bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

【アップデート情報】 「TFZ NO.3 Ti」 最新版の「専用 銀メッキ線ケーブル」が届いたので初期版(「TC-2」ケーブル)と比較してみました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
TFZ NO.3 Ti

こんにちは。今回は以前紹介した「TFZ NO.3 Ti」のアップデート情報になります。
前回のレビューでは初期バージョンの「TFZ NO.3 Ti」で同梱された「TFZ TC-2」ケーブルとの組み合わせで紹介しましたが、現在出荷されている最新版では「NO.3Ti 専用の8芯銀メッキ線ケーブル」が付属します。今回「TC-2」との比較のためこの「専用ケーブル」を入手しました。結論としては両者のケーブルで多少の印象の変化はありましたが、「専用ケーブル」も当然ですが「TFZ NO.3 Ti」の特徴をしっかり引き出しており、最新版も価格に見合った、文句なくお勧めできる製品でした。
※「TFZ NO.3 Ti」の詳細についてはこちらのレビューも併せてご覧ください。
→ 「TFZ NO.3 Ti」 磨き上げられたサウンドにTFZの「完成形」を見た? 第3世代ドライバー搭載 高音質イヤホンのアップグレードモデル【購入レビュー】


■「TFZ NO.3 Ti」の最新版は「NO.3 Ti 専用ケーブル」が付属(「TC-2」のバンドルは終了)

TFZ NO.3 Ti」は、TFZの第3世代ドライバーを搭載した最新モデル「NO.3」の「チタニウム合金製シェル」モデルで、約300ドルと「NO.3」より大幅に価格がアップしているいっぽうで音質面も劇的にグレードアップしたイヤホンになります。私のブログでも非常に高い評価で紹介しており、個人的にも先日公開した最新の「好みランキング」で「準別格」扱いとするなどかなり好きなイヤホンのひとつです。
TFZ NO.3 TiTFZ NO.3 Ti

ただ、私はオーダー可能になってすぐに購入したこともあり、専用のパッケージも用意されていない「初期バージョン」で届いています。音質的にも大幅に異なるチューニングが加えられた「TFZ NO.3 Ti」では、通常モデルの「NO.3」等に付属するケーブルでは実力が発揮できないため「専用のケーブル」が本来用意されているのですが、初期バージョンではこのケーブルが間に合わなかったため、純正アップグレードケーブルとして別売りで販売されている「TC-2」ケーブルがパッケージごと付属(バンドル)される形で届きました。しかし、現在はこの専用ケーブルもちゃんとパッケージに同梱されているため「TC-2」ケーブルのバンドルはなくなっています。
TFZ NO.3 Ti (TC-2付属版)TFZ NO.3 Ti (専用ケーブル版)

しかし、もともと「TC-2」ケーブルは単品で購入すると149ドルと結構高額なケーブルで、さらに私のレビューでも「TC-2」との組み合わせでの音質を前提に紹介しましたし、私以外の購入者やレビュアーの方々も同様にこの組み合わせで高い評価をされていたこともあり、「NO.3 TiはTC-2の組み合わせが当然」ということになりました。ところがあるタイミングで予告なく「TC-2」のバンドルがなくなり、現在の専用ケーブル版となったことで、私が購入した香港の「Penon Audio」にも「なんで(bisonicrのブログに書いてあった)TC-2が付いてないの?」といった問い合わせが相次いだそうです。そこで、今回「Penon Audio」からTFZと交渉し、「TC-2」との比較レビュー用に「TFZ NO.3 Ti」専用のケーブルを用意してもらうことになりました。

なお、「TFZ NO.3 Ti」は現在 299ドルで販売されており、香港のイヤホンセラー「Penon Audio」から購入の場合、「TFZ NO.3 Ti」については+1ドル(300ドル)でExpressサービスでの発送(通常はDHLを利用するようです)が利用できます。

■「NO.3 Ti 専用 8芯 銀メッキ線ケーブル」と「TFZ TC-2 ミックス線ケーブル」

最新版「TFZ NO.3 Ti」付属の専用ケーブルは8芯の銀メッキ線ケーブルで、これまでのTFZ製品の付属ケーブルや同社の純正オプションで用意されているケーブルとは全く異なる、文字通り「NO.3 Ti 専用ケーブル」になります。太めの芯材を編み込んだ高純度銅銀メッキ線でプラグなどは「TC-2」同様かなり太めのプラグ部品が使用されています。ただ「TC-2」はプラグおよびコネクタなどは光沢のあるクロームメッキ処理がされていましたが、専用ケーブルではアルミの質感のつや消し仕上げとなっています。いっぽうイヤホン本体に接続する2pinコネクタ部分は突起部のないフラットな形状で、「TC-2」より「TFZ NO.3 Ti」と接続した際の違和感がない点は改良点でしょう。
TFZ NO.3 Ti 専用ケーブルTFZ NO.3 Ti (専用ケーブル版)
ただ被膜がすこし硬めなため「TC-2」より多少ゴツい印象な点は残念なところ。耳掛けの際にもう少ししなやかさがあると良かったのですが。ただミックス線の「TC-2」より使用による変色などは少なそうです。また見た目にもシルバーのケーブルが「TFZ NO.3 Ti」の鏡面処理されたシェルと良くあって見た目的には抜群ですね。

実際に「TFZ NO.3 Ti」を「NO.3 Ti 専用ケーブル」と組み合わせて聴いてみると、「TC-2」より中高域にTFZらしい派手さがより出る印象があります。また、僅かですが「TC-2」より全体的にエッジが立つ印象で明瞭感が向上します。
TFZ NO.3 Ti (専用ケーブル版)そのためドンシャリ度がアップしたようにも感じますが、KING系など多くのTFZ製イヤホンで特徴的な硬質でメリハリの強いサウンドと比べると「TFZ NO.3 Ti」らしい厚みのある音場感は変わらず維持できていると思います。この点はノーマルの「NO.3」に付属するケーブルを流用すると中低域がボワつく印象になりますし、ほかのリケーブルでもバランスが崩れてしまうことが多いため、「NO.3 Ti 専用ケーブル」は「TC-2」同様の印象になるよう最適化されたケーブルであることが改めて実感できます。もっとも、これはTFZが専用ケーブルによって意図的な変化させた点かな、とも思える部分で、「TC-2」との組み合わせと比べ、多少「TFZらしさ」が復活した印象も感じました。

中低域に厚みのある高純度銅線と高域の伸びが特徴的な銀メッキ線のミックスケーブルは全体的な音の質を向上させつつ濃くする特徴がありますが、TFZでもハイグレードな位置づけの「TC-2」ケーブルはこの特徴がよりしっかり出る印象があります。そのため、「TC-2」を組み合わせた「TFZ NO.3 Ti」は高い解像感を持ちながら人工的な硬質さが抑えられ、特に低域の質が高い、より自然で厚みのある音場感がありました。

TFZ NO.3 Tiいっぽう「NO.3 Ti 専用ケーブル」は「TC-2」より全体的に明瞭感を意識した印象となり、ボーカルなどの中高域はより多少雑味が抜けたハッキリめの音になります。そして特徴である質が高く厚みと存在感がある低域の印象については、その印象そのものは維持しつつ、わずかですが粒立ちによる解像感の変化を感じました。個人的には「TC-2」ケーブルと組み合わせた「TFZ NO.3 Ti」のサウンドがかなり衝撃的だったこともあり、どうしてもより好印象を持ってしまう部分はあるのですが、「NO.3 Ti 専用ケーブル」も品質的にはかなり高く、このケーブルを組み合わせた最新の「TFZ NO.3 Ti」も同様に非常にハイレベルな製品で、300ドルクラス、もし日本での国内版が出たら5万円前後のイヤホンと比較してもトップクラスの評価となるべき完成度の高さで、今後とも(ちょっと高いけど)個人的にTFZでは一推しのイヤホンですね(^^)。


TFZ NO.3 Tiちなみに、「TC-2」はそれ単独で150ドルほどする製品ですし、自分も含めこのケーブルを一緒に入手できた初期バージョンの購入ユーザーは「初回特典」ともいえる一種のボーナスを得たみたいなものかな、と思います。
もし今後「TC-2」付きのサウンドを体感したい場合は合計するとかなり高額になりますが、挑戦できるマニアならばこれくらい買っても十分に価値はあるよ、とあえてお勧めしたいと思います(^^;)。
また、私はまだ見つけることができていませんが、「TC-2」との組み合わせに匹敵するリケーブル製品を探してみるのも楽しいかもしれませんね(よい情報があれば教えていただけると・・・^^;)。


「SIMGOT EM2」 2種類の異なるドライバーが奏でるパワフルなサウンド。クリアシェルが美しいSIMGOTの最新ハイブリッドイヤホン【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
SIMGOT EM2

こんにちは。今回はSIMGOTの最新ハイブリッドモデル「SIMGOT EM2」の紹介です。
レビュー掲載時点では日本国内では発売予定の段階で、今回はSIMGOT JAPAN様より発売前の実機をサンプル提供いただいての紹介となります。
※国内正規版の発売開始は5月22日からとなりました。現在アマゾンにて予約購入が可能になっています。

SIMGOT EM2SIMGOT EM2」はSIMGOTが展開する「洛神シリーズ」の最新モデルで、美しいクリアデザインのハウジングに、「EN700 Pro」と共通の10mmダイナミックドライバーおよびKnowles製バランスド・アーマチュア型(BA)ドライバーを搭載した1BA+1DDハイブリッド構成となっています。ただその音作りは通常のハイブリッドとは大きく異なるもので、非常に個性的なチューニングとなっています。
そのサウンドも全体的にスッキリとした印象ながらパワフルな音場感が楽しめる、とてもバランスのよい仕上がりになっています。同社のシングルダイナミック仕様の「EN700 Pro」も完成度の高さで非常に好評を博したイヤホンですが、今回の「SIMGOT EM2」も全く異なる音質傾向ながら同様に音作りの上手さを感じる製品だと思います。SIMGOTが満を持して日本向けの展開を再開するのに相応しいイヤホンだと感じました。

SIMGOT」は中国のイヤホンブランドで、主にミドルグレード以上の高品質な製品をリリースしていることで知られています。日本国内ではかつてシングルダイナミック仕様の「EN700」シリーズを販売しており、そのきわめて個性的なデザインと音質面の完成度で高い評価を得てきました。
SIMGOT EM2SIMGOT EN700 Pro
EN700シリーズについては私のブログでも過去記事にて紹介しています。
過去記事:「EN700 Pro」のレビュー / 「EN700 BASS」のレビュー

SIMGOT EM2」では、「EN700 Pro」に搭載された10mm ダイナミックドライバーを採用しており、さらにKnowles社製のBAドライバーと組み合わせることで音質面の強化を行っています。搭載する10mmダイナミックドライバーは高分子複合チタン複合振動板と強力なN50磁性体を使用しており、同社製イヤホンが質の高いサウンドを生み出すベースとなっています。さらにBAドライバーとしてはめずらしいベント(空気孔)を持つ小型フルレンジユニット「RAF-32837」を採用。
これまでも海外で以前から「EM1」「EM3」「EM5」といった製品が「洛神シリーズ」として販売されていますが、今回の「SIMGOT EM2」では従来モデルや通常のハイブリッド構成のイヤホンとは「全く異なる方法」でのサウンドチューニングを行っています。
SIMGOT EM2SIMGOT EM2
通常のハイブリッド構造の場合、高域用、低域用、といったように音域ごとに中心的な役割をもつドライバーを配置し、それぞれのドライバーの音域が重なる部分(クロスオーバー)はフィルターや電気的ネットワークを用いることで出力を調整し全体のバランスを作ります。しかし、「SIMGOT EM2」では10mmダイナミックとフルレンジBAドライバーという種類の異なるドライバーを並列に配置し、クロスオーバーを相互補完的に活用しています。そのために、両方のドライバーの出力およびインピーダンスや感度をコントロールし、さらにベント(空気孔)の配置などの微調整を行うことで、他には類を見ない「2種類のフルレンジドライバーによる絶妙なハーモニー(あるいはユニゾン?)」を実現しています。

SIMGOT EM2
このように非常に独創的なサウンドデザインをおこなっている「SIMGOT EM2」はカラーバリエーションも豊富で、同社公式サイトでは「紫」「緑」「ピンク」「透明」「透明黒」の5色が設定されています。購入はアマゾンのSIMGOT JAPANの公式ストアにて。
価格は 12,800円5月22日の発売を予定しているとのことです。
Amazon.co.jp(SIMGOT JAPAN): SIMGOT EM2


■今回は「奇抜さ」より「美しさ」。クリアシェルの美しいデザイン。コンパクトで装着感も良好。

SIMGOT EM2」のパッケージは今回もデザイン的にもこだわった印象で相変わらずの質の良さを感じます。パッケージ構成はイヤホン本体、ケーブル、イヤーピース(「Eartip 1」「Eartip2」の2種類。それぞれS/M/Lサイズ)、レザーケース、説明書、保証書など。
SIMGOT EM2SIMGOT EM2
SIMGOT EM2SIMGOT EM2
SIMGOTのレザーケースは作りがよく、ほかの付属品もひとつひとつ丁寧な印象があります。

SIMGOT EM2」のシェルは樹脂製のハウジングでステム部分はアルミ合金製。フェイス部分に金属製プレートが組み込まれたデザインとなっています。淡いクリアカラーの透明シェルはとても美しく全体的なビルドクオリティも高い印象です。
SIMGOT EM2SIMGOT EM2
個人的には「EN700 Pro」が少し装着で苦労したのですが、「SIMGOT EM2」はとてもコンパクトなデザインで装着性も良好でした。EN700シリーズのような個性的で奇抜な印象はありませんが、とても美しく使いやすいデザインだと思います。

コネクタは0.78mm 2pinタイプでケーブル側の楕円形のカバーで覆う「qdcタイプ」のコネクタ形状となっています。そのため、純正ケーブル以外にも2pinタイプおよびqdcタイプのケーブルでのリケーブルが可能です。「SIMGOT EM2」の付属ケーブルは4芯の「高純度銅銀メッキ線ケーブル」を採用しています。
SIMGOT EM2SIMGOT EM2
また今回もイヤーピースは「Eartip1」(開口部の広い中高域タイプ)、「Eartip2」(低域タイプ)の2種類が各サイズ付属します。「Eartip 1」はステム部分が太くなった関係でEN700シリーズよりさらに開口部の大きいタイプとなっていて、イヤーピースによる音の変化もより実感できる仕様になっています。


■2種類のドライバーが奏でる、パワフルで心地よいバランス重視のサウンド

SIMGOT EM2SIMGOT EM2」の音質傾向はパワフルで明瞭感のある弱ドンシャリですが、ハイブリッドにありがちな派手な音ではなく心地よく感じるバランスにチューニングされています。また、適度に鳴らしやすく、かつ感度が高すぎることもないため、再生環境にあまり依存せず楽しめる点もこの製品の意識しているポイントだと思われます。
驚いたのは前述の通り2種類のフルレンジドライバーを同時に鳴らしているのもかかわらず、ゴチャついた感じではなく、全体的に非常にスッキリした印象のサウンドであることで、想像以上にしっかりとしたチューニングがなされているようです。また、このような構造もあって、各音域のつながりはよく、明るく鮮やかな印象でありながら人工的なサウンドではない点も印象的です。

SIMGOT EM2」の高域は明瞭感のあるスッキリした印象の音です。「EN700 Pro」より強さがありますが、いかにもハイブリッドといった人工的な感じではなく、伸びのよい綺麗な音という印象です。シャリ付きなどはほとんどありませんが高域成分の多い打ち込み系の曲では刺激を感じる方もいらっしゃるかもしれませんね(その場合、EarTip 2タイプのイヤーピースを使うと少し軽減されます)。
SIMGOT EM2中音域は全体的には元気な印象ですが、「SIMGOT EM2」のキャラクターがいろいろな意味で最も現れている部分でもあります。特定の音域に手を加えるような味付けではなく、2つの異なるドライバーによって要所を押さえるような主張の仕方を感じます。いっぽう分析的に聴くと音の分離性は決して高いわけではありませんし、ピアノの高音の余韻やハイトーンのボーカルなど中高域の抜けに今ひとつな部分はありますが(異なるドライバーで同じ帯域を並列的に鳴らす構造からもある程度仕方ない部分でしょう)、しっかり前に出て主張するボーカルやギターなどの存在感と独特の音場感がとても特徴的です。
ボーカルが近くに定位ししっかりと主張することもあり実際の音場は決して広くないものの、同時に見通しの良さを感じる空間表現があるため「広さを感じる」音作りになっています。そのため音数の多い曲やテンポの速い曲でも籠もることなくスッキリと聴きやすい印象にまとめられているのが楽しいですね。
低域は解像度が高く締まりのある音で、「EN700 Pro」「EN700 BASS」のような少し広がりのある印象の低域とは異なり、かなり力強さを感じる印象になっています。重低音の沈み込みも深くしっかりと重量感のある音で聞かせどころでしっかり鳴ってくれる心地よさは「SIMGOT EM2」の特徴のひとつだと思います。いっぽうで過度な主張はなく全体的なバランスが非常に良く、とても質の良い低域に仕上がっている印象です。


SIMGOT EM2このように、「SIMGOT EM2」は幅広いジャンルの曲で「楽しさ」と「心地よさ」を両立したリスニングができるイヤホンで、テンポの速い曲やスピード感のある曲との相性の良さを感じます。ロック、ポップスやアニソンなどのボーカル曲では存在感のあるボーカルと独特の音場感の組み合わせに楽しさを感じるのではと思います。いっぽう、多少元気に鳴りすぎる感じもありますが、ジャズなどでベースやサックスなどの力強い低音もとても気持ちよいですね。中高域などで多少割り切ったような部分はありますが結果的に全体のバランスは非常に良く、改めてSIMGOTの音作りやまとめ方の上手さを実感します。同社サイトでも「SIMGOT EM2」に関しては「スマートフォンでの鳴らしやすさ」について言及していますし(「EM5」等のページには記載されていません)、いくつかのウィークポイントについてはこの価格帯のモデルでのニーズに併せたバランス重視のトレードオフという感じがしますね。
SIMGOT EM2」は個性的な構成も含め、メインで使うイヤホンとして、またマニアの方がコレクションに加えるアイテムとしても、1万円そこそこの価格設定の製品としてはかなりお勧めできるイヤホンに仕上がっているのではと思います。
また、「SIMGOT EM2」だけでなく、SIMGOTのサイトには「洛神シリーズ」以外にもさまざまなイヤホンが記載されていますが、今後日本で展開される製品にも期待したいですね(^^)。


プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。気付けばアラフィフの酔っ払い(定期)。食べるのも好きな天秤座AB型。普段はIT屋で都内と自宅(鯖江)のある福井ほかあちこち出張するお仕事してます。ポタオデは趣味で出張のお供。長年のPC(?)遍歴にApple IIc とNeXTstation があるのがプチ自慢(^^;
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。





最新記事



記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)






最新コメント