bisonicr keep walking.

イヤホン・ポータブルオーディオ関係のネタを中心に書いています。ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。

「KBEAR Diamond」 DLCドライバー搭載。柔らかい中高域とパワフルな低域を高い完成度で楽しめるドンシャリ傾向の最新中華イヤホン【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加
KB EAR DIAMOND

こんにちは。今回は「KBEAR Diamond」 の紹介です。中国のイヤホンセラー「Easy Earphones」や「Kinboofi」などで販売される「KBEAR」(または「KB EAR」)ブランドの最新モデルですね。「KBEAR Diamond」 は高級感のある金属製ハウジングに8.5mmサイズのDLC(Diamond Like Carbon)コートのダイナミックドライバーをシングルで搭載した仕様になっています。

DLCコーティングを施した振動板を採用したダイナミックドライバー搭載のイヤホンが最近急速に増えてきていますが、おそらく水月雨(Moondrop)の製品あたりで注目を浴びているのかもしれません。なお、DLCドライバー搭載モデルは私のブログでは「Moondrop KXXS」「FAAEAL Hibiscus」に次いで「KBEAR Diamond」が3種類目となります。DLC(Diamond Like Carbon)は日本語では「硬質炭素膜」とほぼ同義で、ウィキペディアによるとハードディスクの表面や剃刀の刃でも使われている材質とのこと。振動板にDLCコーティングを施すことで耐摩耗性に優れ、高硬度を持たせることが可能となり、一般的なダイナミックドライバーと比較して高域特性が向上するようです。
KB EAR DIAMONDKB EAR DIAMOND
また今回の「KBEAR Diamond」のアルミニウム合金製ハウジング部分はダルマオーディオ社のOEM部品を使用しているようで外観は「Vento Conductor T-800」と酷似していますね。いっぽうで低価格モデルの 「KBEAR OPAL」やKinboofiの「KBF MAYA」とも少し似た印象に見えますがフェイスプレート部分のサイズ感や厚みなど実際には結構異なっているのがわかります。
KB EAR DIAMONDKB EAR DIAMOND
またコストパフォーマンスの良いリケーブル製品も数多くリリースしているKBEARですが、「KBEAR Diamond」では標準で8芯タイプのOFC(無酸素銅)銀メッキ線ケーブルが付属します。コネクタは0.78mm 2pin仕様となっていて中華2pin、またはCIEM 2pin仕様でリケーブルももちろん可能です。

KBEAR Diamond」の購入はAliExpressの「Easy Earphones」またはアマゾンの「Kinboofi」「WTSUN Audio」にて。表示価格はAliExpressが 79ドル、アマゾンが9,800円~となっています。
AliExpress(中国からの発送)での購入方法はこちらを参照ください。
AliExpress(Easy Earphones): KBEAR Diamond

またアマゾンではアマゾン倉庫よりプライム扱いですぐに届くほかアマゾン経由でのサポートが得られるため(不良品など)万が一の場合も安心感がありますね。
Amazon.co.jp(WTSUN Audio): KBEAR Diamond
Amazon.co.jp(Kinboofi): KBEAR Diamond
※Kinboofiでは1000円OFFのクーポンを配布中のため実質 8,800円 で購入可能です。


■ 高級感のあるパッケージと高いビルドクオリティを感じる金属製ハウジング

KBEAR Diamond」のパッケージは新しいデザインのボックスで、「KBEAR Hi7」などで採用されている最近のEasy系のイヤホンのパッケージより大きく豪華さを感じるものです。従来タイプのパッケージではフェルト生地の布製ポーチが付属しましたが、「KBEAR Diamond」ではSIMGOT製イヤホンのような革製のしっかりしたケースが付属しています。
KB EAR DIAMONDKB EAR DIAMOND
パッケージ内容は、イヤホン本体、8芯銀メッキ線ケーブル、イヤーピースはグレーとブラックの2種類のシリコン製(各S/M/Lサイズ)、ウレタン製イヤーピースもブラックとグレーがそれぞれ1ペア、革製ケース、説明書。
KB EAR DIAMONDKB EAR DIAMOND

従来のKBEARなどEasy系の製品とは製造元の異なる「KBEAR Diamond」のハウジングは非常にすっきしたデザインのアルミ合金製で精度の高さを感じます。8.5mmドライバーのシングル構成ということもあり比較的コンパクトで太めのステムのわりに装着性は良好です。2pinコネクタは僅かに窪みがあり、中華2pinタイプのケーブルだとぴったり収まるようになっています。
KB EAR DIAMONDKB EAR DIAMOND

付属するケーブルは中華2pinタイプの8芯ケーブルで柔らかい線材のOFC(無酸素銅)銀メッキ線ケーブルで取り回しも良好です。プラグやコネクタ、分岐部分のパーツにはKBEARブランドの低価格帯のケーブル製品と同じ金属製のものが使用されています。「KBEAR Hi7」の付属ケーブルよりしっかりしたもので、リケーブル無しでも十分に使えるクオリティのケーブルが付属するのはうれしいですね。
KB EAR DIAMONDKB EAR DIAMOND
イヤーピースは付属のもののほか、よりフィット感を高めるため、定番のJVCの「スパイラルドット」、Acoustune「AET07」、AZLA「SednaEarfit Light」「SednaEarfit Light Short」など開口部が大きいタイプの製品を利用することをお勧めします。


■ ドンシャリ傾向で力強い低域を感じつつ、柔らかく解像感のある中高域が心地よい

KB EAR DIAMONDKBEAR Diamond」の音質傾向は結構ハッキリとしたドンシャリで開封直後からDLCらしい柔らかくも解像感のある中高域とパワフルな低域が楽しめます。一般的にDLCコートのドライバーは長時間エージングにより本領を発揮するケースが多く、「KBEAR Diamond」でも100時間程度はじっくり鳴らし込んでやるとパワフルな低域を含めた全体のバランスも安定するようですね。結構キャラクター付けがしっかりされてる製品のため、「Moondrop KXXS」のような「美音系」であるがままに鳴らす印象のイヤホンとは、同じ柔らかく透明感のあるDLCコートのシングルダイナミックでも結構対極にあるようなチューニングです。

KBEAR Diamond」の高域はある程度主張のある鳴り方をしますが、見通しの良い透明感が印象的なサウンドです。思ったより派手な感じは無く、刺さりなどの刺激は抑えられています。また決して暗くはないものの明るさや鮮やかさを強調するような音ではありません。多くの中華イヤホンに見られる硬質で派手さのある印象とは大きく異なっており、「KBEAR Diamond」の柔らかさと見通しの良さを感じる高音はDLCコートのドライバーならではの特徴といえるかもしれませんね。

中音域は曲によって多少凹みを感じるバランスで鳴ります。特に演奏の音数の多い曲ではボーカルが少し下がる印象があるようです。中高域への抜けは良く明瞭で女性ボーカルのハイトーンやピアノの高音なども多少派手さはあるものの柔らかく綺麗に鳴ります。いっぽう男性ボーカルの低音などはパワフルな低域のため少し凹みますが分離は良く籠りはほぼ感じませんでした。
KB EAR DIAMOND中音域全体での印象は高域同様にDLCコートらしい独特の柔らかを感じつつもスピードと解像感のある音で、同時にシングルダイナミック構成ならではのつながりの良さを実現しています。明瞭さにおいては同価格帯のイヤホンの中でも非常に優れていると感じました。この明瞭感は、KZやTRNなどのアンダー1万円クラスのマルチBAイヤホン(「KZ AS12」や「TRN BA5」など)や、同価格帯の「KBEAR Hi7」といったマルチドライバーのイヤホンと比較してもDLCコートのシングルダイナミック「KBEAR Diamond」が構成的に優位性を示す部分でしょう。また音場は普通程度ですが少し広がりがあります。

低域はパワフルで存在感のある音を鳴らします。開封直後は少し膨らむような印象もありましたが、長時間エージングによりおおむね解消し、厚みとともに小気味よく弾む印象で明瞭なサウンドを実感できました。重低音の沈み込みも良好な印象で、ベースラインのしっかりとした解像感のある音を楽しめます。低域の質感にこだわる方でも1万円以下、100ドル以下の中華イヤホンとしてはけっこう好感を持てる仕上がりになっているのではと思います。

最近のポップスやEDMなど打ち込み系の曲ではボーカル曲でも相性が良く、またライブ音源やスタジオ録音された曲ではドンシャリ傾向のバランスと併せて非常に心地よく、または楽しく聴くことができると思います。また女性ボーカルのアニソンなどでは少し物足りなく感じる場合もありますね。


また「KBEAR Diamond」は2pin仕様のケーブルでのリケーブルも可能です。最近存在感を増しているミドルグレード16芯ケーブル、具体的にはKBEAR「KB4878(KBX4878)」「KBX4868」「KBX4869」やYinyoo「YYX48xx」型番のケーブルなどにリケーブルすると、全体的に分離性の向上によりスピード感が増し、よりキレのあるサウンドを実感できます。いっぽうで多少ドンシャリ傾向が強まるため良くも悪くも曲の相性がはっきり出る可能性はあります。また高純度単結晶銅線ケーブルの「HiF4881」の場合、音質傾向を維持したままよりナチュラルに明瞭感が向上し、柔らかさを維持したまま全体的にスッキリした印象になります。特にアコースティックな音源との相性の良さをより実感できます。
KB EAR DIAMONDKB EAR DIAMOND

というわけで、「KBEAR Diamond」は最近増えているDLCコート仕様のシングルダイナミックイヤホンのなかでもより分かりやすいドンシャリ傾向のキャラクターを持ち、リスニングの楽しさに振ったイヤホンでした。最近中華イヤホンでもボーカル帯域にフォーカスした製品が増えており、そういった点では毛色の異なる「KBEAR Diamond」は音質傾向的に好みが分かれる可能性がありますが完成度は高く、特にしっかりした低域を好まれる方には、透明感のある綺麗な高域と併せて良い選択肢になるのではないかと思いますよ。


「TRN T3」 今度のTRNはまさかの爆安「純銀線」。3千円台で高音質イヤホンのポテンシャルを引き出すイヤホンケーブル【購入レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加
TRN T3

こんにちは。今回も前回に引き続き中華イヤホンケーブルの紹介です。中国の低価格イヤホンブランド「TRN」のケーブル製品は以前より価格破壊っぷりがえげつなかった印象ですが、とうとう高級ケーブルの代名詞ともいえる「純銀線ケーブル」でもどんでもない製品を登場させました。それが今回紹介する「TRN T3」です。このケーブルは4N(99.99%)純度の純銀線を使用した8芯ケーブルで、AliExpressで20ドル台、日本のアマゾンでも3千円台の驚きの価格設定となっています。

ちなみに、同様な仕様のリケーブル製品だと比較的安価なものでも七福神商事の「丸七銀龍」(19,800円/直販価格)等のような価格で、より安価な中華ケーブルでも「KBF4782」(14,800円/アマゾン在庫無し)、「NICEHCK CY1」(9,550円)くらいはします。確かに一部で「謎銀線」という俗称でも言われる「自称純銀線ケーブル」もアマゾンでは販売されています(なお、そのショップでは銀メッキ線仕様も同じくらいの価格で販売されており、「謎銀線」の音質傾向も上記の1万円~2万円くらいの製品とは全く異なり、どちらかといういうと銀メッキ銅線寄りだったりします)。

TRN T3TRN T3
しかし、今回紹介する「TRN T3」はサイト上に線材の材質証明(99.99%の純銀)の資料を掲載していたり、線材をバラした写真(本来の純銀線同様にナイロン芯を使った撚り線)の情報が掲載されており、ともすると「1万円前後の中華純銀線より信憑度が高いまである」内容になっています。となるとその音質傾向も非常に気になるところで、試さないわけにはいかない、とう感じになりますね。私も早速MMCXと2pinタイプの2種類のコネクタでリリース直後にオーダーしました。
購入はAliExpressの各セラーおよびアマゾンにて。AliExpressでの購入方法はこちらをご覧ください。現時点ではアマゾンでも国内在庫が無い場合は中国からの発送となりますが、不良などの際はアマゾン経由での対応ができるので安心感がありますね。


[ TRN T3 ] TRN 8芯 4N 純銀線 アップグレードケーブル
TRN T3 8 Core Pure Silver Cable 3.5/2.5mm MMCX/2Pin Upgrade Earphone Cable
【 MMCX 】【 0.78mm 2pin 】【0.75mm 2pin】【3.5mm】【2.5mm/4極】

TRN T3TRN T3
TRNのオリジナルケーブルの最新モデル。8芯ミックス線「TRN T1」、16芯銀メッキ線「TRN T2」に続き、よりハイグレードなケーブルとして「4N(99.99%)純度の純銀線」を採用した8芯イヤホンケーブルが「TRN T3」です。通常は数万円クラスの製品も数多く存在する高級ケーブル用線材の純銀を採用しつつ驚異的な低価格を実現したケーブルです。
同社ケーブルの中でもハイグレード扱いと言うこともあり、コネクタ、プラグ、分岐部分はクローム仕上げの金属部品を採用。より高級感のある仕上がりとなっています。プラグは3.5mmステレオのほか、2.5mm/4極のバランス仕様も選択可能。また2pinは通常の「中華2pin」(0.78mm)のほか、TRNおよびKZ/CCA製イヤホン向けの「0.75mm 2pin」が選択できるのも「TRN純正ケーブル」ならでは、でしょう。
TRN T3TRN T3
今回はMMCXコネクタと中華2pin(0.78mm)の2.5mmバランス仕様を購入。パッケージは「TRN T1」「TRN T2」同様にコンパクトな白箱のパッケージで届きました。線材は少し弾力のある透明な被膜に覆われた線材がしっかり編み込まれており、若干硬さはあるものの取り回しは良好です。同じ銀線との比較では「丸七銀龍」より被膜のぶん線材ごとに僅かに太く、やや硬め。同様な被膜の「KBF4782」を8芯にしたような感じです。

TRN T3TRN T3
TRN T3」の音質傾向は想像以上にナチュラルで、1音1音をより明瞭に捉え、よりきめ細やかな表現力を与える印象。言い方を変えると大きな音質傾向の変化は無いため、リケーブル効果を実感できるのは相応にポテンシャルの高いイヤホンで、かつ十分にS/Nの高いDAPなどの再生環境を利用したケースでしょう。
ケーブルの情報量は16芯銀メッキ線の「TRN T2」のほうが多い印象で、「TRN T2」のほうが、わかりやすいリケーブル効果(変化)を感じることができます。TRNのT1〜T3の各ケーブルはグレードの違いと言うより「傾向の違うケーブル」と考えるのが適当で、より「濃い音」にしたい場合は8芯ミックスの「T1」、より情報量をアップしメリハリのある音を楽しみたい場合は16芯銀メッキ線の「T2」を選ぶ方が「TRN T3」より良い選択だと思います。特に低価格中華イヤホンでは「TRN T3」より「T1」「T2」のほうが「合う」製品も多いかもしれませんね。

そして「TRN T3」はもともと十分に明瞭で解像感のあるイヤホンで音質傾向を変化させずに中高域を中心に粒状感をアップさせ、より1音1音の表現力を発揮させるのに最適です。そういった意味では情報量では価格相応の差を感じますが、傾向自体は「丸七銀龍」に近く、確かに「純銀線」らしい傾向だなと思います。とはいえ例えば「TFZ KING EDITION」のようにもともと反応の良いイヤホンと組み合わせる場合は「TRN T3」のほうがバランスが崩れること無く楽しめるようで、音の粒立ちがナチュラルに向上することもあって、とくにアコースティックな音源などでの実在感は息をのむほど変化します。いっぽうで低域も細るようなことは無く、しっかりとイヤホンの特徴を活かしているのを感じます。
TRN T3TRN T3
またフラット寄りで解像感のあるマルチBAイヤホンとの相性も良く、こちらも同様に解像感が向上し、特に中高域の明瞭感がアップするのを実感します。「Rose BR5 Mk2」の場合、16芯銀メッキ線ケーブルなどでは高域の刺さりが強くなりすぎる場合もありますが、「TRN T3」ではしっかりバランスを維持したまま抜けの良さが向上し、明瞭かつ深みのあるボーカルをしっかり堪能することが出来ました。中華イヤホン以外でもSE846やAndromedaなどの製品でも相性の良さを感じると思いますよ。このクラスの製品の場合、数万円クラスのケーブルを普通に使っている方も多いと思いますが、「TRN T3」をものは試しで使ってみるもの興味深いですね。きっととても3千円台で買えるケーブルだとは感じないと思います。

いっぽうで、「TRN T3」はインピーダンスが高く感度が低い(鳴りにくい)傾向のイヤホンとの相性は今ひとつの場合が多いかもしれません。つまりある程度ハイグレードなシングルダイナミックのイヤホンでは少し「細る」印象を感じる可能性があります。これらのイヤホンはもともと質の良い銀メッキ線ケーブルやミックス線ケーブルのほうが純銀線より相性が良い場合も多いのですが、「TRN T3」の場合はその辺の差が多少出やすいかもしれません。この辺は価格的な要素と、線材の特性ですので上手く使い分けをしたいところですね。

というわけで、「TRN T3」は1〜2年前なら「低価格ケーブル」のカテゴリーの価格帯の製品ながら「純銀線」としての特徴を十分に発揮しており、驚くほどコストパフォーマンスの高いイヤホンケーブルでした。「純銀線ケーブル」自体が本来「相当に分かってるマニア向け」で組み合わせるイヤホンの向き・不向きは結構ありますが、その点を踏まえればとてもお勧めできる製品だと思います。個人的にも何本か買い増ししようかと思っています。


プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。ただのアラフィフの酔っ払い。食べるのも好きな天秤座AB型。東京と福井(鯖江)の自宅の二拠点生活も気付けば5年以上。普段はIT屋でよく出張するお仕事してます。ポタオデは趣味で出張のお供。PC(?)遍歴にApple IIc とNeXTstation があるのがプチ自慢(^^;
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。


【Amazon Music HD / UltraHD対応まとめ】






記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)




購入イヤホン「好みランキング」


中華イヤホンケーブルまとめ(記事)









最新コメント














 
  • 累計: