bisonicr keep walking.

ガジェット好きのおっさんによる、趣味的レビュー。ちょっとイイけどお買い得、そんなアイテムに目がありません。

Air Videoで外出先からストリーミング再生【Windows Home Server 2011活用編4】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
画像1
WHS2011マシンでは、リモートデスクトップでの外出先からの利用以外には、主に動画視聴のための環境を中心に構築しました。
それでは、WHS上に保存されている動画データを外出先で視聴するための環境はどうしましょう、ということになります。

TX100 S3(1台目)のfoltia ANIME LOCKERで録画したデータは、foltia自身の機能でストリーミング的な視聴が可能です(外出先からの接続にはポートフォワードやVPNでの接続が必要)。しかし、WHSのファイルサーバ領域に保存したデータはそういうわけにもいきません。

そこで、相当前に有料版のアプリを購入しながらも全く利用していなかった「Air Video」のサーバをWHSにインストールしました。
視聴する端末はiPhone/iPadに限定されますが、「Air Video Server」は現在リリースされているベータ版で外出先からのアクセスに対応しており、 ほぼリアルタイムのトランスコードで高画質の視聴が可能なため利用にはうってつけです。

ただし、サーバアプリはサービス稼働はしないため、常にログオン状態にしておく必要があります。
そのため、リモートデスクトップ接続でAdministratorでログオン後、「切断」で終了し、ログオフをしないように維持しておきます。
0933

12リモート設定は、サーバアプリの「Remote」タブで設定を有効にすることで可能です。
なお、あらかじめ利用するポートをルータで開けておく(ポートフォワードを設定する)か、UPnP対応のルータで自動でポートを開けることが可能な状態になっている必要があります。
(私の場合ルータはCiscoなので、ポートフォワードを設定しています)

問題なく外部から接続できればStatusがOKになります。

Air Videoのアプリは決して安価ではありませんが、iPhoneとiPad両方で利用でき、しかも、ほぼすべてのフォーマットがライブコンバージョンでリアルタイムが可能。
LTEやWiMAX程度の回線が確保できればHDコンテンツも十分綺麗な画質で視聴できます。
これで、「積み」録画も減らせますね。

XMBCでサーバをメディアセンターとして使う【Windows Home Server 2011活用編3】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
画像5

ウチのWindows Home Server 2011をインストールしたサーバ(PRIMERGY TX100 S3)には、HDMI出力可能なビデオカードを装着しており、そのままテレビに接続しています。

普段は、リモートデスクトップ接続で操作をしていますが、サーバに保管している動画などを視聴する際には、ロジクールのワイヤレスキーボード(タッチパッド付き)を 使って、テレビ画面で直接操作します。
ちなみに、マウスリモコンなどいろいろなアイテムを試用しましたが、結局このコンパクトなキーボードがいちばん使いやすいことが判明。まあ、そういうものですよね。

画像1そこで再生環境として利用しているのが「XBMC」(X-BOX Media Center)です。
XBMCは以前から専用の再生マシン(Acer Aspire Revoという小型PCを使用)で利用していたのですが、WHS2011構築に伴い環境を統合し1台にまとめました。
Windows版以外にも各種プラットフォームがありますがフリーで利用でき、マシンにffdshowなどのコーデックをインストールしておけば 大抵のファイル形式は再生が可能になります。DVDISOはメニューも操作できますし、BDISOもBD-Jのメニューが操作できない以外は視聴可能。お手軽に最強プレイヤー環境が構築できます。

詳しい導入方法などはこのサイトなんかが詳しいみたいです。
「XBMCを使ってみよう。」http://xbmc.inpane.com/ 

 XBMCもよりプレーヤーっぽく活用するのであれば、リモコンを組み合わせる方法もありますが、私の場合、アプリを常時起動しているわけではないので、コンテンツ選択などはスマホ用のアプリを使用しています。
画像2私が使用している純正の「xbmcRemote」以外にも何種類XMBC用のアプリかありますので、お好みで選んでみると良いかも知れません。
なお、利用に当たっては「設定」メニューで「Zeroconf経由でのアナウンスを有効」「HTTP経由でのXBMCの制御を有効に」する必要があります。
とくにHTTP経由での制御はWHSの場合IISの機能とポートが当たるため、ポート番号を81などにずらしておきます(Zeroconfが有効になっていればポート番号が違ってもアプリでXBMCを自動検出してくれるようです)。

あとはサーバを登録しておけば、iPhone/iPadやAndroid端末の画面上からデータを選択し再生および各種操作ができます。

プロフィール(Twitterアカウント)
カフェで息抜きにイヤホンとかのブログ書いてます。Apple好きのおっさん。食べるのも好き。普段のお仕事はIT屋。自宅は福井県ですが都内で単身赴任してます。ポタオデは趣味で出張のお供。美音系/モニター系の音が好みです。自宅ホームシアターもそろそろ改造したいな。
※ご意見・ご質問などはコメント欄にてお願いします。
レビュー依頼等は bisonicr.keep.walking@gmail.com までお願いします。内容を確認の上ご返答申し上げます(返信の無い場合はご了承ください)。


記事検索
カテゴリ( [+] を押すとサブカテゴリを表示)




最新コメント