画像1
このブログでは最近ではTS抜きが主流になってきましたが、実際は「nasne」も 結構活躍しています。

■視聴環境はどれがベスト?
「nasne」の視聴環境と言えば、nasne本体に付属するPS3用アプリ「torne(トルネ)」、そして最近のVAIOであれば無料で利用できる「VAIO TV with nasne」、そして一般的な「DTCP-IPプレーヤー」が上げられると思います。
ここでプレーヤーとしての使い勝手をいえばやはり圧倒的に「torne(トルネ)」でしょう。このソフトのおかげで、ますますPS3はプレーヤーマシンとして活躍するようになり、ゲームをあまりしない私はほとんどBDリモコンしか使わないようになってしまいました。

ただtorneに比べてレスポンスに差があるものの、「VAIO TV with nasne」もnasneコンテンツのダウンロード(BDへのライティング、PCのHDDへ保存)の他、機能面では欠かせない存在です。VAIOをメインで使っている場合、リビングのテレビへはDTCP-IPで飛ばして視聴する(テレビの機能またはプレーヤーを使用)ほうがお手軽ですね。

nasneはこれらのソフトを使わなくてもWEBベースで設定や録画予約(CHAN-TORU)もできますが、どちらにせよ、PS3(torne)またはVAIOのどちらかのソニー製品を併用することがやはり基本だとおもいます。

■nasneを使用する理由
①価格
なんだかんだ言っても、たぶん最大の理由はこれ。
1チューナー14,000〜15,000円前後で購入でき、必要に応じて追加できるのは魅力。おそらく価格以外のメリットは東芝のBDレコでもかなり(あるいはそれ以上に)解決できますが、いろいろなデバイスをすでに使っている場合は「わざわざ買う」という抵抗はnasneの場合かなり低いですね。とりあえず家族ではレコーダを使うけど自分用にnasneを使うとか、アニメの録画だけはnasneにやらせる、など割り切った使い方もできる点はやはり大きいと思います。

②録画データの活用
これはPC(できればVAIO)やさまざまな周辺デバイスとの併用を前提としているが、逆に複数のデバイスを所有していれば録画データを連携できる可能性がある点はメリット。
録画データを「VAIO TV with nasne」や「DiXiM BD Burner」を使ってBDに落とすほか、「iVDR-S」メディアに転送し、さらにI.O. DATAの「RECBOX」等へ保存したり、最近では「TwonkyBeam」を使ったAndroidスマートデバイスへの転送など楽しいキーワードも出てきました。普段使いのBDレコ(ソニーのBDZ-AT970T)では録画データは外付けHDD保存かBDへ落とすかの2択ですからダビング10の範囲内でデータを活用したい場合はnasneのほうがよいですね。

③ファイルサイズ
nasneを利用される方の多くは非圧縮(DRモード)での録画が多いようですが、私はもっぱら3倍モードを使用します。BDレコでも圧縮率の高いLSRを使用します。
あくまで私自身の主観かも知れませんがソニーのAVCの圧縮映像は非常にクオリティが高いと思っています。Panasonic(DIGA)のHZモードはとても視聴に耐えるクオリティではありませんが、(同レベルの)AT970TのLSRモードは十分に普段使いが可能です。nasneの3倍モードはソニーのレコのLSRモードとひとつ上のSRモードの中間くらいのサイズで、クオリティもやはりSRとLSRの中間くらい。ただ、このサイズがけっこう「ちょうどいい」のです。

ところで、BDレコの場合、DRでは放送時の内容でファイルサイズに違いがあっても圧縮モードだとわりと同じサイズになります。しかしnasneの3倍モードの場合、番組(放送データ)によって結構サイズにバラツキがあるのは興味深いところです。しかしいちばんサイズが大きくなった番組でも3倍モードで30分番組が1クール(12話)がBD-Rにぴったり収まるサイズ(ソニーのBDレコだとSRモードのサイズ)以下にはまとまっていました。

■増設HDDは内蔵の一部として認識
nasneはFAT32フォーマットで2TB以下のUSB外付HDDを1基増設できます。FAT32はHDDの付属ソフトの他、フリーソフトの「Fat32Formatter」を使えば初期化できます。
BDレコの場合も増設HDDは1台のみ、USB HUB使用不可という条件付きでも本体電源OFF時にHDDをつなぎ替えれば複数のHDDを使うことは可能です。しかしnasneの場合は接続したHDDを内蔵HDDと同様に扱う(torneの場合は単純にHDD容量が増えたように表示され、外付けHDDを優先して保存される)仕様のため、このような使い方は実質不可能です。また総タイトル数の制限(4000タイトル)もありますので、nasneは録画データを長期保存するというより、どんどん観たら消す、またはBDなど外部に転送する、というのが正しい使い方のようです。