中華イヤホンケーブル

※2018年5月10日:
当初1本の記事だった「解説&HCK編」を「その1:解説編」(前編)と「その2:HCK編」(中編)に分割しました。本記事は「解説編」となります。
※2018年11月追記
さらにコネクタの種類をはじめ大幅に追記を行いました。


思いつきで、「手持ちのイヤホンケーブルのレビューしようかな」とツイートしたものの、書きかけのまま1ヶ月以上放置していたネタでございます( ̄。 ̄;)。
年に一度の中国最大のセール「11.11(独身の日)」を目前に控えて、もしかしたらこのタイミングでAliExpressでイヤホンケーブルの購入を検討している方もいらっしゃるかも、というわけで大慌てで仕上げることにしました(笑)。


■ケーブルの種類の違いを簡単におさらい

私が自分で購入したケーブルの紹介、ということで、今回は「MMCXコネクタ」または「2pinコネクタ」に対応したリケーブル(イヤホンケーブルの交換)が可能なイヤホン用のケーブルを紹介しています。
イヤホンケーブルの材質もいろいろなものがありますが、ざっくり言うと

・高純度銅線 / 無酸素銅線(OFC線)・単結晶銅線(OCC線)など
・銀メッキ線・銀コート銅線(銅線は主にOFC、一部
単結晶銅線もあり)
混合線(銀メッキ線と銅線のミックス、銀線と銅線のミックスなど)
・純銀線
・金メッキコート銅線(銅線はOFCまたは単結晶銅線)

などがあります。
中心となる銅線では「純度(Nine)」と「線材の芯数(Core)」、さらに線材の太、場合によっては線材の加工方法(手編み線、撚り線等)、ミックスの方法(線材の種類等)あたりでバリエーションが考えられます。
「純度」は「99.995%」=4N、「99.9999%」=6N、というように9の数でNの値が決まります。ただ中華イヤホンケーブルに多い「7N」など極端に純度の高いケーブルはちょっと基準が違う気がします(じゃないとそんなに安価には流通してないうえに音質的には純度が高すぎるとむしろ音が細るという話もある)ので、特に今回の前後編で紹介するケーブルについてはN値の高い低いにこだわらず「高品質とメーカーが言ってるよ」くらいの認識で見て頂く方が無難でしょう。
「芯数」は、R信号とL信号および左右それぞれのGNDで4芯(4 Core)が最小ですが、全て2本ずつ結線する8芯、さらに倍の16芯などのケーブルもあります。
imageケーブル線材の太さは当然太い方が伝達する情報量が増えますが、金属線ですので太ければそれだけケーブルが固くなり使い回しに多少影響します。また単結晶銅線などより高純度な材質で太さのあるケーブルは線材価格を反映して比較的高価なケーブルになる傾向にあります。
いっぽう8芯・16芯などのケーブルは比較的細めの線材を複数編み込んだもの。最初から編み込まれたケーブル以外にも細い線材を「手編み」する場合も多くあります。芯数が多ければ細い線材の組み合わせでも太い線材と同様の情報量を確保しつつ、より柔らかくしなやかなケーブルが作れます(線材を覆う表皮の素材が弾力があって固い場合もあります)。また異なる材質の線材によるミックス線を作りやすいのも特徴ですね。
そして、太い線材を使用するより比較的材料原価を抑えることができます。もちろん編み込む工数(中華ケーブルには「手編み」のケーブルも多い)はそのまま人件費になるわけですが、どうも「人件費は(安いところを使えば)コントロールできるけど、材料原価は変えられない」という発想なのか、中華イヤホンケーブルではこのような8芯以上の手編みケーブルが非常に多いのも特徴的です。なお、芯数の多いケーブルは中低域が弱い、という話は、伝導性の低い材質の細い線材の組み合わせの場合はあるかもしれませんが、ケーブルの線材によって一概にはいえないなと思っています。


■ケーブルの「材質」の違いについて

次に、ケーブルの材質の違いや選び方がわからない、というご意見もときどきいただきますので、その辺をざっくり説明します。すでによくご承知の方も多いと思いますが、適当に読み飛ばしていただければと思います。また記述に誤りがあればご指摘くださいませ。

【高純度銅線(OFC/OCCなど)】
imageイヤホンケーブルに限らずさまざまなAVケーブルで使用させる最も一般的な材質が銅線です。ただ、交換用イヤホンケーブルであえて「高純度銅線」と書いてある場合はケーブルの「純度」を高めることでよりイヤホンの特性を強調させることができます。高純度な無酸素銅(OFC:Oxygen-Free Copper、3N以上の高純度銅線)や、結晶化によりさらに不純物を取り除いた単結晶銅線(OCCという表記の場合もあり)などの素材が中華ケーブルでも用いられています。銅線は一般的な素材ですが、より高純度のケーブルは「中低域」の表現に厚みが出ると言われます。また純度が高く、「太さ」や「芯数」を確保することにより解像度および分離感の向上が期待できると考えています。特に「高純度OFC」や「OCC」の特徴が明確に出るケーブルではイヤホンの特性が強調され、より「濃い」音になります。

【銀メッキ銅線/銀コート線】
いっぽう、銅線は酸化しやすいため、被膜で保護するほかメッキ処理による保護を行うことも少なくありません。このメッキの材質によりさらに音質特性に変化があります。一般的な錫(すず)メッキの場合はほぼ銅線の特徴をそのまま反映するようですが、銀メッキ処理を行った線材の場合、通常の銅線より高域の解像度が高くなる傾向にあるようです。
Acoustuneこれは、銀が銅と比べて高域に特徴があり、さらにイヤホンケーブルでは一般的に高域の信号は線材の外側を通る、と言われていることから、銀メッキ処理を行うことで「高域は銀、中低域は銅」の「いいとこどり」の特徴をもつケーブルになる、という考え方となるようです。リケーブル用の中華イヤホンケーブルでは、これらの銅と銀の材質的な特徴から、多く使われる線材に「銀メッキ銅線」が多用される傾向にあります。ただケーブルの太さや銀メッキの処理具合によって当然バランスは大きく異なるため、一概に「銀メッキ銅線」が同じ傾向の音にはならず、同じ「銀メッキ銅線」でも比較的安価な製品では結局は銅線のほうの印象が強くなるケースも多いようです。ただ、より高純度な銅線かつしっかりしたメッキ処理を行った高級な線材では全体の分離感および解像度を底上げしつつ、高域が伸びのあるキラキラした音に変化します。これらのより特徴が明確な線材は「銀コート線」「銀コート高純度銅線」など通常の「銀メッキ線」より少し表現を変えて区別する場合もあるようですね。

【銀メッキ線&銅線のミックス線】
imageこれら銅線と銀メッキ線を編み込んだ混合線(ミックス線)も中華ケーブルでは比較的多い線材です。ミックス線にはあらかじめミックスしたうえで被膜加工を行っているものと、それぞれの線材を手編みなどで編み込んだものがあり、中華ケーブルの8芯線、16芯線などでは後者のパターンが多くなっています。ミックス線は「高純度銅線」と「銀メッキ線」の両方の特徴を持っており、全体的な音域でのクオリティアップに比較的低コストで効果が得られます。中華ケーブルの8芯または16芯のミックス線では、中低域はよりメリハリが強調され、高域の伸びは強調される、よりアグレッシブなケーブルとなる場合が多いようです。

【純銀線】【金メッキコート線】と表記上の真偽について
多少高価になりますが、銀メッキではなく純銀の線材を使用した高純度の「純銀線」ケーブルも存在します。国内で販売されている製品でも「純銀線」については、「高級ケーブル」の一種のブランド的位置づけになっています。しかし、中華ケーブルにおいての「純銀線」や「金メッキ線」などの高級線材の表記は線材の製造元などが明確でない場合以外は残念ながらアテにならないものが多いのも実情です。

「純銀線」は銅に比べて高域に特徴があり、中高域のポテンシャルをよりいっそう引き出す特徴があります。そして、一部の「純銀線」と呼称するケーブルでは、よりキラキラした音、場合によってはかなり高域がアグレッシブな傾向のケーブルもあります。ただこのように傾向が派手な「純銀線」ケーブルはより厚く銀メッキ処理された銅線であったり、銀メッキ銅線の芯材に極細の銀線を巻き付けたタイプの「銀メッキ線と銀線のミックス」というべきケーブルの場合が多いようです(この場合、中華ケーブル的には「純銀を使ってるケーブル」=純銀線、というニュアンスで表記のようです)。

他にも金メッキ処理を行った銅線である「金メッキコート銅線」のケーブルもあります。ただ金メッキの質によって特に価格が大きく異なります。銀・銅と比較しても金はもっとも電導性が高く、コネクタなどでも金メッキコネクタのほうが良いとされますが、ケーブルの場合、金メッキの単価も当然ながらより高いですが、さらに線材が少ないこともあり高級なものは恐ろしく高価(10万円以上)です。中華ケーブルでは100ドル前後の金メッキ線がありますがメッキ純度の記載はなく、これら高価な製品とは「全くの別物」と考えておいた方がよさそうです(音質傾向も線材によってまちまちです)。

また、同じようなことは純銅線における「7N」などの純度表示にも当てはまり、正直「ある程度は盛って書いている」と最初から割り切っておく必要がある、と認識ください。私のブログでも線材の種類についてはあくまで目安として紹介し、取り回しや音の変化を中心に記載したいと思っています。


■バランス接続/アンバランス接続について

リケーブルが可能かどうかに関わらず、通常のイヤホンは「3.5mmステレオ」プラグ仕様になっており、イヤホンによってはヘッドフォンで用いられる6.3mmプラグ用の変換コネクタが付属する場合もありますね。これらのステレオケーブルは「R」「L」「GND(-)」の3極で、次のバランス接続に対して「アンバランス」(不安定ではなく「バランスではない」の意味)接続と表記する場合も多いですね。
イヤホンプラグそしてリケーブルを行う場合の「理由」としておそらく最も多く考えられるのが「バランス化」です。最近は3万円~クラスの比較的低価格なDAP(デジタルオーディオプレーヤー)でも「バランス接続」をサポートしていますので「せっかく付いている機能ならば試してみたい」と思うのは当然の心理かな、と思います。今回はケーブルの「解説編」のためバランス接続についての詳細は割愛しますが、バランス接続では「R+」「R-」「L+」「L-」の4極(2.5mm)、さらに「GND」を加えた5極(4.4mm)のプラグ仕様があります。左右のマイナス極性が分離することでプレーヤー側の音の分離が向上し、より明瞭なサウンド特性になるというポジティブな特徴がある反面、3.5mmステレオでチューニングされたイヤホンの場合、音質傾向が変わってしまうことをネガティブに捉える方も結構多いようです。もっとも、メーカーの意図しない極端な傾向の線材へのリケーブルでも同様のことが起こる可能性もあります。この辺はマニア同士でもそれぞれの考え方や好みがあると思いますので、「これが正解」というのは特にないと思います。

ただ、個人的には、このようなバランス接続の傾向より、一般的にバランス接続に対応している「きちんと設計されたプレーヤー」では「アンバランスよりバランスのほうが出力が大きい」点に注目したいと思います。ある程度ポテンシャルが高いイヤホンの場合、リケーブルによる情報量のアップに対してDAP側の駆動力が不足するようなケースをバランス接続によって補ってくれる可能性が考えられます。リケーブルの場合のバランス接続が駆動力を稼ぐための「手段」になるという場合もあるわけですね。


■コネクタの違い、耳掛けの加工などについての補足

交換用イヤホンケーブルでは当然ある程度汎用性のあるコネクタを採用していることが前提となりますが、このコネクタにもいくつかの種類があります。特に2pinタイプには「合う/合わない」がありますので注意が必要です。

①「MMCXコネクタ」
中華イヤホンに限らず、「Shure SEシリーズ」など、リケーブル可能なイヤホンで最も多く使用されているコネクタ。そのため汎用性は最も高いのでリケーブルの際の敷居が低いのも特徴的。また音質アップだけでなく単純に現在使用中の付属ケーブルが断線した場合などの交換用という「本来の目的」で購入するケースも多いかもしれません。MMCXコネクタ採用で互換性で問題になるのは旧版のWestone UMシリーズなど本体形状の関係でコネクタ部品の太さによっては装着できないなどかなり限定的だと思います。しかしそれ以上に「接点不良」と呼ばれる接続部分の接触不良が起きやすかったっり、コネクタが外れやすかったりするなどの「相性」が起こりやすいのも事実です。音質面の影響も考慮し、MMCXを敬遠し次の2pinタイプを好むマニアの方も比較的いらっしゃいます。
MMCXコネクタ(汎用部品タイプ)MMCXコネクタ(中華タイプ)
中華イヤホンケーブルでは以前から使われているクロームメッキ加工された汎用部品タイプ(オヤイデ等で部品として販売されているコネクタと見た目は同じもの)と、最近登場した中華イヤホン独自のつや消しアルミ塗装タイプが多く、他にも個別のタイプもたまにあります。
MMCX(HCK)MMCX(HCK)
見た目は「汎用部品タイプ」が良いですが、「相性」的には後者の「中華タイプ」のほうが外れにはほとんど遭遇したことがありません。「外れ」遭遇率が一番多いのはそれ以外の「個別タイプ」で要注意ですね。

②「2pinコネクタ」 ※ CIEM 2pin/中華 2pin/qdcタイプ/KZタイプ(AまたはB)
そしてよく混乱されがちなのが「2pin」コネクタです。まず2pinコネクタには「0.78mm」と「0.75mm」の2種類のピン口径が存在します。多くの2pinタイプのイヤホンは0.78mmを採用していますが、低価格中華イヤホンの「KZ」と中国のカスタムIEMで圧倒的な人気を持つ「qdc」は0.75mmを採用しています。このうちqdcは後述する「コネクタカバー形状」が独自のため、「qdc用」のケーブルを使用することが多いためあまり問題にはなりませんが、KZではこのピン口径の違いを気にする方もいるのではと思います。しかし結論から言うと(あまり違いは気にせず)リケーブルの際は「0.78mm」コネクタのケーブルで対応します。リケーブルでコネクタの穴がわずかに広がることで純正ケーブルが緩くなる可能性もありますが実際にはほぼ問題にはならないでしょう。
※(追記)よく「このケーブルのピン口径は何ミリですか?」という質問がありますが、KZ用など特に注記がない場合は0.78mmです。またイヤホン側の仕様も上記の通りKZやqdc以外はほぼ0.78mmと考えて甥でしょう。ただ頻繁に抜き差しをすることで緩くなるため、サイズが違うのでは?という質問をいただくことが多いようですね。

【2pinのコネクタ形状について】
次にコネクタカバーの形状ですが、KZやTFZなどの純正ケーブルでは2pinコネクタ部分の外周がカバー状に覆われており、KZについてはイヤホン本体側の窪みの形状で「Aタイプ」「Bタイプ」の2種類があり、TFZの場合の場合はイヤホン本体のコネクタ部分のわずかな突起にあわせたイヤホンごとにカバー形状が異なる仕様になってきました。しかしリケーブルではもともとこのカバー部分が無いコネクタ形状のため、どのタイプのイヤホンでも使用することができます。
CIEM 2pinコネクタ(中華タイプ)中華2pinコネクタqdcコネクタ
そして、もっとも懸念されることが「CIEM 2pin」と「中華2pin」の違いです。この「CIEM 2pin」「中華2pin」という表記は私のブログ上で「区別」のために付けているもので正式な名称ではありませんが、「CIEM 2pin」は0.78mm仕様で本体側に四角い窪みがあるタイプのカスタムIEMにも対応できるように丸いコネクタ部分と2pinの間に四角い樹脂製の突起があるタイプのケーブルです。いっぽう、「中華2pin」はこの四角い突起が僅かにしか無いタイプのコネクタです。そのため「中華2pin」では本体側に窪みがあるイヤホンでは使用することができません。2pinは抜き差しにより緩くなる可能性があるため、qdcのようなカバー付きやCIEM 2pin用の窪みのあるタイプのほうがしっかりホールドできるのですが、最近は2pinタイプの中華イヤホンの大半はそうですし、中華以外の製品でもこのタイプのコネクタが増えています。またTFZのように付属ケーブルはカバー付きですが、オプションケーブルはTFZ純正も中華2pinというパターンもあります。

【「2pin」コネクタの極性について】(2018年11月追記)※2019/5/1再追記
もともとカスタムIEM用で使用されていた0.78mm 2pinコネクタ(本レビューでは「CIEM 2pin」と表記)は装着時に+極性が上に来るようにイヤホンに接続します。国内のイヤホン専門店でも販売されている有名ブランドの「カスタムIEM用 2pinケーブル」は基本的にすべてこのコネクタで、極性は突起部分の窪みを参考に判断します。またTFZやKZ(A/Bタイプ)の純正ケーブルも同じ極性です。
CIEM 2pinコネクタ極性KZ 2pinコネクタ

しかし、「中華2pin」の場合2018年春頃までにリリースされた製品は初期のタイプで、極性が「qdc仕様」とよばれる、左右ともCIEM 2pinとは逆のものでした(いわゆる「qdc極性」です)。つまり耳掛けタイプ(シュア掛け)のイヤホンの場合装着時に上に来る方が左右とも「マイナス」となる極性です。
その後、リケーブル製品もミドルクラス、ハイグレード製品が充実したことで一時期各セラーとも「CIEM 2pin」タイプに変更したのですが、実際のイヤホンのほうが「窪みのある2pin」タイプの製品が著しく減少していることもあり、2018年秋以降の製品では「中華2pin」が復活しました。しかし、この秋以降に復活した「中華2pin」タイプは「CIEM 2pin」と同じ極性になっています。これはその後発売された「KZ ZSN」以降のモデルで採用された「KZタイプC」コネクタが形状的にはqdcコネクタと互換性のあるものの極性はCIEM 2pinと同じ、という独自仕様になったことに起因していると思われます。
ただどちらの場合も2pinの場合は左右で極性が異なる状態(つまり「逆層」ですね)となってなければ使用に支障はありませんし、音質的にも影響はないためリケーブル利用では問題はありません。
中華2pin(CIEM極性)CIEM 2pinコネクタ(中華タイプ)中華2pin(旧タイプ/qdc極性)
とはいえ、バランス接続などではどうしても極性の違いは気になると思います。そこで、中華ケーブルにおける見分け方ですが、主にEasy系(Yinyoo/Kinboofi/HiFiHear)のケーブルでは2pinの直下に「青色」のマーキングがある方が「マイナス」です。初期中華2pinではシュア掛け時にこのマーキングが上向きになります。HCKの場合も2018年春頃までの「中華2pin」ははqdc極性で、「CIEM 2pin」となった「CT1」「TDY1」「TYB1」を境にして、秋頃に復活した「中華2pin」では極性がCIEM極性になっています。私のブログでも耳掛け加工されているケーブルのレビューでは「中華2pin」「中華2pin CIEM極性」と区別して表記していますので参考にしてください。

また上記の通り「CIEM極性」でも「qdc極性」でも逆層(左右で+-が異なる)でなければ問題ないため、耳掛けのないタイプの2pinケーブルを使用する場合は特に断りがなければCIEM極性(青マークを下)で繋ぐようにしています。


【コネクタが緩くなったら?】(2018年11月追記)
ちなみに、リケーブルによってコネクタが緩くなった場合ですが、イヤホン側に凹みのあるタイプではソフトレジンなどを使ってコネクタの凹みをきつくする方法もありますが、私の場合は多少強引ですが金属製の耳かき(手持ちのものを使ってます)でピンを僅かに「ハ」の字に広げています。
2pinの緩み解消2pinの緩み解消
耳かきの先端は厚さが細く2pinの間に余裕ではいるので、ピンの先端部分に挟み込み、徐々にスライドさせながら広がってくる厚みでピンとピンの間にテンションをゆっくりかけ、わずかに「ハの字」になるようにします。少しずつ広げて実際にイヤホンに装着してみながら程度は確認します。もっとも、やり過ぎるとピンが折れる危険性があるのであまりお勧めする方法ではありませんのであくまで自己責任&参考までに。


■と言うわけで次回よりケーブル紹介!

というわけで解説編だけでも結構な長さになりましたが、「その2」より実際に購入したケーブルを紹介していきます。

※追記: これまでの中華イヤホンケーブルのレビューについてはこちらを参照ください。また、こちらのカテゴリーの最初の記事では線材ごとの特徴も簡単にまとめていますので併せてご覧頂ければと思います。
→ 過去記事(一覧): イヤホンケーブルのレビュー