KZ ZSN Pro

こんにちは。というわけで、前回に引き続き今回も「KZ ZSN Pro」の「後編」レビューとなります。「KZ ZSN Pro」は既存モデルの「KZ ZSN」同様に2千円台の価格帯にありながらより音質面のグレードアップが行われており、ポテンシャルの高さを実感するイヤホンに仕上がっています。そこで後編ではリケーブルなどを中心にもう少し掘り下げてみたいと考えています。

KZ ZSN Pro低価格中華イヤホンの代表的ブランド「KZ」は昨年後半頃からそれまでの様々な新製品を乱発する流れから音質面をブラッシュアップさせた「派生モデル」「後継モデル」に舵を切ったようにもみえます。
前回から紹介してる「KZ ZSN Pro」の元となった「KZ ZSN」も「KZ ZST」の事実上の後継モデルという位置づけで、「ZST」は同社がハイブリッド方式のイヤホンでマニアの間で広く知られるようになり、同時に中華イヤホンといえばハイブリッド、というひとつの流れを作るきっかけとなった製品でした。「KZ ZSN」もその後継モデルに相応しく、10ドル台の低価格にも関わらず非常に高いデザイン性とビルドクオリティを備え、エントリーモデルに相応しい「聴きやすく」そして「万人受けしやすい」サウンドにまとめられていました。
そして「KZ ZSN」からダイナミックドライバーを「デュアル磁気回路ドライバー」にアップグレードし、新たなチューニングが加えられた「KZ ZSN Pro」ではよりこだわりを持ったマニアに向け音質面の改良が加えられ、さらに聴き応えのあるイヤホンに仕上がっています。


→ (前編) 「KZ ZSN Pro」 さらに音質面も大きく進化。『見た目』だけじゃないコストパフォーマンスの高さに驚く KZの最新1BA+1DD低価格イヤホン【レビュー】

KZ ZSN Pro」は「ブルー」「グレー」「パープル」の3色が販売されており、発売前のオーダーで今回は前編で紹介したグレーの他に追加でグレーを含む3色、合計4個をそれぞれ異なるセラーから入手しました。以前のKZのイヤホンではこのように別々に購入すると1個くらいは「個体差」があったものですが、最近ではそのような心配は無く、明らかに製品のクオリティも向上しているようです。
KZ ZSN ProKZ ZSN Pro

後編で紹介する「KZ ZSN Pro」はAliExpressの「NiceHCK Audio Store」、アマゾンの「WTSUN Audio」「HiFiHear」でそれぞれ入手しました。価格はAliExpressが20ドル、アマゾンが 2,599円 です。AliExpressでの購入方法およびフォロワー値引きについてはこちらを参照ください。
AliExpress(NiceHCK Audio Store): KZ ZSN Pro

またアマゾンでは国内倉庫より出荷されますのですぐに商品が届きますし、万が一のときにアマゾン経由でサポートが得られるので安心感がありますね。
Amazon.co.jp(WTSUN Audio): KZ ZSN Pro
Amazon.co.jp(HiFiHear Audio): KZ ZSN Pro
Amazon.co.jp(NICEHCK): KZ ZSN Pro


前編からのおさらい。ZSNからのグレードアップは顕著なものの、特に中高域はリケーブルが必須?

毎度の事ながら、カラバリ(+予備)とかいう揃え方をしてしまうのはなかなかの病気だなと思いつつ(笑)、パッケージを確認します。そして各色の中国語表記が実はなかなか雰囲気のある言葉選びだったりします。
KZ ZSN ProKZ ZSN Pro
KZ ZSN ProKZ ZSN Pro
前回の「KZ ZSN」ではパープルのみケーブルが明るい同色でしたが今回は3色とのブラウンのケーブルになりました。またフェイスパネルはグレーのみがブラックでブルーとパープルはシルバーのタイプになります。ブラックはステム部分がゴールドだったりと他の2色ほど鮮やかなカラーリングではないぶん、ちょっと雰囲気の異なる仕上がりになっているのが良いですね。
KZ ZSN ProKZ ZSN Pro

KZ ZSN Pro」の音質傾向は「前編」のレビューで触れたとおり、全体的には中低域寄りのドンシャリと「ZSN」の傾向を踏襲しているものの、よりスッキリめの印象の高域と、音像がよりはっきりと描写される明瞭感のある中音域が特徴的です。また低域も締まりのあるおとで量感はあるものの過度に広がらず全体的に低価格イヤホンとしてはなかなか良好なバランスを実現していると思います。
ただ、従来のKZ製イヤホンとやや中音域は暖色寄りで標準ケーブルではキレやスピード感より自然な鳴り方を楽しむタイプの傾向になっていると思います。ただ、この辺についてはリケーブルによってかなり印象が変化し、特に中高域についてはリケーブルは必須、と感じるくらいの効果が得られます。

ちなみに、「KZ ZSN Pro」および「ZSN」はこれまでのKZの「Aタイプ」(ZS7/ZS6/ZS4など)、「Bタイプ」(AS10/AS06/ZS10/ES4など)とは異なり、qdc製イヤホンのコネクタと経常的に互換性のある「Cタイプ」が採用されています(ただし極性は通常の2pinと同じ)。しかし、従来の0.78mm 2pinコネクタのケーブルもそのまま使用することが可能です。
KZ ZSN ProKZ ZSN Pro
突起部分が気になるようでしたら、パイオニアから販売されている「コネクタシールド」を使用する、または4mm口径のシリコンチューブなどを短く切ってカバー代わりに使う、という方法もありますね。またこのような用途を想定してか、各中華ケーブルのメーカーも「ZSN」が発表された頃から2pinのコネクタ形状をそれまでの「CIEM 2pin」から突起部分の少ない「中華2pin」仕様に戻している対応を行っています。


■今年リリースされた「アンダー2千円ケーブル」を中心にリケーブルを試してみる。

【 NICEHCK  低価格8芯銀メッキ線/高純度銅線 
まず、「KZ ZSN Pro」の価格を考慮し、最近リリースされたアンダー2千円クラスの銀メッキ線および高純度銅線のケーブルを試してみたいと思います。最初に試したのはHCKから販売されている「NICEHCK CT3」(8芯 高純度銅線)と「NICEHCK TDY4」(8芯 銀メッキ線)です。
NICEHCK CT3NICEHCK TDY4NICEHCK TDY1
この2種類はHCKのケーブルの特徴である非常に細い線材を使用したケーブルで8芯線でありながらリケーブル後もゴツゴツした印象にならず使い勝手が良い点が便利です。高純度銅線の「NICEHCK CT3」では少し暖色系ぎみの中音域の印象のまま音場に奥行きが増し、より厚みのあるサウンドを実感します。銀メッキ線の「NICEHCK TDY4」では「CT3」の印象に加えて高域の伸びが若干向上し、より明瞭感を感じるサウンドになります。
KZ ZSN ProKZ ZSN Pro
どちらのケーブルも味付けは非常に少なく純粋に情報量を向上させるタイプのケーブルですので「KZ ZSN Pro」の特徴を活かしたままグレードアップをすることができます。ちなみに、3千円クラスの8芯 銀メッキ線ケーブル「NICEHCK TDY1」の場合さらに高域の明瞭感が強調される印象となります。高域の刺激が少し物足りないと感じる方には「TDY1」も良い選択肢かもしれませんね。

【 Yinyoo 低価格8芯銀メッキ線/高純度銅線 】
次に同じくアンダー2千円クラスのYinyoo「YYX4822」(8芯 銀メッキ線)、「YYX4823」(8芯 高純度銅線)の2種類を組み合わせてみます。こちらはHCKの「CT3」「TDY4」よりやや太めの線材を使用しているものの、3千円クラスのケーブルよりやや細めの線材となっており、柔らかく取り回しは良好です。
YYX4822YYX4823KZ ZSN Pro
こちらのケーブルの場合、HCKのケーブル同様に情報量と分離性が向上することで、より明瞭感が向上し、音場を立体的に捉えやすくなります。さらに、上記の「TDY1」ほど顕著な変化はないものの、線材ごとの傾向が現れやすく、銅線の「YYX4823」では低域の厚みが若干増す印象となり、銀メッキ線の「YYX4822」では高域のスピード感が増す印象となります。よりナチュラルな傾向のHCKのケーブルに対し、リケーブルによる変化を実感しやすいのはYinyooブランドの2種類、ということがいえそうです。

【 ミックス線ケーブル(Kinboofi/Yinyoo) 】
最後に3つの価格帯のミックス線ケーブルでの比較で、アンダー2千円クラスのKinboofi「KBF4824」、3千円クラスのYinyoo「YYX4775」、そして5千円クラスの16芯「KBF4746」です。こちらも「KBF4824」以外はイヤホン本体よりケーブルの方が高価になってしまう逆転状態となるわけですが、「KZ ZSN Pro」のポテンシャルを知る上の実験として面白いのでは、と思い試してみました。
      
3種類とも付属ケーブルと比較し音のメリハリが向上し多少キレが増したサウンドを実感できます。「ZSN」との比較で「KZ ZSN Pro」の中高域のほうが好印象に感じられる方の場合、ミックス線ケーブルへのリケーブルはその傾向がより顕著に感じられるためお勧めできます。
8芯の「KBF4824」と「YYX4775」の比較では、「YYX4775」のほうがより高域のスッキリ感が強く、曲や再生環境によっては銀メッキ線の「NICEHCK TDY1」同様に少し刺激が強く感じる場合もあります。これは価格帯の差と言うよりケーブルの特性による違いでしょう。
KZ ZSN ProKZ ZSN Pro
情報量や分離性の向上などアンダー2千円の「KBF4824」でも同様にリケーブル効果が得られることから価格的にも最適な組み合わせといえるでしょう。いっぽう、「KZ ZSN Pro」本体の2倍近い価格となる「KBF4746」ですが、これは他の16芯ケーブルでも同様でしたが残念ながら「KZ ZSN Pro」では16芯の恩恵は限定的でややオーバースペックなケーブルという印象でした。ただ、出力の大きいDAPやポータブルアンプで鳴らした場合は16芯ケーブルではかなり派手めに鳴る場合もあります。

ところで、今回リケーブルは0.78mm 2pinタイプのケーブルを使用しましたが、「KZ ZSN Pro」および「KZ ZSN」はコネクタ部分が大きく突起した形状となっているため、接続に躊躇される方も少なくないかもしれません。
残念ながらZSN用(Cタイプ)または流用可能なqdc用コネクタのケーブルは非常に選択肢が少なく、まして「KZ ZSN Pro」で使用できる低価格なものはAliExpressで販売されているごく一部を除きほぼ皆無の状況です(KZ純正でもCタイプはAliExpressで販売されている銀メッキ線ケーブルBluetoothケーブルのみです)。

Linsoul 2pin(qdc)-MMCX変換コネクタLinsoul 2pin-MMCX変換コネクタ
価格的なことを度外視して考えればもっとも多くの選択肢が選べそうなのはqdc-MMCX変換コネクタで、これはL.Sオーディオがアマゾンで販売しているものがあります。5,999円と決して安価ではありませんが、MMCX仕様のケーブルを組み合わせることができるためメリットは多いと思います。いろいろリケーブルを試したい方は持っていても良いかもしれませんね。なお正確にはqdcコネクタは+-が逆に結線されていますが、問題なく使用可能です(詳しくはケーブルレビューの解説編をご覧ください)。

というわけで、後編では「KZ ZSN Pro」のリケーブルをいろいろ試してみる内容となりました。ちなみにKZからは「ZS10」の後継モデル的位置づけの「ZS10 Pro」が、CCAからは「KZ ZSN Pro」の兄弟モデルと思われる「CCA CA4」が発表されており、どちらも「ZSN」「ZSN Pro」と同じ「Cタイプ」コネクタが採用されています。ということで、今回紹介できなかったKZ純正の銀メッキ線ケーブルとBluetoothケーブルの「Cタイプ」コネクタ版もAliExpressで追加オーダーしました。KZおよびCCAの新製品と併せてリケーブルについても今後もいろいろ確認できたらなと思っています。