画像5

ウチのWindows Home Server 2011をインストールしたサーバ(PRIMERGY TX100 S3)には、HDMI出力可能なビデオカードを装着しており、そのままテレビに接続しています。

普段は、リモートデスクトップ接続で操作をしていますが、サーバに保管している動画などを視聴する際には、ロジクールのワイヤレスキーボード(タッチパッド付き)を 使って、テレビ画面で直接操作します。
ちなみに、マウスリモコンなどいろいろなアイテムを試用しましたが、結局このコンパクトなキーボードがいちばん使いやすいことが判明。まあ、そういうものですよね。

画像1そこで再生環境として利用しているのが「XBMC」(X-BOX Media Center)です。
XBMCは以前から専用の再生マシン(Acer Aspire Revoという小型PCを使用)で利用していたのですが、WHS2011構築に伴い環境を統合し1台にまとめました。
Windows版以外にも各種プラットフォームがありますがフリーで利用でき、マシンにffdshowなどのコーデックをインストールしておけば 大抵のファイル形式は再生が可能になります。DVDISOはメニューも操作できますし、BDISOもBD-Jのメニューが操作できない以外は視聴可能。お手軽に最強プレイヤー環境が構築できます。

詳しい導入方法などはこのサイトなんかが詳しいみたいです。
「XBMCを使ってみよう。」http://xbmc.inpane.com/ 

 XBMCもよりプレーヤーっぽく活用するのであれば、リモコンを組み合わせる方法もありますが、私の場合、アプリを常時起動しているわけではないので、コンテンツ選択などはスマホ用のアプリを使用しています。
画像2私が使用している純正の「xbmcRemote」以外にも何種類XMBC用のアプリかありますので、お好みで選んでみると良いかも知れません。
なお、利用に当たっては「設定」メニューで「Zeroconf経由でのアナウンスを有効」「HTTP経由でのXBMCの制御を有効に」する必要があります。
とくにHTTP経由での制御はWHSの場合IISの機能とポートが当たるため、ポート番号を81などにずらしておきます(Zeroconfが有効になっていればポート番号が違ってもアプリでXBMCを自動検出してくれるようです)。

あとはサーバを登録しておけば、iPhone/iPadやAndroid端末の画面上からデータを選択し再生および各種操作ができます。