NICEHCK DJT1

こんにちは。今回はいつもお世話になっている中国のイヤホンセラー「HCK Earphones」の新しいケーブルの紹介です。

今回紹介する「NICEHCK DJT1」は、以前紹介した3千円クラスの製品とは一線を画し、より高品質の線材を採用したハイグレードモデルとなります。質感も抜群に良く価格以上の高級感を感じるケーブルで、音質的にもナチュラルかつ非常にクリアでイヤホンのポテンシャルを発揮し、全体的な解像度と音場感をグレードアップしてくれます。
一般的な中華イヤホンに限らず、数万円以上の高級イヤホンとの組み合わせでも十分に実力を発揮できる品質に仕上がっていると思います。

購入はAliExpressの「NiceHCK Audio Store」またはアマゾンの「NICEHCK」マーケットプレイスにて。AliExpressでの購入方法はこちらを参照ください。アマゾンではプライム扱いですぐに製品が届きますしアマゾン経由での保証が得られるので万が一の場合も安心感がありますね。
またHCKのTwitterアカウント(@hckexin)では新製品情報のほか割引情報なども頻繁にツイートされていますのでこまめにチェックされることをお勧めします。


[ NICEHCK DJT1 ] NICEHCK 8芯 6N 高純度単結晶(GC-OCC)線 イヤホンケーブル
NICEHCK MMCX/2Pin Connector 3.5/2.5/4.4mm Balanced 8 Core 6N GC-OCC Single Crystal Copper Cable
【 MMCX 】【 中華 2pin 】【 3.5mm 】【 2.5mm/4極 】【4.4mm/5極 】
Amazon.co.jp(NICEHCK) 9,850円 / AliExpress(NiceHCK Audio Store)  98.89ドル 49.45ドル

※アマゾンでは現在、購入時に表示価格より500円の値引きがされます。

NICEHCK DJT1NICEHCK DJT1NICEHCK DJT1

NICEHCK DJT1」は、線材に8芯の6N(99.9999%)純度の単結晶銅線を使用したケーブル。単結晶銅線は無酸素銅線(OFC)よりさらに高純度で銅線らしい特性を持っているとされます。AliExpressでの英語表記では「GC-OCC」線材を使用しているとのことです。
NICEHCK DJT1NICEHCK DJT1
届いた「NICEHCK DJT1」は濃いめのブラウンの薄い皮膜に覆われており、触ったか感覚もとてもしなやかで同社の3千円クラスのケーブルより明らかに質感の高い印象を受けます。使用しているコネクタやプラグなどの金属部品の表面処理も美しく、取り回しも良好で価格以上の高級感があります。また、8芯ケーブルにありがちがゴツゴツとした太いタイプとは異なり細い線材をしっかり編み込んで作られたケーブルですので中華イヤホン以外にもさまざまなイヤホンと組み合わせやすいのが嬉しいところです。2pinタイプはピン部分に出っ張りのない「中華タイプ」の0.78mm 2pinコネクタで、耳かけ部分の加工はないため、シュア掛けおよび通常タイプどちらのイヤホンでも使用できます。
NICEHCK DJT1NICEHCK DJT1
NICEHCK DJT1」の音質傾向はイヤホンの特性を活かしつつナチュラルに情報量を向上させるタイプ。HCKの8芯 銅線ケーブルでも同様の太さで明るい色の「NICEHCK 8芯 OFCケーブル」(2,950円)や「NICEHCK CT1」(2,550円)のようにすこし派手めの音質傾向ではないため、これらのケーブルと相性の良い1万円台以下の中華ハイブリッドより、ある程度グレードの高い(数万円クラス)のシングルダイナミックやマルチBAタイプのイヤホンとの組み合わせが良いと思います。HCKのマルチBAではフラット傾向とされる「HK8」「NK10」との相性はとても良さそうです。

十分にポテンシャルのあるイヤホンと組み合わせると、情報量が格段に向上することで低音域の厚みや解像度がぐっと増し、深みのあるサウンドを実感できます。また中音域は解像度および分離性の向上により1音1音のリアルさが増し、音場が立体的に広がるような定位感を感じます。とはいえ、あくまでナチュラルに音質を向上させるため、同じ銅線でもNOBNAGA Labs.「友禅」「更紗」や七福神商事「丸七赤龍」のようなキレの良さを感じるタイプのケーブルとはかなり印象が異なります。
個人的には中華イヤホン以外でのフラット傾向のイヤホンで組み合わせてほしい印象をうけました。とりあえず2pinタイプで購入しましたが、かなり気に入ったこともあり、MMCXタイプも追加でオーダーしようかと考えています。

※これまでのイヤホンケーブルのレビューはこちらをご覧ください。
→ 過去記事(一覧): イヤホンケーブルのレビュー