CCA A10

こんにちは。今回は「CCA A10」の紹介です。「CCA(Clear Concept Audio)」は中国の代表的な低価格イヤホンメーカー「KZ」の姉妹ブランドで、KZのバリエーションモデルながら、独自のサウンドアレンジを加えた仕様の製品をこれまでもリリースしてきました。
CCA A10特に30ドル以下の価格設定で4BA+1DD構成モデル「CCA C10」は発売以降CCAブランドのハイブリッドらしさとともにボーカル寄りの自然なサウンドアレンジが絶妙で現在も高い人気を誇っています。
そんななか、今回の「CCA A10」(名前がC10とよく似ていて紛らわしいのが難点ですね)は、KZ製の5基のBA(バランスド・アーマチュア型)ドライバーを搭載する「5BAモデル」です。KZでは最初のマルチBAモデルでもある「KZ AS10」がありますが、「CCA A10」はシェルデザインに加えドライバー構成も大きく変化を加えており、実質的には先日レビューしたKZの8BAモデル「KZ AS16」のダウングレード版、という色合いが強くなっています。

また同時期にリリースされた「TRIPOWIN TP10」という製品も、KZの工場によるODM製品と考えられ、「CCA A10」と同様のハウジングとドライバー構成を持ちつつより高域寄りのアレンジに変更された仕様となっています(過去記事:「TRIPOWIN TP10」のレビューを参照ください)。
TRIPOWIN TP10KZ AS16LZ AS10
そして今回の「CCA A10」はハウジングデザインは「KZ AS16」や「TRIPOWIN TP10」と同様の形状で、亜鉛合金製のフェイスプレートはCCAの他のモデル同様にこれらのモデルより厚みのあるものが採用されています。

CCA A10CCA A10
また、「CCA A10」のドライバー構成は高域に「KZ 30095」×2、中域に「KZ 29689」×2、低域が「KZ 22955」×1という内容になっています。従来のKZなどのモデルと比較すると、

CCA A10 (5BA) 低「22955」×1 中「29689」×2 高「30095」×2
KZ AS10 (5BA): 低「22955」×1 中「29689」×1 中高「31005」×1 高「30095」×2
CCA C16 (8BA): 低「22955」×2 中「29689」×2 高「30095」×4
KZ AS16 (8BA): 低「22955」×2 中「29689」×2 高「(2BA) 31736」×2
KZ AS06 (3BA): 低「22955」×1 中「29689」×1 高「31005」×1

と同じ5BAの「KZ AS10」とは全く異なるアレンジで、従来のモデルより中高域寄りの構成になっていることが想像できます(なお、「TRIPOWIN TP10」と「CCA A10」は全く同じドライバー構成)。
CCA A10CCA A10
CCA A10」の購入はアマゾンでマーケットプレイスを展開する中国のイヤホンセラー「HiFiHear Audio」より。価格は 6,800円 となっています。
Amazon.co.jp(HiFiHear Audio): CCA A10

※HiFiHear Audioでは CCA A10 の15% OFFクーポンを発行中です。これにより実質 5,780円 で購入可能です。


■KZ AS16タイプのハウジングを採用。ドライバー構成でも中高域寄りの内容に。

CCA A10」のパッケージはいつもの同じKZと同様の白箱パッケージ。内容は本体、ケーブル、イヤーピース(S/M/L)、説明書、保証書、の最小構成です。
CCA A10CCA A10
CCA A10CCA A10

CCA A10」のシェルは、「KZ AS16」および「TRIPOWIN TP10」とハウジング部分の樹脂パーツおよびアルミ合金製のステム部分が共有されています。8BAのAS16とは音導管を兼ねる白い内部パーツの形状の違いにより対応しているようですね。
CCA A10CCA A10
またコネクタ部分は「KZ ZSN」以降、「KZ ZS10 Pro」など最近のモデルでも採用されている「KZ タイプC」 2pinコネクタを採用しています。

CCA A10CCA A10
CCA A10CCA A10
CCA A10」の最大の特徴である亜鉛合金製のフェイスプレートは「AS16」や「TRIPOWIN TP10」より厚さがあり、合せて本体の重量感も増しています。KZの最初の5BAモデルの「KZ AS10」と比較すると重量感の違いは歴然ですね。

CCA A10CCA A10
サイズの大きいハウジングですがハウジング自体の装着感は悪くありません。ただ重量がありますのでのでイヤーピースでしっかり固定して装着する必要があります。よりフィット感を向上させるために、定番のJVCの「スパイラルドット」、Acoustune「AET07」、AZLA「SednaEarfit Light」など開口部が大きいタイプの製品を利用することをお勧めします。


■これまでのバランス重視のCCAとは一転。中高域メインの個性的サウンドに。

CCA A10」の音質傾向は中高域寄りのサウンドですが、高域および中音域の厚みに対して低域がかなり軽く感じるため、全体のバランスがいまひとつな印象を受けます。各音域のつながりなどはこれまでのCCAのイヤホンらしく高いクオリティを維持していますが、完全な中高域偏重のサウンドバランスで、いっぽうで低域は量的にも少なく、重低音の沈み込みになどは割り切っているような感じになります。おそらくボーカルに特化した仕様でチューニングされていると思いますが、相当に好みを選ぶ個性的なサウンドかもしれませんね。
CCA A10CCA A10
先日レビューした「TRIPOWIN TP10」と比較すると「CCA A10」のほうが高域の主張がやや控えめで中音域のカマボコ感を感じやすい印象になります。また開封直後より100時間程度しっかりエージングすることで低音域の量感そのものは少ないものの印象は多少改善するようです。

CCA A10CCA A10」の高域は最近のKZおよびCCAのイヤホンと比較すると格段に高域および中高域の主張が強く、明瞭感のある派手めの鳴り方をします。金属質な音で煌めきは多く感じますが、伸びはやや良い程度でスッキリした音とは少し違う感じです。また刺激を感じやすい周波数域は適度にコントロールされており高音が多い曲でも刺さりやシャリ付きはあまり感じません。そのためわりと長時間のリスニングにも向いている聴きやすい印象です。
この辺の印象はより刺激のある高域の「TRIPOWIN TP10」との最大の相違点といえるでしょう。

中音域はCCA的なアレンジは感じるものの高域同様にかなり主張の強い鳴り方をします。ボーカルなどは近くで定位し、マルチBAらしい解像感のある印象のサウンドを実感することができます。音場は普通またはやや狭い印象ですが、中高域の分離の良さからある程度の濃さのある音になります。音場感についてはより分離に優れた情報量の多いケーブルにリケーブルすることでかなり印象が変わる可能性があります。伸びは良く明瞭感のある音のためこの価格帯のイヤホンとしては表現力は高いと思います。

CCA A10そして低域はかなり軽く厚みのない印象を感じてしまう音です。低域好きの方は相当物足りないと感じそうです。実際のところは良く聴いてみると量的にも内容的にも3BA構成の「KZ AS06」に近い低音なのですが、「CCA A10」の中高域の主張の強さのため、AS06でも少なめに感じた低音がいっそう鳴りを潜めてしまっている、という感じにも思えます。
長時間エージングにより軽い印象自体は変わりませんが開封直後より多少バランスは改善され存在感が増してきます。印象としては硬質で解像感のある音で分離の良い低音です。ただ重低音はかなり割り切った印象で曲によってはほとんど聴き取れない場合もあります。個人的には「CCA A10」の中高域で「KZ AS10」のような低域が加わればかなり良い印象のイヤホンになりそうな気がするのですが、正直なところちょっと惜しいな、と感じました。

また、リケーブルについては中低域の情報量を向上させるタイプのケーブルがお勧めです。最近の製品の場合「HiF4774 8芯 高純度銅線ケーブル」(2,350円)中低域に厚みが出るタイプのケーブルとなります。さらに少しグレードアップして「HiFiHear HiF4780 16芯 OFC 銅線ケーブル」(4,800円)や「HiFiHear HiF4837 16芯 高純度単結晶銅線ケーブル」(8,500円)もより効果を実感できると思います。
CCA A10CCA A10
また、「KZ タイプC」コネクタと互換性のあるケーブルでは「Yinyoo YYX4829-qdc アップグレードケーブル」(1,799円)や「KB EAR 8芯 銀メッキ線ケーブル(KBF4833)」(1,999円)などが2千円以下の価格設定で購入できます。

というわけで「CCA A10」はこれまでのCCAのイヤホンに比べるとちょっと個性的なサウンドで、好みを選ぶ印象でした。やはりロックやポップスなどのボーカル曲との相性にくらべて、低域の厚みの感じる曲には向かない印象です。また全体的にハッキリした音のため、テンポの速い曲とは合いますがバラード曲などでは派手すぎると感じるかも知れません。
しかし、女性ボーカルのポップスやアニソンなどハイトーンや音数が多い曲を(低域は軽くても良いので)よりボーカルが綺麗に映えるように聴きやい、という用途には最適でしょう。これらの聴き疲れしやすい曲を長時間リスニングしやすいという点はポイントだと思いますよ。