image

最近に日本版も登場し、音質の良さでじわじわと評判が広がりつつある「TFZ」ブランドのイヤホンですが、私もこのところ集中して購入しており、レビューとしては3回め、イヤホンとしては4つめとなります。
今回紹介する「TFZ EXCLUSIVE KING」は、その名の通り、ラインナップの最上位モデルになります。そして「KING」の名前にふさわしく、もしかしたら1万円台クラスの「覇権」イヤホンになりそうなくらい抜群のサウンドバランスとクオリティのイヤホンだと思います。

(国内正規品) Amazon.co.jp: TFZ EXCLUSIVE KING 
(海外版) AliExpress:Wooeasy Earphone Store / NiceHCK Audio Store

海外での価格は99ドル、保証の得られる国内正規品は16,900円の価格設定です。ほかにもアマゾンで並行輸入版の入手も可能なようです。カラーはメタリックなブルーとダークグレーが選択できます。

というわけで、8月より日本版もいよいよ発売された「TFZ EXCLUSIVE」ラインの製品ですが、Massdropの共同購入やAliExpressでの海外版ではポタフェス以降「EXCLUSIVE 5」に注目が集まったのに対し、日本版発売以降は今回紹介する最上位モデルの「KING」に話題が集中しているようです。

また海外ではEXCLUSIVEラインに加えて、従来の「SERIES」ラインでも新製品の「SERIES 4」と「MY LOVE II」を発売しており、同社のラインナップがにわかに熱くなってきています。

なお「EXCLUSIVE 5」「SERIES 4」「MY LOVE II」のレビューは過去記事を参照いただければと思います。
→ 【レビュー】「TFZ EXCLUSIVE 5」抜群にクールでパワフル。大当たりのアラウンド1万円イヤホン
→ 「TFZ SERIES 4」シャープで完成度の高いモニターサウンド&「MY LOVE II」元気で楽しいTFZ最新イヤホン


■TFZの特徴的デュアル磁気回路を搭載したグラフェンユニット・ダイナミックドライバー

TFZ EXCLUSIVE KING」は12mmのグラフェンユニットのデュアル磁気回路ダイナミックドライバーをシングルで搭載しています。EXCLUSIVEラインの「1」「3」「5」の9mmドライバーよりサイズが大きく余裕のある構成となっています。
このドライバー自体は先日レビューした「SERIES 4」「MY LOVE II」でも採用されていますが、チューニングが異なっており、「KING」ではインピーダンス12Ω、感度110dB/mWと、ラインナップ中もっとも鳴りやすいイヤホンに仕上がっています。(ちなみに「EXCLUSIVE 5」は32Ω・107dB/mWと逆にもっとも鳴りにくい仕様です)

imageimage
パッケージ内容はこれまで紹介したTFZのイヤホン同様、本体、ケーブル、イヤーピースがシリコン8種類(シリコンはS/M/Lサイズが2種類でうち1種類はMサイズが2個、デュアルフランジが1種類)、ウレタン1種類、イヤホンポーチといった構成。
imageimage


シェルデザインは、TFZの従来モデル「SERIES 1」「SERIES 5 / 5s」などの流れを汲むもので、標準のイヤーピースでも多くの方が装着性で悩むことは少ないと思います。付属ケーブルも他の製品と同様、CIEM仕様の0.78mmの2pinタイプで、ブルーモデルは白、ダークグレーモデルには黒のケーブルとなります。


■とにかく分厚い低域と分離感のよい中高域。どこまでも伸びるような高域に「KING」の名称も納得。

TFZ EXCLUSIVE KING」は開封直後のほとんどエージングなしの状態でもいきなり実力を発揮します。

image音質傾向は他のEXCLUSIVEラインの製品と同様のドンシャリですが、バランス重視といわれた「EXCLUSIVE 5」よりさらに全域にわたってコントロールが巧みな印象を受けます。TFZらしい分厚い低域は深い奥行きと同時にしっかりとした締まりもあり、無駄に広がる感じではありません。また中高域は非常に優れた分離感で、音場は「EXCLUSIVE 5」と比較してもさらに広く感じ、いっぽうでボーカルはそこそこ近い距離でしっかりとした存在感をもって響きます。この辺は「EXCLUSIVE 5」のタイトに鳴らす9mmドライバーに対し、「KING」は全域にわたって余裕を持って表現する12mmドライバーと、ドライバーの違いによるキャラクターが現れている感じです。

KING」も他のEXCLUSIVEラインのイヤホン同様に、グラフェンユニットらしい非常にシャープかつスピード感のある元気なサウンドですが、「EXCLUSIVE 5」のパワワルさに対して、「KING」はとても解像度が高く非常にクリアな印象です。

TFZ KING突き抜けるように伸びてゆく高域の良さはEXCLUSIVEラインの中でも随一で、この製品に「KING」の名称を与えたのも「納得」です。
KING」を聴いた後だと「EXCLUSIVE 5」の高域には少し粗さを感じるようになります。この辺がこのイヤホンの特徴的な部分かもしれません。中高域の解像度では「EXCLUSIVE 5」は「KING」に及びませんが、逆に「KING」では高域の解像度が高すぎると感じる場合もあり、より楽しく心地よいリスニングサウンド、という点では「EXCLUSIVE 5」の方が向いているかもしれません。

グラフェンユニットとはいえ、この価格帯のダイナミック1発でここまでの解像度や分離感を実現しているのには驚かされます。「KING」のフェイスパネルには「TFZ Hi-Fi MONITOR EXCLUSIVE King」とプリントされており、同シリーズの中でもっとも豊かな情報量を感じるイヤホンの特徴を表現しています。

imageちなみに、上記の通り、「TFZ EXCLUSIVE KING」は非常に「鳴りやすい」イヤホンであるため、女性ボーカル曲やEDMなどは、パワフルなDAPやポタアンより、パワーよりS/Nや解像度に注力したDAPのほうがクリアな美音系となり相性が良いかもしれません。私が使用しているDAPでも、これらの曲では「FiiO X7 Mark II」より「Astell&Kern AK300」のほうが相性の良さを感じました。
逆にメタルやハードロックなどはパワフルなDAPを使用することでさらに刺激的なサウンドに豹変します。どちらの場合でも「KING」は破綻することなくしっかりと表現してくれると思います。

またCIEM仕様の2pinコネクタを採用していますので、リケーブルによる変化も楽しめます。例えば低コストで高品質なケーブルとして愛用者も多い「Bispa」の2pinケーブルを使用すると情報量のアップによりより深みのあるサウンドに変化。見た目の格好良さもアップします。
imageimage
またバランスケーブルでは、最近低価格で高音質な線材として一部で注目されている銅銀ミックスのケーブルを使用したKINDENの2pinバランスケーブルが3千円台の低価格ながら明確な解像度の向上と分離感のアップを体感できました。他にもいろいろなケーブルを試してみるのも楽しいですね。


■「TFZ SERIES 4」と比較すると「KING」のアプローチの違いがより鮮明に。

いっぽう、同様の12mmドライバーを搭載しつつ価格帯も非常に近いもうひとつの新製品「TFZ SERIES 4」との違いもとても気になるところですが、実際に聴き比べてみると、「TFZ EXCLUSIVE KING」の「方向性の違い」の大きさにとても驚かされます。

imageSERIES 4」は前回のレビューでも取り上げた通りフラットの周波数特性で全域にわたって忠実に鳴らすタイプ。低域はTFZらしい存在感はあるものの基本的に少なめ。
ただし高域のクリアさや伸びの良さは「SERIES 4」と「EXCLUSIVE KING」は同等のレベルでまとまっており、いわゆる「美音系」のサウンドで、よりスッキリした美しい高域を楽しみたい場合はSERIES 4のほうが向いており、聴きやすく感じるのではないかと思います。

音場はどちらも結構広いと思いますが、やはり低域の厚みのあるKINGのほうが印象として広く感じます。
良くも悪くもモニターライクなSERIES 4に対し、KINGは聴かせるための音作りがとても上手いイヤホンだと改めて実感します。実際、SERIES 4単独で聴いているととてもまとまりの良い、心地いいイヤホンなのですが、いざKINGと比べると、SERIES 4は「大人しく」「メリハリの少ない」サウンドに感じてくるかもしれません。いっぽうKINGは確実に「万人受け」しそうなサウンドで、2つのイヤホンが想像以上にはっきりと用途が分かれているのが興味深いですね。


■「TFZ EXCLUSIVE KING」の価格帯は高音質イヤホンの大激戦区。台風の目となりうるか。

imageところで、「TFZ EXCLUSIVE」ラインの日本版は8月にはいって各モデル同時発売となりましたが、海外ではもともと「KING」が先行して販売されており、非常に高い評価を得ていたようです。
実際海外レビューなどを見ると、100ドルクラスの製品として「SIMGOT EN700BASS」「MaGaosi K3 Pro / HD」など日本でも非常に評価の高い中華イヤホンと並んで同価格帯トップクラスの製品と位置付けられています。
TFZ EXCLUSIVE KING」の日本版の価格設定だとさらに近日発売予定の「EN700 Pro」(予価17,800円)との競合も予想され、まさに激戦区での投入となりそうです。

ただパッケージを含めたトータルのデザイン性の高さ、さらにブランドイメージに合致したシャープかつクールなサウンドで今後「TFZ」のイヤホンも日本で大きく注目されそうな予感がします。そのなかでも特に多くの人にお勧めできるバランスのとれたサウンドと品質の高さを持つ「EXCLUSIVE KING」は牽引役として人気モデルのひとつとなるかもしれませんね。


なお、上記の競合製品についても過去記事で紹介しています。よろしければあわせてご覧ください。
→ 【先行レビュー】「SIMGOT EN700 Pro」をじっくり堪能して、サウンドの『深化』に驚きました。
→ というわけでSIMGOT「EN700BASS」 ブルーモデルを購入しました。
→ 【高音質イヤホン】アラウンド1万円なお買い物♪「MaGaosi K3 Pro」「SIMGOT EN700」「Whizzer A15」