年末年始で、仕事環境、プライベートあわせて利用環境も結構かわってきた。

このところの懸念事項。
2月から半年くらい都内で単身生活になり、福井と東京を行き来する生活がはじまる。
秋にはちゃんと引っ越すことになりそうだから、それまでに、何を福井において、何を東京へ持っていくか決めないといけない。
そんなことを考えつつの利用環境の再整理。

Apple Thunderbolt Display
Mac mini 2011用に導入。買ってみて、最初からiMac買えばよかったんじゃない? とちょい後悔。でもMac miniはそのうちリプレースするからね。 
その美しさと広大さを一度体験すると後戻りは出来ない。しかし、このでかいモニタを秋に東京へ持っていくかどうかは結構な課題。。。


MacBook Air 13" 2011 (Core-i7 4GB 512GB)
結局1年でMacBook Airはリプレース。元々の11" 2010は知人宅へ嫁いでいきました。
ただ、まだメモリ4GB、フラッシュストレージも512GB。母艦になるまでにはいきませんね。


SONY VAIO S (Business) VPCSA (13" Core-i7, 8GB, 768GB, BD-RE, 1600x800)
東京でのお仕事用メインマシン。Dell Vostro V130は福井の事務所にお留守番です^^)。


hp pavilion p7-1040jp
自宅用メインマシン。ビデオカード、ドライブ、HDDほかいろいろ換装済み。
ベースマシンは投げ売り仕様だったので。
こいつはこのまま福井に残りそうだね。


Cisco NS322 NAS
シスコブランドのNAS。中身はQNAP TurboNASにCiscoバージョンのOS実装。
早々に販売終了になってしまい、ほとんど市場に出回っていない、ある意味レアアイテム。
2TB HDD ×2を搭載の上、OSをQNAPで入れ替えて(笑)、結局ただのTurboNASになっています。


VULKANOFLOW
アイオープラザで販売している低価格メディアストリーミング装置。
長引く出張生活には欠かせないアイテムとなりそうですね。
この手のものといえばSlingboxが有名ですが、比較してこちらはなんせ安い!(笑)。性能差がどれくらいあるのか結構謎なのですが、とりあえずの導入には最適です。 
 たまたま、TVチューナーがわりに購入したI.O.DATAのHVT-BCT300を持っていたので、こいつをD端子-コンポーネント変換ケーブルで接続。リモコン設定も同じアイオーなので用意されていて設定も楽勝。
地デジ/BS/CSに加え、DCTP-IP経由で家庭内のレコ、NASなどほぼすべてのデバイスの映像を遠隔で視聴できる環境が構築できました。
この組み合わせはかなり最強でおすすめですね。出張先でiPadからスカパー!が観れます^^)。