bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

「SENFER PT15」 気軽に楽しめるサウンドで使い勝手の良い低価格インナーイヤー形イヤホン【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
SENFER PT15

SENFER PT15」のレビューです。今回もアマゾンのマーケットプレイス「Kinboofi」 さんからのサンプル提供によるレビューとなります。

中国「SENFER」ブランドのイヤホンというと「UE」および「UEs」をはじめカナル型の製品を過去にいろいろ紹介していますが、同社製インナーイヤーは今回が初めてですね。とはいえ、MMCXコネクタに対応た金属製ハウジングは、過去に紹介した「4in1」や「DT2」(レビューしたのはDT2 Plusでしたが)を思い出します。

SENFER PT15」のアマゾンのマーケットプレイスでの販売価格は2,479円となっており、レビュー時点ではアマゾン倉庫よりプライム発送が可能になっています。
Amazon.co.jp(Kinboofi): SENFER PT15

届いた箱の中にはイヤホンケースと本体、MMCXケーブル、イヤーパッドが通常タイプと穴あきタイプが2種類ずつ。
SENFER PT15SENFER PT15

イヤホン本体は上記の通り金属製ハウジングで、2000円台のイヤホンとしてはかなりしっかりした作りとなっています。
SENFER PT15SENFER PT15
付属のMMCXケーブルはマイク付で、最近の低価格中華イヤホンでよく見かけるタイプです。「SENFER PT15」は金属ハウジングですが外周部が樹脂素材のためイヤーパッド無しでも装着には支障ありません。ただ音漏れなどの影響があるためドーナツ型の穴あきイヤーパッドを使用して装着したほうが良いようですね。

SENFER PT15SENFER PT15」は比較的以前から発売されているイヤホンでので海外も含めいくつか評価やレビューが見受けられますが結構意見が分かれているようにも見えます。ただ過去に購入したカナル型のSENFERのイヤホンは私のレビューでもおなじみKZのイヤホン同様に「前期」「後期」というようにロット時期によってかなり音が変化している(作りながら改善している)傾向があります。また長時間エージングでの鳴らし込みも効果が得られることが多い印象です。この経験からすると、「SENFER PT15」はすでに海外での発売から1年以上は経っており「改善するところがあれば十分に手を加えた後期型になっているはず」という可能性もありますので、以前のレビューは気にせず先入観無しで聴いてみたいと思います。
また今回も150時間程度のエージングを実施しました。エージング方法は私のブログでは毎度おなじみのApple Musicのランダムプレイリストのエンドレス再生です。


■というわけで聴いてみた。高解像度ながらBGMに最適な中高域メインのあっさりサウンド

手元に届いた「SENFER PT15」の周波数特性は中高域寄りのフラット傾向。インナーイヤー型のイヤホンとしては比較的珍しい音ではないかと思います。まったり聴いているとフラットなカナル型を使っているのかと錯覚するような、この価格帯のイヤホンとしては解像度も高めで非常に中高域を聴かせてくれるイヤホンです。

SENFER PT15エージング後の高域はいかにもグラフェン振動板のドライバーを採用しているという感じの、抜け良いクリアなサウンドを楽しめます。ただナチュラルに伸びると言うより少し金属質にキリッとした印象ですね。
刺さりは少なく聴きやすいいっぽうで高域の天井はそれほど高くない感じです。この辺は同社のカナル型2DDモデル「SENFER UE」の高域に近いかもしれませんね。ただ「UE」がかなり「低音イヤホン」なのに対して、「SENFER PT15」の低域は細く軽く、量的には少なめの印象。また反響音もさほど多くないことも上記の「カナル型のようなインナーイヤーぽくない音」と感じる理由かもしれません。
この辺をポジティブにとるかネガティブにとるかで多少評価が分かれそうな気がします。

音場の広さは平均的ですが上記のような特徴から曲によっては多少狭く感じる場合もあります。音漏れの関係もありますが、あまり大音量で使用すると雑味というか多少の歪みが出やすい傾向もあるようです。逆に音量を抑えめで聴くと中域のディテールが適度に表現され、かといって過度に主張する感じではない「あっさりサウンド」で、仕事のBGMなどの使用には最適だと思います。
 
SENFER PT15SENFER PT15」は低価格インナーイヤー型のレンジにありながら金属ハウジングのしっかりした作りで購入後の満足度も十分にあるイヤホンだと感じます。インピーダンス32Ω、感度120dB/mWの再生環境を選ばない鳴りやすさと、使いまわしの良いMMCX仕様ケーブルで使い勝手もよく、日常的なツールとして活用するのに最適です。アマゾンで販売しているKinboofiでは低価格のMMCX仕様の「BT2 Bluetoothケーブル」も販売しており、セットで購入して「Bluetoothイヤホン化」して使うのもアリではないかと思います。私もインナーイヤー型はイヤホンの付け外しを頻繁に行うオフィスでの利用に最適なので気軽なBGMイヤホンとして活用したいと思います。



「K's Earphone Ling Brass Cavirt」高級インナーイヤーのバランス接続モデルを聴いてみた【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
K's Earphone Ling Brass Cavirt

1月も中旬に近づいていますが、またまた遅ればせながら年末年始に届いたイヤホンのレビューです。今回は「K's earphone Ling Brass Cavirt」というインナーイヤー型イヤホンとなります。こちらは毎度お世話になっている中国のイヤホンセラー「Easy Earphones」からのレビュー依頼となります。

K's earphone Ling Brass CavirtK's earphone」はインナーイヤー型を専門に商品化している中国のイヤホンブランドですが、今回の「Ling Brass Cavirt」とさらに高価格の「Black Ling Brass Cavirt」は同社製品でも明らかに「高級」なグレードを狙ったモデルと言えるでしょう。
AliExpressのEasy Earphonesにて表示価格149ドル(3.5mmコネクタ)で販売されていますが、フォロワー値引きにて120ドルで購入することが可能です(2.5mmバランスコネクタの場合は多少高くなりますが同様の割引があります)。また購入時に「bisonicr」とメッセージを入れていただくだけでも値引き対象になります。AliExpressでの購入・割引方法を含め詳しくはこちらをご覧ください。
AliExpress(Easy Earphones):K's Earphone Ling Brass Cavirt

今回、私が提供を受けたのは表示価格で上記より50ドル高い価格設定になっている「2.5mmバランスケーブル」モデルになります。こちらの仕様での感想は「多少クセはあるもののトータルでは結構まとまっていているサウンド」という印象でした。


■真鍮製ハウジングは(質感も含めて)そのまんま「鈴」でした。

届いた製品は価格相応に高級感のあるしっかりしたボックスケースのパッケージでした。
K's earphone Ling Brass CavirtK's earphone Ling Brass Cavirt

構成はイヤホン本体とイヤーパッドが穴あきタイプが赤・白・黒の3セットと、通常タイプ(黒)が2セット。
K's earphone Ling Brass CavirtK's earphone Ling Brass Cavirt

イヤホン本体は大変美しいクロームメッキ仕上げで見た目は大変高級感があります。
ただ実際に手にしてみるとアルミ製品などの印象とは全く別の種類の「軽さ」を感じてすこしだけ拍子抜けします。本体の材質は真鍮(Brass)素材による金属製とのことですが、かなり薄く成型されているらしく、とても軽量です。試しに左右のハウジングを軽く接触させてみるとカチカチとした軽い音がして、印象としては、お守りとかに付いてた真鍮製の鈴の外側みたいな感じ?でしょうか。たぶんケーブルの方が本体より重量がありそうな印象です。と、思ったら製品名称も「Ling = 鈴」でしたね。「そんまんまかい!」と思わずツッコミをいれてしまいましたが、メーカー自身もそう思って作ってるなら、まあ仕方ないですね(^^;)。
K's earphone Ling Brass CavirtK's earphone Ling Brass Cavirt
ケーブルは、3.5mmコネクタのモデルは樹脂被膜の単線ケーブルのようですが、手元にある2.5mmバランスコネクタの場合手編みの撚り線ケーブルを採用しています。表示価格で3.5mmモデルと2.5mmモデルは50ドルほど差があるのですが、どうやらコネクタと言うよりこのケーブルの価格差のようです。

また、「Ling Brass Cavirt」の上位モデルにあたる「Black Ling Brass Cavirt」(黒真鍮モデル)はゴールドまたはシルバーの撚り線の仕様となっており、2.5mmモデルのケーブル品質としてはこの黒真鍮モデルに準ずるものになっているのではと思います。


■ドーナツイヤーパッドは必須かも。高級機らしい高音質ながら多少クセのあるサウンド

K's earphone Ling Brass CavirtK's earphone Ling Brass Cavirt」はクロームメッキ仕上げのメタルボディで、本体にLRなどの記載はありませんが、ケーブルの接続部分に1本ライン上の彫り込みがあるほうが右側になります(どこにも記載がないので念のため実際に鳴らして確認しました)。そして非常に美しいデザインなのは良いのですが、私の耳の形状ではイヤーパッド無しでは滑ってうまく固定することができませんでした。
以前試聴させて頂いた「MoonDrop Liebesleid」も似たようなメタルハウジングのイヤホンですが(というか今回の「Ling」もこのイヤホンの後追い商品のように思います)、そちらはイヤーパッドなしで装着できたので似て非なるという印象を改めて持ちました。
Ling Brass Cavirt」は「MoonDrop Liebesleid」より装着感としてはひとまわり小さい印象ですね。

K's earphone Ling Brass Cavirtまたイヤーパッドなしで装着しようとしたときにポジションによっては「ハコ鳴り」がひどく感じる場合がありました。またイヤーパッド無しではスイートスポットが見つけにくく、私の場合は、ドーナツ型(穴あきタイプ)のイヤーパッドを使用し、きちんとベストポジションに合わせる必要がありました。たぶんこのイヤホンはイヤーパッドは必須ではないかと思います。
なお「Ling Brass Cavirt」のインピーダンスは195Ω、感度は112dB/mWで抵抗の高さに対し、一方で感度も高くなっているため、iPhone等直結(私の場合2.5mm→3.5mm変換を使用)で真ん中くらいでちょうど良い音量が取れるように調整されているようです。

このように高い抵抗(インピーダンス)のわりに感度が良いイヤホンの場合、DAP(デジタルオーディオプレーヤー)やポータブルアンプ等の出力バランスによって音の印象が大きく変わる場合があります。今回の「Ling Brass Cavirt」もバランス接続だったこともあり、DAPの種類や曲によっては多少印象が変わる場合がありました。

K's earphone Ling Brass Cavirt穴あきイヤーパッドを使用し、実際に聴いた印象はグラフェン振動板を採用したイヤホンらしい、解像度が高くスピード感のあるサウンドで、インナーイヤーとしてはかなりメリハリの強い印象を受けます。いっぽうでドライバーと性質とメタルハウジングの効果か、全体的に金属質なサウンドですが、中高域の響きはちょっと軽い音にも感じました。「鈴の音」と言えば聞こえは良いですが、どちらかというと前述した左右を接触させたときの「カチカチ・カラカラ」という軽い音がそのまま反響音になった印象でしょうか。高音の伸びは非常にシャープに出ているのですが、高域成分の特定の音域に反響音と思われる雑味を感じるところが若干あります。
また使用するDAPによっては音量を上げるとわずかに歪みが発生する場合もありました。このようなケースでもシャリつきは少なく刺さりも一般的なレベルで収まってはいるのですが、この雑味の影響か、高域成分の多い曲ではちょっと聴き疲れをする印象を受けました。いっぽう低域は適度な音場感の広がりを感じつる締まりのあるサウンドですが、こちらもDAPによってはドラムなどの低域は重く沈み、音場も少し狭くなる印象があります。

K's earphone Ling Brass Cavirtただ、多少雑味はあるものの全体的なサウンドバランス自体はまとまっており高級モデルらしいイヤホンに仕上がっているとは思います。ただ、今回使用している2.5mmバランスモデルは表示価格で200ドル近くと決して安くはない価格ですので、その視点で辛めに評価するとまだまだツメの甘さを感じたり好みが分かれそうなのも事実です。もっとも、これで3.5mmモデルの120ドルという価格を前提に考えると好みによっては「結構アリ」という感じになります。両モデルのケーブルの違いでどの程度の音質差があるのか、あるいは個体差なども存在するのか、この辺は機会があれば追加で確認してみたいところですね。


ところで、インナーイヤー型のイヤホンは従来からの10ドル~20ドル程度のラインに有名無名の主要なモデルがひしめくいっぽうで最近は今回の「K's earphone Ling Brass Cavirt」のような高価格帯の製品も次々と登場しており、中間付近の価格帯の製品が非常に少ない、ちょっといびつな状況になっている気もします。
とはいえ今後このような製品に注目が集まることで、インナーイヤー型でも高価格帯の製品同士での切磋琢磨や淘汰が進むか、カナル型のように50ドル〜100ドル付近の製品が厚くなることで連動して高価格帯の底上げにつながる、といった製品の進化につながってくれるといいなと思います。


プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。Apple好きのおっさん。食べるのも好き。普段はIT系のお仕事。自宅は福井県ですが都内で単身赴任してます。ポタオデは趣味で出張のお供。美音系/モニター系の音が好みです。自宅ホームシアターもそろそろ改造したいな。
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。


記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)







最新コメント













Rakuten



成長因子