bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

「MEMT T5」 メタルハウジングと中低域サウンドが心地良いEarPodsタイプイヤホン【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
MEMT T5

東京では桜の季節のおわり、いっぽうでここ数年は平気だった花粉症が今年は飛散量が多いせいか復活気味のこの頃、そんな陽気は相変わらず気分にまかせてイヤホンやヘッドホンを次々とオーダーしまくる私にとっては危険なシーズンでもあります(笑)。

閑話休題、今回は「MEMT T5」というインナーイヤー型、というか「EarPods型」のイヤホンです。アマゾンでマーケットプレイスを展開する 「HRCASE」さんからのサンプル提供によるレビューとなります。
「EarPods型」というように、形状はAppleのiPhone等に付属する純正イヤホン「EarPods」と同じ、サイドの開口部から音が出ることでインナーイヤー型ながらよりダイレクトに耳穴にサウンドが伝わるデザインとなっています。いっぽう、「MEMT T5」はEarPodsとは異なり、ハウジングは金属製で持ち歩くときは左右のハウジングの背面部がマグネットでくっつけることができるなど結構個性的な要素もあります。HRCASEさんからの「MEMT T5」のアマゾンでの販売価格は 2,599円でインナーイヤー型としては標準的、またApple EarPodsの単品価格よりも低く抑えられています。
MEMT T5MEMT T5MEMT T5
また、本体カラーはブラック、ゴールド、シルバー、レッド、の4色が選択できます。
Amazon.co.jp(HRCASE): MEMT T5


MEMT T5」のパッケージは低価格のインナーイヤー型としては「かなりちゃんとした」印象です。
MEMT T5MEMT T5

内容は本体、布製収納ポーチ、シリコン製イヤーパッドが2種類、説明書など。
MEMT T5MEMT T5
あらかじめシリコン製イヤーパッド、特に耳に固定しやすい羽根付きタイプも付属しているところはとても有り難いですね。

MEMT T5」のイヤホン本体は上記の通り金属製のハウジングを採用。ビルドクオリティは非常に高く価格以上の高級感があります。
MEMT T5MEMT T5
装着部分のデザインは「EarPods」とほぼ同じなので多くの方が装着性で悩むことは少ないでしょう。
またシリコン製のイヤーパッドが付属しますが、付属品以外にもEarPod用のパッドなどはそのまま使用できるようですね。
MEMT T5MEMT T5
ケーブルはOFC線を採用しているとのことで、樹脂製の被膜で取り回しは良好。タッチノイズも少なめで全体的に好感が持てる仕上がりです。


■EarPodsに心地良い低域をプラス。聴きやすくいろいろ使えるリスニングイヤホン

MEMT T5EarPods型のイヤホンは音がサイドからでるため、耳の形状や装着位置の微調整によって特に音場感か大きく変化します。「MEMT T5」は金属製ハウジングと言うこともあって装着時に少し滑りやすいためシリコン製のイヤーパッドを装着し好みのポジションで固定しやすいようにすることをお勧めします。
きちんと装着した状態での音質傾向は解像度も一般的なレベルですが中低域寄りのフラット系サウンドで非常に聴きやすく、EarPod系の装着感の良さもあり長時間の利用でも疲れにくいのが特徴です。低域は量感があり音場も広め。構造上遮音性は高くないですが屋外の利用でも低域の不足を感じることは少ないと思います。ただ重低音というよりは軽めの低音で、その分ボーカルなどの中域の抜けが良くなっています。
高域については過激さはなく全体的に暖色系の音ですが、比較的近くに定位し明瞭感もあるサウンドなので普段カナル型を使うことが多い方でも違和感なく使えると思います。また純正のEarPod等で低域に不満を感じている方にも違和感なくサウンドをアップグレードできる存在だと思います。
MEMT T5MEMT T5
あと、私自身は音楽のリスニングはDAP(デジタルオーディオプレーヤー)の利用が中心でスマートフォン直挿し、という使い方はほぼしないのですが(スマートフォンに高音質オーディオアダプターを併用しての利用は結構あります)、いっぽうで「MEMT T5」のようなマイク付きのイヤホンは仕事柄MacBookに接続してWeb会議などで使用することが実は結構あります。このような利用シーンでは結構Appleの「EarPods」を普通に使っていたりするため、「MEMT T5」は適度なBGM & お仕事ツールとしてちょうどよいアップグレードになりそうです。

価格もお手頃で外見も格好良く、音質面のバランスも良好なイヤホンですので個人的には上記のような利用法で活用しつつ、全然オーディオマニアではない同僚や知人にオススメするイヤホンとしても良い選択肢のひとつかなと思いました。


「TFZLUX TEQUILA 1」 デザインもサウンドも従来のTFZとは一変した開放型「オトナ」イヤホン【購入レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
TFZLUX Tequila 1

私のブログでもたびたび紹介している中国「TFZ」(www.tfzither.com)の新イヤホン「TFZLUX TEQUILA 1」です。このイヤホンはTFZの従来製品とは異なり、「開放型」の構造となっています。また今回のモデルは従来の「TFZ(The Fragrant Zither)」ブランドではなく、「TFZLUX」という新しいブランドラインの製品と位置付けられており、さらに製品名に「テキーラ(Tequila)」を選ぶあたりにこのイヤホンがこれまでとは全く違うイメージを狙っているのがわかります。
TFZLUX中国語サイトのインタビュー記事などによると「TFZLUX」ブランドでは今後バッグやアクセサリー、ウォッチなどの製品も企画されているそうです。本レビュー記載時点ではまだアクセスできないパッケージ記載のブランドサイト(www.tfzlux.com)に近日中にこれらの製品も登場してくるのかもしれませんね。

私は「TEQUILA 1」を先日募集されたMassdropでのグループ購入でドロップしましたが、到着後本レビュー掲載のタイミングで国内正規版の販売も開始されました。中国AliExpress等では香港のPenon Audioなど限られたセラーのみの取り扱いとなっており、保証などを考慮すると今後購入される場合は国内版のほうが良いのではと思います。
Amazon.co.jp(国内正規品): TFZLUX(TFZ) TEQUILA 1

ちなみに、アマゾンでは並行輸入品も販売されているようです。そういえば昨年の冬のポタフェスに「TEQUILA 1」が参考出品された際は先日レビューした「TFZ KING PRO」と一緒だったのですが、なぜか「KING PRO」はまだ国内版は販売されておらず、「TEQUILA 1」のほうが先に開始しましたね。この2つではどう考えても「TEQUILA 1」のほうがマイナーなような・・・(^^;)。まあ販売サイドもいろいろ事情があるんでしょうね。
TEQUILA1_04TEQUILA1_05
なお、Penon Audioなどで購入できる海外版では、グリーン/レッド/ブルーの3色に加えレッド&ブルーの構成、さらにフェイスデザインもスパイダー柄とホイール柄が選択できます。もっとっもホイール柄はいわゆる「原子力施設(バイオハザード)のマーク」に見えなくもないためか、いまのところ日本ではスパイダー柄のみの販売のようですね。


■「KING PRO」同様の豪華版パッケージ。前衛的なデザインながら装着感は良好。

TFZLUXTFZ TEQUILA 1」は二重磁気回路(ダブルマグネティックサーキット)グラフェンドライバーを搭載しています。昨年のポタフェス参考出品時に8.9mmドライバーとの表記があり、並行輸入品などでは現在もそうなっていますが、国内正規版は「KING PRO」と同じ12mmドライバーとの記載になっています。ただ「TEQUILA 1」についてはPenon Audioなどの海外セラーやMassdropでの記載も「8.9mm」となっているため、もしかすると国内版の12mmのほうが誤りかもしれませんね(なお「KING PRO」はMassdropPenonも「12mm」との記載)。

到着した製品は「KING PRO」同様の豪華版パッケージとなっていますが、「KING PRO」のホワイトとは真逆のブラックのボックスで、前述の通り「TFZLUX」ブランドの製品となっています。
TFZLUX Tequila 1TFZLUX Tequila 1
裏面には中身のイヤホンのカラーおよびデザインがマーキングされています。
TFZLUX Tequila 1TFZLUX Tequila 1
今回は私は国内版では設定されていない「レッド&ブルー」のカラーで購入しました。
パッケージ構成はイヤホン本体、ケーブル、イヤホンケース、イヤーピース(2種類の各S/M/Lサイズと装着済みMサイズ、ウレタン1種類)、説明書など。
TFZLUX Tequila 1TFZLUX Tequila 1

TEQUILA 1」の本体は、CNC加工による削り出しのアルミ製ハウジングとなっており、ビルドクオリティも非常に高く、かつこれまでのTFZ製イヤホンとは一線を画したデザインも特徴的です。
この丸いデザインと本体の厚さから装着性は期待できないかも、と思いきや、ステムの絶妙な角度・長さと、ケーブル装着位置からうまい具合に耳穴にすっぽりと収まり、なかなか良好な装着感となっています。
TFZLUX Tequila 1TFZLUX Tequila 1
前述の通り「スパイダー」または「ホイール」(海外版のみ選択可能)のフェイスデザインの下には黒いメッシュで覆われており、さらにその下にスリット状のベント(抜け穴)が確認できます。
TFZLUX Tequila 1TFZLUX Tequila 1
また付属ケーブルは「KING PRO」と同様の0.78mm 2pin仕様の5N OFC線ケーブルですが本体側コネクタは「KING PRO」が「SERIES 2」などと同じ本体側の「でっぱり」を覆うような形状だったのに対し、「TEQUILA 1」では本体に合わせた形状となっています。
TFZLUX Tequila 1TFZLUX Tequila 1
イヤーピースおよびケースも「KING PRO」と同様のもので、本体装着済みの開口部の大きいMタイプ以外にイヤーピースは開口部の大きいタイプと小さいタイプがそれぞれS/M/Lの各サイズと白いウレタン製が1セットケースの中に入っています。ケースはTFZLUXロゴが貼られています。
TFZLUX Tequila 1TFZLUX Tequila 1
なお、「TEQUILA 1」は開放型のイヤホンのため、音漏れはそこそこしますので、屋外や静かな場所での利用は多少注意が必要です。


■TFZにはめずらしい低音の響きの良い暖色系フラットサウンド。ロックやジャズとの相性は良好。

TFZLUX TEQUILA 1」の周波数特性はフラット寄りですが、聴いた印象としては量感のある低域部分が非常に特徴的なイヤホンです。TFZの既存モデルでも特にポピュラーな「EXCLUSIVE KING」や「EXCLUSIVE 5」などのイメージで「TEQUILA 1」を聴くとかなり拍子抜けするかもしれません。
同様の12mmドライバーを使用している「KING PRO」がこれまでのTFZのサウンドを踏襲しつつ、非常にまとまりの良いフラットな音に仕上がっているのとは全く異なる印象で、「TFZLUX TEQUILA 1」はこれまでのTFZ製品とは全く異なる暖色系で濃いめの味付けとなっています。

TFZLUX Tequila 1確かに全体的にシャープで解像度の高いサウンドはTFZのグラフェンドライバーのそれですが、既存のTFZ製品は特に低域が十分な厚みがありつつ締りのあるソリッドな印象なのに対し、「TEQUILA 1」ではすこし膨らみのある他のTFZにはない独特の響きがあります。この低域の響きにより、これまでのTFZ製品ではあまりなかったライブハウスなどのグルーヴ感や空気感のようなものを感じるサウンドとなっています。また音場は曲によってはすこし狭いですがボーカルは比較的近くに定位します。
いっぽうで分離感や高域の抜けの良さは従来と比べると多少割り切っている部分で、アニソンやEDMなど高域成分の多い曲や中高域の音数の多い曲ではすこしうるさく感じる場合もあるようです。
この辺は同様にフラット傾向ながら非常にクリアで透明度の高いサウンドを実現している「KING PRO」とは対極的なセッティングといえるかもしれませんね。ただ高域の刺さりは「KING PRO」同様にほぼ皆無となっています(「TEQUILA 1」は音数が多いと少し気になるかもしれませんが)。
TFZLUX Tequila 1TFZLUX Tequila 1
全体として「TEQUILA 1」のサウンドは、低域の響きのよさと、高域の伸びはそこそこながら聴きやすい音にまとめられた、TFZとしては非常に珍しい暖色系のイヤホンだと思います。「EXCLUSIVE KING」や「EXCLUSIVE 5」などに代表されるこれまでのTFZのイヤホンが全体的に金属質な寒色系のサウンドでとてもソリッドな印象だったのとは対照的ですね。とはいえグラフェンドライバーによる立ち上がりの早いサウンドも健在ですのでロックなどにも向いています。


TFZLUX Tequila 1というわけで、「TFZLUX TEQUILA 1」はこれまでのTFZ製イヤホンのなかで最もモダンで前衛的なデザインをした製品ながら、そのサウンドはどこか「艶っぽさ」を感じるイヤホンだと感じました。
例えばBlue Noteレーベルのスタンダード曲や耳慣れた古いロックやポップスなどを聴いているとこのイヤホンの心地よさが最大限に発揮されるような気がします。「テキーラ」という名称のとおり、アルコールが似合う大人のイメージで、雰囲気のあるバーで愉しいひとときを過ごしているような、そんな雰囲気にもなるイヤホンです。
正直なところ音質傾向は好みは結構分かれるイヤホンですので、手放しでお勧めとは言い難い部分もあります。しかしながら製品としてのクオリティは非常に高い製品ですので、所有する満足度は十分にあると思います。特にジャズやクラシックを気持ちよく聴きたい方や、すでにTFZの製品を持っていて少し毛色の違うイヤホンも試したい、という方には良い製品ではないでしょうか。

とりあえず今回の製品は「TEQUILA 1」という名称ですので、今後「2」「3」ナンバリングされていく可能性もあります。このシリーズが本流のTFZとどう変化していくのか、そしてTFZ自身も今後どのように展開していくのか(まだ見ぬ「SERIES 7」など)、いろいろ興味と楽しみは尽きないところです。


プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。Apple好きのおっさん。食べるのも好き。普段のお仕事はIT屋。自宅は福井県ですが都内で単身赴任してます。ポタオデは趣味で出張のお供。美音系/モニター系の音が好みです。自宅ホームシアターもそろそろ改造したいな。
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。


記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)




最新コメント