TFZ KING PRO

すっかり2月に入ってしまいましたが、到着からすでに1ヶ月近く経ってこれ以上書きかけを放置するわけにもいかないな~、というわけで、今月最初のレビューは「TFZ KING PRO」です。中国「TFZ」(The Fragrant Zither)ブランドのイヤホンは昨年の「EXCLUSIVE 5」を購入以降、「SERIES 4」「MY LOVE 2」、「EXCLUSIVE KING」、最近では「SERIES 2」と順当に新製品が出る度に買い進めていますが、さらにグレードアップしたモデルが出るとなればポチらないワケにはいかない、というわけで今回も昨年のうちに予約で購入しました。

TFZ KING PRO今回の「TFZ KING PRO」は従来最上位モデルだった「EXCLUSIVE KING」のさらにアッパーグレードの製品として登場しました。「KING PRO」の外観は従来の「EXCLUSIVE KING」等のSERIES 5系統のデザインを踏襲しつつ新たにメタルハウジングを採用し、ドライバーには12mm二重磁気回路グラフェンドライバーを搭載しています。付属ケーブルも5N無酸素銅線を採用し、従来モデルより明らかに高級感のある外観が特徴的です。
なお、TFZでは同時に「Tequila 1」という8.9mmのグラフェンドライバーを搭載した従来とは全く異なるデザインのモデルも発表しており、こちらはMassdropに出品された際にドロップ(オーダー)を入れています(届くのは3月末くらいかな?)。

今回の購入は私のブログでも毎度おなじみの中国のイヤホンセラーの「HCK Earphones」(@hckexin)にて。AliExpressでの購入価格は 169ドル となります。
AliExpress(NiceHCK Audio Store): TFZ KING PRO

AliExpressでの購入方法はこちらを参照ください。なお、国内正規版も予定されている関係か、現在販売価格はメーカーで固定されているとのことですが、購入時にはDM等で確認するか、購入方法に記載の通りいったん支払いを保留してMessageにて確認をすることをおすすめします。

※下記に貼ってあるアマゾンで販売している並行輸入品のバナーでは、ドライバーが「Tequila 1」と同じ「8.9mm」という表記になっていますが、これは記載違いと思われます。昨年冬のポタフェスに代理店が参考出品した際にも同様の表記だったため、そのまま広がったのかもしれませんね。中国TFZ社サイトにリンクされた商品紹介では大升级2.5代12MM双磁路二分频N52磁体石墨烯单元」(=大規模アップグレード2.5世代 12mm 二重磁気回路グラフェンドライバーとなっていますので、本記事ではその記載にあわせています。


■従来モデルより大幅にグレードアップしたパッケージ構成

上記の通りオーダーそのものは昨年で、1月初旬には手元に製品が届いていました。
TFZ KING PROTFZ KING PRO

TFZ KING PRO」のパッケージは従来の同社製イヤホンと比較するとひとまわり大きいボックスで届きました。
TFZ KING PROTFZ KING PRO

パッケージ内容は金属製のイヤホン本体、5N無酸素銅線の専用ケーブル、イヤーピースは本体装着済みのものに加えて、開口部の大きいタイプと小さいタイプの2系統がS/M/Lの各サイズ、さらにウレタン製イヤーピース、説明書・保証書など。
TFZ KING PROTFZ KING PRO

本体のハウジングは金属製となり存在感がアップしましたが、重さそのものは従来の「EXCLUSIVE KING」や「SERIES 4」とそれほど違いはなく、装着感も同様です。
TFZ KING PROTFZ KING PRO

5N無酸素銅線を採用したケーブルは従来モデルの黒または白の樹脂被膜のケーブルより大幅にグレードが向上しています。こちらもコネクタ部分およびケーブルの分岐点に金属部品を使用しメタリックな印象をアップさせています。
TFZ KING PROTFZ KING PRO
TFZ KING PRO」も従来モデル同様に0.78mmの2pinコネクタ仕様ですがケーブル側のコネクタは先日レビューした「SERIES 2」より採用された、本体部分の小さな凸状の「出っぱり」を覆うカバーの付いた専用タイプとなっています。


■分離感と透明度は従来より1ランク上のグレード。フラットで聴きやすくまとめられたモニターサウンド。

TFZ KING PRO」はフラットに近い周波数特性で、従来モデルでいうと「EXCLUSIVE KING」より「SERIES 4」に寄せた印象に感じます。比較的刺さり少ないものの、「TFZ」イヤホンに共通するグラフェンドライバーらしい金属質な抜けの良い高域を維持しており、純粋にクオリティアップによる解像度や分離感が向上した印象があります。締まりのある低域も量感は確保されているのですが、全体としては非常に透明度の高いサウンドだと思います。
TFZ KING PROただし、インピーダンス55Ω、感度105dB/mWと従来モデル大幅に「鳴りにくい」セッティングとなったこともあり(音量自体は取れます)、DAP(デジタルオーディオプレーヤー)によっては中低域が多少籠もって聴こえる場合もあります。そのような場合はプレーヤーの設定をハイゲインにしたりポータブルアンプを経由することで印象が大きく変わるのではと思います。ちなみに「EXCLUSIVE KING」はインピーダンス12Ω、感度110dB/mWと、逆に同社では最も「鳴りやすい」イヤホンのためこの2つを比較すると特に極端な違いを感じるかもしれませんね。
「EXCLUSIVE KING」のような派手なドンシャリのサウンドと比べると、「TFZ KING PRO」は高域のシャリ付きも少なく、低域も抑え気味、ボーカルも僅かに遠くに定位するなど、かなり大人しい印象のイヤホンに感じるかもしれません。

TFZ KING PROここ最近のイヤホンのネーミングでは既存モデルの「上位バージョン」に「Pro」という言葉を付けることが多いため、「KING PRO」も「KING(EXCLUSIVE KING)の上位モデル」というイメージを持ちますが、「TFZ KING PRO」についてはTFZの中国メーカーサイトでもそれらしき記述を見かけましたが、実際に聴いた印象ではよりひとつひとつの音を精緻に聴き分けられる点で「プロ向けのバージョンの“KING”モデル」という感じのほうがしっくりきます。つまり、「TFZ KING PRO」は従来モデルより相当モニターライクに振ったイヤホンといえるかもしれませんね(となると「EXCLUSIVE KING」はリスニング用のKING、ということかもです)。
とはいえ、「TFZ KING PRO」も金属質でシャープな印象を受けるキレの良さは同様で「TFZらしさ」という部分は全く失われてはおらず、いっぽうで派手さを抑えつつ着実にレベルアップを果たしたイヤホンだと思います。

TFZ KING PROいっぽう、もうひとつのTFZの人気モデル「EXCLUSIVE 5」と比較すると、全く違う傾向のイヤホンながらこのモデルを気に入っている方からも「TFZ KING PRO」は思ったより良い印象を持たれるかもしれません。
「EXCLUSIVE KING」の「派手さ」に対して「EXCLUSIVE 5」は「パワフル」という印象が強いイヤホンで、このハウジングのモデルで特徴的なモリモリの中低域が印象的ですが、全体のバランス的に「EXCLUSIVE」ラインのなかではいちばん聴きやすいイヤホンでもあります。比較的刺さりが少なく聴きやすいサウンドである「TFZ KING PRO」は、「EXCLUSIVE KING」の高域が苦手で「EXCLUSIVE 5」のほうが好き、という方にも受け入れやすいサウンドかもしれませんね。「TFZ」のキャラクターを維持しつつも雑味のないクリアなサウンドが楽しめる「TFZ KING PRO」は中域のボーカルや演奏を楽しめるイヤホンに仕上がっているのではと思います。

TFZ KING PROそして「TFZ KING PRO」と同様にフラット傾向にまとめられた「SERIES 4」ですが、完成度の高さのわりに他のモデルと比べるとかなり「地味」なイヤホンという印象を持たれているかもしれません。ただ中高域の情報量の多さが特徴的で、ボーカルやギターなどの存在感は既存モデルの中では随一のサウンドです。いっぽう「TFZ KING PRO」を聴いてみると、より自然なサウンドですが、さらに一段クリアさが増した印象を受けます。「SERIES 4」の金属質なサウンドは少し人工的に解像度を高めているようにも感じるのですが、「TFZ KING PRO」にはそのような印象は少なく、いっぽうで分離感がずば抜けていて透明度の高さが際立ちます。


■「1個買ったら他のバリエーションが欲しくなる」は今回も健在。まだまだ「上がり」じゃないのね(^^;)。

TFZ KING PRO」は派手さは少ないフラット系のイヤホンですが、「TFZ」らしいシャープな印象も同時に維持したイヤホンでした。ロック、ポップス、アニソンなどを中心に、従来モデルより多くのジャンルの曲での相性がよいと思います。従来モデルと比較して、あくまで自然に分離感を向上しサウンドの透明度を向上させた、まさに「レベルアップ」したTFZイヤホンといえるでしょう。
TFZ KING PROただ、十分な音場感と優れた定位性を持っていますが、いっぽうでモニターライクとも取れるセッティングであることから「EXCLUSIVE KING」あたりをイメージして聴いてみると「良い音だけど味気ない」印象に感じてしまうかもしれません。でも両方捨てがたいんですよね。
以前のレビューでも書きましたが、ここが「TFZの怖いことろ(^^;)」で、「TFZ KING PRO」は非常に良いサウンドだけど「EXCLUSIVE KING」の派手さも捨てがたい、とか、「EXCLUSIVE 5」も押さえておきたいよね、といった感じで、1個で満足できずついバリエーションを買い揃えたくなってしまう危険性がやはり今回もありました(笑)。
なんというか、先日の「LZ-A5」レビューしたノズルでサウンドを調整できるイヤホンあたりを比べると、「TFZってやっぱずるいよなぁ。商売上手だけど」と、つい思ってしまうのでありました(ちゃんちゃん)。