bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

「URBANFUN HiFi (2017年モデル)」ハイブリッド構成で復活した明るいボーカルが魅力的な美音系イヤホン【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
URBANFUN HiFi

今回紹介するのはURBANFUN HiFi (2017年モデル)」です。中国「URBANFUN」ブランドのイヤホンで1BA+1DDの「ハイブリッド」イヤホンとなります。
こちらは最近利用させて頂いているアマゾンのマーケットプレイス「Kinboofi」さんからのサンプル提供によるレビューとなります。また、今回レビューをご覧頂いた方向けの「割引情報」もありますので併せてご覧ください。

 URBANFUN HiFi 」は海外でも非常に評価の高いメタルボディのイヤホンです。
最初のモデルが発売以降、幾度がパッケージや構成を変更しており、2016年頃はシングルダイナミック版もありましたが、今回は「2017年モデルのハイブリッド仕様」として復活した最新バージョンとなります(kinboofiさんから分解写真も含め情報をいただいています)。
kinboofi2017 version
2016年バージョンのベリリウムダイナミックのシングルドライバーモデルはケーブルが黒いゴム皮膜のようで、2017年バージョンの区別の方法はメタリックシルバーの樹脂皮膜と新版の付属ポーチのバージョンになります。またKinboofiさんから販売される「URBANFUN HiFi」はすべて「2017年モデル(ハイブリッド)」となります。

URBANFUN HiFi(2017年モデル)」は、アマゾンのKinboofiのマーケットプレイスにて現在4,242円で販売されており、プライム扱いで購入が可能です。
Amazon.co.jp(Kinboofi):URBANFUN HIFI 1BA+1DD ハイブリッド イヤホン 2017バージョン

本体カラーは鮮やかなグリーンとブラックの2色から選べます。


今回、販売しているKinboofiさんより本記事掲載時より「先着5名は10% OFF、以降は5% OFF」で購入できる割引情報を頂いています。
方法は、まずTwitterでKinboofi(@kinboofi)のアカウントをフォローし、DMにて「URBANFUNの割引コード教えて」と連絡するだけです。折り返しKinboofiさんより割引のクーポンコード(1回限り有効)がもらえますので、このコードを購入時に適用すれば割引されます。

届いたパッケージは非常にシンプルです。
URBANFUN HiFiURBANFUN HiFi

パッケージ構成はイヤホン本体、イヤーピースがS/M/L(Mサイズ装着済み)がポーチのなかに入っています。メタリックなカラーリングのケーブルは透明な樹脂皮膜で少し硬めですが、絡まりにくく取り回しがしやすいのが良いですね。
URBANFUN HiFiURBANFUN HiFi
装着性はカナル型としては一般的です。私の場合は付属のイヤーピースではいまいちフィットしなかったためウレタン製のものに交換して使用しています。


■見た目とは違う? スッキリした中高域でボーカルが映える美音系サウンド。


URBANFUN HiFi(2017年モデル)」の音質は同価格帯のイヤホンのなかではかなり良いと思います。発売時期はちょっと前の製品なので「イマドキの攻めてる感」や「押しの強いメリハリ」はないですが、非常に安定したサウンドで気持ちよく使える印象のイヤホンですね。
URBANFUN HiFi周波数特性はドンシャリのですが中域の凹みは控えめで結構フラット寄り。高域の伸びは良く、低域も比較的タイトなので「スッキリ」とか「クリア」なドンシャリ、といったの表現で言われることが多いのも理解できます。海外レビューではモニター系の音だという記載もありましたが、低域の下の方はかなり締まっており比較的中域に特徴のあるイヤホンのため、一部の曲によってはカマボコ寄りに聞こえる場合もあるかな、と感じます。
見た目はグリーンモデルの派手なカラーリング等で完全に街中イヤホンですが、実際の印象は中高域推しでスッキリした美音系。そのため例えば「KZ ZS6」「ZS5」などの派手めのサウンドとは対極にあります(海外で「モニター系」と言われる理由もこの辺ですかね)。

低域はある程度ボリューミーな低域が欲しい方には一般的なハイブリッドと比べるとちょっと物足りなく感じるかもしれません。ただ非常に締まりが良くキレのある低音で、正確にベース音を捉えるのには相性がよいと思います。
中域は比較的近くに定位し、非常に鮮明なサウンドイメージです。同価格帯の「Xiaomi Pro HD」あたりと比較すると「URBANFUN HiFi」のほうが透明度や明瞭さで頭ひとつ抜けている印象があります。
高域の伸びも良くシャープな印象があります。高高域は細く金属質なエッジがわずかにある程度ですが雑味の少ない音なのでハイハットも綺麗にきこえます。音場は一般的かやや広め。
URBANFUN HiFiURBANFUN HiFi
全体的にはボーカル曲との相性が良い「中域推し」のイヤホンだと思います。今年日本で5,000円クラスの定番となった「final E3000」や「EARNiNE EN120」とも完成度のうえでは十分に比較できる内容だと思います。印象として「URBANFUN HiFi」は「E3000」よりボーカルが近く明瞭さがありますが、これはスッキリした音のためボーカルを中心に演奏が下がっているとも言えるので「どの音を聴きたいか」で印象は変わるでしょう(ボーカル中心なら「URBANFUN HiFi」です)。「EN120」との比較ではどちらも中高域に強みを持つイヤホンですが、全体的な音のまとまりという点ではハイブリッドの「URBANFUN HiFi」のほうに強みがある印象です。しかし中高域(特に高域)の情報量ではやはり「EN120」なら聴こえる音があり、やはりこちらも好みの問題といえるでしょう。
これらのイヤホンを試聴あるいは所有していて、もっとボーカル推しなイヤホンも、という場合には「URBANFUN HiFi」は有効な選択肢のひとつになるのではと思います。

URBANFUN HiFiというわけで、「URBANFUN HiFi(2017年モデル)」は現在の強豪ひしめくなかで比較しても遜色ないレベルのイヤホンであることを改めて確認することができました。2015年頃の発売当時のバージョンに比べるとパッケージは多少シンプルになっていますが、2017年モデルでハイブリッド構成に戻ったうえ価格も下がってきており、あらためてボーカル推しの美音系イヤホンとして手元に揃えておくのもアリかな、と思います。もっとも、あえて触れませんでしたが、音の良さに対して、怪しげなお猿さんのマークといい、デザインセンスは「ちょっと残念」ですけどね(笑)。その辺もこのイヤホンの「個性」ということにしておきます(^^)。


「TIN Audio T2」 結構マニア向け? 地味だけどボーカル推しの驚きの高音質イヤホン【購入レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
image

※kinboofiさんからの「割引情報」の提供に伴い、内容を追記して再投稿しました。

改めてデュアルダイアミックドライバーを搭載するメタルボディの中華イヤホン「TIN Audio T2」の紹介となります。8月頃に一度オーダー(およびレビュー)していますが、今回アマゾンのマーケットプレイスKinboofiさんからの依頼で改めてレビューすることになりました。

TIN Audio」は比較的評価の高いイヤホンを出していた中華イヤホンブランドで、その最新モデルが「TIN Audio T2」です。形状を見ると2万円級の中華イヤホンのひとつとして評価の高い「DQSM D2」を彷彿させるデザインで、いわゆるK3003タイプのハイブリッドを想像させる形状ですが、実際は10mmのウーファーと6mmのツィーターによるデュアルのダイナミックドライバーを直列に配置した2DD構成
TIN Audio T2TIN Audio T2
TIN Audio T2」は、ボーカル推しで多少好みによる好き嫌いはあると思いますが、この価格帯ではかなり「当たり」のイヤホンだなと思っています。

TIN Audio T2アマゾンでは現在6,874円で販売されており、プライム扱いで購入が可能です。さらに今回、販売しているKinboofiさんより本記事掲載時より「先着5名は10% OFF、以降は5% OFF」で購入できる割引情報を頂いています。

割引の利用方法は、まずTwitterでKinboofi(@kinboofi)のアカウントをフォローし、DMにて「T2の割引コード教えて」と連絡するだけです。折り返しKinboofiさんより割引のクーポンコード(1回限り有効)がもらえますので、このコードを購入時に適用すれば割引されます。もしご不明な点があれば併せて@kinboofiへDMで確認いただければと思います。


■「TIN Audio T2」メタルボディのしっかりした作りだが、装着性にはひと工夫が必要

「TIN Audio T2」はこの価格帯のイヤホンとしてはかなりしっかりした専用のパッケージに入っており、届いた瞬間から「高品質そう」な印象を感じます。
imageimage

パッケージ内容はイヤホン本体およびMMCXケーブル、イヤーピースはシリコン製S/M/Lと装着済みのウレタン製のものなど。メタルハウジングのイヤホン本体もあわせて価格以上に高級感を感じる内容です。
imageimage
付属のMMCXケーブルは1.25mm 5N無酸素銅の銀メッキ線を使用した結構しっかりしたもので、さらに3.5mmコネクタ部分にちょっと豪華なパーツが使われている点も嬉しいところです。本体はとてもシンプルなデザインですが、ビルドクオリティは高く、非常にしっかりした作りになっています。またアルミニウムボディで見た目よりは軽い印象です。ベント(空気穴)はステム下部と背面の2カ所にありますが非常に小さい穴のため、音漏れなどはほぼ心配しなくてよいレベルです。

image装着方法としては通常の方法でもシュア掛けでもどちらでも使えるタイプですが、装着性はあまり良くありません。
ステム部分は6mmツィーターが面するため比較的大口径のノズルでになっており、小さいイヤーピースで耳穴に隙間ができると全体的に薄っぺらい音になります。標準で装着されているイヤーピースがウレタン製であることからも想像できますが、耳奥に挿入すると言うよりは、大きめのイヤーピースで耳に密着して固定するのが最適な装着位置だと思います。

またこのイヤホンの装着性の悪さの最大の原因はMMCXコネクタ部分の突起の配置で、この形状だと装着時に耳の後方、シュア掛けの場合も下方に行ってしまいます。そこで、あえて左右を逆にケーブルと接続することで突起が前方、シュア掛けでは上方に移動し比較的違和感なく装着できます。
ただこの場合イヤホンの左右を示すコネクタ部分の赤・青が逆になってしまうので見た目がちょっと残念になってしまうのは仕方のない部分です。どうせミニマルなデザインなのですから、ここにも色を付けなければ良かったのに、とちょっと恨めしく思いますね。

■ボーカル推しの高解像度な中高域イヤホン。マルチBA好きと相性抜群なサウンド。

さて、「TIN Audio T2」のきちんと装着した状態での音質は、全般的に分離感の良い解像度の高いサウンドで、この価格帯としては非常にクオリティの高い、「いい音」と感じるイヤホンです。
周波数特性はわずかにドンシャリ寄りなフラット傾向。低域は少なめ中高域寄りのイヤホンで、高域の抜けも良いですが、メタルボディの尖った印象は少なく、どちらかというと中域をメインにした印象を受けます。

image個人的に感じたイメージとしては「TIN Audio T2」はSIMGOTの無印「EN700」をさらにボーカルやギターなどの中域をメインに振ったような印象です。低域は締まった印象ですが適度な量感で響きも良く、音場も十分な広さがあります。ボーカルは近く、密度の濃い音で息づかいまでしっかり聴かせてくれます。高域もさすがにマルチBAの精緻さには及びませんが、刺さりは控えめならが伸びが良くキラキラ感のある音です。おそらくマルチBAでボーカル曲を中心に聴かれている方にはこのイヤホンの「おいしいころ」を感じてもらえるのではないかと思います。いっぽう普段からダイナミックドライバーの方が好み、という方には2DD構成ながらあまり向いていないかもしれません。TFZ辺りとは対極の音だと思います。
その上で、どのタイプの曲でも合わせやすいサウンドですが、女性ボーカルはもちろん、案外アコースティックな曲や男性ボーカルなどとも相性が良いかもしれません。

また、個人的には、同じ直列配置の2DDで以前レビューを行ったエレコムのハイエンドモデル「EHP-SH1000」との比較がとても興味深く感じます。EHP-SH1000はフラット傾向の非常に「いい音」でお勧めできるイヤホンですが、約5,000円の「TIN Audio T2」も多少の音質傾向の違いはあるものの、「EHP-SH1000」と非常によく似たアプローチの音作りがされていると思います。「EHP-SH1000」は現在も2万円近い実売価格ですので、それを考えると改めて「TIN Audio T2」のコストパフォーマンスの高さを感じますね。

ところで、現在日本で「中高域メインで高音質の約5,000円イヤホン」といえばなんと言っても「EARNiNE EN120」ではないかと思います。直列2DDの「TIN Audio T2」と自社製独自BAシングルの「EN120」では構成が全く異なりますが、聴いてみると案外似ていてしかも「拮抗したレベル」と感じました。
image比較すると、BAらしい音の透明感は「EN120」が優れていますが、中高域の音の響きとそこから生まれる音場の広さは「TIN Audio T2」がデュアルダイナミックの強みを発揮します。しかし、「EN120」がシングルBAの枠を超えた伸びの良いクリアな高域を実現している一方、「TIN Audio T2」はこの価格帯としてはかなりBAに肉薄する解像度を実現しており、結果的に両者が拮抗した印象になっています。
それで両者は中域の描写など音質傾向が異なっているため、できれば両方持って気分や曲によって使い分けるのが良い選択かもしれません。

TIN Audio T2」は最近は「インパクト勝負」的な要素も多分にある中華イヤホンのなかでは見た目でも構成的にも相当に地味な印象ですが、この価格帯ではかなりお勧めできる高音質なイヤホンだと思います。


■見た目は地味だが驚きの実力。「マニア向け」ではあるが掘り出し物の逸品2DDイヤホン。

TIN Audio T2というわけで、冒頭にも記載したとおり、「TIN Audio T2」は個人的には大当たりの中華イヤホンでした。ただ見た目はどうにも個性を感じない地味なデザインですし、そのうえ致命的に悪い装着性など、その音質を体感する前のハードルも結構高いように思います。そういった意味で結構中華イヤホンをこれまでも嗜んでこられた「マニア向け」のアイテムであることは否定できません。中華イヤホンを始めたばかりの人がいきなり買うのは止めた方が良いかもです(もっと先に買うべき分りやすい中華イヤホンはあるよ、という意味で)。
また「BAよりダイナミックが好き」という嗜好の方には、このイヤホンが2DDというドライバー構成という前提で聴かれるとちょっと意表を突かれるかもしれません。ただ上記で比較したシングルBAの「EN120」が世間で大変な人気になったことから、個人的には「TIN Audio T2」もドライバー構成を気にせずフラットな気持ちで聴いてもらえるとその良さを実感してもらえる方も多いのでは、とも思います。

とりあえず、こういう「掘り出し物」が人知れず地味に存在するのが中華イヤホンの楽しみであることは間違いなく、やっぱり次も何かポチっちゃうんだとうな、と思います(笑)。


プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。Apple好きのおっさん。食べるのも好き。普段はIT系のお仕事で自宅は福井県ですが都内で単身赴任してます。ポタオデは趣味で出張のお供。美音系/モニター系の音が好みです。自宅ホームシアターもそろそろ改造したいな。
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。





記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)







最新コメント












Rakuten



成長因子