smabat ST-10

こんにちは。今回紹介するのは「smabat ST-10」(または「ST10」)です。イントラコンカ(インナーイヤー)タイプのイヤホンは私のブログでは紹介する機会は決して多い方ではないのですが、最近は普段紹介しているカナル型イヤホンを使っている方でも違和感なく楽しめ、かつ非常にハイレベルなサウンドを実現しているモデルが次々と登場しています。「smabat ST-10」(ST10)もイントラコンカ型ならではの優れた音場感に加え、フラットかつ明瞭なサウンドと独特なハウジング構造が生み出す低音域のバランスの良さにかなり驚きを感じたイヤホンでした。
もちろん製品としてのビルドクオリティも高く、MMCXによるリケーブルに対応するなど、外観的にも十分の仕上がりですが、音質面でも1万円クラスのイントラコンカ(インナーイヤー)型イヤホンとしては抜群に良い製品だと思います。

smabat ST-10smabat ST-10

smabat」はもともと「SVARA」ブランドでイヤホンを展開していたメーカーで、私のブログでは過去にシングルダイナミック型のカナル型イヤホン「SVARA-red」を紹介したことがあります(現在はRedは販売終了し、ハイブリッド型の「SVARA-black」「SVARA-blue」にモデルチェンジしているようですね)。イントラコンカ型も「SVARA-L」「SVARA-pro」というモデルがあり、今回の「smabat ST-10」は実質的にこれらの製品の後継モデルの位置づけになると思われます。

smabat ST-10smabat ST-10
smabat ST-10」は精緻にCNC加工された金属製ハウジングで、そのデザインは「SVARA-L」「SVARA-pro」と非常によく似ていますが、内部構造的には大幅に進化しており、これが音質面でも大きく影響しているものと思われます。

まず、「smabat ST-10」のドライバー部分には三層構造のPEEKチタニウム振動板を採用した15.4mmの大口径ダイナミックドライバーを搭載。ドライバー背面にはより自然な音場感を生み出す空洞(green area)と調整用のベント(空気孔)があります。
smabat ST-10smabat ST-10
さらに後方のハウジングには側面のベント(空気孔)までつながる緻密に設計された「迷路状(Maze-shaped)」の音導の経路(blue area)が作られており、イヤホンでありながら「バックロードホーン」スピーカーと同様の構造を実現しています。

smabat ST-10smabat ST-10
smabat ST-10」の購入はいつもお世話になっている中国のイヤホンセラー「HCK Earphones」より。価格はAliExpress(中国からの発送)で 99ドル、アマゾン(NICEHCK)の価格が 11,500円 です。
AliExpressでの購入方法およびフォロワー値引きについてはこちらを参照ください。
AliExpress(NiceHCK Audio Store): smabat ST-10

またアマゾンではアマゾン経由でのサポートも受けられますから安心感がありますね。
Amazon.co.jp(NICEHCK): smabat ST-10

※アマゾンでは現在購入時に1,000円引きとなるキャンペーン中です。また10,000円以上の購入で200円引きとなりますので、実質 10,300円 で購入可能です。


■高級感のあるビルドクオリティと使いやすいデザイン

smabat ST-10」のパッケージは高級モデルに相応しいしっかりしたもので、レザーポーチなど付属品も高級モデルらしい内容となっています。
smabat ST-10smabat ST-10
smabat ST-10smabat ST-10
パッケージ内容は、本体、ケーブル、イヤーパッド(スポンジ穴あき/穴無し、シリコン)、レザーポーチ、説明書。イヤーパッドにシリコンタイプが付属するのは興味深いですね。
本体はCNC加工されたアルミ合金製。ビルドクオリティは非常に高くとてもしっかりした作りとなっています。
smabat ST-10smabat ST-10
イントラコンカ型としては一般的なサイズですが、カナル型のシェルの大きいイヤホンになれているとハウジングが予想以上にコンパクトに感じるかもしれませんね。装着性は一般的ですがケーブルが標準で耳掛けタイプとなるため、違和感を感じる方もいらっしゃるかもしれません。
smabat ST-10smabat ST-10
付属のケーブルは分岐部分からプラグまでは布張りで、耳かけ部分はラバー被膜となっています。「smabat ST-10」のスペックはインピーダンス45Ω、感度115dB/mWでイントラコンカ型としては比較的鳴りやすいほうだと思います。


■明瞭さのあるフラットサウンドと独特な低域の量感の絶妙なバランス

smabat ST-10smabat ST-10」の音質傾向はフラットかつ分離性および解像度が非常に高いサウンド。同時にイントラコンカ型らしい抜けの良い音場感と自然な定位感があり非常に質の高いサウンドを堪能することができます。
解像度の高いモニターヘッドフォンを使っているような精緻かつクールな印象のあるイヤホンですが、「smabat ST-10」の独自のハウジング構造から繰り出される低音域の残響により低域の量感があり立体的で自然な奥行きを感じます。音場の広さはイントラコンカ型としては一般的ですが、中高域の抜けが非常に良いため籠もったような感じは全く無く、締まりのあるスッキリした印象にまとまっています。

印象として「smabat ST-10」の15.4mmチタンドライバーは比較的中高域寄りのチューニングで、そこに複雑な音導経路をもつハウジングにより低域の量感がアップしている構造のようで、まさに「質の良いバックロードホーンスピーカー」そのもの、といった感じがします。
smabat ST-10  smabat ST-10 Unique design

smabat ST-10」の高域は明瞭感があり抜けの良さを感じる音。比較的クールな印象ですが、人工的な硬質さではなくあくまで自然に感じるバランスに収まっています。メリハリよりひとつひとつの音の質の良さを感じる印象ですね。
なお、イヤーパッド無しの場合、出力の大きいDAP等では曲によって若干のシャリ付きなどの刺激を感じる場合もありますが、低域の量感があるため相対的には適度なバランスに落ち着いていると思います。イヤーパッドは無し < スポンジのドーナツ型 < パッド型 < シリコンタイプの順で低域が厚くなり、同時に高域が少なくなります。個人的には無しの状態が一番良い印象ですが、再生環境や好みに応じて使い分ける方がよいでしょう。
smabat ST-10中音域はイントラコンカ型としては結構近くで定位する印象。しっかり前に出て鳴っている印象で、普段からカナル型のイヤホンのみを使っている方でも全く違和感のないサウンドだと思います。女性ボーカルも少しサッパリした印象はあるものの綺麗に鳴ってくれます。いっぽうギターやポップスやロックの男性ボーカルなどは独特の残響感から余韻も楽しめなかなか好印象でした。
低域はイントラコンカ型としてはかなりしっかりした量感と厚みがあるいっぽうで予想以上に分離性が高く、まさにモニターライクと呼べる素晴らしい表現力を持っています。重低音もしっかり表現しつつも締まりの良さから全く籠もることもなく表現してくれます。低域も中高域同様に寒色系のクールさはあるものの自然な描写で思ったより聴き疲れしないサウンドだったのも特徴的です。

低域の量感については前述の通りイヤーパッドを替えることで調整ができます(同時に高域も減りますが)。また、MMCXコネクタ対応のケーブルを使用してリケーブルすることで音質傾向に味付けを行うことも可能です。特にシュア掛けでの装着方法を好まれない方は耳掛け加工のない16芯ケーブル等へのリケーブルが効果的です。HCKが販売しているケーブルでは16芯 銅線ケーブルの「NICEHCK CT2」では「smabat ST-10」の印象を維持したまま全体的な感度が向上し、さらに低域の厚みが向上しました。いっぽうで16芯 銀メッキ線の「NICEHCK TDY3」では低域および高域のメリハリが向上し少し派手めのサウンドに変化しました。このようにリケーブルでサウンドアレンジを試みてみるのも楽しいですね。
smabat ST-10smabat ST-10

というわけで、「smabat ST-10」はイントラコンカ型としては比較的高級なモデルではありますが、音質的には十分に価格に見合う、かなり優れたイヤホンでした。寒色系のカナル型イヤホンを彷彿とさせるようなクールさもあるため、ウォームなイヤホンを好まれる方には合わない可能性もありますが、多くの方にお勧めできる製品だと思います。普段カナル型イヤホンのみを使っている方にも是非ともチャレンジして欲しいイヤホンですね。