Yinyoo H3

2017年も12月に突入し、いろいろ慌ただしくなってきましたが、実はレビュー予定のネタが年末に向け増えるいっぽうで「なんで俺はこんなにポチったのだろう?」と述懐せずにはいられない今日この頃です(゜-゜)。

というわけで、今回紹介するのは中国のイヤホンブランド「Yinyoo」のマルチBAイヤホン「Yinyoo H3」です。美しいクリアシェルに3つのBAドライバーを搭載したイヤホンになります。このシリーズでは5BAを搭載したタイプの「Yinyoo H5」も同時にリリースされており、ドライバ構成で選べる仕様となっています。

Yinyoo H3Yinyoo H3 Yinyoo H5H5

購入はAliExpressのEasy Earphoneにて。
サイトの表示価格は3BAの「Yinyoo H3」が129ドル、5BAの「Yinyoo H5」が169ドルとなっていますが、フォロワー値引きでそれぞれ100ドル(Yinyoo H3)、120ドル(Yinyoo H5)で購入することが可能です。
※購入時に「bisonicr」とメッセージを入れていただくだけでも値引き対象になります。AliExpressでの購入・割引方法を含め詳しくはこちらをご覧ください。
AliExpress(Wooeasy Earphone Store):Yinyoo H3/H5

パッケージはYinyooブランドのイヤホンでは共通のボックスで、なかに大きめのイヤホンケースが入っています。
Yinyoo H3Yinyoo H3
ケースの中には、イヤホン本体、MMCXケーブル、イヤーピース(グレーのものと、ホワイトのデュアルフランジタイプがそれぞれS/M/Lサイズ)の内容です。
Yinyoo H3Yinyoo H3
赤青のカラーフェイスのクリアシェルと金属製のステムで構成された本体は非常にビルドクオリティの高いものです。
また付属MMCXケーブルは8芯銀メッキ銅線を使用した手編みケーブルで、非常にしなやかで品質もよい線材が使用されています。


■「Yinyoo H3」は「MaGaosi K5」とは似て非なるイヤホンでした

さて、手元に届いた「Yinyoo H3」ですが、見ての通り、先日レビューを行った「MaGaosi K5」と非常に酷似しています。特にMaGaosi K5と同じ5BAの「Yinyoo H5」はシェル形状も全く同じです。
→ 「MaGaosi K5」 5BA搭載で驚きの低価格と高音質を実現した中華イヤホン【購入レビュー】

双方のイヤホンのサイト記載スペックを確認すると、
Yinyoo H3  【 MaGaosi K5 (ドライバー構成: 5BA
   ・インピーダンス: 22Ω 感度:118dB
   ・周波数特性: 20Hz~40kHz

  【 Yinyoo H5 (ドライバー構成: 5BA
  【 Yinyoo H3 (ドライバー構成: 3BA
   ・インピーダンス: 32Ω 感度:105dB±2dB
   ・周波数特性: 20Hz~20kHz

と多少異なった仕様となっています。

実際、同じ5BAタイプの「Yinyoo H5」と「MaGaosi K5」の写真を比較すると内部の抵抗やネットワークが異なっており、違うセッティングであることがわかります。販売しているEasy Earphoneに確認したところ、「Yinyoo H3/H5」と「MaGaosi K5」の本体部分は同じ製造元で作られているものの、それぞれのブランドに合わせた異なるチューニングを行っているとのことでした。

なお、3BAとドライバ構成の異なる「Yinyoo H3」は同「H5」およびMaGaosi K5とはシェル形状が異なっており、内部のBAドライバーの配置にも違いが確認できます。
Yinyoo H3Yinyoo H3
また、「Yinyoo H3」では写真の通りYinyoo H3およびMaGaosi K5よりコンパクトなシェル形状となっており、耳にフィットしやすく、装着性も良くなっています。また遮音性も比較的良好でした。

Yinyoo H3Yinyoo H3
さらに付属ケーブルについても両者のイヤホンでは大きな違いがあります。
MaGaosi K5」はapt-X対応のBluetoothケーブルが同梱されているいっぽうで、標準のMMCXケーブルは特に高域の表現で若干スペック不足な印象が否めず、より高品質なケーブルを用意しリケーブルを行うことが望ましいですが、「Yinyoo H3H5」では最初から高品質な8芯銀メッキ線のケーブルが同梱されています。調べてみると、AliExpressで同一と思われるMMCXケーブルが単品で41.99ドルで販売されていました。イヤホン本体の価格を考えるとかなりお得ですし、購入直後から最適な構成で使用できる点は「Yinyoo H3H5」の大きなメリットだと思います。

このようにメーカーの違いにより構成面で違いがある「Yinyoo H3」ですが、音質面でのチューニングの違いもとても気になるところです。


■「Yinyoo H3」はより刺激的な高域が楽しめる、アグレッシブなサウンド

Yinyoo H3」の周波数特性はMaGaosi K5同様にフラット寄りの弱ドンシャリですが、「MaGaosi K5」よりメリハリが強く、高域へのアプローチが鮮明になっています。2つのイヤホンは共通のBAドライバーを使用していることもあり音質傾向そのものは似ているのですが、「Yinyoo H3」のほうが反応が良く(おそらく「H5」も同様)、エッジを効かせる方向に振っているように感じます。

Yinyoo H3また、「Yinyoo H3」は3BAの構成らしいよりスッキリしつつアグレッシブなサウンドにチューニングされている印象です。
Yinyoo H3」の高域の伸びは「MaGaosi K5」よりかなり高く、シャリシャリ感は少ないもののDAPによってはより刺さりを強く感じるサウンドです。いっぽうで中低域は分離性が高くキレのある印象で、「MaGaosi K5」の量感のある情報量の多いサウンドとは対照的です。高品質なケーブルとの組み合わせもあり解像度も高く、音場は「MaGaosi K5」よりは少し狭くなっていますがそれでもフラット傾向の3BAとしては十分な広さがあり、いっぽうでボーカルはより近くで定位します。

ところで、「MaGaosi K5」もポータブルアンプやプレーヤーの組み合わせによっては結構刺さりが強いサウンドになりましたが、「Yinyoo H3」はその傾向がさらに顕著で、より刺激的なサウンドが楽しめます。おそらく5BAの「MaGaosi K5」ではある程度ネットワークで中高域のドライバーを抑制することで全体のバランスを取っているものと考えられ、よりシンプルな構成の「Yinyoo H3」のほうが搭載ドライバー本来の高域が出せている可能性もあるのではと思います。
ただし、「Yinyoo H3」はDAPによっては多少聴き疲れしやすく感じるかもしれません。
Yinyoo H3Yinyoo H3
例えば、最近利用機会の多い「Shanling M3s」ではパワーが供給過剰気味で「Yinyoo H3」は多少刺さりが強くなります。いっぽうで「PLENUE R」との組み合わせではモード設定にるパワーコントロールがしやすく個人的には結構気に入ってる組み合わせです。普段は「Normal」モードで刺さりを適度に抑えつつ、曲によってモードを「BBE+」や「Crystal Clear」に変更することで「Yinyoo H3」本来のアグレッシブさを楽しんでいます。逆に「Shanling M3s」ではあえてバランスケーブルにリケーブルして「刺激マシマシ」でロック系のサウンドを盛り上げたりもしています。


■万人受けの「MaGaosi K5」とよりマニア向けで嗜好が明確な「Yinyoo H3」

というわけで、「MaGaosi K5」に引き続きで入手した「Yinyoo H3」でしたが、同じ工場で生まれた「兄弟イヤホン」にもかかわらず、ある意味でそれぞれブランドのキャラクターをかなり明確に感じることができ、とても興味深く思いました。

Yinyoo H3とにかく5BAというインパクトのある構成とBluetoothケーブルの同梱で100ドル台の価格を実現したという点で非常にキャッチーな「MaGaosi K5」に対し、「Yinyoo H3/H5」は付属品はシンプルながら非常に質の高い8芯銀メッキケーブルを同梱するなど「わかる人」への訴求が強い「玄人向け」という感じでしょうか。
また「MaGaosi K5」は中域をメインに聴きやすいセッティングにまとめ、多少大味なサウンドで高価格帯のブランドイヤホンには及ばないもののマルチBAらしい情報量の多いサウンドであるのに対し、「Yinyoo H3」はよりシンプルな3BAの構成で、アグレッシブでドライバーのパフォーマンスを活かした仕上がりになっているなと感じます。

この似て非なる2種類のイヤホンを使い分けるのはなかなか楽しいのですが、ひとつ失敗したかなと思っているのはカラーがどちらも赤青のモデルにしてしまったことで、せめて「MaGaosi K5」のほうはブラックなど違う色にしておけばよかったなと少しだけ後悔しています。まあそれほど高くもないのでもう1個色違いで購入する、という手もあるのですが(笑)。