bisonicr keep walking.

イヤホン・ポータブルオーディオ関係のネタを中心に書いています。ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。

Windows メディアサーバ機能を使う【Windows Home Server 2011活用編2】

このエントリーをはてなブックマークに追加
画像1
私のところのWHS2011サーバででファイルサーバの次に役割を果たしているのが「メディアサーバ機能」です。
 
ただし、マイクロソフトのDLNAサーバ機能はいわゆる「トランスコード」に対応していないため、基本的にはWindows Media Playerで標準で再生可能なファイル形式に制限されます。
コーデックを追加しても残念ながらメディアサーバ機能には影響しません(もともとトランスコードしないと再生側で対応できない、という理由もありますが)。

それでも、主要なAVI、MPEG2、MP4などの一般的な形式に加え、foltiaで録画したMPEG-2TSなどのTS形式の再生も問題なくできます。

そのため、福井でPC録画しているスカパー!プレミアムのTSファイルを外付けHDDで移動しサーバにコピーすることでPS3などのDLNAプレーヤーから視聴ができています。

PS3をプレイヤーとした場合、再生ができないのはDVDISOやMKVなどもともとトランスコードが必要なものに限定されるため、ほぼ支障はないと思っています。
というのも、サーバと同じ部屋でLAN上に繋がっているテレビから再生するのに、わざわざトランスコードで「変換」させ、品質を落とすのは個人的には好ましくない、と思っているため。
これらのフォーマットはPS3では再生せず、サーバにインストールした「XBMC」のメディアセンター機能で直接視聴するようにしています。
 

リモートデスクトップ接続【Windows Home Server 2011活用編1】

このエントリーをはてなブックマークに追加
画像6
PRIMERGY TX100 S3(3台目)にWindows Home Server 2011をインストールして数ヶ月が経過しました。現在では東京の部屋でのメインサーバとして大活躍しています。
OS領域(C:ドライブ)をSSD化したこともあり、サーバパフォーマンスは良好。ファイルサーバとしてだけでなく、いろいろな用途で活用しています。


■デスクトップ環境は「リモートデスクトップ接続」で
私のWHSサーバは、「XMBC」などメディアセンター的な利用も行っているため、HDMI出力が可能なビデオカードを装着しており、TVに接続しています。そのため、普段デスクトップ環境の操作はリモートデスクトップによるリモート操作をメインにしています。

要するにWindows Server 2008 R2と一緒なので、デスクトップOSと同様に管理モードでのリモートデスクトップ接続はふつうにできます。
それでも福井の自宅にもどったり、出張であちこちへ出かける関係上、 自分の部屋で常時稼働しているデスクトップ環境があるのは案外便利なものです。
rdc外出先の場合、部屋まではVPNで接続し、それからリモートデスクトップ接続でアクセスします。MacBook Airからの場合は、MS純正のRDC(Remote Desktop Connection)の他、CoRDが使いやすいので愛用しています。 

ここで、接続を切るときは「ログオフ」ではなく「切断」を使います。
そうすればログオン状態は維持されますので、アプリケーションを起動し作業中の状態でも、大きなファイルをダウンロード中でも作業は継続されます。次回同じユーザでログインすれば続きから作業ができますし、VNCなどのように画面を転送しているわけではないので、リモート側の解像度に最適化されます。 最近の回線速度であれば、リモートデスクトップ接続でも仮想デスクトップ環境に近い感覚で十分活用できます。


プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。食べるのも好きなアラフィフの酔っ払い。東京と福井(鯖江)の自宅の二拠点生活も気付けば5年以上。普段は小さなIT企業の経営と営業とSEを細々とやってます。ポタオデは趣味で出張のお供。PC(?)遍歴にApple IIc とNeXTstation があるのがプチ自慢(^^;
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。









【Amazon Music HD / UltraHD対応まとめ】



最新記事
 


記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)
タグ絞り込み検索



購入イヤホン「好みランキング」



中華イヤホンケーブルまとめ(記事)









最新コメント












 
  • 累計: