bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

foltia ANIME LOCKERのTSデータをBDAV化(TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4編)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
004

■TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4 でラクラク編集。

フリーのツールでも無劣化でfoltia ANIME LOCKERの録画データ(MPEG-2TS)をBDAV化しリビングのプレーヤーでの再生やBDレコなどへのインポートが可能であることは紹介しました。

しかし、CMカットなどの編集を行った上で、より手軽に変換を行いたい場合は、やはり有償のツールを使った方が便利です。ここで最適なのがペガシスの「TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4」(TMSR4)でしょう。
「TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4」は同社のWebサイトでダウンロード購入できる「スマートレンダリング」専用のソフトで、位置づけとしては編集&エンコードソフトの「TMPGEnc Video Mastering Works 5」とセットで使うツール的な製品のように思えます。
ただ、今回のように録画TSデータをそのまま無劣化でカット編集&BDAV化という目的であれば、TMSR4単独で利用して問題ありません。

というわけで、TMSR4を使ってお手軽に編集、スマートレンダリング&BDAV化することにします。


■TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4 による変換。
手順は非常に簡単です。
まずfoltia ANIME LOCKERサーバから変換したいMPEG-2TSデータ(拡張子は.m2tファイル)をPCにコピーします。BD-R/BE-RE 1枚に収まるサイズであればもちろん複数ファイルでもかまいません。

それらのファイルをひとつずつ手順に従いインポートし、CMカットなどの編集を行います。
001002003


出力設定画面でBDAV形式を選択し、保存場所などを決めたらエンコード。そのままBD-R/BD-REへの書き出しも行うことが可能です。
005

あとは、書き出しだBDAVディスクをBDレコーダにいれるだけ。
再生などはもちろん、BDレコのHDDへのダビングなども自由にできます。

また、foltiaとは関係ありませんが、PC録画によるスカパー!プレミアム(スカパー!HD)のTSファイル(MPEG-4 AVC)も同様に無劣化編集でBDAV化することができました。

続きを読む

GUIでCiscoルータにリモートアクセスVPN設定を行うためのメモ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
■やはりCisco ルータでのVPNがいちばい手っ取り早い
このブログでは、foltia ANIME LOCKERのリモートアクセスなどで、「Cisco製ルータ」と「Cisco VPN Client」によるIPsecでのリモートアクセスを前提としています。しかし、実際にfoltia環境使っている人でCiscoルータに慣れている、というケースは多くないかもしれません。

ただ、多くのCisco VPN Clientを標準搭載しているiOSデバイスやMac(Lion以降)をはじめ、多くのスマートデバイスでリモートアクセスを考えると、やはり個人でもCisco環境を構築するのがもっとも汎用性があると思います。

そこで、Ciscoルータに不慣れな方でもツールを使って設定できる方法を紹介します。


■Cisco ルータの入手
個人でCisco ルータを入手する場合、おすすめなのは「Cisco 1812J」(販売終了・中古で入手)か、「Cisco 861」(現行機種)の2機種に絞った方がよいでしょう。
あえて選択肢を広げるなら、881、892Jという上位機種がありますが、個人でのリモートアクセス目的だけならちょっと高価すぎるでしょう。

「Cisco 1812J」(CISCO1812-J/K9) は現時点で安価な中古が数多く出回っています。
Yahoo! オークションの検索結果 

「Cisco 1812J」は長期間販売されていたモデルですので数多くのリビジョンがあり、また中には状態の良くないものもあります。購入に際してはファームウエアのバージョンやメモリなどをご確認いただき、できるだけ状態の良いものを購入されることをお勧めします。

「Cisco 861」(CISCO861-K9) はアマゾンや楽天などでも購入できます。
アマゾンの検索結果

  どちらもルータスループットは180Mbps(1812J)、160Mbps(861J)と多くのブロードバンドルータとも遜色ありません。

■Cisco Configuration Professionalの入手
実際の設定では、通常はTera Termなどのコンソールツールでコマンドで設定を行いますが、ここでは「 Cisco Configuration Professional」というGUIツールを使用します。
ただし、「 Cisco Configuration Professional」は2011年以降インストール用のフルバージョンはバージョンアップが行われておらず(最新は2.6英語版)、しかも日本語版は2008年リリースの1.3までさかのぼる必要があります。そのため動作するクライアントに制限がありますが、設定そのものは現時点でも問題ありません。

Cisco Configuration Professional 1.3日本語版は、Cisco.com(英語サイト)の以下のURLにあります。
http://software.cisco.com/download/release.html?mdfid=281795035&softwareid=282159854&release=1.3

ダウンロードには「Cisco.com IDの登録(無料)」が必要です。
ダウンロード時にはさらに民間利用か公共利用か、などの問いがありますので民間利用を選択し、ダウンロードを行います。
「Cisco Configuration Professional 1.3」(CCP1.3)はIE+Javaベースのソフトウエアですので、新しすぎるPCだとインストールしても起動しません(特に64bit版のWindows7ではほぼ動作しません)。XPなどの古いPCで起動できることをあらかじめ確認ください。また1.4xなどの古いバージョンのJavaランタイムをインストールしてあることが必要です。


■Cisco Configuration Professional(CCP)による設定
Cisco Configuration Professionalを使用するためには、ルータ側にもいくつかの条件があります。
Cisco 861の場合、購入したばかりの状態の初期設定コマンドでCCPに接続できる設定があらかじめ入っていますので、CCPをインストールしたPCをDHCPで接続し、CCPで接続すればすぐに使用できます。
しかし、Cisco 1812Jの中古の場合は、多くの場合、設定が初期化されている(出荷時設定は初期化状態に導入用の設定が投入されているため、初期化状態とは異なる)ため、CCPを使用できるようにする設定が必要です。

この場合、最低限、ルータへCCPをインストールしたPCからhttp/httpsでアクセス状態にする必要があります。
具体的な設定方法は「Cisco Configuration Professionalクイックスタートガイド」を参照してください。
⇒ Cisco Configuration Professionalクイックスタートガイド


CCPで無事ルータへアクセスできたら、あとはウイザードを使って設定を行うだけです。
具体的な設定方法は「日経IT Pro」のサイトに掲載された記事を参照いただくのがよいでしょう。
(実際、掲載当時はシスコシステムズの公式資料代わりに使われた)

CCPによる設定ガイド(PPPoEによるインターネット接続)
⇒ CCPによる設定ガイド(リモートアクセスVPNの設定)

さらに、もし興味があればコマンドもご覧になりながらこまかな修正を入れて行かれるのをおすすめします。
Cisco Systems社の設定例ドキュメント一覧
プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。Apple好きのおっさん。食べるのも好き。普段はIT系のお仕事。自宅は福井県ですが都内で単身赴任してます。ポタオデは趣味で出張のお供。美音系/モニター系の音が好みです。自宅ホームシアターもそろそろ改造したいな。
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。


記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)







最新コメント













成長因子