bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

「Yinyoo」および「HiFiHear」の最新の低価格イヤホンケーブル5種類を購入しました【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Yiyoo cable

こんにちは。今回は中華イヤホンケーブルです。私のブログでもケーブルの紹介を始めてから気がつくと結構な種類を紹介しているのですが、凝りもせず新しいケーブルが発売するとつい買い増してしまいます。今回は7月~8月上旬に購入した「Yinyoo」および「HiFiHear」の比較的低価格のケーブル5種類をまとめて紹介します。

私のブログでの中華ケーブルのこれまでのレビューは以下の一覧を参照ください。
過去記事(一覧):中華イヤホンケーブルのレビュー

「Yinyoo」ブランドのケーブルは毎度お世話になっている中国のイヤホンセラー「Easy Earphones」と同社がアマゾンで同社が運営する「WTSUN Audio」より、「HiFiHear」ブランドはアマゾンの「HiFiHear Audio」より購入しました。どちらで購入の場合もEasy Earphones(@hulang9078)およびHiFiHear(@Qianqian_HRcase)のTwitterアカウントをフォローし最新の割引情報などをチェックしておくことをお勧めします。
またAliExpress(中国からの発送)での購入方法・フォロワー値引きの受け方はこちらを参照ください。Amazonではプライム扱いで国内発送となりますので注文後すぐに商品が届きますし、万が一の際もアマゾン経由での1年間の保証が受けられるので安心して購入できますね。


[ YYX4769 ] Yinyoo 8芯 OFC(高純度無酸素銅)アップグレードケーブル
Yinyoo 8 Core Copper Balanced Cable 2.5/3.5/4.4mm With MMCX/2pin Connector
Amazon.co.jp(WTSUN Audio) 2,950円〜 / AliExpress(Easy Earphones) $25.99
【 MMCX 】【 CIEM 2pin 】【 3.5mm 】【 2.5mm/4極 】【 4.4mm/5極 】
アマゾンでは現在購入時に上記価格より10%の割引が適用されます。
Yinyoo CableYinyoo CableYiyoo cable
Yinyooブランドで販売開始された最新の8芯純銅線ケーブル。すでに新しいタイプの8芯ケーブル(以下の「YYX4761」「YYX4762」など)のシリーズで、8芯純銅線はKinboofiより「KBF4759 8芯 高純度銅線ケーブル」が発売されていますが、さらに異なる線材でYinyooからも登場したことになります。ケーブル分岐部分のパーツ形状や価格設定をみるとHCKの8芯OFCケーブルをかなり意識した製品かな、という印象も受けますね。
Yinyoo CableYinyoo Cable
最近のYinyooブランドのケーブル同様とても柔らかく、さらに樹脂皮膜は若干のコシがあるため絡まりにくく使いまわしは良好です。低価格のケーブルですが結構太さはあり、前述のHCKの8芯ケーブルと比べると太さの違いは一目両全ですね。またKinboofiの8芯とは太さはほぼ同じですが線材は多少異なっているようです。
Yinyoo CableYinyoo Cable
新しい8芯純銅線の音質傾向は銅線らしくやや中低域寄りですが、イヤホンへの味付けは少ない印象で、さまざまな種類のイヤホンで利用できると思います。特にKZやTFZ、さらに最近数多く登場した「ZS6系イヤホン」などメリハリの強い傾向のイヤホンと組み合わせると「聴きやすくなる」方向で変化します。これらのイヤホンではかなり分かりやすく中低域の厚みが増し、解像度および分離性が向上します。KinboofiやHCKの純銅線ケーブルはどちらかというと「よりメリハリが強くなる」印象ですが(ZS6系イヤホンだと刺さりが増える)、こちらのケーブルは一般的なイヤホンの標準ケーブルと比較し低域の厚みが増すなど銅線らしい傾向とともに、刺さりもある程度抑えられ、全体的には雑味がとれて多少スッキリする印象もありました。そのため、高域の刺さりが気になる場合などに音質傾向やクオリティを落とさずに聴きやすくする、という意味で組み合わせるのも良いかもしれませんね。


[ YYX4762 ] Yinyoo 8芯 銀メッキケーブル(ブラウン/ブラック)
Yinyoo 8 Core Silver Plated Cable 2.5/3.5/4.4mm Balanced Cable With MMCX/2pin Connector
Amazon.co.jp(WTSUN Audio) 4,515円 / AliExpress(Easy Earphones) $37.34
【 MMCX 】【 CIEM 2pin 】【 3.5mm 】【 2.5mm/4極 】【 4.4mm/5極 】
アマゾンでは現在購入時に1,000円の割引が適用され、3,515円で購入が可能です。
Yinyoo CableYinyoo CableYinyoo Cable
ネット上ではそのカラーリングから「やきそばケーブル」とも呼ばれている8芯銀メッキ線ケーブルです。こちらは購入したのは約1か月前の7月中旬となります。Easy Earphonesが取り扱う新しいタイプの8芯線のうち「銀メッキ線」のタイプとなります。この「ブラウン/ブラック」のタイプに加え、下記の「YYX4761 8芯 銀メッキケーブル(イエロー/シルバー)」「HiF4760 8芯 銀メッキ銅線ケーブル(ミックス)」および「KBF4759 8芯 高純度銅線ケーブル」とは同じ系統の「兄弟ケーブル」的位置づけですね。
Yinyoo CableYinyoo Cable
中華ケーブルの銀メッキ線は以前から数多く販売されており、新しい8芯銀メッキ線も同様に柔らかく使い勝手の良い仕上がりですが、以前より樹脂皮膜はコシがありより絡まりにくく、取り回しが向上しています。
Yinyoo NY-06Yinyoo Cable
音質傾向としては以前のケーブルは中低域傾向が強く音質傾向的には味付けのないケーブルだったのに対し、こちらのケーブルはより「銀メッキ線」らしく、高域の解像度が向上し、明瞭感とあわせてイヤホンによってはキレが向上する傾向にあります。「ZS6系イヤホン」などの派手めのイヤホンではメリハリがさらに強調されかなりアグレッシブなサウンドになります。また全体的な情報量もアップするため低コストでイヤホンをグレードアップさせるのには最適なケーブルだと思います。


[ YYX4761 ] Yinyoo 8芯 銀メッキケーブル(イエロー/シルバー)
Yinyoo 8 Core Upgraded Silver Plated Earphone Blanced Cable With MMCX/2pin Connector
Amazon.co.jp(WTSUN Audio) 3,932円 / AliExpress(Easy Earphones) $35.00
【 MMCX 】【 CIEM 2pin 】【 3.5mm 】【 2.5mm/4極 】【 4.4mm/5極 】
※アマゾンでは現在購入時に600円の割引が適用され、3,315円で購入が可能です。
Yinyoo CableYinyoo CableYinyoo Cable
上記「YYX4762 8芯 銀メッキケーブル(ブラウン/ブラック)」と同じ8芯銀メッキ線ケーブルとなります。内容的にはカラーリングの違いだけのようですが、こちらのケーブルのほうが多少安価に設定されています。
Yinyoo CableYinyoo Cable
ケーブル自体は「YYX4762」のブラウン/ブラックのケーブルと同様の質感ですか黄金色のケーブルのため、見た目の印象として柔らかく感じますね。シルバーやブラックのイヤホンと合わせるとなかなか見栄えもよいケーブルです。
RevoNext QT3BQEYZ K2
音質傾向もYYX4762」と全く同じで、さまざまなイヤホンで解像度の向上、分離性・明瞭感のアップ、そして高域の伸びが良くなります。色の組み合わせだけでなく価格的にもよりお得ですので、イヤホンのカラーにあわせて組み合わせたいケーブルですね。


[ HiF4764 ] HiFiHear 6芯 銀メッキ アップグレードケーブル(シルバー)
Yinyoo 6 Core Upgraded Silver Plated Earphone Blanced Cable With MMCX/2pin Connector
Amazon.co.jp(HiFiHear Audio) 2,400円 / AliExpress(Easy Earphones) 
【 MMCX 】【 CIEM 2pin 】【 3.5mm 】【 2.5mm/4極 】【 4.4mm/5極 】
※アマゾンでは現在購入時に300円の割引が適用され、2,100円で購入が可能です。
HiFiHear CableHiFiHear CableHiFiHear Cable
「HiFiHear」ブランドで追加で販売された6芯銀メッキ線ケーブルです。現時点ではAliExpressでは販売しておらず、アマゾン限定の商品となりますね。過去にレビューした「YYX4753 6芯 純銅ケーブル」「KBF4758 6芯 銀メッキ線ケーブル(ブラック)」の兄弟ケーブル的位置づけですが、こちらのケーブルは透明被膜のシルバーカラーの仕様となっています。
HiFiHear CableHiFiHear Cable
こちらの6芯線ケーブルも新しい8芯ケーブル同様に柔らかく、少しコシがあることで使い勝手の良い仕上がりのケーブルとなっています。また8芯ケーブルほど明確な変化ではないものの、HiFiHearの6芯ケーブルはより「銀メッキ線」の傾向がはっきしした「高域の伸びをアップするタイプ」となっています。シルバーでどのイヤホンとも見た目の印象でも合わせやすく、音質面も低価格ながら全体的な明瞭感が向上します。バランスケーブルも含めとても低価格に設定されているため、低価格イヤホンとの組み合わせにも最適ですね。


[ HiF4760 ] HiFiHear 8芯 銀メッキ銅線 アップグレードケーブル(ミックス)
HiFiHear 8 Core Silver Plated Cable 2.5/3.5/4.4mm Balanced Cable With MMCX/2pin Connector
Amazon.co.jp(HiFiHear Audio) 3,150円〜 / AliExpress(Easy Earphones) $22.68
【 MMCX 】【 CIEM 2pin 】【 3.5mm 】【 2.5mm/4極 】【 4.4mm/5極 】
HiFiHear CableHiFiHear CableHiFiHear Cable
上記「HiF4764」と一緒に購入したミックス線ケーブルとなります。こちらはAmazonのHiFiHear Audioのほか、AliExpressでもEasy Earphones等で購入が可能です。上記の通り、「YYX4762 8芯 銀メッキケーブル(ブラウン/ブラック)」「YYX4761 8芯 銀メッキケーブル(イエロー/シルバー)」および「KBF4759 8芯 高純度銅線ケーブル」の兄弟ケーブルとなりますが、HiFiHear版は銀メッキ線と銅線のミックス線仕様となっています。
HiFiHear CableHiFiHear Cable
ミックス線は銅線の中低域が濃くなる傾向と、銀メッキ線の高域の伸びが良くなる傾向を併せ持つケーブルで、8芯となることでより情報量の多い、濃いめのケーブルとなります。基本的な傾向は「6芯銀メッキ線」と同様ですが、さらに分離感が向上し解像度が上がることでイヤホンによっては音場や響きに変化を実感できます。ミックス線というとメリハリが強まるケーブルが多いですが、このケーブルはKinboofiの8芯銅線などと比べても比較的穏やかで明瞭感を向上させるタイプのようです。


というわけで、今回は2千円台~3千円台で購入できる低価格イヤホンケーブルをまとめて紹介しました。先日よりレビューしている数多くの「ZS6系イヤホン」や、さらに「KZ AS10」など恐竜的進化がとまらないKZ製イヤホンなど、リケーブルをしたいイヤホンが次々と登場するなか、このように低価格で高品質なケーブルもどんどん登場してくれるのは有難いところです。ただ、私自身はケーブルばかり買いすぎてすっかりケーブル沼に落ちている感じがしますし、そもそもイヤホンとケーブルで「卵が先か、ニワトリが先か」状態になっているような気もしないではないんですけどね(^^;)。



Kinboofi 「KBF F60」 3DD構成とデザインが面白い! 響きの良い低域と聴きやすい中高域を両立した低価格中華イヤホン【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
KBF F60

こんにちは。今回はKinboofiのオリジナルイヤホンで独自の3DD構成が特徴的な「KBF F60」の紹介です。
このところ、私のブログでも多く取り上げている低価格中華イヤホンは凄まじい勢いで高音質・高性能、または高品質化しています。その影響で「ZS6系イヤホン」のように類似した製品が短期間で次々と登場していることもあり、いっぽうで「いかにも中華らしい変ったイヤホン」を最近あまり見かけないなぁ、というフラストレーションも少しだけあったりします。

そんななか、アマゾンのマーケットプレイスに出店している中国のイヤホンセラー「Kinboofi」 (いつもお世話になっています)から「3DDというかなり珍しい構成のイヤホンとして販売開始されたのが、今回紹介する「KBF F60」です。
KBF F60KBF F60
円形のハウジングにコンパクトな3個のダイナミックドライバーを搭載する「3DD」構成のイヤホンで、コネクタ部分にはMMCXを採用し、リケーブルも楽しめる仕様になっています。
フェイスパネル部分はハウジング内の3つのドライバーの印象そのままの、日本では太鼓や瓦などで古くから見るいわゆる「巴」(ともえ)柄のデザインになっています。そんなこともあり、一定以上の年齢の人からは「でんでん太鼓」を連想せずにはいられなかったり(^^;)。
KBF F60 でんでん太鼓

KBF F60」はアマゾンでの表示価格は2,699円と、とてもレアなイヤホンながら購入しやすい低価格におさえられています。また、カラーは「ゴールド」と「ブラック」の2種類があります。
KBF F60KBF F60
発売以降、話題性もありネット上でも好評であっという間に品切れになってしまいしました。次回入荷は9月頃と少し先になりそうです。今回買い逃した方はKinboofiのTwitterアカウント(@kinboofi)をこまめにチェックしてくださいね(^^)。
Amazon.co.jp(Kinboofi): KBF F60


■「でんでん太鼓」を思い出す個性的なデザイン。でも実は装着感もなかなか優秀。

到着したパッケージはKinboofiのロゴマークがプリントされており、同ブランドオリジナルのイヤホンとしてしっかり主張していますね。
KBF F60KBF F60

パッケージ構成はイヤホン本体、マイク付きのMMCXケーブル、イヤーピースが2種類で各サイズ(S/M/L)、イヤホンケース、保証書といった内容です。
KBF F60KBF F60

KBF F60」の本体はプラスチック製のハウジングで、半透明のブラックシェルから3個のダイナミックドライバーの存在が確認できます。
KBF F60KBF F60
サイズ的にも比較的コンパクトでこのような形状ですが装着感は実は結構良好です。ケーブルをまっすぐ垂らす通常の装着方法と耳掛け(いわゆるシュア掛け)のどちらの方法でも比較的しっかりと装着できます。
KBF F60KBF F60
付属するマイク付きMMCXケーブルは低価格の中華イヤホンではよく付いているタイプのケーブルで、取り回しは良いですが、樹脂被膜のクセが強く、なかなかまっすぐになってくれない点は仕方のない部分ですね。好みに応じてリケーブルするのがよいと思います。


■量感だけではない、スピーカーのような質の良い低域表現と、聴きやすい中高域が魅力的。

KBF F60KBF F60」の音質傾向は低域の厚い暖色系のサウンドです。3DDということで、かなりの「低音イヤホン」ということも予想したのですが、期待通りの厚みのある重低音は楽しめつつ、中高域、特にボーカルなどの中音域もしっかり表現しており、この価格帯のイヤホンとしてはかなり良いバランスに仕上がっていると思います。
KBF F60」のもっとも特徴的な低域は、非常に厚みのある音で、ドンドンドコドコといった感じではなく、しっかり響きのあるスピーカーで聴いているような表現力があります。音場は広く感じますが、正確な定位感というよりはホールのような奥行きを感じる響きのある音です。
イヤーピースを工夫し全体のフィット感を向上することで低域の印象をさらに堪能できるのではないかと思います。全体的にウォームで聴き疲れしない音なのですが、個人的には低域の感じをもっと味わおうと思わずボリュームをかなり大きめにしてしまい、結果的に耳に負担をかけてしまうことも(笑)。

KBF F60いっぽう高音域の伸びは抑え気味でハイハットなどは若干くすんだ感じの響きになりますが、中高域は低域による籠りもなく綺麗な印象で、ピアノや女性ボーカルの高音などもきちんと描写できています。曲によってはボーカルは少し下がって定位しますが、遠いというよりは立体的な印象という感じですね。ほとんどの曲では凹みはあまり感じないと思います。
価格的な点もあり、解像度や分離性はそれなりですが、トータルとしてはリスニングイヤホンとしてかなり良い仕上がりとなっているのではないでしょうか。古めのポップス、ロックなどのボーカル曲やジャズなどとの相性は良好です。全体的にウォームな音なので、逆にキレやスピード感を求めたり、高域にこだわりたい方には向きませんし、クラシック等も響きすぎる印象で合わない曲もあるかもしれません。またあくまで低価格の中華イヤホンですので、製造ロットによる不良品などに遭遇した方も残念ながらいらっしゃるようです。ただしアマゾン経由で万が一の場合の返品交換などもスムーズにできる点は安心感があると思います。

KBF F60また、「KBF F60」はMMCXコネクタを採用していますので、豊富な選択肢のなかからリケーブルが出来る点もメリットでしょう。もともと低価格なイヤホンですので、イヤホンより高価なケーブルにリケーブルするのは抵抗がある方も多いと思いますが、例えばKinboofiの「KBF4758 6芯 銀メッキ線ケーブル」(2,100円)など、バランス接続コネクタも選べる低価格ケーブルを組み合わせてみるのも良いと思います。また、少し上のグレードになりますが、Kinboofiの「KBF4759 8芯 純銅線ケーブル」(3,359円)も、本記事を掲載時点では1,000円引きのクーポンが出ていますので2,359円と他のケーブルとそれほど変らない価格で購入できるためかなりお買得かもしれまん(ちなみにKBF4758 6芯銀メッキ線も300円OFFのクーポンが出ています^^)。リケーブルにより取り回しが向上するだけでなく、音質的にも明瞭感が向上しお手軽に「KBF F60」をグレードアップできると思います。特に8芯線ケーブルではより分りやすいリケーブル効果が得られると思います。


Kinboofiは今年に入って同ブランドのイヤホンケーブルもなかなか好評ですが、イヤホンについても結構ツボを押さえた「当たり」の製品を出してくるようになったな、という印象があります。今後はさらにハイグレードなオリジナル製品の計画もツイートされていますし、同時に面白い中華イヤホンも積極的にアマゾンで販売していて、結構目が離せないセラーとなってきました。今後もどのような製品展開してくるのか楽しみにしたいと思います。


プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。気付けばアラフィフの酔っ払い(定期)。食べるのも好きな天秤座AB型。普段はIT屋で都内と自宅のある福井ほかあちこち出張するお仕事してます。ポタオデは趣味で出張のお供。長年のPC(?)遍歴にApple //c とNeXTstation があるのがプチ自慢(じじぃ)。
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。





記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)











最新コメント