SHANGRI-LA

先日、HIFIMAN JAPANさんからお誘いをいただき、同社事務所に訪問させていただきました。
そこで、噂の超弩級なヘッドフォンシステム「SHANGRI-LA」の実機を間近で見て、さらに「じっくり」試聴させていただくことができました。


■HIFIMANの「平面駆動型」ヘッドホンと「静電駆動型」SHANGRI-LAの違い
ところで、「HIFIMAN」のハイエンドなヘッドフォンといえば「Edition X V2」そして「HE1000 V2」という「平面駆動型」の強力な製品があります。さらにこの上位モデルで平面駆動式のフラグシップにあたる「SUSVARA」(約65万円)も発表されました。
これらのモデルで採用され、HIFIMANが得意とする「平面駆動型」は、通常のダイナミック型とは異なり、平面の振動板を用いたヘッドフォンで、一般的なダイナミックドライバのドーム型の振動板に比べ均一かつ歪みの少ないサウンドを再現できることが特徴ですが、技術的に難しいこともあり、HIFIMANの製品も含め、基本的に「高級」な製品であることが多いようです。

個人的にはHIFIMANのヘッドフォンというと、以前、Sandal Audioさんの「Edition X」「HE1000」のレビューを拝見したときから、音作りや製品の作り方について「なんてストイックなメーカーなのだろう」と感じていました。いっぽうで、HIFIMANがよりハイエンドな「静電駆動型」を本気で作るとどうなるのだろう、という思いもありました。

そして、実際にHIFIMANが手がけた、「究極」ともいえる静電駆動型ヘッドフォンシステムSHANGRI-LA」の存在を記事で初めて知ったときは、「ここまでとんでもないことになるのか・・・」と、その「やりすぎ」感に驚きを隠せませんでした。

hifimanというのも、そもそも「SHANGRI-LA」のヘッドフォンユニットは見た目こそ「平面駆動型」の各モデルと似ている気もしますが、ここで採用される「静電駆動エレクトロスタティック」は根本的に全く原理が異なる方法です。
平面駆動型も振動板を磁力で振動させている点ではダイナミック型の一種と言えるのに対し、静電駆動型では薄い振動膜に直接電圧をかけることで振動させる仕組みをとります。そのためより歪みの少ないサウンドを実現できる反面、技術的難易度はさらに高くなり、さらに静電駆動型では振動膜に電圧をかけ続けるための高出力の専用アンプが必要になります。

「SHANGRI-LA」では徹底的にこだわり抜いた静電駆動型ヘッドフォンユニットに、これを完全に稼働させるために一切の妥協を排除した専用の真空管アンプシステムをセットすることで構成されています。

実際にHIFIMAN JAPANさんのオフィスを訪問し、「SHANGRI-LA」そのものを目の当たりにして、わかってはいましたが、その存在感は「さすが」という感じでした。


■で、結局「SHANGRI-LA」はなにが凄いのか

imageSHANGRI-LA」では、とにかくひとつひとつが「尋常ではないこだわり」でつくられています。
まず静電駆動型のヘッドフォンユニットは、1μ以下の極薄で高反応の振動膜と、その振動膜を前後で覆う直径0.05mm(50μ)の特殊合金によるメッシュによる専用ドライバーを搭載したつくり。
そこへ徹底的に歪みを排除し、4基の専用のカスタムメイド300B真空管で安定した電圧をドライバーに送るための専用アンプを組み合わせます。

直販のみ受注生産の販売形態を取っており、とにかく「究極」をめざして作った、という感じがひしひしと伝わります。また伺った話だと、やはりゼンハイザーのOrpheusは念頭にあったらしく、同等のプライスでより徹底した高音質を実現する、という考えはあったそうです。

比較的大振りなオーバーイヤータイプのヘッドフォンユニットですが、ドライバーの構造からか、重量はそれほど重くはなく(むしろ結構軽い)、緩やかな側圧ながらしっかりホールドするバンドと、柔らく包み込むようなイヤークッションで装着感はとにかく「抜群」。何時間でも付けていられる、という感じです。

imageimage

ヘッドフォンユニットとアンプの間は綿密に編み込まれた幅広な専用のフラットケーブルで接続されますが取り回しは大変しなやかです。やはりひとつひとつにコストがかかっています。
そして圧倒的な存在感をもつアンプユニットはピアノブラックの美しいデザインの筐体に真空管が美しく並んで装着されています。インターフェースは原則的にXLRのバランスケーブルでの接続ですが、RCAのアンバランスにも対応します。

imageimage

なにしろ社名に冠するほどですから同社の「Hi-Fi=原音忠実性」へのこだわりは尋常ではなく、とにかく「歪み」と闘い続けている、という思いを実物を見ただけでも伝わってくるようです。


■「余力」程度でこのサウンド!?本気出したらどうなる?
ちょうどHIFIMAN JAPANさんにお伺いした日は、「SHANGRI-LA」を試聴会イベント向けに発送する前日と言うこともあり、「万全にはとうてい及ばない環境」(談)でのリスニングでした。
image
「SHANGRI-LA」は発送前で、電源こそしっかりしたオーディオ用のものを使っていますが、普通に事務所に置かれていました。
また再生機器もそのとき事務所内になかったため、同社製のDAPをアンバランスで接続しての試聴です。

適度な周辺の環境ノイズと普通のDAP。「万全じゃない環境」とは、つまり、私にとっては「普段通り」です(笑)。

それでも私自身は、万全ではない、たぶん「余力」程度とはいえ、この至上のサウンドを、果たして心が歪みまくったおっさんが理解できるのか(笑)、とまあ聴く前はこんな感じの文言を頭の中に浮かべておりました(ひねくれてますね)。
しかし、実際に聴いてみて、そのような心配は全くの杞憂でした。

試聴した印象をひとことで表すと、左右に広がる音場感と、頭の中できっちり定位するブレの全くないサウンド。

もちろんその「歪みのなさ」ゆえ、捉え切れていない音は皆無で、ボーカルの息づかい、ひとつひとつの楽器の音、そして、周囲をまとう空気すらも正確に描写しているように感じます。

image一般的に、ステレオ(L/R)のサウンドをスピーカーでリスニングする場合と、ヘッドフォンの場合との構造上の絶対的な違いは、「反対側の音が耳で聞こえるかどうか」だといえます。
つまりスピーカーの場合、いちど室内で音を展開するため、右側のスピーカーの音も左耳で聞こえます。そして左右の耳の距離感の違いから反対側のスピーカーの音はわずかに遅れて聞こえることで奥行きのある音場を再現します。高級・高音質なスピーカー環境であれば「コンサートホールにいるような感覚」を体感できますが、音のひとつひとつの描写がリアルを超えることはありません。
いっぽう、ヘッドフォンの場合は完全に左右分離されたサウンドが頭の中で合わさり音場を描写します。そのため、スピーカーより確実に解像度の高い音を聴くことが可能ですが、Hi-Fiを求めると再生する課程で発生する音の歪みも同時に「感じてしまう」リスクがあります。

image「SHANGRI-LA」のリスニングの感覚を「イマドキな感じ」で例えるならば(笑)、頭の中で描かれる音場は「限りなくリアルに近いVR空間」に入り込んだようなもので、音場空間内でVRカメラを装着したイメージで、気になる音の方へ意識を向けると、その音の描写をくっきり理解することができます。実際に音場に没入する体験はリアル(現実)では不可能ですから、これは現実以上の体験といえるかもしれません。
つまり、音の中に入る感覚、リアルを超えたリアル。究極のヘッドフォンのサウンドの入り口を少しだけのぞき見た感覚でした。

おそらく「万全の環境」が整えば、サウンドの瑞々しさ、鮮やかさはひときわ高まり、没入感も凄いことになるのではないかな、と感じました。


■「価格」は購入者の問題。その製品を世に送り出した事実こそリスペクトしたい。
「SHANGRI-LA」には約600万円の価格設定がされており、普通のヘッドフォンからは非常識なプライスが話題に上ることも少なくありません(というか「SHANGRI-LA」の話ってたいてい価格先行ですよね?)。もっともこれでも660万円といわれる某Orpheusよりは安価なんですが(笑)、上記の通りHIFIMANさんがメーカーとしてこの価格で実現できる性能にこだわった、という事はともかくとして、個人的には価格より「SHANGRI-LA」のようなプロダクトを製品化した心意気の部分こそリスペクトしたいと思っています。
image例えば、自動車の場合だと、ヨーロッパの超高級メーカー「ブガッティ」の最新車種「Chiron」には1台3億円という破格の価格設定がされています。ただ、この価格はオーナーとなるわずかの人(10年で500人)が高いと思うかどうかだけの問題で、大半の「そうではない人」にとって重要なことは、「Chiron」が誇る1500馬力・最高時速400km超えの超弩級のスペックをワンオフではなくあくまで市販車として販売している事実ではないかと思います。

おそらく「誰が買うのか」という部分も含め、「SHANGRI-LA」もヘッドフォンにおける「Bugatti Chiron」のような存在かもしれません。
とりあえずは見上げるだけの存在ですが、「憧れ」があるって、何事にも良いことですよね(^^)。


今回のHIFIMAN JAPANさんへの訪問は、同社の高音質イヤホン「RE800」の試聴機をお借りするのが主な目的でしたが、「SHANGRI-LA」にじっくり触れることができ、本当に楽しいひとときを過ごすことができました(ひたすら感謝でございます)。
また今回お借りした「RE800」(なんと新品)もただいま絶讃エージング中ですので、改めてレビュー予定でおります。

さらに、実は、発売予定のフラグシップモデルのイヤホンもひとあし先に少しだけ聴かせていただきました。こちらも後日レビューさせていただきたいと思っています。