bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

「BQEYZ K2」「TRN V80」「RevoNext QT3」 最新2BA+2DD 低価格中華イヤホンを比較してみた。【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
TRN V80

【 ZS6系イヤホンレビューマラソン その④ 】

というわけで「ZS6系イヤホンレビューマラソン」の「その④」となりますが、今回は振り返り編となります。7月にはいってすでに3種類の「2BA+2DD」構成をZS6系イヤホンを紹介するなど、すでに似たようなイヤホンが乱立(失礼)しており、若干訳が分らなくなっている感もあります。とりあえず今回はここまでのモデルを「2BA+2DD」比較しながら振り返りたいと思います。
BQEYZ K2RevoNext QT3

また前回レビューした「TRN V80」については色違いのブラックをEasy Earphonesにオーダーしていましたので合わせてリケーブルを中心に紹介したいと思います。 「TRN V80」については前回のレビューもあわせてご覧ください。
→ 「TRN V80」 明瞭感とキレの良い軽快なサウンドが心地良い、2BA+2DD中華イヤホン【レビュー】

改めて、「TRN V80」は、「TRN」という新鋭ブランドの2BA+2DDモデルの中華イヤホンで、アルミ製の金属シェルを採用すると同時に、同ブランド最初のモデル「V10」から大幅にブラッシュアップし明瞭かつ軽快なサウンドで、発売以降ネット上での評価も高いモデルとなります。
TRN V80TRN V80

カラーは前回紹介した「ブルー」と「ブラック」があり、いつもお世話になっている中国のイヤホンセラー「Easy Earphones」には「ブラック」のモデルをオーダーしました。「TRN V80」の中国AliExpressの表示価格が38ドル~、アマゾン(WTSUN Audio)での価格が4,800円~となっています。
AliExpress(Easy Earphones): TRN V80
Amazon.co.jp(WTSUN Audio): TRN V80

アマゾンではすぐに届きますし、アマゾン経由での1年間の保証が受けられるので安心感が高いですね。またセールにより購入時に割引を受けられる可能性があります。
またより低コストで購入したい場合はAliExpressでとなりますが、購入方法などはこちらを参照ください。どちらの場合も、Easy EarphonesのTwitterアカウント(@hulang9078)では頻繁に割引情報などもツイートされますのでフォローのうえこまめにチェックされることをお勧めします。

TRN V80TRN V80

TRN V80」はアルミ製ハウジングに塗装仕上げのデザインとなっています。そのため前回紹介したメタリックな「ブルー」もなかなか派手なカラーリングでしたが、実用性を考えるとブラックの上品で落ち着いたカラーリングの方が良いかもしれませんね。
TRN V80TRN V80

「TRN V80」の大きさを「RevoNext QT3」および「BQEYZ K2」と比較してみると、あらためて「TRN V80」がコンパクトなイヤホンであることが確認できますね。
TRN V80TRN V80


■実際に3種類のイヤホンを聴き比べてみることでわかった、それぞれの特徴と「個性」。

というわけで「TRN V80」を中心に、「RevoNext QT3」「BQEYZ K2」と3種類のイヤホンを聴き比べしてみます。ケーブルに「YYX4753 6芯 純銅ケーブル」を使用し、Astell&Kern AK300で聴いてみます。このケーブルは2千円以下で購入できる低価格ながら品質も高く、イヤホンの能力や個性を引き出しつつ味付けをしないため比較には最適です。
TRN V80またAK300は現在となっては駆動力も高くないですし仕様的に古さも見えてきますが、味付けのないフラットな音質傾向とS/Nの高さから現在も比較レビューでは愛用しているDAPのひとつです。
そして別の組み合わせでケーブルに「YYX4761 8芯 銀メッキケーブル(イエロー/シルバー)」にリケーブルし、DAPもより高い駆動力を持つiBasso Audio DX150(AMP6)に変更して聴いてみます。このケーブルはYinyooブランドの新しい銀メッキ線ケーブルで、黒/ブラウンの通称「やきそばケーブル」の色違いバージョンとなります。リケーブルによる音質変化も確認したいところです。

まず、最初の組み合わせで聴いてみると、3種類のイヤホンとも様々なジャンルの曲で非常に聴きやすく、バランス的にもまとまった印象を受けます。そのなかでも「RevoNext QT3」は「締まりの良い質の高い低域」、「BQEYZ K2」は「ボーカルの気持ちよさと中低域の響き」、そして「TRN V80」は「軽快でキレのある中高域」にそれぞれ特徴を感じる製品ごとのキャラクターをしっかり実感できました。



TRN V80まず「TRN V80」ですが、先日のレビューでも触れたとおりコストダウンのためにビルドクオリティについて若干の不安はあるのですが、他の2個のイヤホンにはない明瞭さとキレの良さがなんと言っても特徴的です。分離性も良く、音数の多い曲でもきちんと音を実感できる点はメリットでしょう。また3種類のなかでは最も近くに定位し、しっかり聴かせる印象があります。全体的なサウンドバランスの点でも3種類の中では最も優れたイヤホンだと思います。しかし、明瞭であるが故にかなり人工的な音という印象もあり、アコースティックな曲を多く聴かれる方などを中心に多少好みが分かれる部分ではあると思います。また、低域が他より軽い印象を受けるため、低音を響かせたい曲とはあまり合いませんし、静かなバラード曲も雰囲気が変ってしまう可能性があります。

TRN V80他と同様にケーブルを6芯純銅ケーブルから「YYX4761 8芯銀メッキ線」にリケーブルし、DAPをAK300からDX150に変更して聴いてみると、アグレッシブさが一気に増し、こちらもZS6を彷彿とさせる派手なドンシャリ傾向に変化します。高域のシャリ付きは増加し刺さりも多少感じると同時に低域もより前にでる印象ですね。より濃いめのサウンドが好みの場合には良いと思います。
上記の通りこのケーブルは銀メッキ線らしい傾向が出やすいケーブルですが、「TRN V80」では特にその傾向が顕著なようです。サウンドに派手さを加えたいときにはとても面白い組み合わせだと思います。

次に、「RevoNext QT3」は前モデルの同「QT2」が「BQEYZ K2」に近い中低域寄りのチューニングであったため「低音イヤホン」の印象が強めだったのに対し、「RevoNext QT3」では2BA化することで高域を強化し、解像度が向上するとともに全体的なバランスも中高域寄りに変化しました。しかしバランスの変化によりむしろRevoNextのイヤホンの特徴ともいえる締まりのある低域がより実感できるようになった、という印象もあります。ベースの音をしっかり聴きたいときにはこの3種類のイヤホンのなかでは「RevoNext QT3」がいちばんお勧めだと思います。
RevoNext QT3RevoNext QT3
ここでケーブルを6芯純銅ケーブルから「YYX4761 8芯銀メッキ線」にリケーブルし、DAPをAK300からDX150に変更して聴いてみると、全体的にアグレッシブな傾向に変化しより「ZS6」感の強い派手な音になります。全体的な解像度は向上しより情報量の多いサウンドになりますが、高域が相対的に強くシャリ付きの多い音を感じるため、低域を楽しむ上ではちょっと邪魔に感じるかもしれません。とはいえ刺さりはかなり抑えられています。
この組み合わせの場合、より派手な音を楽しむ場合には良いと思いますが、上記のように低域を楽しむ際は1BA+2DDの「QT2」のほうが向いてそうですね。

BQEYZ K2最後に、「BQEYZ K2」は「RevoNext QT2」(1BA+2DD)に近い中低域寄りのセッティングに加え、キレよりも響きを重視したような設計のイヤホンで、ポップスやアニソンなどのボーカル曲と非常に相性の良いイヤホンです。内部的には2個のダイナミックドライバー間を音導管でバイパスする他の2種類のイヤホンとは異なるクロスオーバー処理を行うと同時に、2BAの片方のみフィルターし高域をコントロールするなど個性的なアプローチを行っているイヤホンでもあります。本来は籠りがちの音になりそうなセッティングながら、ボーカルなどの中音域が一歩前に出るような定位感により、低域のボワ付きなどをほぼ感じない絶妙なバランスを実現しています。そのため音数は少なめでボーカルやギター、ピアノなどが印象的な曲との相性は抜群でしょう。

BQEYZ K2さらにケーブルを6芯純銅ケーブルから「YYX4761 8芯銀メッキ線」にリケーブルし、DAPをAK300からDX150に変更して聴いてみると、「QT3」のとき同様にアグレッシブな印象が強化されますが、特に「BQEYZ K2」においては明瞭感が大幅に向上するのがわかります。
音のキレの変化はとくに顕著で、立体的な定位感を得られるようになるのも大きな変化です。高域は刺さるレベルではないものの多少シャリ付きが増加する場合があります。
全体的にはかなり良い方向に変化するため、リケーブルやDAPの変更は効果を得やすいイヤホンだと改めて実感しました。


このように、価格帯も個別のレビューでも似た印象のある3種類のイヤホンですが、特徴としている部分が結構明確に異なっていましたので、普段聴く楽曲の種類などを考慮して選んでいただくのがよいのかなと思いました。
とはいえ、「ZS6系イヤホンレビューマラソン」は、以前レビューした「KZ ZS6」と「RevoNext QT2」を含めて5種類となり、ようやく折り返し地点という状況ですのでまだまだ予断は許さないですね。というか私自身の持久力が持つのかもちょっとだけ心配なのですが(^^;)。


「TRN V80」 明瞭感とキレのある軽快なサウンドが心地良い、2BA+2DD中華イヤホン【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
TRN V80

【 ZS6系イヤホンレビューマラソン その③ 】

こんにちは。今回は中国のイヤホンブランド「TRN」の最新モデル、「TRN V80」です。前回「宣言」した「ZS6系イヤホンレビューマラソン」ですが、今回はちょっと「ZS6系イヤホン」とは言い切れない部分もありますが、当然比較対象となる製品だと思いますので(^^;)。

さて、「TRN」というブランドのイヤホンは、私のブログでも最初の「V10」から毎回レビューしていますが、全てのモデルでとても同一メーカーとは思えない一貫性のない本体デザインに加え、毎回盛大に「アタリ」「ハズレ」を出すため発売前のオーダーはなかなかのギャンブル感のあるブランドであります。なにしろ前回の「V60」は中華イヤホンの世界でも稀に見る「大ハズレ」でしたので、ドキドキ感は尋常ではありません。
そして今回、手元に届いた「TRN V80」はどうやら音質面では「アタリ」のモデルらしく、これでTRNの「勝率」はなんとか5割に戻した格好となりました(ヤレヤレ)。

TRN V80」は2BA+2DDと言うことで、金属製ハウジングを採用するなどの相違点はありますが、ドライバー構成は最初のモデルである「V10」と共通した仕様になっています。
TRN V80TRN V80
ハウジングに収納されたデュアルダイナミックドライバーはケースの中に10mmと6mmの2個のドライバーが直列に並んだ形状で収納されている「一体型2DD」を今回も採用しており、ステム部分にデュアルBAユニットを収納しています。初代の「V10」では強烈な高音の刺さりとシャリ付きでとてもバランスがよいイヤホンとは言い難かったのですが、今回はこのカスタムメイドの2DDユニットがどの程度チューニングされているかがポイントとなります。
TRN V80TRN V80

カラーは「ブルー」「ブラック」の2色。今回それぞれのカラーを異なるセラーにオーダーし、ブルーについてはいつもお世話になっている中国の「HCK Earphones」で購入しました。
TRN V80」は中国AliExpressの表示価格が38ドル~39ドル、アマゾン(NICEHCK)での価格が4,800円~4,900円となっています。
AliExpress(NiceHCK Audio Store): TRN V80
Amazon.co.jp(NICEHCK): TRN V80

アマゾンではすぐに届きますし、アマゾン経由での1年間の保証が受けられるので安心感が高いですね。またセールにより購入時に割引を受けられる可能性があります。
またより低コストで購入したい場合はAliExpressでとなりますが、購入方法などはこちらを参照ください。どちらの場合も、HCKのTwitterアカウント(@hhckexin)では頻繁に割引情報などもツイートされますのでフォローのうえこまめにチェックされることをお勧めします。


■TRN初のメタルハウジング。某イヤホンに似たデザイン、そしてビルドクオリティは・・・

TRN V80TRN V80
パッケージは他のTRN製品と同じサイズのボックス。金属製ハウジングの本体はなかなかの存在感です。
TRN V80TRN V80
パッケージ構成は本体、イヤーピース(装着済みのMサイズ+S/Mサイズ)、ケーブル、説明書、保証書など。

アルミ製のハウジングは厚めのメタリック塗装を施されており、ちょっとギラギラした感じの仕上がりになっています。ブルーはちょっとエロさを感じるのはおっさんだから?(笑)
TRN V80TRN V80
ちなみに、このハウジングのデザインはDUNUの「Falcon-C 隼」をがっつりパクってます(^^;)。まあ最近の中華イヤホンではあまりにしょっちゅうある事なので、すっかり慣れてしまっている自分が残念ではあります。いっけんビルドクオリティは悪くないように思えるのですが、ステム部分のパーツがぱっくり取れて、その勢いでBAの配線が切れてしまう、という惨劇に遭遇された方もネット上で複数みかけるなど、そこはTRN、油断がなりません。扱いにはちょっとだけ気をつけた方が良いかもです。
また付属のイヤーピース以外を使用する場合は、あまり穴が小さくステムを圧迫するものは避けた方が良いかもしれませんね。「TRN V80」の装着性についてですが、ハウジングはコンパクトですがステムが太いこともあり、耳の形状に合うかどうかは多少個人差があります。できるだけフィット感を得られるイヤーピースを選んだ方が特に低域の印象が良くなります。私の耳では装着感はいまひとつだったので、いつも使っているAcoustuneの「AET07」のほか、コンプライ等を合わせています。
TRN V80TRN V80
そして、情報提供をいただき私も気がついたのですが、「TRN V80」では付属するケーブルの仕様(線材)が若干変っています。初期の「TRN V10」などに付属していたケーブルより編み込みが強くなっており少し細い印象を受けます。
TRN V80TRN V80
また音質についても「TRN V80」自体がメリハリのある音なので違いはそれほど気になりませんが旧ケーブルの方が低域が厚く、わずかですが情報量が多い印象を受けました。ハウジングを金属化することでいろいろコストアップをしたのでしょうか。なかなか油断ならないですね(2回目)。今回は「TRN V80」の実力を発揮させる上でもリケーブルは必須、と考えた方が良さそうです。


■今回は「アタリ」。明瞭感とキレのある軽快なサウンドが心地良い。ただしリケーブルは必須。

TRN V80TRN V80」は最近の2BA+2DDイヤホン達と同様のドンシャリと感じますが、開封直後から明瞭感とキレのある明るめのサウンドはかなりの好印象です。「今回のTRNは『アタリ』だな」とほっと胸をなで下ろました(^^;)。
ビルドクオリティの問題からか多少の個体差は存在するようですが、100時間ほどのエージングにより安定するようです(私はいつも通りApple Musicのランダム&エンドレス再生にてエージングを実施)。ある程度エージングがすすんだ状態で聴くと、全体的なバランスの良いサウンドで、低域は軽めですが十分な量感があり、中高域との分離性は良好です。
実際には周波数特性はフラット寄りの弱ドンシャリ程度にコントロールされていることもあり、中音域は厚みがあり、ボーカルなども近く定位します。高域は解像度や伸び自体は一般的なレベルで、曲によっては少しシャリ付きを感じることもあるのと、シンバル等の残響音がちょっと癖のある響き方をしますが、高域の刺さりもほぼ感じず聴きやすい印象です。全体的には中高域はかなりハッキリした明るい音のため、よりメリハリを求める方には相当良い印象を受けるのではと思います。いっぽう自然なバランスを好まれる方には、特にこの中高域が人工的なサウンドに感じ、その点では好みが分かれる可能性がありますね。あとは明るい音は軽快で気持ちよいのですが、バラードなど重めの曲には向いていない印象があります。
TRN V80このように「TRN V80」は「明瞭で派手なサウンド」という意味ではサウンドバランスも秀逸で「かなり上手にできた」イヤホンだと思いますが、同時に低域の印象など「TRN V10」を元に作ったと感じる部分も多くあります。刺さりすぎる高域で決して良いサウンドバランスとは言えなかった「TRN V10」を改めてブラッシュアップして作り直したイヤホンが「TRN V80」なのだろうな、と感じます。
またHCKの新しい「8芯 OFC 純銅線ケーブル」などにリケーブルすることで、分離感がさらに向上しより明瞭でキレが増したサウンドになります。リケーブルは是非とも行った方がよいでしょう。


TRN V80というわけで、4作目にしてようやく初代のV10をきちんとリプレースできた、という感じの製品になった「TRN V80」ですが、やはり残念な点としてはビルドクオリティの点で「細かく手を抜いている」、または「行き過ぎたコストダウンをしている」という感じが否めません。
前回のあちらこちらで酷評された「V60」もネットの情報によると内部結線ミスによる不良だった可能性が指摘されています。まあ「個体ごとの当たり外れを楽しむ」といわんばかりの以前のKZ製品も問題でしたが、「手を抜いている」という点が見え隠れするのも、購入者としては結構な問題です。今回の「TRN V80」でTRNの音質面でのレベルの高さを実証できたわけですから、どうにか今後の製品でビルドクオリティについても高めて欲しいと思います。そのために、まずはより多くの方に「TRN V80」を購入して聴いていただく必要も、またあるわけですけどね(^^;)。

次回は、「TRN V80」「RevoNext QT3」「BQEYZ K2」の比較をしてみたいと思います。


プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。気付けばアラフィフの酔っ払い(定期)。食べるのも好きな天秤座AB型。普段はIT屋で都内と自宅のある福井ほかあちこち出張するお仕事してます。ポタオデは趣味で出張のお供。長年のPC(?)遍歴にApple //c とNeXTstation があるのがプチ自慢(じじぃ)。
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。





記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)











最新コメント