bisonicr keep walking.

イヤホン・ポータブルオーディオ関係のネタを中心に書いています。ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。

「FLANG S2 Buds」約15ドルでBluetooth 5.0、IPX6対応。超コンパクトで音質面も結構楽しめる、完全ワイヤレス(TWS)イヤホン【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加
「FLANG S2 Buds」 TWS

こんにちは。今回は約15ドル(日本円でも千円台!)で買える完全ワイヤレス(TWS)の「FLANG S2 Buds」 の紹介です。いつもお世話になっている中国のイヤホンセラー「HCK Earphones」がAliExpressで取り扱う製品で超低価格ながら基本性能を押さえ、音質面でも単なる低価格TWSを大きく超えた内容になっています。
「FLANG」の製品は、以前Bluetoothワイヤレスオーディオアダプタの「FLANG GS1」を紹介しており、こちらも15ドルほどの価格設定で実用性の高さを感じた製品でした。
→ 過去記事: 「FLANG GS1」 10ドル台で手軽に使える、Bluetooth 5.1対応ワイヤレスオーディオアダプタ【レビュー】

今回の「FLANG S2 Buds」も同様に価格重視のモデルながら、Bluetooth 5.0に対応しており、タッチセンサーによる操作機能、IPX6の防水性能と3~4時間の連続再生、300mAhの残量表示機能付充電ケースなど完全ワイヤレスとしての基本性能をちゃんと押さえた仕様になっています。
「FLANG S2 Buds」 TWS「FLANG S2 Buds」 TWS
またイヤホン本体は1.5cm×2.4cmと非常にコンパクトで、耳の小さい方でも違和感なく装着できる点も魅力です。
「FLANG S2 Buds」 TWS「FLANG S2 Buds」 TWS
ドライバーは6mmのダイナミックドライバーのシングル構成で、低価格ながらもこだわりのあるサウンドチューニングを行っているとのことです。

Bluetooth5.0
プロファイルA2DP/AVRCP/HFP/HSP
連続駆動時間3~4時間+ケース充電2回
バッテリ容量50mAh (片側)、300mAh (ケース)
充電時間約1時間
ドライバー6mm ダイナミックドライバー
防水等級IPX 6
充電コネクタUSB Type-C
寸法(cm)(本体) 1.5 × 2.4、(ケース) 6.1 × 2.7
その他
バッテリ残量表示 (ケース)
FLANG S2 Buds」 TWSイヤホンの購入は、AliExpressの「HCK Earphones」にて。価格は 14.44ドル です。AliExpressでの購入方法などはこちらをご覧ください。
AliExpress(NiceHCK Audio Store): FLANG S2 Buds TWS Earphone


FLANG S2 Buds」 のパッケージはコンパクトな本体を反映して小さめのボックス。「Buds」の愛称を前面に出したパッケージデザインですね。内容は、本体、イヤーピース(S/M/L、Sサイズ装着済み)、充電ケーブル、説明書です。
「FLANG S2 Buds」 TWS「FLANG S2 Buds」 TWS
「FLANG S2 Buds」 TWS「FLANG S2 Buds」 TWS
FLANG S2 Buds」を実際に手にしてみるとその小ささにとても驚きます。プラスチック製のハウジングでタッチセンサーのある外側が光沢仕上げ、ステム側がつや消しになっています。「TRN T200」あたりと比較すると親子かと思うほど大きさが違いますね。
「FLANG S2 Buds」 TWS「FLANG S2 Buds」 TWS
本体がとてもコンパクトなこともあり、充電ケースも結構小ぶりです。ふたを開けた際にケースのバッテリー残量が表示されるギミックはワンポイントですがわかりやすいですね。付属イヤーピースはTWS用の軸の浅いタイプですが、実際にはTFZに付属する開口部の大きい方のイヤーピースとほぼ同じ形状だったりします。
「FLANG S2 Buds」 TWS「FLANG S2 Buds」 TWS
FLANG S2 Buds」は非常にコンパクトな「タマゴ型」イヤホンですので、どちらかというとイヤーピースで固定するタイプ、という印象がありますが、耳穴にすっぽり収まる感じでハウジングのホールドも想像以上に良好です。「FLANG S2 Buds」のフェイス部分は多くのTWS製品同様にタッチセンサーになっていて、各種操作を行うことが出来ます。センサーの反応はストレスを感じない程度で、極端に敏感というわけではないので誤動作はかなり抑えられると思います。

再生/停止左側 2回タッチ
曲戻し右側 2回タッチ
曲送り左側 3回タッチ
音量アップ(+)右側 3回タッチ
音量ダウン(-)左側 2回タッチ
受話・終話着信時1回タッチ(左右どちらか) 
着信拒否着信時2回タッチ(左右どちらか)
音声アシスタント左右どちらかを2秒長押し
電源オン/オフ充電ケースから出す/戻す 
注意が必要なのは曲戻しが「右側2回」なのに対して曲送りは「左側3回」となっていて、いっぽうで音量操作は音量アップが「右側3回」に対し、音量ダウンは「左側2回」となっています。どうしてこのようなギミックになっているのは謎です。

なにしろ10ドル台の超低価格TWSということもあり、AACやaptXなどの高音質・高圧縮コーデックには未対応でSBCのみの接続です。しかし想像以上に接続性は良く、屋外で使用しても安定した音質で楽しむことが可能です。さすがに都心の混雑する駅などでは相応に途切れることがありますが、最近のTWS製品と比較しても十分に優秀で、満席の新幹線の車中や混雑する在来線への乗り換えなどでも快適に利用することが出来ました。

FLANG S2 Buds」の音質傾向はやや中高域寄りのドンシャリでTWSとしては結構珍しいスッキリした印象のサウンド。SBCだけの15ドルTWSだと侮るなかれ。決して解像度が高いわけではありませんが、伸びが良く、煌めきのある高域と比較的明瞭で抜けの良い中音域、締まりが良く籠もること無く鳴る低域と、まるでバランスの良い中華ハイブリッドのようなサウンドバランスを実感します。

「FLANG S2 Buds」 TWS「FLANG S2 Buds」 TWS
FLANG S2 Buds」の高域は、TWSとしてはかなり明瞭でスッキリした印象。煌めきを感じる硬質な音を鳴らします。開封直後は多少耳につく歯擦音がありますが数時間〜程度のエージングで比較的落ち着きます。ハイハットなどのシンバル音も綺麗で、SBCコーデックのみのイヤホンで想像しがちなモコモコと籠もった印象の高域とは全く無縁のスッキリした高音です。
中音域は少し凹みますが、ボーカルは近くに定位し、籠もること無くハッキリと鳴りなます。こちらも安価なワイヤレス製品にありがちな変に中音域を持ち上げるような感じは無く、癖ののないサウンド。音場は少し狭いものの分離はよくこの手製品としては定位はしっかりしていると思います。また輪郭のハッキリした音なのでストレス無く聴くことができます。
低域はこの手の製品としてはかなり控えめな印象。どちらかというと軽快な印象の音で、締まりは良く籠もること無く鳴ります。重低音はやや軽いものの想像以上に深く沈みます。ジャズなどではちょっと物足りないですが、ロックやポップスなどのボーカル曲では相性の良さを感じると思います。


というわけで、「FLANG S2 Buds」は、オーディオアダプタの「FLANG GS1」同様に、驚くほど低価格ながら音質面でも「想像以上に、結構使える」製品でした。TWSとしてのビルドクオリティにも安っぽさは以外と無く、普段使いのちょっとしたアイテムとしても十分に楽しめるイヤホンでした。興味があれば是非とも挑戦してみるのも良いと思いますよ(^^)。


丸七 「EN120 改 (Remodeling)」 定番シングルBA機をメーカー自ら改造。魅力が大きくアップした高音質イヤホンの受注生産モデル【購入レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸七 EN120(改)

こんにちは。12月も中旬がすぎ、いよいよ2019年、令和元年もあと少し、というタイミングとなってきましたが、ここいらで今年「書きかけ」のままになっていたレビューを少しでも仕上げていこうかと思っています(^^;)。
というわけで、今回は七福神商事の「丸七 EN120 改」です。

この製品はあらかじめ同社のシングルBAイヤホン「EARNiNE EN120」を用意することが必要で、手持ちのEN120をオーダー時に七福神商事に送ることで、分解・改造を行い、「丸七 EN120 改」に生まれ変わらせてもらう、いわゆるメーカー純正の「リモデリング」サービスになります。

丸七 EN120(改)EARNiNE EN120
現在シングルBAイヤホン「EARNiNE EN120」は七福神商事直営店をはじめ、多くのショップで販売中で、容易に入手が可能な製品です。しかし、実際は同製品を支える独自開発のバランスド・アーマチュア型(BA)ドライバーは生産されておらず、同時に「EARNiNE EN120」自体も継続生産はされていないため、現在の流通在庫およびメーカー在庫が無くなれば販売終了となるそうです。
そこで、すでに販売した良品の「EN120」に再び新しい息吹を与えようというのが今回の「丸七 EN120 改」のようですね。最初の募集は8月下旬に行われました。

を発売します。直販のみです。

https://www.

tsh-corp.jp/ime/?p=3070

 

この商品は を改造して、制作した商品です。商品化するまで、数十回の繰り返して、EN120本体分解・ハウジング設計改造を行い本来の音が持つ味を持ちながら全体のデザインと着用感を刷新し面白みを提案します。

2019/08/27 12:18:13

丸七 EN120 改」はすべて個別受注生産のため、オーダーから1.5ヶ月~2ヶ月程度かかります。わたしは最初の募集で8月末にオーダーし、実際に製品が手元に届いたのは11月中旬頃でした(大量の応募があったため生産が追いつかず、多少遅れたようです)。

丸七 EN120 改」は七福神商事直営店のみで受注を受付けており、そのリモールド費用は「本体のみ」が税込み 15,480円 です。ほかに個別対応で 「丸七 赤龍」(高純度銅線ケーブル)のセット 19,800円や「丸七 白龍」(純銀線ケーブル)のセット 24,800円 も選択できます。この費用とは別に、もちろん「EARNiNE EN120」本体が別途必要となります。EN120本体は七福神商事直営店で 税込み 5,480円で販売中ですので、一緒に購入し、オーダー時にメール等で依頼すればリモールドに対応してくれるのでは、と思います。

今回私は「EARNiNE EN120」は何故か2個持っていたので(^^;)、1個を七福神商事に送り、「丸七 赤龍」付きのセットでオーダーしました。ケーブルのプラグ形状も個別に依頼可能ですので2.5mm/4極のバランス接続仕様で依頼しています。リモールド製品ですのでパッケージなどは特になく、パックされた状態で梱包されて返送されました。依頼したセットの「丸七 赤龍」のほか、付属品として丸七 イヤピース「長楽」の赤色が各サイズセットで同梱されていました。

丸七 EN120(改)丸七 EN120(改)
丸七 EN120 改」は光沢のあるレジン製のブラックシェルに生まれまわり、フェイス部分のゴールドの模様が鮮やかな輝きを放っています。また埋め込み2pin式のコネクタ仕様となったことでリケーブルが可能になりました。ケーブルは「CIEM 2pin」タイプが使用できます(中華2pinは少し浅く奥まで装着できない場合があります)。
中身は「EARNiNE EN120」と同じですが、装着性が大幅に向上しよりしっかりと耳にフィットする形状となったこと、またリケーブルにより情報量が大幅に増加し、より独自BAドライバーのポテンシャルを活かせる仕様に文字通り生まれ変わりました。付属する丸七イヤーピースは非常に柔らかくフィット感も抜群に良いですね。ただし、「丸七 EN120 改」はステム部分が少し細いこともありやや外れやすいのが難点です。そのため他には「final Eシリーズ」などのイヤーピースを組み合わせるのも良いと思います。私は耳穴が細いことも有り、よりしっかり装着するため「final Eシリーズ」のSSサイズを選びました。


■リモデリング&リケーブルで駆動力のある環境での独自BAのポテンシャルがさらに顕在化。

丸七 EN120(改)実際に「丸七 EN120 改」を「丸七 赤龍」ケーブルで聴いてみると、当然ながら「EARNiNE EN120」のフラットながら全体的に明瞭かつタイトなサウンドを継承しつつ、より粒状感が多く音場感を増した中音域と、さらに煌めきを増した高域、厚みのある低域を実感します。シングルBAらしい中音域を中心としたエモーショナルな表現力を保ちつつも、まるで質の良いシングルダイナミックドライバーのようなレンジの広い鳴り方をします。「EARNiNE EN120」と比較して確実に1ランク以上グレードアップした音だと思います。特にリケーブル効果による情報量の向上は著しく、「EN120」搭載BAのポテンシャルの高さを改めて感じますね。

丸七 EN120 改」の高域は「EARNiNE EN120」譲りのスッキリとしたサウンドにさらに煌めきと明瞭感をアップさせた印象に。特に駆動力のある再生環境ではより鮮やかで伸びの良い音を鳴らします。リケーブル効果もあって高域の主張は「EARNiNE EN120」より多少強くなります。
丸七 EN120(改)中音域は「EARNiNE EN120」より高域と低域の主張が増したことで僅かにドンシャリ寄りのバランスに感じますが、ボーカル帯域は近くで定位し、シングルBAらしい存在感のある鳴り方をします。明瞭でありながら癖のないフラットな印象は同様ですが、再生環境により1音1音の粒状感が増し、よりしっかりと捉えられるようになりました。同時に分離性も増すことで音場感も向上します。「丸七 赤龍」の場合、再生環境によっては多少派手めのサウンドに感じる場合がありますが純銀線の「丸七 白龍」や、味付けの少ない銀メッキ線ケーブルとの組み合わせなど、音の出方をケーブルでアレンジできるのは良いですね。
低域はシングルBAとしては十分に量感と存在感があり、かつ締まりがあり分離性の良い音を鳴らします。もともと「EARNiNE EN120」でも低域は非常にしっかりした表現力があり「シングルBAらしからぬ低域」はこのイヤホンの大きな特徴のひとつでした。「丸七 EN120 改」では、タイトでありながらより主張がアップした印象になっています。
ロック、ポップスなどのボーカル曲を中心にジャンルを選ばずに楽しめますが、少しメリハリの効いたサウンドになりやすいため、好みや再生環境に応じてリケーブルをいろいろ試みることをお勧めします。

「EARNiNE EN120」はとても良いイヤホンなのですが、個人的には自身の耳穴の細さもあり、シュア掛けをしないと良い装着性が得られないことがありました。「丸七 EN120 改」では見た目にも高級感が大幅にアップし装着性の面でも完全に解決。またリケーブルにより文字通り独自BAの美味しいところをたっぷり堪能できるようになりました。比較用に今後も両方のイヤホンを持っているつもりですが、やはり「丸七 EN120 改」の利用頻度は大幅に増えそうですね(^^)。

プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。ただのアラフィフの酔っ払い。食べるのも好きな天秤座AB型。東京と福井(鯖江)の自宅の二拠点生活も気付けば5年以上。普段はIT屋でよく出張するお仕事してます。ポタオデは趣味で出張のお供。PC(?)遍歴にApple IIc とNeXTstation があるのがプチ自慢(^^;
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。


【Amazon Music HD / UltraHD対応まとめ】






記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)



購入イヤホン「好みランキング」


中華イヤホンケーブルまとめ(記事)









最新コメント













 
  • 累計: