bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

「TRN V10」 話題の最新2BA+2DD格安中華イヤホンの「音の変化」を確認してみた【レビューその①・購入編】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
TRN V10

年末年始ですっかりレビューが遅くなってしまいましたが、話題の中華イヤホン「TRN V10」です。
アマゾンでもアンダー5,000円の価格設定ながら、2BA+2DDという4ドライバー構成に2pinリケーブル対応と、おっと私のブログでもおなじみ、KZの「ZS5」「ZS6」を彷彿とさせる内容も特徴的です。
ただ、開封時は「極端なドンシャリの変な音」ということで実際のところはどうなの? と気になることもしかり。ということで、長文必至なこともあり、今回は前後編にわけてこの話題のイヤホンをレビューしたいと思います。

TRN V10」は現在のところ「透明モデル」と「黒モデル」の2色が販売されており、私は2色ともを別々に購入しました。透明モデルについては毎度おなじみ中国のイヤホンセラーのHCKから入手しました。
AliExpress(NiceHCK Audio Store): TRN V10

またアマゾンでもHCKのマーケットプレイスにて販売されています。
Amazon.co.jp(NICEHCK): TRN V10

TRN V10」は前述の通り、2BA+2DDのハイブリッド構成のイヤホンです。しかし同じ構成のKZ「ZS5」や「ZS6」と比べるとドライバーの配置は非常にシンプルで、KZのイヤホンでいうと1BA+1DDの「ZST」や「ES3」を彷彿とさせるレイアウトになっています。
TRN V10TRN V10
しかし、ステム部分に装着されたBA(バランスド・アーマチュア)ドライバーユニットがデュアル仕様なのに加え、ダイナミックドライバーもひとつのユニット内に11mmドライバーと6mmドライバーを直列に配置する複合2DD仕様となっています。その結果、合計で「2BA+2DD」の構成となっているわけです。
また付属のケーブルはマイクなしモデルとありモデルが購入時に選択可能です。


■届いた「TRN V10」をじっくり確認。デュアルBAは「Bellsing 31785」を搭載の模様。

さて、実際に届いた「TRN V10」のパッケージは透明モデル、黒モデルともシンプルな白箱です。
TRN V10TRN V10
パッケージ内容はイヤホン本体、2pin仕様のケーブル、イヤーピースがS/M/L(Mサイズ装着済み)、説明書、といったシンプルな構成でコストはイヤホン本体に全力投入、という感じがうかがえます。
TRN V10TRN V10
イヤーピースは透明モデルがホワイト、黒モデルがグレーのシリコン製となります。

本体はプラスチック製で上下2つのパーツを貼り合わせる形になっています。透明モデルの場合、内部の配線までよく確認できます。
TRN V10TRN V10
装着性は比較的良好なほうだと思います。ステム部分に「引っ掛かり」がないタイプですので、付属以外のイヤーピースを使用する場合は穴が少しきつめのタイプを使用した方が良いでしょう。
また装着されるBAドライバーは「デュアルタイプ」がひとつステム部分に装着されています。
TRN V10TRN V10
透明モデルも黒モデルもおそらく「最初期ロット」だから、ということもあるのですが、実は黒モデルのほうは片方ステム部のメッシュパーツの接着が甘かったようで使っているうちに一度外れてしまいました。この辺の個体差はKZで慣れているのでさほど気にはしません(^^;)。とりあえず再接着して使用してますがそのまえに搭載しているデュアルBAドライバーを目視で確認しました。

TRN V10ところでこのBAドライバーは、Bellsing社のロゴと「31785」と思われる型番を実機から確認できたことから「Bellsing 31785 BRC215C31785)」ではないかと推測できます。
型番的にはKnowles社の「DWFK-31785」のBellsing版といった感じですね。KnowlesのデュアルBAのツィーターといえばTWFKが有名ですが、ちょっとマイナーなDWFKのさらにBellsing版ということでいよいよドライバーからは音のイメージがつかめない感じです。Bellsingといえば最近は有名メーカーのCIEM等でも採用され始めていますが、以前はなんといってもKZ社の「ZST」の最近のロットまで採用されていた「Bellsing 30095 BA」などを思い出します(詳しくは過去記事のZST Proのレビューなどを参照ください)。

いっぽう、製品付属のケーブルは製品資料ではCIEM仕様の0.78mm 2pinコネクタで「OFC線材+250Dナイロン糸編組+良質なPVC」の線材を使用しているとのこと。
TRN V10確かにKZ製イヤホンのゴムゴムした被膜で覆われた見るからに安そうなケーブルと比較するとなかなかの高級感をもっています(音質面については後述)。
本体側の2pinコネクタはもしかしたら「KZ用の0.75mm 2pinコネクタのケーブルでも緩くならないようにわざときつめにしているのかしらん」と思えるほど非常にきつめになっています。そのため最初にケーブルを装着するのには結構苦労するかもしれませんね(個人的には以前入手した「AZLA」に純正ケーブルを最初に装着するときも同様にきつかったのでイヤホンの価格に関係なく「たまにあること」という認識ではあります)。

上記の通りコネクタは通常の2pin仕様のため、CIEM用の各種2pinケーブルやKZ ZS5/ZS6で使用可能なケーブル(KZ純正品を除く)でのリケーブルが可能です。
TRN V10TRN V10
またTRN純正のアップグレードケーブルとして銀メッキ銅線のシルバーカラーのケーブルも別売で用意されています(HCKのAmazonでの価格は1,500円)。
Amazon.co.jp(NICEHCK): TRN 4芯 銀メッキ銅 イヤホンケーブル


■とにかくエージングして、イヤピースを替えて、リケーブルしてみた。

TRN V10」のサウンドは「派手」を通り越してかなり「ヘン」と感じるくらい特徴的な音です。ただこのような音に聴こえるのにはいくつかの理由があり、長時間のエージングを行ったうえで、標準の構成のままでは使用しないことがひとつのポイントになるかもしれません。
※さらに後編ではより抜本的な改善方法についても取り上げています。

TRN V10TRN V10」の周波数特性は典型的なドンシャリですが、開封直後はとにかく「ドンドン」「シャリシャリ」と派手な低音と盛大にシャリつく高音で、中域はもちろん、音場もなにもあったもんじゃない、という印象でした。そこで、今回2色の「TRN V10」をほぼ同時に購入したため、両方を聴いてみて開封直後の音がほぼ同じことを確認のうえ、片方のみをじっくりエージングしました。エージング方法はいつものApple Musicのランダム再生をエンドレスで行う方式。
150時間程度のエージングを行ったうえで、ほぼ開封直後状態のもう片方と聴き比べを行うと、どちらも高域に強めのシャリつきはあるものの、エージングを実施したほうの「TRN V10」のほうが幾分落ち着いた印象になりました。エージングにより印象が劇的に改善するわけではありませんが、ある程度の長時間エージングにより全体のバランスに改善が得られることは間違いないようです。

TRN V10またイヤーピースはより耳穴にフィット感のあるものを使用することでも多少印象が改善します。
どちらかというと低域が強くなる「final E」タイプのようなイヤーピースより、多少開口部の大きいもののほうが相性が良さそうです。私は「SIMGOT EN700 Pro」付属のEartip1(開口部の大きい方)を使っていますが、RHAのイヤーピースなども良い印象でした。他にもKZのイヤホン等でも愛用者の多いAcoustuneの「AET07」も相性が良いようです(私はまだ試していないので後日使ってみます)。さらに高域のシャリつき軽減効果で定番のOSTRYのイヤーピース(SO100SO200SO300)も十分に効果がありました。
同様の効果を得るために目の細かいスポンジやガーゼ状のものをステム部に挟んでイヤーピースを装着する方法もあるようですね(左右のバランスや加減が難しいため私は試していません)。

そして同様にある程度の改善効果が得られるのが実はリケーブルです。「TRN V10」付属のケーブルは見た目や使いまわしこそ良好なものの、線材のクオリティ、特に情報量という点では「価格相応」というレベルのものです。後編のレビューにて取り上げたいと思いますが、「TRN V10」はDAP(デジタルオーディオプレーヤー)などの再生環境にもかなり影響されるイヤホンで、これは再生環境の出力などによって歪みが発生しやすい傾向にあるためと考えています。同様に情報量の高いケーブルにリケーブルを行うことでも変化が発生します。
TRN V10TRN V10
前述の純正アップグレードケーブルを使用した場合、シャリつきの軽減は限定的ですがDAPのよっては多少ボリュームを下げても音量を確保することができ、相対的に中域の存在感が増す印象です。

TRN V10いっぽう、よりケーブルのグレードを上げて、HCKがAmazonで販売している8芯の銀メッキ線と高純度銅線のミックスケーブル(2pin/バランス接続)を使用したところ、バランス接続の効果もありAstell&Kern「AK300」等のDAPではfripSide等の高域の刺さりが出やすい曲でもかなり良い印象にかわりました。
そして、手持ちのケーブルのなかでベストの相性かつ劇的な音質変化があったのが同じくHCKのAliExpressのショップにて以前購入した金メッキ銅線のケーブルでした。一般的に金メッキ線は中域がより強調され、高域と低域が抑え気味になる傾向があるといわれますが、まさに「凹な音質のTRN V10」と「凸な傾向の金メッキ線ケーブル」でベストマッチ、というわけです(笑)。
とはいえ、このケーブルはもともと非常に情報量の多いケーブルで、例えばDAPに「PLENUE R」を使用した場合、標準ケーブルで「80~85」程度のボリュームが必要な曲が「65~70」程度で十分な音量が確保できます。
TRN V10このレベルの音量差があると、特に構造的に高ゲインで歪みを発生しやすい傾向のあるBAドライバーは、高域の伸びや分離性にかなり影響があるのではと思われます。このケーブルの組み合わせでは高域強めのメリハリのあるサウンドで解像度も高め、男性ボーカルはもちろん、女性ボーカルの曲も結構楽しめる印象です。このように「ケーブルの情報量による音質変化」があるということは、おそらく有名ブランドの数万円クラスのケーブルとの組み合わせでも同様以上の効果が期待できそうです。
もっとも、この金メッキ線のケーブルは表示価格で100ドル以上と、中華イヤホンケーブルとしてはかなり高価格帯のもので正直「格安イヤホン」の類に入る「TRN V10」との組み合わせには多少無理があるのも事実ですし、それ以上の価格帯のケーブルともなるとなおさらでしょう。後編では、もう少し現実的な価格帯のケーブルをさらに試してみたいと思います。


というわけで、前編ではいつもより多少変則的ながら「TRN V10」を開封からいろいろ確認してみるところまでを紹介しました。後編では純正Bluetoothケーブル「TRN BT3」のレビューに加えて、さらなる音質改善について深掘りしていきます(後編につづく)。
→ 「TRN V10」の音質改善方法を深掘りしてみた【レビューその②・比較編】 & 「TRN BT3」純正Bluetoothケーブル



「Wooeasy 14BA」驚異の14BAによる立体的でエモーショナルなサウンドを堪能できる超ハイスペックイヤホン【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Wooeasy 14BA

最近はマルチBAイヤホンの進化が凄まじいですが、今回は、そんな中でも屈指の「多ドラ」構成を誇るイヤホンのひとつ、Easy Earphonesの「Wooeasy 14BA」です。名前の通り、片側に14個のBA(バランスド・アーマチュア)型ドライバを搭載するオーダーメイドタイプの超ハイスペックイヤホンとなります。
今回は「Wooeasy」ブランドを展開するEasy Earphones@hulang9078)からの依頼により貴重な実機をお借りしてのレビューとなります。

中国AliExpress(Easy Earphones)での表示価格は977.78ドルですが、本記事をご覧頂いている方向けに大幅なフォロワー値引きが適用されます。また購入時に「bisonicr」とメッセージを入れていただくだけでも値引き対象になります。AliExpressでの購入・割引方法を含め詳しくはこちらをご覧ください。
AliExpress(Wooeasy Earphones Store):Wooeasy 14BA

facepanel optionWooeasy 14BA
またオーダー時のカラー選択は「Red Wood」と「Carbon」がありますが、この2種類以外にも今回お借りした「ギアデザイン」など合計36種類のフェイスデザインが選択可能です(オーダー時に上記キーワードと一緒に希望フェイスデザインをメッセージ欄に記入)。さらに「自分だけの」デザインについてもリクエストも別途費用により対応可能な場合もありますので、Easy EarphonesのTwitterアカウントのDM(日本語または英語)やAliExpressでのメッセージ(英語)で相談いただくのも良いと思います。なお、オーダー後にハンドメイドでひとつひとつ作られますので、納期は1か月以上かかる場合もあります。あらかじめご了承ください。


■BAドライバがびっしり詰まった迫力のハウジングながら装着感は良好

さて、今回お借りした「Wooeasy 14BA」のパッケージはEasy Earphonesのオーダーイヤホンではお馴染みの「VT Audio缶」で届きました(要するにVT Audioのファクトリーで作られるイヤホンということですね)。
Wooeasy 14BAWooeasy 14BA
「VT Audio缶」にはイヤホン本体、MMCXケーブル、白のイヤーピースS/M/Lが同梱されており、さらに別途付属するイヤホンケースにはグレーのイヤーピースS/MLと、ウレタン製イヤーピース4セット(黒・グレー・赤・青)、イヤーフック、ケーブルバンドが同梱されていました。

Wooeasy 14BA」の本体デザインは、さすがに14BAというドライバー数ともなるとかなり分厚く大振りのハウジングとなります。お借りしたイヤホンはカラフルなギアデザインのフェイスプレートで、ひとつひとつのギアパーツが丁寧にレイアウトされた大変美しい仕上がりです。ビルドクオリティも非常に高く、高級モデルとして強烈な存在感を持っています。
Wooeasy 14BAWooeasy 14BA
今回はハウジング部分がブラックのタイプですが、そこからでもびっしり詰まったBAドライバーを確認することができます。大きいハウジングとはいえ形状はよく考慮されており装着性そのものは良好です。ほとんどの方は付属のイヤーピースでも装着で不便することは少ないと思います。

Wooeasy 14BAWooeasy 14BA
ベント部分は3つの穴がそれぞれ音道管につながっているタイプ。同じタイプのデュアルドライバーが複数セットになった3種類のBAユニットの集合体から出力されています。

Wooeasy 14BAWooeasy 14BA
ドライバー構成は非公開ですが形状からすべてKnowles製BAドライバーを使用していると想定して、透明ハウジングのサイト掲載写真およびお借りしている実機を確認してみると、
 ・ Knowles TWFK-30017と思われるデュアルBA ×3 (合計6BA)
 ・ Knowles GR-31587(型番確認)デュアルBA ×2 (合計4BA)
 ・ Knowles DTEC(30265または30008)と思われるデュアルBA ×2 (合計4BA)
という組み合わせで片側14BAを構成しているのではないかと思われます。

なお、本体にはVT Audio(Wooeasyブランド含む)ではおなじみの銀メッキコートのMMCXケーブルが付属しますが、さすがにこのクラスともなるとリケーブルが前提となると思いますので、本レビューでも手持ちの数種類のケーブルにリケーブルを実施のうえ試聴することにします。


■超マルチBA構成が生み出す情報量の多さと立体的でパワーのある音場感

一般的にBAドライバーはエージング効果が少ないと言われていますが、このクラスのマルチBAともなると落ち着くまでに100時間~200時間ほどの鳴らし込みが有効という情報があります。今回はお借りしたイヤホンですので、すでにある程度のエージングは行われているという前提で、かつ私の方でプラス100時間程度のエージングおよびリスニングをおこなった上でのレビューとなります。

Wooeasy 14BA」の試聴でまず実感するのは、なんといっても情報量の多さに加えてダイナミックドライバーのイヤホンとは異なるマルチBA、それも多ドライヤホン独特の立体的な音場感でした。14BAという超マルチドライバーの構成により、より強化された多ドラ傾向サウンドが圧倒的なパワーを持って押し寄せてくる感覚がとても印象的です。

Wooeasy 14BA十分なエージングを経ていることもあってか、多くのドライバーによって構成されているにもかかわらず、全体のつながりに違和感は皆無で、全体的にきれいにまとまった非常にクオリティの高い良好なサウンドです。
周波数特性はフラットに近く、全域にわたって非常に解像度の高い、かつ14BAの表現力によりコンサートホールのような立体的で広い音場を実現しています。Hi-Fi(原音忠実性)という視点では「かなり演出過剰」ですが、ホールやステージの臨場感や実像感がひしと伝わる印象は、一部の数十万円クラスのマルチBAやハイブリッド構成の高級イヤホンやCIEMにも通じるサウンドです。

なお、インピーダンスは低く音量は取りやすいですが、さすがに14BAというドライバー数ともなると実力を発揮するためにはある程度の駆動力を必要とします。とはいえ、このクラスのイヤホンを使用される方は相応のプレーヤーやアンプをすでに使用されているのではと思いますので再生環境がネックになることはほぼないでしょう。

Wooeasy 14BADAP(デジタルオーディオプレーヤー)およびケーブルの相性についてですが、Astell&Kern「AK300」のバランス接続クラスのパワー供給で再生に過不足はないものの、「nano iDSD BL」などをポータブルアンプとして接続し一定の音圧を与えることで高域のキレは良くなります。いっぽう、出力不足のDAPで過度に音圧を高めたり、逆にパワーが強すぎるアンプの場合は高域に歪みが発生しハイ上がりのような状態になる場合もあるのは一般的なマルチBAイヤホンと共通の傾向です。
非常に音圧の高いイヤホンのため一定レベル以上のクオリティのケーブルを使用すれば音の変化は少ないですが、手持ちケーブルでは銀メッキ線+銅線のバランス接続での高域の伸び具合が気に入りました。

高域の描写も精緻ですが刺さりはほぼ皆無で思った以上に聴きやすい印象を受けます。また低域はこの「Wooeasy 14BA」の醍醐味ともいえる部分で、低域用デュアルドライバー2基を2種類、合計8ドライバーを中低域または低域に割り振ることでBAらしい解像度と分離性の高い低音と、広大な音場をもった独特な響きのよさを実現しています。
Wooeasy 14BA多くのBAドライバーを使って低音を表現している、という点で、もっとごちゃごちゃした音かと想像したのですが、実際には非常にキレの良い、コントロールされたサウンドだと感じました。
BAは解像度を高くできる半面、構造的にある程度の歪みが発生してしまう傾向もあります。そのため多ドラ構成のマルチBAイヤホンでは自然さに欠け人工的なサウンドの印象が強くなってしまうケースも少なくありません。しかし、同じBAユニットを複数重ねて和音を作ることで音圧を高めると同時にドライバーあたりの音量を抑制することで歪みもある程度減少できる効果があり、結果的に解像度の高さを維持したままコントール性が向上しているのではと思われます。

Wooeasy 14BAWooeasy 14BA」が生み出す臨場感のあるサウンドは、たとえば私が所有する「HIFIMAN RE2000」と比較するとまさに対極ともいえるものです。たとえばフルオーケストラの演奏を聴いてみると、RE2000では原音を忠実に再現し、さらにひとつひとつの音を精緻に表現している、文字通りの「Hi-Fi」サウンドであるのに対し、「Wooeasy 14BA」では解像度の高さではまったく引けを取っていないものの、大量のBAによる低域が生み出す独特の反響音はとにかく豪華で、コンサートホールで迫力ある演奏に息をのむような強烈な印象がエモーショナルに訴えかけます。映画のサウンドトラック等を聴いていると感動したワンシーンが脳裏に鮮明によみがえり感涙を呼ぶほどの力強さがありました。


■10BAを超える超マルチドライバー構成でしかつくれないサウンドがある。

ところで、私自身も以前は10BA以上の超多ドラ構成に否定的な意見として、BAだけで十分な低域と音場をつくるためには多くのBAドライバーを低域用に割く必要があり、ハウジングのサイズ的にもコスト的にも非効率ではないかと考えていました。例えばUnique Melodyの代表的な製品のように、高級イヤホンの価格帯でもハイブリッド構成にするほうがより低コストでクオリティの高いサウンドが作れるのでは、と思っていたわけです。
Wooeasy 14BAしかし、同等の低域の解像度の高さや立体感のある音場をダイナミックドライバーで作る場合、高精度の振動版など品質面の歩留まりも考慮する必要性から実際は相当コストがかかり、さらにネットワークの調整も一層の複雑さを増すため、ハイブリッドを得意とする高級CIEMメーカー等以外は現実的には難しいのではないかと思われます。しかもこれらのメーカーの製品は多ドラ構成でもハイブリッドでも数十万クラスの価格帯となってしまいます。
いっぽうEasy(VT Audio等のファクトリー)のようにマルチBAイヤホンに慣れているメーカーによる10BAオーバーの超多ドラ構成は、ハウジングの大型化などと含めてドライバーの使い方が「もったいない」という印象があるものの、実際は数十万円クラスの音質を結果的に大幅な低コストで実現できる手法だともいえるのではないかと思います。

Wooeasy 14BA」はある程度の割引は期待できるとはいえ、表示価格で10万円クラスと、オーダーメイドの中華イヤホンとしては決して安価な製品ではないため、購入を希望される方もかなり限定されるとは思います。しかしコストに見合うパフォーマンスは十分にあるイヤホンであることも確認できました。もし濃度の高い10BAオーバーの多ドライヤホンに挑戦したい場合は、Easy Earphonesの14BAも有力な候補として検討しても良いかと思いますよ。


プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。Apple好きのおっさん。食べるのも好き。普段はIT系のお仕事。自宅は福井県ですが都内で単身赴任してます。ポタオデは趣味で出張のお供。美音系/モニター系の音が好みです。自宅ホームシアターもそろそろ改造したいな。
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。


記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)







最新コメント













Rakuten



成長因子