bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

「AZLA」をキャンペーン当選でもらい、まず2週間堪能した感想てきな話【雑記】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
image


■本当に当選しちまったよー。すいませんありがとうございます(感涙)。


というわけで、「AZLA」です。発売前に開催された「AZLA発売記念Twitterキャンペーン」ですさまじい倍率のなか、なんと当選してしまい頂いたイヤホンになります。

キャンペーンimage

せっかく頂いたわけですからちゃんと報告しなければ、とも思うのですが、「AZLA」のレビューについては、普段より一方的に尊敬し参考にさせていただいているsandal Audioさんのレビューが毎度ながら超絶クオリティな内容で、「これ以上何もレビューすることないじゃん」と思ってしまいました。
そこで、またまた「雑記」といいますか、届いてから2週間ほど使用しての感想などを簡単に紹介できたらと思います。

まずまず念のため簡単に紹介すると、「AZLA」は韓国の新しいイヤホンブランドで、同名のイヤホンとして8月より発売を開始。日本での販売元はAstell&Kernでおなじみアユートさんです。
カラーは「Meteor Gray」「Lunatic Silver」の2色が選択でき、今回当選し頂いたのは「Meteor Gray」モデルになります。5万円を切る価格帯で「高級イヤホン」のカテゴリーでは「売れ筋」というか、比較的購入しやすいレンジに設定されています。私が持っているイヤホンでいうとShureの「SE535LTD」の現在の新品価格がちょうど同じくらい~ちょっと高めのところにいるみたいです(だいぶ安くなりましたね)。

imageimage

すでに多くの媒体でかなり紹介されていますので、もうすっかり繰り返しの説明になってしまうのですが、「AZLA」は「Astell&Kern」を手がけるiriver社にいた方が立ち上げたブランドで、「DynamicMotion」「Labkable」「Dignis」といった韓国の有名ブランドが一堂に会した「オールスターチーム」であることも大変話題になりました。
今回発売された同名のイヤホン「AZLA」は、構成としては1BA+1DDですが、ダイナミックの中央部分にBAを配置し「一体化」した独自のドライバー形態をとっており、さらにオープン型のドライバーハウジングを透明の大型シェルで覆う形で密閉型を構成する特徴的な構造も含め、かなり独創的なイヤホンです。

imageimage



■個人的には「装着性」はそれほど問題ではなかったです(良いとは言ってない)

7月のポタフェスの際は終日あまりに長蛇の列がAZLAブースにできていたため、私は並ぶことを断念したのですが、当初ここで試聴した方々の感想の中にネガティブな意見がでて、そのあと「しっかり奥まで装着すればかなりいい音」という情報が広がることで、AZLA」は装着位置やイヤーピース選びが結構ポイントになるイヤホンだということが周知されるようになりました。

image私自身も発売前に何種類かのイヤーピースを持って店頭試聴をしましたが、要はいかに密閉し音道を確保するかで、私のように耳穴がせまく普通より曲がった角度にある場合でも、「SpinFit」または「SpinFit TwinBlade」を使うことで「しっくりくる」ことができました。
その後、上記のsandal Audioさんのレビューでも「密閉が悪いと低音が全然出ない」と書かれており、やはりなー、と思った次第。

また実際に「AZLA」をいただいて、他にも幅広のウレタンイヤーピースなども試してみたのですが、私の場合、耳穴の角度がステムと大きくずれるため低音は出るものの距離の遠い薄い音になってしまいました。
いっぽうTFZのイヤホンに付属していたデュアルフランジのイヤーピースを装着したところ割と簡単にスイートスポットに合わせることができました。また耳のコンディションによっては「final Eシリーズ」をやはり小さめで耳穴に押し込むように装着するのも良い感じです。

image耳の大きさも千差万別ですが、耳穴の位置も結構人により異なりますので、大きめのイヤピでまっすぐ密閉すればバシっと決まる人もいれば、柔らかめのイヤピを使用しハウジングの装着角度を工夫して合わせる必要があったり、あるいは私のようにリーチのとれる小さめのイヤピを耳穴奥までしっかり挿入する必要があったりと、それぞれにあった工夫が必要そうです(もちろん標準のイヤーピースがぴったり合う方もそこそこいらっしゃるのでは、と思います)。
要するに「密閉」し、「耳穴に確実にイヤピを向ける」ことができればよいわけですね。

まあ、私の場合、もともと「装着性の良い」と言われるイヤホンでもイヤーピースを工夫しないとダメな場合もある耳穴の大きさと角度なので、多少スイートスポットが狭くてもイヤピ選びがシビアでも「よくあること」レベルでさほど問題ではなかったんですけどね(笑)。



■「AZLA」がもたらす豊かなひととき。じっくり堪能するためのアイテムとして活用したい。

AZLA」のサウンドを聴いた最初の感想は「ちゃんといい音だなぁ」でした。
なんかいまいち頭悪そうですね(笑)。「おまえ、真面目にレビューする気ないだろ」という声が聞こえてきそうです。でもその通りです(開き直り)。

imageしつこいですが、sandal Audioさんのレビューの内容を拝見したことで、もう全部書いてあるし凄い詳しいし、ということで、単純に個人的な感想だけにしようと思ったわけです。
ただ、前評判のなかに某すごく安価な有名中華イヤホンに似てる、という声もあったようですが、(その似てるといわれたイヤホンを)過去に結構何個も購入していじり倒した経験と比較しても「そんな訳はない」と断言できます。単に周波数特性や低域のバランスだけなら他にもいくらでもありそうですし、本当に似た音のイヤホンなら他にいくつか知ってます(笑)。

image私の「AZLA」の印象は、高級なスピーカーを聴いているような深い低音と、とても立体的な音場と抜群の定位感が特徴的だな、と思いました。どのようなジャンルの曲にも合わせやすいですし、イヤーピースがしっかり入っていれば賑やかな週末の新幹線の中でも快適に利用することができました。
ただ、色々なシチュエーションで2週間使ってみて、個人的には、静かな部屋で落ち着いた感じでじっくり音楽を聴く用途をメインに使いたいなと感じるようになりました。イメージとしては高級なスピーカーのリスニング環境の代わり、ですね。

本来ならそれなりにちゃんとしたオーディオ室で、しっかりしたアンプと音像表現に優れた大きなスピーカーでリスニングしたいと思うところを、どんな部屋でもAZLAで楽しめる、という感じでしょうか。言うまでもありませんが、スピーカーとイヤホンでは定位する場所が違うので、もちろん置き換えられるわけはありませんし、高級スピーカーの「空気感」とは全く別のフィールドのものです。

imageただ、私の場合、まとまった時間イヤホンを利用するのは毎月数回は確実にある新幹線での出張中なので、それとは別に、あえて屋内でじっくりオーディオを楽しむ時間を作りたい、そういった「ひととき」のために使いたいイヤホンだと感じました。
AZLA」のより広い空間で聴こえてくるような深い低域はやはりスピーカーをイメージさせるものですし、このクラスとしては十分に分離感が高く、見通しの良い中域と伸びる高域が作り出すライブ感もじっくり味わいたいサウンドだと感じます。

将来、福井の自宅のホームシアターをちゃんとしたオーディオ室に改造し、相応のオーディオを構築するのはもう少し先の楽しみに取っておきたいと思う、出張多き昨今の自分には、「AZLA」はお手軽にそんな「オーディオな時間」を作り出せるアイテムになりそうだと感じています。


「TFZ EXCLUSIVE KING」分厚い低域に突き抜ける高域。「王者」のサウンドを目指した1万円台高音質イヤホン

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
image

最近に日本版も登場し、音質の良さでじわじわと評判が広がりつつある「TFZ」ブランドのイヤホンですが、私もこのところ集中して購入しており、レビューとしては3回め、イヤホンとしては4つめとなります。
今回紹介する「TFZ EXCLUSIVE KING」は、その名の通り、ラインナップの最上位モデルになります。そして「KING」の名前にふさわしく、もしかしたら1万円台クラスの「覇権」イヤホンになりそうなくらい抜群のサウンドバランスとクオリティのイヤホンだと思います。

(国内正規品) Amazon.co.jp: TFZ EXCLUSIVE KING 
(海外版) AliExpress:Wooeasy Earphone Store / NiceHCK Audio Store

海外での価格は99ドル、保証の得られる国内正規品は16,900円の価格設定です。ほかにもアマゾンで並行輸入版の入手も可能なようです。カラーはメタリックなブルーとダークグレーが選択できます。

というわけで、8月より日本版もいよいよ発売された「TFZ EXCLUSIVE」ラインの製品ですが、Massdropの共同購入やAliExpressでの海外版ではポタフェス以降「EXCLUSIVE 5」に注目が集まったのに対し、日本版発売以降は今回紹介する最上位モデルの「KING」に話題が集中しているようです。

また海外ではEXCLUSIVEラインに加えて、従来の「SERIES」ラインでも新製品の「SERIES 4」と「MY LOVE II」を発売しており、同社のラインナップがにわかに熱くなってきています。

なお「EXCLUSIVE 5」「SERIES 4」「MY LOVE II」のレビューは過去記事を参照いただければと思います。
→ 【レビュー】「TFZ EXCLUSIVE 5」抜群にクールでパワフル。大当たりのアラウンド1万円イヤホン
→ 「TFZ SERIES 4」シャープで完成度の高いモニターサウンド&「MY LOVE II」元気で楽しいTFZ最新イヤホン


■TFZの特徴的デュアル磁気回路を搭載したグラフェンユニット・ダイナミックドライバー

TFZ EXCLUSIVE KING」は12mmのグラフェンユニットのデュアル磁気回路ダイナミックドライバーをシングルで搭載しています。EXCLUSIVEラインの「1」「3」「5」の9mmドライバーよりサイズが大きく余裕のある構成となっています。
このドライバー自体は先日レビューした「SERIES 4」「MY LOVE II」でも採用されていますが、チューニングが異なっており、「KING」ではインピーダンス12Ω、感度110dB/mWと、ラインナップ中もっとも鳴りやすいイヤホンに仕上がっています。(ちなみに「EXCLUSIVE 5」は32Ω・107dB/mWと逆にもっとも鳴りにくい仕様です)

imageimage
パッケージ内容はこれまで紹介したTFZのイヤホン同様、本体、ケーブル、イヤーピースがシリコン8種類(シリコンはS/M/Lサイズが2種類でうち1種類はMサイズが2個、デュアルフランジが1種類)、ウレタン1種類、イヤホンポーチといった構成。
imageimage


シェルデザインは、TFZの従来モデル「SERIES 1」「SERIES 5 / 5s」などの流れを汲むもので、標準のイヤーピースでも多くの方が装着性で悩むことは少ないと思います。付属ケーブルも他の製品と同様、CIEM仕様の0.78mmの2pinタイプで、ブルーモデルは白、ダークグレーモデルには黒のケーブルとなります。


■とにかく分厚い低域と分離感のよい中高域。どこまでも伸びるような高域に「KING」の名称も納得。

TFZ EXCLUSIVE KING」は開封直後のほとんどエージングなしの状態でもいきなり実力を発揮します。

image音質傾向は他のEXCLUSIVEラインの製品と同様のドンシャリですが、バランス重視といわれた「EXCLUSIVE 5」よりさらに全域にわたってコントロールが巧みな印象を受けます。TFZらしい分厚い低域は深い奥行きと同時にしっかりとした締まりもあり、無駄に広がる感じではありません。また中高域は非常に優れた分離感で、音場は「EXCLUSIVE 5」と比較してもさらに広く感じ、いっぽうでボーカルはそこそこ近い距離でしっかりとした存在感をもって響きます。この辺は「EXCLUSIVE 5」のタイトに鳴らす9mmドライバーに対し、「KING」は全域にわたって余裕を持って表現する12mmドライバーと、ドライバーの違いによるキャラクターが現れている感じです。

KING」も他のEXCLUSIVEラインのイヤホン同様に、グラフェンユニットらしい非常にシャープかつスピード感のある元気なサウンドですが、「EXCLUSIVE 5」のパワワルさに対して、「KING」はとても解像度が高く非常にクリアな印象です。

TFZ KING突き抜けるように伸びてゆく高域の良さはEXCLUSIVEラインの中でも随一で、この製品に「KING」の名称を与えたのも「納得」です。
KING」を聴いた後だと「EXCLUSIVE 5」の高域には少し粗さを感じるようになります。この辺がこのイヤホンの特徴的な部分かもしれません。中高域の解像度では「EXCLUSIVE 5」は「KING」に及びませんが、逆に「KING」では高域の解像度が高すぎると感じる場合もあり、より楽しく心地よいリスニングサウンド、という点では「EXCLUSIVE 5」の方が向いているかもしれません。

グラフェンユニットとはいえ、この価格帯のダイナミック1発でここまでの解像度や分離感を実現しているのには驚かされます。「KING」のフェイスパネルには「TFZ Hi-Fi MONITOR EXCLUSIVE King」とプリントされており、同シリーズの中でもっとも豊かな情報量を感じるイヤホンの特徴を表現しています。

imageちなみに、上記の通り、「TFZ EXCLUSIVE KING」は非常に「鳴りやすい」イヤホンであるため、女性ボーカル曲やEDMなどは、パワフルなDAPやポタアンより、パワーよりS/Nや解像度に注力したDAPのほうがクリアな美音系となり相性が良いかもしれません。私が使用しているDAPでも、これらの曲では「FiiO X7 Mark II」より「Astell&Kern AK300」のほうが相性の良さを感じました。
逆にメタルやハードロックなどはパワフルなDAPを使用することでさらに刺激的なサウンドに豹変します。どちらの場合でも「KING」は破綻することなくしっかりと表現してくれると思います。

またCIEM仕様の2pinコネクタを採用していますので、リケーブルによる変化も楽しめます。例えば低コストで高品質なケーブルとして愛用者も多い「Bispa」の2pinケーブルを使用すると情報量のアップによりより深みのあるサウンドに変化。見た目の格好良さもアップします。
imageimage
またバランスケーブルでは、最近低価格で高音質な線材として一部で注目されている銅銀ミックスのケーブルを使用したKINDENの2pinバランスケーブルが3千円台の低価格ながら明確な解像度の向上と分離感のアップを体感できました。他にもいろいろなケーブルを試してみるのも楽しいですね。


■「TFZ SERIES 4」と比較すると「KING」のアプローチの違いがより鮮明に。

いっぽう、同様の12mmドライバーを搭載しつつ価格帯も非常に近いもうひとつの新製品「TFZ SERIES 4」との違いもとても気になるところですが、実際に聴き比べてみると、「TFZ EXCLUSIVE KING」の「方向性の違い」の大きさにとても驚かされます。

imageSERIES 4」は前回のレビューでも取り上げた通りフラットの周波数特性で全域にわたって忠実に鳴らすタイプ。低域はTFZらしい存在感はあるものの基本的に少なめ。
ただし高域のクリアさや伸びの良さは「SERIES 4」と「EXCLUSIVE KING」は同等のレベルでまとまっており、いわゆる「美音系」のサウンドで、よりスッキリした美しい高域を楽しみたい場合はSERIES 4のほうが向いており、聴きやすく感じるのではないかと思います。

音場はどちらも結構広いと思いますが、やはり低域の厚みのあるKINGのほうが印象として広く感じます。
良くも悪くもモニターライクなSERIES 4に対し、KINGは聴かせるための音作りがとても上手いイヤホンだと改めて実感します。実際、SERIES 4単独で聴いているととてもまとまりの良い、心地いいイヤホンなのですが、いざKINGと比べると、SERIES 4は「大人しく」「メリハリの少ない」サウンドに感じてくるかもしれません。いっぽうKINGは確実に「万人受け」しそうなサウンドで、2つのイヤホンが想像以上にはっきりと用途が分かれているのが興味深いですね。


■「TFZ EXCLUSIVE KING」の価格帯は高音質イヤホンの大激戦区。台風の目となりうるか。

imageところで、「TFZ EXCLUSIVE」ラインの日本版は8月にはいって各モデル同時発売となりましたが、海外ではもともと「KING」が先行して販売されており、非常に高い評価を得ていたようです。
実際海外レビューなどを見ると、100ドルクラスの製品として「SIMGOT EN700BASS」「MaGaosi K3 Pro / HD」など日本でも非常に評価の高い中華イヤホンと並んで同価格帯トップクラスの製品と位置付けられています。
TFZ EXCLUSIVE KING」の日本版の価格設定だとさらに近日発売予定の「EN700 Pro」(予価17,800円)との競合も予想され、まさに激戦区での投入となりそうです。

ただパッケージを含めたトータルのデザイン性の高さ、さらにブランドイメージに合致したシャープかつクールなサウンドで今後「TFZ」のイヤホンも日本で大きく注目されそうな予感がします。そのなかでも特に多くの人にお勧めできるバランスのとれたサウンドと品質の高さを持つ「EXCLUSIVE KING」は牽引役として人気モデルのひとつとなるかもしれませんね。


なお、上記の競合製品についても過去記事で紹介しています。よろしければあわせてご覧ください。
→ 【先行レビュー】「SIMGOT EN700 Pro」をじっくり堪能して、サウンドの『深化』に驚きました。
→ というわけでSIMGOT「EN700BASS」 ブルーモデルを購入しました。
→ 【高音質イヤホン】アラウンド1万円なお買い物♪「MaGaosi K3 Pro」「SIMGOT EN700」「Whizzer A15」


プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。Apple好きのおっさん。食べるのも好き。普段はIT系のお仕事で自宅は福井県ですが都内で単身赴任してます。ポタオデは趣味で出張のお供。美音系/モニター系の音が好みです。自宅ホームシアターもそろそろ改造したいな。
※連絡などは bisonicr.keep.walking◎gmail.com またはTwitterのDMまで(◎はアットマークでお願いします)。

記事検索
使用機器一覧など(livedoor プロフィール)

楽天市場