bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

「NICEHCK DT500」(5BA)および「DT300 Pro」(3BA)のHCKオリジナル中華イヤホンを聴き比べてみた【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
NICEHCK DT500

こんにちは。今回は中国のイヤホンセラー「HCK」オリジナルの5BAイヤホンNICEHCK DT500」の紹介です。以前紹介した3BAモデル「DT300 Pro」をグレードアップした5BA仕様のモデルとなっています。
NICEHCK DT500」「DT300 Pro」は、Shure SEシリーズのイヤホンを彷彿とさせるデザインのHCKオリジナルイヤホンで5個または3個のバランスド・アーマチュア型(BA)ドライバーを搭載しつつ、価格はアマゾンでどちらのモデルもアラウンド1万円程度の設定となっています。
NICEHCK DT500NICEHCK DT500
音質面では3BAの「DT300 Pro」がリスニングイヤホンとしてとても使いやすいチューニングとなっている反面、今回紹介する5BAモデルの「DT500」はかなり偏った設定で、上位モデルと言うというには「?」と思える部分も多く、印象としては「もうちょっとチューニングを変えたほうが・・・」という感じです(「インスト曲専用モデル」としてなら、かろうじて?)。個人的には「DT300 Pro」は幅広く多くの方にオススメできるイヤホンだと思いますが、「DT500」は積極的にはなかなか勧めにくい製品ですので、以下のレビューをご覧のうえご検討いただければと思います。

カラーは3BAの「NICEHCK DT300 Pro」が「クリアー(透明)」「グレー」「ブルー」の3色、
NICEHCK DT300NICEHCK DT300

いっぽうの5BAの「NICEHCK DT500」は「ブラック」「グリーン」「レッド」の3色となっています。
NICEHCK DT500NICEHCK DT500
現在の表示価格はアマゾン(NICEHCK)が「DT300 Pro」が11,250円、「DT500」が12,229円と販売当初よりかなりディスカウントされた価格設定となっています。一部国内在庫が切れているモデル以外はアマゾン倉庫よりプライム発送となりますのですぐに届きますし、アマゾン経由での1年間の保証が得られるため安心感が大きいですね。
Amazon.co.jp(NICEHCK): NICEHCK DT300 Pro / NICEHCK DT500

いっぽう中国発送のAliExpress(NiceHCK Audio Store)では「DT300 Pro」が119ドル、「DT500」が139ドルとの表示価格となっています。
AliExpress(NiceHCK Audio Store): NICEHCK DT300 Pro
AliExpress(NiceHCK Audio Store): NICEHCK DT500

AliExpressでの購入方法はこちらを参照ください。AliExpressでは購入方法に記載の通りHCKによるフォロワー値引きが得られると思いますが、この製品については既にディスカウント済み価格表示になっているアマゾンで購入した方が良いかもしれませんね。どちらの場合も、HCK(@hhckexin)のTwitterアカウントでは頻繁に割引情報などもツイートされますのでフォローのうえこまめにチェックされることをお勧めします。

なお、「DT300 Pro」(3BAモデル)については過去記事にて紹介しています。
→ 「NICEHCK DT300」 トリプルBA搭載でSE535より手が届きやすい、リスニングチューンの濃厚イヤホン【レビュー】


■アラウンド1万円イヤホンながら充実したパッケージング。装着性・遮音性は良好。

NICEHCK DT500」のパッケージも、「DT300 Pro」同様にHCKオリジナルのボックスで届き、付属品は充実しています。
NICEHCK DT500NICEHCK DT500
付属品は、イヤホン本体、銀メッキ線のMMCXケーブル、イヤーピースはブラックのシリコンタイプとグリーンのウレタンタイプがS/M/Lの各サイズ、HCKオリジナルケース、保証書(アフターマーケットカード)。
NICEHCK DT500NICEHCK DT500

NICEHCK DT500」および「DT300 Pro」はShure SEシリーズを彷彿とさせるプラスチック製のコンパクトなクリアシェルにBAユニットがびっしりと詰まっているのがわかります。
ステムも同様に細いタイプで、付属品以外のイヤーピースを使用する場合は「Shure用」として販売されているタイプを使用する必要があります。
NICEHCK DT500NICEHCK DT500
付属の銀メッキ線MMCXケーブルは樹脂被膜の硬めのケーブルですので絡まりにくい反面、取り回しにはくせがあります。装着性はShure SEシリーズ同様に耳にすっぽり収まる感じで非常に良く、遮音性の高さも特徴です。イヤーピースはシリコンタイプの場合、Spin FItの「CP800」シリーズや同「TwinBlade(CP240/付属インサートアダプタ使用)」がおすすめで、ウレタンタイプの場合はやはりコンプライ(100シリーズ)がオススメです。またShureの純正イヤーピースももちろん利用できます。
NICEHCK DT500NICEHCK DT300
私はSpinFit CP800およびコンプライでより遮音性を高めた「Pシリーズ」を利用しています。


■ボーカルが濃厚で心地良い「DT300 Pro」に対して、「DT500」は・・・おや??

NICEHCK DT500以前レビューした「DT300 Pro」は中低域メインで濃厚なボーカルなどの中音域が特徴の暖色系サウンドで、リスニング向けのイヤホンとしては結構完成度の高い製品でした。そういったこともあり、今回の「DT500」も5BAにグレードアップしたモデルとして少し期待をしていたのですが、実際に聴いてみると印象がかなり異なりました。まず最大の問題点はある程度の駆動力のあるDAP(デジタルオーディオプレーヤー)やポータブルアンプを経由しないと中音域、特にボーカルの籠りをかなり強く感じる点。これについては念のため100時間オーバーのエージングを行ったものの大きな変化はありませんでした。また逆に反応もShure SEシリーズ並に良いため、これらのイヤホン同様に駆動力が高すぎても「ハイ上がり」の状態になったり、ヘッドホン用のアンプではホワイトノイズが大量に発生したりします。

「DT500」のサウンドを個別にみてくと、低音域は量感を保ちつつマルチBAらしいしっかりとした描写があり、「DT300 Pro」の暖色系の傾向のままいっそう厚みを増した印象があります。それに対し、中音域は特にボーカルにおいて「少し離れてラジカセが鳴っているよう」という籠り具合の表現がそのまま感じるような傾向があります。高域についてはある程度上の方はきちんと描写しているのですが、高音の女性ボーカル、ピアノやギターの高音などの多くは中音域同様の強い籠りを感じます。

NICEHCK DT500100時間以上のエージングを実施した「DT500」で、イヤーピースは締まりを向上させるためコンプライ「P-100」を使用、さらにケーブルもHCKの8芯ケーブル(赤白ミックス)にリケーブルし、DAPは「iBasso Audio DX150」を使用して聴いた印象としては、オーケストラのサウンドトラックや、ブルーノート等のオールドジャズなどインストゥルメンタルの曲では中音域の籠りは比較的感じず、低域および高域の良さと響きを感じるサウンドを実感できました。いっぽうボーカル曲はポップス、ロック、アニソンなどジャンルを問わず全般的に籠りを感じる印象で、たまにピンポイントで大丈夫な曲がある、という感じでした。たとえばアニソンでは高域成分の強い「fripSide」の曲はわりと大丈夫ですが、同様に高域の強いボーカルでも「fhána」の曲は全般的に籠もる、という感じです。

手持ちのケーブルで一番相性が良かったのは、HCKがAliExpressで以前から100ドル程度の金額で販売している金メッキ線ケーブル(本当に金メッキかどうかは不明)で、使用すると中低域のバランスが少し変ってしまうため普通に音の良いイヤホンでは逆効果になるケースも多いのですが、「DT500」の場合はボーカルが歌い上げるタイプの比較的音数の少ないポップス曲では印象が多少好転しました。
NICEHCK DT500「DT500」は5BAですが、構成としては中高域のデュアルBA×2+低域のウーファーBA×1の2種類のユニット構成となっており、「DT300」(中高域BA×2+低域BA×1)と同じく中低域に1カ所クロスオーバーが発生する構造になっています。おそらく「DT500」ではネットワークによるクロスオーバーの処理が今ひとつ上手くいっておらず、結果的にそれぞれのユニットがほぼ単独で鳴る低域と高域に対して中音域が籠もる結果になったのだろうと予測できます。
つまりこの部分のチューニングさえ変えれば「DT500」の印象は激変するのではと思います。今後チューニングを変更した「DT500改良型」が登場してくれることを期待します。

また今回あらためて「DT300 Pro」を比較しながらじっくり聴いてみましたが、こちらは逆にボーカルが非常に濃厚で全体的なバランスも聴きやすいイヤホンにまとめられていると感じました。販売開始当初より価格も下がっているようですので、あらためて多くの方にお勧めできるモデルだと思います。


「PHB EM023」 ZS6の完コピながらオリジナルの「改良型」レベルにまで昇華した高音質2BA+2DD中華イヤホン【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
PHB EM023

【 ZS6系イヤホンレビューマラソン その⑤ 】

こんにちは。前回の折り返しを経て、「ZS6系イヤホンレビューマラソン」も後半戦に入ります。
今回は「ZS6系イヤホン」という切り口にある意味もっとも相応しい、というか「そのまんま」の製品「PHB EM023」(EM-023)となります。2BA+2DDとオリジナルの「KZ ZS6」と同様の構成で、そのデザインは何でこんなイヤホン作っちゃうかな~、と思わずにはいられないくらいの「完コピ」っぷりです。さらに「KZ ZS6」よりさらに元ネタのCampfire Audio「Andromeda」に寄せる方向でデザインを変えている点もかなり狙ってる感あります。なお本体の表記では「EM-023」と間にハイフンが入っていますが、セラーの表記がハイフン無しで統一されているようなので、検索性を考慮しこのレビューでも「EM023」と表記します。
PHB EM023  KZ ZS6
メーカーの「PHB」という会社については、同社のサイト(www.phbcn.com)をみるとそれっぽくイヤホンや周辺機器など何種類か載っていたりします。TaobaoやAliExpressでもいくつかの製品を検索することができ、以前からイヤホンを何種類か作っているメーカーというのは確認できました。ただどの製品もちょっと見たことあるような・・・と言う感じで、もともと「PHB EM023」のようにコピー商品的なものを専門にしている会社かもしれませんね。
PHB EM023PHB EM023PHB EM023
PHB EM023」のカラーは「グリーン」「レッド」「グレー」の3色。今回グリーンとレッドを別々にオーダーし、グリーンについてはいつもお世話になっている中国の「HCK Earphones」で購入しました。
PHB EM023」は中国AliExpressの表示価格が39.68ドル、アマゾンでの価格が5,250円となっています。ただHCKではグリーンはAliExpressでもAmazonでも早々に売切れてしまったようです。皆さん、考えることは同じですね(^^;)。
Amazon.co.jp(NICEHCK): PHB EM023
AliExpress(NiceHCK Audio Store): PHB EM023

※アマゾンのNICEHCKでは、現在購入時に200円引きとなり5,050円で購入できます。

いっぽうレッドもいつもお世話になっている「KInboofi」のAmazonのショップにて購入しました。こちらは現時点ではかろうじて全色在庫が残っている模様です。
Amazon.co.jp(Kinboofi): PHB EM023

※Kinboofiでは表示価格6,050円となっていますが、注文時に「1,000円OFFクーポン」をチェックすることで同様に5,050円で購入できます。

なお、アマゾンではすぐに届きますし、アマゾン経由での1年間の保証が受けられるので安心感が高いですね。またセールにより購入時に割引を受けられる可能性があります。
またより低コストで購入したい場合は中国からの発送となりますが、AliExpressでの購入方法などはこちらを参照ください。どちらの場合も、HCK(@hhckexin)およびKinboofi(@kinboofi)のTwitterアカウントでは頻繁に割引情報などもツイートされますのでフォローのうえこまめにチェックされることをお勧めします。


■低価格中華イヤホンでは久々の豪華パッケージ構成。オリジナルと遜色ないビルドクオリティ。

PHB EM023」はパッケージも結構しっかりしたものが届きます。PHB(phb)のロゴですが、改めて見るとqdc感ありますね(笑)。横の「®」もなかなか怪しく思えてきます(^^;)。
phb EM-023phb EM-023
パッケージのなかでは付属品は布製のポーチ、ケーブルは黒い紙箱に入っていて、イヤホン本体は黒い金属ケースに入っています。この丸いケースもちょっとUnique Melodyを連想するような・・・。
phb EM-023PHB EM023
PHB EM023」のパッケージ内容は、イヤホン本体、布製ポーチ、メタル製ケース、MMCXケーブル(マイクなし、マイクあり、の2種類)、イヤーピースは、穴の大きいタイプと小さいタイプの2種類(それぞれS/M/L)、ウレタン製1種類、ケーブルフック、説明書ほか。低価格イヤホンでは久々の豪華装備です。

phb EM-023PHB EM023
PHB EM023」の本体デザインは繰り返しですが「KZ ZS6」(後期型)をほぼそのまま再現する形で作られており(細部の意匠を変更)、MMCXコネクタの採用やステム部分をクローム仕上げの金属パーツにするなど部分的によりZS6/ZS5の元ネタといえるAndromedaを意識したデザインとなっています。
PHB EM023PHB EM023
「KZ ZS6」同様にフェイスプレート部分にベント(空気孔)があり、「PHB EM023」はZS6とはことなるスリット形状となっています。この形状が縦にすると「Wi-Fi」のマークに似ていることから、ネット上では「PHB EM023」のことを「ZS6 WiFi」などと呼ばれたりもしていましたね(^^)。
phb EM-023
ビルドクオリティはオリジナルの「ZS6」と比較しても全く遜色ないレベル、またはそれ以上に高く、付属品の豪華さも含めて「アップグレードしたZS6感」すら漂います。MMCXコネクタの採用やAndromeda風のクローム仕上げのステム部分などはZS6発売当時にも要望されていた部分であり、これらのリクエストを組み入れるように製品化したようにも感じられる内容となっています。

付属の説明書(中国語/英語表記)によると、「PHB EM023」のインピーダンスは13Ω ±15%、感度105 ±3 dB/mWとなっています。「KZ ZS6」が15Ω・105db/mWという仕様ですので、この点もかなり寄せた仕様になっていると考えて良いでしょう。
phb EM-023phb EM-023
また付属のMMCXケーブルはマイクあり/なしの2種類が付属しており、マイクなしが銀メッキ線、マイクありが銅線のケーブルとなっています。最初からマイク付きケーブルが付属する点はスマートフォンで利用される方には嬉しい配慮ですね。


■ZS6の特徴を着実に踏襲しつつより聴きやすい高域と締まりのある低域を実現した「ZS6改良型」。

PHB EM023」の周波数特性はドンシャリ傾向で「ZS6」同様にキレの良い濃い音になっています。実際には低域はZS6より多くなっており、より明確なドンシャリ傾向のカーブとなっています。最近の「ZS6系イヤホン」にあるメーカー独自のアプローチなど、決してZS6を超える何かがあるわけではないのですが、同レベルに解像度は高く、金属質でシャープなサウンドは全く遜色ありません。
PHB EM023PHB EM023
いっぽうで高域については、硬質で明るくエッジの効いた寒色系の印象はZS6と同様ですが、ZS6の「とにかく刺さりまくる」「シャリ付く」といった要素は非常にコントロールされており、かなり聴きやすい印象になっています。また低域はZS6より少し広がりは抑えられている印象ですが、締まりが向上し、しっかり沈み込む質の良いサウンドになっています。全体的なバランスは「RevoNext QT2」などの中低域メインのサウンドに近い印象に調整されています。ただ分離感の良さはZS6らしさを感じる部分で、近く定位しメリハリのある中音域を感じることができます。
外観の印象の「ZS6のアップグレード版」という印象そのままのサウンドと言ってよいでしょう。

ウイークポイントとしては、やはり「ZS6そのまま」というコピー商品ゆえの部分で、たしかに「改良版」としては良くできていると思いますが、たとえば解像度であるとか、音場感であるとか、ZS6より進化した要素があるか、というとかなり疑問です。特に高域に関しては普段の利用ではかなり聴きやすくなった、というメリットはありますが、逆に伸びや解像度の点では人によっては劣化した、と感じる可能性もあります。そのような意味で高域も含めZS6のサウンドを気に入っている方は、買い換え目的ではわざわざ購入する必要性はないかもしれません。
とはいえ、ビルドクオリティは非常に高く、コレクションアイテムとしてはかなり面白いのでそういった点では良いですし、MMCXコネクタを採用しているため、既にさまざまなケーブルを持っている方はリケーブルの楽しみもありますね。
PHB EM023phb EM-023
装着性についても「ZS6」と変わらないため、耳の小さな方などはハウジングはごつごつして耳にいまひとつフィットしない、というケースがあります。またフェイスプレートにベント(空気孔)がありますので相応に音漏れをします。ふつうに屋外で利用する程度なら問題ありませんが、静かな図書館などでは無理ですし、満員電車などでも控えた方がよさそうです。
あと思ったより遮音性が低く、新幹線の移動で使用した場合に、一般的なカナル型イヤホンよりまわりの声やアナウンスが結構耳に入ってきました。この辺は留意しておく必要があるかもしれませんね。


■完コピ+αの内部構造に中華イヤホン的な進化のアプローチをみた。

このように「PHB EM023」は「KZ ZS6」をある意味忠実にコピーし、改良したような製品だと実感しました。そこで、内部についても少しだけ確認してみます。まず、ステム部分のメッシュパーツを剥がしてみると、デュアルドライバー仕様の2BAが装着されていることを確認しました。「ZS6」では同社のツイーターを2基実装しています。
PHB EM023PHB EM023
またフェイスプレートを外してみると(ZS6同様にT5サイズの星形ネジです)、ZS6同様のレイアウトで10mmと6mmのダイナミック型ドライバが装着されており、さらに、ZS6には無い小さなネットワーク基板が入っていました。この基板はステム部分のデュアルBAドライバーへ配線されており、抵抗によってBAの出力をコントロールしているのがわかります。
PHB EM023PHB EM023
またフェイスプレートのベント部のメッシュパーツですが、さらに裏面に不織布が貼られており、ダイナミック側の音についても多少制御されているようです(そういえば後期型の「ZS5」には10mmのダイナミックドライバー側に小さな紙が貼り付けられていましたね)。

PHB EM023」は「KZ ZS6」の設計を踏襲して(言い方を変えるとコピーして)作っているのは間違いないところですが、コピーによりある程度のサウンドができた段階でネットワークなどを入れて調整をして完成させた、というところでしょう。当然ZS6より部品数が多く、付属品の充実度も含め製造コストは余計にかかっているはずですが、ほぼ完コピすることで開発コストはネットワークの追加による最終的な音の調整くらいと、ある意味「お手軽にできてる」という見方もありますね。

PHB EM023現在、私のブログでも「ZS6系イヤホンレビューマラソン」として数多くの同様なイヤホンを短期間で集中してレビューしている状況ですが、最近特に中華イヤホンは世代交代が激しく、「PHB EM023」もかなり「一発屋」色の強い製品だと思います。そしてKZ自体も含め中華イヤホンブランドの多くが以前は「完全にアウト」、現在でも「ぎりぎりアウト」(笑)の状況で、大手メーカーではあり得ないレベルのまさに「恐竜的進化」を遂げているという側面もあります。「PHB EM023」は最近ではめずらしい「完全にアウト」に入りそうな製品ですが、決して粗悪な模造品ではなく、ちゃんと中華イヤホンの流れに従って「オリジナルを進化させた、よく出来た改良品」レベルになっている点は評価できると思います。

もしかすると継続しての生産は行われない可能性もありますので、興味のある方は早めに購入しておくのが良いのではと思いますよ(^^;)。


プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。気付けばアラフィフの酔っ払い(定期)。食べるのも好きな天秤座AB型。普段はIT屋で都内と自宅のある福井ほかあちこち出張するお仕事してます。ポタオデは趣味で出張のお供。長年のPC(?)遍歴にApple //c とNeXTstation があるのがプチ自慢(じじぃ)。
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。





記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)











最新コメント