bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

久々のインナーイヤー型イヤホン「FAAEAL 64Ω」(布巻ケーブル版)を試してみた。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
image

■個人的には久々のインナーイヤータイプのイヤホン
届いたのは先月なのですが、出張やらGWで地元に戻っていたやらで行き違いになってしまい、このタイミングのレビューになります。
Amazonのマーケットプレイスで出店している中華イヤホンのショップ(Twitterアカウント:@kimeeco)さんで紹介している商品ですが、現在は諸事情により購入できないようになっているようです。
購入ページ:Amazon.co.jp(KIMEECO):「FAAEAL 64Ω」(アップグレードバージョン)

※ちなみに製品自体はWooeasy(Easy Earphone)扱いのものと同一です。
価格は2,699円と3000円以下の価格設定で、プライム扱いではないので中国からの発送になります。

FAAEAL」という中国のインナーイヤータイプのイヤホンを作っているメーカーの製品になります。
同社の32Ωタイプは比較的評判が良かったようですが、今回入手したのはインピーダンスを向上させた64Ω仕様で、さらにケーブルが布巻きタイプになっています(アップグレードバージョンということで音質面でも向上しているようです)。image

インナーイヤー型のイヤホンはカナル型のような遮音性を求めることはできませんし、ある程度の音漏れも発生しますので大きい音量で通勤・通学などで使用するのには向きませんが、仕事中などに気軽にBGMを聴く場合などには便利です。
また、カナル型より低コストでより大きなサイズのドライバーを搭載できるためより臨場感のあるサウンドを手軽に楽しめるのも特徴です。

ともかく普段から「耳穴が小さくてイヤホンがいまいちフィットしない」だの「マッチするイヤーピースがみつからない」だのと言っているわりに、その辺の問題をあまり気にしなくてよいインナーイヤータイプはあまり使っていなかったわけですが、「FAAEAL 64Ω」を聴いてみて予想以上に良い音だったので少し反省しました。



■美しい塗装で価格以上の高級感のある質感
届いた商品は私にとっては「いつもの」Wooeasyのパッケージとお馴染みのイヤホンケースに入って届きました。イヤホン本体に黒・白・赤・グレーのスポンジカバーが2セットずつ同梱されています。このパッケージ構成だけでも3,000円以下の価格には結構お得感を感じます。
imageimage
ちなみに、「FAAEAL 64Ω」のデザインはいわゆる「MX500」というゼンハイザーの往年の有名インナーイヤーの流れをくむものです。無数のメーカーから膨大な種類のフォロワー製品が登場してますので、MX500を知らなくてもこの形のイヤホンは結構見かける、という印象ではないでしょうか。

image今回の「FAAEAL 64Ω」アップグレードバージョンは、美しい塗装の仕上げでプラスチック感は少なく、布巻のケーブルと併せて価格以上の高級感があります。インピーダンス特性が64Ωとヘッドホン並みですが、スマートフォン直挿しでも特に音量が取りにくいということはないようです。むしろ、もともとの「FAAEAL 64Ω」からケーブルが変更になったことで、情報量もアップしており、比べると単純に音量もより大きく聞こえるようです。ただこの辺は多少プレーヤー環境を選ぶ要因にもなりそうです。



■心地良い低域と広い音場感。ただしDAPと聴くジャンルで印象は大きく変化
一般的にインナーイヤータイプは、音導管で耳穴の奥まで音を伝えるカナル型と比べて物理的に再生位置が遠いため、安価な製品では中域が遠くこもった音になりがちです。
しかし「FAAEAL 64Ω」を普段使いのDAP(デジタルオーディオプレーヤー)の「Astell&Kern AK300」で聴いてみると、印象的な低音を聴かせてくれると同時に、各音域の分離性も良く、音場感のあるサウンドだと感じました。正直なところ、この価格帯のインナーイヤー型でもここまで良い音で聴けるのかとちょっと驚いたほどです。
再生するDAPを「iPhone 6」に変更し、イヤホン端子への直結でApple Musicで聴いてみた印象も同様で非常に心地良いサウンドを感じることができました。
imageimage

ただ、iPhoneなどのスマートフォン直結の場合や、ハイレゾ対応スマホやShanling M1などの低価格DAPと同じヘッドホンアンプを採用している「Hidizs AP60」を使って聴いた場合で、一部の楽曲、特にアニソンやメタル系のほぼハイゲインで埋め尽くされるような非常に音圧の高い音源を聴いた場合に完全に低音過多で中高域が籠もった音になる場合があります。いわゆるクリッピング(音割れ)を起こしている状況ですね。スマホ直結などの利用では「FAAEAL 64Ω」はこれらのジャンルの音楽にはあまり向いていないイヤホンだと思いました。

過去記事でも触れていますが、2000年頃にリリースされたCDあたりから「ラウドネス戦争」とよばれる時期を経由して一気に音圧が高く収録されるようになり、とくにこれらのジャンルの曲は音圧をギリギリまで上げて収録する傾向があり、「FAAEAL 64Ω」クラスのイヤホンではどうしてもクリッピングを起こしやすくなります。

もっとも、このような場合も、DAPにヘッドホンアンプを経由させることでイヤホン本来の特性を確認することができます。
imageimage
手持ちの「FiiO E12A」や「ALO Rx」といったアンプ側の味付けの少なく(ほぼ味付けのない)、イヤホンやプレーヤーの個性を引き立たせるタイプのヘッドホンアンプを上記の「Hidizs AP60」と組み合わせたところ、AK300で聴いたときと同様に籠もり感は解消され、非常に統制の取れたサウンドに変化させることができました。特に「ALO Rx」を経由した場合、雑味が消え、非常にすっきりした見通しのよいサウンドで聴くことができました。もっとも、3000円程度のインナーイヤーを使ってここまで大仰な環境で聴くのか、という話はありますね。

この辺は、より鳴らしやすい32Ω版だと変わってくる要素かもしれません。「FAAEAL 64Ω」はある程度どのような環境でも使えるイヤホンですが、プレーヤーの種類や聴く音楽のジャンルによってはずいぶん印象の変化するイヤホンだといえそうです。
最近になって、インナーイヤータイプのイヤホンも「FAAEAL 64Ω」のようなMX500タイプの比較的低価格なイヤホンからより高価格帯の個性的なモデルまで再びよく見かけるようになってきました。まだまだ変化の楽しめそうな領域ですし、今後もいろいろ試してみるのも楽しいかなと思っています。

「HCK DZX」3BA+1DDモデル購入して人気の理由を納得しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
image


■AliExpressセール最後のお買い物は、HCKの人気オーダーイヤホン
すでに5月に入っていますが、3.28のAliExpressの7周年セールのお買い物シリーズの、いちおうトリです。購入したのは以前から購入しようと思っていた「HCK」(Nice HCK Audio Store)オリジナルのオーダーメイドイヤホン「DZX」です。
「DZX」はHCKのイヤホンのなかでも人気の商品ですが、作成に手間がかかるためか届くまでに結構時間がかかると言われています。私の方へも届いたのは4月下旬、チャイナポストの配送期間を含め約1か月弱の納期でした。

今回購入したのは「DZX」ハイブリッドの3BA+1DD仕様です。つまり3つの中高域用BA(バランスド・アーマチュア)型ドライバに低域用のダイナミックドライバの組み合わせですね。
今回「クリア」シェル「ブラックギア」フェイスの組み合わせでオーダーしました。

購入サイトはこちら。
AliExpress(NiceHCK Audio Store):HCK DZX 

ちなみに個別のオーダーは、注文時にAliExpressのオーダー画面のメッセージ欄にリクエストを記入し、以降はメッセージ画面でやり取りを行います。

(追記)本レビューを掲載後、はじめてAliExpressを使って購入したいという方からの相談を多数頂きました。そこで、購入方法をまとめましたので併せてご覧ください。
→ 【購入方法紹介】自分だけのオリジナルイヤホンを「AliExpress」でオーダーしよう


imageHCKというとAliExpress専業で多数の中華イヤホンやポータブルオーディオ機器の取り扱いに加え、オーダーによる受注生産でマルチドライバの高音質イヤホンを数多く手掛けていることで知られています。
HCKオリジナルのなかでも「DZX」は比較的エントリーなハイブリッドモデルとして人気が高く、1BA+1DD~4BA+1DDと、同社のラインナップでは比較的少ないドライバ数での構成が選択できます。
価格もサイトの表示価格で95ドル(1BA+1DD)、129ドル(2BA+1DD)、155ドル(3BA+1DD)、209ドル(4BA+1DD)と言う設定で、初めてこのタイプの中華イヤホンをオーダーする方でも挑戦しやすい価格設定ではないかと思います。

今回、個人的に3BA+1DDのハイブリッドは他に所有していなかったこともあり、このグレードを選択しました。

届いた梱包を開けると、DZX専用のケースにクリアな本体、イヤーピースごろごろ+ケーブル。
imageimage
付属の細いMMCXケーブルはいちど参考で聴いてみて、手持ちのケーブルに交換。
よくケーブルで音質が変わるのか云々、という議論がありますが、10万円超の高級イヤホンはもちろん、このクラスのイヤホンでも安価なケーブルからちょっと良いケーブルに変えるだけでまず「音量」が変わります(笑)。もっとも普段使っているDAP(デジタルオーディオプレーヤー)が「Astell&Kern AK300」だから、ということも理由のひとつですが(ポタアン経由だとアンプの出力でケーブルの情報量の差をどうにかしてくれる場合もあります)。もちろん音質面も濃淡や解像度などにかなり影響する要素です。
とりあえず、このイヤホンの実力を発揮させるためにも、付属のケーブルはオマケと割り切って、好みのMMCXケーブルを別途用意するのは必須ですね。
※文末にDZXの組み合わせにお勧めのWooeasyのMMCXケーブルのバナーを張りました。
またHCKでDZXと一緒にグレードアップ用のケーブルをオーダーすることも可能です(HCKへのリンク)。



■所有欲を満たしてくれる大きなシェルと美しいデザイン
imageHCKのDZシリーズやDZXシリーズの等のイヤホンは「見た目」的にも人気が高く、そのなかでもDZXは比較的低価格で購入できるのがうれしいところです。
本体は予想通りの美しい仕上がりで、クリアなシェルから見えるネットワークもとても流麗です。ノズル部分はメッシュではなく3つの音導管の穴がノズル部分にあいているCIEM風なつくり。
購入したモデルではMMCXコネクタのサイド部分にベント(空気穴)があります。ちなみに、この穴の影響もあるかと思いますが、DZXシリーズのシェルは比較的「割れやすい」という話もありますので、くれぐれも落としたりしないようにしたいものです。

また、印象的なフェイスプレートのギアデザインは、右側がシルバー、左側がゴールドの意匠になっています。
HCKのイヤホンでは同様のシェルを使用した最大6BA+1DDのモデルもあるなどから、比較的大ぶりのサイズです。耳の形状によってはノズルが耳奥までフィットできない場合があります。私も付属のイヤーピースは使わず、「SpinFit」のSサイズを使いより耳奥まで挿入できるようにしたところ、いい感じでフィットできました。


■コントロールのとれた低域、量感あふれる中高域。バランスの良い濃厚サウンド
音質についてですが、以下は推奨される約200時間のエージング後の感想になります。「HCK DZX」は搭載するBAドライバの数により音の傾向は当然変わってきますが、共通して搭載するダイナミックドライバの組み合わせ方、つまり低域のコントロールが大変素晴らしい点が特徴的で、人気の理由のひとつではないかと思います。

imageDAPには普段から愛用している「Astell&Kern AK300」を使用します。全般的な印象として分解能は高く安心して聴けるサウンドです。低域はしっかりと色を持っておりマルチBAでは出せないハイブリッドらしい心地よさを感じます。ただいわゆる低音イヤホンのようなボワつきは一切なく、低域の主張はきちんと実感しつつ、一方で過剰に前に出ることはありません。
購入した3BA+1DDモデルでは中高域の量感も非常に豊富で、ボーカルは近く、高域は適度な「刺さり」がある音です。周波数特性を取ってみると実はフラットに近い傾向なのですが、すべての音域で非常に濃い音で、結果としてバランスを取っている、という印象でしょうか。
そのため、フラットでも所有しているShure SE535LTD等の3BA機とは当然全くイメージの異なるサウンドです。

imageただ、DZX 3BA+1DDの音の濃さとBAらしい分解能の高さは、普段はあまりマルチBAのイヤホンを聴かない方だと「聴き疲れ」を感じやすい音かもしれません。
実際に比較していないのであくまで推測ですが、この辺は同じDZXでも2BA+1DDくらいのほうが「すっきりした音」になるのかもしれません。いっぽう4BA+1DDになると情報量の増加とととに相応に音場も広がると思いますので、ボーカルは多少下がり、高域の刺さりも少なくなるかもという気がしています。
この辺がDZXのどのモデルを選ぶかのポイントになりそうですね。
ちなみに、DZXでも6BA+1DDや最近出た8BA+1DDモデルになると音質的には全く異なるイヤホンとなっているようですので、単純に比較はできなそうです。


■見た目だけじゃなくサウンドクオリティも含め納得のイヤホン
「HCK DZX」は実際に購入してみて、美しい仕上がりのシェルデザインに加え、音質面でも納得のいく仕上がりで大変満足できるものでした。
imageTwitterや実際の購入した方のブログなどを拝見していると、DZXに加えてさらに上位のモデルをリピートでHCKにオーダーしているケースが多いように思うのですが、それも納得できます(たぶん私自身もそうなりそうな気がします)。
また、DZXを使っていると、イヤホンに全く興味のない知人などから関心を持ってもらうことも多く、本当に印象の良いイヤホンなのだと改めて実感することも多くありました。
どのモデルを選ぶかは予算と好みによると思いますが、そういった選択肢の多さも含め、1個は所有していて損はないイヤホンだと思います。


プロフィール(Twitterアカウント)
Apple好きのおっさん。普段はIT系のお仕事。自宅は福井県ですが都内で単身赴任中。ポタオデは趣味で出張のお供。AK300/Mojo/X5III/SE535LTD/AKG好き/中華イヤホンも。美音系/モニター系の音が好み。食べるのも好き。カフェで息抜きにブログ書いてます。自宅ホームシアターも改良したいな。
※連絡などは bisonicr.keep.walking@gmail.com またはTwitterのDMまで。

記事検索
使用機器一覧など(livedoor プロフィール)

楽天市場