そしてメインマシン編。

自宅メイン:
Mac mini 2011
Spec: Core i7 2.7GHz / 8GB RAM / 750GB SATA HDD
External HDD: LaCie d2 quadra 2TB (FireWire 800)
Mac OS X Lion
22inch Display (1920x1080 HDMI)

Hackintoshの夢から覚めて、最近晴れてメインマシンになったMac miniくん。
このコンパクトさでこの性能。そしてこのデザイン。
すごいっすねーww


Dell Vostro 220
Spec: Core 2 Duo E8400 3GHz
6GB RAM / 500GB + 1.5TB SATA HDD / BD-RE
AMD Radeon HD 3400
Windows 7 Ultimate 32bit
23inch Display (1680x1050 DVI)
& 32inch TV Output (RGB)  / 5.1ch output (to AV amp)

Vostro230が発売されて期末&在庫処分投げ売り状態になってたディスプレイ付きビジネスモデルをベースに増強。よってインストールされていたベースOSはVista Home Basic 32bit。
もともとついていた500GB HDDに加えて1.5TBを増設。
ビデオカードは玄人志向で当時発売されていたLow-Profieの格安カードで増強。 
 OSはDellが220ではWindows 7を未サポートの関係もあり、Vistaからのアップグレードインストールで導入。
なぜかRATOCのExpressCardスロットモジュールなどを搭載する(理由は後述)。
そのうちx64版にしようと思うも、Macがメインになったため、こちらは互換性維持で32bit版のまま運用中。


モバイルマシン:
MacBook Air 2010
Spec: Core 2 Duo 1.4GHz / 4GB RAM / 128GB Flash
External Sub HDD: LaCie rikiki RK640U 640GB USB HDD
Mac OS X Lion アップグレード済み

あるいみ本当のメインマシン。
その軽さ・薄さ・タフなアルミボディとフラッシュストレージ、そして驚異的なバッテリ性能により、あらるシーンで軽快に利用できる。
史上初のノートPCである東芝のJ-3100SS(1989年)以降、気づけば20年以上もノートPCとよばれるジャンルの機械を使い続けて、これほどまでに「使える」と感じることができたのは初めて。
Parallels Desktopなどの仮想環境を併用することでもっともポータブルな(軽いという意味ではなく)ノートPCとしても利用できる。
2011モデルでは最高Core i7のスペックとThunderboltの拡張性を得たが、あとさらにより大容量のメモリとフラッシュストレージを搭載することができればいよいよデスクトップとしても最強になれそうな気がする。2012モデルに期待し、この2010モデルをあと1年使い切ろうと思っている。