bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

「TRN V20」 聴きやすさ抜群、低域寄りながらバランスの良いオススメ低価格ハイブリッド中華イヤホン【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
TRN V20

低価格の中華イヤホンの世界で昨年末に突如として登場した中華イヤホンブランド「TRN」の新モデル「TRN V20」が登場しました。今回はデザインも一新し1BA+1DDのハイブリッド・ドライバ構成となりました。また大幅な低価格化も実現しています。前回の「TRN V10」は2BA+2DDの構成ながらお世辞にもバランスが良いとは言いにくい派手すぎるサウンドで賛否を含めていろいろ話題をかっさらったイヤホンでしたが、今回「TRN V20」の音質面は思いのほか手堅くまとめてきた印象です。
価格はAliExpressではフォロワー値引き後の価格で15ドル程度、アマゾンでも2千円台と中華イヤホンの人気モデルで私のブログでもお馴染み「KZ ZST」や「KZ ES3」と競合する価格設定になっています。カラーはブラック、グレー、レッドの3色が選択できます。私はレッドとブラックの2色を購入しました。

TRN V20今回の購入は毎度お世話になっているEasy Earphonesより。
AliExpressでのフォロワー値引きの方法などはこちらをご覧ください。
※3月28日からのAliExpressのスプリングセール期間中はもれなく13.06ドルのセール価格となります。
AliExpress(Easy Earphones): TRN V20

またアマゾンで購入する場合は2,580円で販売しています。プライム発送に対応しており注文して直ぐに届くのが有り難いですね。※こちらも現在購入時に380円値引きされ、実質2,200円で購入できるようです。
Amazon.co.jp(WTSUN Audio): TRN V20


■オモチャっぽさも味わい?! の本体と、お得感抜群のケーブル

TRN V20」は前述の通り1BA+1DDのハイブリッドドライバー構成で、ハウジング内にミッドレンジ用と低域用ウーファーを担当するダイナミックドライバーを搭載し、ステム部分に高域用のBAドライバーを搭載しています。
TRN V20TRN V20
インピーダンス24Ω、感度108db/mWとDAP(デジタルオーディオプレーヤー)に限らず、スマートフォンを含め大抵のプレーヤーで鳴らしやすい仕様になっています。

パッケージは本体写真がカラーごとにプリントされたものとなり、TRNのロゴだけだったV10の頃より少しだけ豪華になりました。
TRN V20TRN V20
本体デザインや成型にもよりコストがかかっていますし、資金面でも前回V10を購入することでメーカーを微力ながら後押しできているのかもしれませんね。
TRN V20TRN V20
パッケージ構成は本体、V10と同じ2pin仕様の4芯OFCケーブル、イヤーピースが装着済みのMサイズとS/Lサイズ、説明書など。
TRN V20TRN V20
本体はマット仕上げの樹脂製ですが特にレッドはサイト写真よりずいぶん明るい赤色で、子供の頃にスーパーで買ってもらった食玩のオマケのような、何とも言えないオモチャ感が漂います(^^;)。
とはいえマット感を出している表面処理のおかでげ触り心地はなかなか良く、TRN V10のチープなプラッキーさとはまた違って悪くないと思います。またブラックの方はオモチャ感はあまりなく、この価格帯としてはなかなか良い印象ですね。
TRN V20TRN V20
本体形状はハウジングが横から見るとハコ状になっていることもあり、BAドライバーを収納する関係でステムが結構長いデザインとなっています。そのためシュア掛けタイプのイヤホンですが装着は通常のカナル型イヤホンのようにステムが耳にまっすぐに入りイヤーピースで固定する印象になります。イヤーピースによっては耳に合う・合わないがあると思いますので「final Eタイプ」「SpinFit」「ATE06/ATE07/ATE08」など好みのイヤーピースを別途用意し、小さめのタイプを耳奥まで押し込むように装着するのがおすすめです。
TRN V20TRN V20
付属ケーブルは「V10」同様に2pin仕様の4芯OFC(無酸素銅線)ケーブル。2千円台のイヤホンに付属するケーブルと考えるとかなりのお得感です。

ちなみにスマートフォンなどで利用する場合は「マイクリモコン付き」のケーブルを選択すると思いますが、特に2pinタイプでは質の良いマイクリモコン付きケーブルがほぼ皆無で、KZのイヤホン等でもやむなくゴムゴムとした純正ケーブルを使っているという話を伺いました。「TRN V20」「V10」の付属2pinケーブルはKZやTFZなどのメーカーのイヤホンでも転用できますので、V20の価格ならケーブル目当てで購入してみるのもアリかもしれませんね(本当はマイクリモコン付きのTRN製ケーブルのみが販売されると良いのですが、実際にセラーを通じてリクエストしたところニーズが少ないらしく現時点では無理みたいです)。


■一変して万人ウケしそうな中低域メインの「いかにもハイブリッド」なサウンド

TRN V20」の周波数特性はドンシャリ傾向に近いですが中低域メインのスッキリした非常に聴きやすいサウンドにまとまっています。これは前回の「V10」のただただ派手すぎる「ドンドン・シャリシャリ」なサウンドと比べるととても同じメーカーの製品とは思えないほどの激変&好転ぶりです。
寒色系で音のつながりにも人工的なメリハリを感じるサウンドですが、全体のバランスはかなり良好で、良い意味で「ハイブリッドイヤホンてこんな音だよ~」と説明するのに最適な気がする、とってもわかりやすい音だと思います。
TRN V20TRN V20
音場は一般的な広さですが、低域は量感がありつつ、高域も上の方で少しだけ粗さはありますが比較的伸びのあるサウンドで刺さりもほぼありません。中域には少し凹みがありボーカルも少し離れて定位しますが、低域にボーカルが埋もれる感じではなく、臨場感を楽しむタイプですね。
低域が強いため開封時は少し籠もった感じがある場合も1日程度のエージングである程度解消できると思います。より高額なイヤホンと比較すると分離感や解像度は決して高いと言うわけではありませんが、2千円程度のイヤホンの音質と考えればかなりのレベルにまとまっていると思います。また上記の通り小さめのイヤーピースで耳奥まで装着することで明瞭感は多少向上します。また開口部の大きいダブルフランジのイヤーピースが用意できればさらに耳へのフィット感が向上し、より自然な印象のサウンドに感じるのでオススメです。
TRN V20TRN V20
ちなみに、前回の「TRN V10」ではBellsing製のデュアルBAドライバーが採用されていましたが、「TRN V20」でもいただいた分解写真によると同じBellding製の「Bellsing 59006」というBAユニットが使用されているとのことです。同社サイトには記載のない型番のため詳細は不明ですが、ユニットの形状はKZ ZST等で以前採用されていた「Bellsing 30095(BRC305C30095)」と似たツィーター(BRC305またはBRC310ライン)で、実際高域特化タイプのBAドライバーのようです。そのため「TRN V20」の中~低域はダイナミックドライバーが中心に担っていると考えられます。そうなると長時間エージングにより分離感なども変化してくるかもしれませんね。

TRN V20また、「TRN V20」はKZやTFZ用に販売されている2pinコネクタ仕様のケーブルが使用できます。もっとも付属の4芯OFCケーブルは中低域の印象が強いケーブルで、「TRN V20」の音質傾向とも比較的合致しているためこのままでも十分に相性が良いと思います。逆にリケーブルによって変化を持たせたい場合は高域に特徴のあるケーブルが面白いでしょう。「TRN V20」の中低域の気持ちよさを活かしつつ高域をよりアグレッシブにする、という意味では銀メッキ線(または銀線)と銅線のミックスケーブルを選択すると少し高域にシャリ感がでて楽しいサウンドになります。
私の場合はちょうどEasy Earphoneで販売している4芯ミックス線ケーブルが1個余っていたので組み合わせてみました。上記のように音質の変化だけで無く、レッドの「TRN V20」と合わせるとメタリックなコネクタ部分のおかげで「オモチャっぽさ」がいくぶん解消できたような気も・・・(気のせいですかね^^;)。


というわけで、「TRN V20」はV10のかなり人を選ぶサウンドから一変して、「多くの人にお勧めできるオールラウンドなイヤホン」に仕上がっていると感じました。価格も大幅に下がり、マニア以外の方も気軽に買いやすくなった点もうれしいところです。2,000円くらいのちょっと音の良いイヤホン、と知人に訊かれたらお勧めしてもいいかな、と思いますね。
ただし、(レッドのオモチャっぽいカラーは別として)唯一残念なのはV10より装着性が下がった点でしょうか。EasyもWTSUN Audioでリケーブル以外にも比較的安価なイヤーピースなども販売するとニーズがあるかもしれませんね。特にダブルフランジなんかは(個人的によく使うので)あるといいんですが(笑)。
とりあえず私はブラックを中心に、レッドに関してはしばらくはこのまま使ってから、後日クリアー系の塗装をして雰囲気の変化を楽しもうかなと思っています(^^)。



USB-C対応 「dodocool DA134」 & 「NEXUM AQUA」明暗分かれたハイレゾ対応・小型オーディオアダプタ【購入レビューその②】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
dodocool DA134 / NEXUM AQUA

というわけで、前回に引き続きスマートフォン用高音質オーディオアダプタのネタです。前回の「SMSL i2」はLightning接続のiOSデバイス用でしたが、今回はAndroidデバイス用、というよりUSB-Cコネクタ対応デバイス用ですね。iPhoneはイヤホン端子を廃止してからわりと経ちますが、最近は「ハイレゾ対応スマホ」の先陣を切っていたはずのソニーも最新のXPERIA XZ2でイヤホン端子を廃止するなど(上位モデルのPremiumでは搭載するらしいですが)、Android系でも「付いてないのが普通」に向かっているようにも見受けられます。
というわけで、利便性をを維持しつつ、Androidでもより高音質で音楽が聴きたい、というニーズにはコンパクトなオーディオアダプタがポイントになってきそうです。特にハイレゾ音源への対応へのニーズはむしろiPhone用(Lightningコネクタ)より高くなってくるかもしれませんね。

私自身はすでにAndroid用(OTG=On The Go対応)のmicroUSBコネクタのハイレゾ対応オーディオアダプタ製品はいくつか持っていますが、最近は使用するスマートデバイスもUSB-Cコネクタが中心になっていますので変換コネクタなしで使えるものを、ということで購入してみました。
今回は「dodocool DA134」と「NEXUM AQUA」の2種類をどちらもアマゾンで購入しました。実際に使用しての感想は両者で想像以上に明暗が分かれる結果となりました。


■「dodocool DA134」/駆動力もあり音質は良好。採用チップはAK4430ET & SA9123。

まずは、「dodocool DA134」。こちらは最近のAndroidスマートフォンで多く採用され始めている「USB-C」コネクタ対応のオーディオアダプタです。もちろんスマートフォンに限らず、USB-Cコネクタを搭載したMacBook/MacBook Pro等でも利用することができます。本体にハイレゾ対応マークが貼られているとおり、24bit/192kHzまでのハイレゾに対応します。
こちらはアマゾンで5000円ほどで購入しました。
Amazon.co.jp: dodocool DA134

dodocool」は中国のブランドですが、オーディオというよりガジェット全般を取り扱うメーカーという印象ですね。同社サイトをみるとオーディオアダプタは数種類販売されており、Lightning対応の「DA133」というモデルもあります。こちらも本体デザインはよく似ていますがUSB-C用の「DA134」とは表面のボタンレイアウトだけでなく基板のレイアウト(さらに搭載チップも)異なるようです。また「DA133」には給電用ポートがありますが「DA134」はイヤホン端子のみのレイアウトとなっています。
dodocool DA134dodocool DA134
本体サイズは長さ68mm/幅19mm/厚さ9mm、ケーブル部分の長さは12cmとなっています。
dodocool DA134dodocool DA134
前回紹介した「SMSL i2」同様に3.5mmステレオ端子はマイクリモコンの4極対応となっています。スマートフォンに接続してみると少し大きさを感じますが装着したまま持ち歩いてもなんとか支障の無い範囲だろうと思います。

ところで、Android側はGoogle Pay Music等の音楽アプリをはじめSpotifyやAmazon Music、Apple Musicなどのストリーミング系アプリは接続すれば特に設定等は不要でそのまま「dodocool DA134」から出力されます。ただし、オンキヨー「HF Player」(ロック解除済み)やラディウス「NePlayer」、「USB Audio Player PRO」などUSB-DAC接続によるハイレゾ再生に対応したプレーヤーの場合はAndroid標準のドライバーを使用せずにアプリ用のドライバーでの接続を促されます。同種のアプリを複数使い分けている場合は、アプリを使用するごとに接続し直してドライバーの読み込みを行います。
Androidsystemuisystemui
ちなみにスマートフォン用のハイレゾプレーヤーといえばiOSでもAndroidでも「HF Player」や「NePlayer」が定番ですが、Androidの場合はUSB-DAC利用に特化した「USB Audio Player PRO」がかなりマニアックなチューニングができるので個人的にはとても気に入っています(価格も少し安いですね)。BitPerfectモードや各種チューニングなど、普段MacやPCで「Audirvana Plus」「JRiver Media Center」「foobar2000」などをゴリゴリ設定して使っている方にはかなりお勧めです。またNASでUPnP(DLNAのことです)でミュージックサーバを構築していればWi-Fi経由でネットワーク再生も可能です(iOS版のNePlayerも同様の事ができますがAndroidのハイレゾプレーヤーではUSB Audio Player PROくらいですね)。

dodocool DA134というわけで、「dodocool DA134」で「USB Audio Player PRO」と「HF Player」によるハイレゾ再生、さらに「Apple Music」アプリによるストリーミングを試してみました。
dodocool DA134」の音質傾向は多少メリハリの効いたサウンドではあるもの全体的にバランス良く、全体的に聴きやすい印象です。「SE535LTD」やマルチBAの「MaGaosi K5」などを使用すると多少ホワイトノイズが発生しますが通常のイヤホンであればそれほど気になるレベルではありません。またヘッドホンの利用でもAKG K712 Proを使用した場合も特に歪みなどは無く十分な駆動力を確保することができました。

ところで、「dodocool DA134」はDACチップ等のスペックは公開されていませんが、精密ドライバーを使えば簡単に分解できそうなので、とりあえずバラして確認してみました(保証外となるのでよい子はマネしないでね!)。
dodocool DA134dodocool DA134
基板みると、DACチップにはAKM「AK4430ET」、USBインターフェース部にはBRAVO「SA9123」が採用されていることが確認できます。おっと、AK4430ETとSA9123の組み合わせと言えば、エレコムの「EHP-AHR192」と同じ構成です。ということで両者の音の違いを確認してみました。

dodocool DA134dodocool DA134」と「EHP-AHR192」の比較では、接続時のゲインは「EHP-AHR192」の方が若干高めに設定されています。そのためか両者の音質傾向は当然のことながらよく似ていますが「EHP-AHR192」のほうがよりメリハリが強く、解像度的には「粗さ」を感じる一方で「dodocool DA134」のほうは適度なバランスにコントロールされている印象がありました。同様なチップを使っていてもチューニングで結構違いが出るものですね。この音質で5千円程度という価格設定はなかなか魅力的です。ただし、「EHP-AHR192」もちょっと古い製品で定価ベースではかなり割高ですが、在庫処分価格というかアマゾン等では現在非常に安価に購入できるので、その価格なら逆にお買得かも、という気もしますね。


■「NEXUM AQUA」/ ファームウェア制限ほか課題あり。期待値が高かった分、残念さも倍増?

そして次に紹介するのは「NEXUM AQUA」です。「NEXUM」はメーカーサイトを見たところ台湾メーカーのブランドらしく、日本では販売されていないモデルも含めいろいろなオーディオガジェットを販売しているメーカーのようです。同社からは「AQUA+」という製品もありますが、こちらは「AK XB10」のような高音質Bluetoothワイヤレスレシーバー/ヘッドホンアンプで全く用途的には異なるようですね。
NEXUM AQUAいっぽう、今回購入した「NEXUM AQUA」はメーカーサイトによるとUSB-C以外にもmicroUSBとLightningコネクタ仕様が販売されているようですが、アマゾンではUSB-CとmicroUSBタイプのみを取り扱っていました。またUSB-Cタイプはカラーはローズゴールドのみが選択でき、6,000円で購入しました。
Amazon.co.jp: NEXUM AQUA

NEXUM AQUA」はDACチップはCirrus Logic(Wolfson)の「WM8533」を、ヘッドホンアンプ部に「MAX97220」を採用しており、最大24bit/192kHzのハイレゾ再生に対応とのこと。
「WM8533」はCirrus Logic社が買収した英国Wolfson社の省電力DACチップで、いっぽうの「MAX97220」は「Shanling M1」などのコンパクトDAPや、昨年何機種か販売された中華系の「ハイレゾ対応スマホ」などで多く採用されているヘッドホンアンプと、非常に実績のあるチップを採用している点も特徴です。

パッケージ構成は本体、レザーポーチ、PC接続用の変換コネクタなど。
NEXUM AQUANEXUM AQUA
本体部分は金属製で長さ7.4cm/幅1.8cm/厚さ0.7cmでシルバーの布巻ケーブル長は12cm。コンパクトなスティック型ですので接続したままポケットにいれて持ち歩いても支障なく使えると思います。

ただし、スペックについては注意が必要で、届いた「NEXUM AQUA」のファームウエアでは最大周波数は24bit/96kHzまでに制限されています。これは特にmicroUSBモデルのAndroid用のオーディオアダプタでは良くあるのですが、サポートするOTGの仕様の関係であえて「USB Audio Class 1.0」準拠(最大24bit/96kHz)のファームウェアが入っていて、「USB Audio Class 2.0」の192kHzに対応するためにはファームウェアの更新が必要な製品があります。私が過去に購入したものではCovia「ZEAL ZDC-205A-SG」などもそのようなタイプだったのですが、「NEXUM AQUA」も初期設定では24bit/96kHzの対応のファームウェアとなっていました。
NEXUM AQUANEXUM AQUA
しかし、ファームウェアはNEXUMのサイトで入手が可能でしたが、現時点ではアップデートソフトなどが同サイトおよびGoogle Playなどで入手できないため、192kHz対応にアップデートを行うことはできませんでした。
※調べたところ、付属のPC用(USB-A)変換コネクタを使用し、本体の再生ボタンを押しながら挿入することで本体フラッシュにアクセスできるので、そこにダウンロードしたファームウェアをコピーすることで更新されるようです。ただし更新に失敗したり動作が不安定になる可能性もあるためアップデートはやらないほうが良さそうです。

NEXUM AQUA音質面については高域の伸びの良いサウンドで「MAX97220」を搭載した他の製品同様にヘッドホンなどでも実用的な出力が確保できます。いっぽうで反応の良いイヤホンではホワイトノイズが発生し、さらにデジタルボリュームの関係で音量の微調整ができず音量を下げても音が小さすぎるか大きすぎるかのどちらかになってしまい、とても実用的なレベルでは無いようです。またイヤホン端子もマイクリモコン付き4極コネクタに対応していならしく、マイクリモコン側で音量調整や再生・停止などの操作ができない点もちょっと見劣りします。正直なところ、購入前は「dodocool DA134」より期待していただけにかなり残念ですね。あらためてアマゾンの評価はアテにならないなあ、と実感しました。


というわけで、今回購入したUSB-C仕様のハイレゾ対応オーディオアダプタ2機種は、同様のスペックでも実際はここまで違うものか、と改めて驚く結果となりました。「dodocool DA134」についてはサイズが少し大きいのとケーブルが硬い点を除けばこれといった欠点は無く、音質的にも内容的にも比較的安心して購入できるオススメの製品だと思います。私自身もAndroidではこちらを中心に使うことになりそうです。
いっぽうのAQUAのほうはもう少し調べてみる必要がありそうですね。


プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。Apple好きのおっさん。食べるのも好き。普段のお仕事はIT屋。自宅は福井県ですが都内で単身赴任してます。ポタオデは趣味で出張のお供。美音系/モニター系の音が好みです。自宅ホームシアターもそろそろ改造したいな。
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。


記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)




最新コメント