bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

「Yinyoo NY-06」 バランス重視の秀作で“ZS6系”では最もフラット寄り? 1BA+2DD構成のBQEYZ K2兄弟イヤホン【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Yinyoo NY-06

【 ZS6系イヤホンレビューマラソン その⑥ 】

こんにちは。今回紹介するのは「Yinyoo NY-06」、1BA+2DD構成のハイブリッドイヤホンとなります。先日より始めた「ZS6系レビューマラソン」も少しインターバルを空けましたが今回と次回で一区切りとなる予定です。「Yinyoo NY-06」は中低域寄りのバランスで、どちらかというと「派手さ」が特徴的な「ZS6系イヤホン」のなかでも、派手さよりバランスの良さを重視した印象のイヤホンで、低域の締まりの良さとスッキリめの聴きやすさを両立した秀作イヤホンだと思います。

さて、中国のイヤホンセラー「Easy Earphones」が中心となって販売するイヤホンブランド「Yinyoo(音佑)」は、これまでも「HQ」シリーズなどの自社オリジナル製品や、様々なメーカー製品に独自にアレンジを加えた「Yinyoo版」イヤホンをリリースしており、私のブログでも昨年後半あたりからすっかりおなじみになりました。今回の「Yinyoo NY-06」(1BA+2DD)も、先日レビューした「BQEYZ K2」(2BA+2DD)と同じ製造元で「兄弟イヤホン」ともいえる製品だと考えられます。
「BQEYZ K2」については先日のレビューをご参照ください。
→ 「BQEYZ K2」(KBF K2) “ZS6系”に新たな選択肢! 響きを楽しむ2BA+2DDハイブリッド中華イヤホン【レビュー】

Yinyoo NY-06」も「BQEYZ K2」同様にCNC加工によるアルミニウム製ハウジングを採用しています。「BQEYZ」の特徴ともいえる2つのダイナミックドライバを音導菅でバイパスする構造も同様です。
Yinyoo NY-06Yinyoo NY-06
また「Yinyoo NY-06」もステム部分に搭載されたBAドライバーには高域の刺さりなどを抑制するフィルターが装着されているようです。2BA+1DD構成となり、「BQEYZ K2」と比べてどのようにサウンドが変化しているのか興味深いところです。
Yinyoo NY-06Yinyoo NY-06
カラーバリエーションは「BQEYZ K2」同様、「シルバー」と「ブラック」が選択できます。
Yinyoo NY-06」は、中国AliExpressの「Easy Earphones」およびアマゾンの「WTSUN Audio」において販売されています。今回はシルバーのモデルをEasy Earphones(AliExpress)へオーダーしました。
価格はAliExpress(中国からの発送)で46ドル〜、Amazon(国内からのプライム発送)が4,600円となります。アマゾン(WTSUN Audio)で購入の場合はプライム扱いで国内のアマゾン倉庫から発送されますので商品が直ぐに届きますし、アマゾン経由での1年間の保証が得られますので万が一の場合も安心ですね。中国からの発送となりますがより低価格で購入したい場合、AliExpress(Easy Earphones)でEasy EarphonesのTwitterアカウント(@hulang9078)をフォローのうえオーダー時にアカウントを連絡するとフォロワー値引きが得られると思います。AliExpressのオーダー方法はこちらを参照ください。またEasy EarphonesのTwitterアカウントでは頻繁に割引情報等がツイートされていますのでフォローの上こまめにチェックされることをお勧めします。


■よりソリッドなデザインが印象的。ただし装着性は「BQEYZ K2」のほうが良いかも。

到着したバッケージは「BQEYZ K2」と同じ大きさのボックスですが、表面に「Yinyoo」の新しいロゴマークが記載されています。いっぽうの裏面にスペックが記載されている点などは「BQEYZ K2」と同様ですね。
Yinyoo NY-06Yinyoo NY-06
Yinyoo NY-06」はパッケージ裏面によるとインピーダンス15Ω、感度105dB/mWとの記載で、どのような再生環境でも一般的に利用できるスペックとなっています。
パッケージ構成は本体、ケーブル、イヤーピースが2種類(それぞれS/M/L)、説明書、と今回もシンプルな内容です。
Yinyoo NY-06Yinyoo NY-06

Yinyoo NY-06」の本体は、エッジのあるソリッドなデザインとなっており、少し大柄で丸みを帯びた「BQEYZ K2」よりひとまわり小さく、対極的な印象にも見えます。
Yinyoo NY-06Yinyoo NY-06
両方のイヤホンを比較すると、ハウジングの大きさに加え、0.78mm 2pin仕様のケーブルコネクタは異なった角度になっているのがわかります。いっぽうで内側のベント(空気孔)の位置やステムの太さなど両者が兄弟イヤホンであることをうかがわせる要素も多く見受けることができます。
Yinyoo NY-06Yinyoo NY-06
ハウジングが多少コンパクトになったため、より耳に入りやすくはなったものの、ケーブル位置やステム角度の変更により装着性は「BQEYZ K2」に一歩譲るかな、という感じです。どちらのイヤホンもステム部分に凹凸がないため、穴の大きいイヤーピースを使用すると簡単に外れてしまう可能性があります。具体的にはAcoustuneの「AET08」やRHAのイヤーピースのほか、あまり耳にフィットしない方はコンプライ(例えば「TS-500」等)を使用するのもよいと思います。「BQEYZ K2」はコンプライを使用すると低域がさらにボワ付く印象となりあまり相性が良くなかったのですが、「Yinyoo NY-06」では後述の通り低域が改善されたことでコンプライも問題なく利用できるようになったと思います。


■グレードアップした低域と「ZS6系イヤホン」でもっともスッキリしたフラット寄りのサウンド

Yinyoo NY-06」の音質傾向は弱ドンシャリで、一応、他の「ZS6系」イヤホンの傾向を踏襲しています。先日レビューした「BQEYZ K2」が全体的なサウンドバランスが「RevoNext QT2」に近いチューニングとなっている、という話がありました。そして今回、ドライバー構成がQT2と同じ1BA+2DDとなった「Yinyoo NY-06」では、これらのモデルと比較してドンシャリ感を抑えフラット寄りのサウンドバランスにチューニングしつつ、低域はより締まりを向上した印象になりました。

Yinyoo NY-06Yinyoo NY-06」が「BQEYZ K2」より明らかに向上していると感じるのは低域です。印象としてはより「RevoNext QT2」に近づいた、というか、量感がアップしつつ、しっかりした締まりのある低域なった、という感じです。「BQEYZ K2」では低域は多少ボワ付いた印象ありましたが、「Yinyoo NY-06」ではしっかりした存在感と締まりのあるサウンドとなり、ある程度の沈み込みも含めかなり印象が改善されました。また「BQEYZ K2」では前に出る中高域で後方でボワ付く低域を「逆にマスクする」みたいな感じもあったのですが、「Yinyoo NY-06」ではきちんと中高域と分離するようにチューニングがされているようです。
いっぽう高域については「BQEYZ K2」では2種類のBAドライバーを搭載しており、片方のみ出力部分にフィルターをつける構造となっていました(K2のレビュー参照)。今回の「Yinyoo NY-06」は(チューニングなどに違いはあると思いますが)K2のフィルターのあるほうのBAのみを搭載した構成と言えるのではないかと思います。結果的に「BQEYZ K2」で感じた高域のBAらしい硬質なキラキラ感は「Yinyoo NY-06」ではほぼ感じず、高域は刺さらない程度にかなりスッキリ処理されている印象となっています。
Yinyoo NY-06代わりに中高域については、ある程度メリハリのある硬質なサウンドではあるものの、張り付くように定位した「BQEYZ K2」と比較してより自然な印象となり、トータルとしてはフラットに近いバランスになりました。ボーカルが近くに違和感なく定位することで、音場は少し狭く感じますが、高域同様にかなりスッキリした印象にまとめられています。
この中音域および高域の印象が「RevoNext QT2」ともっとも異なる部分ではないかと思います。「RevoNext QT2」はZS6系イヤホンのなかでも中低域寄りのセッティングおよび構成で、低域の質の良さに定評があるイヤホンですが、同時に「ZS6系」らしい、派手でメリハリのハッキリした音質傾向も踏襲していました。
今回の「Yinyoo NY-06」は、低域はQT2を彷彿とさせるような仕上がりにはなっているいっぽうで、「ZS6系」らしい派手さはかなり抑えられており、使い勝手の良いリスニングイヤホンとしてのサウンドバランスにセッティングされたイヤホンと言えるのではないかと思います。


■リケーブルによってサウンドをアレンジしてみる

また、「Yinyoo NY-06」は「Yinyoo」ロゴが入っているものの、「BQEYZ K2」と同種のケーブルが付属しており、リケーブルによりメリハリを向上させることができます。
Yinyooブランドのケーブルでは「YYX4753 6芯 純銅線ケーブル」や「YYX4762 8芯 銀メッキ線ケーブル(黒/茶)」および、最近発売された「YYX4769 8芯 OFC(高純度無酸素銅線)ケーブル」などが組み合わせとしては良いと思います。どのケーブルも分離性の向上による明瞭感のアップが期待できます。
Yinyoo NY-06Yinyoo Cable
特に「YYX4762 8芯 銀メッキ線ケーブル(黒/茶)」では高域の伸びが向上します。また新しい「YYX4769 8芯 OFC(高純度無酸素銅線)ケーブル」では全体的にメリハリのあるサウンドとなり、「Yinyoo NY-06」では多少抑えられていた「ZS6系イヤホン」としての要素が前面に出てくるような印象は面白いですね。リケーブルによってサウンドをアレンジしてみるのも楽しいと思います。
Yinyoo NY-06なお、「Yinyoo NY-06」および「BQEYZ K2」の付属ケーブルはKZやTFZなどの2pin(CIEM用の2pinと同じ)とは左右とも極性が逆になっている「qdc仕様の極性」となっています。これは最近の一部の中華イヤホンが中国国内で高級イヤホンブランドとして影響力のある「qdc」の仕様に合わせたことが理由とされています。リケーブルする際に極性を一致させるためには、装着時の位置でマイナスが上になるように取付けます。最近の2pin仕様の中華ケーブルでは2pinの付け根の部分に青い小さなマーキングがされているほうがマイナスです。ただ、耳掛け用に曲げ加工がされているケーブルで通常の2pin極性のケーブルでも「Yinyoo NY-06」「BQEYZ K2」で問題なく使用できます。要は左右で極性を変えて繋ぐと「逆層」になりますが、それさえ注意すればマイナスが上でも、下でも、どちらで接続しても正常な音(音の違いは無し)になります(詳しく知りたい方は別途検索してくださいね)。


というわけで、いわゆる「ZS6系イヤホン」の集中レビューですが、今回の「NY-06」を経て、次回の別セラー向け「BQEYZ」イヤホン2種類で一区切りとする予定です。順調にいけば次回の製品と、予告した「大運動会」(一斉比較レビュー)はお盆休み中には掲載できるかな、と考えています。
そんななか、本家KZはすでに販売を開始している5BAモデルのAS10(オーダー済み出荷待ち)のようにさらにマルチBAイヤホンへの進化が止まらない感じです。ほんとどこまでついて行けるかわかりませんが、こちらの方も引き続き追っていきたいと思います(^^)。


「HiFiHear F30」 美しいクリアシェルと穏やかサウンドが癒やされる、2BA+1DDアラウンド5千円中華イヤホン【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
HiFiHear F30

こんにちは。今回はアマゾンのマーケットプレイスに出店する中国のイヤホンセラー「HiFiHear Audio」オリジナルのイヤホン「HiFiHear F30」の紹介です。美しいクリアハウジングに2BA+1DDのドライバー構成のハイブリッドイヤホンですね。
先日より「ZS6系イヤホン」として金属ハウジングのハイブリッドイヤホンを多く紹介していますが(今後もあります)、今回の「HiFiHear F30」はおなじハイブリッドながら、ZS6系イヤホンの派手サウンドに対して、どちらかというと「穏やかさ」を感じるタイプの音質傾向が逆にちょっと新鮮に感じる製品です。5,000円前後の価格帯の製品としては十分なサウンドクオリティをもちつつ、長時間のリスニングなど、普段使いで活躍できそうな音質傾向となっています。

HiFiHear F30」は、透明なハウジングに「HiFiHear」のロゴマークがデザインされたフェイスプレートが特徴的なシュア掛けタイプのシェルを採用しています。またMMCXコネクタの採用によりより多くのイヤホンケーブルやBluetoothケーブル、Lightningコネクタケーブルなどにリケーブルが楽しめるのもメリットですね。
HiFiHear F30HiFiHear F30HiFiHear F30
カラーバリエーションは「ブラック」「ブルー」「レッド」の3色で、アマゾンでの表示価格は5,800円となっています。
※現在1,000円OFFクーポンが配布されていますので、購入時にクーポンのチェックを入れたうえで注文すると4,800円で購入できます。
Amazon.co.jp(HiFiHear Audio): HiFiHear F30


■美しいクリアシェルに金属製ステム。装着性も比較的良好で長時間リスニングにも最適。

HiFiHear F30HiFiHear F30
手元に届いたパッケージは「HiFiHear」のロゴが書かれたボックスで、中にはコンパクトなイヤホンケースが入っています。パッケージ構成はイヤホン本体、銀メッキ線ケーブル、イヤーピースは本体装着済み以外に2種類がS/M/Lの各サイズ、ケース、保証書といった内容です。
HiFiHear F30HiFiHear F30

クリアなハウジングはプラスチック製で、金属製のステムは目の細かいメッシュが貼り付けられたノズルとなっています。KZなどのイヤホンのコスパに慣れるとちょっと感覚がおかしくなりますが、価格を考慮するとイヤホン本体のビルドクオリティは十分に高いと思います。このタイプのシェル形状で2BA+1DD構成のイヤホンの場合、ステム部分にバランスド・アーマチュア型(BA)ドライバーを配置することが多いですが、「HiFiHear F30」ではステム直下のハウジング側に実装されているのが特徴的です。耳穴からBAドライバーが多少離れていることで高域の印象にどのように影響しているか興味深いところです。
HiFiHear F30HiFiHear F30

なお、「HiFiHear F30」はサイズは少し大きめですが、ハウジングの形状そのものは「KZ ZST」とほぼ同じ(金属製ステムが少し太いくらい)ですので、装着性については「ZST」と同様ですが、ステムが太い分、イヤーピースはさらに耳にフィットする少し大きめを選んだ方が良いかもしれませんね。
HiFiHear F30HiFiHear F30
イヤホン本体はOEM元と思われる類似した製品をAliExpressで見つけることが出来ますが、付属のMMCXケーブルはHiFiHearのオリジナルのようです。銀メッキコートの撚り線ケーブルで樹脂被膜は比較的柔らかく、取り回しは良好です。コネクタの質感も良く、見た目も綺麗ですので標準ケーブルでも普段使いには問題ないでしょう。ただ線材の品質的には中低域寄りのタイプのようで、後述の通りリケーブルにより音質傾向はかなり変化します。今回イヤーピースはAcoustuneの「AET07」を使用しました。この組み合わせで新幹線での移動中も使用してみましたが遮音性は問題ありませんでした。


■中低域イヤホンながら低域は抑えめ、長時間リスニングにも聴き疲れしにくい穏やかサウンド。

HiFiHear F30HiFiHear F30」の音質傾向は付属ケーブルでは中低域よりの弱ドンシャリで、ボーカル帯域を中心とした中高域が非常に聴きやすいチューニングのイヤホンになっています。最近数多く販売されているZS6系の派手めのサウンドとは異なり、よりナチュラルで普段使いでのリスニングにも向いた傾向だと思います。また後述の通りリケーブルや駆動力の高いDAP等の利用により少しアグレッシブな傾向に変化します。
開封直後は低域が少しだけモコモコする印象がありましたが、100時間程度のエージングによりさほど気にならなくなりました。低域は十分な量感があるもののバランスとしては軽めに抑えられており、ちょっと丸く広がるタイプのサウンドです。そのためキレなどはあまり感じませんが、音場は比較的広く柔らかい印象を受けます。
中音域は曲によって僅かに凹む程度で比較的近くに定位します。最近のZS6系イヤホンのように耳に張り付くような距離感ではありませんがあくまで自然な印象という感じでしょう。中高域は搭載しているデュアルBAドライバーにより硬質でエッジのあるサウンドで、低域の丸さと比べると解像度の高さを感じます。いかにもハイブリッドらしい音ですが、派手さよりはコントロールにより「まとまりを重視している」印象です。
HiFiHear F30そういう意味では先日レビューした「PHB EM023」あたりと比較するとかなり穏やかな印象のイヤホンに感じるのではと思います。低域が抑え気味なこともあり、中音域をマスクするような籠りは感じず、ボーカルなども気持ちよくリスニングすることができます。
高音域はBAドライバーの配置位置と内部基板の抵抗(ネットワーク)によりかなりコントロールされていますが、解像度はこのクラスのイヤホンでは比較的良好な印象です。ただ刺さりやシャリ付きはかなり抑えられており、刺激を求める方には穏やかすぎて物足りない印象を受ける可能性もありますが、全般的に聴き疲れしにくいサウンドバランスで、長時間のリスニングに最適な傾向だと思います。

また「HiFiHear F30」は標準ケーブルでもかなり良い印象のイヤホンですが、リケーブルによる変化もしっかり楽しめます。「HiFiHear」ブランドでも数多くのMMCXおよび2pin仕様のイヤホンケーブルを販売しており、私も最近発売された2種類のケーブルを併せて購入し、リケーブルを行ってみました。

まず、新製品の「HiF4764/6芯銀メッキ銅線ケーブル」(2,400円)にリケーブルしてみました。このケーブルはKinboofiブランドの黒色6芯銀メッキ線のシルバーカラーのバージョンで、Yinyooブランドの6芯純銅線とあわせて兄弟ケーブル的な位置づけですね。中華ケーブルの銀メッキ線は以前から数多く販売されており、この6芯線も同様に柔らかく使い勝手の良い仕上がりですが、以前のケーブルは中低域傾向が強く音質傾向的には味付けのないケーブルだったのに対し、今回の新しいケーブルはより「銀メッキ線」の傾向がはっきしした「高域の伸びをアップするタイプ」となっています。
HiFiHear CableHiFiHear F30
HiFiHear F30」との組み合わせでは付属ケーブルと同じシルバーのため見た目の相性も良く、音質面も全体的なキレが向上し、ハッキリとしたグレードアップがおこなえます。標準ケーブルと比較して、高域の刺さりなどはしっかり抑制しつつ明瞭感が向上し、ハイハットなどもより綺麗にきこえます。また低域の締まりが格段に変化し、全体的にとてもスッキリしたサウンドに変化しました。バランスケーブルも含めとても低価格に設定されているため、まずは一緒に購入してリケーブルをオススメしたい組み合わせです。またこのケーブル自体もかなり汎用性がある良い製品だと感じました。

次に、少しグレードアップして「HiF4760/8芯銀メッキ高純度銅線(ミックス)ケーブル」(3,150円~)にリケーブルします。こちらも、Kinboofiの8芯銅線、Yinyooの8芯銀メッキ線(黒/茶:通称やきそばケーブル、黄/白)の兄弟ケーブルで、HiFiHearではミックス線が販売されています。ミックス線は銅線の中低域が濃くなる傾向と、銀メッキ線の高域の伸びが良くなる傾向を併せ持つケーブルで、8芯となることでより情報量の多い、濃いめのケーブルとなります。
HiFiHear CableHiFiHear F30
こちらを「HiFiHear F30」と組み合わせると、基本的な傾向は「6芯銀メッキ線」と同様ですがさらに分離感が向上し解像度が上がることで音場がより立体的に感じます。同時にメリハリなどの「ハイブリッドらしさ」も多少向上しドンシャリ傾向が強まりますが、派手さはあいかわらず控えめで高域の聴きやすさも維持してます。ミックス線というとメリハリが強まるケーブルが多いですが、このケーブルはKinboofiの8芯銅線などと比べて比較的穏やかで明瞭感を向上させるタイプのようです。そういった意味でも「HiFiHear F30」との相性は良いと感じました。


というわけで、先日から「KZ6系イヤホン」と称したハイブリッドイヤホンを紹介している間で、「ちょっと違うタイプのハイブリッド」となった「HiFiHear F30」ですが、音質傾向的にはおそらくもっとも「まっとう」で「普通に使いやすい」イヤホンなのではないかと思います。デザイン的にも馴染みやすく、イヤホンにあまり興味のない方へ勧める際にも良いのではないかと思いました。余談ですが、先日ある飲み会で同席していた若い女性陣(もちろんイヤホンには全く興味なし)にレビュー待ちでまとめて持ち歩いていたイヤホンを見せたところ「HiFiHear F30」がデザイン的にはいちばん好評でした。付属ケーブルもちょっと高級そうですし、プレゼント用などにも最適かもしれませんね(^^)。


プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。気付けばアラフィフの酔っ払い(定期)。食べるのも好きな天秤座AB型。普段はIT屋で都内と自宅のある福井ほかあちこち出張するお仕事してます。ポタオデは趣味で出張のお供。長年のPC(?)遍歴にApple //c とNeXTstation があるのがプチ自慢(じじぃ)。
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。





記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)











最新コメント