bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

「Yinyoo T100」 女性ボーカルが美しい、シングルBAらしさを手軽に実感できるコンパクトな中華イヤホン【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Yinyoo T100

3月も気づけば中盤にさしかかっていますが、仕事のほうがシーズン的に忙しいということもあり「あまりポタオデ楽しんでる時間ないなぁ」と思うこの頃。よくよく考えたら出張もあまりしていないので新幹線でじっくり聴く機会も必然的に少なくなっているわけで・・・というわけで、到着から2週間以上全然レビューに手をつけていなかったイヤホンですが、遅ればせながら出張先の大阪のビジネスホテルで書いております(^^;)。

閑話休題、今回紹介するのは「Yinyoo T100」、私のブログでも最近露出の多い中華イヤホンブランド「Yinyoo(音佑)」オリジナルのバランスド・アーマチュア型(BA)ドライバーをシングルで搭載するイヤホンとなります。コンパクトなメタルハウジングが特徴的なデザインで、サウンドチューニングの異なる3種類のノズルフィルターの交換が可能になっています。
Yinyoo T100Yinyoo T100Yinyoo T100
購入はこれまた毎度おなじみのいつもお世話になっている中国のイヤホンセラー「Easy Earphones」より(「Yinyoo」はEasy Earphonesを中心としたセラーが取り扱うブランドになります)。
AliExpress(Easy Earphones): Yinyoo T100

AliExpressでは69ドルで販売されていますが、例によってEasy EarphonesのTwitterアカウント(@hulang9078)をフォローのうえ、フォロワー値引きを活用すれば特別価格で購入できます。詳しい購入方法はこちらをご覧ください。またEasy Earphonesのアカウントでは頻繁に割引情報などがツイートされていますのでこまめにチェックするとよりお得に購入できる可能性もあります。

また本レビュー掲載時点ではアマゾンのマーケットプレイス「WTSUN Audio」からも6,999円にて販売を開始しています。
Amazon.co.jp(WTSUN Audio): Yinyoo T100


■ピンクゴールドのカラーリングが美しいコンパクトなハウジング

到着したパッケージは最近のYinyoo製品で共通のブラックのボックス。
Yinyoo T100Yinyoo T100
なかに入っている大きめのケースにびっしりと中身が詰まっています。
Yinyoo T100Yinyoo T100
パッケージ構成は「Yinyoo T100」イヤホン本体、フィルターノズル3種類(私のところに届いたものはシルバーノズルが装着済みでした)、専用イヤーピースがS/M/L各サイズ+装着済みのMサイズ、そして専用ケースといった内容です。

Yinyoo T100」は非常にコンパクトなハウジングのイヤホンですが、デザイン的によく似た印象のダイナミック構成の「final E3000」および同じシングルBA構成の「EARNiNE EN120」と比較するとその小ささがあらためて実感できるのではと思います。いっぽうで交換式のフィルターノズルのステム部分は本体と同じ直径ため、通常の口径のイヤーピースは使用できない仕様になっています。
Yinyoo T100Yinyoo T100
ケーブルは布製の表皮に覆われており取り回しは良好です。付属するイヤーピースは先日レビューした「NICEHCK DT100」でも使われていた口径の広いタイプのもので、イヤーピース交換の選択肢が少ないのはちょっと残念なところです。ただ後述の通り「Yinyoo T100」のサウンドも、開口部が広く耳穴へフィットするイヤーピースを使用する方が音質面で良いため、上記DT100用のデュアルフランジイヤーピースなど装着可能なものを探してみるのもよいと思います。私はたまたまストックしていたデュアルフランジのものが(多少無理やり装着しましたが)なんとか使うことができました。

Yinyoo T100そして「Yinyoo T100」の最大の特徴である交換式のノズルフィルターは本体カラーと同じピンクゴールド、ゴールド、シルバーの3種類で、ピンクがメッシュのみ、ゴールドとシルバーは内側に不織布が貼り付けられておりより厚く貼られているシルバーがもっとも低域強調タイプとなり、メッシュのみのピンクゴールドが高域タイプという区分けになります。
またフィルターノズルを外した本体側にも薄い不織布が貼り付けられています。このようなフィルターは「MaGaosi K3 Pro」の交換可能なフィルターノズル等でも採用されていますが、個人的には不織布を貼り付けて高域減衰させるタイプはちょっと苦手です。そのため「Yinyoo T100」も基本的にメッシュのみのピンクゴールドのタイプを使用します。


■フィルターノズルは「ピンク」一択。女性ボーカルとアコースティックが美しい中低域イヤホン

昨年以降、魅力的なシングルBAイヤホンが数多く登場していますが、「Yinyoo T100」は価格帯としては「EARNiNE EN120」より少し高い程度の価格帯の設定となります。付属品を最小限に抑えてよりコストパフォーマンスを高めているEN120に比べるとイヤホンケースなどの付属品と3種類のフィルタを変更可能な仕様など「Yinyoo T100」は付加価値要素が多いのも事実でしょう。

Yinyoo T100いっぽう音質面については、実際に「Yinyoo T100」を聴いた最初の印象としては「良くも悪くもシングルBAらしいサウンド」。ある意味シングルBAの常識を逸脱した印象も受けるEN120とは対照的で、「そこそこ良くまとまった感じ」という感じです。最も高域タイプという設定になっているピンクのフィルターノズル(フィルター側に不織布なし)を使用した場合でも中低域寄りのサウンドで、高域はキラキラ感はありますがどうしてもBA特有の歪みを感じてしまうため、高域成分の音数の多い曲とは相性がいまひとつです。
いっぽうで女性ボーカルなどはとても美しく心地よい響きがあります。イヤーピースを付属のものから開口部の大きいダブルフランジタイプなどに換えると音抜けが良くなります。またジャズなどのアコースティック音源もとても聴きやすくて良いですね。低域はシングルBAですので控えめですが量感・分離感は必要十分という印象です。

また他のフィルターノズルを使用した場合ですが、ゴールドではスマートフォンなどでの再生環境でピンクのフィルターでの歪みを強く感じる場合に使用するとよいでしょう。ただし音像の明瞭感が下がり曇りを感じるようになるため「Yinyoo T100」の旨みの部分が損なわれる感じがあります。シルバーのフィルターは低域をドゴドゴさせたい向けですが、曇りと言うより籠りのレベルになってしまうため、このフィルターの低域が欲しい人は「Yinyoo T100」は使わないほうが良いのでは、と思ってしまいます。


Yinyoo T100というわけで、「Yinyoo T100」は比較的低価格ながら「シングルBAらしいサウンド」を手軽に実感できるイヤホンだと思います。音を分析的に聴くイヤホンではありませんが、バランスド・アーマチュア型ドライバーならではの解像度感と分離の良さ、マルチBAやハイブリッドのようなクロスオーバーが発生しないフルレンジの再生によりつながりの良い心地よいサウンド。「Yinyoo T100」は「シングルBAイヤホン」の本来のメリットを十分に感じることができる十分にクオリティの高い製品であると思います。
アコースティックな曲や美しい女性ボーカル曲をキラキラ感のあるサウンドで心地よく楽しむためのイヤホンとしてサブアイテムのひとつとして加えてみるのも良いと思いますよ。


「PMV E01」ボーカル推しに特化した高品質・低価格イヤホン【レビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
PMV E01

今回は「PMV E01」、10mmグラフェン振動版を採用したシングルダイナミックドライバーのイヤホンです。いつもお世話になっているアマゾンのマーケットプレイス「Kinboofi」さからのサンプル提供による紹介となります。現在アマゾンでは2,689円にて販売されています。
Amazon.co.jp(Kinboofi): PMV E01 

PMVというとハイブリッドの「PMV A01 MK2」などの製品も以前から販売している中華イヤホンメーカーですが、「PMV E01」はスマートフォンなどでの利用を想定した普及モデルの位置づけのようです。
とはいえ、金属製のハウジングを使用しドライバーにグラフェン振動版を採用するなど、内容的な妥協は少なく、低価格のわりにしっかりとしたイヤホン、という印象を受けます。

パッケージは専用のボックスケースで実績のあるメーカーであることをうかがわせます。裏面に記載のスペックはインピーダンス32Ω、感度105dB/mWとターゲットとするスマホをはじめ多くのプレーヤーでの利用でも問題ないと思われます。
PMV E01PMV E01
パッケージ内容イヤホン本体、イヤーピースはS/M/L(Mサイズは装着済み)とデュアルフランジタイプ、ポーチ、イヤークリップ。
PMV E01PMV E01
イヤホン本体は金属製ハウジングでステレオミニコネクタ部分も含めしっかりしたビルドクオリティの高さを感じます。装着性や遮音性は一般的なイヤホンと同様です。金属製ハウジングですが重量で耳から落ちてしまうということもあまり無いと思います。


■ボーカル曲の長時間リスニングに最適。通勤通学や仕事中のBGMにも便利なサウンド

PMV E01」の周波数特性はフラットに近いですが、特徴としては明確な「ボーカル推し」なイヤホンとなっています。実際、中国サイトの情報等をみると「PMV E01 一条纯粹的人声塞」みたいな記述があり、おもわず「なるほど」と納得しました。
PMV E01PMV E01
ボーカルなどの中域は近くで定位し、グラフェンドライバーらしいクリアでキレの良いサウンドが楽しめます。音場は一般的で極端に広い印象はありませんが、質感のある低域がボーカルに影響しない程度に響くことで、適度な臨場感を演出しているように感じます。いっぽうで高域の表現はそれなりに処理されている印象ですが、分離感も比較的良いため全体としては寒色系でとてもスッキリしたサウンドになります。また刺さりはほぼ無く、長時間でも聴きやすいサウンドに仕上がっていると思います。ジャンルとしてはポップス、ロック、アニソンなどのボーカル曲との相性が良いですが、これらのジャンルでも打ち込みなどの音の成分が多い曲では少し解像度に物足りなさを感じることもありそうです。


PMV E01PMV E01」はボーカルに特化したチューニングにより、低価格ながらも非常に聴きやすく使いやすいバランスにまとめられたイヤホンだと思います。スマートフォンなどでの利用を考えると極端に敏感だったり解像度を高くしすぎても雑味が強くなる可能性もありこれらの用途では使いにくくなります。そういった意味でさまざまなプレーヤー環境で気軽に使えて、かつ気持ちよいボーカルを実現したイヤホン、としては、購入しやすい価格も含めかなり完成度の高い製品ではないかと思います。
中華イヤホンも最近の高品質化・高音質化は著しく、低価格帯といえど「及第点のサウンド」では受け入れられない状況になりつつあるのではと思います。「PMV E01」はビルドクオリティの高さとスマートフォンなどの利用でもクオリティの高いクリアなボーカルを実現することで個性を表現していると感じました。オーディオマニアではない方などに気軽に使えてボーカルの綺麗なイヤホンは、と訊かれたときにオススメするのにも良い選択かもしれませんね。


プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。Apple好きのおっさん。食べるのも好き。普段のお仕事はIT屋。自宅は福井県ですが都内で単身赴任してます。ポタオデは趣味で出張のお供。美音系/モニター系の音が好みです。自宅ホームシアターもそろそろ改造したいな。
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。


記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)




最新コメント