NICEHCK TDY4 CT3

こんにちは。3月はちょっと仕事が忙しくなるシーズンということもあり更新も滞りがちになっていますが、書きかけが大量に溜まる前に少しずつ紹介していきたいと思います。

というわけで、今回と次回はHCKの新しいイヤホンケーブルの紹介です。今回は今年に入って販売を開始した新しい低価格8芯ケーブル「NICEHCK TDY4」「NICEHCK CT3」の2種類の紹介です。

NICEHCK TDY4 CT3HCKのイヤホンケーブルはコストパフォーマンスが高く価格面、品質面でも使い勝手の良い製品が多くありますが、特に細い線材を編み込んだタイプの8芯ケーブルは中華イヤホン以外のリケーブル用途でも組み合わせしやすく、屋外など普段使いでも邪魔になりにくいことからとても重宝する存在です。
しかしこのタイプの低価格ケーブルはHCK以外のブランドでは選択肢がほとんど無く個人的にも定番アイテムとして活用しています。
今回の「NICEHCK TDY4」「NICEHCK CT3」は年明けに掲載した「おすすめケーブルまとめ【低価格編】」でも紹介した「8芯OFC純銅線ケーブル」「8芯OFC銀メッキ線ケーブル」よりさらに価格を抑えた設定で、はじめてリケーブルに挑戦する方からマニアまで幅広く利用できる製品に仕上がっています。

購入はすべてアマゾンの「NICEHCK」または中国AliExpressの「NiceHCK Audio Store」にて。アマゾンではプライム扱いですぐに商品が届きますし、万が一の場合もアマゾン経由のサポートが受けられるので便利ですね。また中国からの発送となりますが、より低価格で購入した場合はAliExpressで購入するのもよいでしょう。AliExpressでの購入方法およびフォロワー値引きについてはこちらを参照ください。またHCK(@hckexin)のTwitterアカウントでは頻繁に割引情報等もツイートされますのでフォローの上こまめにチェックされることをお勧めします。


[ NICEHCK TDY4 ]  8芯 OFC高純度銅銀メッキ線ケーブル (ブラック)
NICEHCK 8 Core Silver Plated Upgrade Cable 3.5/2.5/4.4mm Plug MMCX/2Pin Connector
【 MMCX 】【 中華 2pin/CIEM極性 】【 3.5mm 】【 2.5mm/4極 】【4.4mm/5極 】
※現在アマゾンでは購入時に100円OFFの割引キャンペーン中です。
NICEHCK TDY4NICEHCK TDY4NICEHCK TDY4
HCKの新しい銀メッキ線ケーブルは8芯タイプながらアマゾンでも2千円以下の価格設定とKZ用のアップグレードケーブル並の超低価格を実現しています。単純に安価な交換用ケーブルで検索してもヒットしそうですね。しかしコネクタやプラグ等の部品を含め3千円オーバーの製品とも遜色はなく、非常にコストパフォーマンスの高いケーブルとなっています。
NICEHCK TDY4NICEHCK TDY4
NICEHCK TDY4」は細い線材を編み込まれた8芯タイプで、黒い被膜は柔らかく、使い勝手の良いケーブルです。同様に細い線材を使用した「8芯OFC銀メッキ線ケーブル」(3,950円)と比べるとこの被膜の分僅かに太くなっていますが、「TDY1」「TDY2」と比べるとかなり細くスッキリした取り回しができますね。
NICEHCK TDY4NICEHCK TDY4
2pinコネクタは「中華2pin」タイプとなっています。なお中華2pinの極性については最近再びご質問をいただくことが増えていますが現在のコネクタはCIEM 2pinと同じタイプになっています。この辺の詳細は「中華イヤホンケーブルレビュー【解説編】」にまとめていますので参照ください。

NICEHCK TDY4」のリケーブルにより全体的に分離性を向上し、より立体的で見通しの良いサウンドにアップグレードします。銀メッキ線らしい高域の伸びの良さも感じますが「TDY1」「TDY2」のような派手めの味付けではなく、よりナチュラルな傾向といえるでしょう。「ZS6系イヤホン」のようにメリハリの強い派手な印象のハイブリッドではケーブルも「TDY1」や「CT1」のように傾向がハッキリしたケーブルのほうが相性がよかったですが、最近の「AS06」や「CCA10」のようにバランスの良いイヤホンではこのようなナチュラルに情報量を向上するタイプのほうが相性が良いですね。KZやCCA等の付属ケーブルからリケーブルすると、空気の膜を取り除いたようなスッキリとした印象でかなりハッキリとリケーブル効果を実感できるのではないかと思います。
NICEHCK TDY4NICEHCK TDY4
また非常にスッキリした傾向のケーブルですので中華イヤホン以外のリケーブルでも最適です。2千円程度の低価格なケーブルですがShure SEシリーズ等のMMCXコネクタ仕様のイヤホンでリケーブルしてもしっかりと効果を実感できるクオリティの高さを持っています。
最近の高音質化の進む中華イヤホンをはじめ、バランス化を手軽に実感したい場合の「とりあえず」のリケーブル用としては最適なケーブルだと思います。


[ NICEHCK CT3 ]  8芯 OFC高純度銅線ケーブル (ブラウン)
NICEHCK 8 Core High Purity Copper Upgrade Cable 3.5/2.5/4.4mm Plug MMCX/2Pin Connector
【 MMCX 】【 中華 2pin/CIEM極性 】【 3.5mm 】【 2.5mm/4極 】【4.4mm/5極 】
※現在アマゾンでは購入時に100円OFFの割引キャンペーン中です。
NICEHCK CT3NICEHCK CT3NICEHCK CT3
そして、「TDY4」よりさらに低価格の設定となっている高純度銅線ケーブルが「NICEHCK CT3」です。AliExpressでは10ドル以下の設定となっているなど価格破壊もここまで来たか、という感じがありますね。こちらは多くのイヤホンの付属ケーブルとなっている銅線タイプの線材のため、ジャンルを問わず交換用またはバランス接続用のケーブルとしても最適でしょう。
NICEHCK CT3NICEHCK CT3
「TDY4」同様に細い線材を使用したケーブルで取り回しも良好です。2千円以下のケーブルというとアマゾン等で販売されているものは樹脂被膜で覆われた硬めのケーブルが多く、質感的にも音質的にもいまひとつ、というものが大半ですが、「NICEHCK CT3」はこれまでのHCKのケーブル製品同様に安っぽさは皆無でイヤホンの手軽なアップグレード手段としては見た目にもよい選択といえそうです。

NICEHCK CT3」の音質傾向も「TDY4」同様に味付けの少ないナチュラルな印象で、分離性を向上しスッキリとした見通しの良さでよりサウンドを立体的に感じさせることができるケーブルです。高純度銅線ケーブルはより中低域の厚みに特徴があるといわれていますが、「NICEHCK CT3」でも低域の響きが向上するのが実感できると思います。特にリケーブル可能な低価格イヤホンでの効果は大きく、「KZ ZSN」などでは製品の音質が1グレード上がったような変化を実感できるでしょう。またHCKの最近のオリジナルイヤホン「NICEHCK N3」ではプラス特典でこのケーブルが付属し、大幅に音質が向上することは以前のレビューでも紹介しましたが、他にも「NICEHCK P3」などでも「NICEHCK CT3」「TDY4」どちらも相性の良さを感じますね。
NICEHCK CT3NICEHCK N3

NICEHCK CT3」は「TDY4」のところでも記載したとおり最近の高音質化が進む低価格中華イヤホンとの相性が非常に良いのも特徴的です。例えば「KZ AS06」はどちらのケーブルでも相性が良いですが高域の刺激を抑えつつ、全体的な音質をアップグレードしたい場合は「NICEHCK CT3」は最適でしょう。また、「TRN V30」のように高域に派手さのある傾向のイヤホンでの組み合わせにも向いています。
NICEHCK CT3NICEHCK CT3
NICEHCK CT3」は銅線ケーブルとしては極端な味付けがなく、どのジャンルのイヤホンとも合わせやすい「非常に使いやすい」ケーブルといえるでしょう。とにかく価格も安いですので、迷ったら「TDY4」も含めて両方買っておいて使い分けてみるのも楽しいかもしれませんね(^^)。