■定額音楽サービスの善し悪し
さいきんコカ・コーラ社の新しいコーヒー飲料「LUANA」にオマケで無料クーポンがついている、定額音楽サービス「レコチョクBest」をよく利用しています。
といっても、いまのところ有料登録しようというつもりはなく、ID登録で14日間、LUANAのクーポンで最長29日間で最大で43日間の利用となるわけですが。

もともと「着うた」の配信をやっているレコチョクのサービスなので、AppStoreのコメントにはその辺の対応がないことへの不満が多く書かれていますが、個人的にはソフト自体やサービス内容はまあまあ良いのでは、と思っています。
同じソースを使っている(サブセット?)のauのサービスは「安かろう悪かろう」の典型ですし、定額音楽サービスのはしりとして鳴り物入りでリリースしたソニーの「Music Unlimited」はアプリのできが悪く、とても加入しようとは思えません。
(こちらはコカ・コーラについているコードで無料でWebで聞けるサービスのほうは愛用しています)

■「レコチョクBest」は、おっさん、おねえさん(笑)向け?
画像1いっぽう「レコチョクBest」はその名の通り基本は「Best版を定額で聴くための」サービスなので新譜は控えめ、レーベルにも偏りがあります。正直30代〜40代がメインターゲットのサービスじゃないでしょうか。このへんがLUANAの購買層(20代〜の女性)と重なるのかはちょっと疑問ですが、40代になった男子としてはけっこういい感じなので気にしないことにします。

また聴いた曲はキャッシュされるので部屋の中や電波のよい環境でなくても(クルマや電車の中など)使えるのは便利です。

ただ逆に、部屋の中でAirPlayを使ってAppleTV経由のAVアンプに出力した際、いろいろ不具合が発生しました。
まずHDMIセレクタでAppleTVとテレビが「切れている状態」のとき「HDCP未対応のため再生できない」とのエラー表示。また、SPDIF経由で出力の場合は曲によってプロテクトにひっかかり再生できなくなるケースも発生しました(再生できる曲もあるから面倒くさい)。

この辺のプロテクトはApple製品ではあまり縁のない世界なのでちょっと拍子抜けです。
いっぽうBluetoothのオーディオアダプタでは快適に再生することができました。

■さて、有料会員になるべきか、否か
正直、月1000円、微妙ですよね。ウチの奥さんも「半額だったら利用するけどね」とのこと。
とりあえず、無料期間中にどれくらい利用するか、もうすこし考えてみましょう。