイブリッドやシングルダイナミック構成のイヤホンを聴いている方からは多少の物足りなさを持たれる可能性もあります。こういった点も含め「良くも悪くもqdcらしい」といえるのかもしれませんね。

qdc Uranus」の高域は煌めきのある綺麗な音を鳴らします。ハイブリッド構成としたことでBAドライバーが担う帯域に余裕があるため、シングルBA構成の「qdc Neptune」より明瞭で伸びのある高音を実現できたようですね。適度に明るく鮮やかですがあくまで自然な印象の範囲内です。そのため十分に透明ではあるもののスッキリ感はさほどありません。また刺さり等の刺激は無く非常に聴きやすいチューニングになっています。

qdc Uranus中音域はボーカル帯域を中心に非常に明瞭かつ鮮やかで、同時に自然な印象のサウンドです。解像度はこの価格帯のイヤホンとしては一般的なレベルなものの、適度に暖かく、いっぽうでスピード感のある曲でもしっかり対応できるレスポンスも備えています。おそらく「qdc Fusion」で培われた「qdcのハイブリッド」技術が最も反映されているのがボーカル部分だと思えます。BAドライバーによる解像感のある表現をダイナミックドライバーが補完し、より自然な余韻と滑らかさを与えることで瑞々しさのあるサウンドを実現しているようです。いっぽう音色表現には味付けは無く、音源の印象を精緻に再生するIEMメーカーとしてのqdcらしさもあり、適度に広い音場で定位は捉えやすく、どのジャンルの曲も綺麗に聴かせてくれる実力も兼ね備えています。

低域は比較的力強くしっかりとした量感があります。ただ多くのハイブリッド製品に比べるとかなり派手さは抑えられた印象です。中高域のBAドライバーと同様のスピード感があり響きよりアタックの早さを感じるサウンドです。ただし解像感はこの価格帯の最近の製品のなかではやや緩く、重低音もそれほど深くは沈みません。よく制御された音ではありますが、同時に主に低域を担っていると考えられるダイナミックドライバーは多少神経質な鳴り方をしているようにも感じます。なんというか「主役」のBAドライバーとの組み合わせのなかで違和感がないように「サポート役」としてコントロールされている印象です。全体のバランスを考えると中高域のBAドライバーとの違和感も無く良くまとまっていて、アプローチとしては「正解」だと思いますが、低域好きの方には少し物足りなさを感じる部分かもしれませんね。

ちなみに、開封直後はやや緩めの印象もありますが数十時間程度のエージングにより明瞭感が向上する印象があります。この価格帯の製品としては比較的鳴らしやすく、再生環境への依存度は多くありません。より駆動力がありS/Nの高いプレーヤーのほうが分離性が向上します。リケーブルも「qdc Neptune」同様に結構効果的で明瞭感や音場感の向上も期待できるでしょう。
qdc Uranusqdc Uranus
最近はKZなどの「タイプC」コネクタの関係もあり比較的低価格でqdc仕様のケーブルが手軽に購入できるため選択肢は豊富にあります。特に16芯銀メッキ線タイプのケーブルは「KBF4851」(2,990円)のように低価格ながら合せやすいカラフルな製品や、「NICEHCK C16-1」(3,990円)のようにより高級感のある製品など選択肢も豊富で、音質的も「qdc Uranus」を傾向を活かしてより解像感や音場感が向上します。リケーブルによりで見た目もより華やかになりますし、色々なケーブルで変化を試してみるのも楽しいですね。


■ 比較的手に入れやすい、「圧倒的な美しさ」と「qdcらしいサウンド」のエントリーモデル。

というわけで、結論として「qdc Uranus」はあくまでqdcという高級IEMブランドのなかではエントリークラスの製品であり、外見上は同社の他の製品と比較しても「圧倒的に美しい」仕上がりではあるものの、特に音質面では「qdcらしい、よくまったサウンド」という感じです。
qdc Uranus当然、qdcのなかでより完成度の高いサウンドを求めるのであれば上位のモデルを選ぶべき、という「グレードの違い」は存在しているわけです。それでも「qdc Uranus」の海外での価格(250ドル)で考えれば手放しでお勧めできる製品だと思いますが、日本では少し割高のため同価格帯の製品が気になってしまうのも仕方ないかも知れませんね。
音質面の比較だけでいえば「qdc Uranus」より同等価格、あるいやそれ以下で同様に優れたイヤホンを探すことは「最近では」あまり難しくはありません。フラット寄りの傾向であれば「Moondrop KXXS」、よりハイブリッドらしさを感じるサウンドであれば「ikko OH10」、といった製品はどれも2万円そこそこで購入できます。また同価格帯であればシングルダイナミックの「TFZ NO.3 Ti」やマルチドライバーハイブリッドの「DUNU DK2001」は「qdc Uranus」と方向性は異なりますが魅力的なサウンドに感じるでしょう。
しかし、「qdcのイヤホン以外ではあり得ない」と思えるほどの「圧倒的な美しさ」を持ち「間違いなくqdcらしいサウンド」の「qdc Uranus」はマニアにとって十分に所有欲を満たすイヤホンで、3万円台の価格設定に見合う製品だと思います。
個人的には見た目の美しさもさることながら、抜群に優れた装着性(および遮音性)と耳馴染みが良く聴き疲れしにくいサウンドはとても使い勝手が良く、出張での移動の時などでの利用頻度は結構高かったりします。「qdc Uranus」は日本ではコスパが良いとは言いにくいものの、お勧め度は高い、トータルバランスの取れたとても良いイヤホンだと思います(^^)。


「AUDIOSENSE DT200」 コンパクトなシェルに見える巨大なコンデンサ。2BAらしからぬ重厚な中低域が魅力の日本限定仕様イヤホン【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加
AUDIOSENSE DT200

こんにちは。今回は「AUDIOSENSE DT200」の紹介です。中国の高音質IEMブランド「AUDIOSENSE」の最新モデルでKnowles製バランスド・アーマチュア型(BA)ドライバーを搭載した2BA仕様の製品です。今のところ「AUDIOSENSE DT200」は日本限定で販売される製品のようですね。今回は「AUDIOSENSE」よりサンプル提供を受けての紹介となります。

AUDIOSENSE DT200さて、「AUDIOSENSE」は2012年に設立された中国のアコースティックイヤホンブランドで、最近では片側8BA仕様の多ドラモデルで同社の代表的な製品である「AUDIOSENSE T800」(33,000円)がよく知られていますね。「AUDIOSENSE T800」は(同社向けカスタムドライバーを含む)Knowles製バランスド・アーマチュア型(BA)ドライバーをバランス良く組み合わせ、3Dプリンティングされたシェルと組み合わせることで低コストながら高音質を実現している製品、としてマニアの間でも非常に評価が高いイヤホンです。また最近では2BA+1DDハイブリッド仕様の「AUDIOSENSE AQ3」(19,998円)もリリースされています。
そして今回の「AUDIOSENSE DT200」は「2BA」仕様で低コスト化を実現しつつも個性的なサウンドを実現。また3Dプリンティングによる製造を行いつつドライバー数にあわせてシェルサイズも小型化しています。

特に2個のBAの出力を制御するネットワーク回路にオーディオプレーヤーなどで使うようなサイズの電解コンデンサを埋め込む設計は見た目にも音質的にもかなり独創的といえますね。そのためインピーダンスは14Ωながら感度は99dB/mWと通常のIEMよりかなり「鳴らしにくい」仕様のイヤホンになっているようです。
AUDIOSENSE DT200AUDIOSENSE DT200

AUDIOSENSE DT200」は当面は日本限定販売でのモデルとのことですが、1月にアマゾンで販売した分は既に品切れになっています。再販開始がいつごろかは今のところ不明ですが、わかりましたら追記したいと思います。 
中国からの発送となりますが、受注が再開されました。アマゾンでの表示価格は 16,450円 です。
Amazon.co.jp(AUDIOSENSE Official Store JP): AUDIOSENSE DT200


■ コンパクトなシェルに圧倒的な存在感を放つ電解コンデンサ。

AUDIOSENSE DT200」のパッケージは、シルエットデザインが描かれたボックスで高級感を感じるしっかりした作りのものです。ボックス内には結構大きいサイズのハードケースが入っており、本体および付属品もすべてこの中に入っています。なお、本体ケースはAliExpressのオフィシャルストアにて「防水ハードケース」として単品でも販売されています。
AUDIOSENSE DT200AUDIOSENSE DT200

パッケージ内容はイヤホン本体、MMCXケーブル、イヤーピース(シリコン、ウレタン、それぞれS/M/Lサイズ)、清掃用ブラシ、ハードケース、説明書など。付属ケーブルは「6N OCC 単結晶銅」タイプの8芯線ケーブルで、こちらもオフィシャルストアで40ドル近くの価格で販売されているものと同一の線材を使用していると思われます。
AUDIOSENSE DT200AUDIOSENSE DT200

AUDIOSENSE DT200」の本体は、8BAモデルの「T800」よりひとまわり以上小さいコンパクトなシェルデザインで、3Dプリンタにより成型されたレジン製ハウジングと金属製ステムノズルを採用しています。コンパクトなサイズ感もあり装着性は良好で、耳の小さい方でもすんなり装着できるのではと思います。イヤーピースはシリコン製とウレタン製が付属しますが、個人的にはもうすこしフィット感が高く開口部の大きいものを使用した方が好印象でした。私は定番のAcoustuneの「AET07」を合せましたが、他にもJVCの「スパイラルドット」やAZLA「SednaEarfit Light」「SednaEarfit Light Short」なども良いと思います。
AUDIOSENSE DT200AUDIOSENSE DT200
そして何といっても「AUDIOSENSE DT200」の最も特徴的な部分はレジンシェルから透けて見える円形の電解コンデンサでしょう。見た目にはハイブリッドイヤホンのダイナミックドライバーかと思うサイズ感で埋め込まれており、実際に音を出す2基のBAドライバーより圧倒的な存在感を放っています。
ちなみにイヤホンのネットワーク回路にコンデンサを使うことで、ドライバーの出力を調整する抵抗のひとつとして機能するとともにネットワーク内の電圧平準化やフィルタ(ノイズ除去)などの効果があると思われます。そのためマルチドライバーのイヤホンでは内部に小さいコンデンサが埋め込まれている製品は時々見かけますが、このサイズ(6.3V 220μF)のアルミニウム電解コンデンサをそのまま使用したイヤホンはたぶん他には無いと思います。
一般的に2BAイヤホンは高域側と低域側の2種類のドライバーを組み合わせることでダイナミックレンジの狭い特性を補完する考え方ですが、それでもダイナミックドライバーに比べると構造的に深い低域の表現には限界があります。しかし、「AUDIOSENSE DT200」ではこの電解コンデンサを組み合わせることで、従来の2BAとは全く異なるサウンドを実現しているのだと考えられますね。


■ BAらしい解像感と2BAイヤホンらしからぬ重厚な低域が特徴的。

AUDIOSENSE DT200AUDIOSENSE DT200」の音質傾向は、中低域寄りで緩やかなドンシャリのリスニング向けのサウンドバランスに調整されています。最も特徴的なのはやはり低域で、一般的な2BA仕様のイヤホンと比べて明らかに印象の異なる、非常に深く厚みのある音を鳴らします。最近増えている傾向ともいえますが、ポップスやアニソンなどのボーカル曲にフォーカスした印象が強いサウンドで、まずは日本で限定販売されたというのも、この辺のチューニングと関係があるのかもしれませんね。
ただ前述の電解コンデンサを含むネットワークの影響もあり、「AUDIOSENSE DT200」は非常に「鳴りにくい」イヤホンで、音量自体は比較的取りやすいものの、しっかりと鳴らすためにはやはり相応の駆動力を必要とします。駆動力が不足するととても平坦で全体的に籠もったようなサウンドになります。なお、この点については情報量の多いケーブルへのリケーブル、特にバランス接続により「出力を稼ぐ」ことでかなり印象が改善できる可能性があります。また数十時間程度のエージングで多少印象が変化する場合もあるようです。


AUDIOSENSE DT200」の高域はやや抑えめですが明瞭で伸びのある音で鳴ります。2BAイヤホンらしい硬質で解像感のある音です。ただ駆動力が不足した再生環境では少し暗く籠もりを感じる場合もあるため十分な環境で再生したいところです。中音域に比べると僅かに下がって定位し、もう少し抜け感が欲しい場合もあるため高域好きの方には多少物足りなく感じるかも知れません。とはいえシンバル音などは綺麗に鳴りますし、十分な伸びの良さもあるため多くの方は不満無く聴くことができると思います。また刺さりなどの刺激はほとんどなく非常に聴きやすい印象なのも好まれる点でしょう。

AUDIOSENSE DT200中音域は比較的スッキリした印象で、ボーカル帯域は特に凹むことなくしっかりした主張のある鳴り方をします。力強い低域とのバランスで少し下がって感じる場合もありますが、分離が良いため自然な印象で聴くことができます。これはボーカルが遠くに感じやすい音数の多い曲でも同様です。BAらしく明瞭感のある音であるいっぽう、2BA構成イヤホンには珍しい少し暖かみのあるゆったりとした印象です。味付けは無く自然な音で、音域のつながりも良く、確かに「シングルダイナミックのような鳴り方」という感じもありますね。ポップスやアニソンなどのボーカル曲との相性は非常に良く、余韻も含めてきちんと感じさせてくれます。いっぽうで音数が多くスピード感のある曲ではもう少しキレが欲しく感じる場合があります。ただし中高域の伸びも含め、リケーブルなどでかなり印象が変化するようです。

低域は2BAイヤホンとは信じられないくらい力強く重厚な音を鳴らします。解像感のある明瞭な音でマルチBA特有の低域の籠もり感は全くありません。さらに重低音は驚くほど深く沈み、重量感のある音で鳴ります。いっぽうでボーカル帯域とはかなりハッキリと分離する印象はダイナミックドライバーとは異質のもので、「AUDIOSENSE DT200」ならではの個性的な低域となっています。多くのイヤホンを持っているマニアの方でしたら、この低音のためだけでも「AUDIOSENSE DT200」を加えても損は無いかも、と感じる質の高さです。


AUDIOSENSE DT200」はこのように非常に個性的かつ質の高いサウンドを実現したイヤホンですが、やはり「鳴らしにくさ」という点ではなかなかの難物ではあります。また高域について物足りなさを感じる場合もあります。これらの点についてはリケーブルによりかなり印象を変化させることが可能です。また再生するDAP(デジタルオーディオプレーヤー)の仕様でバランス接続のほうが出力が大きいケースも多いため、バランスケーブルを利用するのもより変化を実感しやすいポイントでしょう。
AUDIOSENSE DT200AUDIOSENSE DT200
個人的な印象としては、情報量を向上させるという点で「NICEHCK C16-1」や「YYX4865」などの「ミドルグレードの16芯銀メッキ線ケーブル」、明瞭感をアップし、よりスッキリしたサウンドにするという点で「NICEHCK GCT4」「YYX4859」といったOFHC線ケーブル、そしてよりメリハリとキレのあるサウンドとして単結晶銅線の定番「YYX4810」や最新の8芯ケーブル「HiF4881」といったケーブルが好印象でした。好みに合わせていろいろチャレンジしてみるのも楽しいですね。


というわけで今回初めて「AUDIOSENSE」のイヤホンをレビューしましたが、「AUDIOSENSE DT200」のサイト写真の「普通っぽさ」とは裏腹のかなり個性的な製品にとても驚かされました。鳴らしにくさなどを考慮するとかなりマニア向けの製品だとは思いますが、1万円台という価格帯のイヤホンとしてはかなりお勧めできる製品だろうと感じました。こうなるととても濃い音という評判の「T800」もとても気になりますね。機会があればこちらも挑戦してみたいですね(^^)。


プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。ただのアラフィフの酔っ払い。食べるのも好きな天秤座AB型。東京と福井(鯖江)の自宅の二拠点生活も気付けば5年以上。普段はIT屋でよく出張するお仕事してます。ポタオデは趣味で出張のお供。PC(?)遍歴にApple IIc とNeXTstation があるのがプチ自慢(^^;
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。


【Amazon Music HD / UltraHD対応まとめ】






記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)




購入イヤホン「好みランキング」


中華イヤホンケーブルまとめ(記事)









最新コメント














 
  • 累計: