TFZ NO.3 Ti

こんにちは。今回は「TFZ NO.3 Ti」の紹介です。前回まで番外編をはさみましたが(まだ色々ネタはあるので今後もちょくちょくやるかもしれません^^;)、今回はいつもの購入レビューとなります。

先日紹介した「TFZ NO.3」というイヤホンのアッパーグレード仕様のモデルで、その名の通りチタン合金製の美しいシェルが特徴的なモデルです。価格も大きくアップしていますが、ほぼ勢いで購入しました(^^)。しかし、音質面に関しては十分に価格に見合う、「今年に入って最大の大当たり」のサウンドで、TFZブランドのひとつの「到達点」を見たようにも感じる素晴らしいものでした。もちろんこれまで多くのモデルをレビューしてきたTFZのイヤホンのなかでも最高の評価ですし、今後国内版が発売されることを想定してアンダー5万円クラスでのシングルダイナミックのイヤホンと考えても確実にトップクラスの製品だと思います。
TFZ NO.3 TiTFZ NO.3 Ti

TFZ(The Fragrant Zither)」は中国のイヤホンブランドのなかでは日本国内でも主要なモデルが代理店よりリリースされており、さらにユーザー評価も高いこともあって比較的周知された存在だろうと思います。また名称の由来と考えられる「第3世代」の「デュアル磁気回路 ダイヤモンドドライバー」を採用し、今回の「TFZ NO.3 Ti」のベースとなった「NO.3」も非常に優れたサウンドで100ドルクラスの製品としてはかなりお勧めできるイヤホンです。
→ 「TFZ NO.3」 ついに登場したTFZ「第3世代」モデル。抜群のサウンドと想像以上のビルドクオリティに魅了される高音質イヤホン【購入レビュー】

現在「第3世代」ドライバーを搭載するモデルは「NO.3」と「KING III」の2モデルが海外では販売されており(現時点で国内版はどちらも未発売)、どちらも解像度など情報量の多さで従来の第2.5世代、第2世代モデルを上回りつつ、それぞれに異なるキャラクターのサウンドアレンジが加えられてました。
TFZ NO.3TFZ KING III

そして今回の「TFZ NO.3 Ti」は「NO.3」のバリエーションのひとつとして位置づけられており、「NO.3」が樹脂製ハウジングだったのに対し、「TFZ NO.3 Ti」ではチタニウム合金製ハウジングとなり、さらにこれに合わせたチューニングが行われています。また「NO.3」と同じ白い付属銀メッキ線ケーブルとは別に、同社の純正オプションの「TFZ TC-2」8芯高純度銅線&銀メッキ線ミックスケーブル(単品価格149ドル)が付属しています。
※追記:
現在のバージョンの「NO.3 Ti」は専用のシルバーカーラーの8芯ケーブルが付属になったため「TC-2」の付属は無くなった模様です。また、このケーブルについては比較レビュー用にPenon Audioから提供を受けることになりました。

【アップデート情報】 「TFZ NO.3 Ti」 最新版の「専用 銀メッキ線ケーブル」が届いたので初期版(「TC-2」ケーブル)と比較してみました。

TFZ No.3TiTFZ NO.3 Ti

購入は毎回TFZ製イヤホンを購入している香港の「Penon Audio」にて。私は同社の直営オンラインショップで購入していますが、ほかにもAliExpressの店舗でも同額で購入できます。これまでも多くのTFZ製イヤホンを購入していますが対応も良く、発送もとても迅速なので安心して購入できます。イヤホンセラーとして信頼できるショップのひとつでしょう。また直営店では決済にPayPalが利用できます。

TFZ NO.3 Ti」の価格は 299ドル です。ただPenonから購入の場合、「TFZ NO.3 Ti」については+1ドル(300ドル)でExpressサービスでの発送(通常はDHLを利用するようです)が利用でき、セラーの発送日から約3日程度で届きますので是非とも利用したいところです。
Penon Audio(直営オンラインショップ): TFZ NO.3 / NO.3 Ti
AliExpress(Penon Audio): TFZ NO.3 / NO.3 Ti

※国内正規品が6月28日に発売になるそうです(シルバーカラーのケーブルが付属するバージョンとなります)。想定市場価格は 44,800円 とのことです。
Amazon.co.jp(国内正規品): TFZ NO.3 Ti

■重量感のある鏡面仕上げで高級感のあるハウジングは「NO.3」とは全く「別物」の印象

私が購入した「TFZ NO.3 Ti」は初期バージョンのため、専用のパッケージが間に合わなかったらしく、「NO.3」と同じボックスで背面に貼られたバーコードのステッカーのみが異なるもので、これとは別に「TFZ TC-2」ケーブルが付属しました。現在は同じ大きさで「TFZ NO.3 Ti」表記のパッケージになっています。
TFZ NO.3 TiTFZ NO.3 Ti

TFZ NO.3 TiTFZ NO.3 Ti
TFZ NO.3 Ti」の本体パッケージ側の内容は、イヤホン本体、イヤーピース(2種類、それぞれS/M/Lサイズ+本体装着済みMサイズ)ケーブルフック、布製ポーチ、説明書。初期バージョンでは別にTC-2ミックスケーブルが付属しますが、現在は「TFZ NO.3 Ti」専用の8芯銀メッキ線ケーブルが同梱されます。
TFZ NO.3 TiTFZ NO.3 Ti
TFZ NO.3 Ti」の本体は、樹脂製の「NO.3」と比べてもかなり重量感がありハウジングの「厚み」を感じる印象です。鏡面仕上げに磨き上げられた外観はとにかく美しく、高級感のあるイヤホンとなっています。そして、伝統的なTFZのシェルとは異なる勾玉風なデザインはTFZの大きめのシェルが耳に入らないという方でも装着性が向上しており、重量のあるハウジングながら耳から落ちることなくしっかりホールドできます。

初期ロットに付属した「TC-2」ケーブルは「KING LTD」のミックス線ケーブル(「TFZ TC-3」の線材に近い印象?)とは明らかに線材の太さや質感も含めグレードの異なる、かなりしっかりした印象の8芯ケーブルとなっています。また同様に鏡面仕上げのメッキ処理がされたプラグやコネクタなどの部品もかなりどっしりとした印象です。このケーブルなら100ドル以上のプライスで販売していても納得できる、というケーブルです。


■質の高い低域の厚みと音場感をプラスしつつ、全体の明瞭感と実在感をよりアップさせたサウンド

TFZ NO.3 Ti」の音質傾向は「No.3」同様に弱ドンシャリで中低域が厚めのサウンドですが、「TFZ NO.3 Ti」では、もともとシャープで明瞭感のあった「No.3」のサウンドをベースにしつつ、非常に質が高く厚みのある低域と、さら2ランクくらい押し上げたような印象となっています。
TFZ NO.3 Ti低域の厚みとチタン合金らしい響きが加わることで抜群の音場感を実現しつつ、明瞭かつ非常に解像度の高い中高域は極めて自然な空気感で鳴ってくれます。「No.3」でも印象的だった「実在感」を感じるサウンドは「TFZ NO.3 Ti」では徹底的に磨き上げられ、TFZとしてひとつの回答となりうる完成度まで仕上がってきているのではと感じました。300ドルの価格設定は全く高くないと感じるサウンドでした。
ちなみに、この抜群のサウンドは「TC-2」ミックス線ケーブルとの組み合わせが「前提」となります。試しにノーマルの「NO.3」付属の白いケーブルに替えてみると音場感が崩れてしまい今ひとつな印象になってしまいます。「TFZ NO.3 Ti」は「TC-2」および専用ケーブルとの組み合わせでチューニングされたイヤホンであることは間違いないでしょう。

TFZ NO.3 Ti」の高域は「第3世代」ダイヤモンドドライバーの特徴である非常に解像度の高い明瞭なサウンドです。非常に厚みがあり、刺さり等の刺激は抑えられているいっぽうで抜けはとても良く、上の方まで綺麗に伸びていく印象と適度な煌めきを感じる音です。
TFZ NO.3 Ti低域はタイトで存在感のある音ながら、「NO.3」とは異なる、非常に重厚な響きと音の広がりを感じさせます。重低音の沈み込みも良く、しっかりとした量感も感じられます。チタン合金製ハウジングは低域に厚みと音場感をプラスしていますが、しっかりとした締まりのある音と籠もることのない抜けの良い残響感により抜群の質の高さを実現しています。
中音域は厚みの加わった低域に埋もれることなく明瞭になってくれます。「T2G」等と比べるとボーカルはすこし下がって定位しますが、とても自然な距離感で広がりと奥行きのある立体的な音場を感じる事が出来ます。とても情報量が多く濃さを感じる音で「NO.3」でも印象的だった空気感や実在感はさらに磨きがかかっており、TFZらしいキレの良さと同時に「TFZ NO.3 Ti」では透明感のある自然な明瞭さが加わり、女性ボーカルの高音などはかなり気持ちよく聴くことが出来ます。

非常にバランスがよいサウンドのため、特に苦手なジャンルはなく、ロック、ポップス、アニソンなどで楽しめます。また演奏が非常に美しくピアノ、ギターなどのインストゥルメンタルは圧巻な印象です。低域の音場感はジャズやクラシックでも結構いけるのではと思います。個人的にはかなり好みの音なので、あらゆるジャンルで楽しみたい印象ですね。

TFZ NO.3 Tiリケーブルについては「NO.3」同様に0.78mmの2pinタイプのケーブルが利用できますが、「TC-2ミックスケーブル」との組み合わせがあまりに良いため、わざわざ他のケーブルにリケーブルするというモチベーションにはあまりならないと思います。ただ、「TFZ NO.3 Ti」のポテンシャルを活かせるそれなりのグレードのケーブルであればあえて替えてみて音の変化を楽しむのも有りかもしれませんね。
また、「TFZ NO.3 Ti」はインピーダンス20Ω、感度108dB/mWともともと鳴りやすい仕様にくわえ非常に情報量の多い「TC-2」ミックスケーブル組み合わせでかなり音量は取りやすく、マルチBAイヤホンやカスタムIEM並に敏感なイヤホンです。そのため十分な駆動力と高いS/Nを持ったそれなりのDAP(デジタルオーディオプレーヤー)での利用をお勧めします。ワイヤレスでの利用の場合、先日紹介した「EarStudio ES100」などが良いと思います。さらに、「TC-2」は本体付属ケーブルのようにコネクタ部分を覆うカバーがないため、突起部分が気になるようでしたら、パイオニアから販売されている「コネクタシールド」を使用する、または4mm口径のシリコンチューブなどを短く切ってカバー代わりに使う、という方法もありますね。

TFZ NO.3 Tiというわけで、TFZの第3世代モデルを結局相次いで購入してしまったわけですが(^^;)、どのモデルもそれぞれに完成度が高く、十分に価格に見合った製品だと感じました。最近のレビューでも同じ事を書きましたが、やはりTFZは自社のシングルダイナミックのモデルがいいなぁ、と改めて実感しています。なかでも今回の「TFZ NO.3 Ti」は個人的には「TFZの完成形」と感じる出来だったためかなり満足感は大きかったですね。
といいながら、同社初のハイブリッドモデル「SERIES 7」もMassdropで少し安くなっていたので我慢できずに結局オーダーしてしまったのですが・・・。まだまだ「沼」は続いていきそうです(^^;)。

※追記:
TFZ NO.3 Ti」は本レビュー掲載後、「NO.3 Ti 専用ケーブル」を同梱したバージョンとなり、「TC-2」のバンドルはなくなりました。そこで現在の「専用ケーブル」版との比較レビューを「アップデート情報」として掲載しています。併せてご覧ください。

→ 【アップデート情報】 「TFZ NO.3 Ti」 最新版の「専用 銀メッキ線ケーブル」が届いたので初期版(「TC-2」ケーブル)と比較してみました。