NICEHCK M6

こんにちは。今回は「NICEHCK M6」、中国のイヤホンセラー「HCK Earphones」オリジナルのイヤホンです。アマゾンでも1.5万円以下の価格設定で、4BA+2DDの片側6ドライバー構成の金属製ハウジングで、交換式ノズルフィルターによる調整などスペック面、ギミック面でも特徴的な製品です。音質面もハイブリッドらしい派手めのサウンドながら分離性の高いスッキリしたバランスの良いサウンドを実現しています。

HCKオリジナルブランドのイヤホンやケーブルのシリーズもかなり種類が多くなってきましたが、オリジナルイヤホンについても滅多にハズレがでない、むしろかなり良いチョイスをしているなという印象があります。また特にマニアを中心として日本でのセラーとしての評判の良さも特筆すべき部分で、サポート面も含め、かなり日本のユーザーを意識した対応の良さは「中華イヤホンだけどHCKで買えばとりあえずは安心」という声も良く聞かれるなど、積み上げてきた実績の大きさを感じますね。
NICEHCK M6NICEHCK M6
さて、今回の「NICEHCK M6」は上記のように片側に4BA+2DDの6ドライバーを搭載するハイブリッド構成のイヤホンです。本体はCNC加工されたアルミ合金の金属製ハウジングで、4基のバランスド・アーマチュア(BA)型ドライバーと、一体型シャーシに収納された複合型デュアル・ダイナミック型ドライバーで構成されます。
NICEHCK M6NICEHCK M6
さらに、ステムノズル部分は交換式のフィルターとなっていて、「本体色」(標準)、「ゴールド」(低域強調)、「シルバー」(高域強調)の3種類を選択することが可能です。
このような「NICEHCK M6」のシェル形状およびドライバー構成、仕様、さらに音質傾向などは以前レビューした「BGVP DMG」と非常に酷似しており、もしOEMでないとしても同じ受託生産工場等によるEMSによって製造された製品と考えられます。ただし「NICEHCK M6」については「BGVP DMG」との外見上の相違点としてフェイスプレート側のデザインが異なっていると同時に小さいベント(空気孔)があり、音質的なチューニングも若干の変更が加えられていそうです。
NICEHCK M6」のカラーは「グレー」および「グリーン」で、「BGVP DMG」(黒/青/赤)とは被らないような設定になっていますので、すでにDMGを持っている方でも大丈夫ですね(笑)。

NICEHCK M6」の価格はアマゾンのNICEHCKストアにて 14,450円 にてプライム扱いにて販売しています。アマゾンでは国内在庫出荷となりますのですぐに商品が届きますし、万が一の場合もアマゾン経由の保証が加わるので安心感がありますね。
Amazon.co.jp(NICEHCK): NICEHCK M6

また中国AliExpressのHCKでは 125ドル となっています。購入方法はこちらを参照ください。ただしセール時以外は為替を考慮するとアマゾンで購入する場合とほぼ変わらない価格設定になっています。
AliExpress(NiceHCK Audio Store):NICEHCK M6


■より多くの方に勧められるビルドクオリティの高さ。使い勝手も良好。

NICEHCK M6」は毎度おなじみのHCKのパッケージで届きました。HCKオリジナルのイヤホンケースの中に、今回もびっしりと詰まっています。
NICEHCK M6NICEHCK M6
パッケージ内容は、本体、交換用フィルター、MMCX仕様のケーブル、シリコンイヤーピース(黒とグレーの2種類、それぞれS/M/Lサイズ)、ウレタンイヤーピース(1セット)、イヤホンケース、保証書。
NICEHCK M6NICEHCK M6
NICEHCK M6」はアルミ合金製のハウジングはビルドクオリティも高くしっかりとした作りとなっています。
NICEHCK M6NICEHCK M6
ステム部分の3種類の交換式ノズルフィルターは、メッシュ部分の裏面に網状のフィルターが貼り付けられており(「本体色」と「ゴールド」フィルターのみ。「シルバー」フィルターはメッシュパーツのみ)このフィルターにより中高域のサウンドバランスを調整しています。
NICEHCK M6NICEHCK M6
4BA+2DDというドライバー数ながらシェル形状は比較的コンパクトで装着性も良好です。MMCXコネクタ部分は右側/左側で内側が色分けされており、細かいところまでしっかり作り込まれているのがわかります。フィルターのずるを取り外すと4BAを固定している樹脂製の部品が見えます。「BGVP DMG」はこの部品も左右で色分けされていましたが、さすがに「NICEHCK M6」では白色の部品に統一されています。
NICEHCK M6NICEHCK M6
その他、「BGVP DMG」との外見上の違いはフェイスプレート部分のデザイン的な意匠が異なるのと、「NICEHCK M6」には小さなベント(空気孔)が存在する点ですね。ステム側および側面のベント位置などは全く同じです。また3種類のフィルターノズルについても裏面のフィルターの種類も含め全く同じでした。
NICEHCK M6NICEHCK M6
付属ケーブルは銀メッキ高純度銅線の撚り線ケーブルで、「BGVP DMG」や「BGVP DS1」の「マイクなしモデル」に付属するシルバーのケーブルからコネクタ/プラグなどの部品と被膜のカラーを変更したもののようです。


■質の高い低音域と分離感および解像度の高い中高域を実現した高音質サウンド

NICEHCK M6NICEHCK M6」の音質傾向はバランスの良い弱ドンシャリ傾向で、「BGVP DMG」と酷似した非常に完成度の高いサウンドです(周波数特性も非常に酷似しています)。両者のサウンド的な相違点は非常に少ないためどちらの製品を選んでも十分に満足のいくクオリティだと思いますが、「NICEHCK M6」のほうが若干中高域の抜けが良くなっている印象で、ボーカルなどの印象が僅かに異なる感じがします。ハイブリッドらしい派手さもある寒色系の音ですが、情報量が多く存在感のある低域と解像度の高い立体的な音場感があり、全体的に分離性のよいスッキリとしたサウンドが楽しめます。特に低音域の解像度の高さとキレの良さ、重低音の質感の良さはその存在感とともに特筆すべき部分でしょう。

高域の伸びは非常に良く解像度の高い明瞭な印象で、キラキラ感をしっかり感じつつも「LZ-A5」などと比べても刺さりやシャリ付きのない聴きやすいサウンドです。中音域はマルチドライバーのハイブリッドらしく近めに定位し結構強めの感じを受ける音ですが、ボーカルの表現力は非常に高く、1音1音をしっかり表現してくれる印象です。また低域はかなり量感のある音ですが、非常に解像度と締まりがあり、沈み込みもある音で、「NICEHCK M6」のクオリティの高さをもっとも実感できる部分です。

NICEHCK M63種類のノズルフィルターについては、「NICEHCK M6」も「BGVP DMG」同様に、「高域強調タイプ」(シルバー)のノズルが、実はメッシュ部分の裏面にフィルター材が貼られていないタイプとなり、イヤホン本体のサウンドは結構しっかりと出る高域に加え、全体的にハイブリッドらしい人工的でメリハリの強い音のようです。
それを「標準タイプ」(本体色)および「低域強調タイプ」(ゴールド)のノズルフィルターでは全体的な分離感の良さを維持しながら適度にバランスを調整しより自然なサウンドにコントロールしているようです。
ここで「NICEHCK M6」では一体型シャーシの複合ダイナミックドライバー部分にベント(空気孔)を追加することで中低域の抜けを良くし、よりスッキリとした音場感を実現しています。そのため、曲によってはゴールドのフィルターを装着した状態でも低域が少し軽めの印象を受ける場合もあります。

NICEHCK M6ただ、「NICEHCK M6」は本体のポテンシャルが非常に高いイヤホンですので、リケーブルによって特性をより引き出すことで印象に変化を加えることもできます。付属の銀メッキ線ケーブルも十分に品質の高いケーブルですのでそのまま使用しても全く問題ないと思いますが、特にキャラクターのはっきりとしたケーブルでバランス接続を行うと、3種類のフィルターでの変化がより強調されるのも面白いですね。例えばHCKの「NICEHCK TYB1」(8芯ミックス線)のバランス接続などはかなり音が濃くなる印象があります。また「NICEHCK CT1」や少し高価格になりますが「NICEHCK DJT1」といった高純度銅線ケーブルは「NICEHCK M6」の特徴的な低音域や立体的な音場感をより引き立たせてくれると思います。


というわけで、「NICEHCK M6」はベースとなったと考えられる「BGVP DMG」同様、1万円台のハイブリッドとしてはより多くの方にお勧めできるイヤホンに仕上がっていると思います。また3種類のノズルフィルターについては、過去記事「BGVP DMG」のレビューにてより詳しく掘り下げていますので併せてご覧いただければ幸いです。
「BGVP DMG」のレビュー

これらのフィルターによる音の変化は再生環境によっても多少変化しますので、お使いの環境で「NICEHCK M6」を試していただき、ノズルフィルターまたはリケーブルなどで好みのよりサウンドにアレンジいただくのも楽しいのではと思います。