bisonicr keep walking.

イヤホン・ポータブルオーディオ関係のネタを中心に書いています。ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。

Audirvana Plus 3.0の導入(主にアップデート)のための備忘録

このエントリーをはてなブックマークに追加
37

Mac用の定番ハイレゾプレーヤーアプリの「Audirvana Plus」が3.0にバージョンアップしました。
とりあえずMQAフォーマットへの正式対応や(MQAでのハイレゾ配信を行う)TIDALなどの海外ストリーミングサービスへの対応等が主な変更点です。
トライアルサイトではMQA対応DACの自動認識の問題で特定メーカー向けのリリースが別途ありますが、現時点で最新の3.0.2にアップデートすることで、単一バージョンでの対応が可能になります。
また、「iTunes Integrated Mode」でiTunesと連携する場合に起こったトラブルも3.0.2で解消されているようです。


■最初に結論。2.6.6ユーザのアップデートメリットは現時点では「ほぼなし」かも。

もちろん、新規でAudirvana Plusを購入される方や、2016年12月以降に購入していて、無償アップデート対象の方はいいんですが、すでにバージョン2.xを使っていて、新たに39ドル(4000円オーバー)の金額を払って3.0にアップデートする場合、MQAやTIDALに用事がある方以外は、現時点(3.0.2)ではメリットはほとんどないことをあらかじめ認識しておいた方が良いかもしれません。

もしかしたら、今すぐのアップデートは控えて、今後3.x~とバージョンアップが進んで、プログラムが安定し、相応に機能追加が行われてからでも遅くはないと思われます。

まあ、2.0のときも最初のバージョンはいろいろ機能が実装されてなかったり、不安定だったりと大変だったので「こんなもんだ」とも言えるのですが、音楽プレーヤーソフトとして安価でもないので、もう少し何とかしてもらいないものか、とは正直思いますよね。


■3.0にアップデートを行う際は既存環境のバックアップを。
とりあえず実際にバージョンアップしてみて分ったことは、「やっぱ調子悪いから2.6.6に戻そう」と思う確率も結構高そうだと言うこと。そこで、バージョンアップを行う前に既存の環境のバックアップを取ります。バックアップはTime Machineで取ってるよ、と言う方もアプリケーションや設定ファイルはすぐに戻せない、あるいは復旧不可の可能性もありますので、手動で取っておきます。

バックアップをとるのは、
  1. Applicationsフォルダの「Audirvana Plus」アプリ本体
  2. /Users/ユーザ名/Library/Application Support/Audirvana」フォルダの中身(設定ファイル)すべて
  3. /Users/ユーザ名/Library/Preferences/com.audirvana.Audirvana-Plus.plist」(※設定情報)
になります(「ユーザ名」部分は各自のログイン名)。1と2は必須、3は利用されていた設定情報をそのまま継承する場合必要です(なくても再設定すれば問題ありません)。

設定ファイルのフォルダへはFinderの「移動」メニューの「フォルダに移動...」から上記のパスを入力してアクセスしてください。
3913

3.0にアップデートし、起動した時点で設定ファイルは3.0形式に書き換わりますので、アプリケーションだけ2.6.6に戻しても正常に動作しません。ですので、設定ファイルのバックアップは必ず取ってください。(2.6.6に戻す際は、3.0をアンインストール後、設定ファイルも含めてバックアップを戻せばOK)


■Audirvana Plus 2.xから3.0へのアップデート

C66LqooU0AAgbnvアップデートプログラムはトライアル版と同じなので、商品サイト( https://audirvana.com/ )の「Try It」からダウンロードします。ここで、マランツ、TEAC、DENON、LUXMAN、SONY、YAMAHAのDACを使っている場合はMQA機能を外した「3.0.0.1」バージョンのダウンロードが必要です。

ライセンスキーは、「Buy Now」で購入します。アップグレードの場合は旧バージョン購入時のメールアドレスと購入番号の入力を求められます。

ダウンロードした.dmgファイルを開き、アプリをApplicationsフォルダへ上書きコピーすればアップデート完了です。

次に記載する3.0.2にアップデートすることで、3.0.1と3.0.0.1のバージョンは統合されます。
MQA対応USB-DACの自動検出でエラーが発生していたことがバージョンを分けていた理由でしたが、3.0.2では初期値で自動検出をOFFにしてチェックボックスを作ることで問題を回避したようです。


■iTunes Integrated Modeのトラブルは3.0.2で解消
3.0リリース後数日でマイナーアップデートの3.0.2がリリースされました。
現時点でトライアルは3.0のままなので、いったん上記の方法で3.0をインストール後、「Check for Update...」でアップデートを検索してアップデートを実行する必要があります。アップデートサーバが混んでいるとエラーになる可能性もあるので、その場合は何回かトライしてみてください。
C66KlZRVAAAKtWh

3.0.1(または3.0.0.1)ではItunes Integrated Modeで再生曲がずれる、というトラブルがあったようですが、こちらも3.0.2で解消されています。


■違いはMQAデコーダ搭載と、TIDAL関係。オーディエンジンは?
これはあくまで私の個人的な憶測ですが、オーディオエンジンそのものは2.x系の最終バージョンである2.6.6とほとんど同じだと考えています。
2.5.xから2.6.xへアップデートした際に、ライブラリモードをお使いの場合はインデックスなどの更新が走ったのを覚えてらっしゃる方も多いと思います。またライブラリの管理方法(アーティストなどタグ情報の入力画面など)やReplay Gainの最適化設定など、かなり大規模な修正が2.6時点で行われています。どちらかというと、MQA以外では2.5から2.6のアップデートのほうが大規模だったと思います。

いっぽう、3.0はインターフェース等既存の機能面は2.6.6の状態を踏襲しており、インデックスの再構築などはアップデート時には行われませんでした。もちろんMQAデコーダを内蔵している時点で2.6.xと3.0は異なるエンジンと言えなくもないですが、MQA以外のフォーマットについては2.6になった時点での更新と同じものだと考えてもよいと思っています。音質面もFLACなどでは2.6.6と3.0の音はとりあえず違いを見つけることはできませんでした。


■USB-DACからDoPでDSDが再生できないトラブルが発生
私の環境では、ライブラリに蓄積してあるDSD形式の音源を再生しようとした際、DoPでのUSB-DACへの転送が誤動作し、正常に再生できないトラブルが発生しました。接続するUSB-DACの機種には関係なく(手持ちのDS-200、HP-A4、nano iDSD、Mojoでテスト)、Macの再起動などでも問題は解消できませんでした。
私の場合、ほぼすべてのDSD音源が全滅でしたが、同様のケースで一部のDSDが再生できないなど、いくつかのトラブルケースが存在するようです。

上記のように現時点では3.0のメリットはほぼありませんので、とりあえず2.6.6に戻したい、というのも現時点では有効な選択肢です。
また上記のバックアップが取ってない場合も含め、同様の考え方でクリーンインストールを行うことで問題が解消できる可能性が高いと思われます。


■プレイリストを書き出して、クリーンインストールを実施

クリーンインストールを行うと、音楽ライブラリ自体はデータのフォルダを指定し直すことで再構築できますが、過去に作成したプレイリストがすべて作り直しになります。
ですので、あらかじめプレイリストをエクスポートしておきます。05
プレイリストのエクスポートは、該当するプレイリストを右クリックして「Export playlist プレイリスト名...」を実行するだけです。これでプレイリストごとの.m3u8形式のファイルが出力されますので、クリーンインストール後、画面左下のプレイリスト作成ボタンで「Import playlist...」でインポートを行うことができます。

クリーンインストールは、上記の2.6.6に戻す場合と基本は同じで、アプリケーションをアンインストール(Applicationsフォルダからアプリを削除)後、上記の設定フォルダごと削除し、改めて3.0のインストールを行います。


■で、そもそもMQAてAudirvana Plusユーザに今すぐ必要なの?
MQAについての詳しい説明は割愛しますが、一般にはハイレゾ音源を従来より高い圧縮率でデータ化でき配信に最適、ということになっていて、3.0でサポートを強化したTIDALが使ってたりするそうです。

ただ、実際の実装は、FLAC形式のデータの圧縮コーデックをより圧縮率の高い「不可逆性」のMQAコーデックに置き換える、という方法になります。つまり、音質的にはMP3やAACと同様の「劣化あり=Lossy」となります(もちろんMQAにしてみればMP3/AACと一緒にして欲しくない、という気持ちはわかりますが)。しかし「可逆性で劣化無し=Lossless」フォーマットのひとつである普通のFLAC(Free Lossless Audio Codec)と見た目同じ.flac形式で、中身がMQAになるのってどうなの?、と感じます。

今後TIDALが日本上陸したり、国内の配信サービスがMQAをサポートしAudirvana Plusもサポートされるようになれば、それはそれで良いことだと思いますが、CDからエンコードしたり、ハイレゾ音源として購入するフォーマットとしては当分は必要ないかな、と個人的には思っています。

そうなってくると、ますますアップデートしなくて良かったんじゃない?
という話になっちゃうのですが・・・、とりあえず、今後に期待しています。

 

「HCK DZC」 流線形透明デザインの3BAイヤホンを購入しました♪【割引情報あり】

このエントリーをはてなブックマークに追加
4e6d69db

■とにかく美しいデザインの3BAイヤホン。「割引情報」もあります。

中国AliExpressのHCKさんより、「HCK DZC」を購入しました。
バランスド・アーマチュア型(BA)ドライバーを3基搭載する、写真の通り美しいデザインが特徴的なインナーイヤータイプのイヤホンです。
HCK_shop
商品サイトはこちら→ AliExpress/Nice HCK Audio Store: HCK DZC

HCKさんのTwitterアカウント(@hckexin)でDZCの写真が公開されて、その見た目の美しさに魅了されました。
完全な「デザイン買い」です。そういえば最近の自分のレビューで「衝動買いはアラウンド1万円」と宣言している私ですが、現在のDZCの表示価格は149ドル。
もちろんこの価格でもトリプルBAイヤホンとしてては相当にお買得な部類だと思いますが、新製品なのをいいことに「すげー欲しいからもう一声!」とHCKさんにお願いしたら、追加の割引をしてもらえました(ラッキー!)。

さらに、この記事を読んだよ、ということをHCKさんに伝えれば、これから購入される方も同様に割引されるとのこと。
具体的には、149ドルのHCK DZCが「125ドル」で購入できるそうです。

実際トリプルBAで125ドルって、それだけで相当に安いんですが。そりゃ即決もしますよね!(笑)

割引方法は、「bisonicrのブログ見た」とか単純に「bisonicr」と入れてください。
購入画面のメッセージ欄で上記のようなメッセージを入力いただき、「Place Order」か別のクレジットカードを選んで「Confirm」し保留しておくと、しばらくしてから割引が適用してもらえると思います。


■透明で継ぎ目のない美しい流線型フォルム

HCK DZC」はその名称からも分るとおり、HCKさんのオリジナルのイヤホンです。BAドライバーを3基搭載。MMCXコネクタによるリケーブルが可能です。カラーも青・赤・紫・緑・黄・透明の6色から選択が可能です。

届いた梱包を空けると、イヤホン本体に加え、プラケースにイヤーピースがたくさん、そしてMMCXケーブルが同梱されていました。
imageimage

本体カラーは、最初グリーンにしようかと思ったのですが、HCKさんのTweetを見ていたら最初のオーダーがグリーンだったそうなので、私はパープルにしました(笑)。

実際にDZCを手にして、その透明なハウジングの流線型フォルムの美しさに改めて感動します。

imageimage

ちなみに、ハウジングの形状ですが、中華イヤホンをいろいろ持っている方ならすぐにピンと来るのでは思いますが、ユニバーサルのイヤホンとしてはかなり攻めてる形状をしている、アレです。ただHCK DZCは形状の元になったであろう某中華イヤホンとは似ても似つかない、大変素晴らしい仕上がりです。質感にプラスチック感はほぼなく、またシェルの継ぎ目(接合面)も表面からは全く存在しません。とても美しいイヤホンになっています。

余談ですが、形状の元になったと思われる某イヤホンの装着性から、同じ形状でよい仕上がり&性能のイヤホンが欲しいなと以前から思っていたので、「HCK DZC」は私にとってまさに渡りに船だったわけです。

imageなお、全体的に透明なシェルなので光の反射をよけながら目を凝らすと採用ドライバーの確認もできました。使用しているのは、
  • ハイ: Knowles ED29689
  • ロー: Sonion 33AE (3300系のデュアルドライバー)
といった構成でした。

image付属のMMCXケーブルは、中華イヤホンではよく付いてくるタイプのものです。私もすでに同じものを数本持ってました。こちらは次に買うイヤホンを「ケーブルなし」にして再利用するとして、今回は別のケーブルにリケーブルします。
また、適当にイヤーピースを選択し(たくさん同梱されているので便利ですね)、実際に装着してみると、予想通りの謎のフィット感(だから日本語おかしいって)です。某イヤホンをご存じない方は最初に装着するときにはちょっと驚くかもしれませんね(そんな人はこのイヤホン買わないかな)。
あ、ちなみに、左右を示す刻印などは一切ありません。「わかっておろうな」の世界です(笑)。
いや、私はよくわかってるんですが。この見た目重視の姿勢は大変素晴らしいです。



■音も良いぞ! 締まりのあるトリプルBAらしいサウンド


image見た目の美しさと、ユニバーサルイヤホンとは思えない抜群のフィット感をもたらす形状の「HCK DZC」ですが、さらに音質もいかにも3BAらしい良好なサウンドです。これまで多BAのイヤホンをいろいろ作ってきたHCKさんの手慣れた感じが伺える、とても堅実な仕上がりだと思いました。
音質傾向はほぼフラットのモニターサウンド。高音のシャリシャリ感はきちんと押さえながらも適度な「刺さり」があり、中低域との分離感も非常に良いです。低域もきちんとコントロールされており、無駄に広がることなく全体的に締まりのある音ですが、耳にフィットしたハウジングに適度に響くことで広がりのある音場感も演出できているようです。

●SE535LTDとの比較
毎度お馴染みのShure SE535LTDです。ずいぶん長く使っているので、すっかり耳が音を覚えているくらいになっています。無印SE535より多少低音が強調されていますが、それも含めどこまでもフラットで、再生しているDAPのAstell&Kern AK300の淡泊さとあわせて、職人のごとく正確に音を刻んでいく感じがします。まあ元来モニターイヤホンとはそういうものなので、当然と言えば当然なんですが。
imageいっぽうの「HCK DZC」はSE535LTDに比べると多少中域が聴きやすく感じます。また、高域の刺さりはSE535LTDのほうが多少強いかもしれません。とはいえ、DZCの高音は個人的に多少刺さるくらいがちょうど良いfripSideの曲が過剰にシャカシャカせず、適度に刺さってくれる感じでした。
SE535LTDに比べ「HCK DZC」は中低域にわずかな残響感があり音場を広げてくれる印象があります。そのためクラシックはよりホールのような臨場感があり、ジャズはウッドベースの響きがよりセッションの空気感を高めてくれます。この音場感によりHCK DZCはSE535LTDよりは僅かにボーカルが離れていますが、リスニングとしてはむしろ心地よく思えます。
屋外での利用でもSE535LTDはDAP側のS/Nが高ければ、自身の遮音性もあわせて澄み切ったような静寂の上にサウンドを乗せていきますが、「HCK DZC」の高いフィット感もかなり良い線を行っています。後日「HCK DZC」を新幹線でも使用してみようと思います。

●上海問屋3BA(PAI-MR3)との比較
以前購入した3BAイヤホンです。上海問屋の商品ですがPai audio製のユニバーサルシェルに3BAを搭載したモデルで実質的に同社の「PAI-MR3」と同じと思われるイヤホンです(そのため以降PAI-MR3とします)。
搭載BAドライバーはED29689+DTEC31323(Dual)で、DZCとかなり近い構造になっています。
image
同じケーブルを使用し、MMCXコネクタで本体をHCK DZCからPAI-MR3に交換して聴いてみます。中高域は同じED29689ですが、聴いてみると違いはかなりハッキリしていて、DZCと比較すると、PAI-MR3のほうがボーカルが少し遠く、高音の刺さりはほとんどありませんが同時に少し丸く聞こえます。低音は非常に良く出ていますが、DZCで聴いた後だと、多少の雑味を感じます。おそらくこの雑味はハウジングの共鳴が耳を伝わって感じるものなので、PAI-MR3もイヤーピースを変えるなどして調整すれば改善できる可能性があります。
いっぽう、DZCは中高域の分離感が高く低域は多少抑制されているように感じますが、響きのあるサウンドで量感的には同等に感じました。


■好みのカラーで気軽に使いたいイヤホン

557d4a13HCKさんのオリジナルのイヤホンは6BA以上などの多ドラ構成のすごいやつ、というのが私のなかのイメージでしたが、このようにシンプルで使いやすいイヤホンも素晴らしい仕上がりであらためて感心しました。耳にすっぽり収まるデザインなので、実際に装着すると、全く違和感がないというか全然目立ちません。なので実際に装着したときの見た目の派手さを求める向きのイヤホンではないと思います。
ただ好みのカラーが選べて、抜群の装着感とどの音楽にも合うサウンド、そして価格と、持ってて嬉しい、でも普段使いでも気軽に使えるイヤホンとして個人的には良い買い物をしたなと思っています。

プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。食べるのも好きなアラフィフの酔っ払い。東京と福井(鯖江)の自宅の二拠点生活も気付けば5年以上。普段は小さなIT企業の経営と営業とSEを細々とやってます。ポタオデは趣味で出張のお供。PC(?)遍歴にApple IIc とNeXTstation があるのがプチ自慢(^^;
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。









【Amazon Music HD / UltraHD対応まとめ】



最新記事
 


記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)
タグ絞り込み検索



購入イヤホン「好みランキング」



中華イヤホンケーブルまとめ(記事)









最新コメント












 
  • 累計: