TWS X19
こんにちは。今回は普及価格帯のTWS(完全ワイヤレス)イヤホン「TWS X19」の紹介です。アマゾンでマーケットプレイスを展開する中国のイヤホンセラー「Nex Audio」からのサンプル提供となります。
Bluetooth対応のワイヤレスイヤホンも左右のケーブルが一切無い完全ワイヤレスになってから市場でも一気が一気に拡大しており、「普通イヤホンといえばTWSが当たり前」くらいの時代になるのも時間の問題、という様相になっていますね。
TWS X19TWS X19
今回の「TWS X19」はスペック的には「Bluetooth 5.0 対応」「IPX5相当」「SBC/AACコーデック対応」と国内メーカーでは1万円前後のミドルクラス相当で、アマゾンで多く見かけるようになった中華系の製品ではまさに「激戦区のど真ん中」の仕様といえるでしょう。日本向けのマーケティングが積極的な「SoundPEATS」や「TaoTronics」などもこのクラスの製品が主力ですね。
TWS X19TWS X19
TWS X19」はこれらのメーカーに比べると明らかに地味ですし(後述のとおり、なんせ「ノーブランド」ですから)、価格的にも中華系TWSのなかでは決して低価格というわけではありませんが、他の製品に比べて「非常にコンパクトで耳の小さいに方でも使いやすい装着性」を実現しており、また音質面でも低音寄りのサウンドながら使いやすい仕上がりになっています。

購入はアマゾンの「Nex Audio」にて。価格は 5,600円 です。
※現在この商品を購入時に 10% OFFの割引きを受けられますので、実際の価格は 5,040円 となります。
Amazon.co.jp(Nex Audio): TWS X19

手元に届いた「TWS X19」のパッケージは、なんというか、なかなかの「ノーブランド」感です(笑)。実際には製造メーカーと思われる「POPWOORDS」の表記がボックス背面にあるのですが、それ以外にはブランドを示すような部分はみあたりません。
TWS X19TWS X19
TWS X19TWS X19
パッケージ内容は本体、チャージケース、イヤーピース(S/M/L)、充電用USBケーブル、説明書。「TWS X19」の本体は31mm×17.5mm×21mmと非常にコンパクトで耳の小さい方でも耳穴にすっぽりと収まるサイズ感です。装着性は良いと思います。
ペアリングは片方をペアリングすると自動的に左右のペアリングまで完了し、以降はケースからの出し入れだけで電源ON/OFFおよび自動ペアリング/解除を行う仕様になっています。非常にシンプルな操作なので他のTWSを使ったことのある方ならば違和感なく使えると思いますし、初めての方もアマゾンの購入サイトでの記載に基づきいちどチャレンジすればそれほど難しくはないと思います。また両耳だけでなく片耳のみでの使用も可能になっています。
TWS X19TWS X19
ペアリング後に接続モードを確認したところ(Androidの開発モードで参照)自動でAACコーデックでの接続しているのが分りました。iPhoneでも同様にAAC接続で問題なく利用できます。
私はBluetooth 5.0にも対応したHuaweiの「Mate 20 Pro」で1週間程度使用してみましたが、電車内や街中の利用でも特に途切れること無く使用することができました。音漏れなどの心配は全くありませんが、コンパクトなイヤホンのため遮音性については一般のイヤホン並という感じです。必要であればよりフィット感のあるイヤーピースに交換した方が良いかもしれませんね。ただ、「TWS X19」自体が低音が強いタイプのイヤホンなので屋外の利用でもそれほど不便は感じないようです。


■典型的な「低音イヤホン」だが屋外利用ではむしろ使いやすいサウンド

TWS X19TWS X19」の音質傾向はかなり分りやすい「低音イヤホン」です前述の通りコンパクトなハウジングと言うこともあって遮音性が非常に高い、というわけではないため、屋外利用での環境ノイズを考えるとこれくらいしっかり重低音が出た方が楽しめるのでは、という印象です。
コーデックはSBCだけでなくAACにも対応していて、iPhoneをはじめ多くのデバイスでより高音質でのリスニングを楽しめます。もっともapt-X以上に対応したAndroid端末やDAPでは多少物足りないと思うかも知れませんが、Apple MusicやSpotifyなどのストリーミングを中心とした利用では違和感を感じることはほぼ無いでしょう。またiPhone8およびX以降のモデル、および、比較的上位モデルの最近のAndroid端末であればBluetooth 5.0での接続に対応しているため、街中でもより安定した接続が維持できると思います。

「TWS X19」の高音は非常に低域が強いイヤホンのため相対的に量感は少なく天井も低め。ハイハットなどはやや遠めに鳴りますが籠もることはなく綺麗に聴くことができます。高音好きの方には物足りなさを感じると思いますが、ハイトーンのボーカルなど中高域が想像以上に綺麗なため、ストリーミングでボーカル曲を中心に利用する上ではそれほど不満を感じることはないでしょう。
TWS X19中音域は多少凹み、曲によっては少し遠く感じる場合がありますが、重い低域のわりにちゃんと鳴ってくれると思います。ギターやサックス、ボーカルの高音などは思ったより綺麗な印象をうけました。解像度はアンダー1万円クラスのTWSでは一般的なレベル(最近の驚異的なペースで高音質化が進む低価格中華イヤホンと比較するとちょっと割高に思うのは仕方ないですね)。ただ中低域付近に団子状になりやすい音域があり、低音のコーラスなどは籠もりやすく感じることがあります。
低音は量的には非常に多く、数年前の国内メーカーの低音イヤホンを彷彿とさせるチューニングです。ベースラインはやや緩い印象がありますが、バスドラムなどはとても重く響きがあります。中音域に被るかどうかギリギリのラインで広がるため、ある程度広がりのある音場感を感じられるいっぽうで、スッキリした音を好まれる方には籠もる印象持つ可能性はあります。一般的には低音イヤホンならではの臨場感やライブ感を感じることができるサウンド、という印象になると思います。

TWS X19街中や電車の中など低域の環境ノイズの多い環境下では適度に低域が相殺されて中音域が聴きやすいバランスになると思います。ロック、ポップス、アニソンなどのボーカル曲を気軽に聴くアイテムとしては良いと思います。
スペック面だけで言うと「Bluetooth 5.0、IPX5、AAC対応のTWS」というキーワードではさらに低価格な製品も検索できますが、「TWS X19」は見た目のノーブランド感に対してわりとしっかりと作られている印象の製品でした。普段使い用に同価格帯の手頃なTWSを検討されている場合は、選択肢のひとつに加えるのも良いと思います。