NICEHCK ME80

こんにちは。今回は低価格インナーイヤー(イントラコンカ)型イヤホン「NICEHCK ME80」の紹介です。「NICEHCK ME80」はAliExpressで10ドル台、アマゾンで2千円ほどの価格で販売される低価格インナーイヤー型イヤホンですが、ビルドクオリティの面でも音質面でも完成度の高い製品に仕上がっています。
NICEHCK ME80NICEHCK ME80
中国のイヤホンセラー「HCK Earphones」はオリジナルブランドのイヤホン製品も数多くリリースしてますが、特にインナーイヤー(イントラコンカ)型も定期的にリリースしている点は他のセラーと異なりマニアにはうれしいところです。しかも最近では1万円オーバーのハイグレードモデル「EBX」、ミドルグレードの「EB2」など、各グレードで定番商品化するほど評価の高いモデルを立て続けにリリースしています。またHCKが取り扱う「smabat ST-10」も非常に人気の高いモデルです。このようにHCKはインナーイヤー型においてはマニアの間でかなり信頼できるセラーのひとつといえるでしょう。

 NICEHCK EBXNICEHCK EB2smabat ST-10

そして今回の「NICEHCK ME80」は、上記「EBX」「EB2」とおなじサウンドエンジニアによるチューニングモデルで、CNC加工されたアルミニウム合金製金属製ハウジングに大口径15.4mm 値何有無振動板ダイナミック型ドライバーを搭載しつつ、EB2の半分以下の価格を実現した低価格モデルです。

NICEHCK ME80NICEHCK ME80

ケーブルには銀メッキ高純度銅線(OFC)ケーブルを採用するなど細部にわたり妥協のない仕上がりになっている点もポイントですね。
購入はAliExpressまたはアマゾンのNICEHCKにて。表示価格はAliExpressが16.99ドル、アマゾンが2,250円となっています。AliExpressでの購入方法およびフォロワー値引きについてはこちらをご覧ください。またアマゾンではプライム扱いですぐに商品が届きますしアマゾン経由で万が一の場合もサポートを受けられるため安心感がありますね。
AliExpress(NiceHCK Audio Store): NICEHCK ME80
Amazon.co.jp(NICEHCK): NICEHCK ME80

※現在アマゾンのNICEHCKではME80購入時に500円OFFとなるキャンペーン中です。そのため実質 1,750円 で購入が可能です。


■明瞭感のある印象ながらフラット寄りで聴き疲れしにくいサウンド

NICEHCK ME80」のパッケージはコンパクトなボックスで届きました。なかにはNICEHCKロゴ入りの布製ポーチが入っており、そのなかに付属品がまとめて収納されています。
NICEHCK ME80NICEHCK ME80

パッケージ構成は、イヤホン本体、イヤーパッド(ドーナツ型2ペア、パッド型3ペア)、ケーブルフック、布製ポーチです。「NICEHCK ME80」の本体は比較的軽量で、サイドのラバー部分のおかでげイヤーパッド無しでも装着性は良好です。左右は「赤」のマーキングが右、「青」が左です。
NICEHCK ME80NICEHCK ME80
NICEHCK ME80」のハウジング形状はケーブル直結型で多少軽量なものの「EBX」ともよく似たデザインとなっています。そのため、サイズ的には「EB2」よりひとまわり大きい印象があります。
NICEHCK ME80NICEHCK ME80
銀メッキ線ケーブルの取り回しも良く、装着性については特に問題はありませんでした(「EBX」よりかなり軽量になっているため、重さで耳かから落ちる可能性も少ないようです)。

NICEHCK ME80NICEHCK ME80」の音質傾向は中音域メインのサウンドでフラット寄りのバランスに仕上がっています。明瞭感のあるサウンドですが、「EB2」などと比べるとややウォームな印象を受けます。
イヤーパッドを装着することにより、パッド型 > ドーナツ型 > パッド無しの順で低域が強くなりますが、中高域の明瞭感が失われやや籠もった印象に感じたため、個人的には「パッド無し」での利用が最も好みでした(以下はパッド無しでの印象です)。
また、装着部分の外周部はラバー製となっているためパッド無しでも耳にしっかりホールドすることができるため多くの場合問題ないと思います。印象としてはチタニウム振動板の大口径ドライバーと金属ハウジングの影響もあり全体的には硬質で寒色系に近いサウンドですが、高域がやや控えめの聴きやすいバランスで、キレより中音域を中心により自然なつながりが印象的です。カナル型で言うとCCAあたりのアプローチに近いものがあるかも知れませんね。

NICEHCK ME80NICEHCK ME80」の高音域は、やや主張を抑えられたサウンドで「EB2」と比べるとかなり穏やかな印象を受けます。ただシンバルなどは綺麗に鳴っており伸びも良い印象です。
中音域は味付けのない明瞭感を感じるサウンド。この価格帯のイヤホンとしては解像度も高く輪郭の描写もしっかりしています。ただアタックは多少マイルドな印象でより自然で聴きやすい印象のまとめかたです。音場は広く曲によってはボーカルは少し下がって定位する場合がありますが自然な距離感です。スピード感のある曲ではもう少しキレが欲しい場合もありますが(その場合は「EB2」のほうが良いですね)、ジャンルを問わず楽しめるサウンドだと思います。
低音域はイヤーパッド無しでは分離の良い明瞭さを感じつつ少し広がりのある音が鳴ります。インナーイヤー型としてはやや少なめの印象かもしれませんが、このバランスは「EBX」「EB2」とHCKの最近のイヤホンに共通するチューニングで、私自身も含め、普段カナル型イヤホンの音に慣れている方でも違和感なく楽しめるサウンドになっています。重低音は量的には控えめですがしっかり沈み込みのある音を鳴らします。ベースラインの輪郭は上位のモデルよりやや緩く、価格なりの違いはありますがこの価格帯のイヤホンとしてはかなりレベルの高い音だと思います。

というわけで、「NICEHCK ME80」は低価格のインナーイヤー型としては個人的には一推しレベルでお勧めできるバランスの取れたイヤホンでした。もちろん低域好きの方など好みが分かれる場合もあると思いますが、インナーイヤー型を愛用されている方にはもちろん、普段はカナル型を使用している方にも幅広くお勧めできると思います。また初回の福袋での購入を逃した方も十分に低価格で購入が可能ですので、ぜひとも押さえておいて損は無いと思いますよ(^^)。