NICEHCK DT600

こんにちは。今回は「NICEHCK DT600」の紹介です。HCKのDTシリーズは1BAの「DT100」、3BAの「DT300」、5BAの「DT500」がこれまでに販売されてきましたが、今回は片側6BA仕様となりました。「NICEHCK DT600」自体は昨年の限定福袋に同梱されていたアイテムのひとつとして先行出荷されましたが、年末頃より通常商品としても販売を開始しました。

5BA仕様の「DT500」が音質的には正直なところちょっと残念な仕上がりだったため多少の不安はあったのですが、今回の「NICEHCK DT600」は1万円台前半の価格帯で購入できる6BAイヤホンという点を考慮すると十分にお勧めできるレベルの良好なサウンドに仕上がっているのではと思います。
→ 過去記事: NICEHCK DT300 Pro のレビュー
→ 過去記事: NICEHCK DT500 / DT300 Pro の比較レビュー

NICEHCK DT600NICEHCK DT600
NICEHCK DT600」は低価格な6BAイヤホンという点もさることながら、「SHURE SE」シリーズを彷彿とさせる非常にコンパクトで装着性・遮音性に優れたハウジングが特徴的です。全体的に中高域寄りのチューニングですが高域の刺激はフィルターにより適度に抑えられており、ボーカルなどの中音域を気持ちよく聴くタイプのチューニングになっています。イヤーピースの工夫は必要な場合もありますが、遮音性が非常に高いことから環境ノイズの多い屋外でも低域の不足を感じる事は少なくランニング中などよりアクティブな場面での使用でも活躍できそうなところは大きなポイントとなるイヤホンだと思います。

NICEHCK DT600NICEHCK DT600
NICEHCK DT600」の購入はAliExpressの「NiceHCK Audio Store」またはアマゾンの「NICEHCKマーケットプレイス」にて。カラーは「グリーン」と「透明」の2色が選択できます。AliExpress(中国からの発送)での購入方法はこちらをご覧ください。
AliExpress(NiceHCK Audio Store): NICEHCK DT600 表示価格 111.75ドル

※「NICEHCK DT600」は購入時にフォロワー値引きを受けることが可能です。

またアマゾンではプライム扱いでアマゾン国内倉庫より出荷されます。アマゾン経由での保証も得られるため万が一の場合の安心感がありますね。※アマゾンでは同じ製品ページで「DT500」など他のモデルも選択可能なため、間違ってオーダーしないようご注意ください。
Amazon.co.jp(NICEHCK): NICEHCK DT600 表示価格 15,500円

またHCKのでTwitterアカウント(@hckexin)は割引情報なども頻繁にツイートされるため、フォローのうえこまめにチェックされることをお勧めします。


■コンパクトなクリアシェルで装着性・遮音性は抜群。Bellsing製6BA複合ユニットを搭載。

パッケージは毎度おなじみのHCKボックス。個人的にはHCKのイヤホンケースもかなり増えてきましたが使い勝手が良いのでウェルカムです(^^)。
NICEHCK DT600NICEHCK DT600
NICEHCK DT600NICEHCK DT600

パッケージ構成は、本体、MMCXコネクタのケーブル、イヤーピースはグリーンのウレタンタイプとブラックのシリコンタイプがそれぞれS/M/Lサイズ、イヤホンケース。
NICEHCK DT600NICEHCK DT600
シェル形状は「DT300 Pro」および「DT500」と共通ですので外観上の違いはプリントされた型番表記と透けて見えるドライバー構成のみ。本体シェルから透けて見えるバランスド・アーマチュア(BA)型ドライバーには「Bellsing」社のロゴと「10013」および「30017」というモデルナンバーが確認できます。
NICEHCK DT600Bellsing 10013
ちなみに、「DT300 Pro」「DT500」でも「Bellsing」社の構成済み複合ユニットを搭載しており、今回の「NICEHCK DT600」も同様に「Bellsing 10013」(SPR283C10013)という6BAタイプの複合ユニットを採用しているものと思われます。このユニットはKnowlesのTWFKに相当する「Bellsing 30017」×2(4BA)とDTECに相当する中低域ユニット(2BA)の組み合わせによる構成になっています。「NICEHCK DT600」はこのBA複合ユニットから樹脂製の音導管パーツを経由し、ステム部分のフィルターを通して出力される非常にシンプルな構造になっています。

「SHURE SE」シリーズを模したシェルデザインは「NICEHCK DT600」でも非常に優れた装着性を実現しています。イヤーピースはどうやらグリーンのウレタンタイプを基準にサウンドチューニングを行っているらしく、ブラックのシリコンタイプより良好な印象です。ステムノズルは細いタイプのデザインのため、一般的なイヤーピースでは口径が合わないため、付属品以外を使用する場合は「SHURE SE」用のものを選ぶ必要があります。具体的にはSpin FItの「CP800」シリーズや同「TwinBlade(CP240/付属インサートアダプタ使用)」がおすすめで、ウレタンタイプの場合はやはりコンプライ(ノズルタイプ「100」)がオススメです。またShureの純正イヤーピースももちろん利用できます。


■ようやく「本命」が出た? 中高域メインのクリアなサウンド。リケーブルでのグレードアップもお勧め。

NICEHCK DT600」の音質傾向は中高域寄りの弱ドンシャリで全体的にスッキリした印象のサウンドです。低域はかなり少なめな印象ですが女性の高音なども含む中音域から中高域くらいの印象は非常に良く、とにかくこの音域で閉口するほどの籠りを感じた「DT500」とは全く別モノのサウンドに仕上がっています。また中低域寄りのチューニングだった「DT300 Pro」で感じた緩さ(暖色系の音としてこれはこれでアリだと思いますが)もすっかり抜けてかなりキリッとしたサウンドに変化しました。このサウンドで1万円台前半の価格であれば十分にお勧めできる仕上がりではないかと思います。

NICEHCK DT600高域はフィルターによるアレンジが効いているのかシャリ付きなどの刺激はほぼ感じませんが、煌びやかもしっかりある音で上の方まで明瞭に伸びている印象です。派手さは少なくグラフェンドライバーのダイナミックイヤホンや中華ハイブリッドのような硬質な音とは異なりますが、解像度は1万円台のイヤホンとしては十分に高く、ハイハット等も綺麗に鳴っています。
中音域は近くに定位しキレとメリハリがある濃いめの音を鳴らします。凹みはなくマルチBAらしい情報量の多さを感じる部分です。音場は広くはありませんが若干響きのある音のため曲によって左右に広がるような印象を受けます。ボーカルは非常に綺麗に鳴らしてくれますが少し人工的に持ち上げたような印象もあるため、ロックやポップス、アニソンなどとの相性の良さに対して、アコースティックな音源との相性は今ひとつのように感じました。同様にクラシックやジャズなども不自然さを感じる場合があります。
低域は比較的解像度が高く中高域との分離性も良い音でハッキリした印象を受けます。ただ全体的にかなり軽い音で量的にも少なく、低域好きの方には物足りなさを感じそうです。とはいえ明瞭感を感じる小気味よい低音なので、イヤーピースやリケーブルにより多少のアレンジは可能だと思います。

コンパクトなイヤホンですが、6個のBAを搭載するマルチBAイヤホンですので、相応に反応は良いため、スマートフォン直挿しなどではホワイトノイズが盛大に発生します。そのため使用には相応にS/Nの高いDAP等を使用する必要があります。低価格なコンパクトプレーヤーでも「Shanling M0」や「Zishan Z3」といった製品はマルチBAイヤホンでもホワイトノイズが発生しにくいためお勧めです。
NICEHCK DT600NICEHCK DT600
またイヤーピースをよりフィット感の高い製品に交換し、ケーブルも情報量の多い製品に交換することでさらに音質面のグレードアップも可能です。「NICEHCK DT600」が入っていた昨年の福袋では「NICEHCK 単結晶銅ミックスシルバーケーブル」が同梱されていたとのことですが、このケーブルとの相性も非常に良く明瞭感や中高域の抜けなども格段に向上します。低価格ケーブルではこのケーブルほどの音質向上は得られないものの8芯ミックス線の「NICEHCK TYB1」などがやはり良い組み合わせだと思います。リケーブル効果はかなり大きいと思いますので出来れば併せて使いたいところです。


NICEHCK DT600というわけで、「NICEHCK DT600」ですが、最近では「KZ AS10」のように数千円で買える低価格5BAや、プレセールス期間ですでに多くのオーダーを受けているらしい8BAの「CCA C16」といった「超低価格なマルチBA」製品も登場しているため、価格的なインパクトもかなり弱く感じます。むしろ「NICEHCK DT600」では「コンパクトさと装着性の良さ」を持った低価格6BAという側面のほうがメリットを感じる方は多いかもしれませんね。
もともと「NICEHCK」ブランドのイヤホンは「ある程度分っているマニア向けのショップブランド製品」ですので、「NICEHCK DT600」も複数持ちのなかのひとつ、というのが前提だと思います。よりハイスペックなイヤホンを使用しているマニアの方であれば、たとえば通勤や街中での使用で高価格な製品を使うことには抵抗を感じるが、あまりに安価な製品では不満を感じる、というケースもあると思います。そのような場面でも、そこそこ低価格でそこそこ音質も良く、かつ装着性の良さと遮音性も高い「NICEHCK DT600」はちょうど良い普段使いのイヤホンになるのではと思います。