画像1

nasneで録画したデータはいくつかの方法で書き出すことができます。

■BD-R/BD-REへの書き出し

①「VAIO TV with nasne」
VAIOユーザ限定
利用PCがVAIO(対応機種)ならば最初からインストール済み、またはVAIO Updateで無償でダウンロードできる。「video」メニューから必要コンテンツを選んで「ディスク書きだし」をおこなうだけ。私の環境だとBD-RE1枚フルで1時間程度かかる。もっとも手間のかからない方法。

 ②「DiXiM BD Burner」
最新バージョンは、「DiXiM BD Burner 2013」。I.O.DATAなどのnasne対応BD対応ドライブなどを購入すると付属している。 またアイオープラザのダウンロード販売などでソフトのみを購入することも可能。
私はアイオーのダウンロード版を使用しているが、基本的にバージョンが同じなら同じソフトウエアと考えて良い。
diximnasneの仕様は、nasne側からデータを転送するのではなく、「ダウンロード機能」に対応したDTCP-IPサーバ側からnasneの録画データをダウンロードして保存する方式をとる。そのため、DiXiM BD Burnerを起動し録画用メディアを挿入後(録画サーバがPC側で立ちががった状態)で「ダウンロード」メニューからnasneにアクセスし書き込みをしたいデータを選択する。

どちらのケースもBDAV形式で書き込むため、書き込んだ既存BD-Rへの追記や、書き込んだBD-REのメディアをBDレコーダなどに挿入し、HDDへダビング(ムーブ)することもできる。


 ■ファイルの書き出し 
①「VAIO TV with nasne」
BD-R のケースと同様、VAIOの内蔵HDDへTSファイルを保存する。保存したデータも同アプリを使って視聴およびBDへの書き出しが可能。

②「iVDR-S Media Server」
日立Wooなどで採用されているカートリッジ型HDD「iVDR-S」へ保存する方法。
画像1I.O.DATAのiVDR-S用のアダプターを使用する事でPCでも利用することができる。
同社のiVDR-Sアダプターセットモデル(以前のモデルでもサポートサイトで同等のソフトをダウンロード可能)に付属の 「iVDR-S Media Server」をインストールすることで、PCがiVDR-Sを使った録画サーバとして利用できる。日立WooやマクセルのiVDRレコーダーなどで録画したiVDR-Sのメディアの視聴の他、nasneの録画データをiVDR-Sへ高速ダウンロードが可能。

現時点ではもっとも高速にnasneの録画データを外部に転送する手段と思われる( 環境にもよるが、VAIO TV with nasneより短時間でダウンロードができた)。

ivdr  ivdr

なお、iVDR-Sメディアにダウンロードしたnasneの録画コンテンツは、I.O.DATAの「RECBOX」へのムーブ、DTCP-IP対応のプレーヤーからの視聴、上記 「DiXiM BD Burner」を使ってのBDへの書き出しができる。この場合、 iVDR-S Media Serverの画面からDiXiM BD Burner(の録画サーバ)に対して「ネットワーク転送」を行う方法で書き込む。
もっとも、同じマシンで両方を立ち上げてる場合、ちょっと回りくどい気はしますね・・・