bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

「KZ ZSA」 コンパクトなデザインと馴染みやすいサウンドがうれしい、KZの低価格ハイブリッド中華イヤホン【レビュー/紹介編】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
KZ ZSA

こんにちは。今回は最近怒濤の新製品ラッシュが続いている低価格中華イヤホンの代表的ブランド「KZ」の最新ハイブリッド(1BA+1DD)モデル、「KZ ZSA」です。最新、といってもあまりに次から次へと新製品が発表されるのでいったい何が最新なんだ?という感じにもなりつつあります(^^;)。
KZ ZSA外観は同社の昨年の人気モデル「ZS6」を彷彿とさせるメタルボディですが、ひとまわり以上小さく、シュア掛けタイプのイヤホンとしてはかなりコンパクトなデザインとなっています。サウンドはZS6のような金属質なキレの良さと低音寄りの厚みのある聴きやすいサウンドを両立しており、今回もアンダー3,000円クラスのイヤホンとしては抜群に完成度の高い仕上がりとなっています。
さて、そんな「KZ ZSA」ですが、今回も前後編として取り急ぎ先に届いた「ブラック/レッド」モデルを元に「紹介編」としてレビューを行います。「KZ ZSA」も各色オーダーを行っていますので、もうひとつの「メタリックグレー」が到着したタイミングで続編を掲載したいと思っております。
※グレーモデルも到着しましたので以降で一部写真の追加を行いました。


■怒涛の新製品ラッシュ、今回のハイブリッドは開放型メタルボディ&8mmダイナミック搭載

KZ ZSA」は「1BA+1DD」のハイブリッドモデルですが、先日の「KZ ES4」のレビューでも触れたとおりこのレンジにはKZだけでも非常に多くのモデルが製品化されています。ただKZの1BA+1DDハイブリッドの多くがシングルBA(ツイーター)+10mmダイナミックドライバー(「勾玉タイプ」または「レンコンタイプ」)の構成に対し、「KZ ZSA」ではシングルBA+8mmのダイナミックドライバーを採用しており、他の同社製品では「ED15」に近い仕様となっています。後述しますが、音質傾向的にも、「KZ ZSA」は「ED15」とダイナミック、BAとも同じドライバーを採用している可能性もありますね。
KZ ZSAKZ-ZSA
ハウジングはCNC切削加工されたアルミ製で、フェイスプレート部分に「ZS6」と同様の大き目のベント(空気孔)があるデザインとなっています。「KZ ZSA」のサウンドを構成するうえで、ベント、ダイナミックドライバー、BAドライバーが同一線上でステムにつながるシンプルな設計となっており、KZらしいローコスト化の工夫も感じますね。

購入は中国のイヤホンセラーEasy Earphonesにて。カラーは「ブラック/レッド」「グレー」の2色が選択できます。本レビュー執筆時点では「ブラック/レッド」モデルのみが日本へ届いているようですが、私がオーダーしている「グレー」もすでに中国から発送されており、まもなく両方のカラーが揃うのではと思います。
AliExpress(Easy Earphones): KZ ZSA 表示価格 21ドル~22ドル
Amazon.co.jp(WTSUN Audio) KZ ZSA 表示価格 2,799円
Amazon.co.jp(Kinboofi): KZ ZSA 表示価格 2,799円~

AliExpress(中国からの発送)でのオーダー方法はこちらを参照ください。Easy EarphonesのTwitterアカウント(@hulang9078)をフォローのうえオーダー時にアカウントを連絡するとフォロワー値引きが得られると思います。また同Twitterアカウントでは頻繁に割引情報等がツイートされていますのでフォローの上こまめにチェックされることをお勧めします。

パッケージはいつものKZのサイズ白箱。今回はES4同様にラインアートのデザインとなっています。
KZ ZSAKZ ZSA

パッケージを開けてまず驚かされるのは「KZ ZSA」のコンパクトさ。
「ZS10」のときはつい「でかっ」と思ったのですが、今度は「ちいさっ」となりました(^^)。
KZ ZSAKZ ZSA
付属品は本体、ケーブル、イヤーピース(S/M/L)、説明書・保証書。いつもの最小限の内容です。

KZ ZSA」の本体デザインは非常に小さなサイズながらよくまとまった形状で、昨今の同社製イヤホンに共通のビルドクオリティの高さも実感します。また今回は「ZS6」のようなパ〇リ感はかなり解消できている印象です。
KZ ZSAKZ ZSA
本体のコンパクトさに対してBAドライバーを収容するステムは結構太めとなっています。

KZ ZSAKZ ZSA
KZ ZSA」を「ZS10」「ZS6」と比較するとあらためてそのコンパクトさを実感します。ZS10と比較すると半分以下のサイズですね。
※また、後日到着したメタリックグレーのモデルは「ZS6」のグレーとほぼ同色でとても落ち着いたカラーリングとなっています。用途に合わせてカラーを使い分けるのも楽しいですね。
KZ ZSAKZ ZSA


■標準ケーブルのコネクタはL字ですが「ZS5/ZS6」タイプが付属。

また付属ケーブルはZS10、ES4同様のブラウンのケーブルでコネクタ部分もL字のタイプですが、本体への挿入部分(カバー)の形状が変わっています。サイズ的には「ZS5」「ZS6」用の純正ケーブルと同じとなっています。
KZ ZSAKZ ZSA
そのため「KZ ZSA」の付属ケーブルは「ZS5」「ZS6」への流用が可能です。またKZの純正アップグレードケーブルは「ZS5/ZS6/ZS3用」が「KZ ZSA」でも使用することができます。「ZST/ZSR/ZS10/ES3/ES4用」ではないのでご注意ください。
KZ ZSAKZ ZSA
KZ ZSA」はシュア掛けタイプながら非常にサイズが小さいイヤホンのため、耳の大きさによってはすっぽり収まります。いっぽうステムはZS5/ZS6同様に太いこともあり、ストレートタイプのイヤホン同様にほぼイヤーピースのみで耳に固定する状態になります。そのためイヤーピースは場合によっては少し大きめのものやダブルフランジタイプが良いかもしれませんね。


■メタルハウジングならではのキラキラ感と低域寄りのサウンドが共存する絶妙なバランス

KZ ZSAKZ ZSA」の音質傾向は低域が厚めのドンシャリですが、同時にメタルハウジングの同様なデザインの「ZS6」とも共通する金属質なキラキラ感のあるサウンドです。周波数特性的には「ED15」とよく似たカーブを描きます。
実は先日レビューした「ED15」ですが、販売開始早々でもう生産を終了した(あとは在庫限り)という情報もあります。もしかしたら「KZ ZSA」は「ED15」と同じドライバーで同じライン上で入れ替わりで生産されているのかもしれませんね。ただ、「KZ ZSA」は「ZS6」同様にフェイス部分に大きなベントのある開放型の側面もあり、「ED15」より音抜けの良い音場の広さがあります。「ED15」も本体後方のベントから少し音抜けはありますが、密閉型として力強い低域を響かせる「ED15」と、開放型として低域をは少し抜けますが十分な厚みで、ちょうどよい心地よさの広がりを作っている「KZ ZSA」という印象です。この辺はハウジングのデザインによる音作りの違いといった感じでしょう。
低域の抜けが「ED15」より良くなったことで、全般的には低域寄りの元気で派手めなサウンドは維持しつつ、比較的スッキリした印象でまとめられいるのが特徴的です。音場は広めですがボーカルは近めで定位します。

KZ ZSAKZらしい寒色系でシャープなサウンドで、かつ高域は「ZSR」「ZS10」以降のKZイヤホンに共通の刺さりは適度に抑えたチューニングとなっていますが、いっぽうで適度なキラキラ感はしっかり表現し、メタルハウジングらしいキレの良さを感じます。この辺は中高域の表現に注力したリスニング特化型が「ES4」だとすると、キレが良く音楽を楽しむアプローチで仕上げたイヤホンが「KZ ZSA」という感じがします。
解像度は最近のKZ製品の水準を維持しており、同価格帯のイヤホンのなかでは満足のいくレベルではないかと思います。開放型ですので多少の音漏れはありますが、混雑した電車内での利用でもよほど大きな音量にしない限りはほぼ迷惑をかけないレベルです。静かな図書館など極端な場所いがいであれば問題ないと思います。ただ遮音性については小さなハウジングの関係もあり、他のKZイヤホンよりは低めです。イヤーピースなどを工夫することである程度は調整できると思いますが、この辺が他の機種との使い分けのポイントになるかもしれませんね。


■ZSAもリケーブルでグレードアップ。音質にくわえて装着性も向上

KZ ZSA」は「ZS10」以降のブラウンの撚り線ケーブルを採用しており、ケーブルのウイークポイントは標準でもかなり解消できていますが、それでもリケーブルはやはり有効なアップグレード手段です。前述のとおりKZ純正の銀メッキ線アップグレードケーブルKZX4197/通称「きしめんケーブル」とよばれているケーブルですね)は「ZS5/ZS6」用が使用できます。「ES4」の場合と同様に低域の分離性が向上しより明瞭感のあるサウンドとなります。
KZ ZSAKZ ZSA
また最近では結構定番になってきましたが、Yinyooブランドをはじめ、各社から出ている4芯銀メッキ線ケーブルおよび8芯銀メッキ線ケーブルは「KZ ZSA」でも明瞭度のアップなど十分な効果が得られます。非常に柔らかく取り回しが良いのと、2.5mm/4極または4.4mm/5極のバランスケーブルも選択でき、価格も手ごろなのがよいですね。またYinyooやKinboofiのブランドではシルバー以外のカラーも選択できるのでさらにイヤホンに合わせやすいと思います(私はYinyooの8芯銀メッキ線のブラックを合わせてみました)。
KZ ZSAKZの純正のアップグレードケーブルもそうですが、個人的には「KZ ZSA」については標準ケーブルのようにコネクタ部分がL字になっているよりまっすぐな形状のほうが装着しやすい印象を受けました。
また、Yinyooブランドでは別バージョン(手編み)の4芯銀メッキコート線も販売されており、こちらのケーブルだとよりスッキリ感が向上した聴きやすいサウンドになりました。
他にも少し高価ですが、先日レビューした「キンバー風8芯OFC」や「純銀線ケーブル」など音質傾向を結構大きく変えるケーブルも販売されていますのでいろいろ組み合わせて好みのサウンドを見つけていただくのも楽しいのではと思います。


というわけで「紹介編」では「KZ ZSA」の印象についてざっと紹介させていただきました。
続編(タイトル未定)では、さらなる深掘りや比較などを行っていきたいと思います。


「Kinboofi KBF4746」 16芯 高純度銀メッキ線&銅線ミックスケーブルもオーダーしました【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Kinboofi Cable

前回に引き続きイヤホンケーブルのレビューです。今回はアマゾンのマーケットプレイス「Kinboofi」にて販売されている Kinboofiブランドの16芯ケーブルとなります。前回紹介した「Yinyoo」ブランドの16芯銀メッキ線ケーブルとは兄弟関係の製品となり、中国AliExpressのEasy Earphonesでは両方のケーブルが販売されています。
ただし販売価格はアマゾンで購入してもほぼ同じですので、日本のアマゾン倉庫から直ぐに届きアマゾン経由での保証の得られるKinboofiで購入した方が良いかもと思います。

また、今回紹介する「Kinboofi KBF4746 16芯ミックスケーブル」については、Kinboofiさんより購入時に1000円引きとなる割引クーポンの情報をいただいています。6月30日までの期間限定ですので、本レビューをご覧になって興味を持たれた方はこの機会に購入されるのもオススメです。

【銀メッキ線+高純度銅線ミックスケーブル】
[ KBF4746 ] Kinboofi 16芯 銀メッキ線+高純度銅線 ミックス アップグレードケーブル
Kinboofi 16 Core Silver Copper Cable 2.5/3.5/4.4mm Balanced Cable With MMCX/2pin Connector
Amazon.co.jp(KINBOOFI) 6,900円
【 MMCX 】【 2pin ※ 】【 3.5mm 】【 2.5mm/4極 】【 4.4mm/5極 】

※アマゾンで購入時に「クーポン」欄に「kinboofi」と入力し「適用」すると1,000円割引となります(6月30日迄)。

Kinboofi CableKinboofi CableKinboofi Cable
新しい16芯線材によるケーブルです。こちらは銀メッキ線と高純度銅線のミックスケーブルとなります。銅線は一般的なケーブルでも広く使用される線材ですが、4N以上のOFC(無酸素銅)線など高純度な銅線ケーブルはより低域に厚みが増し、全体にメリハリが付くなどアグレッシブなサウンドになる傾向があります。いっぽう銅線の表面に銀メッキコート処理を施した銀メッキ線ケーブルは解像度が向上し特に中高域の伸びが良くなる傾向にあります。このように低域に特徴のある銅線と中高域に特徴のある銀メッキ線の両方を合わせて撚り線とすることによる「いいとこ取り」の発想で作られたのがミックスケーブルとなります。
Kinboofi CableKinboofi Cable
Kinboofiの16芯ミックスケーブルは、前回レビューしたYinyooの銀メッキ線16芯ケーブル同様に少し細めの線材を丁寧に編み込んだ仕様になっています。16芯の1本1本はシルバーとカッパーブラウンの線材色のそれぞれ非常に薄い透明の被膜に覆われています。最近の中華ケーブル同様に非常に柔らかくタッチノイズも皆無で使い回しもとても良好です。

MMCX、2pinどちらのコネクタ仕様も耳掛け部分の樹脂成形はされていないので、シュア掛けタイプだけでなくストレートタイプのイヤホンでも使用することができます。またシュア掛けの場合も非常に柔らかくしなやかなに耳にフィットするため特に装着で困ることはないと思います。なお2pinケーブルは最近の中華ケーブルに多いタイプですのでコネクタ部分が凹んでいるCIEM等には対応しないため注意ください。
Kinboofi CableKinboofi Cable
音質傾向はこのシリーズの16芯ケーブル共通で、まず非常に感度が高く情報量の多さが特徴的です。マルチBAや高音質なダイナミックドライバーなどのイヤホンで通常のケーブルより解像度や分離性が劇的に向上する可能性があります。またKinboofiの16芯ミックスケーブルでは銀メッキ線+高純度銅線の双方の特徴が反映されており、サウンドがかなり「濃いめの味付け」になる傾向があるようです。高域は少しエッジが立つ印象で伸びが向上し、低域はより深い沈みを実感します。

Kinboofi CableKinboofi Cable
ただし、これはYinyooの16芯銀メッキケーブルと同様なのですが、このケーブルを使用してリケーブルの効果が明確に出るイヤホンほど、DAPなど再生環境に通常のケーブルより高い出力を求める傾向にあります(これはケーブルの特性と言うより、イヤホン本体のポテンシャルを16芯ケーブルが引き出しているとも言えます)。そのため駆動力の低いDAPで使用すると、十分な出力が確保できず、あまり変化がない、むしろちょっと平坦な音に感じてしまう場合もあります。逆に言うとポータブルアンプ等で出力を確保することでサウンドが激変する可能性のあるケーブルという考え方もできますね。

Kinboofi CableKinboofiの16芯ミックスケーブルも前回のYinyooブランドの16芯銀メッキ線ケーブルもどちらもそれぞれのキャラクターがありつつ、さまざまなジャンルのイヤホンと合わせて効果を実感できるとおもいます。ただあえて両者の使いわけを考えるとしたら、Yinyooブランドの16芯銀メッキ線ケーブルは比較的イヤホンのキャラクターがハッキリしている「濃いめ」のイヤホン(例えばLZ-A5やYinyoo HQ5/HQ6など)はYinyooの16芯銀メッキ線のほうがイヤホンのキャラクターを引き立たせてくれると思います。いっぽうKinboofiの16芯ミックスケーブルでは特にフラット傾向の高音質イヤホンと合わせることで、よりリスニング寄りにサウンドをグレードアップできるのではと思います。
どちらのケーブルも、ある程度組み合わせるイヤホンのグレードや再生環境(プレーヤー)の性能などのスペックを求めるケーブルではありますが、もし数万円クラスのハイグレードな製品へのリケーブルを検討されている方には比較的低価格で購入できることから「まず試しに買ってみて」とオススメしたいと思います。上手く環境に合致できれば「このケーブルで十分では」と感じるだけの音質向上は得られると思いますよ。

なお、Kinboofiのケーブルを含むこれまでのイヤホンケーブルのレビューはこちらをご覧ください。
またイヤホンケーブルの線材の材質や種類ごとの解説は以下の「解説編」で簡単にまとめています。
これらのレビューも併せてご覧頂ければと思います。


プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。Apple好きのおっさん。食べるのも好き。普段のお仕事はIT屋。自宅は福井県ですが都内で単身赴任してます。ポタオデは趣味で出張のお供。美音系/モニター系の音が好みです。自宅ホームシアターもそろそろ改造したいな。
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。




記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)








最新コメント