bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

「RevoNext RX8」 抜群のサウンドバランスが心地よい、2千円台で購入できる1BA+1DDハイブリッド低価格中華イヤホン【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
RevoNext RX8

こんにちは。とうとう10月に突入し、気がつけばとっくに夏も終わり今年もあと3ヶ月・・・。出張のなどで移動の多い仕事柄もあり、今年は「○○の秋」というより次々とやってくる大型台風や地震など、自然の脅威に振り回される季節という感じです(・_・)。

RevoNext RX8さてさて、そんななか、今回紹介するのは今年に入って登場した中華イヤホンブランド「RevoNext」の最新モデル「RevoNext RX8」です。
今回、8月末頃に先にAliExpressで「レッド」モデルをオーダーしていたのですが、どうやら「レッド」のみ出荷が遅れ、約1ヶ月後の9月末に届きました。そして先に届いた方々の評判の良さに待ちきれず、結局「ブルー」もアマゾンで購入した、という流れですが、「このサウンドなら全色カラバリ揃えるのもアリかな?」と思ってしまう(←ただの病気です)くらいの完成度でした。もちろん価格なりに妥協しているポイントはあるものの「限られたリソースの中での音作り」のバランスの良さが際立つサウンドで、個人的には最近の3千円以下の低価格イヤホンではかなりオススメできる製品だと思います。

RevoNext」ブランドでは、これまでいわゆる「ZS6系イヤホン」の先駆けともいえる「RevoNext QT2」(1BA+2DD)と高域強化モデルの「QT3」(2BA+2DD)をリリースしています。どちらのモデルも以前レビューを行っていますが、なかでも「RevoNext QT2」は中低域寄りのサウンドバランスと質の良い低域でマニアの間でも評価の高いイヤホンとなっています(「RevoNext」サイトには「QT2」「QT3」の赤いカラーバリエーションが掲載されていて、カラバリ病の私は早速すごく気になっていたり)。
RevoNextRevoNext
ちなみに米国での販売を意識してか「RevoNext」のサイトには同社のオフィスは米国で、製品デザインはスウェーデンで行っている、という記述になっています。とはいえ、英語ページでも実際の製品リンクをクリックすると結局は中国語ページに飛んだりします(笑)。個人的には中華イヤホンを数多く紹介しているためか、このような点もほほえましく思ってしまうわけですが(^^;)。

そして、今回、全く新しいデザインを採用した最新モデルが「RevoNext RX8」で、1BA+1DDのハイブリッド構成のエントリークラスのイヤホンとなります。1BA+1DDタイプのハイブリッドイヤホンは特に中華イヤホンでは「KZ ZST」以降非常に多くのモデルが販売されている、低価格イヤホンの「激戦区」ですが、「RevoNext RX8」では同社オリジナルデザインの樹脂製ハウジングを採用し、音質面にもこだわった作りとなっているそうです。
RevoNext RX8RevoNext RX8

カラーは、「ブラック」「クリアブラック」「ブルー」「レッド」の4色が選択可能です。
※アマゾン経由でもレッドを含む全色が購入可能になりました。
RevoNext RX8RevoNext RX8RevoNext RX8
購入はAliExpressの「Easy Earphones」、またはアマゾンの「WTSUN Audio」「HiFiHear Audio」にて。
価格はAliExpressで26ドル、アマゾンが 2,800円~ の価格設定となっています。アマゾン倉庫に在庫があれば発注後プライム扱いですぐに届きますし、アマゾン経由なら万が一の場合の保証も安心ですね。
Amazon.co.jp(WTSUN Audio): RevoNext RX8 2,999円 ※10/7までさらに購入時10%割引あり
Amazon.co.jp(HiFiHear Audio): RevoNext RX8 2,800円 ※現在購入時にさらに500円割引あり

いっぽう、中国からの発送となりますがAliExpressのEasy Earphonesでも購入可能です。AliExpressでの購入方法、割引適用方法はこちらを参照ください。
AliExpress(Easy Earphones): RevoNext RX8

なお、Easy Earphones(@hulang9078)およびWTSUN Audio(@Zhuo520X)、「HiFiHear Audio」(@Qianqian_HRcase)のTwitterアカウントでは割引情報等が頻繁にツイートされていますのでこまめにチェックされることをお勧めします。


■コンパクトで装着性のよいハウジングとカラフルなケーブル。見た目の印象も良好。

今回はアマゾンでブルーを、AliExpressでレッドをそれぞれオーダーしました。「RevoNext RX8」のパッケージはこれまでの「QT2」「QT3」同様にKZ風の白箱でそれぞれのモデルカラーごとのパッケージデザインとなっています。
RevoNext RX8 RevoNext RX8
RevoNext RX8 RevoNext RX8

パッケージを開封して最初の印象はどちらのカラーもとても落ち着いた色で好感が持てました。パッケージ内容は、イヤホン本体、ケーブル、イヤーピース(S/M/L)、説明書と、今回もシンプルな構成です。
RevoNext RX8 RevoNext RX8
RevoNext RX8 RevoNext RX8

プラスチック製のハウジングは比較的コンパクトにまとまっており、BAユニットが取付けられているステムは少し太めですが装着性は良好です。
RevoNext RX8RevoNext RX8
本体カラーは適度に派手さを抑えたカラーリングとなっていて、安っぽさをあまり感じないような仕上がりになっています。
RevoNext RX8RevoNext RX8
KZの同様のハイブリッドモデルと比較すると、よりコンパクトなサイズ感とあわせてハウジングの厚みもかなり抑えられているのがわかります。そのため、より耳に収まりやすい形状となっています。
RevoNext RX8RevoNext RX8

RevoNext RX8」では、本体のカラーリングをあわせたカラーのケーブルが付属しているのが特徴的ですね。「QT2」「QT3」のゴム状被膜のケーブルから、樹脂製被膜の撚り線タイプになりました。ケーブルを束ねるマジックテープや、分岐部分のスライダーも付いており、屋外などでの普段使いでの使い勝手も良いと思います。
RevoNext RX8RevoNext RX8
またコネクタは「QT2」「QT3」同様に0.78mmの2pinタイプとなっていますので、対応するケーブルにリケーブルも可能です。

■低価格イヤホンの範囲内ながら、抜群のチューニングにより絶妙なサウンドバランスを実現

RevoNext RX8RevoNext RX8」の音質傾向は弱ドンシャリで、「RevoNext QT2」で好評だった締まりのある低域の印象を継承しつつ、全体的にもかなり良好なチューニングが行われたサウンドです。もちろん3千円以下の価格設定ということもあり、解像度などは同価格帯の中華イヤホンと大きな差はないものの、中高域への分離感は非常に良く、存在感のある低域と同時に、非常にスッキリした印象の中音域と適度に伸びる高域のバランスがとれたサウンドです。開封直後は少し分離感が異なる場合がありますが、ある程度のエージングを行うことで高域および低域は落ち着いた感じとなり、全体的な分離感も向上します。
100時間程度エージングした「RevoNext RX8」の高域は、解像度はこの価格帯の中華ハイブリッドと同様の一般的なレベルですが、かなり気持ちよく伸びがある印象を受けます。中低域寄りの「QT2」同小用に刺さりはありませんがかなりコントロールされている印象の「QT2」に比べて、「RevoNext RX8」は心地良く自然に伸びていく感じですね。中音域は高域より前に出る印象のためボーカルなどは近く感じますが、低域とのバランスにより少し凹みを感じる場合もあります。ただエージング後は分離性が高くなるため全体的には聴きやすい印象となっています。音場は一般的で曲によっては少し狭く感じますが、「RevoNext RX8」は中高域を聴かせるためのアプローチの上手さを感じます。
そして低域はしっかりした量感のある音で、全体的に中低域寄りの音になっていますが、分離性の良さからモコモコとした感じにはならないようにチューニングされています。ただし2DDを搭載する「RevoNext QT2」と比べると沈み込みは少し浅く感じ、重低音の締まりにも差があります。
RevoNext RX8中高域に特徴のある「RevoNext RX8」では「低域の質」の部分で中低域寄りの「QT2」と比べ割り切っている印象も受けます。非常に質の良い低域が特徴的な「QT2」と、低価格イヤホンにおける制約内のリソースでチューニングを追い込むことで最適なサウンドバランスを得ている「RevoNext RX8」、という感じですね。
ボーカル曲との相性の良いタイプのイヤホンですので、ロック、ポップス、アニソンなどとの相性が良いです。低域に厚みがあるサウンドなので、屋外での利用にも向いていると思います。
また、イヤーピースは付属のものからAcoustuneの「AET07」やJVCの「スパイラルドット」等の開口部が広く装着性の高いイヤーピースに交換することで遮音性のともに低域の締まりが向上し、中高域がより心地良い印象となります。

RevoNext RX8また、「RevoNext RX8」は付属ケーブルでも十分にバランスの良さを感じますが、0.78mm 2pinコネクタを採用することでリケーブルによる変化も楽しめます。具体的にはHiFiHear「HiF4747 8芯 銀メッキ高純度銅ケーブル」やYinyoo「YYX4775 8芯 銀メッキ線&高純度銅線ケーブル」、または同じくYinyoo「YYX4762 8芯 銀メッキ銅線ケーブル(黒/茶)」のような比較的音質傾向のハッキリしたケーブルとの相性が良いようです。
これらのケーブルを使用すると低域の締まりが良くなり、よりスッキリとしたメリハリのあるサウンドが実感できるのではと思います。


「RevoNext」は現在のところ中低域に重点を置いたサウンドでより多くの人が受け入れやすいサウンドのイヤホンを作っているという印象があります。そして、そのアプローチは今回の「RevoNext RX8」を見ても結構成功しているのではと思います。とりあえず、音質的なバランスも良く、さまざまなシーンで使いやすい装着性やデザインをもち、3千円以下の価格設定となっている「RevoNext RX8」は、マニアだけでなく、オーディオに詳しくないようなより多くの方々にも広くオススメできるイヤホンではないかと思います。


Yinyoo/Kinboofi/HiFiHearの最新「16芯イヤホンケーブル」を今回もまとめ買いしてみました(YYX4778 / KBF4779 / HiF4780)【購入レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
image

こんにちは。気がつけば9月もあっという間に終わろうとしていますが、8月下旬からイヤホンもケーブルもかなりの勢いで新しいアイテムが登場していて、私自身も結構お腹いっぱい(その分出費はかさんでますが^^;)な月でした。とはいえまだまだ紹介し切れていないアイテムも多く、月末も書きかけのレビューを仕上げていこうと思います。

というわけで、今回はケーブルのレビューです。当初「10月編」として予告していた「Yinyoo」「Kinboofi」「HiFiHear」の新しい16芯ケーブル3種類の紹介です。最近はAliExpressでのオーダーでもチャイナポストの日本への発送が思ったより早く、今回購入したケーブルも予想より早く入手することが出来ました。また現在は3種類ともアマゾンでの購入も可能になっていますのでより手軽に入手できるようになっています。また「Kinboofi」の16芯(KBF4779)については別記事で既に紹介済みですが今回他の2種類との比較も兼ねて改めて記載します。

image今回紹介する3種類の「16芯 イヤホンケーブル」は既に「Yinyoo」「Kinboofi」「HiFiHear」から発売されていて私のブログでも紹介している16芯ケーブル(「YYX4745」「KBF4746」「HiF4747」)に追加されたモデルになります。最近は「8芯」ケーブルも低価格化が進んでいて3千円程度で比較的リケーブル効果の大きい製品も登場していますが、「16芯」となると製造コストも大きく跳ね上がることからまだまだ「高級なケーブル」という印象があります。そんななかこのシリーズの16芯ケーブルは通常時でも7千円程度、割引時だと5千円台からの購入も可能な「手の届きやすい価格設定」となっている点が魅力的です。もちろん音質面でも8芯ケーブルとは頭ひとつ抜けた情報量の多さが特徴的で、特に私のブログでも紹介頻度が増えている1万円オーバー、2万円オーバー以上の高音質中華イヤホンとの組み合わせには最適です。
→ 過去記事①: 「YYX4745」(および「HiF4747」) 16芯 銀メッキ銅線ケーブルのレビュー
→ 過去記事②: 「KBF4746」 16芯 銀メッキ銅線&高純度銅線ミックスケーブルのレビュー

また中華イヤホンに限らず、数万円クラスの有名メーカーのイヤホンを使用されている方のリケーブル用途でも十分に実力を発揮できる「利用範囲の広い」ケーブルだと思います。

購入はいつもお世話になっている中国のイヤホンセラーで、中国からの発送の場合はAliExpressの「Easy Earphones」(@hulang9078)より、アマゾンから(国内発送)はケーブルごとに「WTSUN Audio」(@Zhuo520X)、「KInboofi」(@kinboofi)、「HiFiHear Audio」(@Qianqian_HRcase)となります。AliExpressでの購入方法、割引(フォロワー値引き)についてはこちらを参照ください。
また各セラーのTwitterアカウントでは頻繁に割引情報や新製品情報がツイートされますのでフォローのうえこまめにチェックされることをお勧めします。


[ YYX4778 ] Yinyoo 16芯 銀メッキ銅線 OFC  アップグレードケーブル(ブラック)
Yinyoo 16 Core Silver Plated Cable 2.5/3.5/4.4mm Balanced Cable With MMCX/2pin Connector (Black)
【 MMCX 】【 CIEM 2pin 】【 3.5mm 】【 2.5mm/4極 】【 4.4mm/5極 】
※アマゾンでは現在このケーブルで2,000円OFFのクーポンが利用でき 5,202円 で購入が可能です。

YYX4778YYX4778YYX4778
「Yinyoo」ブランドの新しい16芯ケーブルは、既に販売されている「YYX4745」同様のOFC(高純度無酸素銅線)を使用した銀メッキ線ケーブルとなります。シルバーの「YYX4745」が透明の被膜だったのに対し、今回の「YYX4778」ではブラックの被膜となりました。
YYX4778YYX4778
「YYX4778」はこれまでの同シリーズの16芯ケーブル同様に非常に柔らかくしなやかで細めの線材がしっかり編み込まれています。「YYX4745」と比較してみると線材の太さなどはほぼ同じですがブラックの被膜がほんの僅か厚くなってるようにも見えますね。また「YYX4778」ではプラグやケーブル分岐部分の部品が「YYX4745」の中華ケーブルでは多く使われる汎用品から現在のYinyooブランドで使用されているタイプに変更になりました。これにあわせて「YYX4778」では大きめのケーブルスライダーがついています。スライダーでしっかりケーブルを固定したい方には嬉しい配慮ですね。
YYX4778YYX4778
そして実際に聴いてみた印象ですが、同じ16芯で単なる色違いかと思いきや結構音の印象の異なるケーブルでした。従来の16芯銀メッキ線のYinyoo「YYX4745」とHiFiHear「HiF4747」は味付けがほぼ皆無で情報量の多さでイヤホンの特徴を大幅に引き出すタイプのケーブルでしたが、今回の「YYX4778」は銀メッキ線らしく高域の伸びが少し向上するのがわかる味付けになっています。
YYX4778印象としては全体の情報量はどちらも同等レベルですが、「YYX4745」(および「HiF4747」)が全域にわたって解像度を底上げしている印象なのに対して、「YYX4778」は全体的に情報量を増やしつつ特に中高域の伸びをよくしている印象があります。そのためもともと高域の強いイヤホンではすこし派手な音になる可能性がありますが、一般的には音の濃度が少しあがったように感じるのではないかと思います。とはいえ、最近の3千円クラスの8芯ケーブルで多くなっているメリハリの強いタイプではなくあくまで自然に情報量を上げるタイプのケーブルのため、イヤホン自体にある程度のポテンシャルがあることが求められます。
ある程度のグレードのイヤホンとの組み合わせで、イヤホン自身のキャラクターを活かしつつ、より伸びのあるサウンドにしたい場合には最適なケーブルではないかと思います。


[ KBF4779 ] Kinboofi 16芯 高純度銅線 アップグレードケーブル
Kinboofi 16 Core Pure Copper Upgraded Cable 2.5/3.5/4.4mm Balanced Cable With MMCX/2pin Connector
【 MMCX 】【 CIEM 2pin 】【 3.5mm 】【 2.5mm/4極 】【 4.4mm/5極 】
※アマゾンでは現在このケーブルで1,500円OFFのクーポンが利用でき 5,200円 で購入が可能です。

KBF4779KBF4779KBF4779
次に先日も紹介した「KBF4779」は、新しい線材を採用した、16芯の「高純度銅線」ケーブルとなります。これまでは銀メッキ線とミックス線でしたので、16芯のシリーズにより組み合わせやすい「高純度銅線」ケーブルが加わったのは有り難いところです。OFC(高純度無酸素銅)線は多くのイヤホンの付属ケーブルで採用されている線材のため、イヤホンの個性を変えずにサウンドをアップグレードしたい場合に選びやすいケーブルです。
KBF4779KBF4779
「KBF4779」ケーブルは高純度銅線を透明な被膜で覆った線材を丁寧に編み込んでいます。これまで同様に非常に柔らかく、取り回しも良好です。プラグ部分およびケーブル分岐の部品は「YYX4778」同様、Kinboofiの新しいタイプを採用しています。透明なケーブルスライダーは丸い形状で大きさもあるため、しっかり固定したい人には使いやすいと思います。
KBF4779KBF4779
「KBF4779」は銅線ケーブルにありがちな低域を強化したりメリハリを強めるなどのタイプとは異なり、味付けはほとんどない、あくまで自然にサウンドクオリティを向上させるタイプのケーブルです。そのため、ある程度ハイグレードの音場表現に優れた高音質イヤホンとの組み合わせにより、ポテンシャルを引き出すのに最適だと思います。

KBF MK4特にマルチBAのイヤホンとの相性が良く雑味を取り除いたようなスッキリした印象と中音域がより自然に前に出るような音場感を感じることが出来ます。このようなイヤホンと組み合わせる際には同様の傾向を持つ「YYX4745」(および「HiF4747」)同様に最適な組み合わせになると思います。
既存の16芯銀メッキ線ケーブルである「YYX4745」「HiF4747」との比較では「KBF4779」のほうがよりナチュラルな印象を受けます。どちらも味付けは無いものの、解像度を一気に底上げする印象のある「YYX4745」「HiF4747」はより音にエッジが立つ印象があります。そのため、もともとキレのあるサウンドのイヤホンの場合は「KBF4779」のほうが自然な印象になるのではと思います。
いっぽうでKZなどの低価格ハイブリッドなどの派手な音質傾向のイヤホンの場合、すこしぼやけたような緩めの音に感じるため、これらのイヤホンは最近増えている3千円程度のよりメリハリのあるケーブルのほうが相性が良いでしょう。ただこれは他の16芯ケーブルにも言えることですので、組み合わせるイヤホンのキャラクターと価格帯にあわせてケーブルも選びたいところです。


[ HiF4780 ] HiFiHear 16芯 銀メッキ銅線 OFC  アップグレードケーブル(ブラウン)
HiFiHear 16 Core Silver Plated Cable 2.5/3.5/4.4mm Balanced Cable With MMCX/2pin Connector (Brown)
【 MMCX 】【 CIEM 2pin 】【 3.5mm 】【 2.5mm/4極 】【 4.4mm/5極 】
※アマゾンでは現在このケーブルを購入時に1,000円の割引が適用され 5,900円 で購入が可能です。

HiF4780HiF4780HiF4780
最後に紹介するのは「HiFiHear」ブランドの16芯ケーブル「HiF4780」です。被膜のカラーリングはブラウンですが「YYX4778」同様の銀メッキ銅線のケーブルだと思われます。
※アマゾンのHiFiHearの表記では「銀メッキ線」との記述はありませんが、後述の通り「YYX4778」のカラーバリエーションのケーブルと考えられますので、「KBF4779」と区別する意味もあって「YYX4778」の銀メッキ線の表記にあわせています(AliExpressでは「Silver Plated Cable」という表記になっています)。
すでに同ブランドより販売されているイエロー/シルバーのミックスカラーの「HiF4746」と比べて。とても落ち着いたカラーリングのため、より多くのイヤホンと組み合わせやすいケーブルだと思います。
HiF4780HiF4780
今回アマゾンで発売前にAliExpressで購入したため「Yinyoo」ロゴの袋で届いてますが、アマゾンで購入した場合は「HiFiHear」ロゴの袋と保証書が入っています。金属製のプラグおよび分岐部分の部品は最近の同ブランドのケーブルで採用されているタイプになっています。質感は他の16芯ケーブル同様に柔らかく、使いやすくしなやかなケーブルです。こちらも「YYX4778」同様に着色された樹脂被膜で覆われた細めの線材が丁寧に編み込まれています。

HiF4780音質傾向はブラック16芯銀メッキケーブルの「YYX4778」とほぼ同じ印象で、両者の違いはカラーリングのみと考えて良さそうです。Kinoofiの銅線ケーブル「KBF4779」はマルチBAイヤホンとの相性が良好でしたが、少しメリハリのある銀メッキ線となった「HiF4780」および「YYX4778」は、高音質なシングルダイナミック型のイヤホンやハイブリッドイヤホンとの相性も良好です。この16芯ケーブルのシリーズではもっともメリハリのあるミックス線ケーブル「KBF4746」と比べると情報量は遜色なく、多少自然な印象を受けるバランスとなっています。いっぽうで高域の伸びは比較的明瞭に向上しますので、数万円クラスのイヤホンやある程度の価格帯の中華イヤホンで、全体的なメリハリを高めたい場合は「KBF4746」(16芯ミックスケーブル)、高域の伸びをよくしたい場合は「HiF4780」および「YYX4778」(16芯銀メッキ線・ブラウンまたはブラック)という選び方かなと思いました。


imageということで、今回の新しい16芯ケーブルは単なるカラバリの増加だけではない、より多彩な選択肢を得ることができるラインナップの強化でした。中華イヤホンも以前の格安の製品より高スペック化、高音質化への進化が留まることを知らず、それとあわせてより高級化も進んでいます。実際Easy Earphonesでは300ドル超えの中華イヤホンケーブルとは思えないような「ハイエンドなケーブル」も一斉に発売するなど、ケーブルの方も同様に高級化が始まっているようです。
そんななか、今回紹介した16芯ケーブルのシリーズはそれなりのグレードのイヤホンとも組み合わせやすいスペックと品質を持ちながらも購入しやすい価格帯を維持しており、実に「ちょうど良い」ケーブルだと思っていますので、たぶん今後も買い増しをして色々なイヤホンで使いたいなと思っています。


なお、今回紹介した各ケーブルはアマゾンでは1000円~のディスカウントが適用されていますが、既存の16芯ケーブルについても同様の値引きとなるクーポンが現在発行されていました。
本文中にも記載のとおりシルバーの「YYX4745」とイエローの「HiF4747」はイヤホンの味付けはなく情報量および解像度を一気に向上させるタイプ、そして継続して人気のあるミックス線「KBF4746」はイヤホンのポテンシャルを引き出しながらよりメリハリのある濃いめの音にするケーブルですね。

「YYX4745」 16芯 銀メッキ銅線 OFC ケーブル 1,000円OFFクーポンで実質 5,900円
「KBF4746」 16芯 銀メッキ線&銅線ミックスケーブル 1,000円OFFクーポンで実質 5,800円
「HiF4747」 16芯 銀メッキ銅線 ケーブル(イエロー) 1,000円OFFクーポンで実質 5,700円

今回のケーブルを含めて組み合わせるイヤホンとの相性でカラー、線材を選んでみるのも楽しいのではと思います(^^)。



プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。気付けばアラフィフの酔っ払い(定期)。食べるのも好きな天秤座AB型。普段はIT屋で都内と自宅のある福井ほかあちこち出張するお仕事してます。ポタオデは趣味で出張のお供。長年のPC(?)遍歴にApple //c とNeXTstation があるのがプチ自慢(じじぃ)。
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。





記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)






最新コメント