bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

【雑記?】 平成がもうすぐ終わるのでレビューしてなかった購入イヤホンをまとめて振り返る【ネタ企画その①】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
image

こんにちは。日本では改元に伴う初の10連休がはじまり、「平成」ももうすぐで終わろうとしています。そこで、今回と次回は「平成最後」のてきなネタ記事になります。よろしければおつきあいくださいませ。
私のブログでは普段からいろいろなイヤホンやヘッドフォンのレビューを書いていますが、それでも購入してるけどレビューしていない、紹介していないものも結構あったりします。そこで平成が終わる前に、購入はしたもののレビューにしなかった、またはマンパワー的にできなかったアイテムをまとめて紹介しようと思います。
多くは例によってこれまでのケーブルレビューなどではちょい役で結構登場していたりします。さらに、次回、平成最後の記事として予定している「個人的な好みランキング・第3回」で登場するお気に入りの製品も含まれます。要するに今回は次回への前フリも兼ねてるわけですね(^^;)。

■未レビューの購入イヤホン・ヘッドホン  ※今後レビュー予定のものは除く

LZ A6 黒将軍

LZ A6LZ A6
昨年末に七福神商事扱いの国内正規品で購入。いろいろフィルターを試した結果、標準の黒フィルター、LOUDボタンONでの仕様に定着。ケーブルはYYX4810を使っています。音は数々のレビューで皆さんが掲載されているとおり4BA+1DD+セラミックツィーターの結構派手めのサウンドは個人的にもかなり好みで、ミドルグレード以上のハイブリッドとしてはかなりお勧めできるイヤホンだと思います。ただし、ハウジングが大きすぎて私の場合は装着性がいまひとつで長時間使うモチベーションにはならないのちょっと残念。そのためケーブルなどのレビューを書く際の比較用では大活躍なのですが普段使いにはあまりなってないのが正直なところです。
Amazon.co.jp(七福神商事): LZ A6


Echobox Nomad N1

Echobox Nomad N1Echobox Nomad N1
なんつーか、要するに派手な音が好きなんだろうな、と改めて自覚したイヤホン。以前から購入しようと思っていましたがEchoboxサイトでは販売が終了し、代わりにMassdropで登場するようになったことでようやく購入。解像度が高くシャープな高域と深く懐の深い低域が大好きな傾向の音です。チタン合金ハウジングにドイツ製PEEK振動板、そして3種類のフィルタ交換式によるサウンド調整ができるイヤホンで、これがMassdropだと150ドルくらい+送料で買えるはやっぱり相当に安い! Massdorpで登場した際は是非とも狙っていただくことをお勧めします。フィルターは真ん中の黒色を使用(たまに高域が強い赤色の場合もあり)。解像度の高さと分離の良さ、そしてバランスの良さからとても使い勝手の良いイヤホンですね。なんでもっと早く買わなかったんだろう(^^;)。
Massdrop: Echobox Nomad N1


RHA CL1 Ceramic

RHA CL1 CeramicRHA CL1 Ceramic
年明け早々に新品同様の中古品を見つけたので購入。販売終了となり、今後中古でも状態の良い個体が少なくなってくる可能性もあります。言わずと知れた「高音イヤホンの代表選手」でカナル型イヤホンなのにインピーダンス250Ωと本気で鳴らすのにには相応にパワーが要ることでおなじみです。鬼のような解像度の高さと分離感はやはりマニアのためのイヤホンだと思います。さらにRHA「Dacamp L1」用の4pin mini-XLRプラグの付属バランスケーブル用の変換コネクタを購入し、結構頻繁に使っています。


MEE Audio Pinnacle P1

MEE Audio Pinnacle P1MEE Audio Pinnacle P1
P1と音質的には同等と言われる、Massdrop×MEE Audio「Pinnacle PX」を転送サービスで購入しましたが、やはり好きな音なのでP1も追加購入しています。リケーブル効果の大きいイヤホンなので新しいケーブルのテスト用でも活躍しています。普段使いでは「Nomad N1」同様かなり頻繁に使っています。
Amazon.co.jp: MEE Audio Pinnacle P1


その他、カラバリなど

final Make 3Yinyoo HQ5
その他としてはfinalの「Make 3」もMakuakeで購入していますがほとんど遊んでません。カラバリでは「TFZ T2 Galaxy」(Massdropで国内版に無いゴールド/パープルのカラーを)、「Yinyoo HQ5」(某2SEみたいな透明ライトグリーンのカラーを)、他にもいろいろ買ってる気がしますが、あれ、記憶が・・・(笑)
Massdrop: TFZ T2 Galaxy

beyerdynamic DT 1770 PRO

beyerdynamic DT 1770 PRObeyerdynamic DT 1770 PRO
昨年ティアックストアのアウトレットで購入した若干の箱損傷があるだけの事実上新品。言わずと知れた定番ヘッドフォンのひとつですね。ベイヤーは開放型の「DT1990 PRO」より密閉型のこちらの音のほうが好みです。現在ヘッドフォンはこの「DT1770 PRO」とAKG「K712 Pro」をメインで使っています。
Amazon.co.jp: beyerdynamic DT 1770 PRO


Massdrop × SENNHEISER HD6XX
「 Massdrop × HIFIMAN HE4XX

Massdrop × SENNHEISER HD6XXMassdrop × HIFIMAN HE4XX
どちらも昨年Massdropで購入したヘッドフォン。「HD6XX」は日本への発送はおこなっていませんが、「Pinnacle PX」で紹介した転送サービスを利用しています。最近は値上がりしているみたいですし、転送サービスの手数料+米国からの関税も加味すると普通にHD650の中古買った方が良いかもですね。
Massdrop × SENNHEISER HD6XX  Massdrop × HIFIMAN HE4XX
「HE4XX」は古いデザインの「HE400」の外観に「HE400i」の平面稼働ドライバーを搭載し、アンダー200ドルにまとめたモデル。現在はこちらも購入時より少し値上がりしてますが、まだまだお買い得度は高そう。最近どちらのヘッドフォンもAliExpressの「Lunashops」で扱っているバランスケーブルを購入し、手持ちのDAPやアンプでも出力を確保しやすくなったため登場頻度が増えてくる可能性はありますね。
Massdrop: Massdrop × HIFIMAN HE4XX
Massdrop: Massdrop × SENNHEISER HD6XX過去記事:転送サービスによる購入方法
AliExpress(Lunashops): HD600/HD650用 8芯銀メッキ線 2.5mmバランスケーブル 25ドル
AliExpress(Lunashops): HE400/HE560用16芯銀メッキ線 2.5mmバランスケーブル 45ドル


■DAC、DAP、コネクタなど

Massdrop XLR 4pin - 2.5mmバランス変換コネクタ

Massdrop XLR 4pin - 2.5mmバランス変換コネクタMassdrop XLR 4pin - 2.5mmバランス変換コネクタ
「LOXJIE P20」 など据置アンプのバランス出力で2.5mm/4極プラグのケーブルのイヤホン、ヘッドフォンを使うための変換アダプタ。20ドル台とリーズナブルなのが良いですね(^^
Massdrop: Massdrop 4pin XLR to 2.5mm TRRS Adapter


Linsoul 変換コネクタ

Linsoul 変換コネクタLinsoul 変換コネクタ
Linsoul 変換コネクタLinsoul 変換コネクタ
Amazonで6千円ほどとちょっと割高ですがリケーブル芸人にとっては結構便利なコネクタ。最近また2pinは中華タイプになっているので埋め込みタイプのイヤホンにはMMCXケーブルを変換で使えるこれは便利。あとは最近のKZ用にqdcコネクタに変換するタイプも購入しました。
Amazon.co.jp(L.S オーディオ): Linsoul 変換コネクタ


Acoustic Research AR-M200

AR-M200AR-M200
元々4万円台で売られてた気がしますが、Massdropで100ドルの投げ売りされていたので、つられて購入。DAPとしてはSDXCのメモリカードが認識しないとか全体的にもっさりして使い勝手が最低だとかまああんまり使えませんが、バランス出力が4.4mm/5極対応で、「aptX HD」対応のBluetoothレシーバーになる便利機能で「aptX HD」に対応するスマートフォンとペアリングしてレシーバー専用機として使っています。
Massdrop: Acoustic Research AR-M200


TOPPING D50

TOPPING D50TOPPING D50
1年近く前にMassdropで199ドルで購入したUSB-DAC。D10、D30と順番に買ってるのは毎度ながらの悪い癖です。もともと299ドルなので結構お得でしたが、スペックだけならすでに古くなってしまってるのが中華DACのツライところ。ただ東京の狭い部屋で鳴らすのにはこれで結構十分な印象で満足してるので、さらに新しいのは、当分やめておきます(^^;)。
Massdrop: TOPPING D50TOPPING D30TOPPING D10


Aune X1s 10th Anniversary Edition

Aune X1s 10th Anniversary EditionAune X1s 10th Anniversary Edition
これも約1年前にMassdropで199ドルで購入。購入時点でも結構発売から時間のたっているモデルですが音はauneらしく手堅く結構好み。ヘッドフォン端子もなかなかパワフルでDT1770PROとかも結構ちゃんと鳴らしてくれます。
Massdrop: Aune X1s 10th Anniversary Edition


というわけで、本当はレビューしたかったけどできなかった・しなかったアイテムを駆け足で紹介しました。
次回は明日、平成最後の「個人的な好みイヤホン」ランキングをやりたいと思います。
その他、現在到着している未レビューのイヤホンは5月以降に順次レビューを予定していますのでいましばらくお待ちくださいませ(^^)。

「nuraphone」 自分の聴覚にあわせて最適化する脅威のハイテクヘッドフォンを発表会で体験してきました!!【イベントレポート】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
nuraphone

こんにちは。今回は「nuraphone」(ニューラフォン)の製品発表会のイベントレポートになります。4月24日に同製品のプレス向け発表会が開催され、私も主催する国内正規販売元のDELFIN JAPAN様からご招待で僭越ながら参加させていただきました。
今回レポートする「nuraphone」は、既に海外版をトライした方もいらっしゃると思いますが、通常のワイヤレスヘッドフォンとは全く異なる、とにかく驚異的な技術に裏付けされた斬新なアプローチの製品です。しかし、改めてサポートのしっかりした国内正規品を実際に店頭で手にとって購入できるようになったメリットはとても大きいと思います。それは、「実際に体験してこそ凄さを実感できる製品」というのが今回の発表会で何より感じたことだったからです。
製品情報(DELFIN JAPAN): nuraphone


■「nuraphone」とは何者?

nuraphone」のメーカー「Nura」(https://www.nuraphone.com/)はオーストラリア発祥のスタートアップ企業で、今回発表された「nuraphone」は、ジャンルとしては「ノイズキャンセリング機能付きワイヤレスヘッドフォン(aptX HD/AAC対応)」です。しかし、「nuraphone」の最大の特徴は、なんと言っても「nurasound」と呼ばれる利用者の聴覚を測定し最適なサウンドバランスに自動調整、最適化する独自のキャリブレーション技術でしょう。
ペアリングしたスマートデバイスに専用アプリ(iOS/Android用)をインストールし、指示に従ってキャリブレーションを行うことでユーザー固有の「聴力プロファイル」が作成されます。このパーソナルデータに基づき最上の音質になるように自動調整が行われ、利用者に最適化されたサウンドを楽しむことができる、という、とにかくテクノロジーの塊のようなヘッドフォンですね(^^;)。
nuraphone nuraphone
nuraphone」の構造は非常に独創的で、オーバーイヤーヘッドフォン状のラバー製イヤーカップの中央にカナル型イヤホンのような「突起部分」が存在します。この「Inova」と呼ばれる特許取得の仕組みにより、高度なANC(アクティブノイズキャンセリング)や優れた遮音性、没入感のあるサウンドなど、インイヤー型とオーバーイヤー型のそれぞれのメリットをユーザーは実感することができます。また「nurasound」によるキャリブレーションにおいてもこの仕組みは大きな意味を持ちます。
nuraphone: How it works



nuraphone」のキャリブレーションは、乳幼児の聴力検査等でも実際に使用される「耳音響放射」を自動測定する仕組みを採用。キャリブレーションは「nuraphone」でサンプルのサウンドを聴くことで、耳から戻ってくる微弱な音(耳音響放射)を先端に装着されたマイクが測定し、ひとりひとりの周波数ごとの感度を自動で測定、最適なプロファイルを生成するとのことです。この人それぞれの周波数ごとの特性を耳音響放射で「聴き分ける」のは非常に高度な技術が必要だったそうで、発表会に登壇したCEOのDragon Petrovic氏は質疑応答のなかで「東京から富士山頂で石を置いた音を聴き分けるほどの難易度」と表現しています。

nuraphone」はaptX HDにも対応していますので、スマートフォンでの一般的なストリーミング音源に限らず、Android搭載のDAPやハイレゾプレーヤーアプリ、TIDALなどの高音質ストリーミングなどで自分に最適化されたサウンドがどのように聴くことができるか、なかなか興味がありますね。


■発表会イベントで実際に体験してみました!

というわけで、発表会イベントで私もじっくり体験することができました。プレス発表会は4月24日の午後、都内にて開催され各プレス関係者や私も含めた招待者が多数参加。
nuraphonenuraphonenuraphone

イベント中盤で前述の同社CEO Dragon Petrovic氏が登壇し、「nuraphone」の開発に至る内容のプレゼンテーションや質疑応答では興味深い話も数多く聞くことができ、驚きと感心の連続でした。
nuraphonenuraphone

そして、参加者のテーブルにはひとり1台ずつの「nuraphone」が置かれており、すでにペアリングされたiPadを使って実際に体験することが可能でした。
nuraphonenuraphone

nuraphone」の外観はとてもミニマムなデザインでラバー製のイヤーパッド部およびヘッドバンドは肌触りも良く側圧も適度な印象です。左右の表記はなく、充電ポートがある方が右側になります。電源ボタンはなく装着することで自動的に電源ONとなり、ペアリング済みのデバイスと接続されます。逆に頭から外してしばらくすると自動的にOFFに移行します。
nuraphonenuraphone
そして「nuraphone」の最も特徴的なカナル型イヤホンのような突起部も同様に柔らかく耳に装着したときも思ったより違和感はありませんでした。ただ、私は耳穴がもともと狭く、カナル型イヤホンでもイヤーピースに苦労するほうなので、キャリブレーション時の位置合わせにはちょっと苦労しました(エラーが出て何度もトライしてやっとOKになりました)。しかし、いちど個人プロファイルを作成してしまえば、普段使いの時は完全にフィットさせた状態でなくても自分にあったサウンドを楽しむことは十分にできるようで、神経質になるのは最初の1回だけで大丈夫そうです(^^;)。
nuraphonenuraphonenuraphone
nuraphone」のアプリでは同時に3パターンまでの「個人プロファイル」を測定し、登録することができます。家族で「nuraphone」を共有し、それぞれにあったプロファイルを使うのも良いですし、自分のプロファイルを別々の日に3回登録し、コンディションなどによって設定が変化するかを確認してみるのもおもしろそうですね。また当然登録された他の人のプロファイルで聴くこともできます。
nuraphonenuraphonenuraphone
登録された自分のプロファイルはひとつの円に描かれたグラフのような模様で可視化されます。時計の0時の位置を基準に右回りで低域から高域と周波数特性ごとの耳の感度を可視化しており、より敏感な場合は円からはみ出る形になります。ただこれは耳の善し悪しというより、鼓膜までの耳道の経路によって個人差が発生する「聞こえ方」を調整するためのものらしいですね。人によって形状だけでなくカラーも変化しますがこれも何らかの個人差を可視化したもののようです。
nuraphonenuraphonenuraphone

とりあえず自分用にキャリブレーションした上で、iPadに入っていたサンプルの音源をいくつか聴いてみました。標準(ニューラル)からパーソナライズ済みの音に変えることで、まずバーチャルサラウンド等とは全く異質の、ヘッドフォンとは思えないような自然な定位に変化したことに驚きました。とても質の高いスピーカーで聴いているような感覚です。反響レベルをコントロールすることでリスニング空間の広さを好みにアレンジすることができます。
全体的にドンシャリ気味にアレンジされる印象ですが、単純にイコライザで高域と低域を持ち上げているような感覚ではなく、高域の伸びと低域の解像度および締まりがぐっと向上したような「音の変化」を実感します。とてもすばらしいサウンドで、できればさらにいろいろな音源で手持ちのヘッドフォン等とも比較してみたいと思いました。

nuraphonenuraphone
このように自分用の「個人プロファイル」を作成し、ニューラルとの音の違いを実感することで、「nuraphone」の凄さを実感できる、「体験してこそ」の製品だと思いました。
そのため、本領を発揮しようと思ったら、店頭やブースなどで軽く試聴だけでは難しいかもしれませんね。ただし、音の変化については例えば聴覚の傾向が大きい(たとえば低域がすごく敏感な人と逆に高域がすごく敏感なひと、など)個人プロファイルを用意して印象の変化を聴き分ける、という試聴の仕方はできそうです。

nuraphonenuraphone
ところで、今回の発表会での製品説明およびプレゼンテーションは野村ケンジ氏が担当されていました。この製品に詳しく日本語でのプレゼンテーションをスムーズにできる方、ということで依頼されたみたいです(ほんと何でもやるんだなぁ、と思いながら眺めてました^^;)。ちなみに、その流れ&同じ理由で27日・28日の「ヘッドフォン祭2019」でも野村氏の枠で28日の15時くらいから体験イベントが開催されるようですので、気になる方はチェックいただき足を運ばれてはと思います。


nuraphone」の国内版の価格は税込み55,000円で4月27日からの販売開始とのこと。ところでNura CEOのPetrovic氏のセッションでは、「nuraphone」を体験したStevie Wonderが後日ショップにあった製品を買い占めた(笑)エピソードなども披露し、今後の製品としてプロフェッショナルユースの製品にも強い関心をもっていました。さらにイヤホンタイプの「nuraphone」の計画はすでにあるようで近いうちに実際の製品を見ることが出来るかもしれません。
というわけで、ひと足早く「nuraphone」の楽しさを体験させていただいた販売元のDELFIN JAPAN様にはあらためて感謝を申し上げます。今後、実際の製品を手にとってじっくりレビューをしたいなあとも考えています(^^)


プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。気付けばアラフィフの酔っ払い(定期)。食べるのも好きな天秤座AB型。普段はIT屋で都内と自宅(鯖江)のある福井ほかあちこち出張するお仕事してます。ポタオデは趣味で出張のお供。長年のPC(?)遍歴にApple IIc とNeXTstation があるのがプチ自慢(^^;
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。





最新記事



記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)






最新コメント