image

■実は隠れた名機!? 1万円で買えるコスパ抜群のBluetooth高音質ヘッドホン
もう1年以上前に購入したヘッドホンですが、JBLの「Synchros E40BT」というモデル、Bluetooth対応で実売1万円前後という価格にもかかわらず、各社の最新上位モデルと比較しても侮れない音質をもった機種です。
全体的にキレが良く、高音から低音までクリアなサウンドが特徴。ボーカルなどの中低音重視型で、低音も結構出てるなあ、という印象です。

JBLのBluetoothオーディオ製品というと、FLIPなどチューブ型のポータブルスピーカーが有名です。ヘッドホンでは最近は同社の最上位スピーカーの名を冠したJBL EVERESTシリーズでオンイヤー(300ELITE 300)、オーバーイヤー(700ELITE 700)を出していますが、こちらもドライバーの性能もありますが、どちらかといえばウリはアプリで耳に合わせて最適なリスニング設定にチューニングする機能でしょう。そう考えるとBluetoothヘッドホンとしての制約の中で、ドライバーの音質そのものは実はE40BT/E50BTあたりのモデルですでに出来上がっていたのかもしれません。
_SL160_

またBluetoothのヘッドホンというと、AAC/Apt-Xや最近ならソニーのLDACなど通常のSBC方式より高音質とされるBluetooth用のコーデック(音声圧縮方式)を採用するのが高性能という話がありますが、JBLは上記EVERESTシリーズの上位モデル(ELITE 300/700)をはじめ、同社のBluetoothスピーカー、それも十万円級の高級モデルまですべてのモデルでこれらの方式を採用していません(つまりコーデックはSBCのみ)。

実際のところ、SBCでも高ビットレート(300kbps以上)での転送であれば人間の耳で聴き分けるのは困難ですし遅延もいわれるほど発生しません。おそらくSBC方式が音が悪いとされるのはビットレートが低く、ドライバーなどむしろアナログ側の性能が原因である場合がほとんどと思われます。

JBLは「枯れた」SBCという規格のなかで、いかに音質を上げるかという取り組みをしているのでしょう。
結果、E40BTのような、最新ではないが高音質でお買い得な機種ができる、というわけです。

■唯一残念なイヤーパッドを交換
E40BTはオンイヤーモデルということで側圧がかなり強めです。屋外での利用などを考えると落ちにくいので良い、という話がありますが、イヤーパッドが薄いため、長時間利用では耳がすぐに痛くなります。私は最近オフィスで仕事をするときに利用したいと思ったのですが、この用途ではこのイヤーパッドはいただけません。
というわけで、さっそく交換を試みます。

まず最初は、イヤーパッドを取り外し、中に入っているスポンジをより弾力のあるものへの交換を考えました。
imageそこで、低反発ウレタン素材をホームセンターで調達します。
購入したのは、厚さ20mmの10cm四方の素材。1個200円前後です。もともとのスポンジは厚さ15mm~程度ですがそのまま使用します。ハサミ、カッターなどで切断し適当な形状にカットし、もともとのスポンジと交換してみます。
イヤホン本体に取り付け、装着してみると、確かに弾力は増しますが、やはりパッド部分の厚みが足りません。他のイヤホンでは使えそうな手法ですが、E40BTの場合、やはりイヤーパッドそのものの交換が必要なようです。


imageというわけで、E40BTで交換可能な純正品以外のイヤーパッドでベストのなモノを探してみました。
結果、今回購入したのは、JBLと同じハーマンインターナショナル系のAKG Y50用の交換イヤーパッド。型番AP13。ハーマンインターナショナル純正オプションです。2000円ほどで購入。

E40BTのドライバー部分の取り付け口径は70mmですので、同じサイズであれば汎用のイヤーパッドが利用できそうです。アマゾンで検索すると中華モノを中心にいろいろ出てきます。しかし、失敗リスクも大きいので、同じ径で実機の装着感が良かったY50のものを流用しようと考えたわけです。

実際イヤーパッドを比較すると数ミリ単位ですが、Y50用のもののほうが小降りになります。
ですのでちょっときつい感じなりますがコツをつかめば簡単に取り付けられます。

imageimage


取り付けてみると、E40BTの標準のイヤーパッドより厚みも増し、弾力も格段にアップしました。

image装着してみると、Y50同様の柔らかい感触で、強い側圧ながらも以前まであった耳の痛さも大幅に緩和されました。これなら多少長時間でも大丈夫そうです。

音質についてですが、パッドの厚みが増したことでヘッドホン本体からくる振動が抑制されたためでしょうか、もともとキレの良かったサウンドですがさらに雑味が消え、低音もより出るようになりました。確実に音質も1ランク上の製品のようにグレードアップしています。

お手軽な作業ですのでE40BTを持っている方にはぜひオススメしたい交換です。

ちなみに、AKG Y50用イヤーパッドは、ハーマンインターナショナルの公式通販ショップでも購入できますので、店頭にはなかなかありませんが、比較的入手はしやすいと思います。