bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

[補足編] Kinboofi 「KBF MK6」(スイッチ付きモデル)での音質変化を確認。ボーカル向けのモードなど新しい一面を発見しました【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
KBF MK6(スイッチ付き)

こんにちは。先日レビューをした中国のイヤホンセラー「Kinboofi」オリジナルの6BAイヤホン「KBF MK6」についてですが、こちらの「スイッチ有り」モデルでの音質変化の仕様について確認をしていたところ、Kinboofiからのご厚意で「スイッチ有り」モデルを直接確認させてもらえることになりました。というわけで、前回のレビューの「補足編」として、「KBF MK6」(スイッチ付きモデル)での音質変化について紹介したいと思います。

というわけで、本レビューをご覧いただく前に、スイッチ無しモデルの「KBF MK6」のレビューもご一読願えればと思います。
Kinboofi 「KBF MK6」 好評のシリーズに6BAモデルが登場。明瞭な高域が魅力的な1ランク上の高音質マルチBA中華イヤホン【レビュー】

KBF MK6Kinboofiのオリジナルイヤホンというと、最近はスイッチの有無に加えカラバリも登場した4BA仕様の「KBF MK4」が、非常に評価が高く人気のあるモデルとなっています。
いっぽう、「KBF MK6」(スイッチなし)は「MK4」と比較し6BAにより中高域のグレードアップを行うと同時に、「スイッチなしモデル」ではかなり「高域強め」のチューニングとなりました。「MK4」より高域がかなり強く感じるチューニングとなったため、先日のレビューをご覧いただいた方からも、「KBF MK6」が「中低域寄りのサウンドバランスだったら・・・」という声もいただきました。また「スイッチ有りモデル」についての質問もいただいています。
そこでKinboofiに「質問も受けているしスイッチ付きの音の変化もレビューに追記したい」と連絡したところ、「それならば直接実機で確認してみてね♪」ということで、実際に「スイッチ有りモデル」を聴いてみることができました(さすがKinboofi、ありがたい限りです^^)。
実際に各モードを切り替えて聴いてみると、「KBF MK6」(スイッチ有りモデル)は6BAイヤホンとしてのキャラクターをしっかり活かしながら、スイッチによるモード変更で中低域に厚みを持たせるチューニングに変えることが可能でした。よりボーカルなどを楽しみたい方には「KBF MK6」(スイッチ有りモデル)はよりお勧めなイヤホンだと思います。

購入はアマゾンの「kinboofi」マーケットプレイスにて。「KBF MK6」(スイッチ有りモデル)は無しモデルより2,000円アップの 38,000円 で販売されています。
Amazon.co.jp(Kinboofi): KBF MK6(スイッチ有りモデル)

※現在Kinboofiでは「KBF MK6」の3,500円OFFクーポンが出ています。さらにキャンペーンで20,000円引きのキャンペーンが実施中ですので、購入時にクーポンおよびキャンペーンを適用することで 31,300円(スイッチなし)/33,300円(スイッチ有り)で購入が可能です。


■各スイッチは中低域を変化させる仕様。よりボーカル向けのサウンドにもチューニング可能でした。

KBF MK6」のスイッチ「有り」「なし」の両モデルはハウジングの大きさなど外観上の相違点は無く、側面のスイッチの有無だけが違いとなります。
KBF MK6(スイッチ付き)KBF MK6(スイッチ付き)
スイッチ有りモデルでは内部基板の位置がスイッチに合わせて少し横の方にずらして配置されているのが確認できます。
KBF MK6(スイッチ付き)KBF MK6(スイッチ付き)
スイッチの仕様についてKinboofiに確認したところ、どのスイッチがどのBAの抵抗を制御しているかなどの技術仕様は入手できなかったのですが、各スイッチで「KBF MK6」がどのようなチューニングになるか、という情報を入手することができました(下図)。
KBF MK6(スイッチ付き)
この情報を参考に実際に各モードでのサウンドの違いを確認してみました。今回はDAPにiBasso DX150、ケーブルは先日の「KBF MK6」のレビューでも紹介した「KBF4805 8芯 銀メッキと単結晶銅ミックスケーブル」を組み合わせています。再生環境によっては多少印象が変化する可能性もありますのでご了承ください。

KBF MK6(スイッチ付き)全体的な印象としてはSW1のON/OFFで中音域の印象がガラリと変化することもあり、SW1がONになる「①音圧感度」「②バランス」モードの2種類が「スイッチなし」モデルに似た相対的に高域が強く感じるサウンドに、SW1がOFFになる「③流行」「④ボーカル」モードが中音域がぐっと前に出るサウンドになります。
先日のレビューでも記載した通り、「KBF MK6」のドライバー構成は(高域)「Bellsing 30095×2、(中高域)「Knowles ED-29689」 ×1、(中低域)「DTEC-31116」(2BA) ×1 、(低域)「CI-22955」 ×1 の 4Way となっています。おそらく「スイッチ付きモデル」では高域(Bellsing 30095)と低域(Knowles 22955)の設定は変えず(スイッチでは変化せず)、中高域の「ED-29689」と中低域の「DTEC-31116」を制御する抵抗などに対してそれぞれON/OFFのスイッチを割り当てているのでは、と推測します。


① SW1-「ON」 / SW2-「ON」 :『音圧感度』モード
KBF MK6(モード①)「スイッチ付き」の「KBF MK6」が届いた際に最初から設定されているモードです。音質傾向的には「スイッチなし」モデルにもっとも近く、高域が強めのハッキリしたサウンド。
曲や再生環境によっては多少シャリ付き刺さりなどの刺激を感じる場合があります。中低域はわずかに離れて定位しますが情報量は多く1音1音をしっかり表現してくれる印象。ただし「MK4」と比べると分離性は非常に高い音ですが全体的にサッパリした音で、特に中高域、ボーカルなどは淡白な印象を持ちます。ハードロックなどの音源との相性は良いですがポップスなどのボーカル曲ではもう少し余韻が欲しいと感じる場合もあります。


② SW1-「ON」 / SW2- 「OFF」 : 『バランス』モード
KBF MK6(モード②)こちらはモード①よりさらに高域の印象が強く、4種類のなかでもかなりアグレッシブな高域メインのモードになります。そのため高域のシャリ付きなどの刺激は最も強く感じると思います。
各音域の分離性は高いものの高域成分の強い曲では中低域はより控えめに感じます。ただ全体的な分離性はモード①よりさらに高く全体的な明瞭感もより向上します。よりキラキラ感のある硬質なサウンドは高域好きな方には好まれそうです。また、モード①とモード②は再生環境や使用するケーブルで印象が変化しやすく、本体に付属する標準のケーブルの場合はこちらのモード②のほうがモード①より明瞭感のあるサウンドに感じました。


③ SW1- 「OFF」 / SW2- 「OFF」 :  『流行』モード
KBF MK6(モード③)4種類の中で最もボーカルと同時に低域が強くなるモード。ドンシャリ傾向を実感しやすくなります。いっぽうでSW1をOFFにするモード③、モード④では主にボーカルなどの中音域がSW1をONにした場合と比べてぐっと前に出て定位し、メリハリの効いたより濃い印象になるのが特徴的です。
両方のスイッチをONにしたモード①と比べて中低域の量感が増すため、音圧は高くなり、同時に高域の煌めきもしっかり感じるサウンドになります。ただ全体のバランスとしては高域はモード①やモード②ほど強くは感じず、刺さりなどの刺激もほとんど感じなくなります。
1音1音の分離性やサッパリした印象は薄れますが籠ることはなく、聴きごたえのある音になります。ただし音数の多い曲などではかなり派手めの音に感じるのではと思います。


④ SW1- 「OFF」 / SW2- 「ON」 : 『ボーカル』モード
KBF MK6(モード④)「ボーカル」というモード名称のとおり、中低域が持ち上げられ、ボーカル曲に最適化されたモード。モード③同様により近くで定位し、ボーカルの余韻もしっかり楽しめる濃い音になります。
モード①②と比べるとはっきりとボーカルの濃さに違いが出て別のイヤホンのような印象となります。
中高域はもっともスッキリした印象で高域も「KBF MK6」のキャラクターが変わらない程度に一定の存在感があり、低域は情報量が多くしっかりとした存在感がありますが重低音はモード①同様にやや浅め。中音域は余韻などの伸びも良くとても聴きごたえのある音です。個人的な印象としてはおそらく最もリスニング向きのバランスがこのモードではないかと思います。ポップスやアニソンなどにはやはりこのモードが最適です。


というわけで、「KBF MK6」(スイッチ有りモデル)は想像以上にモードごとにチューニングの変化が楽しめ、より魅力的なイヤホンであることを実感できました。スイッチ無しモデルとの比較では、「高域好きの方」はスイッチなしモデルを選択いただくとして、「KBF MK6」はとても気になっているけどもサウンドバランスを好みに寄せたい、と考えている方には「スイッチ有り」モデルは想像以上に音のバリエーションを楽しめる製品だと思います。


「KZ AS06」 今度のKZは3BA構成で渾身のサウンド実現。完全にクラスを超えた驚きの低価格中華イヤホン【レビュー/紹介編】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
KZ AS06

こんにちは。今回は「KZ AS06」、3BAタイプの低価格イヤホンの紹介です。このレビューを掲載時点では多くのショップでは発売前、またはプレセールの初回注文を受け付けている段階ですが、「L.Sオーディオ」さんでは先行オーダー販売を開始しており、今回ひと足早く入手することができました。そしてネット上ではすでに絶賛を含め非常に高い評価となっており、2019年以降も話題となるのは間違いなしと思われる、「オススメ低価格中華イヤホン」です。

KZ AS06今回の「KZ AS06」はKZで初めてとなる「3BA」仕様 のイヤホンで、今年後半に入ってKZがリリースした「AS10」「BA10」(ともに5BAモデル)に続いて登場した「普及モデル」的な位置づけの製品と思われます。
KZも「AS10」「BA10」から本格的に「マルチBA」イヤホンをラインナップしましたが、この5BA仕様の2モデルはそれまでハイブリッドが中心でダイナミックドライバーを搭載しないモデルは存在しなかったKZが初めて挑戦したある意味「テストマーケティング」的な要素を感じる製品でした(実際「AS10」「BA10」のアマゾンでの販売価格は「低価格イヤホン」の枠を超えており、気軽に手を出すには少し高くなっていました)。
しかし、「KZ AS06」はアマゾン価格でアンダー5千円クラスと、KZを低価格中華イヤホンのスペックリーダー的存在となり同社が中華イヤホンのトップブランドとしてマニアの間で広く認知されるようになった「ZS6」(2BA+2DD)や「ZS10」(4BA+1DD)などの人気モデルと比べても違和感のないレンジに収まっています。

KZ AS06ちなみに、私のブログではすっかりおなじみとなった低価格中華イヤホンの代表的ブランド「KZ」ですが、今年に入りさらに「低価格イヤホンの限界に挑戦」とばかりに以前とは異なるシリーズの製品を矢継ぎ早に投入してきました。もともと、KZは数年前、まだシングルまたはデュアルのダイナミックドライバー構成が普通だった時代に、高域ツイーター仕様のBA(バランスド・アーマチュア型)ドライバーを組み合わせた「ハイブリッド構成」を低価格イヤホンの市場に持ち込み、中華イヤホンのひとつの方向性を決定づけたメーカーのひとつだといえます。
現在のKZは、ハイブリッド仕様のイヤホンでは以前より安定した品質の製品をコンスタントに提供するようになり、かつてのように「個体差」などはあまり気にしなくてもよくなりました。だからこそ、あえてリスクをとってでも「AS10」「BA10」といったこれまでとは毛色の異なる「マルチBA」モデルを投入し、そこで得た経験を反映させリリースしたのが今回の「KZ AS06」といった感じかもしれませんね。

KZ AS06KZ AS06

KZ AS06」はすべてKZブランドのBAドライバーを搭載しており、メーカー表記によると、高域に「KZ 31005」、中域に「KZ 29689」、低域に「KZ 22955」とナンバリングされたユニットが使用されています。ミッドの「29689」とローの「22955」はそれぞれKnowlesの「ED-29689」「CI-22955」を彷彿される型番でKZとしても同様の位置づけのドライバーと捉えているのだと思います。ちなみに、「KZ AS06」の使用ユニットは5BAモデルの「AS10」「BA10」のドライバー構成から高域用ツイーターとしてKZイヤホンではお馴染みの「KZ30095」(×2基)を省いた内容となります。
KZ AS06KZ AS06
本体ハウジングの中では、ハイの「31005」とミッドの「29689」はステムノズル奥に垂直に配置され、ローの「22955」が横に倒した状態で取り付けられています。音導管にあたる部分は一体形成の樹脂パーツとなっています。
「AS10」では「ZS10」同様にフェイスプレートが各BAの出力を調整するネットワーク基板となっていましたが「KZ AS06」では小さな基板が本体内部に搭載されます。3BAの「KZ AS06」のインピーダンスは15Ωで5BAの「AS10」よりわずかに高く、この点からもAS10から高域BAを除くことにあわせて基板上の抵抗なども「KZ AS06」は異なった設定となっているのが想像できます。
KZ AS06KZ AS06

KZ AS06」のカラーは「ブラック」と「グリーン」が選択できます。今回は先行リリースされているアマゾンのマーケットプレイス「L.Sオーディオ」にてオーダーしました。アマゾンでの販売価格は 4,800円 (マイクなしモデル)です。
Amazon.co.jp(L.Sオーディオ): KZ AS06


■AS10と同じシェル形状ながらメタリックなフェイスプレートで格段にクールになった

KZ AS06」のパッケージは従来の白箱タイプではなく、豪華版タイプで、「AS10」「BA10」よりひとまわり小さいボックスに収納されています。
KZ AS06KZ AS06
パッケージ構成は、イヤホン本体、ケーブル(ブラウン)、イヤーピース(S/M/L)、説明書・保証書と、いつもの通り最小限の内容です。
KZ AS06KZ AS06

KZ AS06」のシェル形状は「AS10」と全く同じでハウジングから筒状のステムノズルが伸びる特徴的なデザインも同様に「AS10」を継承しています。
KZ AS06KZ AS06
「AS10」はネットワーク基盤がそのままフェイスデザインになっていたのに対し、「KZ AS06」は「6」がデザインされた金属プレートを配置したデザインになっていて、良い方向に見た目の印象も変化しています。また「KZ AS06」では2pinコネクタ部分の部品がこれまでのKZ製イヤホンの赤色から黒色に代わっており、全体的に落ち着いた見た目に合わせる配色となりました。
KZ AS06KZ AS06
KZ AS06」の装着性についても「AS10」同様で、ハウジングは縦に長くすこし大振りで装着性については問題なく取り付けられる方も多いと思いますが、いっぽうで本体が大きすぎたりステムが長すぎたりと耳に合わず、イヤーピースで調整する必要がある場合もあります。私はAcoustuneの「AET06」のようなダブルフランジタイプのイヤーピースを組み合わせています。


■完全にアンダー5千円のクラスを超えた、KZらしさをもった明瞭なマルチBAサウンド

KZ AS06」のサウンドは中低域寄りのドンシャリ傾向で、最近のKZ製ハイブリッドイヤホンの傾向に寄せている部分も感じますが、どうしても派手めの音の特徴になりがちなハイブリッドとは異なり、「低コスト」イヤホンの限界に挑戦するような、解像度や分離感を高めつつ全体的につながりも自然でかつ明瞭感もある「素性の良いBAイヤホン」にまとめられている印象です。
KZ AS06KZが初めて作った5BAイヤホンである「AS10」や「BA10」で感じた詰めの甘さは「KZ AS06」には全くありません。「BA10」はマルチBAとしての低域のアプローチがかなり個性的すぎてかなり好みが分かれるイヤホンでしたし、「AS10」は1万円以下の5BAイヤホンとしてかなり善戦していたものの、「KZらしいドンシャリ傾向の派手めの音」と「マルチBAらしい音」のバランスが今ひとつ「どっちつかず」という印象が拭えませんでした(また「AS10ガチャ」といわれた当たり外れのある個体差も問題でした)。
ところが今回の「KZ AS06」は間違いなく「ハイブリッドでは作れない」マルチBAらしい1音1音の明瞭感を感じるサウンドながら、BA特有の籠りもなく、同様に低価格なBAでありがちな中高域の歪みもほとんど感じない非常にスッキリした音にまとめられています。
もちろん全体的な解像度はKnowles製ドライバーなどを使用した数万円クラスの製品には及びませんが、5千円以下の製品でよくこのバランスにまとめたな、という出来の良さを感じます。

KZ AS06KZ AS06」の高域は明瞭感を感じるスッキリした音で、言い方を変えるとこれまでのKZのサウンドのなかでも特に「上品」さを感じる伸びの良さです。「ZS6」のような同社製ハイブリッドが「下品」と言われる場合も多い「派手に鳴らす」という印象の音とはかなり異なります。高域については「AS10」もKZの製品の中ではかなり良かったものの、やはり多少の派手さは感じたのに対し、「KZ AS06」の明るい音でスッと伸びていく感じは、もちろん数万円クラスの高級イヤホンには及びませんが、より高価格帯のイヤホンを思わず連想させる良さがあります。

中音域については切れの良いドンシャリ気味の傾向で、「AS10」と比べ少しだけ離れて定位します。また曲によっては少し凹みを感じると思います。しかし「AS10」がフラットながら厚みのある低域でBA特有の籠りを感じやすい部分もあったのに対し、「KZ AS06」は非常に透明感のある「ボーカル映え」する音で、むしろ自然に広がる音場感とあわせてとても心地よく聴けるのではと思います。
KZ AS06低域はBAイヤホンらしい低価格ハイブリッドにはない解像度の高さを感じます。どうしても曲によって籠りがちだった「AS10」やかなり癖の強いちょっとアプローチに疑問すら感じた響き方をする「BA10」とは一線を画し、「KZ AS06」ではとても自然なバランスにまとまっています。
ドライバーの構造上マルチBAイヤホンではもともと不得手とされる低域のクオリティは製品のグレードがとても出やすい部分ではありますが、「KZ AS06」は普通に聴いて良さを感じられるレベルには仕上がっていると思います。特に重低音の沈み込みはかなり良く、ある程度低域もしっかりしたBAイヤホンを希望される場合は、1万円オーバーの製品と比較してもよい選択肢となりそうです。
「AS10」が比較的アコースティックなサウンドと相性がよくジャズやクラシックなどを楽しく聴けたのに対し、「KZ AS06」はロック、ポップス、アニソンなどキレやスピード感のある曲との相性がよく感じます。またこれらの曲ではリケーブルによりさらに明瞭感がアップし楽しむことができそうです。


KZ AS06というわけで、「KZ AS06」を紹介しましたが、先日レビューした「KZ ZSN」といい、KZはより多くのターゲットを想定した「普及モデル」に焦点をあわせて開発しているようにも見えます。あえて「AS10」やもしかしたら「変態モデル」(笑)の「BA10」といったこれまでとはターゲットや価格帯の異なる製品でマニア層の反応を見ながら、今回の「KZ AS06」のようなより購入しやすい価格帯のモデルでサウンドを仕上げる戦略かもしれません。そういえばTFZあたりのメーカーも最近は似たアプローチをしていますね(^^;)。
とりあえず私自身もKZの思うツボ状態(笑)で、「KZ AS06」のカラーバリエーションもさっそくオーダーしてしまいました。しかしここまでネットでの評価が高くなると1万円オーバーの製品との比較も気になるところです。というわけで、リケーブルなどでの変化とあわせて、この辺の比較も後日改めてレビューをしたいと考えています。


    
プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。気付けばアラフィフの酔っ払い(定期)。食べるのも好きな天秤座AB型。普段はIT屋で都内と自宅のある福井ほかあちこち出張するお仕事してます。ポタオデは趣味で出張のお供。長年のPC(?)遍歴にApple //c とNeXTstation があるのがプチ自慢(じじぃ)。
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。








記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)






最新コメント