bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

「KBF MK5」 今度のKinboofiオリジナルは5BAモデル。中低域メインのサウンドで響きと広がりが特徴的な高音質中華イヤホン【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
KBF MK5

こんにちは。今回紹介するのは「KBF MK5」です。中国のイヤホンセラー「Kinboofi」のオリジナルマルチBAイヤホンの第3弾で5BA構成のモデルとなります。同ブランドのマルチBAイヤホンは多ドラ化が進む低価格路線とは一線を画し、手堅いチューニングによるサウンドでマニアにも定評があります。
KBF MK5KBF MK5
これまでKinboofiのマルチBAモデルは比較的中高域寄りにチューニングされたイヤホンが中心となっており、特に4BAモデルの「KBF MK4」は同価格帯の中華イヤホンのなかでもトップレベルの音質を実現しており、シェルデザインの美しさとあわせて現在でも大人気のモデルとなっています。また「KBF MK6」はより高域のアプローチを強めた製品となりました。
「KBF MK4」 クラス最高レベルのビルドクオリティとバランスの良いサウンドが魅力的な 4BA 中華イヤホン【レビュー】
「KBF MK6」 明瞭な高域が魅力的な1ランク上の 6BA 高音質マルチBA中華イヤホン【レビュー】
「KBF MK6」(スイッチ付きモデル)補足編【レビュー】

KBF MK4KBF MK4KBF MK6

そして今回の「KBF MK5」はバランスド・アーマチュア型(BA)ドライバーを5基搭載する5BA構成で、搭載するBAユニットは「Bellsing 30095」 ×2、「Knowles DTEC-31116」(2BA) ×1 、「Knowles CI-22955」 ×1 による 3Way仕様となりました。また、従来の4BAモデル「KBF MK4」および6BAモデル「KBF MK6」とは異なるサウンドチューニングとなっています。
KBF MK5KBF MK5
購入はアマゾンの「Kinboofi」マーケットプレイスにて。「KBF MK5」のカラーバリエーションは「クリアーブラック」と「クリアー(透明)」の2色で、表示価格は 32,000円 となっています。
Amazon.co.jp(Kinboofi): KBF MK5


■ビルドクオリティは今回も非常に高く、透明シェルが魅力的なデザイン

KBF MK5」のパッケージは「MK4」「MK6」同様に豪華版の化粧箱に入って届きます。パッケージ内容は本体、ケーブル(8芯 銀メッキ銅線MMCXケーブル)、イヤーピース(白色透明タイプ、グレータイプ、各S/M/Lサイズ)、イヤホンケースなど。
KBF MK5KBF MK5
付属のイヤーピースはプラケースに入っている方は「MK6」で付属していたものが今ひとつだった事を踏まえてえか多少異なるタイプの白い半透明タイプになりました(単に色を併せただけの可能性もありますが)。
KBF MK5KBF MK5

今回もイヤホン本体のビルドクオリティは非常に高く、透明なハウジングにゴールドのエッジラインのの仕上がりはとても綺麗です。
KBF MK5KBF MK5
KBF MK5」のシェルの大きさは「MK6」と同じで非常にコンパクトな「MK4」よりはひとまわり大きいサイズとなります。とはいえ、最近のマルチBAイヤホンと類似した大きさにまとめられていて、耳にフィットしやすい形状もあわせて装着性は良好です。
KBF MK5KBF MK5
それぞれのBAユニットからの音導管が3本あり、それぞれにフィルターによりサウンドが調整され、さらにサイドに埋め込まれたネットワーク基板により出力がコントロールされています。
KBF MK5KBF MK5
イヤーピースは付属の白色半透明タイプのほか、JVCの「スパイラルドット」やAZLA「SednaEarfit」、Acoustune「AET07」など、毎度利用している開口部の大きいタイプのイヤーピースとの組み合わせがよりフィット感を向上させ音質的にもお勧めです。


■従来モデルとは一線を画す、広がりと響きが印象的な中低域メインのサウンド

KBF MK5」の音質傾向は中低域寄りで左右に広がる音場感が特徴的なサウンドで、これまでの「MK4」「MK6」の中高域寄りのスッキリした音とは全く異なるアプローチのサウンドです。そのため「MK4」のサウンドが気に入っている方が聴かれると結構拍子抜けするかもしれません。
KBF MK5アプローチとしては中高域が籠もりやすくなる傾向なのですが「KBF MK5」では各音域のバランスをうまく調整できていて、ハイトーンのボーカルも比較的綺麗に鳴ってくれるなど、相変わらず音作りの上手さを感じます。
全体的には中低域に厚みがある濃密で力強い音で、同時に大きく広がる響きによる臨場感のある音です。ただし、印象としては洋楽および邦楽ポップスなどのボーカル曲を「気持ちよく聴く」ことに照準を合わせて味付け、チューニングされたサウンドですので、スッキリした音を好まれる方は好みが分かれる可能性があります。

高域はある程度スッキリした印象をもちつつ、従来の「MK4」「MK6」と比べるとかなり控えめな印象になっています。全体的な中低域寄りのバランスにあわせたチューニングなため違和感は無く聴きやすい音ですが高域好きの方には物足りなさを感じる可能性があります。明瞭感のある音で煌めきも感じますが少し遠くで鳴っている印象となります。

中音域は厚みがあり、独特の広がりを感じる音です。「MK4」が味付けのない抜けの良い音だったのと比べると、「KBF MK5」はかなり響きや余韻など臨場感を向上させる味付けがされている印象です。ポップスやバラードなどはとても情感があり、男性ボーカルなどでは重みのある雰囲気の良さを感じます。いっぽうでハイトーンの女性ボーカルなども少し凹みを感じ離れて定位するものの綺麗に鳴ってくれます。

KBF MK5低域は「MK4」「MK6」と比べるとかなり厚みを感じる音で、情報量も多く深みもあります。「KBF MK5」でもっとも特徴的なのがこの低域で、5BAらしい密度のとても高い音であると同時に、マルチBAイヤホンでは珍しい響きの良さと重さを感じる重低音を感じます。ただし「MK4」「MK6」に比べるとキレの良さは多少犠牲にしている感じもあり、スピード感のある曲とはあまり相性が良くないようです。
ロック、ポップス、ジャズなど広がりのある響きと密度の高い中低域が楽しめる曲とは相性が良いですが、スピード感のある曲や音数の多い曲との相性はいまひとつと感じるかもしれませんね。


付属の8芯銀メッキ線ケーブルは中低域寄りの傾向が強いケーブルのため、かなり明瞭感の強い「MK4」や「MK6」では比較的相性が良かったものの、「KBF MK5」ではもう少し高域のメリハリが欲しい印象となります。そのため比較的派手めの音質傾向のケーブルにリケーブルすることで「KBF MK5」の明瞭感が向上します。
KBF4816KBF MK5
お勧めのケーブルはKinboofiでは最近リリースされた低価格ケーブル「KBF4816 高純度銅銀メッキ 8芯ケーブル」(3,000円)、またはよりハイグレードな「KBF4804 8芯 単結晶銅 銀メッキ線 ケーブル」(7,900円)ですね。「KBF4816」では付属ケーブルでは曲によって中高域に感じた籠りや低域の団子になる印象が改善され、「KBF MK5」の心地良い響きの良さとボーカルの綺麗さを感じることができます。さらに「KBF4804」では中高域がより近くに定位し、全体的に解像度が向上した印象のサウンドなります。個人的には「KBF4804」の組み合わせが良いですね。

KBF4815KBF MK5
他には定番の「KBF4746 16芯ミックス線ケーブル」(6,000円)では情報量および分離性が大幅に向上するものの、特に中低域の響きがより強くなる傾向で曲によっては少しわざとらしく感じるかもしれません。また先日レビューした「KBF4815 4芯 合金ケーブル」(17,000円)では音質傾向への味付けは一切無いものの全体的に抜けが良くなる印象でよりスッキリ感が向上します。

というわけで、KinboofiのマルチBAイヤホンもこれで3つめのモデルとなりましたが、中音域メインの「MK4」、より高域に振った「MK6」、そして、中低域の厚さを向上した「KBF MK5」という棲み分けによるラインナップとなったようです。そのため「MK4」と比べるとやはり好き嫌いはありそうなモデルとなりましたが、高域の刺激が気になることでこれまで手を出せなかった方や気持ちよくリスニングを愉しみたい方には「KBF MK5」は最適なイヤホンだと思います。また長時間のリスニングにも向いていることから、それぞれのシチュエーションに応じて各モデルを使い分けるというのも楽しいですね。



「YYX4820」「YYX4819」「YYX4818」 Yinyooから何故か日本だけ大人気?のピンクケーブルに「16芯」と新タイプ8芯が登場しました。【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
「YYX4820」/「YYX4819」/「YYX4818」

こんにちは。最新ケーブルネタ(笑)の締めくくりはYinyooブランドの最新ケーブル「YYX4820」、「YYX4819」、「YYX4818」の3種類の紹介です。
これまでも中国のイヤホンセラー「Easy Earphones」が中心となって展開するブランド「Yinyoo」のほかEasy系のブランドにイヤホンケーブルのカラーバリエーションを展開することはよくあったのですが、そんななか日本の一部のマニアの間で何故か大変人気になったのがKinboofiから販売されていた「ピンク色(正確にはピンクとシルバーのミックスカラー)」ケーブルでした。それに気をよくしたのか(?)、第2弾とばかりに、最近リケーブル製品のなかでも音質面のクオリティに対するコストパフォーマンスの良さで人気急上昇中の「16芯ケーブル」の「ピンクバージョン」が登場してしまいました。また多少カラーは異なるものの、新しい8芯銀メッキ線(「YYX4784」など)タイプのピンクバージョンもあわせてリリースされました。果たしてこれらの新しいケーブルも人気アイテムとなるでしょうか(^^)。
Yinyoo CableYinyoo Cable
購入はすべてアマゾンの「WTSUN Audio」または中国AliExpressの「Easy Earphones」にて。AliExpressでの購入方法およびフォロワー値引きについてはこちらを参照ください。またアマゾンでは国内倉庫より出荷されますのですぐに商品が届きますし、万が一のときにアマゾン経由でサポートが得られるので安心感がありますね。
またEasy Earphones(@hulang9078)およびWTSUN Audio(@Zhuo520X)Twitterアカウントでは割引情報なども頻繁にツイートされていますのでフォローのうえこまめにチェックされることをお勧めします。


[ YYX4820 ] Yinyoo 16芯 銀メッキ高純度銅線ケーブル(ピンク)
Yinyoo 16 Core Silver Plated Cable 2.5/3.5/4.4mm Balanced Cable With MMCX/2pin Connector (Pink)
【 MMCX 】【 中華 2pin/CIEM極性 】【 3.5mm 】【 2.5mm/4極 】【4.4mm/5極 】

※現在アマゾンで購入時に1,500円OFFとなるキャンペーン実施中
※さらに春節期間中(~2/12まで)はWTSUN Audioで購入時に10% OFF追加で割引きされます。


YYX4820YYX4820YYX4820
「YYX4820 16芯 銀メッキ線ケーブル(ピンク)」は、最近特に人気が急上昇している16芯タイプのイヤホンケーブルに新たに加わった「新色」のケーブルです。Easy系の16芯ケーブルはとにかく情報量が多く、イヤホンの能力を大幅に引き出すタイプのケーブルという印象で、また味付けがほとんど無いため、ある程度のポテンシャルをもつ高音質イヤホンであれば音質傾向の向き不向きが少ないのが特徴です。
YYX4820YYX4820
「YYX4820」のカラーリングは「ショッキングピンク」に近い、かなり明るいピンク色のカラーリングです。音質傾向はYinyooの「YYX4778 16芯ケーブル(ブラック)」とほぼ同様で、全体的に情報量を増やしつつ特に中高域の伸びをよくしている印象があります。そのためもともと高域の強いイヤホンではすこし派手な音になる可能性がありますが、一般的には音の濃度が少しあがったように感じるのではないかと思います。とはいえ次に紹介する8芯銀メッキ線の「YYX4819」と比べると味付けは非常に少なく、あくまで自然に情報量を上げるタイプです。
YYX4820ただし、このシリーズの16芯ケーブル製品共通の特徴で組み合わせるイヤホン自体にある程度のポテンシャルがあることが求められます。最近は低価格イヤホンでも「KZ AS06」「CCA C10」「CCA C16」のように16芯ケーブルでの効果を実感できるサウンドのイヤホンも増えています。また「TFZ T2G」(T2 Galaxy)なそれ以上のグレードのTFZ製イヤホンとの相性も良好です。他にも、もちろん数万円クラスのマルチBAイヤホンはもちろん、高音質ハイブリッドイヤホンなど、かなり汎用的に使えるケーブルという印象です。さらに中華イヤホンに限らず数万円レベルの製品でのリケーブル用途としても非常にコストパフォーマンスの良いケーブルとして利用できるのではと思います。

「YYX4820」の他にはないピンク色は強烈な個性を持った製品で、「見た目オーディオ」的なインパクトは絶大です。また現在も販売されているKinboofiのピンクケーブルYinyooのブルーケーブル(YYX4733)が音質傾向的にはナチュラルな印象だったのに対し、「YYX4820」ではイヤホンの性能に応じて音質向上も見込めるケーブルとなりました。まさに外見にも中身(音質)でも妥協なしに「攻めたい」方には最高のアイテムかもしれませんね。


[ YYX4819 ] Yinyoo 8芯 銀メッキ高純度銅線ケーブル(ピンクカラー)
Yinyoo 8 Core Silver Plated Copper Cable 2.5/3.5/4.4mm Balanced Cable With MMCX/2pin Connector (Pink)
【 MMCX 】【 中華 2pin/CIEM極性 】【 3.5mm 】【 2.5mm/4極 】【4.4mm/5極 】

※現在アマゾンで購入時に15% OFFとなるキャンペーン実施中
※さらに春節期間中(~2/12まで)はWTSUN Audioで購入時に10% OFF追加で割引きされます。

YYX4819YYX4819YYX4819

「YYX4819 8芯 銀メッキ線ケーブル(ピンク)」は新しいピンクカラーケーブルの8芯タイプ。同じYinyooブランドの「YYX4784」など3千円クラスのなどの8芯 銀メッキ線のカラーバリエーションタイプとなります。プラグには「YYX4784」で使用されているものより高級感を感じる部品が使用されています。
YYX4819YYX4819
「YYX4820」はショッキングピンクに近い色でしたがこちらはサクラ色に近いカラーリングですね。「YYX4784」同様にある程度太さのある線材がしっかり編み込まれており、ケーブル自体は比較的柔らかく、光沢のある被膜は多少の弾力はありますがそり返しなどはなく使い勝手は良好です。音質傾向的にも「YYX4784」と同様、情報量や分離性の向上に加え、銀メッキ線らしい中高域の明瞭感がアップするタイプのケーブルとなります。
YYX4819YYX4820 YYX4819
KZなどの低価格イヤホンとの相性が良く、「KZ ZS7」などの中低域タイプでは全体の情報量をアップし音の濃度を上げつつ、高域の伸びも向上します。また「KZ ZS10」や「CCA C10」のようにちょっと緩めの傾向のイヤホンでは分離性の向上によりメリハリがアップしより立体的な音場を実感できます。いっぽう「CCA C16」などもともと情報量が多いマルチBAや「TFZ T2G」(T2 Galaxy)のように中高域の伸びが良く派手めのサウンドのイヤホンでは少し高域が強すぎる印象となることもあり、「YYX4820」のほうが相性が良さそうです。イヤホン本体のカラーリングや音質傾向にあわせて「YYX4820」「YYX4819」を使い分けるのも良いと思います。


[ YYX4818 ] Yinyoo 8芯 銀メッキ高純度銅線ケーブル(オリーブカラー)
Yinyoo 8 Core Silver Plated Copper Cable 2.5/3.5/4.4mm Balanced Cable With MMCX/2pin Connector (Olive color)
【 MMCX 】【 中華 2pin/CIEM極性 】【 3.5mm 】【 2.5mm/4極 】【4.4mm/5極 】

※現在アマゾンで購入時に15% OFFとなるキャンペーン実施中
※さらに春節期間中(~2/12まで)はWTSUN Audioで購入時に10% OFF追加で割引きされます。


YYX4818YYX4818YYX4818
「YYX4818 8芯 銀メッキ線ケーブル(オリーブ)」は「YYX4819」同様に8芯ケーブルのカラーバリエーションになります。渋めのメタリックカラー(サイト表示では「Olive color」となっています)のケーブルでブラックなど落ち着いた色のイヤホンとの組み合わせに最適です。
「YYX4784」(シルバー)、「YYX4819」(ピンク)と比べて、被膜の素材の関係か少し柔らかく、より取り回しが良好なケーブルとなります。メタリックカラーですが被膜の光沢は控えめで派手さは抑えたケーブルですので写真の印象より日常的に使いやすい印象のカラーリングです。
YYX4818YYX4818
音質傾向も「YYX4784」(シルバー)、「YYX4819」(ピンク)とほぼ同じで情報量や分離性の向上に加え、銀メッキ線らしい中高域の明瞭感がアップするタイプのケーブルです。「KZ AS06」や「AS10」などのブラックシェルのイヤホンとの組み合わせではなかなか渋い印象になりますね。これらのマルチBAでは分離感の向上で全体的に解像度がアップし、よりスッキリした印象のサウンドになります。
YYX4818Yinyoo Cable
もともと派手めの傾向のイヤホンでは刺激が強くなりすぎる可能性はあるものの、全体的に組み合わせやすいケーブルですので、シルバーの「YYX4784」やピンク「YYX4818」、さらにKinboofiブランドの「KBF4816」(ダークシルバー)も含めてイヤホン本体のカラーにあわせて選択するのも楽しいのではと思います。


というわけで、一気にラインナップが充実してきたYinyooブランドの新しいケーブルをまとめて紹介しました。特に中華イヤホンはデザイン的にも個性的でカラーバリエーションの豊富なモデルも数多くありますので、これらのケーブルを組み合わせて音質的なグレードアップとあわせて「見た目オーディオ」にもこだわっていきたいところですね(^^;


プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。気付けばアラフィフの酔っ払い(定期)。食べるのも好きな天秤座AB型。普段はIT屋で都内と自宅のある福井ほかあちこち出張するお仕事してます。ポタオデは趣味で出張のお供。長年のPC(?)遍歴にApple //c とNeXTstation があるのがプチ自慢(じじぃ)。
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。








記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)






最新コメント