Kinboofi KBF MK6

こんにちは。今回も比較的ハイグレードな中華イヤホンのレビューです。紹介するのは中国のイヤホンセラー「Kinboofi」の最新オリジナルモデル「KBF MK6」です。このモデルは6BA構成のモデルでKinboofiでも最もハイグレードな位置づけのイヤホンとなります。

KinboofiオリジナルのマルチBAイヤホンにはこれまで4BAモデルの「KBF MK4」がありましたが、最近増えている中華イヤホンセラーオリジナルの製品のなかでも1ランク上のハイグレード製品として購入者からも高い評価を得ています。
→ 過去記事: Kinboofi 「KBF MK4」 同クラス最高レベルのビルドクオリティとバランスの良いサウンドが魅力的な 4BA 中華イヤホン【レビュー】

KBF MK4KBF MK4KBF MK4

前回の「MK4」でみられたKinboofiのマルチBAイヤホンのポイントとしては、
 ・ 「音質にこだわりコストをかけたドライバー構成とチューニング」
 ・ 「美しい外観と丁寧な仕上がりの高度なビルドクオリティ」
 ・ 「音質調整が可能なスイッチ付きモデルの設定」 などが挙げられると思います。

そして今回「MK4」の上位モデルとして登場したのが6BA構成の「KBF MK6」になります。今回のモデルも上記の特徴を踏襲し、3万円台後半と最近の中華イヤホンのなかでも比較的高価格の設定となっています。ただサウンドバランス的には「MK4」でかなり完成している感はあるので、「KBF MK6」は「高音にこだわった」より尖ったマニア仕様、という感じかもしれませんね。
KBF MK6KBF MK6
KBF MK6」は赤いクリアシェルを採用しており、紅葉柄のフェイスパネルが特徴的です。今回も「スイッチ付き」モデルは「MK4」同様にサイドにスイッチが設定されています。
KBF MK6(スイッチ付き)KBF MK6(スイッチ付き)
製品は今回もひとつひとつ職人によるハンドメイドで生産されており、サウンドチューニングでは「MK4」とは異なるキャラクター設定となっているようです。
購入はアマゾンの「Kinboofi」マーケットプレイスにて。価格は「スイッチなし」が 36,800円 、「スイッチ有り」が 38,800円 となっています。
Amazon.co.jp(Kinboofi): KBF MK6

※現在Kinboofiでは「KBF MK6」の3,500円OFFクーポンが出ています。購入時にクーポンを適用することで 33,300円(スイッチなし)/35,300円(有り)で購入が可能です。


■ハウジングサイズは少し大きくなったものの、ビルドクオリティは高く高級感のあるデザイン。

今回は先行して販売開始している「スイッチなし」モデルのほうでオーダーしました。「KBF MK6」パッケージも「MK4」同様に少し高級感のある化粧箱に入って届きました。比較的コンパクトなイヤホンケースに本体が収納されていることもあり、箱の大きさは腕時計やジュエリーのパッケージのようでもあります。
KBF MK6KBF MK6
パッケージ構成は、本体、ケーブル、イヤーピース(2種類、それぞれS/M/Lサイズ)、イヤホンケース、保証書。ケーブルはお馴染みの8芯銀メッキ線タイプです。
KBF MK6KBF MK6

KBF MK6」の本体は、今回もビルドクオリティは非常に高く、赤いクリアシェルの美しさが印象的です。「スイッチなし」モデルの場合、スイッチがある側面部分にはモデル名称が刻印されています。
KBF MK6KBF MK6
また細かい部分ですが「KBF MK6」も「MK4」同様に、MMCXコネクタにはピンの折れ防止の対策が施された部品が使用されているなど、同価格帯の中華イヤホンのなかでもコストを掛け気を遣った作りになっているのは嬉しいところです。

KBF MK6KBF MK6
KBF MK6」のサイズは非常にコンパクトにまとめられていた「MK4」と比べると二回りくらい大きく感じるサイズになっています。ただ「KBF MK6」も装着感は十分に考慮されている形状となっています。ただ、付属のイヤーピースは2種類とも音質傾向的にチープさが否めないため、イヤホンのグレードにあったものを利用したいところです。個人的には、JVCの「スパイラルドット」やAZLA「SednaEarfit」、Acoustune「AET07」など、毎度利用している開口部の大きいタイプのイヤーピースとの組み合わせがよりフィット感を向上させ音質的にもお勧めです。

KBF MK6KBF MK6
KBF MK6」で搭載されるBAドライバーユニットは「Bellsing 30095×2、「Knowles ED-29689」 ×1、「DTEC-31116」(2BA) ×1 、「CI-22955」 ×1 の 4Way 構成となっています。「KBF MK4」(Bellsing 30095×2、Knowles 29689、22955)と比較するとデュアルドライバーのDTEC-31116が追加された内容ですね。ドライバーのクロスオーバーはフィルターと側面に配置された基板の抵抗などで制御されています。スイッチ付きモデルはこの抵抗値などをコントロールすることでサウンドに変化を与える仕様となっているようですね。


■「MK4」の高音質をベースにさらに高音域をグレードアップ。再生環境&リケーブルにはこだわりたい?

KBF MK6」(スイッチなしモデル)の音質傾向は「KBF MK4」のサウンドを踏襲し、さらに高域寄りのチューニングにした印象です。箱だし段階での印象でもかなり良いですね。かなりスッキリ感のあるサウンドで、特に高域の解像度の高さが際立ちます。
KBF MK6高音域の見通しの良さや明瞭感は「KBF MK4」と同様ですが、「KBF MK4」は比較的中高域を中心に聴きやすいバランスにまとめられているのに対し、「KBF MK6」はよりダイレクトに高域の明瞭感や煌めきを感じるチューニングとなっています。「MK4」もイヤホン自体のポテンシャルが高くリケーブルによる効果を実感しやすいイヤホンでしたが、6BA構成となった「KBF MK6」ではより高い駆動力が求められ、さらに中低域の音場感については付属ケーブルでは実力不足が否めず、リケーブルは必須かな、という気がします。中華イヤホンとしても決して安価な製品ではありませんし、やはり再生環境については相応にこだわって聴きたいところです。

KBF MK6」の高域はMK4よりさらに高高域も含めた解像度が向上した印象で、明るくキラキラ感のある音です。ただ付属ケーブルの組み合わせの場合、相対的にシャリ付きを多く感じやすく、刺さりなどの刺激を多少気にする方も多いかもしれません。この点については後述の通りリケーブルにより中低域のバランスが変化するためかなり印象を変化させることが可能です。
KBF MK6KBF MK6」の中音域は「MK4」同様に非常にフラットかつ明瞭感のある音で、解像度の高さを実感します。ボーカルは近くに定位し、抜けの良さや1音1音のきめ細かさを感じる音ですが、付属ケーブルの場合、曲によっては高域が強すぎてあまり余韻などを感じにくくなるかもしれません。
低域は中高域に比べると少なく、重低音を響かせるタイプではない点は「MK4」と同様で、印象としては軽快でキレのある印象。響きは少なく、音場感は左右より奥行きを感じるタイプの音です。分離感は非常によく、低域の解像度の高さも印象的です。
KBF MK6」は、中高域寄りのセッティングながらバランスの取れたサウンドですので様々なジャンルの曲と合わせやすいと思いますが、特に、ロック、ポップスなどの相性は「KBF MK4」同様に非常に良いと思います。また、特に高域成分の多いアニソンなどや音数の多い曲ではリケーブルによるグレードアップを行いたいところです。

KBFMK6ちなみに、「KBF MK6」および「KBF MK4」は中高域メインの傾向もあって同価格帯の5BAイヤホン「ROSE BR5 mk2」との比較を意識される方もいらっしゃるのではと思います。結論的には両者は全く異なる傾向の音で、好みによって選ぶ、という感じになります。私自身は「ROSE BR5 mk2」はボーカルやギターなど中音域および少し上くらいの音域がとてもパワフルで全体的にキレのある音で聴き応えのあるイヤホンだと思っています。これに比べると「KBF MK4」や「KBF MK6」の中音域はフラットで味付けなく聴かせるタイプで、よりスッキリした印象になります。いっぽう高域の表現力は「KBF MK4」や「KBF MK6」のほうが確実に優れていて、より多くの人に好まれるバランスの製品が「KBF MK4」で、さらに高域を強化した尖ったモデルが「KBF MK6」という感じになるのかな、と思います。


■Kinboofiの最新ケーブルへの交換でポテンシャルを発揮。大幅な変化を実感。

Kinboofiは、リケーブル用のイヤホンケーブルも多くリリースしており、非常に評価の高い製品も増えています。最近では1万円オーバーのハイグレード製品についても何種類かリリースしており、これらの製品の組み合わせにより「KBF MK6」は本来のポテンシャルを発揮し、音質面のグレードアップが行えます。

KBF MK6まず、割引きなどを 加えて5千円ほどで購入可能な「KBF4779 16芯 高純度銅 ケーブル」で、「KBF MK4」とも相性の良かったケーブルになります。「KBF4779」はイヤホンへの情報量を大幅に向上させつつ、味付けの少ない中低域を厚くするタイプのケーブルです。ちなみに、Kinboofiの16芯というと私のレビューでもたびたび登場する「KBF 4746 16芯ミックスケーブル」がありますが、こちらは「KBF MK6」および「MK4」では少し派手すぎる印象になるため、より味付けの少ない「KBF4779」のほうが相性が良いと思います。「KBF MK6」との組み合わせでは、「KBF MK6」の印象そのものに変化はないものの、標準ケーブルより音量がかなりアップし、高域の抜けが格段に良くなります。また中低域の分離感がさらに向上し、低域の締まりが向上します。ボーカルの余韻などもしっかり感じられます。高域のシャリ付きも相対的にあまり感じなくなると思います。付属ケーブルと比べてもハッキリと音質向上を実感できますのでかなりコストパフォーマンスのよい組み合わせと言えますね。

KBF MK6次に先日レビューした「KBF4805 8芯 銀メッキと単結晶銅ミックスケーブル」で、1万円以上の価格設定とKinboofiではかなりハイエンドな位置づけの製品となります。特にマルチBAやシングルダイナミックなどの数万円以上の高音質イヤホンとの相性が抜群に良く、解像度の向上に加え、音場感の向上を実感できます。「KBF MK6」と「KBF4805」との組み合わせでは「KBF4779」と比べてもさらに1段スッキリ感が向上するとともに音量もアップします(DX150のハイゲインで付属ケーブルで音量70とすると、KBF4779で62~65、KBF4805で58~60くらい)。全体的にキレが向上するのがわかり、中低域もより近く定位し、音場も立体的に感じます。付属ケーブルとの差は非常に大きく、これが「KBF MK6」の実力か、とちょっと感動を覚えるレベルくらいの違いがあります。ただし、あまりに反応が良くなるためDAPによっては付属ケーブルで聞こえなかったホワイトノイズが発生する場合もあるため、必要に応じて「iFI-Audio iEMatch」などのIEM用アッテネーターを併用する方が良い場合もあります。少し高価なケーブルではありますが、「KBF MK6」との組み合わせでは間違いなく一推しにお勧めできるケーブルです。

KBF MK6そして、Kinboofiが出している現在最もハイグレードなケーブルが「KBF4782 4芯 純銀 ケーブル」、つまり「純銀線」ですね。 表示価格1万6千円オーバーとかなり高額ですが(現時点で3,500円OFFのクーポンが出ているため、「KBF4805」とかなり近い金額での購入が可能です)、国内で販売されているものは数万円以上はする非常に高級なケーブルがこの価格で購入できるのはかなり驚異的です。全体的な解像度を押し上げ、空気のベールを1枚はがしたような透明感のあるサウンドが楽しめます。「KBF MK6」との組み合わせでは、解像度の向上は上記の「KBF4805」と同様レベルですが、非常に澄み切った印象のサウンドに変化するのが特徴的です。そのため音場感が劇的に向上し抜群の空間表現に驚かされます。いっぽうで曲によっては刺激が少し強くなるので曲によってはちょっとハッキリしすぎると感じるかもしれませんね。


というわけで、「KBF MK6」は、中華マルチBAイヤホンの中でも群を抜いて評価の高い「KBF MK4」の高音質を踏襲しつつ、さらにハイエンドらしく高域を中心としたグレードアップが行われていました。
KBF MK6とはいえ「KBF MK6」は「KBF MK4」の上位互換というわけではなく、あくまでサウンドバランス的には高音にこだわる「マニア仕様」の尖ったモデル、という位置づけです。より多くの方にお勧めできる、という点では引き続き「KBF MK4」という感じですね。
それにしても、これらのクオリティの中華イヤホンが登場することで、もちろん同様なイヤホンセラーの製品にも大きく影響すると思いますし、単に中華イヤホンの枠にとらわれず、これまでこの手の製品を購入したこのないポータブルオーディオマニアなどの層にも十分に訴求できるレベルの製品に仕上がっていると思います。
さらにKinboofiでは非常に高品質でコストパフォーマンスに優れたケーブル製品もリリースしていますので、ますますユーザーの垣根は広がっていきそうですね(^^)。