bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

「MaGaosi K3 HD」 あえて1BA+1DD構成でK3 Proより高域と愉しさをグレードアップした最新イヤホン【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
MaGaosi K3 HD

年末年始をはさんで到着から少しレビューが遅くなりましたが、今回は「MaGaosi K3 HD」です。
いつもお世話になっているアマゾンのでマーケットプレイスを展開する「Kinboofi」さんからの依頼となります。

中国「MaGaosi」(または「HLSX」)は中華イヤホンのマニアの間では比較的お馴染みのブランドのひとつで、代表モデル「MaGaosi K3 Pro」に加え、先日購入レビューした「MaGaosi K5」の紹介記事は現在も私のブログでアクセス数上位をキープしています。またKシリーズ以外にもHLSXシリーズのハイブリッドイヤホンなどを数種類販売しており、いくつかは私のブログでも紹介をしています。
MaGaosi K3 HDとはいえ、同社のイヤホンをよく知る方々にとってはやはり同社最大の人気モデルである「MaGaosi K3 Pro」の印象が強いのではないかと思います。「MaGaosi K3 Pro」(以降「K3 Pro」)も以前のレビューで簡単に紹介をしていますが、個人的にもアラウンド1万円の価格帯ではかなりお気に入りのイヤホンのひとつです。
そして、今回の「MaGaosi K3 HD」は、位置付けとしては「K3 Pro」の別バージョンで、「K3」シリーズとしては「最新モデル」となります。
ただ、「K3 Pro」が「2BA+1DD」のドライバー構成だったのに対し、「MaGaosi K3 HD」では「1BA+1DD」のハイブリッドに変更となっており、一見するとダウングレード版のようにも感じます。しかしKinboofiでも「K3 HD」のほうが上の価格設定となっており、AliExpressでの他のセラーの価格を確認しても同様にMaGaosi K3 HD」のほうが上位版の位置付けになっています。
そんなこともあり、個人的にも「MaGaosi K3 HD」は登場以降とても気になっていたイヤホンのひとつでしたので、今回のレビューは願ったり叶ったりという感じであります(^^)。

購入サイトはアマゾンのKinboofiさんのマーケットプレイスにて。
Amazon.co.jp(Kinboofi): MaGaosi K3 HD

なお、「MaGaosi K3 HD」のカラーについては、Kinboofiでは「メタリックブルー」以外にも「シルバー」「メタリックオレンジ」の3色から選択でき、各色プライム扱いでオーダー後Amazon倉庫から発送されます。


■世代とともにグレードアップしたパッケージ。ウレタンイヤピとシルバーフィルターには理由がある?

届いたパッケージを確認すると、さすがに最新バージョンの「MaGaosi K3 HD」ではしっかりしたパッケージに進化したなあ、という実感を持ちます。同じ「K3」シリーズでも、「K3 (フィルター交換不可版)」→「K3 Pro (グレー/シルバー)」→「K3 Pro (ブルー)」→「K3 HD」と発売時期によって着実にパッケージも豪華になっているのがわかります。
MaGaosi K3 HDMaGaosi K3 HD
また、パッケージ裏面を見ると、「MaGaosi K3 HD」のインピーダンスは32Ω、感度は99dB/mWとなっています。ちなみに「K3 Pro」はインピーダンス16Ω、感度101db/mWですので「MaGaosi K3 HD」のほうがスペックを見る限りでは多少音量が取りにくい仕様となっているようですね。
MaGaosi K3 HDMaGaosi K3 HD

パッケージ構成はイヤホン本体に加えて、別タイプのフィルター、しっかりしたイヤホンホーチ、イヤーピースはシリコンが大・小の2種類(大サイズは装着済み)、ウレタンイヤーピースが大・中・小の3種類、MMCX仕様のケーブルが2種類、説明書など。
MaGaosi K3 HDMaGaosi K3 HD
ウレタンイヤーピースのほうが種類が多い、というのは珍しいですね。オススメはウレタンのほう、という意味でしょうか。
いっぽう、ベント部のフィルターについては「MaGaosi K3 HD」も「K3 Pro」と同じ「ブラウン」と「シルバー」の2タイプが付属しています。「ブラウン」はメッシュのみでダイレクトにイヤホンのサウンドが伝わるタイプ。いっぽうの「シルバー」は裏面に不織布が貼られており、高域の刺さりを抑制するタイプになります。
MaGaosi K3 HD」では標準ではシルバーのタイプが装着されていました。シリコンタイプが少なくてウレタンイヤピが充実していたり、高域抑制タイプの「シルバー」フィルターが標準装着だったりと、一見するとちょっと不思議なパッケージ構成です。この理由は後述する通り「MaGaosi K3 HD」の音質面の特徴と関係があるような気がします。

付属のMMCXケーブルはブラックの撚り線ケーブルと銀メッキ線ケーブルの2種類を同梱。ブラックのケーブルは「K3 Pro」のブルーモデルや「K5」など最近のMaGaosiのイヤホンに付属しているものです。いっぽう銀メッキ線は高域の伸びを向上させたタイプとなりますが、ビニール素材の皮膜の巻きつきが強く、屋外での利用は結構使いにくいかもしれませんね。
MaGaosi K3 HDMaGaosi K3 HD
そしてイヤホン本体は「K3」「K3 Pro」と同様に、SHURE SEシリーズを彷彿とさせるデザインのメタルボディ。装着感は非常に良好でしっかりフィットするイヤーピースを選択すれば十分な遮音性も確保できます。


■「MaGaosi K3 HD」の外観を「K3 Pro」と比較してみる

MaGaosi K3 HD」の本体を手元にある「K3 Pro」と比べてみると、フェイス部分のデザインを除き形状自体は全く同じであることがわかります。
MaGaosi K3 HDMaGaosi K3 HD

内部的に異なるのは「K3 Pro」がBA部分がデュアル(2BA)で、「MaGaosi K3 HD」がシングル(1BA)である点ですが、フィルターを外して確認してみるとBAドライバーの装着位置が「K3 HD」のほうがかなり奥に配置されており、セッティングの違いも特徴的です。
MaGaosi K3 HDMaGaosi K3 HD
バラしたわけではないので自分では未確認ですが、「K3 Pro」のBAは「Knowles TWFK-30017」といわれています(形状的にはたしかに30017ぽいです)。同様に「MaGaosi K3 HD」もKnowles製だとすると形状的にはFK(FK-26260など)あたりのBAを搭載している可能性がありますね。


■ケーブルとフィルターを変えて「本性」を現す、MaGaosiブランド随一の愉しいサウンド

MaGaosi K3 HD」は解像度の高さ、分離感の良さとキレ、高域の伸び、という点において同ブランドのイヤホン随一の「愉しさ」をもつ「かなりの逸材」でした。

MaGaosi K3 HD」の周波数特性は他のK3シリーズ同様のドンシャリで、開封直後から100時間〜200時間以上のエージングで低域の厚みが増してくる点も「K3 Pro」と同様の傾向です。しかし「MaGaosi K3 HD」の場合、エージング後の低域は十分な量感はあるものの「K3 Pro」と比べると控えめで、多少フラット寄りの印象になっています。
MaGaosi K3 HDただ、前述の通り、「MaGaosi K3 HD」は標準では高域を抑制するシルバーのフィルターを装着しており、イヤーピースもウレタンタイプのほうが充実しています。この「シルバーのフィルター」「ウレタンイヤーピース」の組み合わせで、さらに「ブラックのケーブル」を組み合わせると、高域の刺さりはある程度抑えられ、さらに低域のボリュームが向上することで多少ウォーム気味の傾向になります。ただし「MaGaosi K3 HD」の場合はこの組み合わせでも高域は一定の伸びと明瞭さは確保していて、「K3 Pro」の場合の刺さりは抑えられる一方で中域に少し曇りのあるサウンドよりクリアな印象を受けます。
この「高域抑制&低域強化」の状態でも、リスニングイヤホンとして多くの人にとって聴きやすいバランスに落ち着くようで、「MaGaosi K3 HD」があえて上記のような「不思議な」パッケージ構成にしている理由がわかるような気がします。

しかし、裏を返せば、これでフィルターをブラウンの標準タイプに換えて「本来の音」にするといったいどのような音になるのだろう? という気持ちになります。
MaGaosi K3 HDというわけで、改めて「ブラウンのフィルター」に変更し、さらに「シリコン製イヤーピース」、「銀メッキ線のシルバータイプのケーブル」に交換します。パッケージに付属するシリコン製のイヤーピースは高域が出やすい開口部の大きいタイプですが、大小2種類のみですので、必要に応じてフィットするサイズのものを用意した方がいいでしょう。同様の傾向のものですとRHAのイヤーピースなどが良い相性だと思います。
実際にこの構成で聴いてみると、全体のバランスとしてはより高域を強調したセッティングとなった「本性」を表します。

標準状態になった「MaGaosi K3 HD」は、「K3 Pro」同様の広い音場を確保しつつ、いっぽう解像度および分離感は「K3 Pro」を軽く凌駕しており、同クラスのイヤホンのなかでもかなり高いレベルを実現しています。
MaGaosiがこのイヤホンに「HD」という名称を付けたのがとても納得のいくサウンドです。

MaGaosi K3 HD高域の伸びも非常に良く「K3 Pro」より近くで定位する印象とあわせてMaGaosiブランドのイヤホンでもっともアグレッシブなサウンドのイヤホンに仕上がっていることがわかります。いっぽうで高域の刺さりはある程度あるものの、シャリつきは「K3 Pro」よりわずかに多い程度に収まっており、ポータブルアンプやDAP(デジタルオーディオプレーヤー)の相性によってはさほど気にならないレベルにまでコントロールすることができます。
この「標準状態」の組み合わせで「K3 Pro」と双方を聴き比べると「MaGaosi K3 HD」は非常に鮮やか、というかむしろかなり「派手」な印象に感じます。本来は結構派手なサウンドのイヤホンと評される「K3 Pro」が多少おとなしく感じるほどです。もっとも、ある程度出力が強い再生環境だと「MaGaosi K3 HD」のサウンドは少し刺さりが強く感じてしまう場合もあるかもしれませんね。

MaGaosi K3 HDところで、1万円オーバーで中高域が派手なドンシャリ系のイヤホンというと最近では「TFZ EXCLUSIVE KING」を思い浮かべますが、「MaGaosi K3 HD」は全く印象の異なるサウンドで、KINGより相当フラット寄りでモニターライクにさまざまなジャンルの曲で楽しめる印象です。ただ「完成度」のレベルとしてはどちらもかなり近い線ではないかと思います。またシルバーのケーブルはブラックのケーブルより情報量は高めですが、「MaGaosi K3 HD」の本来の能力を発揮しているとは言い難いため、よろしければ過去記事のケーブルのレビューなどを参考にMMCXコネクタ対応のケーブルへのリケーブルもオススメです。
ちなみにKinboofiで販売しているケーブルの中では7N OFC銅線のケーブルゴールドカラーのケーブルが相性が良いのではと思います。


■あえて1BA+1DDにして実現した、「間違いなく」Proからアップグレードしたサウンド


MaGaosi K3 HDというわけで「MaGaosi K3 HD」は間違いなく「K3」シリーズの最新「アップグレード」モデルであることを、実際に比較することで再確認することができました。とはいえ、やはりマーケティング的にはBAドライバー数を減らすことによるダウングレード感は払拭できないのか、「K3 Pro」も引き続き併売されています。アマゾンでも現在「MaGaosi K3 HD」をプライム扱いで販売しているのはKinboofiさんだけですが、おそらく現時点では思ったほどは売れていないでは、という気がします。
しかし、あくまで私の個人的な印象ではありますが、すにで「K3 Pro」を愛用されていて、「MaGaosi K3 HD」のサウンドも気になっていた方には文句なくオススメできるイヤホンだと思います。また新たに関心を持って頂いた方にも、「MaGaosi K3 Pro」と併せて、BAドライバー数にこだわらず若干の割高感を納得いただける方は最初に「MaGaosi K3 HD」から挑戦いただくのも良い選択肢になると思います。とりあえず私自身は「MaGaosi K3 HD」は遮音性も良く使い勝手も良好なので結構屋外での利用頻度が増えそうな予感がしています(^^)。


「TRN V10」の音質改善方法を深掘りしてみた【レビューその②・実験編】 & 「TRN BT3」純正Bluetoothケーブル(追記)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
TRN V10 / TRN BT3

というわけで、前回に引き続き「TRN V10」のレビュー後編です。前編の内容はこちら。
→ 「TRN V10」 話題の最新2BA+2DD格安中華イヤホンの「音の変化」を確認してみた【レビューその①・購入編】

TRN V10前編でも紹介した通り、「TRN V10」は「2BA+2DD」の4ドライバー構成ながらアマゾン価格でもアンダー5,000円の価格設定と、2017年の大ヒット中華イヤホンで私のブログでもおなじみ「KZ ZS6」「ZS5」を彷彿とさせるイヤホンです。
カラーは「透明モデル」と「黒モデル」があり、「黒モデル」については中国のイヤホンセラー「Easy Earphones」のAmazonのマーケットプレイス「WTSUN Audio」にて購入しました。プライム扱いでアマゾン倉庫からの発送ですのでオーダーしてすぐに手元に届くのがうれしいですね。
Amazon.co.jp(WTSUN Audio): TRN V10

また多少到着までに時間はかかりますが、中国AliExpressのEasy Earphonesでの購入もできます。AliExpressの場合は購入時にフォロワー割引を受けられると思います(いつも通り「bisonicr」のキーワードでもOKです)。くわしくはこちらを参照ください。また購入のタイミングでも変わりますが、今後の購入ではAliExpressのほうがより新しい「ロット」の個体を入手できる可能性があります。
AliExpress(Easy Earphones): TRN V10

TRN V10TRN V10
どちらでも各色マイクあり・なしモデルの他、「銀メッキ銅線」の別売アップグレードケーブルなども一緒に購入が可能です。


■長時間エージングでも過剰な刺さりが治らない場合はメッシュパーツを取ってみると・・・( ゚Д゚)

前編でも記載した通り、私の手元に届いた個体は「最初期のロット」ということもあると思いますが、「TRN V10」の開封時のサウンドはお世辞にもバランスが良いとは言い難い、過剰なまでのドンシャリ傾向です。このサウンドは150時間~程度のエージングによりかなり改善されるようですが、個体によっては十分なエージングを行っても曲によってきつめのシャリシャリが消えない場合があります。私も2個購入したうちの1個がエージング後に「左右でシャリつきが違う」とさらに不自然な現象に遭遇し、正直かなり困ったものだと思っていたのですが、実はまったく別の「対策」で解消できてしまいました。

TRN V10TRN V10」ステム部分の金属製のメッシュパーツ(フタの部分)は前編のレビューで若干触れた通り接着があまり強くなく比較的簡単に取れてしまう傾向にあります。今回のレビューのためにいろいろ試している中で、粘着性のあるガーゼでステムを覆ってみようと試みたときフタが簡単にはがれることを確認しました。
そこで試しに両方のメッシュパーツを外して、かわりに前編でも紹介したOSTRYの刺さり抑制効果のあるイヤーピースを装着したところ過剰なシャリつきが大きく改善。念のためイヤーピースを通常のものに戻し、BAドライバーが露出した状態で聴いてみても同様に効果がありました。

また、前編で黒モデルのほうの片方(右側)がメッシュパーツが簡単に取れてしまった、ということを書きましたが、逆に左側はかなりしっかり接着されていました。そして150時間ほどのエージングを行ったところで、左側がある程度エージングでサウンドが落ち着いたのに対し、右側はシャリシャリが一向に治らず、逆にすこし悪化したような印象を受けました。これももしかしたらこのステムのメッシュパーツが原因かも、と思った理由のひとつです。

TRN V10このように、上記のエージングでも解消しなかった問題は「フタを取り除く」ことで解消できてしまいました(びっくり)。あくまで可能性のひとつですが、十分なエージング後も過剰なシャリ付きが収まらない「TRN V10」の個体については、ステム部メッシュパーツの接着不良による「共振」の可能性もあるのではないかと思います。そのためメッシュパーツの周囲を粘度の高い瞬間接着剤等でより強固に接着させたり、私のようにいっそパーツを外してしまってかわりにメッツ付きのイヤーピースを装着することにより「TRN V10の本来の音」になるのではないかと思っています。
もちろん本来はパーツはきちんと接着されている「はず」ですので、上記のようにテープなどで簡単に取れないような個体はエージングだけでじゅうぶんシャリつきは解消できるのではと、思います。ただ、私のように片方のみが接着不良だったりするとエージング後に左右で音が違うというケースもあるので手元の個体の状況にあわせてこの対策を実施するかどうかを検討いただければと思います。


■リケーブル必須、再生環境でも変化? 好き嫌いのわかれる「個性的すぎるサウンド」

TRN V10さて、「TRN V10」の「サウンドが変=不自然」な理由のひとつは上記のように偶然見つけてしまったような気がしますが、エージング後にシャリつきの問題のなくなった個体、または「フタを取り除いた」場合も、再生環境によってはかなり強い刺さりを感じることが多いと思われます。手元のDAPではAstell&Kern「AK300」がいちばん高域の刺さりが少なく、逆に「PRENUE R」がもっとも刺さりが大きくなりました。とはいえメッシュパーツの共振があったときは出力の強いDAPやポータブルアンプで曲によってシャリシャリを通り越して高域のノイズかと思うレベルの音になる場合もありましたが、改善後はむしろメリハリが強化される、という程度の変化になっています。

いっぽうケーブルについては前編でも紹介した通り、より情報量の多いケーブルを使用することで音質面の改善効果が期待できます。前編でも紹介した通りTRN純正の銀メッキ銅線のアップグレードケーブルが販売されており、WTSUN Audioでも購入することができます。またKZ ZS6用のKZ純正8芯ケーブルも思いのほかぴったりで音質的にも相性の良いことを確認しました。
TRN V10TRN V10 / KZ Cable
どちらも2,000円以下とコストパフォーマンスに優れておりお手軽にアップデートするのにはお勧めです。

TRN V10TRN V10
また、Easy Earphoneが主にKZ ZS6/ZS5向けを中心に販売している各種2pinケーブル(詳しくは過去記事を参照ください)を試したところ、「7N 無酸素銅線(OFC)ケーブル」の相性が最も良く感じました。

ちなみにメッシュパーツを取り、リケーブルなどを行った後もそこそこのシャリつきはあるドンシャリ系の音ですが、印象としては「ZS6」より高域の刺さりが多少多くメリハリがあるという印象になりました。相変わらず「派手な音」のイヤホンではありますが、十分なエージングと、情報量の多いケーブルへのリケーブルの組み合わせにより結構楽しいイヤホンになったような気がします。
TRN V10TRN V10 vs KZ ZS5
「フタ」を取ったうえでの「TRN V10」のサウンドであれば、好みはあると思いますが、「ZS6」「ZS5」の対抗馬としてようやく比較できるようになったかな、と感じます。
とはいえ個人的な印象としては、「ZS6」のサウンドのほうが好きですけどね(^^;)。


■apt-X非対応でしたが、なかなかの高音質。TRN純正Bluetoothケーブル「TRN BT3」。

さて、「TRN V10」の発売と同時に純正のオプションとしてBluetoothケーブル「TRN BT3」も発売されています。私はAliExpressより入手しましたが、アマゾンのWTSUN Audioでの購入も可能です。
TRN BT3TRN BT3
パッケージはTRN V10と同じ箱に2pin仕様のBluetoothケーブルと充電用USBケーブルが同梱されています。
Amazon.co.jp(WTSUN Audio): TRN BT3(Bluetoothケーブル)

Amazonでは3,800円、AliExpressでは29.99ドルの表示価格です。AliExpressでは中国からの発送となるため納期がかかりますがV10同様にフォロワー割引が適用できます。
AliExpress(Easy Earphones): TRN BT3 Wireless Bluetooth 4.1 Cable

作りとしてはまんまプラスチックという感じでお世辞にも高級感のあるものではないですが使いまわし自体は悪くはありません。なお、販売当初は「apt-X対応」という記載がサイトに載っていたのですが、実際はBluetooth 4.1ベースで「非対応」でした。そのため対応のDAPでペアリングしてもSBCコーデックでの接続となります。操作時は「Power on」や「Pairing」などの英語の音声ガイダンスが聞こえます。
TRN BT3 / TRN V10TRN BT3 / TRN V10
2pin対応のBluetoothケーブルとしては、昨年AUGLAMOURの「AG-BT1」を購入していますが、年末に投稿した記事でも記載した通りこちらは標準の音量が大きすぎて非常に取り扱いが面倒なケーブルでした。いっぽう「TRN BT3」はそのようなことはなく、音質的にもフラットで2pinタイプのイヤホンを気軽にBluetooth化するうえでは悪くないアイテムだと思います。

また「KZ ZS6」および「ZS5」を接続してみましたが、これらのイヤホンの特徴を損ねることなくBluetooth化することができなかなか便利なアイテムだという印象です。正直「TRN V10」を普段使いするのにはすこしクセが強すぎることもあり、むしろKZやTFZなどの2pinコネクタのイヤホンで使う機会のほうが増えそうな予感です。
TRN BT3TRN BT3
ただし非常に反応の良い「qdc Neptune」あたりのイヤホンとなるととりあえず利用には問題ありませんが、ペアリング後に盛大にホワイトノイズを拾いました。さすがにCIEMなどの利用はちょっと厳しいかもしれません。この辺は製品価格からもある程度割り切っている部分だと思いますので、接続するイヤホンのグレードを合わせればそこそこ良いアイテムだと思いました。


■今後のロットで変更・改善はあるのか。これからも楽しみに見ていきたいですね。

TRN V10というわけで、前回から2回にわたって「TRN V10」(たぶん最初期ロット)のレビューをさせていただきました。
ステムのメッシュパーツを取り除く件は本レビューを書いている途中に偶然気がついたことですが、よく考えたらKZのZSTなどはロットにより初期とはまったく別のイヤホン、と思えるくらいサウンドの変化がありました。「TRN V10」もブランドとしてもまだ新しいイヤホンであり、今後大幅に内容やサウンドが変化する可能性もあります。もし本当にメッシュパーツの接着不良が原因だとしたらTRNのメーカーとしても「本意ではない」と思いますので、今後のロットで何らかの改良が加えられる可能性もありますね。

なんか毎回同じようなことを書いている気もしますが、このような点も「中華イヤホンの醍醐味」だと思いますので今後の動きを楽しみに見ていきたいと思っています。


プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。Apple好きのおっさん。食べるのも好き。普段はIT系のお仕事。自宅は福井県ですが都内で単身赴任してます。ポタオデは趣味で出張のお供。美音系/モニター系の音が好みです。自宅ホームシアターもそろそろ改造したいな。
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。


記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)







最新コメント













Rakuten



成長因子