bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

映画「スティーブ・ジョブス」観てきました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
画像1


「スティーブ・ジョブス」観てきました。

まあ、(Sonyが権利を取得した)オフィシャルの伝記をベースにした話ではないため、内容にはいろいろ賛否両論があると思います。
じっさい「内容が薄い」とか、本人達が酷評しているなどの話はありますが、個人的には制作開始の報道当時「それほど期待していなかった」分、結構楽しめました。

下馬評どおり、アシュトン・カッチャー、本当に似てましたね。 
特に「売り」のシーンと思われる冒頭の「iPod発表」シーンと、あと「Think Different」キャンペーンCMでジョブズ自身によるナレーション。この2つの「完コピ」は本当に完璧!
これはSonyのオフィシャル版は相当にしんどそう。
それ以外にも、アシュトン・カッチャーは「似せる」という点では相当にいい線をいってると思います。

個人的にはそれこそMac発売以来、追いかけてきたジョブズの映画ですから、さんざん読んだエピソードを改めて映像で観る感じは結構楽しめました。
ただ、ジョブズの伝記を知らない人にはいまいち掴めないかもしれません。

「現実歪曲フィールド」をはじめとする、なぜジョブズは周りの人間を巻き込み製品を作ってこれたか、というのはアシュトン・カッチャーの演技の中で断片は見られますが、多くは語られません。主にジョブズの「ネガティブ目線」でのキャラクターと、Apple II 発売以降は取締役会とのバトルが中心です。

ストーリーはiPod発表まで、とありますが、これは冒頭のシーンのみ。
正確にはAppleを追われるまで+オチでジョブズ復帰〜iCEO就任あたり、といったところ。

内容はジョブズ通にはお馴染みのジェフリー・S・ヤング著「スティーブ・ジョブズ〜パーソナル・コンピュータを創った男」の前半をジョブズ視点での人物劇でダイジェストにした感じ。

つまり、ジョブズのダークサイド、それも「製品作りでのダークサイド」より圧倒的に「若かりし頃のジョブズの人間性の部分でのダークサイド」が満載。
でもダイジェスト構成故か、逆に「この映画見てジョブズが嫌いになりました」的要素は相当に希薄になっているのも一種の演出なのかも(その分内容も薄い、ということなのかもですが)。

まあ、なにしろ有名なエピソードの多い人ですからそれをひとつひとつシーンに織り込むのは尺的にも無理でしょうしね。
ちなみに、人物劇と言えば、それでも特にマークラとの絡みが多いあたりが特徴的でしたね。あと思いのほかコトケも出番が多い(笑)。これはきっと本人協力アリ、なんでしょうねw。
いっぽうで、Woz以下当時深く関与した人たちが事実と異なり断片しか描かれていない、というのは、この構成だったら(および参考にしている書籍などからすれば)仕方ないでしょ、という気はしました(当人は嫌でしょうけどね)。 
 

MTU/MSS値の計測とCiscoルータでのVPN設定についての備忘録

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
画像4

今でもちょいちょい訊かれることが多いため、メモ程度にまとめておきます。

参考URL:
GRE および IP セキュリティでの IP フラグメンテーション、MTU、MSS、および PMTUD の問題の解決
http://www.cisco.com/cisco/web/support/JP/100/1006/1006439_pmtud_ipfrag-j.html 


■MTU値の計測

 一般的にイーサネットでは標準フレームサイズとして1,500bytesで通信をおこないます。そのためMTU(Maximum Transmission Unit, 最大伝送ユニット)値として1500が設定されていることになります。

フレッツ回線の場合PPPoE接続のため46bytesを使用するため、MTUは1454となります。さらにNTT西日本のフレッツ光プレミアムでは、IPv6を使用するCTUの仕様で1438になります。この辺は一般的なブロードバンドルータだと自動で設定されるので周知の通り。

ただし、CATV回線やマンション敷設のVDSL等の場合、さらにケーブルモデムやVDSLモデムの仕様でMTUが低く設定されている可能性があります。

この場合、PCをWAN回線に直結し、pingコマンドでフレーム数を計測します。

ping www.yahoo.co.jp -f -l "フレーム数 - 28"

pingコマンドではIPヘッダ部(20bytes)とTCP(ICMP)ヘッダ部(8bytes)を併せて28bytesが必要なので、実際に計測するフレーム数から28を引いて設定します。

MTU:1500の場合
 ping www.yahoo.co.jp -f -l 1472 でping応答あり、同1473で「DF(分割禁止)が設定されています」のエラー。

MTU:1454の場合(フレッツ回線)
 ping www.yahoo.co.jp -f -l 1426 でping応答あり、1427でエラー。

MTU:1300の場合(VDSL、CATVなど)
 ping www.yahoo.co.jp -f -l 1272 でping応答あり、1273でエラー。


■ルータへのMSS値の設定
MSS(TCP Maximum Segment Size, 最大セグメントサイズ)値は、実際にTCP/IPで受け取るデータ量で、CiscoルータではLAN側インターフェースで「ip tcp adjust-mss」コマンドにより、MTUから各種ヘッダのサイズを引いたサイズを設定します。

標準でMSSはIPヘッダ(20bytes)とTCPヘッダ(20bytes)の合計40bytesをMTUから除いた値となります(MTU:1454の場合、MSSは1414)。

ただし、ルータがVPNなどでトンネリングや暗号化を行う場合、ルータ間の通信では必要なヘッダが付加されますのでMSSでは相当分を差し引いて設定する必要があります。


■CiscoルータでのMSSの設定例

(コマンド例)
 interface Vlan 1
 ip tcp adjust-mss 1314
 
通常のMSS値=MTU値-40、だが、VPNの場合、さらにIPsecやGREのヘッダを引いた値を設定する必要があります。

 設定例(Path MTU:1454の場合)
VPNなしの場合のMSS値: 1454 - 40 = 1414


VPNありの場合のMSS値
①IPSecカプセリング&暗号化により付加されるヘッダ
・IPsec(ESP-AES-SHA1): 12 (SHA1)  + 16 (AES)  + 8 (ESP)  + 20 (IPv4) = 56
・IPsec(ESP-3DES-SHA1):  12 (SHA1)  + 8 (3DES)  + 8 (ESP)  + 20 (IPv4) = 48

②GREトンネルにより付加されるヘッダ
・GREトンネル:  24

IPsec + GRE トンネルVPNでのMSS値 1454 - ① - ② - 40
  1454 - 56 - 24 - 40 = 1334

ただし、CiscoではGRE + IPSecでの差し引き分を100bytes(フレーム数1500の場合MTUは1400)にすることを推奨しているため、おなじくフレッツの場合

 1454 - 100 - 40 = 1314

を割り当てればよいと考えられます。

なお、詳細は割愛しますが、この値(差し引き分100bytes)を割り当てておけば、GRE + IPSecの場合のほか、DMVPNなどの他のVPNソリューションを使用した場合も対応できるようです。

 
プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。Apple好きのおっさん。食べるのも好き。普段のお仕事はIT屋。自宅は福井県ですが都内で単身赴任してます。ポタオデは趣味で出張のお供。美音系/モニター系の音が好みです。自宅ホームシアターもそろそろ改造したいな。
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。


記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)




最新コメント