Linsoul Cable

3月も中旬にさしかかり、いよいよ春の訪れと花粉の襲来を感じる季節となりました(はくしゅんっ)。さて、突然思い出したように書いているケーブルレビューです。というのも、実はものすごく以前(えっと確か昨年の・・・)からの書きかけレビューの復活となります。今後も合間を見ては少しずつ仕上げていこうと思っております。

とうわけで今回紹介するのは、アマゾンの「L.Sオーディオ」さんが販売する「Linsoul」ブランドのイヤホンケーブルです。淡いゴールドカラーに高級感を感じるケーブルで音質面でも見た目からは想像できないグレードの高さを実感するケーブルです。価格は 6,000円 ですが、他ブランドの最新の中華ケーブルと比較しても1万円程度のグレードと遜色ない音質のケーブルだと思います。

Linsoul 7N OCC単結晶銅 銀メッキ イヤホンアップグレード ケーブル
MMCX/0.78mm 2Pin Connector 3.5mm 2.5mm Balanced Upgraded Earphone Cable Extremely Soft 7N OCC Pure Silver +Gold Plated For IEMs
【 MMCX 】【 2pin 】【 3.5mm 】【 2.5mm/4極 】
Linsoul CableLinsoul CableLinsoul Cable

7N純度の高純度単結晶銅(OCC)線の銀メッキ線ケーブル。美しいゴールドカラーの極細の線材が編み込まれており非常に柔らかくしなやかなケーブルです。0.78mm 2pinコネクタとMMCXコネクタ、プラグは3.5mmステレオと2.5mm/4極バランスケーブルが選択できます。

Linsoul CableLinsoul Cable
ほどよい太さの4芯線ケーブルでゴツゴツした印象はなく、とても扱いやすい印象のケーブルです。AliExpressで販売されている同じケーブルでは上記の英語表記の通り、「純銀&金メッキ」という記載がありますが実際のところの詳細は不明です。ただ中華ケーブルにありがちな、いかにも金色に着色されているものとは全く異なる、とても上品なゴールドカラーのケーブルです。

コネクタはMMCXのほか2pinコネクタが選べますが、凹みのあるタイプのイヤホンでも使用できるタイプのコネクタですがCIEM用の2pinのような向きを示す窪みはないため、あらかじめ注意してください。
Linsoul CableLinsoul Cable

Linsoul 7N OCC銀メッキケーブル」の音質傾向は、見た目の印象を大きく上回る情報量の多さと解像度の高さにまずは驚かされます。過度な味付けは無く、全体的に明瞭感が向上するタイプのケーブルで、特に高域の分離性の高さが特徴的です。
ドンシャリ傾向のイヤホンでは少し派手すぎる変化に感じる可能性はあるため、ある程度ポテンシャルの高いフラット寄りのマルチBAやシングルダイナミック構成のイヤホンと相性が良さそうです。数万円クラスのイヤホンやカスタムIEMとの組み合わせでも十分に実力を発揮できるため、かなり利用範囲は広いケーブルだと思います。
Linsoul CableLinsoul Cable
中華ケーブルに多い太めの線材を使ったゴツゴツしたケーブルは屋外での利用はちょっと躊躇する場合や見た目にもスッキリとした印象でハイグレードなイヤホンを組み合わせたい場合には最適なケーブルではないかと思います。
L.SオーディオではLinsoulブランドのケーブルを他にも販売しており、新たなケーブルも登場していますので、こちらについても機会があれば確認してみたいと思います。