bisonicr keep walking.

イヤホン・ポータブルオーディオ関係のネタを中心に書いています。ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。

「TRN T200」 QCC3020搭載aptX/AAC対応TWSで「1BA+1DDハイブリッド」。5千円台のTRNらしいコスパ抜群の中華ワイヤレスイヤホン【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加
TRN T200

こんにちは。今回は「TRN T200」、中国のイヤホンブランド「TRN」初の完全ワイヤレス(TWS)イヤホンの紹介です。最近のTRNの製品は先日レビューした「TRN V90」などかなり「当たり」の製品が多く、またワイヤレスでも2pin/MMCXコネクタのイヤホンを完全ワイヤレス化する「TRN BT20S」など非常に優れた製品をリリースしていることもあり、今回の「TRN T200」も早速自身で購入してみました。

TRN T200TRN T200
TRN T200」は見た目は一般的な中華ワイヤレスとさほど違いを感じませんが、多くのTWS製品が6mmのシングルダイナミック構成なのに対し、「TRN T200」では同様のサイズのハウジング内に同社の有線イヤホンと遜色ない「1BA+1DD」のハイブリッド構成を搭載。さらにチップセットもQualcommの「QCC3020」を搭載し、「aptX」「AAC」コーデックや「CVC8.0」の通話ノイズキャンセリングに対応する本格的な仕様です。
にもかかわらずAliExpressでは50ドル以下、アマゾンでも6千円台の価格設定と、多くの中華TWSの価格帯でまとまっており、「TRN」という中華イヤホンブランドを知らない方でも結構気になる製品ではないかと思います。

TRN T200TRN T200
TRNは有線イヤホンでも1BA+1DD構成の製品としては3Dプリンタ出力のレジン製シェルで使いやすいサウンドバランスと2千円そこそこの低価格を実現した「TRN IM2」などの人気製品があります。ダイナミックドライバーはもちろん、ツィーター用のBAドライバーも自社ブランドで数多くのモデルに搭載していることからより低価格で優れたハイブリッドイヤホンを作るノウハウをもっている点も「TRN T200」の優れたコストパフォーマンスを実現できる理由のひとつでしょう。
TRN-IM2TRN-BT20S
また「QCC3020」も完全ワイヤレスアダプタの「TRN BT20S」で既に搭載しており、同社にとって実績のあるテクノロジーを組み合わせて作られたTWSが「TRN T200」と言えますね。

Bluetooth5.0
搭載ドライバー1BA+1DD ハイブリッド
搭載チップQualcomm QCC3020
対応コーデックaptX/AAC/SBC
連続駆動時間6.5~7時間(待機180時間)
バッテリ容量50mAh(片側)、600mAh(ケース)
防水等級IPX 5
通話N/CCVC 8.0
対応プロファイルHSP/HFP/A2DP/AVRCP
重量
5.3g(片側)、36.9g(ケース)
TRN T200」の購入は中国AliExpressまたはアマゾンの各セラーにて。私はアマゾンの「L.S オーディオ」で購入しました。アマゾンの場合、万が一の場合にアマゾン経由のサポートが得られる点は良いですね。表示価格は 5,980円 となっています。
Amazon.co.jp(L.S オーディオ): TRN T200
Amazon.co.jp(WTSUN Audio): TRN T200

またAliExpressの場合、表示価格は43ドル~くらいです。AliExpressでの購入方法などはこちらを参照ください。まもなく「11.11」のセールになりますので、セール期間中は特別価格が設定されているようです。クーポンなどを併用しお得に購入できるチャンスですね。
AliExpress(NiceHCK Audio Store): TRN T200 TWS


■コンパクトなケースと軽量ハウジング。TRNの有線イヤホンのデザインを踏襲し装着性も良好。

TRN T200」のパッケージは、TRNの有線イヤホン製品よりやや大きめですが、白箱タイプのパッケージデザインは従来製品を踏襲した印象です。パッケージ内容は本体、充電ケース、充電用USBケーブル、イヤーピース(S/M/L、Mサイズ装着済み)、説明書・保証書など。
TRN T200TRN T200
TRN T200TRN T200

充電ケースのコネクタはmicroUSB仕様です。イヤホン本体、ケースとも樹脂製で、イヤホン本体は有線イヤホンの「TRN V10」や「TRN V40」などのハイブリッド製品のシェル形状と酷似したデザインになっています。そのため比較的大きめのハウジングながら装着性は非常に良く、しっかり耳にホールドされます。
TRN T200TRN T200
TRN T200」はTWSとしては比較的ステムノズル部分が長い形状ですので、TWS用ではなく通常のイヤーピースのほうが合います。個人的には「final E」シリーズや「RHAイヤーピース」などがお勧めです。

充電後本体を取り出すと自動的にペアリングモードに入り、片方をペアリングすると自動的にもう片方もペアリングされます。AndroidなどaptX対応端末では「aptX」、iPhoneでは「AAC」コーデックでペアリングされます。また、「TRN T200」は多くのTWS製品同様にフェイス部分はタッチセンサーになっていて、反応も良好です。再生/停止がシングルタップではなくダブルタップになっている点は個人的には誤操作防止のため有り難い仕様です。

再生/停止2回タップ(左右どちらか)
曲送り左側 3回タップ
曲戻し右側 3回タップ
音量アップ(+)左側 長押し 
音量ダウン(-)右側 長押し 
受話・終話着信時に 2回タップ (左右どちらか)
着信拒否着信時に 1秒 長押し(左右どちらか)
音声アシスタント2秒 長押し (左右どちらか)
電源オン/オフ充電ケースから出す/戻す 
TRN T200」の接続安定性は比較的良好で、混雑した都心の駅でもあまり途切れること無く使用できました。最近のBluetooth 5.0/QCC3020搭載イヤホンと同程度の安定性は確保されています。ただこれは「TRN T200」に限らず他のQCC3020搭載のTWSでも言えることなのですが、Androidスマートフォンで使用中の場合aptXよりAACのほうがプチ、プチ、と途切れる頻度は少ないようです(Androidでは「開発者向けオプション」を有効にすることでコーデック変更が可能です)。
TRN T200TRN T200
aptXは独自の圧縮の課程で音質傾向的な変化がある場合もあるためiPhone利用時同様にAACコーデックで利用した方が良い場合もあります。この辺は好みで設定を変えてみるのも良いと思います。


■ 中華ハイブリッドらしい印象ながら同価格帯のTWSより頭ひとつ抜けた「リスニングサウンド」。

TRN T200」の音質傾向は中高域寄りのドンシャリ傾向。「いかにも中華ハイブリッド」という印象の派手さを感じる寒色系のサウンドです。しかし、多くのTWS製品が低域モリモリの傾向だったりボーカル帯域を強調した(それ以外の音域は結構割り切った)印象だったりするのに対し、「TRN T200」は硬質ながら伸びが良く煌めきのある高域と、解像感のある明瞭な中音域、分離が良く中高域を下支えする低域と、リスニングイヤホンとしてしっかり成立している点は特筆すべきでしょう。
TRN T200TRN T200
開封直後は結構高域のシャリ付きが強く感じる印象ですが、数時間程度鳴らすことで中低域の鳴りも良くなり適度なバランスになります。またイヤーピースは付属品よりフィット感の良いものへ交換した方が良いでしょう。

TRN T200」の高域は明瞭感のある音で金属質な主張のある音です。曲によって多少のシャリ付きを感じますが刺激は適度に抑えられており、聴きやすいバランスでまとめられています。これまで通常の中華イヤホンを聴いている方であれば違和感のないサウンドです。ただ普段から低価格TWSなどのワイヤレス製品しか使ったことのない方の場合はかなり強めに高域の主張を感じるかもしれませんね。煌めきのある硬質な音で伸びる印象あるため、ハイハット等も綺麗に鳴ってくれますがスッキリというより分りやすいドンシャリ感を感じる音です。

TRN T200中音域は曲によって僅かに凹むものの、ボーカルなどは比較的近くで鳴ります。明るくハイブリッドらしい鮮やかさがあり、味付けのない素直なサウンドです。一般的な6mmドライバーの数千円クラスのTWSと比べると明らかに解像度は高く、音の輪郭をしっかり捉えることができます。寒色系のサウンドということもありブラスやピアノ、女性ボーカルのハイトーンなどはとても煌びやかで綺麗な印象です
音場は曲によってはやや狭い印象。男性ボーカルのバラード曲などで低音にもう少し厚みが欲しいと感じましたが、逆に籠りなどはないため全体としては比較的スッキリまとまっていると思います。

低域は分離の良い比較的スッキリした印象の鳴り方をします。解像度などはリスニングイヤホンとしては価格なり(低価格イヤホン相当)ですが、多くのTWS製品のような響きや膨らむような印象はなく、これらと比較すると十分に明瞭な印象です。開封直後は量的に少なく感じましたがある程度エージングが進むことで軽めではあるもののある程度存在感のある印象になります。ただし重低音の沈み込みは浅く、中高域の分離感を重視して多少割り切った印象もありますが、分離の良さから中高域に被ること無くメリハリのある心地良いバランスになっていると思います。

TRN T200相性が良いのはロック、ポップス、アニソンなどのボーカル曲、EDMなど。いっぽう派手めの硬質なサウンドのため、ジャズやアコースティックな曲との相性は今ひとつな印象でした。とはいえ音質的には同価格帯のTWSより頭ひとつ抜けた印象で、この価格帯の完全ワイヤレスで解像感の高いサウンドを楽しめるのは嬉しいところです。
というわけで、「TRN T200」は、いかにも中華イヤホンというサウンドをTWSに「自ら持ち込んだ」という、よく考えたら「有りそうで無かった」製品だと思います。バッテリの充電仕様などでスペック通りに行かない場合などビルドクオリティ面では多少怪しいところもあるものの、コストパフォーマンスは非常に高く、「ワイヤレスイヤホンでもちょっと良い音」を手軽な価格で手に入れるのには最適な製品だと思います。


TaoTronics 「SoundElite 71」 ロングセラー機がaptX HD/CVC8.0対応に進化。クリアなサウンドが楽しめる低価格ワイヤレスイヤホン【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加
TaoTronics 「SoundElite 71」

こんにちは。今回はTaoTronicsの 「SoundElite 71」(新ロット版「TT-BH071」)の紹介です。 TaoTronicsはワイヤレスイヤホンの分野では日本でもすっかり人気ブランドのひとつとして認知された感もありますが、今回の「SoundElite 71」はスポーツタイプのBluetoothイヤホンの最新モデルで3千円台の手頃な価格設定ながら高品位な「aptX HD」コーデックと「CVC8.0」ノイズキャンセリングに対応したモデルになります。 

TaoTronics 「SoundElite 71」今回の「SoundElite 71」は2015に発売された初期型「TT-BH07」の「進化版」にあたるグレードアップモデルです。
私のブログでは同じく「aptX HD」「CVC8.0」に対応し、イコライザー機能を搭載した上位モデルの「TT-BH072」(新ロット版は「SoundElite 72」)を紹介していますが、「SoundElite 71」ではその基本性能を踏襲し、さらに洗練されたデザインとIPX6、18時間連続稼働など基本性能が強化された仕様が特徴的です。
癖のないシンプルながら存在感のあるデザインは男女問わず使用できますし、音質的にも中高域メインのポップスやロックなどのボーカル曲と相性の良い、比較的スッキリした印象のサウンドで、相変わらずのコストパフォーマンスの高さを感じます。

Bluetooth5.0
対応コーデックaptX HD/aptX/AAC/SBC
搭載チップQualcomm QCC3034
最大駆動時間18時間
充電時間1時間55分
ドライバー6mm ダイナミックドライバー
防水等級IPX6
通話N/CCVC8.0 ノイズキャンセリング
対応プロファイルHSP/HFP/A2DP/AVRCP
重量
14.7g

TaoTronics 「SoundElite 71」TaoTronics 「SoundElite 71」

購入はアマゾンなどの公式ショップにて。TaoTronics 「SoundElite 71」の販売価格は 3,599円 です。
※現在購入時200円OFFのクーポンを配布中です。
Amazon.co.jp(TaoTronics Audio直営店): SoundElite 71

※11月2日・3日の2日間限定の20% OFF クーポンコードを提供いただきました。
購入時に「TTBH071BR」を入力してください。



■シンプルで使い勝手の良いデザイン

SoundElite 71」のパッケージはオレンジのワンポイントが印象的なボックスで、シンプルながら必要十分な付属品がコンパクトにまとめられています。パッケージ内容はイヤホン本体、イヤーフック(3サイズ)、イヤーピース(S/M/L)サイズ、充電用ケーブル、メッシュポーチ、説明書など。
TaoTronics 「SoundElite 71」TaoTronics 「SoundElite 71」
TaoTronics 「SoundElite 71」TaoTronics 「SoundElite 71」
TaoTronics のシリーズではイヤーピースだけでなくイヤーフックも各サイズ揃っているため耳の大きさにあわせて選べる点はありがたいですね。またイヤーピース一般的なタイプで最近増えているワイヤレスイヤホン用の製品をはじめよりフィット感の高いものに交換が可能です。
TaoTronics 「SoundElite 71」TaoTronics 「SoundElite 71」
本体のフェイス部分は金属製のマグネットになっていて、左右をくっつけることができます。耳から外しているときは首から下げて落ちないようにできるので便利です。

TaoTronics 「SoundElite 71」コントローラ部分のボタンは「+」「-」と中央の「マルチファンクション(MF)ボタン」の3つで中央のMFボタンの長押し(1秒)で電源ON、その状態から3秒押しで電源OFFとなります。通常操作ではMFボタンで「再生/停止」(電話の場合「受話/終話」)、「+」「-」は音量の上下、長押しで「曲送り/曲戻し」となります。また着信時にMFボタンを長押しで着信拒否になります。
初めてペアリングするときは電源ONですぐにペアリングモードに入りますが、再ペアリングのときはMFボタンを5秒押しで一度電源OFFになってペアリングモードでONになります。ペアリング解除(リセット)は「+」「-」の5秒長押しです。

SoundElite 71」は高音質コーデックの「aptX」のハイレゾ版である「aptX HD」に対応します。同コーデックに対応するAndroid端末やDAP(デジタルオーディオプレーヤー)とペアリングした場合、CD音質(16bit/44.1kHz)を超える24bit/48kHzでの転送が可能になります。最近サービスを開始したハイレゾ音質にも対応する「Amazon Music HD」などのサービスをより高音質で楽しむことができるなど、低価格なワイヤレスイヤホンながらハイスペックな対応を実現しているのは嬉しいところですね。
TaoTronics  「SoundElite 71」TaoTronics  「SoundElite 71」
ちなみにiPhoneなどではApple標準のAACコーデックでの接続となりますが、Bluetooth 5.0対応の安定した接続(iPhone8以降)で利用ができます。混雑する都内の移動で実際に使用してみましたが、私が試した際は数回途切れた程度で(より高価格な製品と同程度)十分に実用的でした。また最大18時間連続再生というバッテリ稼働時間も実際に十分に長く、日中の外出時にずっと使用していても問題なく利用できました。


■明瞭なボーカルが心地良い中高域メインのサウンド

TaoTronics 「SoundElite 71」SoundElite 71」の音質傾向はボーカル帯域など中高域メインの比較的スッキリした印象のサウンド。やや派手めの印象ですが、極端な低音ブーストの音ではなく、ボーカルを綺麗に聴かせつつ、臨場感を感じさせるサウンドです。スマートフォンでのストリーミング音源等でヒットチャートを聴いているとやはりノリの良い曲では楽しく聴ける印象です。中高域も低価格ワイヤレスとしては十分に明瞭で女性ボーカルも綺麗に聴けるようになりました。
もっとも製品自体はオーディオマニア向けの製品ではないため、一定価格帯以上のリスニングイヤホンと比べると解像度などで相応の印象もありますが、聴きやすく心地良いチューニングだと思います。

高域は6mmのシングルドライバー搭載のこの価格帯のワイヤレスイヤホンとしては比較的明瞭で「aptX HD」コーデックでの接続ではシンバルなども煌びやかさを感じる鳴り方をします。またピアノやボーカルの高音も綺麗な印象です。また刺さり等の刺激はある程度抑えられており、聴きやすいバランスにまとめられていると思います。
TaoTronics 「SoundElite 71」中音域はボーカル帯域を中心にメリハリを感じる鳴り方をします。そのためドンシャリ傾向の特徴として曲によっては多少凹む場合もあります。オーディオ的には音場は狭く演奏の定位感はやや平面的で前面に出る感じで、どちらかというと中低域の響きにより臨場感を作っている印象です。とはいえボーカル帯域を中心に気持ちよく感じるバランスで、低コストながら心地良く感じる上手いチューニングだと思います。ただし、解像度や分離性はそれなりのため、音数の多い曲では多少窮屈な印象に感じる場合もあります。この辺はボーカル帯域に注力した音作りの上でのトレードオフとも言えますね。
低音域は量的にはそれなりにありますが印象としてはやや控えめ。また重低音の沈み込みはやや浅く重低音は鳴らし切れていない印象です。ある程度の臨場感がある響き方をしますが全体的に軽く中高域メインのサウンドであることを実感します。いっぽうで洋楽ポップスやバラードなど高域の少ない曲ではベースなどの音域が膨らみがちな傾向があります。とはいえ、中高域との分離は良く全体的に中高域を下支えするような印象です。


TaoTronics 「SoundElite 71」というわけで、「SoundElite 71」は3千円台の低価格ワイヤレスイヤホンながら、さまざまなジャンルの曲で楽しめるクリアな印象のサウンドが特徴的で、オーディオ的にも十分に実用的なイヤホンだと感じました。もともと人気も実績もあるロングセラーのシリーズですが、着実なアップデートにより、完成度が向上した印象です。
できれば「Amazon Music HD」などの高音質ストリーミングやハイレゾ音源に対応したDAP(デジタルオーディオプレーヤー)などと組み合わせてのリスニングも体験いただくと、その完成度の高さをより実感できますね。
使い勝手も良く多くの方にお勧めできるワイヤレスイヤホンだと思いますよ(^^)。


プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。ただのアラフィフの酔っ払い。食べるのも好きな天秤座AB型。東京と福井(鯖江)の自宅の二拠点生活も気付けば5年以上。普段はIT屋でよく出張するお仕事してます。ポタオデは趣味で出張のお供。PC(?)遍歴にApple IIc とNeXTstation があるのがプチ自慢(^^;
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。






【Amazon Music HD / UltraHD対応まとめ】









記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)
【キャンペーン中】プライム会員なら3ヶ月249円



購入イヤホン「好みランキング」


中華イヤホンケーブルまとめ(記事)









最新コメント













 
  • 累計: