Kinboofi Cable

こんにちは。最近ちょっと出張が多かったりと忙しかったこともあり、ブログ更新も滞りがちでしたが、そんな間もいろいろオーダーはしていました(ネットって本当に便利ですね^^)。例によってネタや書きかけはたまるいっぽうです。ここはひとつ、夏の到来とあわせてレビューを書きまくるぞー(ぉー)、と意識だけは前のめりな今日この頃であります(笑)。

さて、今回も最近多くなっている中華イヤホンケーブルのレビューです。最近になって次々とコストパフォーマンスに優れたイヤホンケーブルを販売開始しているアマゾンのマーケットプレイス「KINBOOFI」より、非常に低価格ながら使い勝手の良いケーブル3種類を紹介します。
なんというか、明らかに持ってるリケーブル可能なイヤホンよりイヤホンケーブルの本数の方が多い気がするのですが、それが次のイヤホンを買うモチベーションに・・・(末期症状)。いやはや(^^;)。


【高純度銅線ケーブル】
[ KBF4759 ] Kinboofi 8芯 高純度銅線 アップグレードケーブル
Kinboofi 8 Core Pink Copper Cable 2.5/3.5/4.4mm Balanced Cable With MMCX/2pin Connector
Amazon.co.jp(KINBOOFI) 3,359円
【 MMCX 】【 CIEM 2pin 】【 3.5mm 】【 2.5mm/4極 】【 4.4mm/5極 】
Kinboofi CableKinboofi CableKinboofi Cable
Kinboofiの新シリーズの8芯の純銅線ケーブルです。Yinyooブランドで販売されている6芯タイプ(実質は4芯?)の純銅線ケーブルの上位バージョンと考えればよいと思います。柔らかい線材で使い勝手は良好です。「柔らかい」といっても以前よりKinboofiでもピンクやイエローの各色が販売されている8芯銀メッキ線よりわずかに細くコシのある線材で、よりしっかり編み込まれています。価格も3000円台前半と純銅線ケーブルとしては非常にリーズナブルに設定されています。
Kinboofi CableKinboofi Cable
また2pinコネクタはYinyooの「金色キンバー風」より採用されている色分けされた「0.78mm CIEM 2pin仕様」となっており、凹みのあるタイプを含むより多くのイヤホンで利用できるのは嬉しいところです。2pinタイプをイヤホンに装着時には、ピン下にブルーのマーキングがしてあるほうが「マイナス(-)」ですので、赤(右側)・透明(左側)の出っぱりの部分に凹みが掘られている側を外側にして接続します。なお最近販売されているHCKの8芯純銅線ケーブルと比べるとKinboofiのケーブルの方が少し太さがあります。
Kinboofi CableKinboofi Cable
音質傾向としては、8芯ケーブルらしく情報量のしっかりとした向上と明瞭感、解像度の向上が得られ、中低域の厚みが増します。とはいえガツンと変化があるようなタイプではなく、あくまで自然なレベルでクオリティが向上する印象のため、上記のHCKの8芯と比べるとメリハリのような派手さは少し抑え気味に感じるかもしれません。この辺は好みもありますし、組み合わせるイヤホンとの相性もあるのではと思います。例えば「KZ ZS6」や「TFZ EXCLUSIVE」シリーズのようにメリハリが強く派手なサウンドのイヤホンと組み合わせるとイヤホンのキャラクターを活かしつつ、よりクリアで濃度を増したサウンドを楽しめるのではないかと思います。また非常に低価格ながら品質の良いケーブルですので、中華ブランド以外の1万円以上のイヤホンとの組み合わせでも十分にリケーブル効果が実感できます。特にバランス接続のためのリケーブル用途で購入するのにも最適ですね。


【銀メッキ銅線ケーブル】
[ KBF4758 ] Kinboofi 6芯 銀メッキ銅線 アップグレードケーブル(ブラック)
Kinboofi 6 Core Silver Plated Copper Cable 2.5/3.5/4.4mm Balanced Cable With MMCX/2pin Connector
Amazon.co.jp(KINBOOFI) 2,100円
【 MMCX 】【 CIEM 2pin 】【 3.5mm 】【 2.5mm/4極 】【 4.4mm/5極 】
Kinboofi CableKinboofi CableKinboofi Cable
こちらはアマゾンでも2千円そこそこで購入できる、驚くべき低価格の銀メッキ線ケーブルです。先日レビューしたYinyooブランドの6芯純銅線ケーブルの「銀メッキ線&黒被膜バージョン」と考えると分りやすいと思います。サウンド的なアレンジの少ない銀メッキ銅線で、しかも多くのイヤホンと組み合わせやすいブラックの被膜のケーブルのため、利用範囲は極めて広いケーブルといえるでしょう。もちろん2.5mmおよび4.4mmのバランスケーブルが選択できます。またこちらの2pinコネクタも「0.78mm CIEM 2pin仕様」となっています。
Kinboofi CableKinboofi Cable
低価格ケーブルといっても品質的な妥協はなく、使い勝手は良好です。8芯ケーブルより編み込みがしっかりしているため、屋外の利用でなにかに引っかかるという心配も少なく利便性の上ではむしろ高いと言えるかもしれませんね。
Kinboofi CableKinboofi Cable
上記のYinyooの6芯純銅線ケーブルと比較すると見た目的には線材のカラーの違いだけのようにも感じます。音質傾向的にはさらに味付けのないナチュラルなケーブルですが、KZの純正ケーブルなどと比較すると情報量の向上による音量アップや解像度の向上などリケーブル効果を十分に実感できます。また多くの純正ケーブルと比較しても遜色ないクオリティのため、とにかく低コストで「バランス接続をしたい」という用途には最適だと思います。価格も安いですし何本か持っていても困らないかな、という気がしています。


[ KZX4756 ] KZ 銀メッキ線 アップグレードケーブル(MMCXコネクタ対応)
KZ Dedicated Cable MMCX Connector Upgraded Silver Plated Cable
Amazon.co.jp(KINBOOFI) 1,888円
【 MMCX 】【 KZ ZS10/ES4/ZSR/ES3/ZST 】【 KZ ZSA/ZS6/ZS5/ED16/ZS3 】【 3.5mm 】
KZ CableKZ CableKZ Cable
私のブログではKZ製イヤホンのレビューのなかですっかりお馴染みになっているKZ製アップグレードケーブル、通称「きしめんケーブル」にMMCXコネクタ版が登場しました。もちろん、KZの製品でMMCXコネクタを採用しているイヤホンはありませんが、MMCXコネクタ仕様のイヤホンをより低コストでアップグレードするうえでは最適なケーブルですね。
KZ CableKZ Cable
「銀メッキ線」というと本来の特性は「高域が派手になる」というイメージがありますが、中華ケーブルでは上記のブラックの6芯銀メッキ線のように味付けが少なく、クオリティを向上させるタイプの製品も私のレビューでは数多く紹介しています。
KZ CableKZ Cable
そんななか、このKZのアップグレードケーブル(きしめんケーブル)はKZのイヤホンと組み合わせると付属ケーブルと比較し明瞭感が大幅にアップしますが、同時に「ZS6」等の派手なサウンドのイヤホンの場合「サウンドを多少マイルドにする」傾向があります。この傾向はMMCXコネクタにした場合も同様で、KZ製イヤホン以外にも利用範囲が広がったことで組み合わせ次第では結構面白い効果が得られるかもしれませんね。音質向上という側面もさることながら、さまざまなリケーブルの楽しみをお手軽に実感できるのも低価格な中華ケーブルの魅力といえますね。


というわけで、今回はKINBOOFIの新しい「低価格中華ケーブル」を3種類紹介しました。前回の「16芯ミックスケーブル」はKINBOOFIとしてはハイエンドな製品でしたが(それでも十分に低価格ですけどね)、今回はより購入しやすい価格帯、というより「かなり低価格」な設定になっているとおもいます。ここ1年ほどの間で、当時も安価と言われた中華イヤホンケーブルも、品質を維持、または向上しながら大幅に低価格化が進んでおり、「本当に大丈夫なの?」と軽く心配になるレベルにも感じます。とはいえ、私もレビューしている中華イヤホンも高音質な低価格モデルが次々登場していますし、今回紹介したケーブルも組み合わせとしては最適でしょう。なんというか、ますますイヤホンやケーブルが増えるいっぽうですね(^^;)。