bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

「audbos K5」 高音質2BA+2DDイヤホンで話題の3種類のケーブルにリケーブルしてみた【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
audbos K5

こんにちは。最近は1ヶ月間のレビュー数も増加傾向にあり書きかけのレビューもたまるいっぽうです。もともとは仕事の息抜きで始めたブログだったはずなのですが、不思議ですね(笑)。まあ、そんなにオーダーしなければいいんですけどね(^^;)。ほんと、最近の中華イヤホンの勢いはすごいですね~(←いいわけ

というわけで、今回は2回目の登場となる「audbos K5」です。今回はレビュー依頼での紹介となります。「audbos K5」は以前、私のブログでレビューしており、現在も多くのアクセスをいただいています。
→ 「audbos K5」 抜群の音場感とサウンドバランスが心地良い、死角なしの高音質2BA+2DDハイブリッドイヤホン【レビュー】
audbos K5
こちらの記事でも紹介しているとおり2BA+2DDタイプのハイブリットイヤホンとしては個人的にもかなり気に入っている製品ですので、改めてレビューできるのはとても嬉しいですね。

今回はいつもお世話になっているEasy Earphonesより、「audbos K5」のブラウンカラーのモデルをサンプル提供いただきました。
AliExpress(Easy Earphones): audbos K5
Amazon.co.jp(WTSUN Audio): audbos K5

価格はAliExpress(中国からの発送)が111ドル、アマゾン(国内アマゾン倉庫からプライム発送)が12,550円となります。アマゾンではすぐに届きますし、アマゾン経由での1年間の保証が受けられるので安心感が高いですね。またセールにより購入時に割引を受けられる可能性があります(本記事掲載時点でも購入時に1,551円引きになってるみたいです)。
またより低コストで購入したい場合はAliExpressでとなりますが、購入方法などはこちらを参照ください。こちらも購入方法に記載の「フォロワー値引き」「ブログ値引き」は適用されるはずですのでご活用ください。どちらの場合も、Easy EarphonesのTwitterアカウント(@hulang9078)では頻繁に割引情報などもツイートされますのでフォローのうえこまめにチェックされることをお勧めします。


■「MaGaosi K3 Pro」を引き継ぐ設計とサウンド

改めて、「audbos K5」ですが、2BA+2DDの構成を持つハイブリッドイヤホンとなります。メーカーの分解図によるとステム部分に2BAを実装し、ダイナミックドライバーはひとつのケースに二重化されたドライバーが収容されるタイプの、最近の中華イヤホンでも増えている「一体型2DD」仕様になります。
audbos K5audbos K5
前回のレビューでは「audbos」ブランドと「MaGaosi」ブランドとの関係性、特に「MaGaosi K3 Pro」との比較の視点ですこし深掘りをしました(詳しくはそちらのレビューをご覧ください)。また「audbos K5」と兄弟イヤホンと思われる「MaGaosi K3 Pro」など「K3」系列については、MaGaosiブランドでその後1BA+1DDの「MaGaosi K3 HD」(過去にレビューあり)となり、audbosブランドに移行後も「audbos K5」とほぼ同一の2BA+2DD構成となった「audbos DB04」がEasy Earphonesなどで販売されています。機会があれば「DB04」についてはレビューしてみたいですね。
audbos P4audbos DB04
また、「audbos」では他にも「audbos P4」という4BAのモデルがあります。ただし、このモデルは前回のレビュー後いろいろ確認した印象では「audbos K5」と同様のサウンドチューニングは行われていると思いますが、製品のまとめ方や傾向には割と違いがあり、開発チームや工場は異なる製品かな、という気がしています。この「P4」については現在のところ私のブログではレビュー予定はなく、代わりに同じ内部構成かつ同じ工場で作られたと思われる「Yinyoo H4」が手元に届いていますので、後日レビューを予定しています。

というわけで、このような系譜をもつ「audbos K5」ですが、今回はブラウンカラーのモデルとなり、さらに「つや有り」と「つや消し」の2パターンがあります。私の手元に届いたのは「つや有りブラウン」になりますが、現在選択できるのは「つや消し」ブラウンのみとなっているようです。
audbos K5audbos K5
引き出しタイプのパッケージ内にはサイズが大きめのレザーケースとイヤホン本体があります。
audbos K5audbos K5
本体以外にケースの中の内容物は、シルバーのMMCXケーブル(OCC線)、イヤーピースがシリコンとウレタンの各タイプのS/M/L各サイズ、日本語に対応した説明書・保証書、といった構成です。

audbos K5audbos K5
アルミ製の金属ハウジングは軽量でコンパクトにまとまっています。樹脂被膜のシルバーのケーブルは少し硬めですがタッチノイズなどはなく、使い回しも良好です。また大きめのレザーケースはリケーブルした場合などもそのまま収納できるので便利ですね。

audbos K5audbos K5
audbos K5」には「MaGaosi K3 Pro」「K3 HD」同様にシルバーとブラウンのノズルフィルターが付属しており、標準ではブラウンのフィルターが装着されています。シルバーのほうはメッシュの裏面に不織布が貼られた低域強調タイプでよほど低域好きの方以外は使用しない方がよいでしょう。そのため前回のシルバーモデルではフィルターと本体のカラーがちょっとミスマッチだったのですが、本体がブラウンとなることでフィルターと同系色になりました(^^)。


■独特の音場感が魅力のサウンド。リケーブルによる変化を確認してみる

audbos K5audbos K5」の音質傾向は比較的派手めの鮮やかさのあるサウンドながら周波数特性的にはフラット寄りにまとめられており、立体的にひろがる音場感が非常に特徴的です。この価格帯のリスニングイヤホンとしては非常に完成度が高く、オールラウンドにお勧めできる仕上がりだと思います。エージングによる変化はそれほど極端ではありませんが長時間のエージングにより低域の厚みが増す傾向は「MaGaosi K3 Pro」とも似ているかもしれませんね。
ハウジングが比較的コンパクトにまとめられているため装着性は良好ですので、付属のシリコンタイプイヤーピースでもサイズが合えばそれほど違和感はないと思います。また同じく付属のウレタンスポンジタイプは低域を強めたい場合を想定しているようです。デュアルBAドライバーを収容している関係でステム部分は太めのため、個人的にはAcoustuneの「AET07」や開口部が広いダブルフランジのイヤーピースなどに換えるとより相性が良いと感じました。

また標準ではシルバーのOCCケーブルが付属しますが、今回はリケーブルによる変化も確認してみたいと思います。

audbos K5まずは、登場以来ネット上でもかなり人気で私のレビューにも多くのアクセスをいただいている、OFC銅線とエナメル被膜銅線の8芯撚り線「YYX4744 8芯 OFC ケーブル」、いわゆる「キンバー風」ケーブルと呼ばれているケーブルと組み合わせてみます。このキンバー風ケーブルは銅線色のピンクブランのカラーリングのため、シルバーより今回のブラウンの「audbos K5」のほうがカラーリング的にはマッチしますね(^^)。
というわけで、さっそく「audbos K5」にキンバー風ケーブルにリケーブルすると、結構明確な音の変化を実感できます。まず音場はぐっと近づき、さらに同ケーブルの特徴である「上と下がすごく濃くなる」傾向がハッキリと現れます。もし駆動力があまり高くないDAP等で少し平坦さを感じるような場合には良い組み合わせだと思います。ただ、多くの方は「audbos K5」はもともと派手めのサウンドの印象だと思いますので、このケーブルの場合、曲によっては逆に特徴的な音場感が崩れてしまうと感じる事もあるかもしれません。この辺は好みで選んでいただく感じかなと思います。

audbos K5次に、同じくYinyooブランドの16芯ケーブルYYX4745 16芯 銀メッキOFC ケーブル」を組み合わせてみます。この16芯ケーブルはいわゆる「味付け」は少ないものの、とにかく情報量が多いケーブルで、アマゾンでも6,000円台から購入できるなど比較的低価格ながら、イヤホンのポテンシャルを最大限に引き出すという点ではコストパフォーマンスの高さは抜群だと思います。
そしてこの16芯ケーブルは「audbos K5」との組み合わせでも効果ははっきり現れます。ある程度DAP等の性能に依存するものの1枚空気の膜を取り除いたような明瞭感と解像度の向上を実感し、「audbos K5」の特徴的な音場感がよりいっそう広がりを感じるようになります。また高域の明瞭感もアップし伸びも向上します。「audbos K5」の個性を活かしたまま明確なグレードアップをしたい、という上ではもっとも最適な組み合わせかもしれませんね。

audbos K5そして最後に、つい最近レビューしたブラウンカラーの8芯「純銀線」ケーブルYYX4750 8芯 純銀 ケーブル」にリケーブルしてみます。この純銀線ケーブルはYinyooブランドのケーブルの中でも高価な部類のケーブルですのでアマゾンの価格では「audbos K5」本体より高いプライス設定となっています。純銀線は高域に特徴があるといわれますが、このブロンズ色のケーブルは8芯撚り線とすることで中低域の厚みも向上し「トータルでアグレッシブかつ濃厚になる」傾向にあります。「audbos K5」と合わせると、上記の16芯銀メッキ線同様に全体的に大幅な明瞭感の向上と解像度アップが行われますが、全体的に音が近く、3種類のケーブルの中で最も厚みを増した濃厚な音になります。以前紹介したホワイトシルバーの4芯純銀線のように極端に高域が過激に化ける、ということはありませんが、全体的にキレが増す感じとなるため、音数の多い曲や、ロック、メタルといったジャンルの曲との相性が良さそうですね。


audbos K5今回試した3種類のケーブルはどれもリケーブル効果がはっきり出やすいタイプのケーブルでしたが、どれもそれぞれのキャラクターをだしつつ「audbos K5」のサウンドをアレンジできた点がとても興味深かったですね。他にも「audbos K5」のオリジナルのサウンドを活かしつクオリティを向上し、あるいはバランス接続をしたいという場合には、いわゆる柔らかい銀メッキ線のなかでも新しいモデルの「YYX4742 4芯 銀メッキケーブル(銀箔系)」や「YYX4743 8芯 銀メッキケーブル(銀箔系)」などは価格も手ごろで良いのではと思います(私もシルバーの「audbos K5」で組み合わせて使っています)。

というわけで、リケーブルを中心に掘り下げた2回目の「audbos K5」のレビューですが、あらためてこのイヤホンの良さを実感しました。私自身も今後も普段使いのイヤホンとして活用していきたいなと思っています(^^)。


「HIFIMAN SUNDARA」 新開発の平面駆動ドライバーとシンプルで美しいフォルムが魅力的な最新ヘッドフォン【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
HIFIMAN SUNDARA

こんにちは。今回はHIFIMAN JAPANさんよりお借りした最新ヘッドフォン「HIFIMAN SUNDARA」の紹介です。

HIFIMAN」というと、私のブログではハイエンドイヤホンの「RE2000」と「RE800S」について購入&レビューを行っておりますが、やはり同社の主力商品と言えばハイグレードなヘッドフォン製品だと思います。特にHIFIMANのほとんどのヘッドフォンで採用されている「平面駆動ドライバー」は、かつては「超高級ヘッドフォン」のみで採用された方式でしたが、今回の「SUNDARA」も含め、最近では一般的なオーディオファンにも手が届く価格帯の製品が数多く登場しており、個人的にも嬉しい限りです。

HIFIMANでもHE400シリーズより、エントリークラスのモデルでも平面駆動ドライバーを採用し、HIFIMANブランドのヘッドフォンのユーザーを大きく拡大しました。そして今回、5月25日に国内販売を開始した「SUNDARA」はこの「HE400i」の後継機種的な位置づけになるかと思います。しかし「SUNDARA」は、HE400シリーズおよび上位機種のHE500シリーズ(「HE560」など)からリニューアルした本体デザインと新たに開発された平面駆動ドライバーを搭載し、全く新しいサウンドキャラクターをもった製品としてリリースされました。前述の通り、かつては希少だった数万円クラスの平面駆動式のヘッドフォンも現在はライバルが多く存在する中で、単なる後継モデルではなく、HIFIMANとして心機一転し、より多くのオーディオファンに訴えかけようという意図も「SUNDARA」という新しい製品名に込められているのかなと感じています。

HIFIMAN SUNDARA 

そんなHIFIMANとしてはかなり気合いがはいっていそうな新モデル「SUNDARA」は、国内販売価格は 54,000円 で販売されています。
Amazon.co.jp: HIFIMAN SUNDARA

海外での価格が$499ですから為替や税金などを考慮するとかなり良心的な設定といえるでしょう(同社の他の製品の国内価格設定でも同様のことがいえますね)。また、「SUNDARA」の価格ですが、同社の代表的モデル「Edition X V2」(148,000円)やハイエンドの「HE1000 V2」(398,000円)、「SUSVARA」(702,000円)といった製品の価格を見ているせいかもしれませんが(^^;)、個人的には割とお手頃感のある価格かな、と思っています。


■モダンでシンプルなデザイン、高級感のある新しいスタイリング

さて、今回発売したばかりで新品の「HIFIMAN SUNDARA」をレビュー用にお借りすることができました。
HIFIMAN SUNDARAHIFIMAN SUNDARA
HIFIMANの製品は「RE2000」「RE800J」のときも思いましたが、とにかくパッケージデザインが秀逸で、同社製ヘッドフォンとしては比較的低価格の「SUNDARA」でも手を抜いている感じは一切しません。
高級感のあるパッケージのなかには、「SUNDARA」本体とケーブル、イヤホンジャックの変換コネクタ、保証書、そして今回も「Owner's Guide」として詳細な説明書・ストーリーブック(英語)が付属します。
HIFIMAN SUNDARAHIFIMAN SUNDARA
SUNDARA」よりHE400シリーズ、HE500シリーズ等とは異なる全く新しいハウジングデザインが採用されており、よりシンプルでモダンなスタイリングになりました。新しくデザインされたヘッドバンドは側圧は普段使っているAKGやゼンハイザーのヘッドフォンよりは少し強めですが、感触の良いイヤーパッドはクッション性にも優れ、長時間の使用でもストレスを感じにくいバランスとなっています。またスライダーを伸ばせば頭の大きい方でも大抵は問題なく使用できる十分な長さが確保されています。
HIFIMAN SUNDARAHIFIMAN SUNDARA
私はHIFIMANのヘッドフォンとしては、同社がMassdropコラボした「Massdrop x HIFIMAN  HE4XX 」を最近購入したのですが、ハウジングやヘッドバンドなど比べると当然ながら圧倒的な質感の違いを感じます。ケーブルはハウジング接続部分が「HE4XX」が2.5mmに対して「SUNDARA」は3.5mmステレオミニと同じ大きさのコネクタになっており耐久性面でも向上しています。

また、イヤーパッドは上下左右の4カ所にプラスチック製のフックで固定されており、どこか1カ所をつまんで中央方向に軽く押し込むことで外すことができます。
SUNDARA」はメーカーの情報によると「HE400i」と比較し80%も薄型の平面振動板(ダイヤフラム)を採用しているとのことですが、手持ちの「HE4XX」と比較すると、ダイヤフラムの薄さだけでなく平面駆動ドライバーそのものの大きさもかなり違いがあることがわかります。
HIFIMAN SUNDARAHE4XX
「HE4XX」は「HE400i」など他のHE400シリーズと同サイズの平面振動板を採用していますが、「SUNDARA」はこれらのモデルより大幅に薄いダイヤフラムと大きくなったドライバーが採用されており、この点だけみても「SUNDARA」がHE400シリーズより劇的に進化を遂げていることが想像できますね。

なお、これは「HE4XX」でも採用されている点ですが、「SUNDARA」は「HE400i」のようにハウジングを軸部分で前後方向に回すことができないかわりに、イヤーパッドが四方で厚みが異なるデザインを採用し自然な装着感を実現しています。
HIFIMAN SUNDARAHIFIMAN SUNDARA
ちなみに「SUNDARA」のイヤーパッドのほうが「HE4XX」より耳に触れる部分のベロア素材がすこし高級なものを採用しているようですね。


■新開発の平面駆動ドライバーが生み出す、「らしさ」と「明瞭さ」を両立したサウンド

そして実際に「HIFIMAN SUNDARA」を聴いてまず感じたことは、「HE4XX」等と比較してよりモニターライクに「抜けの良いハッキリしたサウンド」に仕上がっているな、という印象でした。トータルとして完成度は非常に高く、まとまりのよいサウンドとなっています。

HIFIMAN SUNDARAちなみに、Massdropコラボの「HE4XX」は「HE400i」とほぼ同スペックのドライバーを専用のハウジングやヘッドバンドなどでパッケージングしたモデルですが、個人的にはより「HE400シリーズらしさ」がアップした音質傾向だと思っています。
このようにある意味「HE400シリーズの最終モデル」でもあり、もっとも「らしい」サウンドの「HE4XX」とは「SUNDARA」は非常に対照的で、「HE4XX」がとても緩やかで中音域をウォームに感じさせてくれるサウンドなのに対し、「SUNDARA」は解像度が高くスッキリとした描写でひとつひとつの音の表現も精緻で美しさと正確さを感じます。高域も「HE4XX」と比較すると伸びは良好で2つを比べると別のメーカーの製品のようにさえ感じるほどです。「SUNDARA」ではキラキラ感のある明瞭な高域ですが、曲によっては多少の刺さりを感じる場合があります。

SUNDARA」は「HE400シリーズ」同様にスマートフォン直挿しでも音量が取れる程度に鳴りやすく、ある程度駆動力のあるDAP(デジタルオーディオプレーヤー)であれば十分に実用的な音質で使用できると思います。それでもできれば小型のヘッドフォンアンプ(据置きまたはポータブル)等を併用するほうが望ましいと思います。駆動力・出力の違いにより中低域の印象が結構変化します。この環境では締まりが良く存在感のある低域と、しっかり分離して明瞭感のある中域とボーカルを感じる事ができると思います。
HIFIMAN SUNDARAHIFIMAN SUNDARA
また開放型らしく音抜けはとても良いいっぽうで、ボーカルなど中域が耳元付近で定位するため、音場は私が普段使っている「AKG K712 Pro」などと比較すると狭く感じます。もっともK712 Proは非常に解像度の高いモニターサウンドであると同時に広大な音場が特徴的なヘッドフォンですから、定位の仕方は「SUNDARA」とは対照的な存在かもしれませんね。

HIFIMAN SUNDARA「HE4XX」は決して解像度が高いヘッドフォンとはいえませんが、真空管アンプを通して古いアルバムなどを聴くととにかく気持ちよく音楽の楽しさを感じることができました。いっぽうの「SUNDARA」はむしろ音数の多いEDMやアニソンなどをハイレゾプレーヤーで聴いたりストリーミングの洋楽ヒットチャートを楽しむ上では抜群に相性の良さを感じます。
しかし、アコースティックな演奏曲のほか、音場表現が重要なクラシックなどはあまり向いていないようです。定番曲で私も音場の確認でよく試聴する「Pure2 Ultimate Cool Japan Jazz」(DSD64)の「届かない恋」を聴いてみると高音から低音までしっかり描写しているのですが空間表現が少しのっぺりとした印象となり「あまり得意じゃないんだな」と感じます。
ただし、「K712 Pro」等と比較すると、「SUNDARA」はモニターライクとはいえレコーディング品質があまり良くない古い音源なども気持ちよく聴ける(音源のアラが出にくい)という点で、「HE400シリーズ」同様、より「音楽を楽しむためのリスニング向けのヘッドフォン」としてまとめられている、と考えられるのではないかと思います。


■手持ちのオーディオで手軽にHIFIMANの平面駆動のサウンドが楽しめるヘッドフォン

HIFIMAN SUNDARAというわけで、「HIFIMAN SUNDARA」は従来の「HE400シリーズ」にあったリスニングヘッドフォンとしての「楽しさ」はしっかり踏襲しつつ、本体デザインに加え「平面駆動ドライバー」を一新し全体的なサウンドの大幅なクオリティアップを行うことでより高次元の「愉しさ」を実現した製品ではないかと思います。各社の優れた製品がひしめく価格帯で登場した「SUNDARA」ですが、同社の上位モデル的な要素を多少取り入れることで、とてもバランスの良いHIFIMANらしさを感じるモデルに仕上がったのではないかと思います。何より私も含め、同社の上位モデルを本来の実力でドライブするために必要な、ハイパワーで相応にグレードの高い、本格的な再生設備を持っていない大多数の人でも、「SUNDARA」ならHIFIMANのヘッドフォンサウンドを気軽に堪能できるのはとても有り難いことですね。すでに同社以外の数種類のヘッドフォンを使い分けている方に、「最初のHIFIMANヘッドフォン」としてもお勧めの製品だと感じました。


プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。Apple好きのおっさん。食べるのも好き。普段のお仕事はIT屋。自宅は福井県ですが都内で単身赴任してます。ポタオデは趣味で出張のお供。美音系/モニター系の音が好みです。自宅ホームシアターもそろそろ改造したいな。
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。




記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)








最新コメント