23


■Cisco VPN Clientが公式サイトから消えた!

CiscoのIPSec対応クライアントソフト「Cisco VPN Client」の公式サポートが終了してしばらくたちますが、いよいよcisco.comのソフトウェアダウンロードサイトでも同ソフトがリストから消滅しました。

iPhone/iPadなどのiOSデバイスやMac OS Xでは現在もCisco IPSecとして標準搭載しているだけにWindows版のみ入手できないというのはなかなか残念な話です。

ちなみに、Windows版の最終バージョンと思われるインストーラのファイル名は以下の通り。
 ・32bit版インストーラ: vpnclient-win-msi-5.0.07.0410-k9.exe
 ・64bit版インストーラ: vpnclient-winx64-msi-5.0.07.0440-k9.exe


■Cisco VPN Client はWindows 8/8.1/10へのインストール手順

Windows版は正式にはWindows 7までの対応で、Windows8/8.1/10では以下の対応が必要。

①DNEアップデートの実施~インストール。
Windows 10でCisco VPN Clientをインストールしようとするとエラーメッセージがでてインストールできない。
Error 27850  Unable to manage networking component. 
Operatin system corruptioin may be preventing installation. 
そこで、CitrixサイトからDNEアップデート(以下の2つのファイル)を入手し実行します。
winfix.exe: ftp://files.citrix.com/winfix.exe
dneupdate64.msi: ftp://files.citrix.com/dneupdate64.msi
 
そのうえでインストーラを解凍してできた「vpnclient_setup.msi」の互換性をWindows7に設定して実行します。
Windows 8/8.1の場合はDNEアップデートをしなくてもインストールできるのでこのステップは必要ありません。

②「cisco_cert_mgr.exe」の実行
インストール後、vpnclient.exeと同じフォルダにある「cisco_cert_mgr.exe」を管理者権限で実行し、その後Windowsを再起動します。ここでインストールしたVPN Clientを起動・設定を行い、コネクションが確立できれば以下の③は必要ありません。

③「Reason 442」エラー対策
上記の②を実行したうえでもVPNコネクションを確立しようとするとエラーになる場合はレジストリの変更が必要です。
Secure VPN Connection terminated locally by the Client.
Reason 442: Failed to enable Virtual Adapter.  

ここでレジストリエディタを起動し(regeditの実行)、キーの変更を行います。

変更するキー
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\CVirtA

キー内の「DisplayName」エントリを修正
・32bit: Cisco Systems VPN Adapter
・64bit: Cisco Systems VPN Adapter for 64-bit Windows

これで無事接続できるようになるはずです。